2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

FLOWERS フラワーズ

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1270090959/
14_alikeh_20110609101248.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 12:02:39 ID:1lVq+UQA
蒼井優鈴木京香竹内結子田中麗奈仲間由紀恵広末涼子(50音順)
大沢たかお井ノ原快彦、河本準一、駿河太郎、三浦貴大
平田満、真野響子、塩見三省、長門裕之

主題歌:「ねぇ」 DREAMS COME TRUE

企画・製作総指揮:大貫卓也/監督:小泉徳宏/特別協賛:資生堂
エグゼクティブP:阿部秀司/P:飯島雄介、天野孝之、八木欣也、黒木敬士/アソシエイトP:天野賢、小出佐樹

脚本:藤本周、三浦為子/音楽:朝川朋之/撮影:広川泰士/照明:津嘉山誠
美術:山口修/装飾:龍田哲児/録音:小林武史/整音:太斎唯夫/編集:張本征治
視覚効果:石井教雄/衣装デザイン:小川久美子/ヘアメイク:田中マリコ

製作:ADK、ROBOT、東宝、小学館、資生堂、日本テレビ、読売テレビ、KDDI
製作プロダクション:ROBOT/配給:東宝

2010年6月12日(土)公開


2 :名無シネマ@上映中:2010/04/01(木) 12:04:11 ID:1lVq+UQA
登場人物

■凛(りん)…蒼井優(1936年)
戦前、代々にわたる封建的な家長制度の家で生まれ育ち、女学校を卒業後、家事手伝いをしている。
明日は親が決めた許婚との結婚式だが、会ったこともない結婚相手との婚姻に心の整理がつかない。

■薫(かおる)…竹内結子(1964年)
凛の長女。大学進学の為に上京し、卒業と同時に教授であった夫と結婚。
尊敬する夫に対する愛情は、何年たっても色あせることはない。

■翠(みどり)…田中麗奈(1969年)
凛の次女。大手出版社で勤務。男社会の職場の中でも勝気で明るい性格で、歯に衣着せぬ言動で働く。
そんな中、フリーライターの恋人にプロポーズをされる。

■慧(さと)…仲間由紀恵(1977年)
凛の三女。三姉妹の末っ子として皆より愛されて育つ。短大卒業後、結婚。
公害の団地暮らしで、慎ましくも幸せに暮らす。身体が弱く、2人目の子供の出産を医師に反対される。

■奏(かな)…鈴木京香(2000年)
慧の長女。幼い頃からピアノが上手でピアニストを目指していたが、才能に限界を感じ始めている。
付き合っていた恋人とも別れ、自らの人生を見つめ直す岐路に立つ。

■佳(けい)…広末涼子(2009年)
慧の次女。小さい頃から成績が優秀でピアノの才能がある姉と比較されていたが、短大卒業後に結婚。
現在は夫の実家で息子と共に幸せな生活を送る。

210 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 18:11:38 ID:G1CAV1Xy
派手な映画でないけど、観た後はなんだか清々しい気持ちになったお。
ドリカムのエンディングが映画のいろんなシーンとダブってよかった。

204 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 17:05:36 ID:jtM0O2+z
舞台挨拶行ってきた。
空席が目立った。転売屋の売れ残り分だろう。
行きたい人が買えなくてしかも空席が出るって嫌だね。

女は仲間さんのところに感動するそうだが、
よく考えると体の弱い女に中出しするイノッチが悪いよな。
一人目の出産時点で危なかったんだから普通避妊するだろ。
あの時代でもゴムはあったはず。

俺は感動する前に違和感が残った。

207 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 17:52:34 ID:INbbvIMx
見てきた。
主演6人だとまとまりに欠けるのはどうしようもないかな。
監督はまあその中でよくまとめた方だろうか。
204さんが言うようにひとり目ならまだしも二人目だからなあ
ってところは気になっちゃうね。
でも、平田満からのイノッチは違和感が全然無かった。
田中麗奈の年の離れた妹が仲間って普通に考えると違和感あるけど
電話でしか絡ませないからそれほどでもなかったかな。
仲間のこの子に世界をみせてあげたい。と
広末の生きてるだけで楽しいんだよ。 がじんわりきたけど
全体的にはやっぱり長いCMって感じかな。やっぱり。

