FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

舞妓 Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1173771377/


1 :名無シネマ@上映中:2007/03/13(火) 16:36:17 ID:qYL5Q7lU
監督 水田伸生
脚本:宮藤官九郎
キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ
制作:ビーワイルド
製作:日本テレビ/東宝/S・D・P/読売テレビ/バップ/読売新聞/大人計画/ビーワイルドほか
公式サイトttp://www.maikohaaaan.com/

◆イントロダクション

今回、脚本家・宮藤官九郎が描くのは、
「一見さんお断り」という神秘のベールに包まれた
《舞妓の世界》を迷走するオトコとオンナ ――

何が起こるか予測不可能。前人未到のエンターテインメント超大作が始動どす!!

主演は、超豪華にして超異色!?の3人。熱狂的な舞妓ファンのサラリーマン・鬼塚公彦を演じるのは、宮藤官九郎作品には欠かせない個性派俳優、阿部サダヲ。俳優、そして「グループ魂」での音楽活動など、異彩を放ち続ける男が、遂に映画初主演の座を射止めた。

舞妓とのお座敷遊び常連客でプロ野球選手・内藤貴一郎を演じるのは、初の宮藤官九郎脚本作品参加となる実力派俳優、堤真一。クールなイメージから一転、お座敷を荒らしまくるプロ野球選手役という新境地に挑む。

舞妓しか愛せない男・公彦にフラれた腹いせに、舞妓を志すOL・大沢富士子を演じるのは、『GO』(01年)以来の宮藤官九郎脚本作品参加となる、柴咲コウ。色々な役を演じてきた彼女だが、舞妓役はもちろん初挑戦。

監督を務めるのは、宮藤官九郎脚本で03年にOAされたTVドラマ「ぼくの魔法使い」で、奇想天外な設定を見事に映像化し、高い演出力を見せつけた水田伸生。再び宮藤官九郎とタッグを組み、誰も見たことのないエンターテインメント超大作を創り出す。


150 :名無シネマ@上映中:2007/05/11(金) 07:56:07 ID:s77jv4AE
試写会いってきた。

ストーリーはほんと下らないし、終盤はグダグダだった
一部分ごとに見ればそれなりに面白い部分はある。

最大のウリはお茶屋の描写だと思った。
序盤からお茶屋が神格化されて、はじめてお茶屋に入るまでの世界観はとてもよかった。
その後はアレだが

225 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 23:39:10 ID:8Od5jru1
試写会みてきた。

野次喜多とか木更津のワールドシリーズとか吾輩は主婦とか
どれもこれも嫌いだったけどこれはクドカンの中でもずば抜けて面白い。

というよりも阿部サダヲが全てだな。

あと時効警察の真加出くんも結構サブメインくらいに出てた。かわいかった。

230 :名無シネマ@上映中:2007/06/02(土) 08:10:15 ID:j/M74wKj
>>225
>野次喜多とか木更津のワールドシリーズとか吾輩は主婦とか
>どれもこれも嫌いだったけど

それなのにこれが好きになるって、どんなポイントで?

231 :名無シネマ@上映中:2007/06/02(土) 09:37:19 ID:jcVjMEki
俺はイイノホールで試写会みたけどわかる気がする。
クドカンよりたぶん水田演出の賜物だと思う。
厨房時代のサダヲを先生たちが連れ戻す際のミゾオチパンチとかサダヲのアップ時の表情とかとにかく随所に笑いへの演出が効いてる。
お涙シーンでも泣かせるエピソードのままで終わらせないしね。
たぶん他の演出家なら泣かすところは泣かすところでめり張りつけるが、そうじゃない。
泣かす場面もやっぱり笑いに持っていく。
マジ120分笑える。

クドカンの名前ばかり表になるがまず水田あっての映画だと思うよ。

最高に面白い映画だった。

257 :名無シネマ@上映中:2007/06/05(火) 01:57:37 ID:gDdcLFIQ
柴崎の舞妓、めちゃくちゃ可愛いな

258 :名無シネマ@上映中:2007/06/05(火) 02:36:23 ID:TaQEfK9h
サダヲの公ちゃんの方が可愛い

259 :名無シネマ@上映中:2007/06/05(火) 03:56:02 ID:ZnTrSVSx
柴咲の舞妓も可愛いが、小出早織の舞妓が一番可愛い
あの顔のふっくら具合がいい

