fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぼくのエリ 200歳の少女

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1277309453/
14_alikeh_20110807181441.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 01:10:53 ID:q5ymGWcT
恐ろしくも、哀しく、美しい 12歳の初恋。

【監督】 トーマス・アルフレッドソン
【原作・脚本】 ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト (原作 「モールス」ハヤカワ文庫刊)
【主演】 カーレ・ヘーデブラント、リーナ・レアンデション
2008年 スウェーデン映画

■公式サイト
http://www.bokueli.com/


9 :名無シネマ@上映中:2010/06/30(水) 17:26:59 ID:m1CUUg1h
こういう邦題つけられると
配給会社の人間ってあんまり映画が好きじゃないんだな…って感じる。

26 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 12:42:48 ID:6FVCJDyL
「バス男」の時も呆れたが、こっちは腹が立つことこの上ない邦題だな。
配給会社の奴等は作品に対する敬意が足りないし、
そういう邦題をつける事で受ける非難以上の見返りがあるのかね?

13 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 15:13:46 ID:Ll2Pkfbl
原題の“Let The Right One In”のままでいいやん。
邦題のせいで、本来見込めたはずの腐女子の動員が大幅に失われたと思う。

58 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 19:35:41 ID:no88MMHT
原題って正しき者を導き入れよみたいな?

60 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 22:35:28 ID:84H1OoDN
>>58
let "the right one" in.

直訳すると正しい者を入れてやれ。または正しきことを受け入れろ。
"One"は抽象名詞だから何でも置き換え可能。
「自分がいいと思ったことをやれ」とも読める。

23 :名無シネマ@上映中:2010/07/06(火) 00:39:54 ID:yBYCnW2T
今日、試写で見てきた今年のナンバーワン。
俺はオッサンだが思わず泣きそうになった。
あのボカシはないよね。

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110807180815.jpg

あとオスカーのお父さん、ゲイだと思ってた。
エリの正体を含めて原作読んでみるわ。

306 :名無シネマ@上映中:2010/08/05(木) 09:19:58 ID:RZdiJ0tV
>>23
凄い今さらだけれど自分も父さんはゲイだから息子と妻と暮らせないんだな、と思ってた・・・
あの五目並べ?中に入ってくる客がホモっぽすぎるのがいけない
映画自体は面白かったがエリが病院へ(血を吸いに)お見舞いに行くシーンで壁走ってるとこで思わず吹き出しちゃって周りの人ごめんなさい

308 :名無シネマ@上映中:2010/08/05(木) 09:54:06 ID:Mw/pVTB0
>>306
>壁走ってるとこで思わず吹き出しちゃって

わかる わかるw
全体がシリアスで抑えた演出の作品なだけに、
唐突にホラーなシーンが出てくると
そこだけギャグになっちゃうことってあるよね

そこらへんを意識的にやって
ギャグにもっていってるのが
スプラッタとかゾンビ系の映画だろうな

309 :名無シネマ@上映中:2010/08/05(木) 09:55:44 ID:cmaBx1be
>>306
>中に入ってくる客がホモっぽすぎるのがいけない

役者の問題だなw
ガチなのかも

37 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 10:17:45 ID:eP4jVAJ4
俺は安い恋愛要素よか吸血鬼がどうやって生きてるかが面白かった
最後も新しい従者ができたエンドだろ
あとイジメっ子皆殺しのカタルシスが最高だった
原作は知らん

68 :名無シネマ@上映中:2010/07/14(水) 00:32:12 ID:6yU7ipZM
プールのシーンは絶品。
やたら食い散らかすエリちゃんに萌え。

47 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 22:45:08 ID:YkP5kml5
原作未読なんだけど
終盤のプール大虐殺はエリの計算通り?
都合よく駆けつけたし、いじめっ子に反撃けしかけたのもコイツだし

