2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

カラフル

http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1261116065/
14_alikeh_20110609130306.jpg

1 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/23(月) 12:00:44 ID:NEbYIAyD
2010年8月21日全国東宝系で公開、 127分
監督 : 原恵一
原作 : 森絵都
声の出演 : 冨澤風斗 、 宮崎あおい 、 南明奈 、 まいける 、 入江甚儀 、 中尾明慶 、 藤原啓治 、 麻生久美子 、 高橋克実


813 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 12:41:15 ID:uqQcu3fN]
今観終わったとこ
すごいいい映画
声についてはいろいろ言われそうだけど俺は気にならなかった
リア充は普通に楽しめるはず
でも俺みたいな親不孝者や家族を裏切った人間にはキツいかも
精神的に締め上げられた
なぜか体の震えが止まらない

821 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 15:35:18 ID:WNb5yEMz]
見てきた!
好みはあれど、とても良くできてるんじゃないか
泣いてる人も多かった
もう2、3回は見に行くと思う

816 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 14:03:00 ID:CDClVnZ7]
原作の良い部分を省きすぎだろ・・・
母親の手紙の部分と和解の会話を省いてどーすんねん

818 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 14:40:08 ID:zTo8h5lU]
>>816
母親の手紙部分がなくなったことで母親がどうして不倫したのか、
今後どうするつもりなのかってことが分かりにくくなってしまったな

819 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 14:49:01 ID:MJ4cd3jI]
おもしろかった。
伝えたかったメッセージとしては、突き詰めていくとオトナ帝国と同じなのかも。

820 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 14:56:28 ID:pCFAKpQ8]
子役が残念すぎる。カッパから続いての起用のようだが。
41dQ0l+1QV_20110609130306.jpg

826 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 16:39:32 ID:7/EmHGB0]
見てきた。多少説教臭いところもあったが、
俺と隣のお姉ちゃんは号泣してた。
なによりまた生きようという元気が貰えた。
自己啓発に近い映画だった気がする。
特に最後のプラプラのセリフは演出的にも台詞的にも
視聴者に対して語りかけるようなものがあった。
鬱になりかけてる自分には良い薬になった。よかった。


ただしエセ関西弁ジョイ君さえいなければ完璧だった。
ちなみに多少カラフルに関する台詞まわしが強引に感じた。
あの援交娘との最後の下りあたりが凄く強引に感じた。
あれは原作通りなのか?それとも原作はもう少し前から
ちゃんと台詞まわしで伏線を張っていったうえでのあの発言なのか
そこだけが気になった。原作読んだエロい人教えて。

831 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 17:10:31 ID:zTo8h5lU]
>>>826

51jQIr2oWd_20110609130304.jpg

原作のプラプラは関西弁じゃない。
生意気なとこはそうだけど
あとプラプラが最後に言う自分の話は全部映画のオリジナル設定

原作の方が締め方はずっと良かったな

832 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 17:15:48 ID:7/EmHGB0]
>>831
若干蛇足に感じられたのはその所為か…
まぁその後に続くキミはちゃんと生きなさいに繋げるための
台詞なんだろうけど…
うーん原作とは別と割り切っておいた方が、この映画は良さそうだなぁ。

833 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 17:23:49 ID:zTo8h5lU]
原作は、プラプラと主人公の屋上のシーンで終わる。
このまま消えたくないという主人公に、
「24時間以内に自分が前世でやった罪を思い出せ。そうすればホームステイは合格」
という条件を付ける
主人公は自分の前世の罪をタイムリミットに焦りながらあちこち駈けずり回って必死に思い出そうとする。
原作で一番盛り上がるシーンが全てカットされていたのは痛かった

835 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 17:25:46 ID:zTo8h5lU]

ひろか関連は終盤の絵の前での会話がちょっとくどいけど、ほぼ原作通りかな。
兄貴はもっと辛らつなキャラだったのに映画ではただの無口キャラに。
父親はブラック企業に勤めてて上司たちが逮捕されて出世出来て大喜びしてた、って設定が消えてた。
釣りに言った時の会話も全然違う。
母親関連は改悪。主人公に送る手紙と、和解する一連の流れが全てカット。