299 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 17:38:08 ID:4MjwWuug
小津に始まる日本映画の画面再現に興味があって観てきた。
ストーリーは特に劇的なものは何も無かったが、なんか目汁がよく流れたぞ。
蒼井優パートってモノクロなだけじゃなくて音声もモノラルなのな!
いっそのこと画面も4:3にしちゃえばよかったのに。
平田満⇒井ノ原は特殊メイクじゃないかってぐらい同じ顔だったなw

443 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 19:01:47 ID:RWfAzUG/

20071115_inutowatashi_main_20110609101245.jpg

井ノ原が出てきた時プッと笑いがでたのは
平田満とあまりにも違和感がなかっただろう。

444 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 19:39:10 ID:84XL8gFh
全然笑えなかった、あの夫婦は辛すぎたから

415 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 01:01:32 ID:Veuzr+nr
音響にもこだわりがあるんだな。

昭和10年代→モノ
昭和30~40年代→音楽のみ2chステレオ
昭和50年代→4chサラウンド
平成→5.1chサラウンド

208 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 17:53:51 ID:2Sv60v6O
確かに客少なかったよ・・・だけどケチつけるような出来ではないね
マジで号泣した。 広末と平田のやりとり、仲間の手紙
今も精神状態がおかしいまま。

216 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 20:17:21 ID:6JFm141q
死産してしまう仲間母の手紙に「かなとけい※生まれてくる子供はとっても
いい子だね、だってお母さんをこんなに幸せな気持ちにさせてくれるのだから」
もう自分が崩壊して泣き崩れた。 
そして病室へ担ぎ込まれる仲間が苦しそうにピースしてみせるんだよ。
ネタばらしは悪いけど。 もう終わりまでクズってしまった

218 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 20:51:48 ID:INbbvIMx

77219_20110609101246.jpg

仲間が意外とハマってたね。

359 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 16:28:58 ID:agrSQBoJ
仲間が出産に耐えられない体だったけどやっぱ心臓疾患とかかな?
同じ病気持ちの人に偏見を持たないようにあえて病名は明かさなかった
んだろうけど。

248 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 15:17:45 ID:pffg5gHL
見て違和感を覚えたのは母親(蒼井)の葬儀なのに仲間系の家族は来てるのに
竹内、田中系の人は全然出てこなかったし話にも出てこなかったこと

251 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 16:43:49 ID:See2rtUl
>>248
かといって竹内・田中が老けメイクで登場するのはたぶんNGだろうし
平田→イノハラみたいに代えて出てくるのもビミョーだしな

254 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 17:07:48 ID:itmRFTgz
ノベライズ読んだが、そっちではちゃんと奏の子供が生まれたあとの叔母たちも出てきたよ。だから、映画も出てくると思ってたけど、なかったね

255 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 17:23:16 ID:pffg5gHL
>>254
そうなんだ
2人ともこの世の人ではないのか?と思いながら見てしまった

269 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 19:38:20 ID:/3Qp9TW9
12日の初回に予備知識なしで観た。単に顔見せ映画だろうと最初から思って
いたせいか、後半が意外に良かった。あのキャスティングでよくまとめたと
思うよ。
ただ小道具とか昭和演出がちとわざとらしかったな。特にオリビアニュートン
ジョンと岩崎宏美はいらなかったのでは。

295 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 16:14:13 ID:a3WJYBB1

51jQIr2oWd_20110609101246.jpg

パッと見でも田中麗奈が明らかに浮いてると思うんだが。
遠目に見ても眉毛が触覚みたいで変だよ。
なんで出てんだよ。

297 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 16:57:04 ID:14fg/Fbk
コメディっぽくしたかったから?
田中の話は笑えるシーンあったね
でも田中麗菜のも泣きました

340 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 19:32:37 ID:ezaORo1M
田中れなのとこ私も共感して泣きました

369 :名無シネマ@上映中:2010/06/17(木) 00:19:15 ID:cys7YGJl
今日見てきた。
白無垢姿の蒼井優ちゃんも綺麗だったけど田中麗奈の役が一番良かった。
バーで河本と飲んでるとき怒って出て行く演技とか自然で良かった。
そのあとちゃんとお金置いていくところも良かった。好き。
あんな女性に憧れる。

314 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 22:07:57 ID:pP7dQakg
日曜日に観ました。
リラックスしてのんびり観ていたのですが、京香さんがピアノで
「思い出のアルバム」を弾き始めてからは号泣してしまいました。。

仕事も恋もうまくいかないけど、明日も生きていかなきゃならない
三十路独身女には共感するところ大でしたよ。

334 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 07:05:27 ID:2xmRWdDU
私も泣いた~ 三十路は泣くぞ

336 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 08:56:37 ID:RdVvZ48b

41dQ0l+1QV_20110609101247.jpg

広末が画面に出ると、セリフで
「夫は納棺師です。」
と言い出しそうで、思わず笑ってしまう。

喪服も似合っていたし、すっかりイメージが定着しました。

339 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 17:36:04 ID:nvio/pXp
>>336
おくりびとktkrwwwwwwwwwwwww

366 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 21:28:38 ID:prXuQq/I
広末の旦那役の人がつるべの息子? 

368 :【大吉】【1250円 】:2010/06/16(水) 23:32:42 ID:KvYewFd5
>>366
そうらしい
蒼井の旦那役は、三浦友和山口百恵の息子

51BVXZqazi_20110609101247.jpg

304 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 18:15:31 ID:Qndh4B0w
8位スタートか・・・こりゃ大コケか?

305 :名無シネマ@上映中:2010/06/14(月) 18:15:46 ID:wbtj1idE
大コケおめでとうww

女優さんの経歴から抹殺されそうだね・・・

451 :名無シネマ@上映中:2010/06/20(日) 23:35:05 ID:iJ8VK38Y
フラワーズの逆バージョンで20代~40代の主役級イケメン6俳優の豪華共演だったら盛況したかも。
内容が糞でも自分なら絶対見に行くw

341 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 20:47:25 ID:UhYNUVia
わりと見た人の満足度は高いのに、まず劇場に足が向かせないとな…
公開前にもっと情報を出し惜しみせずにやってたら違ったのかな

342 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 21:49:33 ID:dSNp/Nym
CM発というのがすべての元凶だね
情報や番宣の量は関係ない
CM見るだけでサービスがタダになる時代にやっちゃいけない企画だった

343 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 22:21:03 ID:U9nWG7Pn
予告からしてツバキCMもろ出しだったからな
企画からして駄目だったんだろうw
実際の内容はそれぞれそれなりに良かった
平田満に泣かされた

243 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 12:19:14 ID:NUs3CWI2
宣伝のプロ集団が集結してるのに、一般人に響いてないのは悲しいな

244 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 12:30:11 ID:0s4qcXcx
資生堂って広告宣伝費500億以上だろ
こんな映画がコケても宣伝費の一環で大丈夫なんだろw

245 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 12:46:45 ID:8sb9MnNt
>>244
別に資生堂だけがお金出してるわけじゃないからね。
今の邦画は何社もがお金を出してリスクを減らす制作委員会方式だし。その分、リターンも減るけど。

フラワーズ制作委員会
ADK ROBOT 東宝 小学館 資生堂 日本テレビ 読売テレビ 読売新聞 KDDI

250 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 15:33:37 ID:ZsONFVgh
>>245
それって出資量の順に並んでいるんだっけ?

252 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 16:53:03 ID:8sb9MnNt
>>250
そう。まるで資生堂映画かのように思うけど、実際はそうじゃないんだな。

355 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 10:07:00 ID:G+NqN2vs
やっぱり宣伝ミスじゃない?いつの時代も女性は美しいの謳い文句だけでなく
おばあちゃん、お母さんの時代の女性はどうだったの?くらいの昔良き時代的に
宣伝した方が年配の人達にも受け入れられたんではないか?
美しい作り方に不満は無いからこそもったいない
やはり1人~2人くらいにスポット当てた方が良かったんじゃない?

361 :【大吉】【1250円 】:2010/06/16(水) 18:47:52 ID:KvYewFd5
>>355
年配の人にはわかりにくい構成の映画だと思う
時間が行き来するし、登場人物の関係に説明がないから
集中して画面を見られる人じゃないと、理解できなさそう

橋田スガコドラマや韓国ドラマみたいな、説明過多でベタな構成を見慣れている人には
この映画はわかりにくいと思うなあ

362 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 18:56:10 ID:XOEG2oQg
そうなんだよねー
良い映画だと思うけど、もっとわかりやすい構成ならなおいいと思った。

367 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 23:29:57 ID:UzcritLh
>361

いや、むしろじゅうぶん説明的だったと思うけどな(笑)
時間構成が直線的でないのは、おっしゃるとおり。

364 :名無シネマ@上映中:2010/06/16(水) 20:46:52 ID:pP5hBAiX
予め友人から人間関係を聞いてたんで混乱することなく見れた。
それにしても仲間由紀恵は最初誰だかわからなかったよ、本気でこの人だれだろうって気になった。
終わった後言われても信じられないくらいだ。やっぱ髪型の印象ってデカイなあ。

505 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 09:46:28 ID:KZmMHDcT
凛(りん):蒼井優
薫(かおる):竹内結子
凛の長女
翠(みどり):田中麗奈
凛の次女
慧(さと):仲間由紀恵
凛の三女
奏(かな):鈴木京香
慧の長女
佳(けい):広末涼子
慧の次女
という人物相関図らしいが、仲間の長女が鈴木、次女が広末なのは映画を見て解るが、蒼井の娘が竹内、田中、仲間なのは映画を見てもちっとも解らなかった。
①葬式の遺影を蒼井のお婆さんメイクで写し、凛だとわかるようにするとか、
②広末が平田満から伯母さんの竹内、田中のエピソードを聞く場面を入れるとか(翠伯母さんは小説家の原稿催促の仕事してたんだよ。とか)
すれば人物系図が解ったのに

510 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 21:59:38 ID:hi7DT7MZ
>>505
俺もわからなかった。

何かあるのかなと思ってたのに
そのまま説明無しで終わってしまった。

こういう消化不良な終わり方はよくない。

506 :名無シネマ@上映中:2010/06/24(木) 12:19:39 ID:2UPINpkh
ノベライズでは、奏の出産後にふたりの叔母が赤ちゃんに会いに来てみんなで慧の話をしてる場面があったから、映画ではカットされたのかもしれないけど、叔母ふたりが会って奏の赤ちゃんの話をしてるシーンだけでもあればよかったのにね

495 :名無シネマ@上映中:2010/06/23(水) 21:25:47 ID:WMhUeaI6
何で昭和が舞台なんだろう?
女性向けを強調してるようだけど、
オバサンに受けることを狙ったのか?

497 :名無シネマ@上映中:2010/06/23(水) 22:15:20 ID:CaRCU5vi
>>495
昭和初期→後期→平成で、幅広い世代に受けようとしたのかぬ
あと6人の大女優wを使わなきゃいけないけど、
いっぺんにスクリーンにならべられないから3つに分けたんでしょうな…

211 :名無シネマ@上映中:2010/06/12(土) 18:14:21 ID:KYltoM/U
監督は代打なんでしょう
この監督の小泉さんじたいは若手のホープと期待されている人だからな

229 :名無シネマ@上映中:2010/06/13(日) 00:15:56 ID:5lzyGU2D
小泉徳宏監督の汚点になりそうだな。
つってもガチボーイも評価は高いけど興行的に大コケだったし

322 :名無シネマ@上映中:2010/06/15(火) 00:12:32 ID:lwH2NWWa
宣伝映画って、そんなに言うほどなのかな?
シャンプーとか全然出てこなかったし資生堂の文字も見かけないし
見てる最中全然そこら辺のことは思い出しもしなかった。

389 :名無シネマ@上映中:2010/06/17(木) 23:23:36 ID:78GgqtI9
最後、蒼井が婚家に入った時、数秒間庭に咲いている椿が大写しになったね。
すったもんだがあったけど、蒼井のあの嫁入りがなければ、子孫の女性たちの物語はなかったわけで
映画のラストが蒼井で締めくくられるのはジーンとしたよ

399 :【大吉】【1250円 】:2010/06/18(金) 18:34:42 ID:3EdVEQcA
>>389
あの椿は、きっと「侘助」っていう名前の椿だと思う
蒼井の夫の名前だよね

蒼井の机の上にあった本が、羽仁もと子の著作集だったけど
羽仁もと子の人物像を知っていると、いろいろ話がつながってくるなあ
と思った

しかし、最近の映画は、DVDで観ることを前提にしてるせいか
初見の客には消化できないほどの情報を盛り込みすぎ

403 :名無シネマ@上映中:2010/06/18(金) 21:24:41 ID:AxF/rQEo
「奥様は遊女」って著作本が飾ってあったな。長門裕之の書斎に

106 :名無シネマ@上映中:2010/06/08(火) 19:09:33 ID:0cj7vRFH
ネタバレ気味になるかな。注意。


この映画、後半をすぎてからやっとというか、いきなりドラマが始まる。
マジで勿体無い。
最初から話を始めようよ。

仲間、井ノ原カップルが一番好感度高かった。
仲間さんの髪型は昭和って感じ、かわいいし似合いすぎだしで笑った。

14_alikeh_20110609101920.jpg

京香さんの美しさに酔った。女性の自分でも堪らないわ。
あんな人を振る奴がいるのか。

竹内さんが一番勿体無い使い方をしてる。
人によっちゃ、ベタで泣けるのかもしれないが、
自分としてはストーリーがないと感じた、
復活するきっかけの方を描くべきなんじゃないか。
彼女に変化を与えるきっかけがない。
カットバック多すぎ、過去と現在行き来しまくりで頭も目も回る。
せっかく大沢たかおなのに、ちゃんと話つくれよ!

41dQ0l+1QV_20110609101920.jpg

河本がほんとにいそうで馴染んでたところが笑えた。
田中さん、パンツスーツからワンピースに変わり、
伸びた足が綺麗で、ニヤリとした。
男のように働く、ではなく「私が働く」、の瞬間。

蒼井さんのモノクロ演出も勿体無い。
あの時代の人だってリアルな色のある世界を生きてたのに
何でモノクロで撮ったんだ?
昔の映画がモノクロだったからか?
時代を感じさせたかったから?
そんな単純な理由でモノクロにしたならガッカリだ。
あれじゃ撮った人間のセンチメンタリズムを超えない。

数々の不満はあれど、ドバーッと泣けた。w
あそこは父親役の塩見さんがすばらしい。

エロ作家先生も良かったな。
実はあの先生の純文学復帰作が「椿」という題名の
この映画のような話なのでは?と勝手に思った。

flowers=女性たち=母と娘という関係で登場人物を繋いでいるが、
父と娘の関係を浮かびがらせている。
彼女たちがスクリーンに現われる時、
かならず見守っている男の視点が隠されている。(=大沢の写真?)
そこが秀逸。
残念な部分もちょこちょこあったが、泣いたし、いい映画だと思う。

370 :名無シネマ@上映中:2010/06/17(木) 00:59:14 ID:PX7oqddX
個人的な感想だけど
CMから発生したいろいろ制約が多い映画にしてはよくまとめたな!という感じ。
でも映画として佳作とか良作のレベルか?と問われたらうーんと言わざるを得なかったな。

やっぱり6つのストーリーを描かなきゃいけないだけあってストーリーが散漫に感じる。
もっと1人1人を掘り下げてもらわないと、良いストーリーらしくあったとしても心を打つまでに至らない。

それ以前に6人の出番は均等に与えられているし、6人全員が一応主役っぽく置かれてはいるものの、
全くストーリーの重要度では均等ではないと思う。竹内結子田中麗奈の所は本筋からずれてしまってるし。
(それでも田中麗奈は目立つ役どころかもしれないけど、竹内結子の所はストーリーも?だしあまりおいしくない役かな)
もともと「TSUBAKI」発信の映画なんだから、6人それぞれ別々のショートストーリのオムニバス映画にすればよかったのに。
(まあ6人を家族にしたのは「子供を産んで家系を残すのは素晴らしい」みたいな意味も含まれてるんだろうけど)
6人均等に主演でという制約があるのに6人を家系としてストーリーでつなげてしまうのはやはり無理があると感じた。


6人の女優さんで言うと、個人的には本筋からはずれているものの竹内結子(ストーリーは別にして)と田中麗奈が良かったかな。
それぞれの年代の映画風に取るというのがコンセプトだったと思うけど、それに2人ともよく答えていたと思う。
2人からはその時代のレトロ感は感じた。

376 :名無シネマ@上映中:2010/06/17(木) 13:03:04 ID:FUUxDQrP

51BVXZqazi_20110609101919.jpg

縁側で竹内結子と田中麗奈と並んで話する場面。
竹内結子が、笑いながら、細くて綺麗な手(指)を、
口元ではらはらと(せわしなく)動かす仕草に萌えた。
色っぽい。ああいう仕草する女、たまーにいる。


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/06/23(木) 21:12:09|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【 公 開 直 前 】『SUPER 8 スーパーエイト』『アンダルシア 女神の報復』評判まとめ | ホーム | [全米興行成績]アメコミ大作「グリーン・ランタン」が初登場で首位。ジム・キャリーの新作は3位に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1995-85fd26ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

■映画『FLOWERS-フラワーズ-』

蒼井優の娘が竹内結子と田中麗奈と仲間由紀恵で、仲間由紀恵の娘が鈴木京香と広末涼子で…という、今をときめく美人女優6人が演じる、うつくしい日本女性の三代記『FLOWERS-フラワーズ-』。 時代の流れの中で、自分らしく生きよう、自分らしく人を愛そうと懸命に生き...
  1. 2011/12/13(火) 05:17:07 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。