2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

英国王のスピーチ

英国王のスピーチ The King's Speech
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1297482911/
51BVXZqazi_20110530021453.jpg

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/12(土) 12:55:11 ID:IfGP2VEq]
監督 トム・フーパー
脚本 デヴィッド・サイドラー
音楽 アレクサンドル・デスプラ
出演 コリン・ファース (ジョージ6世)
    ジェフリー・ラッシュ (ライオネル・ヤング)
    ヘレナ・ボナム=カーター (エリザベス) 
    ガイ・ピアース (エドワード8世) 
    ティモシー・スポール  (ウィンストン・チャーチル)
    デレク・ジャコビ  (大司教コスモ・ラング)
    ジェニファー・イーリー  (ローグ夫人)
    マイケル・ガンボン (ジョージ5世)

公式 kingsspeech.gaga.ne.jp/ (日)
    www.kingsspeech.com/ (英)

2011年2月26日(土) TOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開


31 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/16(水) 11:51:15 ID:w+Gx2F5y]
トレーラー見たけど、ニュース映画でヒトラーの獅子吼を長女のエリザベスと観てるシーンで
「何て言ってるの?」と娘に聞かれて「分らない…だけど上手だ」って言うところが好きw
この映画観てエリザベス女王が泣いたというのも分る気がする。

52 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/17(木) 22:37:59 ID:mkC70kiM]
>>31
エリザベス女王も、この映画見たんだ。
女王のお父さんの話だよね。
そりゃ感慨ふかいだろうね。

40 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/17(木) 00:02:17 ID:VQPLfbII]
試写で見てきた。
あまりの行列に開場10分前にもう開場。
よみうりホール2階も満席だったような。
素晴らしい映画だった。
でも「ソーシャルネットワーク」も面白いと思ったから優劣つけがたい。
どう見てもコリン・ファースより年下のガイ・ピアースが兄役ってのが、違和感。

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/17(木) 00:20:22 ID:MkpywYnC]
>>40

51jQIr2oWd_20110530021452.jpg

なんでガイ・ピアースを配役したのか、確かに不思議。
じゃあ誰がいいのかって言われても困るけど…。

452 名前:名無シネマ@上映中 [2011/03/01(火) 15:44:16.86 ID:kUzRZ6uB]
実年齢が7歳くらいガイピアーズのほうが
若いし。エドワード役とジョージ役、逆でもよかったかも。
ガイピアーズの吃音はちょっと想像できない。

45 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/17(木) 00:31:50 ID:T8oFSC+F]
自分も見てきた。
ソーシャルと優越つけづらい。どっちも会話劇というか「言葉」だよね。
自分も吃音(軽度)だから凄い共感した。
ぶっちゃけ吃音が直るのはごく稀。

178 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 00:41:15.07 ID:7YqzsKtb]
期待通り、派手ではないけどしみじみいい映画だった。
やっぱりコリン・ファース上手い。ヘレナはバートンの映画よりこういう映画で本領を発揮すると思う。
エリザベスの顔がちょっと女王に似てて笑った。顔立ちの似てる子探したんだろうなーと。
コリン・ファースのファンということもあるだろうけど、オスカー絡みでよく比べられてる
ソーシャルネットワークよりも、こちらのほうが好きだわ。
しかし、チラシで「内気な王」ってなってるけど、吃音ってのはタブーなんだろうか。
内気とは違うだろうと思うんだけど。

61 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/18(金) 11:35:40 ID:Xf4Y1R67]

77219_20110530021451.jpg

コリン・ファースでホント良かった
ヒュー・グラントじゃコメディ色強すぎてアカデミー狙えなかっただうし

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/18(金) 12:06:16 ID:uv1TYFhd]
キャスティングのカギはジェフリーラッシュの方だと思ったけどな。
ヒューグラントはともかく、ポールベタニーでも確実に成功したと思うわ。

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/18(金) 14:46:21 ID:tO9sCZ1p]
ヒュー・グランドとベタニーは、キャスト候補だったの?
どっちにしろ、ガイピアーズの弟にしては年が行き過ぎだよね。

王妃役もバートン風の作品ではなく、こういったクラシカル路線を演じたら
あっという間にオスカーノミネートだね。
やっぱり英国人や米国人にとっても、こっち路線が様になる女優なんだね。

64 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/18(金) 15:22:36 ID:D2tinYPn]
>>63
脚本家はポール・ベタニー、監督はヒュー・グラントが第一候補だったらしい
(ジェフリー・ラッシュは監督決定より先にオファーされた)。