あと主人公がプラプラに
「自分は消えてもいいけど真だけは死なせないでくれ。あいつに自分は全然不幸なんかじゃ
なかったってことを教えてやりたいんだ」
と頼むシーンが好きだったのでそこも削れていたのは残念。

836 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 17:32:04 ID:TuikCbnH]
原作未読だけど、手紙のシーンはなくても、食事で和解を表せてたからいいかなと思う。

>「自分は消えてもいいけど真だけは死なせないでくれ。あいつに自分は全然不幸なんかじゃ
>なかったってことを教えてやりたいんだ」

こっちのシーンは入れて欲しかった。

840 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 17:48:27 ID:n+fCe0Jj]
母との和解うんぬんは、
ラストシーンで母の買ってくれたジャケットを真がやっと着ている。
その描写だけですべてを表しているでないかい。
余計な事はぐだぐだ言わない冴えた演出やん。

827 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 16:43:12 ID:D7WHAZnp]
背景の実写の入れ方が絶妙、背景集を出して欲しいレベル

主人公とプラプラはなんとかならなかったのか、宮崎あおい麻生久美子その他諸々の人たちが上手かっただけに余計目立った・・・

828 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 16:45:04 ID:7/EmHGB0]
やっぱりみんなプラプラに引っ掛かってるなwwwwww
関西人が聞くと特になんか気持ち悪いんだよなあの関西弁
妙に上手い関西弁だけどやっぱり関西弁じゃないってところが気持ち悪い。

864 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/21(土) 20:47:01 ID:/q7c4NWF]
プラプラ不評なんだな。
原作未読、先入観無しで観た俺からしたら
子供姿も関西弁も可愛くて良かったけどな。

257 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/27(金) 22:14:40 ID:iMh0xRf/
プラプラって真が甦り失敗したらさらなる罰とかうけるの?
原作にそこらへんがあるか気になる

258 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/27(金) 22:57:21 ID:DPDo5r3V
>>257
いちおう原作だと、真のような人間のためのホームステイなので
真が気づくまで、ガイドをつとめるんじゃないだろうか

原作とアニメをくらべてみると、おもしろいよ

しかし、なんでプラプラを、優男の紳士から子供に変えたんだろうか
まあ、真に頭をくしゃくしゃにされ、ふくれっつらになるプラプラはかわいかったんだけどね

855 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 19:39:24 ID:zTo8h5lU]
やたらと死ぬな死ぬな言うのが説教臭く感じるな
原作では死ぬななんてセリフは誰も一言も言わなかったのに
そんなの言わなくてももう分かっただろ、みたいな感じでさ

856 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 19:48:21 ID:OBVhpxWc]
原作は真を斜め後ろから見守るような
プラプラの付かず離れずの距離感みたいなものが好きだったんだけど

映画は別物として観るべきだね

867 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 21:10:11 ID:ptwskbga]
自分を客観視してなお自分は自分だと認識できるようになる
家族にも人にもカラフルにいろいろな側面がある
原作のテーマは大人になることとはだと思う
アニメ映画版では話の筋は同じだけど原作とは別のテーマ、生きることに変えた
ゆえに玉電追加、家族関連大幅カット、プラプラの設定変更だろうか
モノクロ写真の玉電も過去を知るとカラフルに動きだす、それは真も同じ
賛否分かれるところだろうね、俺は原作のままのがよかったな
ひろかはお菓子をくわえたり、しゃぶったりってのが印象深い
大人な行為と子供な行為の両面性って暗喩になってる気がする
なによりもこの役柄をあえて引き受けたアッキーナが一番すごいな
クレしん声優がちらほらいたのはうれしかった

90 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/23(月) 23:27:04 ID:cKKxAa04

14_alikeh_20110609131610.jpg

駄菓子屋の子供って風間君としんのすけだよね?
風間君の方はすぐ分かったけどしんのすけの方はスタッフロール見るまで全く分からなかったわ・・

108 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/24(火) 04:12:38 ID:rKUylnQF
>>90
たぶんそうだと思う。
そこで「あ!」と思って、駄菓子屋の他のとこ覚えてないという…w
あと園長先生が校長先生になってて、これもニヤリとしてしまったよ

869 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 21:25:47 ID:zTo8h5lU]
原作では、母親も父親も自分の過去と生き方、後悔したこと、良かったことを
主人公に語るんだよな。アニメではそういうのがカットされているから、
主人公が人生は一つの色じゃないんだ。もっとカラフルなんだ、と突然言い出すことに
違和感を感じる。

871 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 21:42:22 ID:D7WHAZnp]
>>869
原作の父の告白はともかく母の告白は少し出来過ぎな気がする

ここはあえて省いて父の設定を変えたり母の買ったジャケットを着せたほうが結果的に映画のテンポは良くなったと思う

むしろ省いてはいけないと個人的に思ったのは原作ラストの24時間以内の死んだ理由探し

盛り上がる所が少ない映画だからこのシーン数分入れるだけで大分印象が変わるんじゃないか?

858 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 20:04:31 ID:jsw0ALuU]
今日見てきた 面白かった
鉄道のシーンと自転車のシーンがよかった

原作は読んでないけど作者女の人だし
母親の扱いが映画よりいいんだろうか
かなり気の毒だった
でも中学生だしあんなもんじゃない

900 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 02:42:54 ID:Jzi3j4KE]
原作モノは既読ファンがうるさいからヤだな
普通に傑作だったが

859 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 20:19:18 ID:yOfCr6CX]
話の内容は勿論だけど、これは作画目当てで行っても楽しめる?

862 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 20:32:58 ID:D7WHAZnp]
>>859
キャラデザに山形厚史、作監に佐藤雅弘、原画に末吉裕一郎などとかなり豪華

飯を食う所とか泣き顔とか細かい描写が上手い

ただ個人的には美術のほうによく目移りしてしまうことが多々あった

866 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 21:07:04 ID:TuikCbnH]
>>862
表情良かったな。
あのメガネの子とか。

877 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 23:31:57 ID:Q6qKAmQ5]
なんつーか、結構過激な狙いのアニメだなーと思った。
普通アニメ映画って、物語の流れからちょっと外れて「アニメーターが勝手に頑張っちゃいました」みたいなシーンがある
と思うんだけど、この映画って、アニメーションがすごくなりすぎないように全力で制御してる感じ。

>859 >862
ただ、絵が崩れてるシーンが結構なかった?
トースト食べるシーンの手やトーストのパースがおかしすぎるとか、走ってるときに足の動きと背景のスクロール速度が
ズレていて滑ってるように見えるとか、結構気になった。

878 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/21(土) 23:35:43 ID:nxe5YTEx]
トーストのシーンは焼け具合がやたら美味しそうだった事しか憶えてない。

980 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 02:46:18 ID:8NgJ708M]
「生きること」の苦しみと喜びの両方が食事のシーンに象徴されてるんだよな
肉まんを食べて「うまい!」と言うシーンとか、この映画で主人公が初めて生きる喜びを噛み締めたシーンだろうし


映画で優れたシーンには小道具の使い方が上手いな、と思うものが結構あるけど
この映画もその部類だと思う

977 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 02:18:04 ID:8NgJ708M]
主人公が母親を拒絶する一番のサインとして、何度も繰り返し出てくるのが食事を拒否するシーンで、
同時に母親の作った食事には、母親の贖罪の意識や「拒絶されたくない」という切実な想いがこめられてる

拒絶されて拒絶されて映画の終盤でやっと食べてもらえる、
その事で主人公が倒れる前から大事な人間に拒絶され続けてきた母親に、
ささやかではあるが、かけがえのない「救い」がやっと訪れる

早乙女と肉まん食べるシーンもそうだけど、
この映画のオリジナル要素でもっとも重要な位置を占めているのは食事のシーンだな

978 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 02:43:48 ID:FW5zFpO5]
だってクライマックスがすき焼きだからな。
世界一泣けるすき焼き。

983 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 03:00:41 ID:C49hTyDx]
>>978
え?あれすき焼き??

984 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 03:03:01 ID:8NgJ708M]
鍋物ですな

285 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/28(土) 23:49:49 ID:iGxqio5J

41dQ0l+1QV_20110609131610.jpg

つーかカラフルの主人公は絵という一芸があるからいいよね

288 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/29(日) 00:18:01 ID:KzSOYDYq
>>285
べつにその絵の才能が真の自信になってるわけじゃないから。
しかも絵の才能より友だち選んで進学しようとしてるんだぞ。
そこんとこよく考えてみろ。

293 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/29(日) 01:25:16 ID:US7rTS8/
>>288
友達が居なくても絵を選べるってのは、本当に何も出来ない奴からしたら幸せだろ

886 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 00:44:33 ID:iypXmFkb]
原作未読で原恵一監督の名前を見てみた自分の感想

なんかテーマが重くて一回見ただけで満足した感じだった
一応、家族で鍋を囲んで進路を話し合うシーンとか
最後のプラプラとのわかれのシーンとかは少し涙腺が緩んだ
劇場でも泣いてる人が結構いたっていう印象だった

20071115_inutowatashi_main_20110609130302.jpg

あと、ひろかが冗談(?)で主人公を誘ったシーンは不覚にもたった

なんか見終わった時は「感動した!!」って感じで鳥肌たったけど
冷静になれば、いろいろと気になったところがあって落ち着いてしまった

総評するならば、ストーリー○、曲とかの演出△、作画◎(おもに背景)だった

あと声優は確かに主人公とプラプラは序盤はかなり違和感あったが
終わりになったらそこまで気にならなかった
宣伝とかで仕方はないのはわかってるが、せめて主人公とプラプラは大人の子供声が出せる人にやってほしかった

芸能人を使うのは大いに結構だけど、子供然り子役はあんまり使わない方がいいかなぁ

889 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 01:07:15 ID:mmU6e9yf]
>>886
>あと、ひろかが冗談(?)で主人公を誘ったシーンは不覚にもたった
あそこ良かったねぇ
雨に濡れてちょっと身体の線が出たエロさが見事に描かれてた
あと上着を脱いだひろかが大人っぽいシルエットなのに、
肩を落とした真がいかにも子供っぽい体型に描かれている対比も○

247 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/27(金) 03:40:54 ID:FV5yP78P
好きな子が援交してたらショックだろうなぁ
割と心が抉られた。
「2でいいよ?」
死ぬとかまでは考えないだろうけど処女崇拝が加速してしまうわ
後自分の家で女の子押し倒したら家族会議ものですわね

890 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 01:08:44 ID:yeNIUtZK]

51BVXZqazi_20110609131609.jpg

フラメンコセックス後の奥さんの表情が最高だった

269 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/28(土) 00:31:03 ID:2Vj2g+0s
かあちゃん美人だよな
あんなかあちゃんなら不倫しちゃうのもわかる

271 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/28(土) 00:34:53 ID:Kwn+tbG6
体つきとかエロい
雰囲気もエロい

フラメンコ講師がハッスルしちゃうのも分かる

893 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/22(日) 01:19:03 ID:gYrw3Eg8]
お母さんが自殺しそうな勢いだったな

896 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 01:24:42 ID:yeNIUtZK]
真が家に帰ってきて奥さんがリビングで寝てるシーン死んでるのかと思った

904 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/22(日) 04:07:58 ID:3bO+P6QB]
>>896
俺もあそこはちょっとギョッとした。
柔らかな木漏れ日に照らされて安らかな死、みたいなw

933 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 16:23:46 ID:9WhTIW5u]
最近のアニメ映画ではちょっと異色だな
果たして「アニメ」である必要があったのかな
背景美術は「奇蹟の輝き」を思い出したよ
興行的には成功するかわからんけど、
レイト1,200円分の価値はありました

928 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/22(日) 13:59:07 ID:wlI2mMdT]

51jQIr2oWd_20110609131609.jpg

声優で良かったのはあおいちゃんくらいだな

945 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 19:15:19 ID:AxQvj9jE]
麻生久美子はまだ声が若いんで近年の朝ドラ(大阪で作ってるほう)でお母さん役やったような
アラフォーの女優さんを起用すればよかったのになあと思った

この10年紀で麻生久美子もきっと朝ドラの母親役やるのだろうけど、ちょっと違和感があったなあ

>>928
宮あおいは芝居が巧すぎてブスがブスに見えないのが問題かもしれんね

993 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/23(月) 07:23:15 ID:s2fdHCam]
上映中ずっと、ひろかの声が宮崎あおいだと思っていた・・・。
まさか、あの大木凡人みたいな女の子だったとは。

51BVXZqazi_20110609130305.jpg

930 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 14:41:59 ID:BWFqxVGA]
タレント声優でも気にしない方なんだけど
ここまで下手だと流石に気になるな

133 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/24(火) 16:30:32 ID:t2dQEtqL
南明奈ふつうにうまくね

152 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/25(水) 00:26:52 ID:MTeEIfi8
実際にアッキーナはよかったぜ
ゲゲゲの女房でもよかったのだが

169 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/25(水) 12:38:30 ID:YBIBcxHZ
アッキーナの声か。。
うまいとうか「フワッフワ」してて「この世」の声じゃないみたいだった。
キャラクターに合いすぎてて(超えてるかも)怖いぐらいだ。

935 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2010/08/22(日) 16:31:10 ID:H0fvfj0y]
原作未読&原ファンだけど、期待しすぎたのか微妙だった
特に気になったのはテンポ。
序盤からやたらと細かい間が多くて、現実ぽさ&緊張感出すためにかな…と思ってたけど
加えて大事なシーンの台詞がどれも長々と小説ぽいので
だんだん冗長にしか感じられなくなった。 もっと削って欲しかった
でもそれでも十分原作カットしてたとは。

声優はそんなに気にならなかった

927 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2010/08/22(日) 13:52:05 ID:brUAO6ox]
絵も受け付けられない…。
タレント声優も受け付けられない…。

683 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/09/11(土) 16:19:18 ID:eY+yyJVE BE:1027723182-2BP(1)
つーかなんであんな絶対ウケなさそうな絵で作ったんだ?

684 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/09/11(土) 16:36:03 ID:BL1XXzvN
それは原だからとしか言いようがない

686 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/09/11(土) 23:37:00 ID:RscLoC8X
萌え絵で、この作品の内容をやっても
見ていて困惑するだけだろうし、
まさに誰が得をするんだ、ということになっていたんじゃないだろうか

687 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/09/11(土) 23:57:06 ID:NOecdeav
生々しさもあってキャッチーな感じもある絵師に出会えないのが原監督の不幸だな

688 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/09/11(土) 23:57:48 ID:yzzDOCSz
ジブリの絵を真似ればよかったのに。

91 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/23(月) 23:27:38 ID:Vm5lslZC
白黒写真の風景を早乙女くんと一緒に歩いたりする中で、
真の世界がどんどんカラフルになっていく感じが良かったね。
背景美術もグッと迫ってきた感じだった。

107 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/24(火) 04:08:11 ID:rKUylnQF
昨日観てきたんだけど、今になってジワジワ感動してきてる
早乙女君と出会ってから、だんだん世の中が綺麗に見えてくる感じ、良かったね

89 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/23(月) 23:26:59 ID:VWIFtxpa

77219_20110609130303.jpg

そういえば早乙女にも友達って存在はいなかったのかなあ
卓球部には友達がいたんだろうか

105 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/24(火) 01:48:19 ID:fSdfYgve
>>89
多分、彼は誰とでもフラットに付き合える人なんだろうな
でもなんか真とは波長ってのが合ったんだろう

132 :見ろ!名無しがゴミのようだ!:2010/08/24(火) 16:25:03 ID:8KWCoQK8
早乙女君と友達になったとこは本当にうれしかったなぁ。
教室っていう場を離れれば、楽しいこともあるし、生きてると良い事あるかもよっ、ていう。
中学生に限らず今がしんどいと思ってる人にも届きそうなメッセージなんじゃないかね。


関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2011/06/09(木) 21:02:12|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】猛暑を乗り切るオススメのホラー映画、1位は「リング」、2位「エクソシスト」、3位「ソウ」 | ホーム | お前らが買った映画のDVD・ブルーレイ見せてくれ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1996-b571a98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。