55 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 09:30:10 ID:Y53pw+Tt
>>47
原作では、いじめっ子への反撃に成功したかに見えたオスカーが逆襲され
地下鉄(だったかな?)のホームで酷い目にあう。
それを聞いたエリは自分がけしかけたからだと思い、オスカーに謝罪する。
本当ならエリは次の町へ旅立たなければならないのだけど、このままで
済むはずはないから心配で見守ってたのだと思う。
映画では判らないけど、エリはかなり身の危険を冒してオスカーを救出している。

84 :名無シネマ@上映中:2010/07/16(金) 01:59:41 ID:4ey3NQok
冷え冷えとした画質と雰囲気でスコリモフスキの「早春」て昔の映画を思い出したわ。
あっちも最後はプールだしな。
原作者か監督の頭にあったのかもしれん。

95 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 01:08:48 ID:f+CNqfps
オスカーも吸血鬼になっちゃえばよかったのに

101 :名無シネマ@上映中:2010/07/18(日) 18:53:22 ID:Io+UMC5G
>>95
吸血鬼映画を語るスレPart2
ttp://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/movie/1092734854/
の822 :より転載

監督はインタビューの中で、オスカーの今後について二つの可能性があると
言っている。一つはエリの新たな食糧供給者になるという道。もう一つは自ら
吸血鬼になる道を選択して吸血鬼カップルとして幸せに暮らす、というもの。

152 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 11:29:03 ID:xZdbtQJU

51BVXZqazi_20110807180817.jpg

エリはどこの国の生まれかな?
作品の舞台となる年代から200何年さかのぼった時代の背景が気になる。

165 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 10:02:11 ID:ygb+vaH3
Eliの出身地はここの近くってことじゃなかったかな
http://en.wikipedia.org/wiki/Norrk%C3%B6ping

166 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 13:25:28 ID:K4gu/Fxv
>>165
そうなの?
thx!
参考にします。

209 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 13:08:29 ID:bRy2P/JM
>>152
原作だと、11月8日の夜、エリが自室でどこへ行こうか思案するところで、
自分が両親と兄と暮らしていた土地が今では様変わりしてしまっていることを
思う場面がある。>>165の町の近郊の農村らしい。

167 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 18:15:31 ID:HWmhyBFL
プールでのシーンだけど、いじめっ子ボスと弟以外は助かってなかった?
イジメを躊躇してた2人(耳あての子と細身の子)は助かってた気がするんだけど、
全員フルボッコだった?

168 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 18:23:50 ID:K4gu/Fxv
耳あての子(原作では、あの子がエリに「入っていい」と言う)は
助かってプールサイドで泣いてたけど、細身のほうはどうだったかな?

原作だとプールから追い出された他の子供達も、少し離れたところから
現場を目撃していて「天使が現れてオスカーを救った」と証言。

169 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 18:36:42 ID:2UsUo3DP
>>168
> 助かってプールサイドで泣いてたけど、細身のほうはどうだったかな?

20071115_inutowatashi_main_20110807180816.jpg

奥の方のプールサイドにうつ伏せに倒れてました

171 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 19:20:20 ID:HWmhyBFL
>>168>>169
ありがと。
やっぱプールでのフルボッコは性悪兄弟のみか。

原作読みたくなってきた。
久々に細かいとこまで押さえたい映画だ。

エリがレオン当時のナタリー・ポートマンだったらなあ(妄想)

172 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 20:55:40 ID:e/2TeejS
>>171
DVDで確認した。
水面を滑るように脚をバタつかせてたのが細身。
殺されたのは計3人。
耳あて(いや、耳あてなんかしてないけど)はずっと俯いていて、何も見てないかも。

178 :名無シネマ@上映中:2010/07/23(金) 11:37:08 ID:DL2LD4k8

41dQ0l+1QV_20110807180817.jpg

しっかし、このオスカル役のガキは可愛いなあ。
いじめっ子に殴られ目を閉じる表情、
父親とのシーンでの嬉しさと不安な表情、
ラストでプールの中からエリに笑いかける表情。

あの瑞々しい可愛らしさが逆にホーカンの悲惨を残酷に浮き彫りにする。

189 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 09:24:05 ID:vZko1OBD
ふたりは今のままの関係でいることを約束したけどオスカーはどんどん歳をとって
むさくるしい中年男になるんだよな。かといってふたりともヴァンパイアになったら
どこにも入れなくて野宿生活になるし。

190 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 09:47:53 ID:aJNJycmv
>>189
>かといってふたりともヴァンパイアになったら
>どこにも入れなくて野宿生活になるし。

連携してパトロンを見つけるのさ。

191 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 09:53:57 ID:vZko1OBD
美人局かよ!