ポール・ベタニーは「ツーリスト撮影で疲れたから」という理由でオファーを断り、
ヒュー・グラントは監督が「軽く演じるなら興味がなかった」とか言っていた。
コリン・ファースに話を持っていってからは、そっちに夢中になったみたいだし。
実際のジョージ6世はポール・ベタニーにわりと似た感じだよね。

ヘレナは、ハリポタ撮影中だから無理だと何度断っても聞き入れてもらえず、
最終的には「週末なら参加できるよね?」と強引に納得させられたんだってさ。

66 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/18(金) 20:07:53 ID:/bcJUPqf]
>>64
というかジェフリー・ラッシュの発案で立ち上がった企画だし。

20071115_inutowatashi_main_20110530021451.jpg

ジェフリー・ラッシュはプロデューサーでもあるし。

142 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/26(土) 19:49:24.77 ID:c3hDsNge]
ハリウッドみたいにわかりやすく派手な展開はないけど、しみじみしておもしろい映画だった

全部に気づけてないと思うけど、細かい描写もおもしろかった
例えばライオネルの部屋で窓を開けて大声張り上げてる時、向かいのアパートの住人が窓を閉めるところとか

たぶん知識がないせいだと思うけど、時間経過がわかりにくいところがあったのが残念かな
冒頭のヨーク公としての演説で挫折するところと、奥さんがライオネルを見つけて訪ねてくるまでの間隔とか

164 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/26(土) 23:04:27.80 ID:k9vlUiEa]
>>142
いやむしろこの映画はハリウッド的にかなり分りやすくは造ってるよ。派手ではないが。
そしてそこが魅力なんじゃない?

変に政治情勢とか小難しく入れてたらこんなに評価されなかったよ

143 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/26(土) 19:56:21.35 ID:TeA+tfum]
>>142
場面が転換した冒頭で、必ず年代が出ていたよ。
最初の閉会式のシーンが1925年で、エリザベスがローグ氏を訪ねたのは1934年だったと思う。

ちなみにここの部分は映画のためのねつ造で、実際は1926年には出会っていたらしい。
でも映画の展開上それでは間延びしてしまうので、時間軸をいじったとパンフに書いてあった。

149 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/26(土) 20:47:20.97 ID:c3hDsNge]
>>143

どうもありがとう

> 場面が転換した冒頭で、必ず年代が出ていたよ。

あーそうだったんですか、気づいてなくて恥ずかしい
また見る機会があったら気をつけよう

> 最初の閉会式のシーンが1925年で、エリザベスがローグ氏を訪ねたのは1934年だったと思う。
>
> ちなみにここの部分は映画のためのねつ造で、実際は1926年には出会っていたらしい。
> でも映画の展開上それでは間延びしてしまうので、時間軸をいじったとパンフに書いてあった。

パンフでそのくだりを読んだときはうまいなぁと思ったんだけど、こうして数字で確定すると、
よかったのかどうか考えてしまうな
史実では開会式で危機感を感じて訓練をはじめたけど、映画では10年近くほかの藪医者にかかって
いたことになるわけでしょう? 史実以上に、見通しのなさに心労あったと思う

153 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/26(土) 21:35:26.63 ID:TeA+tfum]
>>149
だからこそ、妃の必死さが伝わってくるとも言えるね。
時代や国を考えずとも、ロイヤルファミリーが
あんなところに1人で入っていくなんて異様な光景だよ。


劇中登場した歌がアメリカ産ばっかりだったな。
当時の流行りだったんだろうか。

152 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/26(土) 21:30:08.17 ID:O7yTidhh]
最後のスピーチの時のBGMって何の曲だっけ?

158 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/26(土) 22:18:56.65 ID:Lq0C/thk]
>>152
ベートーヴェン 交響曲第7番 第二楽章。
そのあと、王宮のテラスから手をふるシーンでは
ベートーヴェン ピアノ協奏曲”皇帝”

272 名前:1 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:30:16.49 ID:/Gr9a+Hq]
さっき見てきた。普通によかった。
一番大事なとこでかかってる曲がベートベン、ってのはどうなのかねえ。

51BVXZqazi_20110531002545.jpg

275 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:34:54.00 ID:kO+bOgL9]
>>272
>一番大事なとこでかかってる曲がベートベン

それ思ったw
でも合ってたよね。

389 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 22:44:57.04 ID:eN55etSr]
ラストのベト7番。
わざと敵国の音楽を使ったと聞いてたけど
スピーチに挑む感じとこれから戦争する相手に挑む感じが
オーバーラップして相まって良かったです。

399 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 23:00:40.57 ID:oTmUsV+6]
ベト7って「わざと」なんだ?
フツーに徐々に盛り上がってバーンだし、深い意味は無いんだろうなと思ってしまった。

