2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

東映名誉会長の岡田茂氏が死去 ”映画界のドン”と呼ばれる岡田茂氏とはどのような人だったのか

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1304905851/
51jQIr2oWd_20110512112042.jpg

1 :禿の月φ ★:2011/05/09(月) 10:50:51.25 ID:???P
 「仁義なき戦い」などの任侠映画や、数々の時代劇をヒットさせた
東映の名誉会長、岡田茂(おかだ・しげる)氏が死去したことが9日分かった。87歳。広島県出身。
葬儀・告別式の日取り、喪主は未定。長男は東映社長の裕介(ゆうすけ、本名剛=つよし)氏。

 東大卒業後、東映の前身である東横映画に入社し、一貫して映画製作の現場を歩んだ。
多数のスターを起用して時代劇路線を成功させ、京都、東京撮影所の所長を歴任し、
鶴田浩二さんの「人生劇場・飛車角」や藤純子(現富司純子)の「緋牡丹博徒」などのシリーズもので任侠路線を確立。
菅原文太らを起用してやくざの抗争を描いた「仁義なき戦い」をシリーズ化して実録路線として定着させた。

 1971年から93年まで社長を務めた後、会長、名誉会長、相談役を経て2006年に名誉会長に復帰。
日本映画製作者連盟の会長なども務め、邦画の復興に尽力した。
著書に「悔いなきわが映画人生―東映と共に歩んだ50年」などがある。
1995年勲二等瑞宝章。

ソース:スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20110509-OHT1T00087.htm

40 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:05:42.63 ID:9Y680g+oO
ザ・ボスって感じでした。
ご冥福をお祈り申し上げます…

47 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:34:42.77 ID:R/Qm635Z0
東映、といえばこの人だからなあ
まだ生きていたのか、というのが正直な感想ではあるけれども。
ご冥福をお祈りします

54 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:45:10.49 ID:YFf+SGop0
日本映画の豊かな時代を知る最後の大物が逝った。
「ひとつの時代が終わった」という陳腐なフレーズも、
この人のために使われるならぜんぜん変じゃない。


23 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 11:30:40.64 ID:88S9zs4b0
プロ野球の「東映フライヤーズ」の最後のオーナーか。

69 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 13:57:46.59 ID:7EbHA0zqO
フライヤーズをバカに売ったアホ

44 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:15:03.44 ID:J6sBgGu20

51jQIr2oWd_20110512112253.jpg

朝ズバとかでコメンテーターやってる高木美也子さんの父ちゃんか

56 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:48:55.87 ID:rmTvbkW70
下品なガハガハ笑い、合成論文で学位とった高木美也子の父親か・・・
あんな人がテレビに出て好き勝手いっているのは、このおじいちゃんのおかげだったのね

57 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:54:28.54 ID:L8YiyYx90
>>56
東映はテレ朝株16%の開局時からの大株主だからネ

58 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:59:14.28 ID:mRvevGJz0
東電社長の親も東電社員だし、大日本印刷の社長の父親も雇われ社長の分際で
創業者一族追い出して息子に継がせて現社長は上場企業役員ダントツの8億円近く貰ってて
当たり前の様に息子に継がそうとしてるし、日本って腐ってるよね。

18 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 11:12:18.75 ID:69kqIzgN0
良くわからんが、「北京原人」とか「デビルマン」とかの会長?
那須さんを重宝がってたのが未だに謎。

29 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 11:41:06.73 ID:dgKXpZU7O
>>18
那須を重宝してたのは現社長の長男、裕介の方だな
那須とは大学の同級生
たったそれだけの理由で“あの”映画『デビルマン』の監督に抜擢した
それ以外にも数々の駄作を生み出してきた戦犯はこの社長だよ

51 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 12:43:01.63 ID:GUFqVdHF0
>>29
岡田裕介は慶應商学部卒。那須博之は東大経済学部卒。
那須さんはビーバップで東映に貢献した人だし、プロデューサーや映画会社のエライさんが
が自分の親しい使いやすい監督を重用するのは別に不思議なことではない。

もちろんその企画にその監督が本当に合っているのか? といった問題は別に在るけど。
ただ監督の方も他の人がやりたがらないから受ける面もあって、それで同じ
監督にますます企画が集中しやすくなってしまう。

10 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 11:05:51.07 ID:7GG0dZIo0
これで吉永小百合の呪縛から解放されるのか?

34 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 11:47:38.72 ID:K8ee6DvPP
>>10
世襲の社長がいるから無理

91 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 16:02:48.12 ID:lpNPcKKW0

51jQIr2oWd_20110512112658.jpg

岡田裕介と高木美也子はあまり似てない兄弟だね。
兄の方は線の細い美少年だった記憶がある。
吉永小百合の長年の愛人で、そのせいで兄は独身だけど。

101 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 16:30:15.23 ID:roY0eBYoO
>>91
吉永のダンナはどうしてんの?

