2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

リリイ・シュシュのすべて

http://choco.2ch.net/test/read.cgi/movie/1000619500/
14_alikeh_20110807114049.jpg

1 名前:  :01/09/16 14:51 ID:CB.eVk9M
ある地方都市、中学2年生の雄一(市原隼人)は、かつての親友だった星野(忍成修吾)やその仲間たちからイジメを受けるようになる。そんな彼の唯一の救いはカリスマ的女性シンガー、リリイ・シュシュの歌だけであり、そのファンサイトを運営する彼は、いつしかネット上でひとりの人物と心を通わしていくが…。

岩井俊二監督が、インターネットのインタラクティヴ・ノベルとしてスタートさせた企画を発展させて成立させた異色の青春映画。


18 名前:名無シネマさん :01/09/25 00:21 ID:w0jTTGE.
試写会で観たけど、評価の別れる作品だとおもった。
自分は傑作だと思ったけど。
少年・少女期のナイーブさと残酷さが描き出されてる秀作。
(といったら陳腐になってしまうが)
いろんな意味で衝撃を受けた。
ちょっと自分の思ってたことと違う事実があったみたいなので、
もう一度みにいくつもり。

168 名前:もきゅ :01/10/06 22:53 ID:OmicrJuE
今日シネマライズの初回に並んでみてきました。

自分の中学時代の心象風景、それもあまり思い出したくない類の風景がフラッシュ
バックでよみがえりますね。重いシーンが続くし、そういうのがつらい人はげんな
りしてしまうかも。

それを踏まえてもこの映画はよくできてますね。傑作といえるレベルです。小林武
史の音楽も効果的だし、岩井俊二の演出もかつての作品にあった露骨に少女漫画チ
ックなところがなくて、観客が映画の世界にトランスできる様随所に工夫が見られ
ました。

さらに重要なポイントは、ネタばれですが、たんにいじめを扱って、いじめる側と、
いじめられる側の関係を描くことを超えて、非日常的世界(西表島)で魚に襲わ
れ(藁)、おぼれかけ、さらに突然身近にいた人の死を経験することで、世界は根
源的に無秩序であると悟り、優等生からいじめる側、そしてさらにアナーキーな存
在になった少年と、それでも日常をフツーに生きている少年との対比を根底に置き、今話題の切れる
若者の存在の本来描けっこない発生過程にたいし、アプローチを試みていることで
す。

それは成功していると思います。そして、リリイ・シュシュを接点にこの二人が、
ネットの世界の一見遠い人が、実はもっとも近くにいるという一種のドラマ的要素
をしめす形で、出会い、完全に決別を迎える。この映画、他にも語れるところがた
くさんあります。気になってる方は絶対見に行くべきです。

糞長いレスでご無礼。久々にカンド―したので。

169 名前:うーん :01/10/06 23:20 ID:BB..yCyU
正直ピンと来なかったんだけど…
なんか視点があやふやじゃないっすか?
だから、どの登場人物にも感情移入できない。
大沢たかおは意味不明だし。
稲森いずみは笑ったけど…

51BVXZqazi_20110807114048.jpg

私にはイマイチでした。

346 名前:名無シネマさん :01/10/16 23:15 ID:g1KrQIVx
どうせばれてるからって、リリーの元ネタをBjorkだのUAだのって、自分から最初にバラしたりして、むちゃさむかったなあ。
星野の母親が稲森いずみって、、、真面目にみる映画じゃないよ。
あれも現実とバーチャルのひっかけとでもいうのかな~?
出てくる人間すべてがあまりにステレオタイプでリアリティのかけらも感じられない、、という気分を心地い小林の適当な音楽と、チカチカさせる岩井の編集とこぎれいだけど、CMやビデオクリップで、さんざんみあきた絵の羅列で誤摩化し切った。
その力量だけは認める。

192 名前:名無シネマさん :01/10/07 01:57 ID:Z4XmRi/Q
ヤケクソな量の携帯ストラップにワラタ(・∀・)

204 名前:名無シネマさん :01/10/07 08:50 ID:22PI9L9.
>>192
あれ、彼女の私物だって。インタビューで本人が言っていた。

224 名前:名無シネマさん :01/10/08 17:01 ID:a//tzM16
映画は好きだけど、調子こいて売り出したリリィ・シュシュとかいうアホそうな
女が気にいらん。映画だけの幻想の存在で良かったのに。

226 名前:名無シネマさん :01/10/08 22:08 ID:6V2KaVyE
>224
え、映画のずっと以前からいたから、幻想じゃなくて実在の人でしょ?

