2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

おにいちゃんのハナビ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1283864816/
14_alikeh_20110719020733.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/09/07(火) 22:06:56 ID:wB5Y0WCr
2010年9月11日、新潟県先行上映
9月25日、全国公開

公式サイト http://hanabi-ani.jp/


キャスト
須藤太郎  高良健吾
須藤華   谷村美月
須藤登茂子 宮崎美子
須藤邦昌  大杉漣
岡崎佳代  早織
小林アツシ 尾上寛之
手島カスミ 岡本玲
高校教諭  佐藤隆太
担当医・  佐々木蔵之介
花火工場長 塩見三省


スタッフ
監督    国本雅広「チャレンジド」「アイシテル~海容~」
脚本    西田征史 「ガチ☆ボーイ」「ママさんバレーでつかまえて」

主題歌   藤井フミヤ 『今、君に言っておこう』


2 :名無シネマ@上映中:2010/09/07(火) 22:12:42 ID:wB5Y0WCr
試写会で見たけど、思いのほかよかった。
高良の引きこもりでおどおどした感じと、谷村の明るい活発な感じがはまってた。
まぁよくあるお涙ちょうだいものだと思って期待してなかったんだけど。

片貝まつりって初めて知ったんだけど、スポンサーとかじゃなく町の人たちがお金出して
それぞれの人生の節目を祝ったり、いろんな願いを込めて上げる花火っていうのが、なんかいいなぁと思った。
行ってみたい。

8 :名無シネマ@上映中:2010/09/08(水) 14:17:03 ID:F66j0yvY
>>2
自分も「よくあるお涙頂戴もの」と思って全然期待してなかったけど、
いい映画だった。試写会当たってラッキーだった。
難病もので泣いたり滅多にないんだけど、この映画は素直にポロポロ泣けた。

13 :名無シネマ@上映中:2010/09/09(木) 19:41:57 ID:IH0Y/voq
お兄ちゃんの成長や家族の回復が丁寧に(たまにコミカルに)描かれていて良かった
病気で死んじゃう話かー…と思ってたけど素直に観れました

31 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 00:21:27 ID:rC4Hb0dP
地味でベタなテーマなのに思ったよりいい作品だった。
キャストも演技も良かった。
今年の穴作品じゃないかなあ。
高良と谷村はもう一回別の役柄での共演を見たい。

36 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 16:24:17 ID:owYGdwEh
>>31
ボックス!で共演してるよ。二人とも主演ではないが。

32 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 00:58:11 ID:ZxFSsXxr
最後の花火だけちょっと蛇足感が・・・
でも穏やかな気持ちになれる映画でした。

33 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 01:50:49 ID:p8A7fNiE
泣くと聞いてたから泣くもんか、と思っていたのに泣いてしまった
自分の前後左右も泣いていた

監督はドラマの人なんだね
前半は映画としては過剰だなと思える部分も多かったけど
後半は自然と花火に向かって流れていくようだった

42 :名無シネマ@上映中:2010/09/17(金) 11:26:18 ID:69Z0dJZG
すごく泣けて感動する映画だけど...
両親が翠嶂会に頼み込むシーンが強引すぎ。
実話だと、お兄ちゃんの花火が上がった翌日(成人の花火が上がる当日)、両親が翠嶂会に御祝儀をあげに行った時
母親が息子の同級生の友達に「一生に一度の事だから。少しでもいいから(祭り参加を拒んでいる)息子を、どうか参加させてやって欲しい。」と涙ながらにお願いし
その母親を息子の同級生が宥め、本人を説得しに家まで行って連れてきて、仲間から「待ってたよ!」の言葉が出る。
その実際のやり取りが、母親や同級生の仲間達のキモチが伝わってきていい話なのに
映画では、両親が土下座&翠嶂会会長のあのセリフ。
映画構成の都合上、花火のシーンを1日にまとめてそうなったのは仕方無いがちょっと残念。

40 :名無シネマ@上映中:2010/09/16(木) 23:27:48 ID:wfckCn2M
高良健吾大杉漣の息子、谷村美月が宮崎美子の娘と言うのはいい
しかし谷村美月は病弱に見えん(笑)

20071115_inutowatashi_main_20110719020730.jpg

43 :名無シネマ@上映中:2010/09/17(金) 13:54:21 ID:7ckLsYdC
>>40
高良健吾谷村美月を兄妹にキャスティングしたのはナイスだった。
スーツ着て家を出るシーンで、目元が似てる!本当の兄弟のようだ、て思った。

全体のテンポが変わらない感じがして、さーっと流れていった話だったけど
花火もCGでスクリーン向けに加工したほうがよかったとも思うけど
脇のキャストもほぼ満遍なく登場するクライマックスの花火シーンはもう
涙も鼻水もだーだー止まらなかった。エンドロールはもっと長くとってくれないと恥ずかしいじゃないかw

44 :名無シネマ@上映中:2010/09/17(金) 14:32:29 ID:8Ks8UCMj
ツッコミどころも一杯あるんだけど、
悔しいぐらい妙に泣かされてしまう映画だよね。
ドライアイが治るんじゃないかってほどボロ泣きして困った。
普通この手の話ではシラけてしまって絶対泣かないのに。

38 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 19:27:54 ID:YDYvD81o
見てきた

花火の画質以外は良作、ストーリーも良く出来ていた
還暦のスターに銀冠、妹から貰った雪達磨が雪に埋もれない、
雪道を自転車、など片貝を知ってる人は、?なシーンが結構あった

39 :名無シネマ@上映中:2010/09/15(水) 20:40:47 ID:RqyDqPI0
>>38
新潟なら(新潟)日報だろと言いたいw

41 :名無シネマ@上映中:2010/09/17(金) 01:22:50 ID:QX8RQY54
>>39
スポンサーの関係とかで全国紙にしたのかもね

53 :名無シネマ@上映中:2010/09/18(土) 02:32:41 ID:Y4CdQJ5K
残念だけど新潟日報にはスポンサーする財力がなかったのだ

86 :名無シネマ@上映中:2010/09/26(日) 06:46:02 ID:ogFhBr7q
いい映画だったとは思うけどいろいろ気になる点はあるので
他の人はどんなふうに見てるのだろうかとこのスレに来たけどあんまり人いない…

とりあえず、自転車の二人乗りにはどうしても抵抗を感じてしまったのだけど
そういうことは気にしちゃいけないのだろうか?

88 :名無シネマ@上映中:2010/09/26(日) 21:11:00 ID:JvnD730g
>>86
自転車は思った。車の後部座席ではシートベルトしてるのにねw
いろいろ五月蝿い御時世だけど、自転車のシーンで2人がそれぞれで
乗ってたら雰囲気出ないしなぁ。
携帯も「病院内でしょ」とか「それ焼けないから入れちゃ駄目だよ」と思う所が
あったけど。


自分の地区に同級生で結成する会があったら、輪に入り損ねると生涯辛い
だろうなぁと思った。うちは田舎だから近所付き合いが憂鬱だけどね。

元ヒキ&現在休日ヒキの俺にとっては、何か一生懸命になってやってみよう
という気持ちが湧いてきたよ(その前にRAILWAYSを見たのも効いてる)。
あんな可愛くて元気でお節介な妹か彼女でも居ればなぁorz

90 :名無シネマ@上映中:2010/09/26(日) 23:12:04 ID:EsKzz2u8

77219_20110719020730.jpg

華の友達三人衆可愛かったな

91 :名無シネマ@上映中:2010/09/26(日) 23:22:49 ID:saLwUs2n
>>90
あんな子たちに囲まれて引っ張り出されたら大喜びでどこでも行っちゃいそうなものだが
あのお兄ちゃんは意志が強いな

どうでもいいけど、医者役で佐々木蔵之介が出てた意味がよくわからない。
こういう話なら、家族に深刻な話をするシーンこそが医者役の見せ場だと思うんだけど
そういうシーンが完全に省略されてたような。

93 :名無シネマ@上映中:2010/09/26(日) 23:26:33 ID:hh8YBORn
>>91

Darth_Vader_20110719020753.jpg

自分は担任役で佐藤隆太が出てきた時に「なんて贅沢な」と思ったw

94 :名無シネマ@上映中:2010/09/27(月) 02:17:24 ID:x31H4M2Y
>>91
この映画の監督が前にやってたNHKドラマで
佐々木蔵之介が主役だったから、そのお礼出演だと思う。

95 :名無シネマ@上映中:2010/09/27(月) 03:49:16 ID:rpbhtLxr
佐々木蔵之介佐藤隆太、朝加真由美は国本監督と同じ事務所

107 :名無シネマ@上映中:2010/09/28(火) 18:37:33 ID:FGvOqAAB
シンプルなストーリーだけどいい映画だった
藤井フミヤの歌はすごい名曲だと思うんだけど
エンドロールでだけじゃなくて、最後のクライマックスの
花火の場面で使って欲しかったなあ

108 :名無シネマ@上映中:2010/09/29(水) 07:52:46 ID:03EnPxJ0
>>107
もうちょっと存在感のあるボーカルだと思っていたのに
歳とって丸くなったのか控えめな歌声になってない?

207 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 02:17:10 ID:se0HC9U1
主題歌は映画のための書き下ろしだって言ってた
曲は何曲かサンプル作って監督に選んでもらったらしい

111 :名無シネマ@上映中:2010/09/29(水) 21:47:18 ID:CB/5VtwW
うおおおー
超ヤバイ~

後半、涙が乾かなかった。
嗚咽が出そうになった作品は6、7年ぶりでした。

112 :名無シネマ@上映中:2010/09/29(水) 23:08:43 ID:ORPuQueG
わかってても泣いてしまった
周囲からもすすり泣く声がしたからもう最後は思いっきり泣きました

113 :名無シネマ@上映中:2010/09/29(水) 23:44:51 ID:HIMDiUQM
お涙頂戴とか、泣け泣けと狙って作られてる訳じゃないけど、
分かってても泣いちゃうと言うか、泣くの我慢したらもったいない映画。

115 :名無シネマ@上映中:2010/10/01(金) 03:01:23 ID:ZuJtueU2
出涙多量映画(ρ_;)

177 :名無シネマ@上映中:2010/10/08(金) 23:20:28 ID:Kqh94Bx9
いやぁ泣いた泣いた
もう話の筋は予告見て予想した範囲内のベッタベタを素直に作ってる映画なのに
洟水が詰まって途中から口呼吸しなきゃいけないほど涙出た
帰りはもううつむいて人に顔を見られないように早足で帰ったよ
これは昼間見ちゃいけないね
泣きはらした顔で街歩けないもん

184 :名無シネマ@上映中:2010/10/09(土) 07:57:42 ID:2QgH8u53
>>177
それぞれがそれぞれの思いを花火に託す、という片貝花火の特色を
新婚さんもおばあちゃんも看護士さんも…て
脇役ふんだんに活用して見せてくれたクライマックスはもう、反則w
花火のドーン、て音が自分の涙腺から涙を出すのを後押ししてくれるよねw

245 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 15:26:37 ID:VqQ2xA1N
引っ越してきた夫婦や看護師さんまで、花火の場面に登場してくるとは思わなかった
「やっべー」までもきっちり回収してた

同じ脚本家の「ママさんバレーでつかまえて」も伏線が効いてるコメディで面白かったな

244 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 08:16:04 ID:3gzAWhC+
ん、今のは?
っていう何気ないシーンや登場人物に実は意味があって、ちゃんと伏線が回収される感じがすごく心地いい。

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110719020753.jpg

そしてばあちゃんの演技はもっと評価されて良い。

246 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 20:24:02 ID:0RrJ1x9q
>>244
自分もあのばあちゃんは素晴らしかったと思う

332 :名無シネマ@上映中:2010/11/20(土) 02:55:42 ID:Xo5ruJyz
おばあちゃんのアワビ

250 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 10:51:57 ID:rMh5NudV
ハナちゃんが亡くなるあたりから涙腺やばかったけど
花火大会で婆ちゃんが映った瞬間、決壊したw

婆ちゃんの家の前通るシーンのたびに
「まさか、ある日ばあちゃんが待ってないとかいう展開じゃねーだろうな」
とヒヤヒヤしてたんで、仲よさそうな家族に囲まれてるの見て本当に嬉しかった

253 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 21:38:58 ID:s9XScX1C
あんな親身になってた担任役の佐藤隆太が最後の祭シーンにいなかったのは違和感
売れっ子で拘束させられなかったのなら、最初から出すなよって感じ

254 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 22:52:50 ID:RmnEnjv+
>>253
先生は転勤したって事にしておこう。

151 :名無シネマ@上映中:2010/10/06(水) 03:07:35 ID:RqQtAcOr
登場人物の心がみんな美しい
邪念がないのはリアリティが無い
とはならずに、、ただひたすらに眩しい。

こういう映画をおっさんは待ってました

407 :名無シネマ@上映中:2011/03/05(土) 06:39:05.99 ID:je71Z2xk
タイトルの気持ち悪さで損してるよなあ
いい映画なのに

408 :名無シネマ@上映中:2011/03/05(土) 14:48:23.90 ID:pos3QJG1
タイトルいいと思うけど

409 :名無シネマ@上映中:2011/03/05(土) 18:53:50.56 ID:vut69wt4
シンプルでいいタイトルじゃん
ハナビがカタカナなのが謎だけど

410 :名無シネマ@上映中:2011/03/05(土) 23:17:05.13 ID:P/2APnzu
花火と華ちゃんをかけるために片仮名にしたんじゃないの

411 :名無シネマ@上映中:2011/03/06(日) 01:04:01.03 ID:Xf/7dS2o
なるほど、そういや妹、華ちゃんて名前だった

273 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 22:18:33 ID:z2HC0il2
かわいい妹がかえってきたんですけどぉぉぉ

280 :名無シネマ@上映中:2010/10/25(月) 23:44:17 ID:aGioTxky
>>273
この台詞好きだなぁ。無邪気で明るい華の性格をよく現してる。

327 :名無シネマ@上映中:2010/11/18(木) 06:31:17 ID:7AEDgQtK
こんな妹と結婚したい

328 :名無シネマ@上映中:2010/11/18(木) 07:23:55 ID:z/uuIQ5e
お兄ちゃんとは結婚できないのよ

329 :名無シネマ@上映中:2010/11/18(木) 09:54:59 ID:Mr+0iN4c
ダメだと解ってヤルのがまた燃えるんだよ

343 :名無シネマ@上映中:2010/11/22(月) 00:26:02 ID:U+3Qs0Ty

41dQ0l+1QV_20110719020732.jpg

ハゲだけどな

289 :名無シネマ@上映中:2010/10/27(水) 13:51:42 ID:S2z3domx
妹がいなかったら、ひきこもったままで、
両親ともあのままで家庭崩壊してたと思うと

290 :名無シネマ@上映中:2010/10/27(水) 14:01:44 ID:zIVsA07h
でも引き篭もった原因が、妹のために引っ越したことで
それまで友達のいた学校から転校せざるを得ず
転校先で友達ができなかったからだから…

291 :名無シネマ@上映中:2010/10/27(水) 14:17:25 ID:DHzC5pBY
それに関してはよくわからんよ
中学は引越し先の片貝の学校に行ってたが
頭良かったから、わざわざ新潟市内の高校に進学したって話になってたから
だったら高校生活はまた0からスタートできたはずだし、おそらく進学校だったんだろう・・・
と、まあこんなふうにこの映画はつじつまが合わないところもかなり多々見受けられる

298 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 16:14:54 ID:CRiNb4eI

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110719020754.jpg

携帯のタイマーメールには不意をつかれた

299 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 23:18:53 ID:QLZdq4HO
携帯って、燃やしちゃった?
としたら、メールは届くもんなん?

300 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 00:11:34 ID:Wkl7Ab6v
先にサーバーへ送っておいて、時間が来たらサーバーが送信するから
送信した端末は無くなってても届く。回線の契約を解約してたら分からんw

301 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 06:42:33 ID:wFJUkeOp
つか携帯って
もらってその日のうちにあんなメールの送り方覚えて
で、その日のうちに死んじゃうんだから
かなり無理あるよなw

302 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 08:19:07 ID:xWXNCk/Q
それは言っちゃダメ~><

304 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 10:21:15 ID:qnVd6CPI
>>301
使い方は友達の見て覚えたんだろう。

303 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 09:43:48 ID:VnTAQyit
>>301
そこと病室でケータイとどっから雪だるま?は目をつむるポイントだw

306 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 16:33:42 ID:Q6dIfhSm
303
雪だるまは屋上ってことでいいんじゃない?

178 :名無シネマ@上映中:2010/10/08(金) 23:21:33 ID:KyD+2lam
今日おにハナ見ました。久しぶりに良い映画を見た。
近くのオッサンが終始鼻啜りながらないてて、こっちまで泣けたよ
最後の花火のシーンは圧巻でした。鳥肌とまらなかった。

51BVXZqazi_20110719020731.jpg

高良くんの女装のシーンは吹き出してしまった。

179 :名無シネマ@上映中:2010/10/08(金) 23:43:53 ID:d32ruO0N
大杉漣が抱きしめるとこは
高良くんも笑ってたけどあれアドリブかな
勢いが良すぎて笑ってしまった

221 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 23:57:46 ID:7HIEER2i
高良健吾、今までも若手の中では上手いとは思ってたが今回のは本当にハマっていた。
彼以外には有り得ないねあの役は。
これから急成長するであろう役者の最高の演技が見れた自分は運が良かった。すっかりファンになったよ。

223 :名無シネマ@上映中:2010/10/11(月) 01:01:21 ID:oJOI11tH
>>221
でも当初は主役二人とも別の人がキャスティング候補だったらしい。

234 :名無シネマ@上映中:2010/10/14(木) 21:39:48 ID:9tfYcwEs
イケメンが孤立するなんてありえねえと思いつつ見てたけど、ひ弱な雰囲気が出てて意外と役に合ってた。

暗いやつが賑やかな集団の中に自ら入っていくとか、祭りでノリノリになるとかもあり得ないけど、
それを成し遂げてしまうのは、妹想いの力か。

117 :名無シネマ@上映中:2010/10/01(金) 18:46:06 ID:+U3lgQNQ

51jQIr2oWd_20110719020731.jpg

すいしょうかいの血の気の多いリーダー役の男優さんって
どっかでみたことあんだよなぁ

118 :名無シネマ@上映中:2010/10/01(金) 19:30:18 ID:FJBSUfDL
>>117
尾上 寛之
ROOKIES

211 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 09:20:35 ID:pxMAW1fO
映画を見た後、ノベライズ本(朝日文庫)読む事をオススメする。
映画では描ききれなかった部分が書かれており、補完出来る。
特にアツシ・佳代。

212 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 10:14:15 ID:zutwDNyB
アツシがどの辺りでお兄ちゃんを仲間と認めたのかちょっと知りたい。
コスト削減の一件の時は、まだ腹に一物ありそうだったからね。

215 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 12:42:12 ID:pxMAW1fO
>>212
そこら辺は書いてあるよ。兄妹はもちろん、両親の心境とかも。
ツトム、田中のおばあちゃん(新聞配達の時、待ってくれてるおばあちゃん)、華が病院で友達になった妊婦、華担当の看護士さんetc
映画観て、より登場人物を深く知りたい人向け。
読んでから、また映画観たら違うと思う。

217 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 16:16:01 ID:6Abfsjl9
実話と変えて転校生→引きこもり設定にしたのは、
観客にお兄ちゃんと一緒に片貝花火が住民にとってどんな意味があるのか体験して欲しいからだろうね
でも土下座より実話通りのほうがずっと良いのに残念だ

218 :名無シネマ@上映中:2010/10/10(日) 18:04:04 ID:B3HbRb0n
う~ん、そこは微妙だよね
確かに実話通りの方が良いのは同意だけど、観客のほとんどが片貝花火の予備知識を持っていないと
想定できるから、お兄ちゃんがよそ者って設定の方が観客に伝わりやすいのも事実だからね

227 :名無シネマ@上映中:2010/10/12(火) 02:10:17 ID:qs8Jbik9
>>217-218

ぴあ映画生活より
国本雅広/『おにいちゃんのハナビ』インタビュー

――先ほどお話しされたように、兄妹の実話がベースにはなっていますが
実際とは違い、家族を東京から片貝に引っ越してきたという設定に変え、兄を引きこもりの設定にしたのはなぜですか?

「(妹の)華(ハナ)ちゃんにひとつ負い目を作りたかったというのがありますね。
自分の病気療養のために東京から田舎に引っ越さなきゃいけなかったんだ、とか、転校が原因でおにいちゃんが引きこもってしまったわけだから、それも自分のせいだ、みたいな。
そのことだけでもないんだけど、華ちゃんはおにいちゃんに頑張って欲しくて、どんどん仕掛けていくというか。そのあたりの説得力を増した方がいいかなというのはありましたね」

http://pia-eigaseikatsu.jp/interviews/153269/152/

286 :名無シネマ@上映中:2010/10/26(火) 23:54:27 ID:02rWePda
これ、企画が安田匡裕なんだな
この作品が遺作かね

287 :名無シネマ@上映中:2010/10/27(水) 01:02:50 ID:baWengye
>>286
パンフそうにあるよ

やっと見た。結局4人の食卓がないのは寂しい
監督がうまいとは思わないがいくつかある泣かせポイントで大げさにしていないので
最後のポイントですっと泣ける、余計なことをしない良さだね


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/21(木) 21:26:08|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【 公 開 直 前 】『忍たま乱太郎』『ロック わんこの島』評判まとめ | ホーム | ハリウッド映画の裏側 マスクの下はこんな顔…>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2079-27738d74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。