188 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 22:33:58.89 ID:lpNPcKKW0
>>101
吉永小百合のダンナの岡田太郎(共同テレビの元社長・元会長)は
ずっと病気療養中だったけど、まだ存命らしい。現在81歳。

小百合にとっては、どっちの岡田も自分の仕事をアシストしてくれる
後援者(パトロン?)のような存在だったんだろうから
仕事と家庭は別という結婚とはちょっと違う気がする。

95 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 16:07:53.46 ID:gO/Hz/Yx0
>>91
今度の東映アニメの『手塚治虫のブッダ』も吉永小百合が声優として出演しているが、
やっぱり岡田裕介直々の企画の映画なんだって。東映アニメ副社長森下孝三の本に書いてあった。

74 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 14:11:18.24 ID:kHpxXJWX0
三十代の俺にとっては「岡田茂」といえば三越の方だな。

映画全盛の頃に育った、もうちょい上の世代には>>1の方が存在感あるのかな。

66 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 13:43:12.03 ID:p85jVmy/0
前社長の大川博の息子を追い出して、自分の息子を社長にした人。

75 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 14:11:51.67 ID:BgKCb7tn0
大川色の強いものをどんどん排除する中で東映フライヤーズも
得体の知れない新興不動産屋に売り払った。
それ以来、後継チームの日ハムが東映の名前を出すことはあっても
東映の方からファイターズに協力することはまったく無かった。

145 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:37:57.78 ID:gbYjGvaAO
大川博と今頃つかみ合いしてるな。
大川の息子も東映経営陣にいたけど(社長候補)
岡田のクーデター後はどうなったんだ?

151 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:49:42.90 ID:gO/Hz/Yx0
>>145
大川毅は1987年まで東映に取締役として在籍。

社長候補っていうが、大川博亡き後は、
大川毅が唯一、東映の代表権を持った取締役だった。

もともと大川毅は組合から総スカンで1968年にヒラの取締役に
降格されるほど人望がなかった。

大川家の個人商店になった東映に見切りをつけて、前々から
誘われていた東急の五島昇の下で映画制作しようとしていたところを
大川毅に請われて東映の社長になったっていう話だけどね。岡田史観では。

後に東映動画の社長になった今田智憲も大川体制に見切りを付けて、
東映を退社してユニオン映画に入ったり、大川毅自身、自分が社長になっても
有能な幹部抜きではやっていけないのが分かって、社長の座を岡田茂に
譲ったのでは。

152 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:53:20.04 ID:gbYjGvaAO
>>151
人望無い人間は後ろ盾あってもダメなんだな。

そういや新幹線大爆破は脱・893路線の意志があって作ったらしい。

82 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 15:15:41.38 ID:Uvw+RJ9pO
日本映画を駄目にした奴だろコイツ

84 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 15:48:16.26 ID:aFIKN3AcO
この人が東大卒のせいで東大卒の社員は馬鹿でも適性無くてもプロデューサーになれちゃう会社それが東映
東映は人材登用がへたくそ過ぎ

139 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:11:22.94 ID:z+SpWh1GO
この人の東大出ながら無茶苦茶エネルギッシュで猥雑な個性が東映にもたらした影響デカイよなあ
任侠、実録ヤクザ、ポルノ、特撮、教育映画を見境なく作りまくるなんて東映とこの人でなければ無理だったろう
合掌

148 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:40:31.67 ID:hHOJ0R190
仁義なき戦いを世に出しただけでも功績はあったよな。
オレは昭和残侠伝の方が好きだが。

216 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 07:37:00.25 ID:FECtxC/J0
母物 反戦戦争物 ひばり物 実録ヤクザ エログロ 集団時代劇

全て当てた上でスターシステム会社協定と撮影所と組合潰した究極のコストカッター

雇われ社長から世襲成功した東大出のヤクザ

褒め言葉です

236 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 11:44:26.78 ID:VcOgl2yDP

ヤクザ映画を(それほど)揉めずに撮れたのは田岡組長の命の恩人だから。

ここら辺を無視している人が多いよね。熱意だの情熱だのでなく、
単にヤクザと親交が深かったからなんだよ。

238 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 12:00:24.91 ID:V/tyiGb70
>>236
ヤクザとの交渉係としては富司スミコ(漢字知らない)の父を重役として雇っていたんじゃないの?
(石原慎太郎の父みたいな「重役」)

239 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 12:19:02.78 ID:VcOgl2yDP
>>238
田岡組長が警察と敵対組織の両方から追われて絶体絶命のピンチに
陥った時に当時会長が千葉に持っていた別荘に匿ってあげたんだよ。

もともと国定忠治ものとかあったから任侠路線自体はそれほど斬新なものでは
なかった。ヤクザものの発想は前からあったけどみかじめ料他撮影現場での
トラブルが天井知らずになるってことで手を出せなかったんだよね。

大御所のバックアップを得られたので晴れて解禁。だから東映だけ独走。

もちろん当時の太秦には組と撮影所の二足のわらじな方々が一杯いました。

256 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 16:33:13.17 ID:upSNHAjP0
いろいろ負の面もあったと思うが、
逃げないで自社作品の「バトル・ロワイアル」を擁護したのは立派。

326 :名無しさん@恐縮です:2011/05/11(水) 14:52:25.47 ID:bnyV/LC+0
今、ミヤネ屋で放送していたけど、
岡田さんの
「映画は不良青年が作り、不良性が必要だ」は、名言だな。

287 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 22:33:40.24 ID:y0fssz+70
今の映画界、テレビ界、
どいつもこいつもポリ公マンセーだけど、
このオッサンだけはマジでポリ公に中指立ててたよなw

291 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 22:54:01.84 ID:sBX22McL0
>>287
製作中止の自粛も一度してるけどね。

294 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 23:44:22.64 ID:uo5CwTbe0
>>291
「山口組三代目」シリーズの第3作と、確か北九州のやくざ戦争の実録を描くという
触れ込みだった「戦争と平和」ね。この辺はさすがに製作できなかったらしい。

86 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 15:52:36.25 ID:QRNKOBgw0
東映の社員だった宮崎駿を引き止めれなかったのを悔やんでたろうな

88 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 15:56:07.66 ID:gO/Hz/Yx0
>>86
逆だよ。岡田茂は追い出そうとしたが、なかなか辞めなかったので苦労したってさ>宮崎駿

93 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 16:05:27.21 ID:gO/Hz/Yx0
徳間康快「宮崎駿は東映の岡田に首を切られた。私が彼と出会ったのは
時の運ですよ。だから私は宮崎の言うことを信じます」

柳勲(シナメレブロ5)
「『もののけ姫』については面白い話があるんです。あの監督の宮崎駿なんですが、彼は東映動画にいた男です」
以前、岡田さんに聞いたことがあるんです。
『岡田さん、あんな金の卵を大映さんにとられて損しましたね』と言ったら、
『いや、東映はどうしたらあの男を辞めさせることができるか、あれほど知恵を
しぼったことはなかった。辞めさせようと思っても絶対に辞めない』」

大川博亡き後、岡田茂体制の東映で東映動画にリストラの嵐が吹き荒れて、
ロックアウトまであったことは有名な話。

109 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 17:02:09.46 ID:9o78v3bV0
二十年近く前「アニメが当たるなら、ウチはこれから全作品アニメで行こう!」
って突然言い出したのには笑ったが、ほんとに特撮とアニメで東映の年間プログラムが
半分以上埋まる時代が来ちゃったから、これもまぁ先見の明のうちかね

106 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 16:37:01.03 ID:L5+EByMd0
東映の映画の企画力の糞さは以上w
昔はそれなりによかったのに、
ここ数年は本当にひどい。

114 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 17:11:05.75 ID:GUFqVdHF0
>>106
東映の企画は80年代以降はすでに無茶苦茶だった。
岡田茂伝説を語る奴は岡田の黄金時代ばかり持ち上げて、それ以降の岡田がボケて以降は誤魔化してる。

118 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 17:21:04.69 ID:p85jVmy/0
>>114
岡田の功績って基本的に社長になる前のものばかりだよね。
映画界が衰退する中で別の人が社長やっても、同じ結果に終わったか
もっと酷いことになってたとは思うけど。

153 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 18:55:24.25 ID:GQioI8gX0
東大卒には見えない豪快肌の大親父だったな・・

岡田茂が自ら名づけた映画タイトル

大奥マル秘秘話(マル秘マークは岡田茂の発明)
温泉みみず芸者
エロ将軍と二十一人の愛妾
県警対組織暴力
新幹線大爆破

映画界じゃ黒澤並みに知られた人物。
さすがに最近は年が年で体が動かなかったが
まあウィキを読んだほうが早い。

120 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 17:24:26.02 ID:sLML6MZy0
丹波哲郎が著書でえらい誉めてたのが印象的

どんなに偉くなっても昼飯を食う時に下ネタしか言わない

人柄が好きだったとw

184 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 22:14:20.33 ID:Khe72/TF0
この人日本アカデミー大賞の表彰式によくでてたね。
背が高くてダンディーだったの覚えてる。

209 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 01:27:52.42 ID:Ry0Ffe+k0
この人の若い頃はカッコ良いよ。
俳優と並んでも、全く見劣りしない。
映画界よりも大きな舞台で活躍できたんじゃないかなと思う。

208 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 01:18:30.21 ID:1e4cN2Am0
>>1
痩せたな。
25年ほど見てなかったけど・・・

何故か、生田悦子を思い出したw

210 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 01:29:02.69 ID:tjltZkHC0
>>208

51BVXZqazi_20110512112043.jpg

もう痛々しいな。かつての面影がない。
これ2007年の写真らしいから、今はもっと骨川筋男状態だったのでは。

211 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 01:31:12.23 ID:1e4cN2Am0
>>210
男であっても・・・老いというのはむごいもの

333 :名無しさん@恐縮です:2011/05/11(水) 15:13:53.48 ID:eFokYqm80
オレの父親が東映の映写技師で定年退職の時に本社で表彰されて
声かけられたと嬉しそうに話していた。
オレの父親も岡田会長もこの世にいない。
ご冥福をお祈りします

76 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 14:16:35.00 ID:HgpndxyN0
この人はともかく、息子のほうをなんとかしないと東映潰れるぞ

81 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 14:56:15.70 ID:GUFqVdHF0
>>76
祐介は公平に見て頑張ってますよ。ティ・ジョイ進出とかもああいうのが理解できるのは
東映グループ内には裕介しかいないのが現状。個々で「こういう映画を作るなよ」
ってのはまた別の問題。

まあ、東映というのは色々ある会社でね・・・。
単純に岡田茂をマンセーして済ませるべきでもないし、表層的な次元で批判すべきでもない。
ツイッターとかには岡田茂賞賛が溢れてるけどね、ただ岡田茂は自分が創り上げ
た東映を同時に駄目にした人でもあるからね。
昔は「岡田さんはヤクザ映画が興行的に駄目になったのにまだヤクザ映画の企画に
固執している」「自分の自伝のTV化で満足している、これじゃだめだ」と批判されてたりもしたんだよ。
個人的には東映は岡田親子のものとしてこのまま終わっていくのだろうとは思っています。
今の白倉伸一郎がいずれは東映の重役(社長?)になるのだろうけど、その頃まで
現状の形での東映グループがあるかどうかは・・・。

167 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 21:02:26.07 ID:7fkb3oqP0
>>81
>公平に見て頑張ってますよ。

嘘いっちゃいかんよ、あんた。

役者でダメ→プロデューサーに転向→全くダメ→不惑で入社、生え抜きから恨まれる
→社長に。まるでダメ

日本ラジー賞があったら間違いなく、スタローン並みの常連

183 :名無しさん@恐縮です:2011/05/09(月) 22:13:54.98 ID:6VeFeWb/0
>>167
長年温めていた企画があの北京原人w

213 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 02:39:54.58 ID:oRAByVZJ0
息子が無能無能といわれるが、最近のTジョイの成功は
まあビジネスとしてはいいんじゃないかな?

映画制作に一切関わらなければ手堅くやってけそうな気がしないでもない

221 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 08:56:16.39 ID:vgZajZnQ0
よくTVの2時間スペシャルで「あの懐かしのスターは今」
みたいな番組を時々やっていて
そうえいば岡田裕介って俳優いたけれども
最近見ないけど、どうしてるのかな?この手の番組で追跡取材しないのかな?
なんて思ってたけど、
消えたどころかTV側からしたら
すごい大きい存在になってたんですね。

224 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 09:10:54.16 ID:9rwwycQ/0
>>221
制作側に回って30年経つよ。
現場で見るともう経営者の顔ですよ。

229 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 09:36:49.30 ID:yulerJXy0
>>221
今検索して顔を見たら、昔俳優でドラマとか出てた人だったからビックリしたな。
消えたと思ったら、まさか映画会社の社長になってるとはねw

262 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 18:43:04.97 ID:WsENRP180
岡田裕介といえば、自分がプロデュースも兼ねたTV版「人間の証明」で
米兵にションベンかけられた上にリンチ殺害される棟居刑事の親父役とか、
姉妹編の「腐蝕の構造」で嫌味で無能な二代目社長の役とか演ったりしてて
「デビルマン」や「北京原人」はアレだけど嫌いになれないんだよな…

264 :名無しさん@恐縮です:2011/05/10(火) 18:56:38.37 ID:ywB20mYr0
岡田裕介といえば、「三億円事件 時効成立」で三億円の犯人を演じてたんだっけ

この優男が後の東映社長になろうとはな


関連記事

テーマ:映画ニュース - ジャンル:映画

  1. 2011/05/12(木) 11:33:34|
  2. 映画ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<クロッシング | ホーム | [全米興行成績]本格的にサマーシーズンに突入した全米ボックスオフィスで「マイティ・ソー」が首位デビュー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1932-0b478f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。