正直、酒井若菜に舞妓似合わないわ
映画まだ見てないけど

262 :名無シネマ@上映中:2007/06/05(火) 11:18:55 ID:gDdcLFIQ
クドカンて酒井若菜好きだよなぁ、クドカンが使わなきゃ絶対消えてるのに

278 :名無シネマ@上映中:2007/06/06(水) 00:21:29 ID:uuw7wRgg
脚本も演出もテンポ良くてめっちゃオモロかった。

阿部 期待通り最高。
堤 期待してなかったのに(クールな役しかやらんと思ってた)最高。
柴咲 正直コメディ向いてんないじゃと思うけど綺麗過ぎるので許す。

しかし俺にとって一番良かったのは小出。
あんなに舞妓姿が可愛いとは!
小出の舞妓姿は日本の宝です。



298 :名無シネマ@上映中:2007/06/08(金) 14:14:46 ID:Tcq/sjIp
小出は似合ってるよな。本当の舞妓さんみたいでカワイイ。
柴崎はかわいいというより綺麗だった。美人がひきたつ感じで俺的にはアリだ。
なんというか変身度は小出>>柴崎

389 :RRD ◆3MranranlY :2007/06/12(火) 22:53:45 ID:CebjzIPZ
つーことで試写会で観てきた。今年ここまでの邦画では段違いにいい。
来たね、とうとう阿部サダヲが来たね。いつか来るんじゃないかと思ってたけど、やっと来た。
いや、試写会の舞台挨拶に来たんじゃなくて、時代が来たって意味で。
脇役で輝くアベサダ、というイメージが強かったけど、これで一蹴。
試写会という満員の環境ということもあって、細かい(けどベタ)な部分で何度も笑いが
おきていた。大人計画の雰囲気をそのまま映画にしたような感じで、人間のバカさ加減と
愛らしさをデフォルメしつつ盛り込んで、サブカル臭への条件反射というか先入観としての
ムカツキのようなものさえなければ、誰からも暖かく見守られる、邦画には珍しいラブコメ
として成立してたんじゃないかと思う。ま、ラブコメっつーとちょっと違うか。
でもラブでコメだよな。エロがなくて健全すぎてびっくりしたくらいだ。

489 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 12:00:27 ID:5kzjdF+n
植木等の遺作なのにスルーだな

492 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 12:34:41 ID:jUhJntT6
>>489
植木等が画面に出たとき、客席から
「おお・・・」って声が上がってた

あと、舞妓の顔は早織タンが可愛くて
素顔はコウタンが可愛い
コウタンの舞妓顔はちょっと怖い

494 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 12:43:11 ID:qcYvvEL1
こうたん、狐目の釣り目だから
舞妓はんのお顔はちと怖いw

505 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 14:50:23 ID:2H8ahl+b
いろんな役者が出てて、皆良い持ち味だしてる。
吉行和子良かったし、柴咲はやっぱり華、
堤はどこかのブログにもあったが、大黒柱の役目。

516 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 17:39:13 ID:cMzE9Pit
勢いがあったのは前半だけだな
パソコンのやり取りと修学旅行のところが一番面白かった
ラスト嫌だけど阿部サダヲが面白かったからDVD出たら買うかも

517 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 17:41:52 ID:FxLa3FsY
これなあ思いついたアイデアたぶん全部入れてる
ギャグが玉石混合やねん
で、プロデューサーズかなり意識してる

518 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 17:47:18 ID:FxLa3FsY
要らんギャグすっとばして100分以内におさめりゃもうすこし
よくなった
あとタイトル出るとき、舞妓はーんて、サダヲに叫ばさないとダメ

526 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 19:17:40 ID:Ft2rL4Ve
面白かったな
北村一輝がツボ



528 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 19:43:50 ID:7MzqcStQ
水虫薬といい、濃い役多いな、北村は。

640 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:33:41 ID:SjOu/n/H
北村は数秒しか出てないのに、面白すぎ。

529 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 20:03:08 ID:fpSysFy/
前半は勢いがあってよかった。ボンのあたりとか。サダヲもコウちゃんも、イイ!

途中、サダヲが次々と転職するあたりはダラダラしてかったるかった…
いいから話進めて…、みたいな。
最後の最後も舞台でのアレは必要だったんか?と思う…

ただ自分はサダヲタだからやっぱりDVDは買っちゃう。
そして最初の方だけでもかなり見る価値はあったと思う。
何も考えずに爆笑し通しだったし。
クドカンはいつも尻すぼみ、中だるみだから仕方ないとわかってはいるものの…。

ともあれ期待してたよりはよかった!
ほんとに笑った。落ち込んでたけど元気になったです。
サダヲ、主役もはれるんだな~とびっくりしました。

辛口な上、長文失礼しました。

530 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 20:20:13 ID:xztrk3ca
う~ん
自分は反対に最初のほうは、ノリについていけず、ツラカッタ
富士子が京都にやって来るあたりから、ようやく入っていけた

534 :名無シネマ@上映中:2007/06/16(土) 22:59:49 ID:GTSbAwLO
はっきり言ってめちゃくちゃおもしろい。朝イチにもかかわらず、館内に笑いが絶えることはほとんどなかった。
サダヲブリーフ似合いすぎ。

547 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 00:24:43 ID:EHleuloq
京野ことみと酒井若菜どこに出てたんだ?

548 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 00:27:53 ID:BQ0pxbKR
みんな白塗りだから誰が誰だか分かんない

549 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 00:30:11 ID:seT48O8x
>>547 京野ことみは修学旅行のとき公彦を助けた舞妓の小梅、
酒井若菜は貴一郎が旦那になった1番人気の芸妓

562 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 01:08:11 ID:XQdHOE+m
だんだん増える生瀬さんの髪wwww



690 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 15:22:18 ID:pL/sC8na
生瀬勝久ってどのシーンからズラじゃなくなってた?
保釈のシーンで気づいたんだが… もっと前の段階からズラじゃなかったよな?

567 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 02:07:28 ID:NyfqJOcp
誰も書いてないので書いてみる。
秋山なつこ!なかなか良い役だと思った。
阿部、大倉、秋山の三人は‘ぼく魔’に出ていたから久しぶりにこの三人を見れて嬉しかった。

568 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 02:39:47 ID:VP99dkkY
何か日本一の男シリーズ意識しすぎでしたが、
もしこのメンバーで日本一の男やるんなら、堤=植木、阿部=谷啓なんだろうなと思った。
メチャクチャ楽しかったけど、ラストはちょっと哀感も感じさせたりして、
出来れば楽しいままで、踊りだけで締めくくってほしかった。
柴咲コウは、舞妓メイクが全然似合ってなくて怖い顔だったけど、
四条大橋?の上で阿部サダヲと出会う場面が、ハッとするくらい美しくて良かった。
個人的には今年一番面白かった映画の一本。

569 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 02:41:23 ID:R8T0TRqZ
大日本人とまいこはんどっちが笑える?

570 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 02:48:08 ID:Qiy6M+OL
大日本人のほう
大日本人=静の笑い
舞妓=動の笑い

586 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 11:59:49 ID:u26dbkIv
ひたすらバカでテンション高い阿部サダヲで笑えるかどうかが全て
自分はダメだった、途中から主人公と柴咲どうでもいいから
堤と小出の話を真面目にもっと見たいとか思っちゃって
やっぱりクドカンて合わんわ

606 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 14:59:02 ID:toBpDibd
面白かった・・・最高だわ。
キャラみんな好き。バカで粋で正直でなんか落語見ているみたい。

ショートホープのくだりが好きw

613 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 17:19:23 ID:cPjD8Fo3
阿部サダと柴咲コウのやりとりがつぼった
山田と北村短い時間なのにインパクトあった
"山猿"と"加藤こい"は笑った
堤のタイムラグぎみの熱!もいい

614 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 17:45:17 ID:VP99dkkY
ってかラストのお客様、須賀健太をVFXで無理矢理大人にしても良かったような気がする。

635 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:10:19 ID:/ctDCb/Y
泣く映画じゃないのはよく知ってるが、植木さんが出てくるシーンは
切なくなって涙が出た。
個人的には生瀬さんが良かったw

639 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:28:42 ID:5CLlgr0k
笑えたのはもちろんだけど、駒子の素顔の場面と
富士子の携帯をかけさせる場面が泣けた。

646 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:49:00 ID:zPFTfv4w
母校が、かやく工場になっていた・・・・。

647 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:53:18 ID:BEyonww0
この映画は途中から疲れる。「憧れの舞妓はん」に対して当人が土足で踏み潰すような下
品さに苛立つ。抑制のない一線を越えた安ぽさが不快。この監督の持ち味?伊藤四郎の「
京都、終ったな」の一言がこの映画の痛烈な集約に聞こえた。

644 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 22:46:08 ID:TS7USvzW
公彦が、ナムコなんとかかんとかより面白い~って言ってたけど、あれ何?

