2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

桜田門外ノ変

【水戸藩開藩四百年記念】桜田門外ノ変【2010年10月16日公開】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1278063324/
14_alikeh_20110703105527.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 18:35:24 ID:Bv+S22p7
幕末リアリズム。 日本の未来を変えた史上最大の事件。

2010年10月16日(土)全国ロードショー
原作: 吉村昭 『桜田門外ノ変』(新潮文庫刊)
脚本: 江良至、佐藤純彌
監督: 佐藤純彌
配給: 東映

公式HP
http://www.sakuradamon.com/

水戸藩開藩四百年記念「桜田門外ノ変」映画化支援の会
http://mitoppo.jp/


2 :名無シネマ@上映中:2010/07/02(金) 18:37:12 ID:Bv+S22p7
キャスト

関 鉄之介(せき てつのすけ)       【大沢たかお
関 ふさ   【長谷川京子
金子孫二郎(かねこ まごじろう)   【柄本明
高橋多一郎(たかはし たいちろう)    【生瀬勝久】
関 誠一郎(せき せいいちろう)   【加藤清史郎】
岡部三十郎(おかべ さんじゅうろう)   【渡辺裕之】
いの   【中村ゆり
佐藤鉄三郎(さとう てつさぶろう)   【渡部豪太】
高橋荘左衛門(たかはし そうざえもん)   【須賀健太】
桜岡源次衛門(さくらおか げんじえもん)   【本田博太郎】
与一(よいち)   【温水洋一】
安藤龍介(あんどう りゅうすけ)】   【北村有起哉】
稲田重蔵(いなだ じゅうぞう)   【田中要次】
有村次左衛門(ありむら じざえもん)   【坂東巳之助】
松平春嶽(まつだいら しゅんがく)   【池内博之】
武田耕雲斎(たけだ こううんさい)   【榎木孝明】
野村常之介(のむら つねのすけ)   【西村雅彦】
井伊直弼(いい なおすけ   【伊武雅刀】
徳川斉昭(とくがわ なりあき)   【北大路欣也】

145 :名無シネマ@上映中:2010/09/29(水) 23:17:54 ID:M+yslvKP
楽しめたよ

77219_20110703105841.jpg

主役は有村次左衛門かと思ってたんだが、関鉄之助で驚いた
次左衛門より兄の雄助が目立ってたことにも驚き

意外にも武田耕雲斎が登場したし満足
90点

199 :名無シネマ@上映中:2010/10/12(火) 21:31:32 ID:KAPdHb/b
試写会行って来た
正直な感想としては「演出酷すぎワロタw」って感じ
殺陣のシーンで眠くなるとか初めての経験だったぞ

物語はひねりもなく淡々と進むね
つーかこの映画って盛り上がり所が無いわぁ

206 :名無シネマ@上映中:2010/10/13(水) 00:04:31 ID:tyHHmReZ
自分も試写会観てきたけど>199とほぼ同じ感想。
"何がどーなった、誰がどーした"というのをナレーションとテロップとセリフで全部説明する紙芝居映画だから
映画的な面白さなんて皆無に近い。(それでも「これ、歴史知ってないとわかんないわね」って言ってるオバチャンいたけど…)
暗殺場面はさすがに見せ所にはなってるものの、その後はもう今時ほかにないような臭い大芝居の連続で見てられない。
暗殺を前に囲ってる芸者に別れを告げる場面では、最近別の映画でも同じような場面を見てたせいで、余計演出のしょっぱさを痛感した。
(思い詰めた表情で「ちょっと遠くに行ってくる」という男に向かって「もう会えないってこと?」なんて一々セリフで言わせんなよ)
大した必然性もないのに唐突に坂本竜馬の名前がセリフに出てくるのもダサかったし、現代の桜田門はまぁいいとしても国会議事堂はギャグかと思った。

211 :名無シネマ@上映中:2010/10/13(水) 00:23:43 ID:r5euA9VA
野暮なセリフが多いんだよね
あと偶然会っちゃう、偶然聞いちゃうパターンも多すぎw
そして血糊が必要以上にドバドバだった

あれだな、たまにTVでやる歴史モノ特番とかの
再現VTRを豪華にしたような映画だったw

257 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 15:37:07 ID:iXXyRtR7
見てきた
初日のせいか映画館ほぼ満席だったけど、客の年齢層高えぇ。
席の上からのぞく頭髪はみんな真っ白だよ

感想として、制作費が足らないのかも知れないけど、
安っぽいセットとか、何十年前の時代劇かと思うような陳腐な効果音や音楽、
相手の前で寸止めする捕り方の棒とか、アラが目についたなあ

ストーリー的にも結局、事件に関わった水戸人はみんな打ち首になりましたって話だろ
これで町おこしになるのか?水戸市は何か勘違いしてるんじゃないか?

85 :名無シネマ@上映中:2010/09/08(水) 18:03:57 ID:5nfwIQhD
町おこし映画っていうかご当地映画の中では一番規模が大きいけど、
町が誇れる特産品が暗殺っていうのは物騒だな。
水戸はこの事件の後で天狗党の乱なんかがあって、明治維新の中心から外れるんだけど、
そういう崩壊の始まりみたいなのを映画にして町おこしってどういう気なんだろう。

268 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 18:51:32 ID:hk6lDqpF
水戸藩400年だったら、水戸黄門の映画化でもよかったんじゃない?
茨城県をアピールするんだったら、下妻物語みたいなのがよかったんじゃないか
見にくる年代層も限定的になりそうだし

259 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 17:02:03 ID:j6OzgiUl
十三人の刺客と大奥と観たから会いたかったぜ史実!!と嬉々しながら見に行ったよ
若干説明臭いなと思ったり、ラストの斬首前に妻と息子を思い出すシーンが演出が安っぽいかなと思いながらも楽しめた。
殺陣シーンは綺麗だったという印象。白い雪と血飛沫の赤のコントラストがさ。
説明的過ぎる気があったけど個人的には良かったよ。

263 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 17:51:37 ID:BF68+yky
観て来ましたー映画&舞台挨拶

上でも誰か言ってますけど、『桜田門外ノ変』の再現ビデオみたいな印象。
物語に入り込むというか、、誰かに感情移入することがちょっと難しかった。
淡々とやるならやるで、変に時間軸を複数にしないで、最初からやれば良かったかと。
あと臨場感が・・・。見せ場の桜田門も・・・ちょい惜しい。
井伊一行だけが動いていて、他には誰も動いていない、丸見えのところに襲おうといている
水戸藩士しかいねー。いやーこれどうみても怪しいんですけどw 他に人がいないって・・・。
吹雪いていて、視界が悪いという描写があるなら分かるんだが。上から見渡せる映像が多くて。
討ち取るまで時間かかっているように見えて、だったら井伊邸へ誰か知らせに走ったり
逆に邸から駆けつけたりくるだろ、と思う演出だった。
セットを見せたいのか知らんが、高いところから撮りすぎかな。そのくせ町人や武士などの野次馬の
エキストラ足りないんじゃないの?って感じだ。セットっぽいのが際立ってしまった。
真っ白の雪のうえに、血が舞う様子は綺麗で、絵的にはOKだったんだが。

まぁ文句言ってるけど、悪くはない。けど、惜しい。出演者も豪華なわりに。
ちょっとあちらこちらに飛びすぎかと。もっと視点はシンプルで良かったと思いました。
興行は厳しいだろうねぇ。まぁ町おこし系だから、最初から覚悟の上かもしれんが。
原作も監督も知らんけど、あの監督だから俳優集まったの?でも監督の演出がぶち壊してんじゃ
ないかと思ってしまった。定点カメラみたない映像も。

286 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 22:01:49 ID:Q795vCOn
>>263
海岸で黒船を見ている野次馬とか、水戸藩の大砲献上行列を見ている江戸町民とか
ストーリーにあまり関係しない回想シーンには大量のエキストラを集めたのに
襲撃シーンは映画の中核をなす大切なシーンだからと極秘扱いで
町民エキストラは集めなかったみたいだよね。
あれだけ高い位置からの撮影なら、遠巻きに見守る野次馬がいたほうが
臨場感あったと私も思う。

344 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 16:07:43 ID:DOvF9DUA
前の方で襲撃現場に人が少ないって書いてあるけど居ないのが正解
当時の武家屋敷街は昼間でも人通りが無いのが普通で
ましてや政府中枢の場所で大雪の早朝となれば誰もいなくて当然
江戸庶民には珍しくもなんとも無いことだし

じゃあなぜ水戸浪士がそこにいて怪しまれなかったかというと
田舎の侍が江戸勤めになると一回は大名の登城を見物に行ったんだ
そのための武鑑という携帯用のあんちょこが売られてたくらい
この見物人を装ったというわけだ
武鑑→http://www.geocities.jp/kawagoe_sisinokai/bukantanpin/4-5.jpg
これ見るとどこの殿様かとかがよくわかる

355 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 21:00:07 ID:hc2Z6l2u
>>344
なるほど。
会話の中にでも、分かるような台詞があれば良かったかも。
「普段からいるのは、酒売りの屋台くらいだ」とか
「登城見物を装うから、数人に分かれて」とか
地図見ながらの会議のときか、事前の下見の時の会話に
さらっとでもあれば、異様さが際立たなかったような。

356 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 21:33:09 ID:xPxyVS8P
水戸浪士たちが登城する大名行列の見物客を装ったっての、結構有名なエピ
ソードだから、いちいち説明しなくてもいいや、と思ったのでは?

俺でも知ってたし。

だけど、ナレーションか何かで情報提供してもよかったかもしれないね。

275 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 20:06:40 ID:X/CwbTJX
凛とした空気に貫かれていた作品だね
原作を読んでいるが故に脚本の取捨選択に興味があった
鉄之助の持病には触れなかったんだ…
関の最後のシーンは予想通りの映像
国会議事堂の映像は言わんとすることはわかるが、
要らないと思う

Darth_Vader_20110703105525.jpg

本田博太朗の腹の据わった演技が渋くてよかった
上映期間にもう一回観にいこうかなあ

月代部分の頭髪って剃らないとあんなに伸びるのかw

261 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 17:07:28 ID:m36NDBhV
今見てきた

たけしの座頭市に出てくるフンドシ一丁で駆け回ってたヤシみたいのが出てて笑った。

何人も打ち首になるシーンで、同じシーンが続き
何かオチがあるのかと思ったら何も無かった。

279 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 20:40:29 ID:z44pmADd
>>261
あそこは一人々々の命の重さを見せようとしたんだろうけど…
もっと粘り気のある演出をする監督だったら静かな迫力が生まれたように思う

281 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 20:52:05 ID:X/CwbTJX
>>279
同感
あのシーン、意図はわかるが、
カメラワークがシンプル過ぎて飽きるね
わら草履をちゃんと履けるのかばかり気になったw

287 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 22:04:29 ID:c4kcsXtQ

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110703105525.jpg

一般映画なのに鉄之助の愛人の拷問が石抱きというのはマニアックすぎるだろ。
いや、当時はあれが普通の拷問だったんだけどね。

296 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 22:50:41 ID:SWtbISti
 鉄之助の愛人の拷問シーン。ドsの人にとってはおいしいのだろうが、この描写じゃとても萌えないだろう。
拷問ってあらためて惨いと感じた。

341 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 13:06:47 ID:hc2Z6l2u
囲っていた女は、元遊女設定とかなのか?
唯一ともいえる濡れ場なのに、女の方が超積極的で、関は・・。
あんな男がマグロ状態の濡れ場ってなかなかないよ!

479 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 20:24:38 ID:VH8QRyXc
マグロはないよね、せめて胸に手を入れて揉むとか
強引に唇を奪うとか押し倒すとかしてくれないとモヤモヤモヤ・・

291 :名無し募集中。。。:2010/10/16(土) 22:27:49 ID:CsagpGIK
大沢はかっこいいな。
裸になった時の体は、俺も掘れた。

298 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 23:00:20 ID:7QfQ8PsK
石抱きwそんな拷問シーンがあるのか・・ゴクリ
あと大沢鉄之助が脱ぐシーンもあるのか・・初耳だらけだよ

310 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 23:48:35 ID:Eo5g7hMU
大沢の裸があるのか?
それ先に言ってくれよ
迷ってたけど観に行ってみるわ

320 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 00:31:54 ID:I8LR0mal

41dQ0l+1QV_20110703105842.jpg

裸ったって、帯から上のバストショットだから過剰な期待はしないように。

202 :名無シネマ@上映中:2010/10/12(火) 23:25:22 ID:LFtL4nOx
主題歌は坂本冬美がうたってるのかと思った
「まだきみに~恋してる~」に似てない?

203 :名無シネマ@上映中:2010/10/12(火) 23:31:44 ID:m0F34t3o
>>202
似てる!!!

170 :名無シネマ@上映中:2010/10/05(火) 14:08:56 ID:TFLHayRf
別に本人は嫌いじゃないけど大陸ものならともかく日本時代劇まで
なんでもかんでもalan使うなよって思うな
しかも必死剣に続いて今年二本目だよorz

どうせ"「レッドクリフ」がヒットしたからこちらも主題歌はalanの方向で…"、
とかって製作委員会のアホなお偉方の意見が通ったんだろうが

171 :名無シネマ@上映中:2010/10/05(火) 16:15:05 ID:fgXH4jsw
アランは鳥刺しとの抱き合わせ販売なのかと思った。

172 :名無シネマ@上映中:2010/10/05(火) 17:14:00 ID:352rSYj+
いや、エイベックスのゴリ押しじゃないか?

173 :名無シネマ@上映中:2010/10/05(火) 19:39:19 ID:QwXTGoRe
CMとエンドロール終盤に曲を流すだけでスポンサー収入が入るんだから安いもんでしょ。

174 :名無シネマ@上映中:2010/10/05(火) 20:29:04 ID:KfMNMFRC
幸田とかねじ込まれるよりはマシと考えるんだ

300 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 23:19:31 ID:a0osW+UV
今見てきた
目から水が滲んできてしかたなかった
桜田烈士達が今の日本政府みたら憤死しそうだ

304 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 23:28:31 ID:a0osW+UV
この映画は演技だの演出だのそんなのはどうでもいいんだよ
昔、国を憂い命懸けで頑張ってた奴ら実在した
その事実に感動する映画だな
亡国真っ只中の今だからこその映画

311 :名無シネマ@上映中:2010/10/16(土) 23:53:04 ID:NNIgVO5n
日本人のための映画という印象ですね。
先祖を侍に持つ家ならば、高橋多一郎の切腹に至るまでの描写には目頭が熱くなりました。
茶屋の店の主人が懇願するところとか。

329 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 01:37:13 ID:NpznAhYr
今で言えば、閣僚の誰かが
県庁職員に暗殺されるようなもんだろ
考えられんな

345 :名無シネマ@上映中:2010/10/17(日) 16:08:28 ID:cwf7IyQ+
>>329
官房長官が元茨城県警職員に暗殺されるレベル。

372 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 08:43:28 ID:Zq9lGwVE
昨日観てきました。
結構面白かった。「13人」よりも、こっちの方が面白いと思う。
構成的にはオーソドックに中盤に襲撃事件を持ってきた方が
よかったとも思うが、最初でもそんなに違和感はなっかたですね。
ただ、彦根藩邸から襲撃現場まで、映画ではそんなに離れていないのに
戦闘が始まっても、藩邸から誰も応援に駆けつけてこなかったように
思ったが、この辺がちょっと・・・?
何十人も切りあってるんだから、叫び声やら、刀の音やら相当に騒々しい
だろうが・・・と思う。
どういうことなのか、史実も含めて事情通の人教えてください。

376 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 10:35:23 ID:+I9XMFH1
>>彦根藩邸から襲撃現場まで、映画ではそんなに離れていないのに
戦闘が始まっても、藩邸から誰も応援に駆けつけてこなかったように
思ったが、この辺がちょっと・・・?

実際はものの数分の出来事だったので駆けつけた時には既に遅かったみたいだよ。
また彦根藩の護衛も急な襲撃に慌てて逃げ出した人もかなりいたみたいです。
(逃げた人はみんなあとで打ち首になった)

384 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 13:57:37 ID:Zq9lGwVE
>>376
どうもありがとうございました。

446 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 21:33:23 ID:9WVSTJlJ
見てきた
中々良かったと思うんだけど、
時系列はそのままでやったほうが良かったんじゃないかなぁ

ハセキョーと子供店長と生瀬の自害とVS鳥取藩剣術指南
はいらねーだろ
生瀬のシーン、隣のおばちゃん笑ってたぞ(´・ω・`)

447 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 21:35:31 ID:W1iB2j7a

laputa05_20110703105620.jpg

生瀬の殉職シーンは一服の清涼剤

448 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 21:36:46 ID:8EnugIlR
なにいってんだよ、生瀬自害見せ場じゃんかよ

452 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 22:08:46 ID:N+Igqrbi
>>448
俺も武士道の一片と当時の文化を表すいいシーンだと思う。自害したいから座敷を貸してくれ→どうぞ!ってすごいよね
たぶん生瀬の顔がおもしろかったんでしょ?

453 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 22:16:30 ID:9WVSTJlJ
見せ方ですね>生瀬

469 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 17:56:53 ID:JlJF3gFJ
生瀬の自害シーン、面白いのは座敷借りるところではなくて
茶屋の店先でちょっと刺す→店主「店が汚れますので堪忍、堪忍」→移動
ってところだと今気づいたw確かに吹いたわw

396 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 19:07:58 ID:nyeSwItC
映画も小説もそうだが、時系列どおりに描かないとわかんねぇんだよ。

回想しねえで時系列で撮れよ。別に回想したからって芸術性が高まるわけねえだろ。こんな映画で。

評定所とか意味ねえシーンが長くて、年寄りは飽きて立ちだして体操してたぞ。

397 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 19:24:31 ID:mPuJc2kE
体操w

398 :名無シネマ@上映中:2010/10/18(月) 20:07:31 ID:SkJ7hrAw
監督が高齢なのが関係しているんだろうかw
>>396みたいな評判をよく見かけるwww

400 :水戸jinn:2010/10/18(月) 20:21:34 ID:jAznd9Ej
 テロなのに美化を防ぐため、冒頭に襲撃シーンを持って来たそうな。
誰かも、回想シーンが時系列でなくややこしかったと言っていた。

502 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 23:53:26 ID:vgopiQzc
鉄之介斬首のところで目隠し布に妻子の顔がオーバーラップするところが
ほのぼのホームドラマみたいで萎えた・・・
偶然遭遇した長州藩随一の剣客を打ち負かすサービスシーンも安っぽすぎる。
剣を振るえなかったっていうのが鉄之介の重要な要素だったろうに。

504 :名無シネマ@上映中:2010/10/20(水) 23:58:05 ID:nZtol+8I
>>502
それらのシーンとか、「おいお前ら現代人も何か
感じろよ」と言わんばかりに大写しになる国会議事堂とか、
良くも悪くも大御所監督作らしくコテコテだよね
特に国会議事堂は笑ったw

edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110703105524.jpg

569 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 00:39:00 ID:FZA2zKOg
突然の知らせに驚くと必ず茶碗を落とす

陳腐極まりない演出が何度も出てくるたびにイラっとした
時代劇だからってさ、出演者もそういう腐れた表現は拒否しろよとか思った

619 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 21:16:10 ID:hA7X81pp
驚きの表現として茶碗を落とす描写、さすがに陳腐だよねw しかも2回。大事なことなのでもう一度やりました?

570 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 01:00:19 ID:k60X9q3b
  _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)

    _, ._
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。
          ゚*・:.。

623 :名無シネマ@上映中:2010/10/22(金) 21:37:57 ID:hA7X81pp
>>570
可愛いw でもまさに映像でそれだからなw

413 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 12:40:23 ID:jhrnR2xr
これ、どこまで史実でどこまでフィクションなんだ?

417 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 15:10:45 ID:bTzFU2l4
>>413
史実だよ。原作&歴史書でも読んだら。

418 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 15:49:14 ID:3mjycemn
>>417
いや関の逃避行中の出来事はフィクション入ってるだろ

424 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 17:43:52 ID:UFdclpm9
>>418
吉村の原作本が関の日誌にもとづいている

432 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 19:09:42 ID:jhrnR2xr
>>417

51BVXZqazi_20110703105527.jpg

鉄ノ介と鳥取藩剣術指南役の真剣勝負も史実なの?

436 :名無シネマ@上映中:2010/10/19(火) 19:38:24 ID:ELqwwro1
>>432
キネ旬に
原作のままでは鉄之助が、
剣を振るうシーンが全くないので
あえて入れた、と書いてあった

518 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 02:44:03 ID:ohxtZEhu
西村雅彦が演じた野村常之介のこと調べようとググりまくったけど全然情報ない
取り敢えず生き延びたことだけはわかったけど

519 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 02:57:47 ID:ZC9IPiqV
>>518
桜田門外の変、坂下門外の変に関与し
戊辰戦争では保守門閥(佐幕)の市川派を追討。

542 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 15:18:57 ID:zB9NnWNb

51jQIr2oWd_20110703105526.jpg

西郷役の人がピッタリだと思った俺って少数派?

543 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 15:23:12 ID:xUEPGTwN
>>542
永澤俊矢か
一般的な西郷どんのイメージとは違ったけど、まあ悪くはなかった

548 :名無シネマ@上映中:2010/10/21(木) 16:13:35 ID:dDla6D3j
永澤俊矢って、顔見せ程度の西郷どん役でよく出てるよねぇ。
だから違和感なく見られた。


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/07/04(月) 21:23:26|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】寺沢武一の人気漫画「コブラ」、ハリウッド実写化へ向け企画進行中! オファーは7年前から | ホーム | 映画のワンシーンを1行で表現して当てられたら寝る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/2044-9171e35a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。