2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

カティンの森

【ポーランド発】カティンの森【旧ソ連の大罪】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1257402397
14_alikeh_20110423153119.jpg

1 :名無シネマ :2009/11/05(木) 15:26:37 ID:jJvfySoq
「灰とダイアモンド」「大理石の男」のアンジェイ・ワイダ監督の最新作「カティンの森」がこの12月、岩波ホールで公開されることが決定しました!

3 :名無シネマ@上映中:2009/11/06(金) 00:34:45 ID:Wu+n0Y8l
日本版公式
http://katyn-movie.com/pc/


41 名前:名無シネマ@上映中 [2009/12/28(月) 00:11:10 ID:x4Gw3yzw]
クオリティ的にはもう何も言うことが無いって感じなんだが、
微妙に散漫な印象もあったなぁ。

監督の思い入れが強過ぎる題材なんで、
ちょっと「監督のオナニー」状態に陥っちゃったような・・・上手く言えんな。

スクリーンでは何やら深刻そうなエピソードが進行してるんだが、
観てるこっちは「・・・で?」みたいな空回り感というか・・・。

やっぱり上手く言えんな、この感じ。
ものすごい巨匠だし、俺の鑑賞眼が無いってことにしとくわw

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/02(土) 04:00:25 ID:3KIG7zHG]
ポーランドでは有名な話なので、細かい事情や経緯を省いてて、
その辺りを知らないと話の展開が判りづらいかも。
オープニングで避難民の向かう先から「ロシア軍が来た」という描写も
ポーランド侵攻の流れを判ってないと意味不明だろうね

日本の戦争映画で「広島 1945年8月4日」と字幕が出ただけで
「あぁ、原爆投下前の話か」と一々説明されなくても状況が判るようなものだと思う。

45 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/04(月) 14:08:54 ID:WX89ROkG]
>>41
自分も同じように感じたんだが、作品の流れがそうなったのは予算の問題があったのかな、と思った。
たぶん監督としては登場人物たちの戦前の幸せな生活も描いてみたかったんだと思うが、
予算の関係でソ連がポーランド侵攻してからの核心の部分にいきなり入らざるを得なかったように感じた。

ほら、地下水道も灰とダイヤモンドもそういう感じだっただろう?
聖週間は同様の限られた予算内で事件以前も描いたからかえって散漫になってうまく行かなかった。
だからまたやり方を元に戻したんだろう。

48 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/12(火) 22:31:05 ID:30FIWZ8x]

尊敬する方がこの映画を絶賛していました。

しかし、私には3流プロパガンダ映画にしか見えない。
『カサブランカ』や南京関係のは抵抗なく見れるのだが、これはダメだ。
思想的背景から、ソ連叩きはちょっと…

民族主義的な感情から反露なのは理解できるが、反動的右翼思想が根底に流れている。

この事件の犠牲者は主に上流階級・支配階級だが、東欧貴族の民衆搾取は絶対に許されない。
右翼支配勢力を殺したカティン事件は、些細なことであって、貧富を問わず絶滅を図ったユダヤ人虐殺とは
比べるべくもない。

もっと突っ込んで言ってしまえば、最初に『侵略』を開始したのはポーランド側だ。

実際、戦争に伴う虐殺は歴史上、普通のことであった。

ポーランドもウクライナに酷いことしてるでしょう

余りに偏狭な国粋主義・貴族思想(右翼思想)に凝り固まった下劣な映画だ。

50 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/12(火) 22:38:59 ID:30FIWZ8x]
極右ポーランド野郎死ね

52 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/13(水) 09:58:46 ID:R7J5t9Ti]
>>48-50
逆。
右翼や左翼といった過激思想(extremism)は微塵も感じない。
今回のストーリーはポーランドの穏健思想(moderatism)がソ連の過激思想に潰された話。

穏健思想の自由国家ポーランドの戦士たちが過激思想の全体国家ソ連とナチスに虐殺されたというのが
この時代全体のコンテクスト。
ワイダはそれを映像で表現し続けている紹介者にすぎない。

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/16(土) 00:32:45 ID:iNy9HM5P]
技術も感性も少しも鈍ってない。
巨匠というには巧すぎる。
その上映像も美しい。

41dQ0l+1QV_20110423152935.jpg

ワイダってとんでもない奴だな。
しかし字幕は酷かった。
体言止の濫用で落ち着かないし、馬鹿丁寧な敬語と、信じられぬほどぞんざいな言い方が極端すぎる。
それに台詞に較べて明らかに字幕が少ない。制限字数を守ってももっと字幕は増やせる。
最後に名前が出たが知らん奴だった。
天下の岩波ホールがこれでいいのか?

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/05(金) 23:18:32 ID:Y/CwnrMZ]
岩波朝一の回行ったら、満席加齢臭できつかった…
テレビでやったのかグループ女性客が多くて、開演前のざわめきに
ここは老人ホームかと思ったよ

映画は女優が演技過剰

38 :名無シネマ@上映中:2009/12/24(木) 21:31:23 ID:xYWwMNBa
岩波ホールで旧ソ連の恥部を描いた映画を上映するとは20年前なら考えられなかった。

92 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/24(日) 13:26:05 ID:oRPCJSV2]
同時期に上映されてるデンマーク映画「誰がため」より全然いいな。
こっちは殺される映画だが、あっちは殺す映画なので全然
感情移入できないし・・

93 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/25(月) 02:32:58 ID:TcBBahD0]
>>92  外でもっとひどいことが行われてるってわかっててもあれはねえ。
デンマークのひとにとっては英雄なんだろうけど。

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/25(月) 17:50:53 ID:ARH1271K]
ソ連でも個人としては匿ってもらうシーンを描くことでより深い作品になった
殺すより殺されるほうを選ぶとか心にグサッと突き刺さる言葉が要所々々であった
過ぎた日々は戻ってこない、未来のポーランドのために立ち上がるんだという意思
主人公を一人に限定させずに複数の人の視点から描いた点
日記の白紙のページだけで本当は生きていたはずの日々を偲ばす演出も見事
最後のシーンで音楽もなく静かに淡々と殺され埋められ画面が暗くなり流れるレクイエム
映像も重厚感が凄まじかった
何よりワイダがこの作品を撮ったことが大きい

113 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/10(水) 17:24:49 ID:UyPbebZ+]
レクエイムが流れて無言のエンドロールになったときの場内の空気が忘れられない。
4~5人同時にため息ついてた。すごい映画体験だった。

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/18(木) 16:37:47 ID:9tybH+o9]
どの国や思想が良い・悪いっていう映画じゃないと思った。
特定の組織だけじゃなくて、どんな組織(の中の人)にも
ああなる(非人道的な行いをする)可能性があるから
アンナを助けようとする軍人や肉親を失っても妥協する学長まで描いているんじゃないかな。

システマティックな処刑シーンは衝撃的だった…。
頭の良い優秀な人が効率の良い「殺し方」を考えてるのかと思うと、
どんな才能があってもその使い方を間違えればとんでもないことになると感じた。

組織が力を持ちすぎると、
便利な人間を利用することも不都合な人間を処分することも簡単になる。
個人的には、反ドイツ(ナチス)、反ソ連っていうより、
権力自体に対する反発心があると思った。

121 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/18(木) 18:36:40 ID:TOfR6Ue+]
>システマティックな処刑シーンは衝撃的だった…。

51jQIr2oWd_20110423152931.jpg

同じく。観てからもう一カ月以上経つのに、
ふとあのシーンを思い出してしまっては気持ちが沈む自分がいる…。
ガス室の方がまだマシに思えるほど怖かった。

122 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/18(木) 21:08:44 ID:Zrv1H/YF]
>>120
付け加えるなら歴史は勝者によって書かれるものってのもあるよね。そして簡単に捻じ曲げられてしまう。
伝承する努力をしないと、世代が経るごとにどんどん正しい記憶は失われてしまうんだ。
そのことに自覚的になれるかどうかって結構天と地ほどの差があると思う。

246 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/31(月) 00:40:52 ID:ufgQOypc]
最後のシーンで
静寂な森の中のあちこちで小さく聞こえる乾いた銃声
恐れのあまり声も出せぬまま連行され、次々銃殺されていく将校

もはやどういう感情をもって観たらいいのかも分からなかった

248 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/31(月) 01:12:19 ID:HTY2i2Ng]
>>246
しかも、観客の知っている人たちも機械的に処理されていくからね。
声を出さないのは、怖れというより、諦めまたは職業軍人らしい覚悟かも。

310 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/11/04(木) 12:02:21 ID:4FowOJAK]
ラストシーンどうやって撮影したかメイキングが見たい

249 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 10:29:05 ID:WmJG91ln]
てかこの映画見ておもしろいな~と思ったのは
(おもしろいって言い方は不謹慎だけど)

惨殺シーンはいつ出るんだろう!?って思ってたら
最後の最後にオマケ程度な感じで出てきたこと

アメリカ映画なんかだとこれ見よがしに
お涙頂戴な感じで、いいとこで出すだろ

250 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 10:39:18 ID:x4dFzv2P]
歴史的事実という訴えを、より強烈に見せていると思った。

11 :名無シネマ@上映中:2009/11/23(月) 17:19:50 ID:/Jqzs475
共に火事場泥棒ロスケの被害にあった国として日本とポーランドは親近感が沸くな

290 名前:名無シネマ@上映中 [2010/10/01(金) 17:09:31 ID:NFRe7KL9]
ロスケは北方領土返せや

309 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2010/11/04(木) 07:31:33 ID:3FwWFzGx]
ロスケは北方領土から出てけ!

281 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/12(日) 11:03:16 ID:f+4mVo0a]
ポーランドがロシアを攻めたところから描かないと片手落ちだな。

232 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/25(火) 19:44:29 ID:rYWYhjt/]

14_alikeh_20110423153928.jpg

ベンチに座ってるシーンで奥様が姑にいきなりキレるシーンがよくわからん

ヨーロッパ映画って感情をくみ取るのが難しいんだよな~

233 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/26(水) 19:38:56 ID:BM6+QhJt]
実の母親が息子の生存願わないでどうするのって怒りとの葛藤か

201 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/21(水) 17:14:57 ID:4bZLxKnZ]
今日見てきたが淡々と生きてるとも死んでいるとも判らない者を
待つ苦しみが描かれてるね 戦略的に必要だったのか?

食わず嫌いの人はなかなか見そうにない映画だけど
世界三大美人の産地のポーランド人女優を目的でも見て欲しい作品

51BVXZqazi_20110423152934.jpg

エヴァ役の人はハリウッドでもそうは居ないなぁ

241 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/29(土) 22:01:30 ID:xSHDSaP3]
DVDで観た。ドラマとしての出来は悪くはない気もするが、実話ベースの
作品、とくに陰惨な惨劇では、観客の感情移入を狙うような人間ドラマは、
それ自体がキッチリ実話でない限り「時代劇」になってしまう。本作もだ。

俯瞰的にスターリンの意図、殺戮の実態、戦後の情報操作を淡々と理解させ
分析して、外国人にも頭に入りやすい事実関係の学習ドラマ仕立てにして
欲しくはあった。

294 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/12(火) 12:23:57 ID:8YytuxvA]
ゲオでレンタルして観たわ
ラスト十分は瞳孔開きまくりで半日放心状態になった

280 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 18:37:38 ID:6MeOmNmj]
「鷲の指輪」みたいなファンサービス(?)なシーンを用意しろというのは無理だな・・・
相変わらずヘビーだった

301 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/17(日) 12:07:39 ID:C2udyx2r]
「カチンの森」副題:ポーランド指導階級の抹殺
ヴィクトル・ザスラフスキー著、根岸隆夫訳 みすず書房刊、定価2800円
映画の参考にどうぞ
ソ連は西側の援助なしにはやっていけなかったんで、ずっと「カチン」のことを
隠し続けていた。

302 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/17(日) 17:40:12 ID:pJk2zzwe]
第二次大戦中は西側と東側の概念はなかったぞ。
トンデモ本だな。

320 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/12/10(金) 22:43:18 ID:osTSdHgq]

77219_20110423152931.jpg

この主演の女優と、若い将校の役の男優、きのう恵比寿ガーデンシネマでやってたポーランドの爆笑ラブコメの主役だった
オサレでおもしろくてロケーションがきれいで、
この女優も男優もキャッキャとはしゃぐ演技がうまくて、ポーランド映画界恐るべし

今年120本ぐらい映画館でいろいろ見たが、
一番ハッピーな映画はそのポーランドの爆笑ラブコメ
一番落ち込んだのがこのカティン

そして俳優が同じw
ある意味なんかスッキリとカタルシスを感じたぜ
ラブコメ見てよかった


きのう恵比寿で見たラブコメがこれ(予告編)
離婚した主婦が若い男と恋に落ちる話
http://www.youtube.com/watch?v=JmLukqXr0-0&feature=related
00:45でカティンの若い将校の役の俳優(恋の相手)


関連記事

  1. 2011/04/30(土) 21:35:39|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【海外芸能】ニコラス・ケイジ、20歳の息子が婚約後1週間のスピード婚!結婚式に出席し祝福の笑顔 | ホーム | USA!USA!できる映画の最高傑作ってなに?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1895-46e00383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。