648 :名無シネマ@上映中:2007/06/17(日) 23:01:24 ID:Mv7bNlu5
>>644
二子玉にあったナムコワンダーエッグのことですね。今はないです。
セガのジョイポリスみたいなもんだと思ってもらえればいいです。
知らない世代もいるだろうなぁと思って観てましたが、
現存しちゃうものはさすがに名前として出せなかったんだろうなと思いました。

666 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 01:03:32 ID:2NLXFVvF
今日観てきた
俺は阿部サダオが絡んでないとこの方が楽しめたな
柴咲コウが舞妓修行し始めたとことか駒ちゃんと京野ことみとか好きだった
あと山田孝男出てくるのは笑った
主役はなんか観てて気恥ずかしくなっちゃって駄目だった
根本的に阿部サダオとは合わないのかもしれない
全体的には結構楽しめたんだけど

677 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 05:23:01 ID:7CUIgtmu
どの段階で植木等の出演を構想したのかわからないが、
宮藤の脚本は、いちおう、無責任男へのオマージュになってるね。
もちろん、時代をつくった平均さんには、鬼塚じゃあ比肩しようもないけど。

とはいえ、細部はともかく、ふったネタも一通りはちゃんとまじめに回収しているから、
阿部の演技も含めて、脚本と演出のコンビネーションは成功だな。
ミュージカルもまずまずチープじゃなく運んでいるし、悪くない。
TV上がりの人だから画面がちまちまして、映像で魅了してくれないのはしかたないけど、
これは矢つぎばやのギャグでつないでスピード感にあふれているから、まあ許せる。

志は高くないけど、時間つぶしやデートに使える、楽しい映画であるのは確か。
香港ムービーに似たサービス精神がいっぱいだし。脇役の演技も手堅い。
北野や松本、パイレーツで楽しめなくてうんざりの向きには、この軽さは口直しになる。

684 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 09:27:27 ID:Op2W+iBL
柴咲の、あの泣きながら野球拳続けようとするとこが可愛かったし面白かった
やっぱ役者がみんないい
ダメだこいつと思ったのは一人もいなかった

703 :699:2007/06/18(月) 17:15:53 ID:xO5TKoF1
すみませんが、誰か教えてください
どうして堤市長が「一見さんお断りお断り」条例を出したのかのワケを
舞妓を家族に持ち、一方では舞妓さんを大量にはべらせて豪遊し
お座敷に通ったことがない一見さん未満だった阿部サダオを大いに馬鹿にする、
そんな堤がそれまで構築してきたキャラクターを無視して、
「一見さんお断りお断り」条例を出したのかどうしても理解できません
自分が単純に馬鹿なのかもしれませんが、気になってしょうがないです

705 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 17:25:35 ID:LWnOxPcu
>>703
家で揉めたからだろ

707 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 17:29:02 ID:pVj7WI3O
一見さんお断りは、お客さんに「実家にいるように寛いで」欲しいからのシステム
一方、堤は実家に身を置く場所が無い存在
「何が実家じゃあボケェ」てな
そんな堤が一見さんお断りお断り条例を通そうとするのが
そんなに不思議?

709 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 17:49:51 ID:ijQG2qwJ
すごい寒い笑いがいっぱい
学校の文科系のクラブのキモいノリで気持ち悪い

710 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 17:51:18 ID:ie1w1O9i
一番寒かったのは
自称 きみちゃん呼ばわりだろ

694 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 15:43:08 ID:h+sQyITi
原史奈って何処に出てたの?
わからなかった

791 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 09:45:20 ID:NP/cuYL9
>>694
鈴屋食品のテレビCM、社長と二人で出てた。

864 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 15:11:10 ID:3kOMqocv
原史奈ってどこにいた?と思ったら、ラーメンのCMか!!
サダヲが舞妓姿の柴咲に気づかなくて、「そりゃないだろ」と思ってたけど
やっぱ白塗りだと分からなくなるなー。酒井若菜も分からなかったし。

733 :名無シネマ@上映中:2007/06/18(月) 21:01:23 ID:QqYSmiMB
バスガイドって、誰?
猫背椿かな?と思ったら名前無かったし…

807 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 13:02:08 ID:bhZNtMN/
>>733
野口かおる
小劇団系の看板女優
大倉孝二みたくちょっと変な演技する
一時追いかけてたよ

835 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 20:52:09 ID:jvlfg8BE
面白かったけど、泣かせ所の盛り上げ方というか演出がイマイチでもったいない。

どっちの着物きるかとか、コマフジの正体を知る所とか、グッとくるものが無かった
な。花田少年でも似たようなこと感じたけど、監督の力量といか苦手な部分なのかな?

839 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 22:17:10 ID:22/p+sCn
柴咲とサダヲの別れ話のとき、カッターでちんこ切ろうとしたよね。
阿部定とかけてるのかーと思って笑ってたけど、周りは特に笑ってなかった

840 :名無シネマ@上映中:2007/06/19(火) 22:18:27 ID:ttfBeoXs
>>839
阿部サダヲって芸名、そこから来てるの?
知らんかった

878 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 20:41:35 ID:oM3QhTet
修学旅行のシーンから
サダヲ、京野、真矢が歳くってなくてちょっとツボだった。
ななはぁ~ん

916 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 23:45:03 ID:0tRtwKlx
つかなぜ山田が?

918 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 23:46:24 ID:CZDYC0GE
EDで千葉真一って名前が出てきた気がするんですが。

919 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 23:49:57 ID:3kOMqocv
>>916
なんか電車男をぱくってる部分があるから山田を起用したとか
自分電車男見たことないからどの程度似てる部分があるのか分からないけど

>>918
それ同姓同名の違う人みたいよwww

921 :名無シネマ@上映中:2007/06/20(水) 23:53:10 ID:0tRtwKlx
電車と似てたかあ?似てない希ガス

929 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 00:33:27 ID:FVOw5+eS
プロ野球→役者→格闘技→ラーメン屋のあたりで期待してしまった
無理に整合性つけずに最後までぶっとんだ映画にすればよかったのに
せっかくつげの漫画みたいになりかけて観客の常識に妥協して終わった印象

948 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 10:02:46 ID:28tE6y1B
バスガイドの手間かけさせんじゃねーよドスッがツボったw
ミュージカルと最後の決めポーズはいらなかったな。
下足番のサダヲのにやりアップで終われば良かったのに。



951 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 10:50:19 ID:JCK4PvVT
>>948
下足番のサダヲのにやりアップで終われば良かったのに。

ものすごく同意!!!この終わり方の方が良かった。

954 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 11:01:18 ID:/KXJUgMd
泣けるシーンもあるって言ってたけど、全く泣けなかった
多分柴咲がサダヲに携帯で電話させるシーンの事だと思うんだが、なんせサダヲがブリーフ姿だから…w

956 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 11:09:50 ID:gLg0UQoh
>>954
駒子が着物を選んで踊るシーンもじゃないか?
サダヲは洋服着てたし、内籐泣いてたし。

958 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 11:13:00 ID:9VfjtW4H
>>954
自分が泣いたとこは、駒子と堤氏のところ。
携帯シーンは私も泣けなかった。

975 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 13:12:01 ID:9VZLzX0S
吉行和子おかあさんの「ビニール傘」がハマってしまった。

976 :名無シネマ@上映中:2007/06/21(木) 13:16:35 ID:/KXJUgMd
ビニール傘のところは、劇場も爆笑だったけど、自分はなんでそんなに笑ってるのか不思議だったとこだ!
ところどころ周りと笑いどころが違うのも面白いよね
一斉に笑うシーンがあると気持ちいいw


関連記事

  1. 2008/08/30(土) 00:25:59|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<ゾディアック | ホーム | トンマッコルへようこそ>>

コメント

1 ■無題

はじめまして!

映画お好きなんですね♪
僕も舞妓Haaanは好きな映画です≧(´▽`)≦

僕も映画のブログをしているので、良かったら見てください!!
  1. URL |
  2. 2008/08/30(土) 11:53:11 |
  3. showbiz-producer #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■はじめまして

はい、映画は大好きです。この作品に関して、僕個人の感想としては後半はちょっと暴走に感じてしまって好きな映画というほどではないのですが…(笑)

あ、showbiz-producerさんのブログも覗かせていただきます。(*^▽^*)
  1. URL |
  2. 2008/08/30(土) 12:08:25 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/212-b2e6ecc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『舞妓Haaaan!!!』

□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足
  1. 2008/09/01(月) 08:52:50 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR