FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リミッツ・オブ・コントロール

リミッツ・オブ・コントロール The Limits of Control
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1252692990/
41dQ0l+1QV_20110430130717.jpg

1 :名無シネマ@上映中:2009/09/12(土) 03:16:30 ID:UgG+0OZp
監督・脚本 ジム・ジャームッシュ
出演 イザック・ド・バンコレ (コードネーム:孤独な男)
    アレックス・デスカス (コードネーム:クレオール人)
    ジャン=フランソワ・ステヴナン (コードネーム:フランス人)
    ルイス・トサル (コードネーム:ヴァイオリン)
    パス・デ・ラ・ウエルタ (コードネーム:ヌード)
    ティルダ・スウィントン (コードネーム:ブロンド)
    工藤夕貴 (コードネーム:分子(モレキュール))
    ジョン・ハート(コードネーム:ギター)
    ガエル・ガルシア・ベルナル (コードネーム:メキシコ人)
    ヒアム・アッバス (コードネーム:ドライバー)
    ビル・マーレイ (コードネーム:アメリカ人)

公式 http://www.filminfocus.com/film/the_limits_of_control (米)

9月19日(土) シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9、シネ・リーブル池袋他にて
全国ロードショー


2 :名無シネマ@上映中:2009/09/12(土) 04:18:09 ID:uveAzVbp
俺の解釈→
最初と最後が現実で、間はほとんどシミュレーション、そして現実が少々

あと乳首がでかい

3 :名無シネマ@上映中:2009/09/12(土) 21:06:18 ID:FgNrOALr
感想。いい尻でした

12 :名無シネマ@上映中:2009/09/19(土) 17:48:59 ID:aU4e0Ba6
観てきた。良かった
今回は期待を遥かに越えた

押し寄せてくる言葉を丁寧に排除して、
素直に夢の中に、
ジャームッシュの眼の中に飛び込めた

バンコレが最高にクール
乳尻の黒メガネはアラレちゃんを思い出させる

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110430125645.jpg

13 :名無シネマ@上映中:2009/09/19(土) 20:27:22 ID:/cDJK+9P
面白かったよ。
あの尻の盛り上がりはすごかったね。乳首の向きの違いも。
工藤夕貴は通り過ぎて終わりじゃなくて良かった。
廉価版DVD出たら買うわ。
観客の入りは2割そこそこって感じでした。

14 :名無シネマ@上映中:2009/09/19(土) 20:48:14 ID:iczq284T
>>12>>13
感想アリガ㌧!4年待った甲斐があったみたいだね
大ヒットは見込めないがこういう渋い映画が好きな人は意外に多いと思う
尻上がりに評判が上がるといいな

15 :名無シネマ@上映中:2009/09/19(土) 21:34:37 ID:aU4e0Ba6
>>13

41dQ0l+1QV_20110430125646.jpg

あの乳の違いは2つのエスプレッソとかかってるのだと解釈した

7 :名無シネマ@上映中:2009/09/17(木) 00:23:34 ID:Fh/9vWqj
これ1時間くらいの尺で見たかったな

8 :名無シネマ@上映中:2009/09/17(木) 01:09:12 ID:3i+qZuib
DVDが出たら早送りで観るといいですよ

16 :名無シネマ@上映中:2009/09/19(土) 23:56:42 ID:SVb2qjFx
観てきました。予備知識なしで観た割には楽しめたかな。
席は半分くらい埋まってたかも。
閉幕後、頭の上にクエスチョンマークを浮かべて劇場を後にするお客も
少なくないように感じたけれど。
劇場にデカデカと貼られていた、一般受けしそうな広告とかちょっとまずいんじゃないかと思った。

自分としてはバンコレはじめとするあいつら全員宇宙人説を推していきたい。ごめんなさい。

18 :名無シネマ@上映中:2009/09/20(日) 04:06:15 ID:AbSn2VI+

51BVXZqazi_20110430130156.jpg

ヒアム・アッバス、エンドロールまで分からんかった!『シリアの花嫁』『扉をたたく人』より若く見えた
彼女とガエルの車の後ろに書いてあったのが、ジョン・ハートが別れ際に言ったセリフだよね?
それがこの映画のすべてを物語ってるのだと単純な俺は考えた

19 :名無シネマ@上映中:2009/09/20(日) 15:11:01 ID:JtQyEqWT
トイレで始まりトイレで終わる妄想劇?3-4X10月思い出した。
DVD出たら終日モニタ上に垂れ流してたい。

20 :名無シネマ@上映中:2009/09/20(日) 17:53:56 ID:0KthDAv/
なんかオナニー映画にすらなってないな、これ

21 :名無シネマ@上映中:2009/09/20(日) 18:59:12 ID:quzzjaat
イザックが唯一表情をくずしたのがフラメンコの練習を見たとき
あとは無表情だったが
工藤のときだけ、表情がとても優しく見えた
それを見たら、工藤がとてもカワイイ女に見えた

41dQ0l+1QV_20110430130015.jpg

24 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 01:19:20 ID:iVCTM7kl
>>21 いや子供たちがついてくるところでも笑顔になったよ

25 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 02:06:27 ID:x0okuR6S
>>21
そうだった?見逃してた。

最初見たときは腹立たしいくらいつまらなかった。
何も書いてないキャンバスを置いた前衛芸術みたいで。
実際、しわくちゃのシーツ見たいなのが張ってあるのを見るシーンがあったし、
そういう意図もあっただろう。

ところが翌日になってよみがえってくるシーンが非常に心地よい。
特になぜか、黒いヘリコプターが降りてきて画面左から出てくるところが
印象に残っている。

二度と見るかと思ったが、また見てきた。

この映画は見る人の精神状態や日々のすごし方を反映するんじゃないかな。
俺は映画を見に行くときは自分を吹き飛ばしてくれるようなものを期待するんだけど、
この映画にはそれがない。だから不満だったんだと思う。
二回目はそうじゃなくて、自分から映画に没入していこうという姿勢で、
スクリーンの近くで見た。

これを一発で理解(意味とかじゃなくて良さを認めるという意味で)できる人は、
相当心が澄んで落ち着いた人じゃないかと思う。

26 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 02:44:27 ID:X17vcH8E
>>25
> この映画は見る人の精神状態や日々のすごし方を反映するんじゃないかな。

激しく同意。正に鏡のような作品だと思う

自分の生きることに対する考え方が問われているかのように感じた
しかも押し付けがましくなく自然に

22 :名無シネマ@上映中:2009/09/20(日) 22:28:39 ID:5ay2vzTi
この世界は効率を追及し、人間から思索する時間を奪い、欲望を刺激し続け、疲弊させ無感覚にしていく。
世界はカネと武力を持つ資本によって支配されている。
その価値観のみが正しいとされ、他は排除されていく。
自制と芸術と時間によって想像力を高め、心を回復し、資本の価値観に打ち克ち、支配の網の限界を突破する。
そう感じた。

182 :名無シネマ@上映中:2009/12/02(水) 00:29:37 ID:++eNa6B1
>>22
俺も、話の理屈を言えば「そういうことなんだろうなぁ」って思ったけど
それは取って付けた理屈で、映画の中ではさほど重要な理屈ではないように感じた。

27 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 08:00:03 ID:5fdsQx+H
システムからの防衛術としてのニヒリズム。
主人公の時間感覚、実存感を
映画の受け手に否応無くなぞらせる。

そういう意味では村上春樹の小説の「ぼく」という容れ物に近い。

28 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 11:15:24 ID:xKAfWg3n
村上春樹の主人公みたいなセックス魔神と一緒にしないで下さい

29 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 21:01:45 ID:Xqc4yNhq
想像でアメリカ人のアジトの中はいったのはおもしろかったな
現実と妄想の映画だね

完成度は微妙。ダメなところもあるしいいところもある。それが極端

31 :名無シネマ@上映中:2009/09/21(月) 23:19:27 ID:+0Y6jtIK
途中で落ちた(数分寝た)
行動の詳細を細かく割り出すカット
各々はコントロールするでもなく、又されるわけでもなく存在してる(登場人物然り、物体然り)
個のイマジネーションにより‘それ’はどうにでもなるという事が強く感じられた。

メガネおっぱいちゃん、左が垂れてるのが気になった

32 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 00:25:18 ID:koZqirK7
ネタバレ注意

ビル・マーレーのセリフで「世界の仕組みはどうなってるのか知ってるのか」と字幕には出てたけど、
あれ英語で「イルミナティが支配してる」云々言ってましたよね??
イルミナティが字幕で出るのと出ないのとではぜんぜん違う映画になってしまうような気がします。

音楽・映画・芸術を糞みたいな物といってるヤツが芸術(絵画)でイマジネーションを全開にしてきたやつに
イマジネーションで侵入されて音楽の道具で殺される。
で、エンドロールの最後にNO LIMITS , NO CONTOROLS
----

アーロン・ルッソ (映画監督・プロデューサー/ 「ローズ」「大逆転」など )が
ロックフェラーとの会話を語った衝撃のインタビュー
http://video.google.com/videoplay?docid=-5219614342883260978#

ロックフェラー:
「残りの人間どもが何だって言うのさ?何の意味もないぜ。彼らはただの人間で(我々に)奉仕しているのさ」

アーロン:
「それで一体何になるんだ?君は有り余るほどの財産を持ってるし、
 充分すぎる権力もある。そんなことをして一体どんなメリットがあるのか何が最終目的なのか?」

ロックフェラー:
「最終目的は人々にチップを埋め込んで社会全体を支配することだ」

他、
・おなじみの911真相
・アメリカの社会を崩壊させるためウーマンリブ運動を起こし資金を提供した 等

43 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 16:44:24 ID:3HtEPs5x
こういう反権力(?)をテーマとした映画って、ずっと作られ続けてきた
と思うんだけど、それで世の中はマシになってきたんだろうか。
この映画、自分にはかなり響いたんだけど、>>32の動画見たら凄く
やりきれなくなった。
何もしないよりも、足掻いた方がマシとわかっていても。

44 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 23:13:14 ID:rhnzgm2r
反権力がテーマ、
とか受け取られてもしかたないよな
ジャームッシュってそういう人なのか、と
思うよな、そうなっちゃうよ、そういう映画になっちゃってるよ
それが残念

46 :名無シネマ@上映中:2009/09/23(水) 00:16:42 ID:vxu46IMy
権力に対する抵抗というのはこの映画の主題たりえないと思った

一番偉い男~ってのもストーリーに筋を通すためのリリックの一つ。
ビル・マーレイのアメリカ人がやたら滑稽な演技なのも、ジャームッシュ得意のユーモアだろう

77219_20110430130009.jpg

より重要なのは、ゴーストドックで描いたような孤独な男の生き方。
システムの中でというより、個人としての生き方はどうあるべきかという問いかけ

「全ては主観である」
「仲間などいない」
っていうところからもわかる

そういう点から見れば、ジャームッシュの中でも最高傑作だと感じた

36 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 01:30:53 ID:W5pUQwHq
スレ読んでなるほどと思った
全てはコードネーム“孤独な男”のイマジネーションの世界だったのかもしれない
もちろん存在は映画の中でしてたと思うけど。
最初のバイオリンや女の件等々

自分こそ偉大だと思う男を墓場に送れは、ジャームッシュからの現代人へのメッセージか…

いい映画だったのかもしれなくもない

37 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 01:46:02 ID:Dus/ea1R
観た。
俺は無意味な生を生きる男の話だと思った。
ランボーの引用や、最後に男が見たメモや
エンドロール最後のNO LIMIT NO CONTROL
という掲示などから、ニヒリズム一歩手前で踏みとどまるような
印象を映画全体から受けた。ジャームッシュの作品は優れた映像作家の
常としてミメーシスを及ぼすようなところがあり、この作品も
観たあとに頭が痺れたような感覚があった。

とはいうものの、擁護しきれないぐらい退屈だと感じたのも確かで、
もうちょっとサービスしてほしかった。ことに各伝令(?)とマッチ箱
を交換するシーンは同じパターンの連続で、なんでここでアクションや
笑いを入れないんだ?と思いました。


と思ったが、
ここ読んでメタフィクション的な作品である
というのが完璧に正解だな。
私の読みは完全に外れでした。すみません。

45 :名無シネマ@上映中:2009/09/22(火) 23:32:48 ID:hktPPulP
世界を動かしている何らか と 真理を求める人々 の対峙
みたいな構図は、ちとチープすぎて大した面白みを感じなかった。

けれど、人物やアイテムのシンボリックな扱い方や、
断片的にちりばめられたセリフ=エピソード、主人公の寡黙さが生む間、
PV(というと語弊があるか?)みたいな映像とか、
作品全体がとてもデザインされているのに関心した。

