2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ボックス!

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1274318885/
edd854f94a0ae1bf06f6fa5b6ab68f18_20110530024445.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2010/05/20(木) 10:28:05 ID:JmfxCKkN
5月22日より公開

公式サイト
http://www.box-movie.jp/index.html

3 :名無シネマ@上映中:2010/05/20(木) 16:57:59 ID:k2nW0pgs
原作: 百田尚樹(『ボックス!』太田出版刊)
監督: 李闘士男
脚本: 鈴木謙一
主題歌:『LAUGH IT OUT』 RIZE with 隼人(ファー・イースタン・トライブ・レコーズ)

キャスト: 市原隼人 高良健吾 谷村美月
清水美沙 宝生 舞 山崎真実
香椎由宇 筧 利夫


8 :名無シネマ@上映中:2010/05/21(金) 23:28:49 ID:g9EK75Vx
試写会行ったけど面白かったよ 王道スポーツ友情モノだった
主役二人それぞれに好感が持てたし、試合には思わず引き込まれたわ

高校で運動部に入ってた人は感情移入の具合が半端無いんじゃないだろうか

10 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 02:06:48 ID:K36iGSFx
友情・努力・勝利だったよ。
はっきり言って格闘技系スポーツにはなーんの興味もなかったけど
十分楽しめた。
宝生舞が大阪のおばはんになってたwww
それと、ライバル校の稲村くんがこわーくて、とても素敵。

20071115_inutowatashi_main_20110530024442.jpg

29 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 22:19:56 ID:26G55vz4
高校ナンバー1の存在感がすごくて、こんな役者いたんだーって
調べたら本当のボクサーだったのね。納得。

45 :名無シネマ@上映中:2010/05/24(月) 06:14:11 ID:CvbrPTLM
稲村って俳優じゃなくて本物のボクサーだったのか
台詞少ないのはそういうことね
後、本当に台詞にもあったがあの睨み顔はネットリしてて気持ち悪かったw

31 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 02:18:11 ID:oU2EYEr8
俳優がしっかりボクシングできていて感心した
最近観た映画の中では一番面白かった
ただ亀田はいらん、ここだけやっちまった感がある

17 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 16:24:56 ID:N8JwdAaF
見てきた。以下ネタばれあり


・王道のスポーツもの。そして市原隼人節全開。まぁオレは好きだからいいけど。
谷村美月、早く死にすぎじゃね? なんか太ってたし。
美月ちゃんは映画のたびに顔が変わるなぁ。
高良健吾が最後まで弱弱しい感じはどうなんだ?
香椎由宇の先生は、あんま意味なくね?
・小さいエピソードは面白い。当たり棒のくだりとかは好き。
ウサギ小屋の「えさやるな」看板が増えてるのには、ニヤニヤした。
あとワンコもかわいかった。香椎由宇が苦手な感じを出してるのも良い。
だが亀はイラン!!
・最後の決勝、2Rのノーカット長回しの試合シーンは超いい。かっこよかった。
・逆に3Rの途中で、時空を飛ばすのはどうなんだ?
普通の演出にしたくなかったのかもしれないけど、なんか逆にうざく思えた。

総評的には普通に楽しめた。万人受けだから勧めやすいし。
個人的にも個々のエピソードでニヤニヤ出来るところが好き。
ラブホから出てくる円光カップルとかねwww

しかし客足は期待できそうにないなぁ。
オレが行った回も20人くらいしかいなかったし。

13 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 12:31:15 ID:A5KWjd4b
見た
割と見れた

51jQIr2oWd_20110530025934.jpg

亀田でててわろた
ハートブレイクとかでダウンとかわろた
あのあと右ストレートで決まりだろjk
ゼンギでイッた間抜け男わろた
あと、宣伝だと幼馴染の男が失明したっぽい感じだったけど
ぜんぜんそんな話もでなかったわろた

18 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 16:30:29 ID:N8JwdAaF
>>13
そうそう、CMだと失明がどうのこうの言ってたよね?
監督が「オレの現役の時は?」のくだりでしか失明の話は出てこなかった。
だからオレが聞き間違えてたのかなぁとか思ってたんだけど、そうじゃなかったのか。
途中で脚本変わったのかな?

20 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 18:47:49 ID:JxmeIQMU
見てきた?。期待上に面白かった素直に楽しめたよ!
最初の電車内でのシーンが照明が消えて・・・の演出で。あぁボクシングシーンは期待出来ない
かなと思ったけど、様になっていて良かった。市原見直した!
朝一だったからか客の入りが少ないのが気になったけど、市原ファンじゃなくても楽しめると思う

あの二人子供の頃あんなに仲良かったのに大阪戻っても会いに行ってないのが謎だったのと、
亀は確かに余計だったし、雰囲気ぶち壊してた。

51 :名無シネマ@上映中:2010/05/24(月) 19:12:35 ID:BukYuydT
亀田出てたの?原作で偽亀田みたいな奴がいて
ムチャクチャ間抜けのピエロに描かれてたけど

22 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 20:10:49 ID:HVBbI6p/
地味な子が、子供の頃いじめられて助けてくれたガキ大将に憧れる。
助けた子は天才的なスポーツ選手。
いじめられっ子は、誘われるまま同じ競技をする。
実は、その地味な子にも才能があって天才を追い越しちゃう。
天才は挫折するが立ち直り、マジメに練習を始める。
最終的に全国1位のモンスターを倒す。

これってなんかと全く同じなんですけどw

30 :名無シネマ@上映中:2010/05/22(土) 23:05:12 ID:Rn9pFgPl
>>22
それなんてピンポン…

34 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 09:55:31 ID:9xwFSnca
あらすじマジかw本当にピンポンぽいね
予告見ただけでもピンポンだなぁとは思ってたけど

54 :名無シネマ@上映中:2010/05/24(月) 22:12:15 ID:3jhWe34k
カブ=ペコ

56 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 00:31:43 ID:aBFpSZnn
ピンポン、自分も観てるけど、
別に、比較の対象として思い浮かばなかった。
あれは、CG使いまくりで、
これは、ガチの殴りあいな分、リアリティがあるし、
ボクサーとして大成することではなく、人間的な成長の方を
描いてるから。

42 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 23:26:36 ID:1NrHI8rk
う?ん微妙だった
ずばり「劣化ピンポン」
市原ファンならギリギリ楽しめるかな

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110530024442.jpg

テレビで宣伝してた市原の方が熱かったし、楽しめたかもw

67 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 00:50:19 ID:2jrmdtvy
連続ドラマで見てみたい原作ではある。

68 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 00:59:46 ID:BD22WUHJ
全5話くらいで

69 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 15:28:48 ID:dtUSiW7U
原作の内容を忠実に映像化するなら、
連ドラになっちゃうんだろうけど、
あのリアルファイトシーンの迫力は、
映画館の大スクリーンと音響でないと、だせないだろうね。

36 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 11:37:47 ID:dQfCC4gC
最終ラウンドがマトリックス入ってたり、谷村が中盤で死んで以降ほとんど影響を及ぼさなかったり
ラストが駆け足だったりと色々欠点はあるけど、それなり楽しめたかな。

『ルーキーズ』や『余命一ヶ月の花嫁』にくらべれははるかに良心的なTBS映画。

43 :名無シネマ@上映中:2010/05/23(日) 23:43:06 ID:pXcwNd7d
市原好きで格闘技好きで見に行ったけど、面白かったね。
ボクシングのシーンも普通にシャドウとか様になっていたし、しっかしアマボクで市原みたいなファイトスタイルは、まず無いけどね。
スタッフロールでも実際のアマチュアボクシングと表現が異なるのがあるって書いてるし。

44 :名無シネマ@上映中:2010/05/24(月) 00:27:39 ID:u/4tprDd
>>43
>実際のアマチュアボクシングと表現が異なる
原作読むと、例えば監督は試合中に声かけしちゃいけないことになってる

64 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 17:30:12 ID:6oAmISLc

51BVXZqazi_20110530024444.jpg

女子マネは、あだち充の漫画なら、復学無しで病死してそうだな。

74 :名無シネマ@上映中:2010/05/27(木) 15:20:19 ID:O8K3TK66
谷村目当てに1800円払う価値ある?

76 :名無シネマ@上映中:2010/05/27(木) 16:05:18 ID:5IBzlCLw
>>74
母性そのもののような、暖かさのある演技。
改めて、その演技力の高さを感じました。
観る価値ありです。

80 :名無シネマ@上映中:2010/05/27(木) 23:37:55 ID:nhZia585
谷村は役作りで太ったのかな?ブタキャラにはぴったりでかわいかった
ヒロインが死ぬというベタな展開だったがなかなか良かったな

65 :名無シネマ@上映中:2010/05/25(火) 21:13:43 ID:5uTdxhNz
「イエローキッド」の人が、電車でしばかれるDQNで出てたな

71 :名無シネマ@上映中:2010/05/26(水) 23:53:04 ID:JnZhSjCz
犬がかわいかった

81 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 01:00:08 ID:YLw2Jhl9
原作とかけ離れすぎててワロタ
イッチーPVじゃんかこれ

51jQIr2oWd_20110530024443.jpg

女先生がブサイクな感じに描かれてた。
原作では先生のプライベートな格好にユウが改めドキドキしちゃう、みたいな
シーンがあったがあっさりカット。
ユウは最後までナヨナヨしててうざい。
カブは絶対言わないであろうセリフをユウに言っちゃったりする。
(トラはなぜ強いか知ってるか?もともと強いからさ)
稲村は普通に悪役になってるし。
監督は池沼だし。

最低だった。

84 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 08:38:00 ID:vjWisjcT
なんかボクシングがリアルすぎてつまんない
ファイヤーフックとかドラゴンアッパーとか
松林サッカーばりにはじけたのが見たかったのに

85 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 09:06:20 ID:qjqyizuw
リアルか?
最終戦の殴り合いなんて
昔のおもちゃみたいで笑っちゃったよ
向かい合ってガシャガシャするやつ。

86 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 11:50:34 ID:CM6Dl7Lj
リアルかどうかは微妙だけど、そこそこは見られるレベルであると思う。(普段、ボクシングとか見てませんが)

88 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 12:53:59 ID:6v389nTb
原作の良いところが全然生かされてないのでは。

ド素人の女教師が、アマチュアボクシングの詳細なルールや決め事を
顧問に教わる場面を通して、こっちも「あぁそうなのか」と勉強しつつ
ストーリーを追えたんだが。

優起が強くなっていく過程も通りいっぺんの描写。
RPGで主人公のレベルがアップしていくようにジャブ、ワン・ツー…
と、ひとつずつ地道な努力で習得していくのに。

最後の字幕注釈「アマチュアボクシングのルールと一部異なる表現…」云々
なんでそんなことを。。。ドラマ性を重視したのか?
地味なルールでも充分面白いのに。

でも1ラウンドの長回しは「ほぉ」と思ったよ。
香椎由宇とわんこの絡みも可愛い。

92 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 18:55:31 ID:T25pbfg8
原作のエピソードを、全て生かしてたら、とても2時間じゃ描けないし、
原作者も脚本の段階から関わって、OK出してるみたいだし、
撮影現場も何度も訪れて、どこかにちらっと、出演までしてるらしい。
だから、原作者も納得してるんだと思う。
自分も、原作のエッセンスを生かしつつ、
ユウキの為に頑張れるカブに焦点を当てたのは、良かったと思う。

99 :sage:2010/05/29(土) 11:37:56 ID:rSUHEPaz
見た、つまらなかったよ。
演出過剰だし、例えるなら「明日のジョー」にジョー、力石、ホセを
一緒に出してしまった感じ。前編後編に分けないと焦点が絞れないだろう。

それと「サウスポー」って台詞はボクシング知らない人には本当の意味
わからねぇだろうなぁ。それが話の肝だからどうしょうもない。
「サウスポー同士は戦いにくいから・・・」って説明無いと駄目だろう、
素人顧問の香椎とかに説明するとこ入れておけばまだ良かったと思うよ。

98 :名無シネマ@上映中:2010/05/29(土) 11:01:22 ID:7Sk29JC9
ハワイでお好み焼き屋をするエンディングが唐突過ぎる
あんだけ、ボクシングしかないのにって言ってのになんじゃそりゃってなった
原作読んだら納得したけど、不親切すぎ

100 :名無シネマ@上映中:2010/05/29(土) 16:23:21 ID:Zlk1awah
>>98
原作だとどう説明されてるの?
自分の場合は天才だからこそすっぱりやめたんだなーと思ったんだけど
努力して手に入れたものじゃないから簡単に手放せるとか何とか言ってなかったっけ

104 :名無シネマ@上映中:2010/05/30(日) 20:30:00 ID:gKm3ldOG
>>100

映画は見ていないが原作は好きで何回も読み返したよ。

原作では、カブは拳の骨折が癖になって、途中でマネジャーになる。
で、卒業後フラッとアメリカに行っちゃって、しばらく音信も途絶えてしまう。
それが、突然先生のところにハガキが送られてきて、お好み焼き屋で成功して
ニューヨークに3店の店を持って、総合格闘技の道場で子供に教ええてるって
書いてあったってくだりがある。

105 :名無シネマ@上映中:2010/05/30(日) 22:59:31 ID:dJAxLlH6
プロに入っても無敗の王者のまま引退した稲村に
アマのときに唯一黒星をつけたカブ。

その後の大会連覇して後輩から伝説の男あつかいのユウ。

原作は最高に燃える

109 :名無シネマ@上映中:2010/05/31(月) 04:36:29 ID:/IX9nTjd
みました
普段、強気なカブちゃんが、挫折して号泣するところは
もらいなきしてしまいました。。。。

ところで、玉造のあの人はなんで「栄養ドリンク」なんですかね?
一緒にみた友達もわからなかった

110 :名無シネマ@上映中:2010/05/31(月) 07:57:48 ID:eJH2PwIF
キャッチフレーズが栄養ドリンクのコピーみたいだったから
どんなキャッチフレーズだったかは忘れた

116 :名無シネマ@上映中:2010/05/31(月) 23:52:33 ID:SCkcemIV

51BVXZqazi_20110530025934.jpg

母ちゃん役の宝生…老けたな

119 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 09:09:52 ID:4EnVa/ml
>>116
宝生も、姉役の山崎真実も、市原と目元が似ているというのが、
起用理由の内の一つらしい。
スクリーンで観て、やっぱり似てるかもと思った。

136 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 10:19:30 ID:NOxZ1bz4
宝生舞は芸能界引退なんだね。

141 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 18:56:50 ID:d+apqE/e
>>136
ちょ、宝生舞引退したって今知った
なんかショック

142 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 19:31:05 ID:u/SM1B/z
ボックス!が、最後の出演作品になるらしい。
おかん役でも、いい味出してたのになあ。

117 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 04:00:29 ID:x33GeeeU
見たけど、正直つまんね
女のくだりいらねーし
ユウが負ける試合あたりから
強引にストーリーを押し込めました感ありすぎて
見終わったときにすっかり萎えきってたわ

ボクシングの練習はちゃんとやってるみたいで
動きがしっかりしてたところだけが救いか

118 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 07:58:44 ID:wMpv/aJk
>>ボクシングの練習はちゃんとやってるみたいで
動きがしっかりしてたところだけが救いか

吹き替えだけどな

121 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 11:29:21 ID:ID+fUvgb
吹き替えってマジなの?
俳優たちがマジでやりあってるってのがウリじゃないの?
全然気付かなかった。

122 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 11:40:01 ID:4EnVa/ml
>>121
ボクシングシーンは、全て吹き替えなしで、市原と高良が演じている。
ボクシング指導したトレーナーが、そう断言している。

124 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 15:24:18 ID:xssqF4Ri
残念ながら影武者というか吹き替え君はいるよ。
この人↓
http://boxing.kadoebi.info/boxing/players/index.cgi?n=453
公式サイトのフォトコレクションの
2月25日つくば市桜総合体育館ところでイッチーと稲村役の人の間に写ってる人。
パンフレットにもまったく同じ服と格好髪型で並んで監督の指示受けてる写真が載ってるし。
でも一部らしいけど。

125 :名無シネマ@上映中:2010/06/01(火) 16:42:48 ID:4EnVa/ml
>>124
ハードな撮影で、体力の消耗が激しい市原を、
少しでも休ませる為であって、
実際にボクシングで闘うシーンは、全て吹き替えなしだよ。

129 :名無シネマ@上映中:2010/06/02(水) 01:07:50 ID:lcwlLv52
対決のシーンかなんかはコーチ義人がやってるって田端さんも書いてなかった?

130 :名無シネマ@上映中:2010/06/02(水) 05:29:53 ID:3kg96wfJ
>>129
書いてない。

134 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 00:56:36 ID:5+BRHhTZ
>>130
http://ameblo.jp/b-up-tv/entry-10483418793.html

135 :名無シネマ@上映中:2010/06/03(木) 01:35:43 ID:moeQhh60
>>134
その影武者君は、殴られ役だったんだよ?
流石に何時間も撮影で殴られるシーンを録るのは無理だから

パンチとかは市原本人で、吹き替えなしだって

147 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 15:46:27 ID:JHeWLJAD
今日見てきたよー!
稲村カッコ良かった…w
試合の途中のカブちゃんと稲村がお互いにニヤッとするとこが1番よかった。
撮った順番知らないけど、最初の方の稲村のイメージと変わったよね。

148 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 16:03:50 ID:EjmClqFP
1ラウンド1カットの長回しで撮った後、カブと稲村がお互いの健闘を称えて、
自然とアドリブで、グローブタッチしたから、
それ見て監督が台本変えて、二人に友情が芽生えた風に、その後は撮ったらしい。
だから、稲村は化け物から、好敵手みたいに変わっていったよね。

