2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

白いリボン

【ファニーゲーム】ミヒャエル・ハネケ総合N゚3【ホワイトリボン】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1251636251/
41dQ0l+1QV_20110418024919.jpg

1 :びあれ主任φ ★:2010/11/30(火) 10:25:51 ID:??? ?BRZ(10001)
1913年夏、北ドイツのある村。張られた針金が原因でドクターが落馬したのが発端だった。
翌日にはその針金が消え、小作人の妻が男爵家の納屋で起きた事故で命を落とす。秋、
収穫祭の日、母の死に納得できない息子が、男爵の畑のキャベツを切り刻む。その夜、
男爵家の長男ジギが行方不明になった。一方、牧師は反抗的な自分の子供たちに“純心”の
象徴である白いリボンを腕に巻かせる。犯人がわからないまま、不信感が村に広がっていく。
[ 2010年12月4日公開 ]

キャスト・スタッフ
監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:ウルリッヒ・トゥクール、クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ


164 :名無シネマ@上映中 :2009/11/03(火) 20:46:11 ID:AeHU7pDi
ホワイトリボンの米レイティング
Rated R for some disturbing content involving violence and sexuality.

やっぱまた強烈なシーンあるんでしょうね。

456 :名無シネマ@上映中:2010/05/04(火) 03:18:53 ID:G8bXlIh8
駄作も多いハネケだけど、一足先にみたホワイトリボンはおもしろかった。自分的にはあれはハネケの
最高傑作になると思う。

528 :名無シネマ@上映中 :2010/07/25(日) 22:02:14 ID:XR0jmW9U
ホワイトリボン公開する気配ないから
BD買ったわ。いざ買ってみると見るのが怖くて放置してあるけど。
精神衛生上の良いタイミングを探すのが難しい。

530 :名無シネマ@上映中 :2010/07/26(月) 21:37:22 ID:h3hYDrBE
>>528
見るタイミング探すのって解る。
DVDBOX買ったんだけど、ちゃんと見なきゃって思って
なかなか手が出ない。

531 :名無シネマ@上映中:2010/07/26(月) 22:20:36 ID:Kr/9sPR5
>>528
ホワイトリボンおもしろかったよ。
ファニーゲームとは全然趣向が違うので、そう心配しなくていいと思う。
自分の中では、あれはハネケの最高傑作だと思う。
一回目はさらりと見て、2回目に時代背景や各登場人がどんなメタファーで
用いられているのか考えながら見るといいよ。

532 :名無シネマ@上映中 :2010/08/06(金) 21:00:35 ID:jL9c/FHe
見ようによっちゃダークファンタジーのような
雰囲気を漂わせている>ホワイトリボン
日本ではまだ公開されてないんだね。もったいない…

558 :名無シネマ@上映中:2010/11/04(木) 23:20:12 ID:Fn2QEidy
12月4日公開か。

585 :名無シネマ@上映中 :2010/12/05(日) 23:33:28 ID:/S4cVLcS
『白いリボン』の感想がなかなか書き込まれないな。
やっぱりみんな簡単にあーだこーだ感想を書けないでいるのかな。
エンドロールからエレベーターで1階に降りるまで観客みんな無言だったのが印象的だった。
あと途中でフィルム(カラーで撮ってデジタル変換でモノクロにしたらしいが)の色調が2度ほど変わった気がしたがあれは何だったんだろう。

586 :名無シネマ@上映中:2010/12/06(月) 08:52:36 ID:7JGfDUns
過去の作品から考えると話の流れやまとめ方がさっぱりした感じに思えた。
やたら長いシーンも少なくストレスなく楽しめた。
でも相変わらず厭世的、人間の本質のテーマはハネケ節健在でしたね。
俺は☆5つ。
下手な文章であしからず。

俺の気になった点:

51jQIr2oWd_20110418030603.jpg

医者の愛人の口臭。
先生の彼女の巨乳。

587 :名無シネマ@上映中 :2010/12/06(月) 10:36:28 ID:tayzL4z1
その後、村の子供達はナチスのエリートになりました。
そして、ヨーロッパ諸国に破滅をもたらすのであった。

めでたしめでたし

588 :名無シネマ@上映中 :2010/12/07(火) 22:18:12 ID:MmPdsTKy
>>587
正直、ヨーロッパのその後を考えると
第3帝国が実現してたほうがマシだったような気がするが・・・

589 :名無シネマ@上映中:2010/12/08(水) 08:51:31 ID:gbtyooY3
588、凄~い発想ですな。
しかし鑑賞した人は
人間不信で誰も書き込みも出来ない程なのか?

590 :名無シネマ@上映中 :2010/12/08(水) 17:01:57 ID:Zy/lhXnM
※『白いリボン』 
   土日*2日間興収***億*172万9400円  $***,***,***  80.509985…
   土日*2日間動員     ***万1200人

591 :名無シネマ@上映中 :2010/12/08(水) 21:07:11 ID:Hy72QBQo
観てきたけど、怖い作品だったなぁ

映像は凄く綺麗だけど、冷たいタッチで抉られるかのよう

ラスト間際の狼狽する牧師さんの表情が痛烈でした

593 :名無シネマ@上映中:2010/12/11(土) 22:36:59 ID:gVkSdWn/
白リボンまだ感想少ないんだね。たった今観てきました。
ハネケはカフカの『城』以外全部観てて、今まで「ワケわからん」と
思ったことが無いんだけど、今作は個人的にすっごく難解だった…
劇場に貼ってあった諸映画誌レビューの書いてることと自分の感想も、
全く噛みあわず。宣伝で煽ってるファッショとかナチズムとかそのテのテーマは
全然感じなくて、自分なりに頑張って伝えるなら、「登場人物たちの孕ませてる悪が、
観てる自分たちの悪を響応させる話」というか、「ここで描かれてる人たちに不気味さや悪を
感じるのは、観てるあなたたちの中にもにも、それに感応(共感)する悪があるからだよ」
って映画なのかなあと

594 :名無シネマ@上映中 :2010/12/12(日) 04:10:37 ID:rSWlkSDd
http://garth.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-46dc.html
>ちなみに映評には「罪なき無菌状態を作ろうとした暴君はその試みに反撃されるのだ」と書いたのだが、
>何を言いたいか、わかるよね?

映画評論家の柳下さんのブログから
映画観てないから何を言いたいのか分かんないだけど分かる人いる?
ウィキリークスか何か?
分からん・・・

595 :名無シネマ@上映中 :2010/12/12(日) 09:35:45 ID:pBFfmocU
>>594
映画のことではなく石原のこと皮肉ってるのでしょう。

596 :名無シネマ@上映中 :2010/12/12(日) 19:28:30 ID:x21uYGoX
>>594
隠された記憶よりは面白いのか安心した

597 :名無シネマ@上映中:2010/12/12(日) 22:37:53 ID:KGa9u4WI
誰だったか、大戦前のドイツ人はみんな精神病だったみたいなこと言ってたよね。哲学者かなー。

598 :名無シネマ@上映中:2010/12/12(日) 23:01:49 ID:G8zaFVXe
柳下は訳書の質にバラツキがあるといつも思ってる(評論についてはよく知らない)けど、
自分もピアニストが一番好きで、白いリボンでパルムドールよりは、
ピアニストのときに貰った方が納得できた。ただ、これ「ナチへの連関」的な作品として
先入観を刷り込まれると詰まらなく感じてしまうと思う。ごくおおまかな粗筋だけ知ってた方が
絶対に楽しめると思う。公式サイトのレビューでは、タイムスの
「これまで何度も目にしたような“1933年の間違った転換”や“ナチの誕生”を解説する
映画などではない。もっと大きくて普遍的なもの、人間の本性を覗く試みなのだ。」
これが一番しっくりきた。個人的には。

636 :名無シネマ@上映中 :2010/12/28(火) 23:03:34 ID:r/FpFl/j
さっき見てきた。

>>594-595
なるほどなあ。
オレが感じたのは牧師の宗教による狭量かつ一方的な倫理観の押し付け。
男爵の権威主義による抑圧。後は女性蔑視か。これらへの非難。

転じて「良く」あろう、「良き」秩序を保とうとするために
簡単にこういう権威を呼び出す罪の自覚なきパンピーの罪深さみたいな。

それがイノセントwな子どもらによって反撃を食らう。すなわち、かえって混沌や邪悪を生み悲劇をもたらす。と。

ナチズムの萌芽? 笑わせんな。WW1の皮をかぶってるだけ。オマエラのことだ!
もしくは100年前から繰り返されてるんだ!

って言いたいのかな

赤ん坊の泣き声がこんな不快に感じた映画初めてだ。もう二度と見たくないがもう一度見たい。

637 :634 :2010/12/29(水) 10:23:34 ID:qzZ0V38s
>牧師の宗教による狭量かつ一方的な倫理観の押し付け
その辺は微妙で、ドイツのようなプロテスタントはそういう
宗教なんだな。カトリックならいいのか?
教師の好きなバッハだって新教のコマーシャルみたいな
もんだ。批判の相手がアイマイだね。
左翼はブッシュの倫理性にからめたいかもしれない。

638 :名無シネマ@上映中:2010/12/29(水) 21:31:28 ID:ckJCVoSN
有楽町で2回みた。パンフも買っちまった。
けどあんまりわかってないw

なんかナチへの萌芽とか考えるとどうもよくわからん。
いまその村で渦巻いているうっとおしい部分をもっと読み取りたいが
どうも今回は受け付けられなかったようだ・・・。
ピアニストやベニーズビデオをみたときのような
「ガツーーン!!!!」という直撃を得られなかったよ。

結局ひと言で言うと欺瞞がテーマ?

592 :名無シネマ@上映中 :2010/12/09(木) 03:49:34 ID:SK4GhuH8
理想主義の裏にある暴力
閉鎖的な秘密主義
強要される純粋さ
このような環境で育った子供達を
迎え入れるファシズムの勃興
子供たちの未来は

639 :名無シネマ@上映中 :2010/12/29(水) 22:39:52 ID:wlJCPQ2z
キネマ旬報の評価が高い。みんな★四つ
相変わらず評論家受け良いね
一般は人入ってるのかな?
地元はまだ公開されてないのでわからん

602 :名無シネマ@上映中:2010/12/14(火) 18:41:03 ID:tLJSVfjC
「白いリボン」評判だけ馬鹿にいいから、座席朝からいっぱい
だが、監督、評論家の思い込みばかりで内容ない。
第1次大戦直前のドイツの貴族支配の農村の支配階級の
非人間性。左翼の芸術家の好きそうなテーマ。いまどきねえ。
娯楽の無い宗教国家の田舎の楽しみは**だけ。

603 :名無シネマ@上映中 :2010/12/14(火) 19:08:48 ID:8Gi730iL
俺様が理解できない=内容がない、だそうです。

605 :名無シネマ@上映中 :2010/12/15(水) 12:31:01 ID:hugWqcRk
>>602
第1次大戦直前のドイツの貴族支配の農村の支配階級の非人間性。

それは包装紙に過ぎないんだけどな

618 :名無シネマ@上映中 :2010/12/21(火) 23:40:41 ID:AMwMRevZ
いいから黙って死んでくれよ

には戦慄した

619 :名無シネマ@上映中 :2010/12/22(水) 00:13:00 ID:Jr2cVpBK
2ちゃんねらーみたいな台詞w

623 :名無シネマ@上映中 :2010/12/22(水) 23:58:16 ID:Bx/QCYn6
白いリボン観て来た。
仕事の後だったので疲れてウトウトしながらの鑑賞になってしまった。

14_alikeh_20110418025821.jpg

質問なんですが、あの教師と恋人が馬車でガタゴト行く長回しシーンで、
恋人がこっちはいや、みたいに言ってたけど、あれは何故?
単純にあのエロ顔教師との進展に恐れがある、もしくは事件に関係した何かがあるってこと?
それとも物語の根幹に関わる何かがあるのだろうか…知っている方、是非教えて下さい。

624 :名無シネマ@上映中 :2010/12/23(木) 01:00:54 ID:mWSdGqVw
単に人気のないところに行くのが不安ってだけじゃない?

642 :名無シネマ@上映中 :2010/12/30(木) 23:09:27 ID:jXklzqOY
>>623
あのシーンで女性の方からキスしたのに疑問感じなかった?
実家に行って仕立て屋の方がもうかるのにとか言われて…

625 :名無シネマ@上映中 :2010/12/23(木) 19:05:04 ID:MXBzogkS
あの監督の本心は田舎の生活は音楽などの芸術では
補えない。やっぱり***だ。ということばかり。
本当は芸術の才能がないだけなのに。

626 :名無シネマ@上映中 :2010/12/23(木) 19:10:44 ID:5WU6dfia
意味わかんねーよw

630 :名無シネマ@上映中:2010/12/25(土) 05:45:50 ID:kVTEg4yX
白いリボン見てきたんだけど、
ラストで助産婦と息子、医者の一家は、それぞれどうなったの?
何で同時にいなくなったの?
助産婦は本当に犯人が分かっていたの?

672 :名無シネマ@上映中:2011/01/16(日) 13:22:05 ID:Zj0QfYik
>>630
おれもそこがよくわかんなかった。
いい映画だと思うが、消化不良な感じ。

679 :名無シネマ@上映中 :2011/01/21(金) 23:39:18 ID:YtuP++sg
>>672 あそこは真実が薮の中だからこそ怖いというかこの映画の凄みが出てると
今は思うんだけど、見終わった瞬間は俺もエエエエエだったから気持ちはすごく分かる。
一晩経って起きたら自分の中で整理がついて、不思議と「あ、うん秀作だったわ」って
思えるようになった。ちょっぴり評論界隈で持ち上げられ過ぎかなとは思うけど。

個人的に、先生と恋人がチャリンコでデートしてるときのシーンがめちゃくちゃ怖かった。
もう細部は思い出せないんだけど、もしかしてゆうべに池に行ったの? みたいなことを
先生が聞いて、女の子がうやむやに答えて、先生もまあ別にどうでもいっか、みたいな感じで
また自転車をこぎだす、みたいなシーン。

681 :名無シネマ@上映中 :2011/01/24(月) 16:56:00 ID:3VmIKV6Y

如何にも怪しい村の住民や子供達よりも、ある意味一番怖い気がした
>>先生の彼女。あの馬車でお散歩シーンの不穏さが怖い。

何かは言わないけど裏で色々と関わってそうだし何かを見ていそうだ。

そしてそれを追求せずに有耶無耶にしてしまう先生もヤだ。

688 :名無シネマ@上映中:2011/02/01(火) 00:22:09 ID:VXQu3tTF
これは凄い書き手だ。
やっとわかった。納得した。
http://red.ap.teacup.com/adapon/39.html

689 :名無シネマ@上映中 :2011/02/01(火) 00:48:53 ID:AhWaUPXY
>>688

先生の婚約者の性的トラウマが示されるシーンってあったか?池に向かうことを拒否するシーンがそれか?

690 :名無シネマ@上映中 :2011/02/01(火) 21:26:04 ID:MyRQ/qxa
>>689
そこぐらいしかないよね

691 :名無シネマ@上映中 :2011/02/02(水) 07:39:56 ID:oa/9Rc9M

ただ、間違いなく先生の彼女何かを隠しているよね。何かを。

692 :名無シネマ@上映中 :2011/02/02(水) 15:38:25 ID:KDzIwx8m
>>688

本人乙
宣伝もいいけど、ところどころ文章が破綻してるよ、これ。
小難しいこと書こうとして結局薄っぺらなことしか書けてないし。

694 :名無シネマ@上映中 :2011/02/04(金) 16:09:45 ID:0G6h+ayk

51BVXZqazi_20110418030604.jpg

先生、あのまま村に居たら命が危なかったよね

635 :名無シネマ@上映中 :2010/12/28(火) 18:23:25 ID:uPeE1RIQ
犯人は医者で、
助産婦が殺して隠して息子と逃げたもんだと思ってた

641 :名無シネマ@上映中:2010/12/30(木) 20:42:02 ID:nrjMEB4J

14_alikeh_20110418031608.jpg

最初の医者の馬への悪戯はなぜ?
制裁を受けたのか?

644 :名無シネマ@上映中 :2010/12/31(金) 00:04:23 ID:PXIkoI6E
>>641
医者が自分の娘に悪戯しているのを知った子供らが、制裁を企てた・・・と解釈した。

645 :名無シネマ@上映中 :2010/12/31(金) 00:16:09 ID:PXIkoI6E

41dQ0l+1QV_20110418025820.jpg

キャベツ畑事件とか笛取り上げ事件とかイヤな形での男女の破局とか、いろいろ見たくないものを見せられた感じ。

646 :名無シネマ@上映中 :2010/12/31(金) 01:52:54 ID:B5wtaH6/
ハリウッド批判をする監督の映画ほどつまらない件

651 :名無シネマ@上映中 :2011/01/01(土) 19:31:34 ID:fcnEFX6g
ネタバレするよ・・・
読むなよ・・・・


犯人はラストシーンで白いリボンつけてる彼だよね
http://shiroiribon.blog77.fc2.com/
『隠された記憶』のオチと同じネタあかしの仕方だよね
映画館でも気づかんかったよw

652 :名無シネマ@上映中 :2011/01/02(日) 01:21:24 ID:k60BXVq6
>>651
お前バカだろ

660 :名無シネマ@上映中 :2011/01/10(月) 23:06:40 ID:N+u3BZZM
ちょっとネタばれ。


ほとんどの事件の動機は同情できるが、知恵遅れの子供への虐待だけは許せんな。看護婦が医者の元奥さんを殺していたとしても。

661 :660 :2011/01/11(火) 07:25:19 ID:6g73C+CT
すいません。知恵遅れのエピソードがナチのメタファーだと今気がつきました。

662 :名無シネマ@上映中 :2011/01/13(木) 01:43:44 ID:2Bg6v6af
えっ!どこが?

663 :名無シネマ@上映中 :2011/01/13(木) 13:12:20 ID:WnXHOGKz
第二次世界大戦のときあの子供たちは大人になってるというのを考えると

664 :名無シネマ@上映中 :2011/01/13(木) 13:31:34 ID:GDtd1LxK
ナチはユダヤ人だけではなく、知的障害者もガス室へ送った。

696 :名無シネマ@上映中 :2011/02/05(土) 13:51:12 ID:DCMDknI7

77219_20110418025221.jpg

白いリボンの子供たちが歌ってた合唱曲って何?
バッハですかね。綺麗な歌なんでフルで聴いてみたい

697 :名無シネマ@上映中 :2011/02/06(日) 20:55:29 ID:+Mcv7fNT
すいません自己解決しました
ルターの讃美歌「神は我がやぐら」でした

710 :名無シネマ@上映中 :2011/03/02(水) 16:34:19.15 ID:HHP1pSZI
で、結局誰が犯人なわけ?さっぱりわからんかったわ

711 :名無シネマ@上映中 :2011/03/02(水) 16:35:41.95 ID:blc3+SeC

51BVXZqazi_20110418025222.jpg

おでこねえちゃんだよ

712 :名無シネマ@上映中 :2011/03/02(水) 17:16:21.36 ID:X0txrKuf
コナン君の出番だな

title6_20110418031839.gif

351 :名無シネマ@上映中:2010/03/13(土) 17:13:00 ID:QU+/jpP9
なあ、ホワイトリボンって一連の事件の犯人は分からないけど
全ては子供たちが関連してるって所は確定で良いんだよね?

医者は娘のカーラに性的虐待を加えていたから馬で転ばされて
midwifeの息子は母が医者と不適切な性的関係を持ってたから拷問に遭って
伯爵の息子は農民の妻を無理な仕事のせいで死なせてしまったから拷問に遭って…

子供達には常にホワイトリボンに
象徴されるように純粋な心を保つように教えを説いておきながら
村の権力者である医者と、地主と、聖職者はそれぞれ正反対の
不適切な行為に及んでいたから復讐をされたって事で良いのかね。


関連記事

  1. 2011/04/18(月) 03:22:53|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォーン・ブース | ホーム | 【海外芸能】ニコラス・ケイジ、家庭内暴力で逮捕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1884-91c7d552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。