230 名前:名無シネマさん :01/10/09 01:54 ID:qYm7U4Lw
>>226
実在のリリィはこの映画のためにデビューしたアーティスト。
まぁ当初はメディアミックスみたいなことを考えてたんでしょう。
(「スワロウテイル」のイェン・タウン・バンドみたいな)
でも歌手が決まってから岩井が原作の軌道修正して、
webで新たに連載してから映画化した。
なので、web連載中には読者にとっても実在のアーティストだった、と。

224さんは、そういう現実とのリンクみたいなのはない方がいい、
ということでは。

232 名前:名無し :01/10/09 02:12 ID:tWGC4cGk

laputa05_20110807114110.jpg

リリイシュシュって何年か前にミュージックステーションに出てなかったか?

233 名前:そうだよ>232 :01/10/09 14:48 ID:WAVaXikk
出てたよ確か。
何だか訳のわからない歌うたってたなあ。
小林がプロデュースして、売れなかったから、岩井を丸め込んで、
もう一度メディアに便乗して売り出そうとしてるんじゃない。
そんなの業界じゃネタばれだよ。

236 名前:名無シネマさん :01/10/09 19:33 ID:V/DGeUus
今日渋谷で見てきた。
なんか村上龍が5年ぐらい前に書いてそうな話。
パクッたとか影響受けたとかそういうんじゃなくて、
「なんか○○っぽい」の○○に、岩井俊二以外の名前が
まず最初に浮かんでしまうってこと。
傑作か凡作かはともかく、「あぁ岩井俊二だ」と強烈に感じる
何かを感じたかった。この映画風に言えばエーテルを感じ
られなかったってとこか。(以下少々ネタバレ)

死はある意味で開放だし、救いでもあるし、だからこの映画では
誰も死んでほしくなかった。ボロボロになって、リセットしたくなって、
それでもリセットできずにこれから何十年も同じように人生を送らなきゃ
いけないって部分に、本当のリアルがあるだろう、とかね。客取ってた
子も救われる。例のボスな彼も救われる。あの二人の償いがこの映画を
どうも安っぽくしてる。誰も消えず、終わりそうで終わらず、それでいいじゃん。
こんな視点や切り方だと、村上やら(映像だと庵野になるのか?)と
確かにあまり差がない。駄作だとは思わないが、岩井俊二にしちゃ
ずいぶん普通に撮ったなという感じでありました。長文スマソー。

239 名前:185 :01/10/10 00:15 ID:hVtSpQpo
>236
同感。
特に前半部、思ってた事を文章にしてくれたカンジ。
何か色んな所でベタ誉めされてるから、
同じ様な事感じてる人がいて良かったよー(笑)

242 名前:名無シネマさん :01/10/10 01:53 ID:YEepN53Y
よく分からないが、雄一がフィリアで星野が青猫でないの?
だから、ライブ会場で雄一は星野が青林檎を持っているとは
夢にも思わなかったわけだろ?

14_alikeh_20110807114447.jpg

243 名前:名無シネマさん :01/10/10 03:27 ID:6rtACLoo
>>242
>よく分からないが、雄一がフィリアで星野が青猫でないの?
>だから、ライブ会場で雄一は星野が青林檎を持っているとは
>夢にも思わなかったわけだろ?

ここまではなんとなく分かったけど、
星野のほうはあらかじめ知っていたのかなあ?
だとしたらいつから?
その辺がちょっと整理しきれなかった。
もう一度みれば、
もっと分かりそうなもんだけど・・

245 名前:名無しさん :01/10/10 12:14 ID:L/PHAOIo
ネタバレ気味スマソ。
雄一が、"リリィ"ないし"リリフィリア"の中の世界のみがリアルであると
捉えていたのと同じように、星野にとっても又そうであったのでは?
"リリフィリア"での"青猫"としての自分と、現実の世界での"星野"との違い--
実世界にて"青猫"として振る舞うことの出来無い自分にやるせなさを感じたから故、
雄一に青リンゴを持たせ、会場の外に追いやったのでは無かろうか。
星野からすれば、雄一が自分の影響で"リリィ"のファンになったことは気付いていても、
彼が"フィリア"であるとは知らなかったと思う。それは雄一も然り。
だから、星野の何気ない思惑によって彼が"青猫"だと判った時、雄一は
とてつもない絶望感を突きつけられたのだと。

後、前半部にあった13歳の頃のエピソードで登場した、稲森いずみに似た(ワラ
若くて綺麗な星野の母親が、その場面以降全く登場せず、後に女子生徒の
口から「工場が倒産し、家族は離散した」と淡々と告げさせる演出が
星野の負った心の傷を語るに秀逸だと個人的には思った。

246 名前:名無シネマさん :01/10/10 12:29 ID:WgV0yzzQ
なんか俺さ・・・ずっと青猫=雄一、フィリア=星野で
見てたよ・・・。一応それでもつじつま合っちゃうから
何も疑ってなかった。鬱。

247 名前:名無シネマさん :01/10/10 13:00 ID:6rtACLoo
>>246
ちょっと対応が分かりずらいよな。
一度観ただけでは。

249 名前:名無シネマさん :01/10/10 18:18 ID:vsJA2yLk
>>246
俺もそう思ってたよ。
もう一回見てみようっと。

252 名前:  :01/10/10 18:58 ID:7dQgoFRg
小説よめばたしかにいろいろわかる。
でも分かりすぎて幻滅。あのぼかした
ストーリーの中身は所詮その程度だったんかい!
とつっこみいれたくなったよ。微妙だ。

409 名前:-187- :01/10/21 21:44 ID:k0TFI2uE
ネットの中にクマてやついたでしょ?
クマのぬいぐるみもってコンサートに行きますって言ってた奴。

コンサートの背景でくまのぬいぐるみをもってたおっさんがいたので
そこだけ印象残ってる。あとカイトのシーンね。

412 名前:名無シネマさん :01/10/21 22:52 ID:IhJk/dFO
>>409

くま持ったおじさんは気がつかなかったです。

凧のシーンは、飛びたいと言わせる為に唐突に、って印象が強い。

413 名前:-187- :01/10/22 00:51 ID:h1I3O7iy
>>412
青林檎渡されてコーラ買うシーン。
背景にいるよ、くま持ったおっさん。
けっこー大きいので目立つ目立つ

277 名前:名無シネマさん :01/10/12 02:10 ID:wN9JQ2ek
「で、何なの?」
見終わったときの素直な感想。「だから何なの?」としか思わなかったなぁ。

「14才のリアル」という副題がついているけれど、イジメの態様が少しも
「リアル」に感じなかったなあ。農村部のイジメってあんなことしてるの?
都市部の公立中学に通った俺には、あのイジメが少しも「リアル」に感じら
れず、したがって、感情移入ができなかった。それゆえ、俺のハートには何
も残らなかった(藁

大人が考えた、子供世界の「虚構」としか捕らえられなかった。だから俺に
は駄作としか映らなかった。旅行シーン長すぎるし。半分以下にできるでしょ。

278 名前:名無シネマさん :01/10/12 02:24 ID:N1PPnyZQ
>>277
俺は中学時代(10年くらい前)は田舎だったけど、あんなもんだよ。
運動会が中止になったり、先生をぱしりにさせたり。
けんかにしても校内で血を流しながらやってたり。

だから、地域差でかなり感じ方が変わってくると思う。
あと、イジメ(中学生)が近年騒がれているけど、昔からあったことを忘れずに。
ただ、メディアに出てなかっただけ。(隠していた)
今は、インターネットが普及したことにより裏の情報が簡単にばれてしまうから露出気味なんだよ。

280 名前:名無シネマさん :01/10/12 02:42 ID:TmnFdxoQ
田舎の方が都会より遥かに閉塞感が大きい。
都会と違って学校や地域以外の人間との繋がりが
あまりないからね。

282 名前:名無シネマさん :01/10/12 04:57 ID:6fQz5qb.
私も地方都市出身。
あの閉塞感は痛いほどリアルに感じられました。
今大人になった私は、外には違う世界があるということを知っているけれど、
あの時代は学校周辺しか見えなくて、本当に息の詰まるような毎日だった。
今、外を知っているということと、あの逃げ場のない(と当事者が思ってる)
毎日とを重ね合わせながら観てしまい、知らずにひとり滂沱の涙を流していました。

ただ人に勧められるか、いい作品かというと難しい。
カメラは奔放すぎて、何やってるか分からないような時間が長い。
旅行時の素人カメラにはもう酔ってしまって気分が悪くなり、目を細めたり
つぶったりしなければ耐えられませんでした。
場面場面の絵が印象的ではあるんだけど。
個人的にはとても痛い、心にずんと思い楔を刺される映画でした。

でもネットで交わされる言葉の一つ一つの青臭いイタさには
それを表してるんだと思いつつも退いてしまたよ。

283 名前:名無シネマさん :01/10/12 07:25 ID:i3h0CBfc
うん・・これは容赦なくリアルだと思うよ。
実際にあそこまで極端な行為が重ならないにしても、
精神的な面がかなりさらけだされてしまってる。

映像としては、星野が海で溺れて水面だけが
映っているところなんか、ちょっと酔いそうだったな。.

285 名前:名無シネマさん :01/10/12 12:39 ID:vIpNg9/U
リアルに感じられない私は幸せな中学生活を楽しんでいた
ということでしょうか? 痛々しい映画ですが、どこが客
観的に見てしまいました。

396 名前:名無シネマさん :01/10/21 14:00 ID:rh7H2kVK
剣道部の女の子が男言葉で詰め寄るとことか生々しかったよ。
「声出せって言われてんだよ!」とかいうとこ。
ちょっとひとり顔のデブった子がいるじゃん。
ああいうの、細かく分かってるよね。

328 名前:名無シネマさん :01/10/15 01:05 ID:BldOSAPK
今日、見てきました。
痛みと共に、悪意を感じる映画だった。
悪意とは、大人の描き方。
少年、少女をとりまく大人が、彼らに対して
徹底的に無力である。
徹底的に断絶している。
その象徴が、自分のクラスの生徒が自殺したり、
レイプされたりというとてつもない悲劇があったにも
かかわらず、まるで他人事のように主人公の少年に
進路指導してる担任の先生。
彼がその双方の悲劇に荷担してることにも全く気づかない。
もういい年なのにいまだ思春期を引きずる自分は、
14歳の「どうしようもなさ」に感応して痛みを感じる一方で、
大人へ向けられた悪意も受け取ってしまい、どうしようもなく
鬱になってしまった。

329 名前:名無シネマさん :01/10/15 03:18 ID:kILWPm2K
>>328
なるほど、そうでしたよね。断絶。
変な音が聞こえるとか、ポケットの中を見てくださいとか、
明示的なシグナルを送った場面もありましたが、
何ら救いは無かったようですし。

676 名前:名無シネマさん :01/10/29 19:06 ID:oUS7Sd/A
この映画見たら、こうなった。
BlackLagoon-rebby-sleeps_20110928020041.gif

678 名前:名無シネマさん :01/10/29 20:28 ID:DhfqMMgT
>>676
とりあえず、休みをとって凧上げにでも行ってみては

350 名前:コレラ大尉のマンダリン :01/10/17 11:09 ID:/IrGFHx0
とりあえず上映時間が長かった。
長いわりには内容が薄っぺらだった気がする。
1時間30分くらいがよかった。

368 名前:名無シネマさん :01/10/18 10:34 ID:pmCp32Co
長い、かなぁ???
沖縄はちと長かったけど
全体では長さは感じなかったよ。

913 名前:名無シネマさん :01/11/07 21:52 ID:Vi0D9yFF
沖縄の出来事が 青猫さんの分岐点だったから じっくり撮ったのでは?
僕は140分があっという間でした。傑作と思われ。

369 名前:名無シネマさん :01/10/18 16:10 ID:OvkNiWDT
評価分かれるねぇ、この映画。
友達が、まったくもってつまらんって言ってた。
1000円(レヂースデイ)返せって。

俺は、面白いっていうか、観て良かったって思うよ。
リアルかどうかって言われたら、首傾げちゃうけど。
映画で描かれているモノってけっこう普遍的。
どっかで聞いたことだったり、見た事だったりすると思う。
実体験とかじゃなくてさ。ドラマとかで。でしょ?
でも、その間とか台詞まわしがいい感じなんだよねー。
トーンを抑えてるっていうか、ドラマのトーンではない。
だから、ヒリヒリする。
テレビだったら、もうちょいヒリヒリしない感じでつくるしさ。

見てる途中は、沖縄のシーンとか長いっておもってたけど
いま考えると、そうでもないかなと。

943 名前:名無シネマさん :01/11/08 01:21 ID:Fuuyom0R

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110807114046.jpg20071115_inutowatashi_main_20110807114046.jpg

星野の外道ぶりにぞくぞくした。
泥まみれの田んぼに犬伏を蹴り落とすシーンは快感。
沖縄体験で人の命が結構軽いもんだと気がついて
今さら優等生を演じるのがアホらしくなり
これからは馬鹿どもを支配してやりたいようにやる
と、開き直る辺りにはすがすがしさすら感じる。

944 名前:名無シネマさん :01/11/08 01:43 ID:rBPvRcW4
星野が性格変わったのは沖縄の大沢が死んだから?それとも家庭問題?

945 名前:名無シネマさん :01/11/08 01:43 ID:/r+MQ5F2
夏休みのあとは、犬伏にバカにされて、
ここでやらんと、やられっぱなしだ、
というかんじで、いままで鬱積してたものが爆破したんじゃないかなあ。

ばかどもを支配するというのは、ちょっとちがうかなあとおもった。
それだとかっこいい!。けどね。

沖縄で人の命のカルさに気づいたのは同意。

946 名前:名無シネマさん :01/11/08 01:51 ID:Hv5aQK6N
命の「軽さ」というよりも、「脆さ」「儚さ」ととりたいところだなあ。

947 名前:945 :01/11/08 01:55 ID:/r+MQ5F2
ああ、そうだね。その言葉だね。

429 名前:名無シネマさん :01/10/22 13:58 ID:2x0+OhFX

41dQ0l+1QV_20110807114048.jpg

主演の市原隼人の演技ってどうよ??

475 名前:名無シネマさん :01/10/23 16:56 ID:htQiPaDu
市原隼人かわいい・・・けど声が低い!!

476 名前:カラヴァッジオ :01/10/23 17:25 ID:okBPfDEC
>>475
たしかにかわいかった。萌えた。
星野役の忍成くんって20歳なのね。
14歳の役ってかなり無理があったわよね。

831 名前:オナニーシーン :01/11/04 22:11 ID:s4EvHMNY
先日、見てきたけど、市原隼人のオナニーシーンは演技とはいえ、かわいそうだった。
まだ、オナニー歴の浅い?役者にあそこまで・・やらせるとは・・でも、前バリはてしてたんだろ
けど・・・市原隼人に心の傷は残らないかなぁ・・まだ中学生なのに

832 名前:名無シネマさん :01/11/04 23:01 ID:fV7pDL1+
>>831
んや。映画の中とは逆に、役者同士がとても仲良かったみたいだし
撮り終わったあとみんなが「よくやった!」とかゆって誉めてくれたらしいので
傷はないかと。
あの子はそんなにヤワじゃないみたいと思うよ

712 名前:名無シネマさん :01/11/01 01:15 ID:GWTsg6Dp

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110807114110.jpg

市川ミワコのオーラがすごかった。
存在感と言うか。
とにかくすごかった。

834 名前:名無シネマさん :01/11/04 23:17 ID:GbGct8Bw
レイプされた女優は、なんていう人?

835 名前:名無シネマさん :01/11/04 23:20 ID:4pon7pZ0
>834
伊藤歩だよ。

938 名前:名無シネマさん :01/11/08 00:26 ID:7b/tVubw
台本には、あのレイプシーンは、みんなが翼をくださいを歌っている
ときに、やられる設定だったらしい。

848 名前:名無シネマさん :01/11/05 03:18 ID:YB9iDlYY

51jQIr2oWd_20110807114047.jpg

伊藤歩はほんとに丸坊主になったんだよね。
舞台挨拶の時にその事知ってビックリした。

307 名前:名無シネマさん :01/10/13 12:53 ID:.tS6Hojs
伊藤歩の丸坊主って、あれコッコの10代の頃のエピソードだよね。
って、言っちゃいけないのかな。
どこ見ても誰も言ってない。
沖縄行ったり、相当コッコ、というか「Raining」好きなのかと
思いながら見てた。

308 名前:名無シネマさん :01/10/13 13:10 ID:DOb3AYoM
>>307
>コッコの10代の頃のエピソード についてもしよかったら詳しく教えてください。

309 名前:名無シネマさん :01/10/13 14:56 ID:KWDu1HFI
Coccoの「Raining」って、「式日」のエンディング曲だったねぇ。

313 名前:307 :01/10/13 21:52 ID:KHVGTLOo
>>308
15歳くらいの時、ある日突然丸坊主にして学校行ったんだって。
気合いをいれるために。
別に映画の伊藤歩みたいな目にあったからとかではないと思うけど。

それでそれまでの長い髪が無くなったので気合いが入れられないので、
今度は腕を切るようになったんだってさ。
「式日」のエンディングの「Raining」という歌はその頃を歌ったものだ
そうです。多分雑誌のSWITCHを見てるような人とか、こっこを聴く人の
間では有名なエピソード。


関連記事

  1. 2011/09/28(水) 21:29:55|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<[全米興行成績]「ライオン・キング3D」が2週連続首位。ブラピ主演の野球ドラマ「マネーボール」は2位デビュー | ホーム | 【芸能/歌舞伎】香川照之、役者として初めて歌舞伎公演に参加へ-来年の新橋演舞場「六月大歌舞伎」>>

コメント

832がこの映画の後のルーキーズ出演とかの熱い役柄を、軽くあててるみたいで面白いな
  1. URL |
  2. 2012/04/29(日) 23:16:42 |
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2122-8eeb38fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。