2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしを離さないで

わたしを離さないで-Never Let Me Go
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1285904232/
14_alikeh_20110710194156.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/10/01(金) 12:37:12 ID:KYy984Vh
キャリー・マリガンキーラ・ナイトレイアンドリュー・ガーフィールドが共演するラブストーリー。

原作は「日の名残り」で英文学界最高峰のブッカー賞を受賞した、日本生まれのイギリス人作家カズオ・イシグロの小説。「ストーカー」(2002)の新鋭マーク・ロマネク監督がメガホンをとる。

外界から隔絶された田園地帯に佇む寄宿学校ヘイルシャムで学ぶキャシー、ルース、トミーは、絵や詩の創作活動に励みながら、“特別な子ども”として育てられた。18歳になってヘールシャムを出た3人は、農場のコテージで共同生活を始めるが、ルースとトミーが恋人同士になったことで友情が崩壊していく。


31 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 19:17:26 ID:LIa+ByuO
本日、東京国際映画祭で観てきました。

予備知識無しで観た(あらすじに惹かれて)ので
主人公たちの境遇がわかるにつれて、どんどん
物語に引き込まれていきました。

映像もすごくきれいで、役者も子役⇒大人とイメージ近い人を
選んでいて(Q&Aで何千人も選考をしたと監督が言ってました)
違和感なかったです。

32 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 19:36:17 ID:fkxPFMOl
同じくTIFFで見て来た

Q&Aで監督も言ってたけど全体的にラブストーリー重視気味
カセットテープがあまり重要じゃなくなってた
他は原作の雰囲気を上手く掴んでたと思う
脚本のアレックス・ガーランドとカズオ・イシグロは10年来の友人だとか

33 :名無シネマ@上映中:2010/10/30(土) 21:00:19 ID:69UU+ZkF
上映時間を考えたらしょうがないんだろうけど、
キャシーとトミーのラブストーリーに焦点あてすぎて
キャシーとルースの絆があまり感じられなかったのが残念

37 :名無シネマ@上映中:2010/11/03(水) 13:14:08 ID:YQnhOvFd
原作を読み終わったときは、なんともいえない喪失感があって虚脱したけど
映画はむしろ、観終わったあとに、限られた人生をこんなに一途に生きる
ことだって出来るんだ。自分は、頑張って生きなくちゃ、って気になったよ。

38 :名無シネマ@上映中:2010/11/03(水) 21:24:54 ID:R0FQtUrJ
>>37
映画未見だけど原作読んだだけでもそれは感じた…
でもあまりにも一途な主人公達に感情移入し過ぎたから
確かに喪失感の方が強かったかも。

110 :名無シネマ@上映中:2011/03/26(土) 21:01:52.34 ID:lQlxNR11

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110710194153.jpg

個人的にはノーフォークでカセットテープを探すくだりがないのが残念だったけど
最後のトミーの笑顔に心をすべて持って行かれたので良しとする。もう一度見たい

111 :名無シネマ@上映中:2011/03/26(土) 21:17:36.52 ID:qJta/prR
原作ではテープ探しに行くのか。やぱり原作を読まないとな。
映画では、餓鬼の頃のキャシーがテープ聞いてる場面が切なかった。

124 :名無シネマ@上映中:2011/03/27(日) 20:43:14.53 ID:hoEspL44
原作未読なんたけど
彼らはなぜ淡々と運命を受け入れるの?
多少猶予が欲しいと思うくらいで
ドナーであることには逆らわないのか?

125 :名無シネマ@上映中:2011/03/27(日) 21:01:17.90 ID:MYlLbZcP
設定が非現実的だし、3人が逆らわずにドナーとなる理由がよくわからないので、
感情移入できなかった。
原作ではそのへんはどうなってるのかね。

126 :名無シネマ@上映中:2011/03/27(日) 21:14:12.36 ID:b8tSxLaw
クローンやらドナーやらって設定はあくまでもメタファーで、映画で描かれたような世界があり得るとはイシグロも思ってないはず

191 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 21:31:16.95 ID:S6Bj07gq
3人に犯罪者がつけるようなGPS装置が埋め込まれていて、逃げることができない
という設定ならともかく、臓器を取りだされ死ぬことが分かっているならもっと抵抗したりするわけで、
このあたりが納得できないので、まったく感情移入できなかった。

192 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 21:34:02.97 ID:BlvIOZBc
激しく抵抗したけどやっぱだめだった、
って話の方が、ありがちだけど納得できるんだよね。

193 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 21:38:35.11 ID:w8tBVJsG
あの手首のところでピッとやるやつがGPSみたいなものじゃないのかな?
自分は原作読んでいたせいかすんなり世界に入れた
主役の3人が素晴らしいね

127 :名無シネマ@上映中:2011/03/27(日) 22:06:39.72 ID:YxGWVq4S
今観てきた
非現実的でも胸が締め付けられる様な映画だった
この手の作品好きなんだけどツライっていう感じでさ

本当に主演の3人が瑞々しい
キーラなんて二人に比べりゃベテランなのに
若手が持つオーラというか演技を役に応じて
出すことが出来るって凄いなと思った

521 :名無シネマ@上映中:2011/04/11(月) 01:22:17.58 ID:mvGnM1Bm

Darth_Vader_20110710194224.jpg

キーラって、あんなにアゴでてたっけ?

548 :名無シネマ@上映中:2011/04/13(水) 21:51:36.07 ID:us9EfoFD
キーラは以前にもまして容姿に癖が出てきたな。

133 :名無シネマ@上映中:2011/03/29(火) 01:13:58.45 ID:/sM7/3XY
今日見てきた。
原作未読、予備知識なし。
カズオ・イシグロ原作だっていうから、格調高い文芸作品みたいなのを思い描いていたら、
現実とは微妙に異なる発展を遂げたもうひとつの世界(最初のテロップのところで「新しい
医療技術のおかげで1967年に人間の平均寿命が100歳を超えた」って言ってるわけだから)
を描いたSFだったんだね。
アメリカのSF映画だったら絶対にありえないダウナーなトーンと展開で、見終える前から
早々と鬱になったよ。またトラウマ映画がひとつ増えた(笑)。
もう二度と見たくないね(ホメ言葉です)。

150 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 00:41:23.62 ID:tTSYG9TK

51jQIr2oWd_20110710194154.jpg

この映画はババア顔女優キャリー・マリガンの正しい使い方
17歳のなんとかやウォール・ストリートはひどくて見ていられなかった

151 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 00:44:25.35 ID:Lp2ZYXmH
キャリー・マリガンの出演作見るの3つ目だけどどんどん表現力が増してるような

152 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 00:49:03.98 ID:DpUoB0BG
>>151
同世代のイギリス女優の中では抜群に上手いよな。

148 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 00:18:59.66 ID:3qFKPf2n
交換会?だったかのシーンが結構ショッキングだった。
宝物を見るかのようにわくわくした目で品物を見る子供と、足の取れた人形を拾いあげながらそんな子供達を驚いた顔で見る先生

149 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 00:27:45.84 ID:DpUoB0BG
映画、交換会と販売会がごちゃまぜになっていなかったっけ?

143 :名無シネマ@上映中:2011/03/29(火) 21:45:28.67 ID:83zjP8wu
餓鬼の頃のキャシーがテープを聴いている場面、
原作と映画とで"baby"の意味が違う?
枕抱えてヨタってるとこ、原作では先生に見つかるけど、
映画ではルースに見つかったような。

144 :名無シネマ@上映中:2011/03/29(火) 22:08:03.57 ID:JI/ejift
>>143
監督が映画祭のQ&Aで「ラブストーリーに重きを置くため変更した」と言っていた

生徒の未来を知ってるからこそのマダムの行動に胸を突かれたので改変は残念

145 :名無シネマ@上映中:2011/03/29(火) 22:20:29.02 ID:83zjP8wu
>>144
そう。先生でなくてマダムだね。読んだばかりなのにすいません。
"baby"のどちらの意味がいいか、読んでから見るか、見てから読むか(古すぎ)
によって意見が分かれるところかもしれない。

155 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 05:05:20.06 ID:tjgtVkPO
>>144
自分もそこ変えないでほしかった
部外者で大人のマダムが目撃することに意味があると思うのに
あとキャシーとルースの関係があっさりしてたな
原作のねちっとした複雑さがよかったのに
それでも映画としてうまくまとめてたと思う

158 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 14:23:14.64 ID:3qFKPf2n
テープ聞いてるのをルースに見られるんだったら、その後のテープ紛失の流れも描くべきだったんじゃないかなあ、そしてそこからテープを探しに行くと。
如何せん時間が足りなかった

159 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 14:32:32.11 ID:DpUoB0BG
時間が足りないと言っても、105分しかないんだよね。
最近の映画の傾向からするとあと15分ぐらいは伸ばせたはずなんだが。

202 :名無シネマ@上映中:2011/03/31(木) 00:27:13.78 ID:K8gPRhtn
原作の良さが脚本に活かされてない
キャストは良いのにもったいない、よくあんなに似た子役見つけてきたなぁ
もすこし脚本が良かったらなぁ・・・

194 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 21:50:02.23 ID:bqBpTh/k
キャリー・マリガンキーラ・ナイトレイて子供時代本当にあんな顔だったんだろうな特にキャシー役の雰囲気が良い

199 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 22:52:07.43 ID:7HcTaYqO
俺的にはルースの子役がストライクゾーンド真ん中。たまらんわ。

195 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 22:01:09.25 ID:m2VcqIXj
トミーの子役があまりにも可愛いので、その後アンドリュー見ると
「う、う~ん・・・」と思ってしまった

51BVXZqazi_20110710194155.jpg

781 :名無シネマ@上映中:2011/05/11(水) 11:21:07.45 ID:Lxdc7xhT
何でトミーだけ子役と本役があんなに違うんだろう
子役のトミーも本役もそれぞれ素晴らしかったけど、
容姿も性格も異なる全くの別人をそれぞれが演じているみたいだった
それに、あんな風にオドオドニヤニヤとキモく成長したら、
百年の恋だって失せると思うんだが

782 :名無シネマ@上映中:2011/05/11(水) 11:22:21.10 ID:Lxdc7xhT
本役なんて言い方しないか
大人のトミーってことね↑

783 :名無シネマ@上映中:2011/05/11(水) 16:31:05.17 ID:nZkTLKnt
小学生のときに、勉強も運動も人並みで気が弱くて目立たないのに、
女の子みたいな綺麗な顔で、やたらと女子にモテる奴がいたんだけど、
大人になったらフニャフニャでキモめのおっさんになってた。
同性ながらなんかガッカリしたのを思いだしたわ。

200 :名無シネマ@上映中:2011/03/30(水) 23:40:27.42 ID:3qFKPf2n
船の内部に乗り込んで大はしゃぎするトミーに吹き出しそうになった……その後苦しそうにしてたのにはヒヤッときたけど

415 :名無シネマ@上映中:2011/04/07(木) 09:52:58.38 ID:FJ8Ey5jt

77219_20110710194154.jpg

ところで座礁した船はなんの象徴だと思った?

882 :名無シネマ@上映中:2011/06/10(金) 09:46:38.41 ID:WelfuVds
>>415
目的地に着けなかった船はクローン人間たちのメタファー。

ちなみに主人公たちは海のそばまでは行くが、生命の源である海に入ることはない。

884 :名無シネマ@上映中:2011/06/10(金) 12:45:59.71 ID:kE5f4re1
>ちなみに主人公たちは海のそばまでは行くが、生命の源である海に入ることはない。

おー、そうだよね
どんだけ哀しい生き物なんだよ

206 :名無シネマ@上映中:2011/03/31(木) 01:31:32.05 ID:v2vuxQDY
座礁船はもっと大きいの想像してたが、案外こじんまりしてたなw
ラストシーンはイメージ通りだった

221 :名無シネマ@上映中:2011/03/31(木) 21:58:23.91 ID:W7CCC47p
小説でイメージした風景や曲のメロディに近かったのに驚き

214 :名無シネマ@上映中:2011/03/31(木) 17:06:48.40 ID:o/h6ficI

laputa05_20110710194223.jpg

自分が映画で好きなのはルースの病室にあった馬のおもちゃをキャシーが手に取るシーン
予告でも使われてたけど、あれで泣いてしまったw

236 :名無シネマ@上映中:2011/04/01(金) 20:59:03.64 ID:wo3w7F/X
ルースの提供の時、ルースが処置台の上に放ったらかしにされてる所と、
エンドロールの最後に流れる曲ですごーく悲しくなった。原作読んでないけどキニナル

映画見てる間ずっと「介護士の道を選べば、提供は回避できるんじゃないの?」と思ってたんだけど…ラストで…。

237 :名無シネマ@上映中:2011/04/01(金) 21:15:13.60 ID:azk2WH5u
エンドロールの合唱涙腺にくるよね

字幕:戸田奈津子も地味にきたけど

238 :名無シネマ@上映中:2011/04/01(金) 21:23:20.45 ID:ksXIcPhk
エンドロール合唱聞く前に席立っちゃった人はちょっとかわいそう

382 :名無シネマ@上映中:2011/04/06(水) 18:58:31.51 ID:wu/NhCw7
マダムの家で一瞬キャスとトミーがいちゃいちゃしてるのが可愛かった
その後突き落とされたけど。絵を丸めてるときのトミーがやりきれない……

383 :名無シネマ@上映中:2011/04/06(水) 22:36:34.92 ID:d8pSYTLU

20071115_inutowatashi_main_20110710194821.jpg

猶予の噂はちゃんと前もって学園で否定しとけよババどもが!

811 :名無シネマ@上映中:2011/05/22(日) 11:05:45.02 ID:/tZqnTrB
二人の真実の愛を証明するために絵を見せる、って謎
しかもその絵がアウトサイダーアート過ぎワロタ。
キーラ「真実の愛はあなたたち二人よ。仲を引き裂いてごめん」
トミー「もうおせーよ」ってくだり、お前が言うなww
主人公が地平線を見つめて「人は皆いつか死ぬものね…」ってナレが被さるエンディング
言わせるなよ恥ずかしいw

245 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 01:24:49.09 ID:MTGTEf5t
中盤から頭の中「???」で全然ついて行けなかったのです。
原作から大幅に削られちゃってるんですかね。

人口爆発して食料問題住居問題エネルギー問題治安悪化と
解決困難な問題が山積してるはずなのに、何故あんな極めてコストパフォーマンスの悪い
老人医療福祉なんかに力を注いでいるのか?

発足から20年間なんの成果も得られない超巨大プロジェクトって気が長すぎる上に
リスクが大きすぎるんじゃないのか?
他の、例えば人工臓器の研究に人と金を注ぎ込んだほうが上策ではないのか?

クローンの反乱を全然想定してないのは何故?
プロジェクト上層部の人間にすんなりクローンが会見できるって、
セキュリティどうかしてんじゃないの?
もしかして反乱する気が起こらないよう去勢されてる?
いや、でも激しく性交してたよなぁ。

みたいな感じでもう、はてなマークの大盤振る舞いで全然楽しめなかったのです。

このへん原作では説明ありですか?

246 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 01:28:09.95 ID:DTb+bCLk
>>245
ヒント:SFが主題ではない

249 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 08:40:20.22 ID:GqbhAZQa
>>245 その通り。この作品は小説も映画も駄作です。

247 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 03:19:42.72 ID:+qv9EsUY
18で寄宿学校出るまで世間から隔離されて臓器提供者になるべく育てられ
完全にマインドコントロールされてるんだろうな、多分逃げるという発想もないと思う。

259 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 12:22:18.37 ID:hX7Ipww6
提供を4回に分ける、っていうのは「段階的な老い」とか「若さを少しずつ失うこと」のメタファーだよね。
内臓を摘出されるたびに体調が悪くなる、体の自由がきかなくなるという意味で。

年寄りが体の自由がきかなくなるのは当然で、映画になっても誰も見ないだろうけど、見た目若くて美しいキャラクターがそうなるから観客は心を動かされるし、共感する。
移植用クローンがいる世界は、そういう舞台設定じゃないかと。

医学的に考えたら、何回もの提供後に残った臓器なんて移植に使えたものじゃないだろうから、あえて瑕疵がある設定にしてるのは、やっぱりSFじゃないからだと思う。
その意味では、映像化して結構SFっぽい小物が出てきたのは誤解を生むかも。

260 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 12:34:55.38 ID:b/xqtYnN
なるほど。
まだ見てないけど、原作では移植の部分はリアルには描かれてないもんね。
登場人物の心の動きだけで想像する世界。
それだけでも十分怖くて悲しかったけど。

261 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 12:41:35.16 ID:MTGTEf5t
>>259

「あえて瑕疵がある設定」

ちょっと庇いすぎのような気が…。

262 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 13:03:10.03 ID:6Iy5h+CO
>>259
言われてみれば老いと一緒かも。
劣化していく人間に「自己表現なんて意味がない」という感じ?
「もう終了したい、という人間は大抵終了する」とか
「実際には死んでるも同然なのに、意識だけはある恐怖」とか。
どのように死ぬかよりもどのように生きるかのが大事、ってのを時限装置付きの人間で表現したのかな。
原作のがいいかもだけど、美しいビジュアルで観るといっそうそういう感じが出るのかも。
話が深すぎて眩暈がした。

269 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 18:27:20.10 ID:TIyHe99H
人の心も魂もない家畜のようなクローンにしてほしかったものだ。
そのほうが救いがある。
・文化的で社会性のある生活が良い臓器を育むとでもいうのであろうか。
・脱走した設定の子供は早々に子供用の臓器ドナーになったのであろうか。
・臓器摘出以外の実験目的もあったのでしょうけれど。しょせんSFか。

270 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 18:35:37.94 ID:MTGTEf5t
>>269
普通に考えるとそんな方向に辿りつくと思うけど、
ドラマが成り立たなくなっちゃうからねぇ。

275 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 19:05:51.12 ID:DTb+bCLk
>>269
ヘールシャムが閉鎖されて、今はブロイラーみたいな扱いって
劇中に台詞なかった?
ヘールシャム出身の子たちは、校長の意向でちょっと特別なんだよ。

281 :名無シネマ@上映中:2011/04/02(土) 21:42:46.61 ID:11l9cvZ8
>>275
ヘールシャムの子供達の作品を見て、この子達に心があるのかどうか
判断した結果、ブロイラーみたいな扱いになってしまったということだよね?

546 :名無シネマ@上映中:2011/04/13(水) 20:05:35.16 ID:blV25yVq
こんな歪んだ社会福祉制度が持続してるんだから
おそらくこの国家の言論思想統制は酷そうだね。
ルーシー先生は粛清か投獄か、
いずれにせよ大変な目に遭っていそうだ。

487 :名無シネマ@上映中:2011/04/10(日) 01:43:18.24 ID:EnUuCMJU

41dQ0l+1QV_20110710194155.jpg

なんで「オリジナル」を見つけるのにあんなに期待高めてたのかが
よく理解できなかった
説明を見落としたな?

488 :名無シネマ@上映中:2011/04/10(日) 08:56:11.67 ID:acISYM09
>>487
孤児が親を探すのと一緒じゃね?

489 :名無シネマ@上映中:2011/04/10(日) 09:23:20.37 ID:LOCAJT13
ああ、そういうことなのか
この作品のクローン(遺伝子レベルからコピー)にとってはオリジナルの親が自分の親ってわけじゃないんだね
自分のオリジナルを見つければ長めに生きられる、とかの恩恵に期待したわけではなかったのね

555 :名無シネマ@上映中:2011/04/14(木) 16:07:20.12 ID:JRUjkm2+
親友が目の前で殺されて、
それでも怒りも憎しみもまったく感じてないなんて、
やっぱり全然納得できんなぁ。

556 :名無シネマ@上映中:2011/04/14(木) 16:33:23.84 ID:o+elrmKq
実は主人公達にとって最大のやすらぎは「死」なんじゃないかという。

558 :名無シネマ@上映中:2011/04/14(木) 16:42:49.31 ID:8vqHBJAX
>>556
なるほど、そうかも

787 :名無シネマ@上映中:2011/05/15(日) 10:08:55.73 ID:v8pffCxz
感動、ってか救いのない映画だなあ、って思った。
キーラの最後のシーンで見開いた目すら閉じてもらえない、というところがショッキングだった。
彼らは人間の中には入ってないんだ・・・

788 :名無シネマ@上映中:2011/05/15(日) 16:29:18.46 ID:H0Xl0/a8
情緒で完結させないように
キーラの肝臓でがつんと現実を示しているってかんじ

789 :名無シネマ@上映中:2011/05/15(日) 16:35:46.55 ID:4C3GgaxJ
>>788
なるほど
原作だと、ああいうリアリティーはないけど
一瞬の衝撃よりも、読んだ後ずっと心のどこかが重い感じ

832 :名無シネマ@上映中:2011/05/26(木) 01:11:25.90 ID:hEvgwsd+
人によって提供するものが違うのも怖いな
本人は何を提供するのか、知らされないんだろうし
心臓なら初回終了か
角膜や肺や腎臓ならまだ何回か大丈夫

835 :名無シネマ@上映中:2011/05/29(日) 21:48:14.03 ID:Pv3rd34r
買い物ごっこのガラクタ運んでくる配達人の冷たい目つきとかは映画ならではだね。

836 :名無シネマ@上映中:2011/05/30(月) 00:57:06.30 ID:dAz84qqp
>>835
あのそっけなさは、そういうことだったのか

映画観てから原作をもう一度読んでみると
風景が浮かんできて、また違った楽しみ方ができる

873 :名無シネマ@上映中:2011/06/09(木) 18:12:02.63 ID:TUWA0Xso
見てきた。
予告見て予想した内容だったので
特にストーリーについては思うところはなかったな。
綺麗にまとまった映画だったね。
トミーの意志薄弱さが提供に対する恐怖に向かわなかったのは疑問だったな。
それから「終了」がEndでもFinishでもなくCompleteが使われていたということに
意味があるように感じた。
「無常といふこと」を読み返したくなったな

878 :名無シネマ@上映中:2011/06/10(金) 02:37:10.33 ID:cbB7zwgN
>>873
終了より、完了のほうがしっくりくる訳だな

875 :名無シネマ@上映中:2011/06/09(木) 19:12:42.29 ID:QRhPlwgf
Completeは、映画の中で重要な言葉だし、
キャシーの人生におけるCompleteとも掛けてると
自分は思った


関連記事

  1. 2011/07/31(日) 21:30:49|
  2. わ行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<フォトショップでハリウッドスター達をピザ化してみた。 | ホーム | エクスペンダブルズ2 ジョン・トラボルタ、チャック・ノリス、ヴァンダムが出演 神映画だなこれ>>

コメント

あとあとも

じわじわ考えさせられる作品でした。
TB打たせてもらいました。
  1. URL |
  2. 2012/08/13(月) 14:40:14 |
  3. momorex #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2059-cb3c48c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『わたしを離さないで』

キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイという英国出身の実力と人気を兼ね備えた若手俳優が顔を揃えた映画『わたしを離さないで』。 イギリスの美しい自然の中で、哀しい運命に翻弄される若者たちの姿を、切なく描いています。 ある意味、とても無気力な彼らの姿は...
  1. 2011/11/24(木) 01:55:09 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

『わたしを離さないで』(2010) - Never Let Me Go -

この命は、誰かのために。 この心は、わたしのために。 &#160; ■ わたしを離さないで - Never Let Me Go - ■ 2010年/イギリス、アメリカ/105分  監督  :マーク・ロマネク  原作  :カズオ・...
  1. 2012/08/13(月) 14:38:35 |
  2. momoな毎日

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。