やはりメタ的に観るのが正解な映画じゃないかと思う。
あの主人公は結構語りがいのあるキャラクターだよね。
眼鏡女子可愛かったし、ジョン・ハートも素晴らしかった。

…にしても出涸らし感は否めない。

51 :名無シネマ@上映中:2009/09/23(水) 07:11:15 ID:kt6gbUtf

20071115_inutowatashi_main_20110430125641.jpg

なんかずーっと主人公の鼻の穴のアップばかり見せられてたような気がするわ……

186 :名無シネマ@上映中:2009/12/31(木) 22:43:01 ID:/fASWvSz
暴力性愛カネコネに無関心な太極拳野郎にはけっこー共感した。

187 :名無シネマ@上映中:2009/12/31(木) 22:46:44 ID:/fASWvSz
寡黙でかっこよかったし

193 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 00:48:24 ID:HU6RgaLa
始まって10分位経ったとこで台詞はエスプレッソ2つと
太極拳みたいなことしてるだけで、これだけでこの人は
どれだけのギャラを貰ってるのか気になりだして
眠気に襲われることは無かったな。

72 :名無シネマ@上映中:2009/09/25(金) 21:04:35 ID:Rwtjli/Z
クソ真面目面のバンコレを2時間鑑賞する映画。
つか彼ほとんどまばたきしてないよね、少なくともカメラの前では。
最後にスーツを脱いでジャージに着替えたのは何の意味があるのか…ワカラン…
も一回観に行こうと思う。

73 :名無シネマ@上映中:2009/09/25(金) 22:06:52 ID:aHf3zruS
しがない男が、拾ったメキシコのマッチから膨らませた妄想劇とかどう?
マッチを小道具にして、スーツ姿で人格を造り、依頼をこなすヒットマンになりきる。
女とセックスしないのは、したことがないからとか。
途中で想像力が尽きてアジトの潜入を端折ってみたり。
トイレの二時間妄想劇。

57 :名無シネマ@上映中:2009/09/24(木) 21:05:42 ID:9peN/L3a
おっぱい姉ちゃんが全裸のままカフェでエスプレッソを2杯頼む方が
良かったのになあ・・・。

122 :名無シネマ@上映中:2009/10/02(金) 03:35:34 ID:jyIqCkCx
帰りに絶対エスプレッソ飲みたくなるのに
どこも閉まってたんだぜ南町田!
お客さん逃したぜ!私含め5人くらいだけど。

54 :名無シネマ@上映中:2009/09/24(木) 18:21:15 ID:gXfxx/Kq
前売り特典はあのマッチ箱でも良かった...

172 :名無シネマ@上映中:2009/10/26(月) 21:04:18 ID:vl07Yfc4

14_alikeh_20110430130325.jpg

31日(土)に有楽町と吉祥寺でリミッツを観た先着50名に
リミッツコラボキットカットプレゼント、だそうな。w

173 :名無シネマ@上映中:2009/10/26(月) 21:42:42 ID:1vMc/AHC
>>172
1回見たらもういいかって映画だからなあ。
マッチ箱プレゼントなら早朝から並んででも行く。

52 :名無シネマ@上映中:2009/09/24(木) 00:44:38 ID:dJUaQu4x
ぜんぜん期待しないで見に行ったらおもったよりもよかったよ。
しかし、クリストファー・ドイルがカメラやっているということを差し引いても
結構いいシーンがあったなあ。
言葉と映像の使い方が、なんつーか
ゴダールとかリンチっぽい、と少し思った

58 :名無シネマ@上映中:2009/09/24(木) 22:41:26 ID:PSLAY5go
>>52
撮影はクリストファー・ドイルなんだ。

78 :名無シネマ@上映中:2009/09/26(土) 02:16:32 ID:hcXEb7Zj
アメリカ映画にもかかわらず、ひたすら眠いだけの単調でゆる~い糞映画だった

こんな映画を好きな奴はどんな奴だろうとこのスレを覗きにきた

ところであのメモの暗号には何が書かれてるんだ? 次の移住先の住所か?
やたら現れるヘリコプターは何だ?
結局、ヤツのミッションは何だったんだ? 殺すことか? 殺した連中はどういう連中だったんだ? 
どうやってアジトに忍び込んだんだ?
ヤツはどうやって生計立ててたんだ?

しかしヒドイ映画だったな 時間と金返してほしいわw

81 :名無シネマ@上映中:2009/09/26(土) 09:56:08 ID:5wMaeGqy
ストーリーというより空気感を味わう映画

ジャームッシュの映画が「音楽的」と言われるのも頷ける

100 :名無シネマ@上映中:2009/09/30(水) 01:47:44 ID:zKk1MAzE
ただ感覚的に見るだけじゃもったいない映画だと思う。
理屈を立てるのも面白いよ。

85 :名無シネマ@上映中:2009/09/28(月) 21:18:57 ID:KyRkZniH
日経夕刊より

「米国での評価は芳しくないが、本人は意に介さない。
『多くの人間は想像力を使う癖がない。
だれかが導かないと動けない”羊”みたいだ』」

と月並みなキリスト教批判。

「『まだまだ僕自身も勉強中だよ』」

と駄作であることを認める。

119 :名無シネマ@上映中:2009/10/01(木) 17:37:35 ID:iYL9Pvo0
仲間じゃないのがひとりいる。
(俺は仲間じゃない)

っていうじゃん、工藤が。
で、ガエルがビール持って現れて、俺は、あ、仲間じゃないのはこいつか、と思ったの。

でも、そこから普通にオチまで行くでしょ。

あれはなんだ、言いたかっただけ?

120 :名無シネマ@上映中:2009/10/01(木) 19:14:06 ID:3vwl1YcX
ブロンドが拉致されたけど、あれやったのはビル・マーレイ一味?
それとも、彼女が例の仲間じゃないヤツで、それがバレたから連行されたのか?

121 :名無シネマ@上映中:2009/10/02(金) 00:45:42 ID:ILnVdq2I
>>119-120
え、そういう話なの?σ(・∀・ ;)

123 :名無シネマ@上映中:2009/10/02(金) 08:42:39 ID:qXGyNLvk
>>121
全体の5%くらいの要素だけどな。

142 :名無シネマ@上映中:2009/10/04(日) 21:53:41 ID:f01lJLsT

51BVXZqazi_20110430125644.jpg

メキシコ人@ベルナルがジョニデをさらにハンサムにしたようないい男で惚れた。

156 :名無シネマ@上映中:2009/10/12(月) 16:17:58 ID:1tjyUeHl
映画はさらわれて
音楽は盗られ
絵画は殺された
裏切り者は
物質嗜癖のメキシコ人

159 :名無シネマ@上映中:2009/10/12(月) 20:45:06 ID:CkfupmHD
>>156
そういうことだったんだ。
なんかわかりやすい説明だ

160 :名無シネマ@上映中:2009/10/13(火) 15:11:07 ID:qXv/aqQW
ただ、裏切り者が分かったところで何?って話だよね

161 :名無シネマ@上映中:2009/10/14(水) 20:58:37 ID:PvwuF7rQ
ブロークン・フラワーズにおける母親みたいなもんで
裏切り者なんて実はどうでもいいんじゃない?

162 :名無シネマ@上映中:2009/10/16(金) 17:33:06 ID:HkaKN5zJ
裏切り者云々は
ちょうど強烈な睡魔が襲ってこようかというタイミングで、
「みなさんここらで、サスペンス風味の謎解きはいかがですか」
程度のもの
たぶん後付け
俺とジミーとは15年来の付き合いだからわかってしまう

163 :名無シネマ@上映中:2009/10/16(金) 20:24:36 ID:QaLsuSDR
俺もジミーと長い付き合いだけど裏切り者は工藤さんだと思った。
化学は人間を豊かにしたけどイマジネーションは退化させたと思うし。
勿論化学を研究する側はイマジネーション爆発しまくってると思うけど。

181 :名無シネマ@上映中:2009/11/27(金) 23:00:34 ID:AeWb+a5c
正直よくわからんかったけどおもしろかったような気もする
ただ工藤夕貴が出てくる電車のシーンがなんかすごいダサかった

145 :名無シネマ@上映中:2009/10/06(火) 01:24:17 ID:6y+r2odF
なかなか面白かった。
「支配者vs被支配者」っていうのはつまり「現実vs夢」のメタファーで、
この映画は「馬鹿な夢見てないで現実見据えて生きろよ」って説教に対するアンチテーゼだと思ふ。

146 :名無シネマ@上映中:2009/10/08(木) 01:14:16 ID:+zRjPuh5
テーマは単純明快に、芸術や想像力は何者にも支配されないってことだと思った。
よかったよ、じわじわくる。

152 :名無シネマ@上映中:2009/10/10(土) 01:34:19 ID:lX/j5UUf
>>145>>146
お二人の解釈、なかなか良いですね。


関連記事

  1. 2011/05/25(水) 21:27:19|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<[全米興行成績]「パイレーツ・オブ・カリビアン4」が今年最高のオープニング興収も、シリーズ前2作には遠く及ばない期待外れのスタート | ホーム | この映画の公式サイト酷すぎワロタwwwwwww>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1909-3f0b8148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

知らなすぎた男を見てみたよん

趣味は映画観賞でっす
  1. 2011/06/04(土) 21:29:03 |
  2. さとみの映画大好き!

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR