2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

武士の家計簿

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1287578389
41dQ0l+1QV_20110726021326.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 21:39:49 ID:1ghwNMg/
幕末から明治――。
これは、実在する家計簿から生まれた、 ある家族の物語。

刀ではなく、そろばんで、家族を守った武士がいた。

貧しいときも、豊かな愛を注ぎつづけた妻がいた。

12月4日土曜日、全国ロードショー
11月27日土曜日、石川先行ロードショー

キャスト
堺雅人 仲間由紀恵 松坂慶子 西村雅彦 草笛光子 中村雅俊
伊藤祐輝 藤井美菜 嶋田久作 宮川一朗太 小木茂光 茂山千五郎

スタッフ
監督:森田芳光
原作:磯田道史『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』(新潮新書刊)

脚本:柏田道夫
エグゼクティブ・プロデューサー:飛田秀一 豊島雅郎 野田助嗣 原正人
企画・設計:Hara Office

企画協力:新潮社 プロデューサー:元持昌之 音楽:大島ミチル 撮影:沖村志宏 照明:渡辺三雄 録音:橋本文雄 編集:川島章正 美術:近藤成之

配給:アスミック・エース 松竹

助成:文化芸術振興費補助金

2010/カラー/ビスタ/ドルビーデジタル


137 :名無シネマ@上映中:2010/11/21(日) 00:00:47 ID:KZM7x1AW
試写見てきた。

予想はしていたけど、地味なんだよね。
原作の場合、数字が色々出てきて想像が逆に膨らむのだけど
映画だと数字をいちいち画面に出すわけにいかないから、服装や弁当で
節約生活を表現しなければいけなくて、いまいち伝わりにくい。
で、無理やり盛り上げようとしたのか「鯛じゃ鯛じゃ」が妙にくどい。

配役はいいし、演技もしっかりしているだけに、ちと勿体無い感がある。

製作するなら、画面と文字を一緒に出せる漫画の方が良かったんじゃないか。

138 :名無シネマ@上映中:2010/11/21(日) 00:20:08 ID:e9r+C/eA
有能さが伝わってこなかったね。
勤勉っぷりはよく分かったけど。

203 :名無シネマ@上映中:2010/11/30(火) 20:36:57 ID:ZX7LCxeQ
見てきた
淡々と進んでいく物語
原作未読だが
直吉のエピソード削ってもよかったかな
コミカルな江戸時代節約大作戦みたいでも面白かったかなと思う

204 :名無シネマ@上映中:2010/12/01(水) 10:33:47 ID:hPmEM0Eo
笑いも起きるんだけど、残り30分頃からかちょいと寂しい雰囲気になるな
直之のおかげで猪山家は窮地を脱し、直吉もあの職に就けたんだろうけど
直吉に厳しくなり始めてからの直之は半分壊れたロボットに見えてくる

205 :名無シネマ@上映中:2010/12/01(水) 17:46:41 ID:x2PQVlKn
うん、
ラスト30分はいらないね
明るいまま終わってほしかった

237 :名無シネマ@上映中:2010/12/04(土) 15:59:23 ID:4VkqL6+A
今みてきた。

51BVXZqazi_20110726021325.jpg

中村さんは好演だと思う。
ただ中村、松坂夫婦に対して息子が堺では年が行き過ぎているかなとは
思ったけど。

245 :名無シネマ@上映中:2010/12/04(土) 18:07:23 ID:uugypzGz
見てきた。面白かった。ジジババ多かった。
「ほどほどに頑張れよ・・・」「世間体が・・・」「これも売るの・・・」「イモ落とした・・・」とか
中村雅俊が何かするたびに笑いが起きてた。俺も笑った。イモのくだりは最高だった。

主人公から若さが無くなって、祖父夫婦が死んで、
そのあとはどんどん暗くなって、暗いまま淡々と進んで、暗いまま終わった。

もっと明るく生きようと思った。

267 :名無シネマ@上映中:2010/12/05(日) 08:29:25 ID:9/DFhGIw

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110726021323.jpg

西村さんの演技が好印象だったかな。
直吉(成之)と釣りを楽しみながら家業の説明するシーンとか。

映画のムック本片手に片町周辺を散策してみようと思う。

270 :名無シネマ@上映中:2010/12/05(日) 09:43:53 ID:QDAMbtMV
>>267
西村さん良かったよね。
舞台挨拶でも一人だけ猪山家の人間じゃない事を強調して笑いを取ってたけどw
直之夫婦と直吉(成之)の成長も暖かく見守ってるし
あんな素敵なおじいちゃんが欲しいわw

295 :名無シネマ@上映中:2010/12/05(日) 23:27:58 ID:iTPXRt2P
湿っぽい時代劇かと思ったら、大政奉還とか急に歴史時代劇になったり。

森田は、椿三十郎撮ってからおかしくなったのかな。

わたしだすわも、期待はずれだったし。

297 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 02:19:46 ID:PXunzn4L
やっぱり借金を全部返したということろで盛り上がりが欲しかった
いつのまに借金がなくなってることになってて拍子抜けした

298 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 05:46:36 ID:2SEnMlO0
そういう盛り上がりを意図してはずしてると思う
成之が死んだと思ったら生きてましたよとか
激動の時代を一家がどう過ごしていたのかとか直之・お駒の最期とか

この映画、原作を知らないごく普通の主婦層にものすごく共感を得させてる気がする

308 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 17:41:30 ID:naOabBya
最期猪山家の面々が次々と消える展開だし、暗いと言うか何か悲しい感じだったな。
メインテーマのピアノの曲も寂しい感じだしw
家を守リ抜いたって感じがどうも希薄だったな。

309 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 17:50:46 ID:wxXjWZTQ
どこまでも地味なのが売りだから
しょうがないよ
物語も地味 音楽も地味
質素倹約

312 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 18:45:43 ID:nCF7/8yF
メインの曲、ほんと寂しいよ
エンドロールで鬱になってしまったw
成之が父をおぶって歩いた犀川のほとりで、物売りっぽく座ってたのが
元武士の人達ですよね
ああいう対比を上手く描けばハッピーエンドといかなくても
明るい感じで終わらせる事ができると思うのになあ

313 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 19:05:51 ID:RF7u1icr
物語として悪くない
幕末維新の荒波のなか、算盤一筋
息子の躾のためのいき違いが、大人になるまで小骨のように刺さったままだったというのも
誰もが頷く展開


でも、武士の家計簿ってタイトルなんだから
猪山家が借金を返す過程も描いてよ
一汁一菜になってからの借金の減り方を
それが気になった

314 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 19:08:43 ID:F3wJd1TI

Darth_Vader_20110726021323.jpg

厳格で鬼のようだった直之が
歩くこともままならなくなり物忘れをして
「可哀そうなことをした…」と、らしくないことをつぶやいて息子の古傷を撫でる

堺や仲間の老人ごっこはあちゃーなんだけど
この「老いた父」、失われる者の描写は切なかった

546 :名無シネマ@上映中:2010/12/20(月) 20:28:15 ID:02Nc9r7o BE:4366589099-PLT(20001)
直之が息子のこめかみの傷をさすりながらかわいそうな事をしたなってつぶやくシーンでぽろぽろ涙がこぼれた

563 :名無シネマ@上映中:2010/12/21(火) 22:25:40 ID:O4nbqsqd
おんぶ 思い出すところ えかったなぁ

319 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 19:47:15 ID:RF7u1icr
成之の嫁はなんだあれ
大根すぎて見るに耐えん

まあ、成之の棒読みにも辟易したが

323 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 20:12:43 ID:9Y8Y+rz+
もういい年のこちらとしては、息子のお祝い事で、絵を描いて鯛を用意できなかった
埋め合わせをしたことに目玉がポーンだったなぁ。

20年ぐらい前のまだまだ「冠婚葬祭をそれなりの格式できちっとやること=美徳」だ
った時代の記憶がある人なら、この描写は違和感が絶対あるはず。

江戸時代の武家がどうだったかは正確には知らないけど、ああいった席は招かれる側
もご祝儀などのお金を包むのだろうし、親戚同士、招かれた側がまた同じイベントで
招き返すというのもあるはず。

せめて親族が「ご祝儀はご辞退、っておっしゃっていましたが、こういうことだったんですね」
とか「質素倹約は藩でも推奨なさっていること。ウチも今度はこうしましょうね」
とニコニコしながら言う場面とかフォローが欲しかった。

仲間も堺も嫌いじゃないし、つまらなくはなかったから、時代考証関係のことで
目くじら立てたくなかったんだけど。

現代でも、結婚式に置き換えてみれば(きちんとご祝儀もっていったのに、絵に描いたステーキとか)
同じような意見の人、絶対いると思うんだけどどうよ。

324 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 20:21:35 ID:RF7u1icr
>>323の感じた違和感それこそが
あのシーンのキモでしょ
対面を重んじる常識を、取り繕わずに絵というユーモアを使った直之
でもその風変わりさが受け入れられるはずもなくギクシャクしそうになったところを
子供の機転とかわいらしさが救った

327 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 22:13:44 ID:n6rqRG9K
見てきた。
前半は、結構面白かった。大事なものを手放すシーンでは笑いが起きていた。
ちょっくら貧乏になっても楽しく生活みたいな感じがよかった。
後半は、ちょっと厳しいなあ。たんたんとストーリーが進んでしまい面白みがあんまりない。
どの家庭でもある親子の確執とか、まあそこらへんを描きたいのもすごくよくわかる。

俺が期待していた武士の家計簿は、家の借金も、藩の借金も、
家のほうは葬式とか火事とか、藩のほうは戦争や飢饉などで、急な出費がありながらも、
いろいろアイディア出してやりくりして何とか黒字にしながら面白おかしく借金返して
その後に豊かになる話・・・だったんだけど・・・ねぇ。まあ現実はこんなもんかなと。
実際にあった話ではなく、完全フィクションで侍の家計簿っていう作品作ったら面白いかも。

329 :名無シネマ@上映中:2010/12/07(火) 08:48:32 ID:FttyhQub
>>327
原作読んでみ。その期待した生々しい事が載ってるから。
というか、映画を見ると原作にあまりに忠実でなく
片手落ちが過ぎるんだよな。勿体ないわ。

330 :名無シネマ@上映中:2010/12/07(火) 12:22:13 ID:2E7bEEHM
原作は新書だし、当然根拠となる入払帳の中身もきちんと出してるな

しかしそれを映画でやると冗長になる

この映画って、原作とセットでこそ生きるのかもね

332 :名無シネマ@上映中:2010/12/07(火) 15:03:14 ID:Tf/IKDx6
原作読んでとても面白かった自分は1回目見て淡泊すぎて拍子抜けだった。
もっと数字にまつわる話や借金切り抜けの話がメインだと思ってたもんで。
でも2回目は家族の話だと思って見たら色々深かくてこれはこれで面白いなと思った。
ただ、成之夫婦の棒っぷりだけはやっぱり気になった。

287 :名無シネマ@上映中:2010/12/05(日) 21:13:17 ID:ytQplhK/
原作と全然違う展開だったな。と言うかちゃんと読んでないだろ。
これは原作者は怒っていいレベル。

俳優のファンを泣かそうとしてるだけの魂胆が見え見えで反吐が出る。

293 :名無シネマ@上映中:2010/12/05(日) 22:39:53 ID:1mhy/Jjx
歴史時代ものじゃなくて、ホームドラマだから、
原作と言うより、原案だね
父子メインの話にすればよかったのになあ(嫁さんとの関わりとか余計

375 :名無シネマ@上映中:2010/12/09(木) 00:03:39 ID:Ry9pt5vl
>>287
偶々徹子の部屋で原作者みたけど喜んでたよ。
実際の江戸時代の武士は刀を一生抜いた事も無かった人が殆どだったし
海外の人にも是非観て欲しいって。
工業立国として発展した現代日本のルーツが江戸時代にあった事が
これでわかるんじゃないか、的な事を熱く語ってた。

それと、父の収入が現代に換算すると年収500万、直之が少し優秀で700万、一家の借金が2500万。
家財を売って(流石に加賀の家臣、結構いいものをいろいろと持ってたらしい)
半分強返して、残りは無利子で6年分割。
節約生活で出費は削っているけれど、教育費と健康維持の為の出費は全然削らなかったらしい。
息子はその能力で海軍主計になり年収4000万。
全く能力の無かった武家は、士族年金の250万円で食いつなぐしか無かったそうな。
細かい数字は記憶違いがあるかも。

346 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 00:06:20 ID:nFNA2pCE
食事の量が減ったときに家族の膳が近くなっていたのが良かった

347 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 01:56:52 ID:Nhr+4SSO
>>346
一つの部屋にみんな集まってたり親密感が増してたね

349 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 08:44:58 ID:jqX0VJ6i

51jQIr2oWd_20110726021324.jpg

とりあえず「鯛じゃ鯛じゃ」はイラッと来た。しつこい。

354 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 15:25:06 ID:PmHytro5
>>349
ちょっと長すぎだよね。

368 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 21:36:32 ID:LftqX8ry
絵でいいのか!?
微妙だなー(w
にらみ鯛で満足すんのか?
ま、本人が満足してるからな・・・!
いっか!!

369 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 21:49:37 ID:AFPHXkj0
>>368
「にらみ鯛」だからいいんじゃない?
普通箸を付けずに持って帰るし

350 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 09:10:04 ID:/sZ8vllz
御算用場がオフィスっぽくておもしろかった
今なら算盤はキーボード帳面がディスプレイか
不正に査察が入るのもなんか今っぽい
中間管理職は哀れだねゴウダさん

422 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 10:43:56 ID:1X+zCUxI
下級武士が弁当持って徒歩で通勤するところとか、
現代のサラリーマン生活と近いものがあって親しみがw

あと俺経理部にいたんで算用場のシーンも超親しみがw

着てるものとか使っている道具は時代の差があるけれど
ヒラのサラリーマンが中間管理職の不正を暴くところとか
妙に親近感湧くよ

540 :名無シネマ@上映中:2010/12/20(月) 00:56:37 ID:+LFJkSX2
「猪山殿の弁当は旨そうですのぉ」って言う人はSPでの公安部のメガネ君ですか?

541 :名無シネマ@上映中:2010/12/20(月) 01:07:00 ID:QrGcwcF5
>>540
そう。映画「ゼロの焦点」で立ったまま死んでた人。

355 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 16:14:29 ID:1E1MVlvv
見てきたー
地味だけど面白かった

20071115_inutowatashi_main_20110726021324.jpg

母親が病床で着物抱いてるとこで
もう借金は無いですからってとこでグッときた
能登在住だが能登の扱い酷くて笑ったw

358 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 17:24:59 ID:JARr0g4U
>母親が病床で着物抱いてるとこ

あそこは泣ける。
クシとか砂糖とかの、奥さんへのいたわりにも泣けた。

359 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 17:39:19 ID:AFPHXkj0
あの砂糖袋をお習い袋にしてたのがいいなと思ってたら
文書の中に残ってて、おおっと思った
実際そういう物が収まってたんだろうか

361 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 18:18:29 ID:8lDlqxQo
>>359
白砂糖は高価だから袋も立派である。
直之は節約家だから、この袋に先年の借金整理の
重要書類を入れて保存したのである。

とあったよ。この後じーんとくるので読んでほしい。

369 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 21:49:37 ID:AFPHXkj0
>>361
本屋の紙袋とか資料整理に使ってるので砂糖袋は親しみが湧いた
今はクリアファイルが主流だけどね
猪山家自体に興味が湧いたので本も読んでみるよ

434 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 22:49:57 ID:rJ+gHH3G
原作読んだ
成之への書簡で世の移り変わりと士族の惨状を書き綴る直之を見ると
映画の後半が暗くなるのも仕方ないなと思うほど寂しい

映画で父親に反発して算盤を壊すシーンは
実は直之が成之の頭を算盤で殴ったからだったり(そのぐらいスパルタ教育)
明治の金澤の町を牛乳缶を積んだ荷車が通ってたのが目に付いたけど
猪山家が牧場経営に出資してたとか
そんな小ネタの使われ方がおもしろかった

419 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 07:47:40 ID:VDz9gMOU
藩の解体による地方武士零落の悲哀と
激動の時代に御家芸の技術によって家を保てた下級武士との対比を
3分でいいから描いてほしかった

420 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 08:27:09 ID:C1jznSjl
>>419
「シナリオ」読んでみたら、まさにその部分の脚本が載ってた。
ほんとに3分くらいのものだと思うので、自分もあそこ入れて欲しかったなぁ。

424 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 12:20:40 ID:1E85irSB
>>419>>420
同意だよ
お家芸と直之の借金返済策で、周囲の武士が没落していく中
立派にのし上がったってのをもっときっちり明るく出してくれないと
最後の暗いピアノ曲だけでもほのぼの明るいものにしないと
なんだか暗い一家で終わったってなってしまう、孫二人も海軍ってすごいことなのに

558 :名無シネマ@上映中:2010/12/21(火) 14:30:17 ID:3xT44Wy8
おじいさまが死ぬ前に話した月の話って何か意味がある?
人間もなくなるとかそうゆうことじゃないよね?

もともと涙腺弱いからボロボロだったが、
犀川の件はピークだったな。

父も子が可愛くて叱らなくてはいけないし、
子も悪いことだとわかって、でも自分としては最善の策だったんだよね。

586 :名無シネマ@上映中:2010/12/22(水) 22:01:06 ID:xJMmB4Lt
この作品は後半が暗い暗いって言われるし自分もそう感じた。
けど、>>558の指摘するように満月と新月の話を考えると、これって意図してのものなんじゃないかな。
この話のシーンって一瞬で終わってしまうからみんな見逃してるのかもしれないけど。

月の例えはやっぱり人の一生の比喩だろうな。そしてそろばんという技能の伝承、そして父から子への継承をも意味しているんだろう。

結婚して、子供が生まれて、出世して人生の上り坂、そして絶頂を経験するけど、この満月は長くは続かない。
家財の売却と債務の整理を機に、親族の相次ぐ死、そして自身の衰えにより新月へと向かう。
しかし一方では息子が成長し、孫が生まれ、さらには大村の抜擢を受け月が満ちていく。こういうことだろう。

これはきっと現代社会をも例えているんだろうな。
バブル崩壊後、月は暗くなるばかりで、現代などわずかの光もない新月に見える。
そんな状況であっても、きっといつか月が満ちる日は来る、という。

588 :名無シネマ@上映中:2010/12/22(水) 23:37:25 ID:S2GHFOyR

laputa05_20110726021355.jpg

しかし宮川一朗太は相変わらず髷が似合わないな

590 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 01:41:15 ID:xbIPbirr
>>588
宮川、久々に見たら老けたな~と思ったよ。
未だにヤヌスの鏡とかそのへんの頃のイメージが残ってたもんでw

379 :名無シネマ@上映中:2010/12/09(木) 06:46:41 ID:N+Imk3pv
久々に聞いた『能登送り』

382 :名無シネマ@上映中:2010/12/09(木) 09:40:34 ID:Vz0lOj1j
能登送りも悪くはないじゃないか、と思った俺は
観光地としての能登しか知らない

384 :名無シネマ@上映中:2010/12/09(木) 12:46:40 ID:9uvWwU25
能登って加賀藩の流刑地だから。

452 :名無シネマ@上映中:2010/12/13(月) 20:21:34 ID:VatqQayi

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110726021355.jpg

お城の米俵についてた、視力検査に使うみたいなマークは何だろう?

453 :名無シネマ@上映中:2010/12/13(月) 21:45:18 ID:aSGW/MRS
視力検査だよ

585 :名無シネマ@上映中:2010/12/22(水) 21:46:29 ID:xJMmB4Lt
>>452-453
劇中であの印のまま何の説明も無かったのはわざとだろうなw
「あいつ能登に飛ばされるんじゃね?」って談義のシーンの冒頭で、
片方の武士が扇子で片目を隠す動作をしてるもんw

実際には米の使い道を表す印なんじゃないかと。

589 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 01:03:34 ID:FL3VG2KQ
>>585

laputa06_20110726021354.jpg

あそこから、「次はこちらが…」って◎▲の印見せるという競馬のギャグが入るのが森田らしい。

595 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 11:21:14 ID:/gGshW/T
>>589
◎▲の印って競馬だったんだw なるほどw

596 :名無シネマ@上映中:2010/12/23(木) 12:24:45 ID:5mKJK003
競馬ネタとは知らなかったなあ

639 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 23:44:21 ID:GaCehVDJ
>>589
それがやりたいがための一朗太起用だったりしてw


関連記事

  1. 2011/07/26(火) 21:22:29|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[国内興行成績]「ハリポタ」余裕の2週連続首位。「忍たま乱太郎」「ロック わんこの島」が4位と5位。「大鹿村騒動記」は圏外から9位に浮上 | ホーム | フォトショップでハリウッドスター達を黒人化してみた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2092-cdd41798
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。