150 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 22:02:18 ID:h9NHaHpO
原作では稲村は最後までキャラの薄いマシーンみたいな奴だった。
親父がパンチドランカーだか網膜剥離だったかで引退したボクサーで、そうした背景からボクシングに妥協を許さない
鉄人みたいな選手になった、みたいな描写はあったけど。

157 :名無シネマ@上映中:2010/06/07(月) 00:11:16 ID:5kfdagiY
稲村役の人は、現役プロボクサーだけど、
企画当初は、有名俳優使う案もあったらしい。

でも、ライバルは敵わなそうなくらい最強な方が、観ていて爽快感があるから、稲村役は彼で良かったよ。

158 :名無シネマ@上映中:2010/06/07(月) 01:27:18 ID:ZHxOwbUF
稲村役の諏訪選手は顔が整ってますね。
現役ボクサーなのに大きな傷もないし。

175 :名無シネマ@上映中:2010/06/10(木) 17:29:11 ID:wOG6GBg8

77219_20110530024443.jpg

監督がやたら防御に執着してたけど、その割には防御の重要性を
ちゃんと示さないまま終わった感じ。この監督は、本当に防御にだけ
こだわってて攻撃についてはまともに教えてなかった。
 その割にカブは攻撃一辺倒で結局防御が甘いままだったし、ボクシングの指導者として
普通に失格だと思う。
 つかカブって辰吉をモデルにしたんだろうなと思った。

176 :名無シネマ@上映中:2010/06/10(木) 21:15:28 ID:bzGfS9+c
>>175
カブはプロのジムでボクシングを教わってるから、監督の指示を一切聞かないんだよね。
監督は、自分が網膜はく離になっているから、ちょっとこだわりすぎなくらいディフェンスディフェンスというけど、きちんとディフェンスをできるようになった選手(ユウキ)には、ちゃんと攻撃の仕方も教えている。

177 :名無シネマ@上映中:2010/06/10(木) 21:32:37 ID:9l3BnFMk
>>176
へーそうなんだ。
映画だけ見てると、部長カワイソスとしか思えなかったよ。
最後の最後でちょっと自分の例があったからか、とか匂わせる感じだったけど分かりにくかったな。

93 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 20:21:49 ID:D+Gjto3z
客3人だったわ。カップル1組と俺。

94 :名無シネマ@上映中:2010/05/28(金) 20:27:45 ID:1RayIKGZ
>>93
お前に惚れそうになったw

213 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 21:41:19 ID:XGg6XwS/
原作から省かれてた主なもの。
カブの通ってたプロジムとそこの会長・曽我部(理想のボクサーは闘鶏のシャモというちょっと危ない爺。ユウにオーバーハンドを教える)
ユウと同じ特進クラスの美少女・小池美香(彼女との茶屋町デートで中学時代のいじめっ子と再会し、ヤラれたのがボクシング始めるきっかけ)
中学のいじめっ子のボス格・橋本(西中島在住。空手の心得あり?)
特進クラスの元・柔道部(丸野とトラぶり、結果ユウのワンツーで涙目)
中津高の選手(原作での南野の最後の相手。アリ+ハーンズもどきのスタイルで南野を翻弄。不興を買った稲村に公開処刑)
国体予選参加の鍵谷(モロに亀●だが、ファイトスタイルはハメド。原作者もアンチ亀w)
大阪朝鮮高(インハイ予選で登場。カブと一触即発の場面も)

ドラマ化なら1クールぐらいかけて色んなエピやってほしい。
ちなみに原作ではユウは東京ではなく、港区弁天町から、淀川区西中島に引っ越し)


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/06/03(金) 21:47:01|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<【テレビ/映画】NHK「あさイチ」に出演した松本人志「今、ハリウッドからすごい話が来ていて……」「すべてを3日後に発表します」 | ホーム | ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1976-64533242
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子供には栄養ドリンクやスポーツ飲料は悪影響があるとの報告

栄養ドリンクといえば、残業続きの疲れを回復させるためにサラリーマンが飲むシーンが浮かぶ。現にこのところ残業続きでストレスもばっちりの私は、最近では栄養ドリンクを飲んで出社することが多くなっている。また、スポーツドリンクと言えば、青春をスポーツにかけた若...
  1. 2011/06/05(日) 22:49:19 |
  2. ニュースを読まねば

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。