442 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 10:41:56.77 ID:xiaTU2s3]
ベト7、ワザと敵国の音楽を使用したってそんな狭い意図やったんか。
ベートーベン個人はドイツの人だけど、その音楽は全人類の財産だからとか
そういう観点かなと思ったのに

443 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 11:54:20.28 ID:noHjfR43]
ベト7は普通に戦争に対する悲痛な決意を表すに最適だと思ったからだろ。敵国の音楽なんて薄っぺらい意識はないんじゃねーの。
モーツァルトのクラリネットコンチェルトだって絶妙の使い方だったし、そういう映画だ。

171 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 00:17:07.79 ID:XVEpAtr+]
見てきた。
まあそこそこ。
もっとコメディーでもよかったな。
ベラトリックスやらダンブルドアやらスキャバーズやら色々出ていたね。
ただ肝心の吃音の克服度合いがいまいちわかりづらい。
最後の演説もとても良かったのか、それとも凄く良いとは言えないまでも
今までの国王の様子を知っている国民が頑張ってる王の姿に感銘を受けたのかよくわからない。

172 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 00:18:47.55 ID:OA+wZJ2I]
>>171
吃音は全く克服していない。
ただ、なんとか付き合っていく方法を見つけただけ。

障害ってのは本来そういうものです。

188 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 02:58:52.55 ID:Yd7DIMRj]
自分も、どもり気味で人前で話すの苦手、
最近、仕事任せられてプレッシャーかかってたんで、
映画観てヨーク公に共感した。
王様と違って、妻も心を許せる友人もいないのが現実だが・・・

189 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/27(日) 03:10:24.68 ID:7vAS8VJM]
>>188

頑張れ!
陰ながら応援するぞい!

195 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 08:56:46.57 ID:a6DO4P0O]
戦争スピーチが終わった後の周囲の反応を見て、本当に心を打つスピーチだったのか、
吃音のはずの国王が精一杯スピーチを無事にやりとげたことへの賛辞なのか、どちら
なんだろうかと気になってしまった。

196 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 09:13:52.39 ID:tXN8Axmc]
>>195
両方ない混ざった気持ちだったんじゃない?

冒頭で、ヨーク公がどもっている様子に聴衆が痛々しく目をそむけている描写がされていたし

207 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 10:59:01.38 ID:OhOkcNC+]
>>195

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110530021450.jpg

ヒトラーの演説で狂喜乱舞している大衆と軍の時事ニュース映像を見て「演説が上手いな」という台詞が凄く効いているなと感じたよ
政治的リーダーではないにしろ大事な節目でのスピーチの威力は日本の皇室文化では推し量れぬ影響力だろうし
言葉巧みに選民暴力思想を撒き散らすヒトラーと、そんな浅はかな神を蔑ろにした暴挙に忍耐も辞さず国を挙げて敢然と立ち向かおうと下手くそなりに切々と訴える吃音の国王
その後の歴史的事実を多少でも知っていれば感動するわいW

政治的主張やら政治・歴史上の重要人物のそういったたぐいの動きを排除した脚本・演出が映画作品として却って成功したと思うけどな

208 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 11:07:11.74 ID:tXN8Axmc]
>>207
そのシーン、以前の即位式の映像を見ていて、ナチスのニュースに変わって
側近が映写を止めようとしたのを「続けてくれ」と言うんだよね。

敵の研究をおろそかにしない英邁さというのかな? そういうのが伝わってきた

201 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 10:24:35.74 ID:QoPCMz0d]
かなり面白かったけど、このあとジョージ6世が心労で早死にするのを知ってしまうと鬱w

204 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 10:51:45.92 ID:AZAzpzwJ]
>>201
嫁は101歳の大往生なのにな

205 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 10:53:50.70 ID:MbCSSLvP]
>>201
そうなんだ・・・(´;ω;`)ブワッ
ジョージ6世といえば、ダビスタでキングジョージのレースのことで名前だけは知ってたんだよなw

229 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 16:44:25.04 ID:HkUUNfmh]
ジョージ6世は、お兄さんのことどう思ってたんだろう。やっぱり恨んでた?
それと身体も丈夫じゃないのに次男だから皇位継承したけど、下の弟か妹に継がせるのは無理だったんでしょうか?

232 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/27(日) 16:57:02.09 ID:OtQAc+HA]
>>229
四男に即位させる話はあったらしいけど、
慣習を無視できず結局ヨーク公が即位した。

245 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 19:25:27.26 ID:ixc0r50R]
>>229
ジョージ6世がどう思っていたかは分からないけど
エリザベス皇太后は夫の早世はなりたくもない国王に無理やり即位する羽目になったせいと
ウィンザー公夫妻を恨んでいたらしいね。

253 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/27(日) 20:20:13.84 ID:PDAWQa7y]
>>229
ディヴィッド(兄さん)が退位してから発覚したのが
ノーフォーク領地の地代を、本来なら王家の収入に
すべきなのに、ウィンザー公自身の個人資産として
秘匿していた事。しかもその利息をウォリスに与えて
いた事に、バーティは激怒した。これ以外にも金銭に
まつわるトラブルは結構あったようです。

254 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 20:49:40.80 ID:4RtVD3hb]
見てきた。
開戦スピーチにえらい尺使ったねぇ。
だが、良かった。

「プラモデル作りたかったけど父親に『切手収集にしろ』と反対されて…」「左利きや内股を無理矢理矯正されて、乳母に虐待されて…」って下りは、吃音の子供を持つ親が見たら堪らないだろうねぇ…。

257 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 20:56:07.03 ID:1EZUSQqZ]
>>254
だね。せめて、吃音に立ち向かってる子供が夫妻を出迎えるシーンとかで、
「以前は全然喋られなかった」っていうセリフに挟んで、
虐待とか無理な矯正とかトラウマ以外に吃音症になる理由を説明してあげてほしかったな

265 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:04:08.65 ID:7ddWdsJ3]
>>257
吃音はストレスとプレッシャーでより酷くなる。
そこに兄のからかいもあれば、しゃべらない・自信のない吃音児のできあがり。
スラスラしゃべることに拘らない環境だったら、下手でも愛嬌のある話手に
なっていただろうから、>矯正トラウマで、吃音が酷くなった成人男性のジョージには
納得できた。

263 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 22:55:59.19 ID:Yd7DIMRj]
宣戦布告とか重要なスピーチは録音使えばよかったのに。
そこまでリアルタイムである必要性ないような・・・・

266 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:12:19.03 ID:+XnoavhR]
>>263
宮殿前に群衆が集まってたし、宣戦布告のスピーチなんかは国威高揚の為にも
いつスピーチするか告知する→群衆集まる→国王一家がその前に姿を見せる→盛り上がる
→その様子を新聞やらなんやらで国中に広める(写真はその都度取ってたし)
みたいな流れがあるからリアルタイムが必要なのかな、と思った。
的外れだったら悪い。

276 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:38:03.64 ID:yGTt659e]
見てきた。面白かった。
おいらもスピーチとか発表とかそういうのは苦手だから、痛いほど気持ちはわかるわー。
というより、他人のスピーチでどうでもいいのに応援したくなった。
そりゃさー、王室だって人の子だし、勝手にあちこちから重圧がかかってきたらそりゃそうなる。
でも勇気を持って克服しようと頑張ったり、笑える部分、泣ける部分、共感する部分などがいろいろとね。
映画として、時間や展開のバランスが非常によかったと思う。

ここもうちょっと頑張れポイント
・医者の経歴について突然出過ぎ。急に話をふられてポカーンとしてしまった。
・国王就任式の部分ばっさりカットなのか?あとでフィルム映画で見せる演出もよかったけど
そこも結構プレッシャーかかるところでどう乗り切るのか観たかったところもある。
でも最後のスピーチを盛り上げるためにあえてこうしたとも思うので、そこは良いと思う。
それでも最後のスピーチは冒頭みたいに大勢の前で緊張しながらやるわけでもなく、
スピーチ環境としては楽なところでやってるわけだし、どうかなとも。
・日本語字幕
パーティーで兄と話すとき「ま・・・まあ」じゃなくて「ま、ま、ま、ま、まあ」とか、
特有の表現にしたほうがよかったのではないかなと。確か英語もそういう感じだったし。
もうちょっと字幕の表現のしようがあっただろうにとは思う。
歌う感じになったときは♪や?など音符を前につけるなど工夫できるはずだ。残念。

277 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 23:44:22.80 ID:OA+wZJ2I]
>>276
医者の経歴に関しては自分もやや唐突だと思った。


ラストのスピーチは、確かに密室だけど
重要度が冒頭の挨拶とは全然違うからねえ。

287 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 00:05:22.31 ID:6D9SXXAE]

Darth_Vader_20110530021450.jpg

子供のエリザベスが王位についた父親に対して、お辞儀をするシーンが何とも言えなかった。
それまでは父親に甘えることもできたんだろうけど、王様になったら今まで通りにはできないからな。

291 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 00:21:41.83 ID:jFv7B/wr]
>>287
あのエピソードは実話らしいよ。
王女姉妹の家庭教師の暴露本wに載っている。

202 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/27(日) 10:27:13.65 ID:XDi6hClh]
あの無邪気な女の子が、のちにクイーンでヘレン・ミレンになります

302 名前:チャーチルのオーバーな演技 [2011/02/28(月) 02:01:03.71 ID:L/RJXTGe]
ニュース映像をみてるシーンで、エリザベスはお行儀よく脚を揃えて、マーガレットはだらしなく脚開いてパンチラしてるのは、貞淑なエリザベスと性的スキャンダルのつきまとったマーガレットのその後の人生を暗示してます!

303 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 02:07:37.03 ID:6D9SXXAE]
>>302

そこまで考えてあのシーンをとったのかなあ。
姉のエリザベスは子供のころから聡明でチャーチルが感銘を受けたという話もあるね。
妹のマーガレットは離婚しているし。

309 名前:名無シネマ@上映中 [2011/02/28(月) 03:47:33.47 ID:k1zJWaGq]
>>302
よく観てるなぁ
それは面白いわ

318 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 12:41:06.29 ID:abes9sJv]

51jQIr2oWd_20110530022213.jpg51BVXZqazi_20110530022214.jpg

ティム・バートン好きな俺としてはヘレナ・ボヘム・カーターと
ティモシー・スポールの起用が不思議な感じがした。

チャーチルなんていつもの小悪党にしか見えなかったよ。
いつ、王様を騙し討ちするんだろうってドキドキしながら見ていたw
ヘレナは王族なのに蓮っ葉な感じが良かったけどね。

391 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 22:50:25.89 ID:6D9SXXAE]
この映画のチャーチルってみんなどう思ってるの?
実在の人物を描いている映画だけど、このチャーチルだけはイマイチだった。

396 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/28(月) 22:57:56.07 ID:jFv7B/wr]
>>391
チャーチル、姿かたちは似ているけど、それだけの印象しかなかったな。

420 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 00:27:05.74 ID:JFadExyl]
チャーチルとエリザベスが二人で会話してるシーン、
この二人、ハリポタでは揃って悪役だったんだよなーと思って
妙な気分だった

453 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 15:49:37.83 ID:lUU7IOMV]
今日見てきた
受賞とファーストデイが重なってさすがに激混みだったな

ファックファックファック糞ワロタ

457 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 16:36:04.80 ID:uDbS7/Df]
チンポ ファック オッパイ
「パパ、いったい何事?」

さすがにここは場内で笑いが起きてたな。

467 名前:名無シネマ@上映中 [2011/03/01(火) 17:56:26.18 ID:H0JGA/gs]
>>457
そこだけ耳ふさぎましたw

468 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 18:00:17.01 ID:RGOsAKqK]
英語話す人にとっては耳ふさがないといけないほどひどいものなのかな?
アメリカであそこを無音にするバージョンで上映するみたいだけど。

469 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 18:00:38.98 ID:EZCp2s2c]
チンポファックオッパイのセリフがあるためアメリカじゃR指定とか

473 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 18:25:47.15 ID:bURMlOpO]
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ちんこ!ファック!おっぱい!
 ⊂彡

512 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/03/01(火) 23:03:00.54 ID:RGLRTQei]
>>473
それ思い出して、ねらーな自分が哀しくなったw


関連記事

  1. 2011/05/31(火) 21:47:33|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:0
<<[国内興行成績]「パイレーツ4」が「プリンセス トヨトミ」を大きく離して2週連続首位!「ブッダ」は謎の力で3位に | ホーム | 私の頭の中の消しゴム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1975-2ab306d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★「英国王のスピーチ」

今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。
  1. 2011/06/01(水) 01:01:00 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

英国王のスピーチ

「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的…
  1. 2011/06/01(水) 02:10:04 |
  2. だらだら無気力ブログ

『英国王のスピーチ』

□作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリ...
  1. 2011/06/01(水) 08:11:53 |
  2. 京の昼寝~♪

■映画『英国王のスピーチ』

誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
  1. 2011/06/11(土) 23:29:08 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH)

英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
  1. 2011/09/18(日) 12:20:58 |
  2. シネマ・ワンダーランド

英国王のスピーチ

51点 2010年のイギリス映画で、 監督はトム・フーパー、主演はコリン・ファースです。 2010年度のアカデミー賞で作品賞、主演男優賞、脚本賞を受賞しています。 イギリスの王子ヨーク公が 吃音症(...
  1. 2012/03/22(木) 21:14:14 |
  2. 我が頭に巣くう映画達

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。