193 :名無シネマ@上映中:2010/07/24(土) 13:48:47 ID:d5tXGYlE
ヴァンパイアになってずっといられる(ついでに見た目同い年のまま)なら
野宿生活も苦にならんような気がする、見た目はストリートチルドレンになるかもしれんが。

170 :名無シネマ@上映中:2010/07/22(木) 18:39:27 ID:DErK7uug
エリが出てきたとき
エリがすごいブスだったので
「あ……」と思って、萎えてしまった

204 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 03:28:33 ID:NTGNemD6
ヴァンパイアってだいたい麗しい容姿が多いわけだけど
Mr.ビーンとかぶちゃいくな醜男に演じさせた方が怖いと思うんだ
だってあんなのに噛まれたくないって思うだろ
女なら特にさ

208 :名無シネマ@上映中:2010/07/25(日) 10:59:39 ID:9vpplQrh
>>204
セックスのメタファーでもあるわけなので…

429 :名無シネマ@上映中:2010/08/17(火) 22:10:42 ID:a9VBgBOa
塩酸のビンが結構こぼれちゃって 顔半分だけ溶けて悲惨なことになっちゃうドジなおじさん。 原作よりかわいくって実にいい。

226 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 11:35:27 ID:vFuCFzTe
そんなに面白い映画だとは思えなかった
なんか、エリとエリの生活感が汚らしすぎて…入っていけなかった

リリカルな映画なのかと思ったら
最後いきなりチープなドタバタ劇になるし…
まあ、予算があまりなかったんですね~

227 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 11:53:48 ID:Wj7df35t
>>226
面白い面白くないは各自の判断ですからそりゃいいんですけど
映画の良し悪しをなんでも予算で判断するのはいかがなものかと

自分はエリが汚い・臭いというのはとても印象的だったけどな
穢れ、嫌悪、不浄といったものを一身に背負っている孤独感
しかもそれが、かよわい少女(のような)姿をしているという
悲しさが鮮明に象徴されている感じ

73 :名無シネマ@上映中:2010/07/15(木) 07:47:44 ID:lL/axOVK
あのボカシは、日本版だけのものなんですか?
なんか核心に触れられなかった感じで消化不良です。

231 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 02:01:21 ID:HiTn10p0
海外版のDVD観たが、ボカシの下は去勢された跡だね。
実際にはホントの女の子の股間にメイクしてるね、これw

233 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 08:40:29 ID:nRmh7mVV
>>231
肌色のタイツみたいなの着ているんじゃないかな。
特殊メイクという感じじゃないから。人形っぽいというか。

234 :名無シネマ@上映中:2010/07/27(火) 09:18:33 ID:ZC8Vhjw1
>>231 >>233
ネットでは人形という説が一応有力みたいだけど。
クライマックスでの切断された手に質感が似てる気がする(?)

355 :名無シネマ@上映中:2010/08/09(月) 23:46:55 ID:mma173Yg
原作ではオスカー君(オスカル)は
エリが吸血鬼だったことよりも男の子だったことのほうがショックだった

なんか、わかる気がする

359 :名無シネマ@上映中:2010/08/10(火) 05:38:55 ID:NcGtiw8G
>>355
わかる

観客としては、吸血鬼という大掛りな一発ネタが一発ネタじゃなくなっちゃって
仕掛けとしてかすんでしまった
異質なものの永遠性も組み込みたかったのかもしれないけど
人間界における普通には生きづらい特殊な病持ちとか特殊な遺伝持ちとか
特殊な出自とかの方が、ネタの相殺にはならなかった気がする

360 :名無シネマ@上映中:2010/08/10(火) 09:07:59 ID:5c0b0kXy
わかってないだろ~
>>355は「原作では…」って書いてるのにw

原作でエリ=カストラートが必要とされたのは、ホーカン=ペドと吸血鬼領主の
陰惨な儀式の描写のためで、映画はどっちもなしにしちゃったんだから、
エリの股間ネタは、不要なノイズ。原作が先に存在していたからしかたがない
ところだろうけどサ。

361 :名無シネマ@上映中:2010/08/10(火) 09:28:12 ID:yQFZk+rL
>>360
>エリの股間ネタは、不要なノイズ。

いくらなんでも、これは納得しがたいぞ。
この設定がなかったら平凡なボーイミーツガールものになってしまう。
映画ではエリの過去のフラッシュバックシーンは最終的にカットされたけど、
吹き替えで声を中性的にしたり、エリのセクシャリティはかなり意識的に
演出されている。
この設定は作品の主題にも関わる重要なものだよ。
原作でも「エリ=カストラート」がまず重要な設定として存在していて、
「ホーカン=ペドと吸血鬼領主の陰惨な儀式の描写」はそれに附随する
ものに過ぎない。
だからボカシの真相を知った人達がこれだけ怒ってるんだよ。

362 :名無シネマ@上映中:2010/08/10(火) 22:41:16 ID:5c0b0kXy
>>361
エリが元・男の子でなかったら平凡なボーイ・ミーツ・ガールになるというのには
頷けないなぁ。エリの性別が女だったら「トワイライト」と大差ないという主張に
同意する人はあまりいないと思う。
声を吹き替えたのは、キャスティングで両性具有的な外見の子を選んだことの
延長で、要はキャラクター設定に準拠したまでのことでは?
ぼかしで怒っているというのは、要するに筋違いな検閲に対する不満でしょう。
原作は斜め読みだけど、カストラートがどうして重要な設定なのかなぁ。

363 :名無シネマ@上映中:2010/08/10(火) 23:02:19 ID:ZD3kMV26
俺は原作読んでないけど、もろもろの経緯を知らなきゃ
「あ、女の子のあそこ見ちゃった!」でも
済んじゃうシーンだと思った
映画に関しちゃ、ジェンダーの曖昧で揺らす必要もない話になってたと思うし

364 :名無シネマ@上映中:2010/08/11(水) 00:27:12 ID:2afb0wEb
好きになった娘がヴァンパイアだったという事実を、
なんとか自分の中で折り合いをつけて乗り越えた矢先に、
じつは男の子でもあったという、さらなる試練の追い討ちにオスカーくんは、
「エリときたら、何から何までふつうじゃないんだから」と、
アタマをかかえてしまったわけですよ。

それでも最後は愛(友情?)を貫き通す決意をする。
エリ=ヴァンパイア、エリ=カストラートという複雑な設定は、
その試練の過酷さ、愛の成就のハードルの高さを表現するために、
必要不可欠だったのでは?

365 :名無シネマ@上映中:2010/08/11(水) 00:38:47 ID:mIX2CVDC
それは原作ありきだからでしょ?
原作未読で映画単体で捉えた場合、
普通の女の子じゃないのかよ…でも
成立する話だと思うんだよね
それでいえば、あのカットは余計だったってことにはなるけども

366 :名無シネマ@上映中:2010/08/11(水) 00:50:51 ID:2afb0wEb
しかしわずか1秒あまりのボカシが、
これほど作品の内容を左右する映画も珍しいね。
あのボカシの下は、股間の縫い傷が一瞬映るだけだけど、
それだけで、あの複雑で微妙なニュアンスを含んだ
原作のエッセンスを映画から読み取るのは、
たしかに>>365氏が指摘されておられるように、
原作未読の人にはちょっとむずかしいかもしれんですね。

706 :名無シネマ@上映中:2010/10/11(月) 10:15:22 ID:9uvLwNRT
邦題は「エリのおちんちん」にすべき。

708 :名無シネマ@上映中:2010/10/11(月) 17:39:27 ID:CI6e39z+
「ぼくのエリ 200歳の少女」なんてタイトルなのに、
「200歳のホモ」
だったじゃねえか!

369 :名無シネマ@上映中:2010/08/11(水) 04:50:54 ID:dYuAQ75m
股間の縫い傷って、あきらかにナニとタマを去勢されてる!って一発でわかるような
モロな形してるの?

「エリは深い理由があって子宮とか卵巣を摘出した子なのかな」とか考える人もいるかもしれない
人身売買の被害者なのかも、って
自分ならエリが少年だって気付かないまま見終わってた気がする

371 :名無シネマ@上映中:2010/08/11(水) 04:59:18 ID:bCGxmOAE
>>369
感想ブログを回っている時に
おそらくボカシでよくわからないのと、手術痕らしいという口コミ?から
“女性器を縫われた痕”だと思っていた人がいた。
やはり少年だとは気付かなかったみたい。

403 :名無シネマ@上映中:2010/08/13(金) 22:09:29 ID:BPMtWYXd
あと20年くらいすれば「ぼくのエリ 完全版」が出るから、
落ち着いて待てや。

409 :名無シネマ@上映中:2010/08/14(土) 01:35:44 ID:dAyv0tI6
映画見てきた。1つ気になったことがある。

Darth_Vader_20110807180851.jpg

エリのために人間を殺して血を確保しなきゃいけないのは分かるが、
なぜあんな林の中で行うのだろうか。実際、背後を注意して見てたら
ヘッドライトが何度も瞬いてた。これじゃ車に乗ってる人に見つかっても
おかしくない。劇中では犬の散歩?の二人組みに見つかったが、これも
少なくとも屋内でヌっ殺した後に死体を隠蔽すれば、警察に見つかる時間も
まだ延ばせたのではないかと思う。

バスケの選手を襲う時も同じ。体育館の更衣室で殺しもせずに中吊りにして
犯行に及ぼうとしてるのが気になった。それがため助けを呼ばせてしまったし、
林のときも更衣室のときも、顔を隠してないからモロバレ。せめて顔を隠して
いたなら、強行突破で逃げ切れた可能性も少しはあると思うんだが・・・。

なぜ終始見つかりやすい場所で顔も隠さず犯行に及んでるのか、気になった。
もうエリに協力するため人殺しをするのは疲れてしまったから、わざと身の破滅を
願って見つかりやすい犯行に及んだのなら、分からなくもないが・・・。う~ん。

413 :名無シネマ@上映中:2010/08/14(土) 09:13:19 ID:lsr9jBGS
>>409
人通りの少ない林道を待ち伏せ場所に選ぶのは不自然なことではない。
また、引っ越してきたばかりで、土地勘もない。
すばやく出血させるには、心臓が動いている必要がある。そのために、
ガスを使って失神させ、頚動脈を心臓より低い位置に、かつ血を集めやすい
ように吊り下げている。

と、いうような程度に理解すれば、映画的には十分では?

412 :名無シネマ@上映中:2010/08/14(土) 03:43:41 ID:C58mAmiX
>>409
原作では
・殺してから抜いた血は有害ですらあるとエリに教えられている
・いっそこのまま捕まってしまえば良いと願うシーンもある
・目出し帽をかぶっている
・そもそも殺人行為自体ビビりまくっていて犯行の手口も手際も悪い

すべてはエリへの愛と忠誠とご褒美の愛撫の為なんだが
映画じゃそのへんの内面描写は完全にスパッとカットされてる
それ故に簡潔で美しい語り口の作品になったのかと
まあ誤読も生まれやすいけどね

世界観に魅了されたなら原作読むのオススメ
別の角度からもう一度楽しめるよ

733 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 04:20:02 ID:A7va1gBv

77219_20110807180816.jpg

映画のホーカンについてだが・・・
時折「血液を取る手際が悪い」などとのたまう奴がいるが、
ホーカンはエリへの長年の奉仕によってもはや疲れ果てていたのだ。
漫画みたいな特種マシーンでも使って手際よく血液採集してたらここまでの陰影は出まい。
ドジで一途なホーカンの哀れさは実に良かった。と俺は言いたい。

734 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 07:26:05 ID:62ndsrzz
ホーカンとエリが出会ったのは最近
そんなに何件もやってないじゃ・・・
だから硫酸の覚悟も言われるまでしらなかったでしょ

735 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 09:44:34 ID:2m1hWZ5z
小児性愛の設定自体映画では省かれているそうだが、去年無修正版を見た時
監督の意図に反して俺には奴がペドにしか見えんかった。
後に原作を読んで「やっぱりか!」と思ったんだがなあ・・・・

736 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 13:03:51 ID:ESsmX/ZH
>>735
映画でもホーカンとエリの間には恋愛関係めいたものはあったが、
年齢や種族を超えた愛のように思えたなあ
小説の方は、まずホーカンがペドなのありきで、エリを好きになった
ってとこが違うんじゃないかと思った
自分は小説のホーカンが切なかった
エリを愛する以外の選択肢が全くない状態でエリに出会ったように思えたから
ところで、エリは初対面では少女に見えるわけだけど、
ホーカンはエリが少女でも少年でもよかったのかな?
小説版のオスカーはそこのところ悩んでたみたいだけど

737 :名無シネマ@上映中:2010/10/29(金) 19:07:25 ID:q+XH1vAt
ホーカンはエリを触りたがったり、オスカーと会うなと言ったりしてたから
恋愛感情だと思うよ
もし「年齢や種族を超えた愛」なら触らないし、同い年(にみえる)友人と遊ぶのに嫉妬はしないんじゃね?

38 :名無シネマ@上映中:2010/07/08(木) 11:20:11 ID:mYOgSMyg
映画だけ観た人の多くは、あのラストから「ホーカンはオスカーの未来像」と解釈するようだ。
で、「私は監督のメッセージをちゃんと読み取ったぞ!」と有頂天になったり。

観た人によって様々な解釈があること自体は否定しないが、少なくとも「ホーカンも子供の頃、
オスカーと同じようにエリと出逢い…」という想像は間違い。
エリと出逢った時のホーカンは45歳。彼はペドであることがばれて職を逐われた元教師。
映画でははっきり説明されていないが、設定自体に変更はないはずだ。

ペドファイルの描写がタブーのため映画では省かれたんだろうが、結果的にホーカンの自己犠牲的
行為が「無償の愛」みたく見えてしまって……実は下心満々なのにね。
オスカーとエリが初めて本物の友情を育めたのは、オスカーに下心がなかったから。
映画ではホーカンにオスカーの運命を重ねているのではなく、対照的な存在として表現してるんだと
思う。それが前述のペド描写省略のため伝わり難くなっている。

43 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2010/07/10(土) 11:54:28 ID:oCdie0Lg
>>38
たぶん、映画は設定を変えているんじゃないかな。嫉妬はしているけど、
下心があるようには描かれていないし。12歳の男子に下心なしなんてありえんし。

55 :名無シネマ@上映中:2010/07/12(月) 09:30:10 ID:Y53pw+Tt
>>43
映画でペドの描写はマズいから曖昧にされてると何処かで読んだ気が…
原作は長いから映画では大幅に登場人物やエピソードが削られてるけど
基本的に設定は同じでは?
原作読んで「あのシーンは、そういう意味か」と気付くこともある。

738 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 18:56:06 ID:mu3DGbEs

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110807180852.jpg

ヴァンパイアが猫の天敵だったとは知らなかった
うちのアホ猫も戦うんだろうか

739 :名無シネマ@上映中:2010/11/01(月) 02:01:30 ID:awQ0P0xU
アホなふりしてるだけだよ
既に何度も撃退してることも知らずに
いい気なもんだ


関連記事

  1. 2011/08/08(月) 21:27:33|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラストシーンをヒントに映画のタイトル当て | ホーム | ロバート・ダウニー・Jrのファッションが酷すぎる件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2125-fafe7d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR