2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

幸福の黄色いハンカチ

http://that4.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1073884144/
14_alikeh_20110415220723.jpg

54 :ワールド名無しサテライト :2011/04/14(木) 19:22:40.22 ID:DCW+r5SI
幸福の黄色いハンカチー◇松竹。高倉健
出所したばかりの男性が、一緒に旅をすることになった若い男女と共に妻のもとへ向かう。山田洋次監督。

北海道に来た欽也(武田鉄矢)は網走で朱実(桃井かおり)、勇作(高倉)と出会い3人で旅をすることになった。
そんな中、勇作が刑期を終え出所したばかりだと判明。勇作は夕張の炭坑で働いていた時に出会って結婚した光枝(倍賞千恵子)との思い出を語りだす。
服役していた勇作は光枝に離婚を申し出たが、待っていてくれるのなら自宅の前に黄色いハンカチを下げておいてくれという内容の手紙を出したという。


7 :この子の名無しのお祝いに :04/01/14 21:40 ID:gNwUdD9Z
カツ丼と醤油ラーメンをビールとともに…

116 :この子の名無しのお祝いに:05/01/03 16:38:17 ID:DyN7siBr
居酒屋に行くとついつい瓶ビール頼んで
健さん飲みしたくなる。

117 :ラジオ関東:05/01/04 00:46:12 ID:9JGlYRdp
>>116 「健さん飲み」いいねえ。オレも飲み会の時、ビール一杯目飲んだあと「幸福の黄色いハンカチ」のあのシーンの話することあるよ。

136 :ラジオ関東:05/01/31 00:25:32 ID:OJjAboM5
「健さん飲み」のシーンもイイが、旅館で清潔な布団に潜りこみ眠りに入るシーンも秀逸。
毎日平和に床につける幸せ、少し噛みしめてみようじゃないですか、みなさん。

10 :ラジオ関東:04/01/21 21:57 ID:+9jq9m/Z

51jQIr2oWd_20110415220721.jpg

「寡黙な人格者」になる前の健さんの最後の作品だよなあ。

8 :この子の名無しのお祝いに:04/01/18 07:43 ID:/bCfoQ7c
高倉健に殺されたチンピラがかわいそう。
弱いものの立場に立つ山田洋二にしては
チンピラの扱いが簡単すぎる。

62 :この子の名無しのお祝いに :04/02/27 18:41 ID:/4Cb0/8T
夏に一目惚れしてから雪がちらつく季節まで声がかけられなかった健さん。
奥手にもほどがある。

155 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/11(月) 20:09:07 ID:mcnv55O7
レジにかわいい子がいると健さんになりきる俺

159 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/15(金) 17:40:48 ID:yy6ylnU4
>>155
健さん「あんた、奥さんですか?」

164 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/15(金) 20:44:34 ID:/9aQSij0
>>159
「いいえ・・・・」

12 :この子の名無しのお祝いに:04/01/28 07:50 ID:xjXLz0Gu
「オッパイだけ オッパイだけ」

107 :この子の名無しのお祝いに :04/10/04 20:59:30 ID:KYiifOJ3
  _  ∩
川 ゚∀゚)彡 おっぱいだけ!おっぱいだけ!
 ⊂彡

  鉄矢

108 :ラジオ関東:04/10/05 13:55:34 ID:qk6I6o1A
>>107 面白い。  しかしテレビドラマでも最近あそこまで情けない男の役やるヤツいないね。

25 :ラジオ関東:04/02/05 23:56 ID:1rbagrp5

51jQIr2oWd_20110415215050.jpg

武田鉄矢、あんな感じの無責任な若者役をもっと演れるチャンスを、予想外の「金八先生」の大ヒットで失ったといえるな。

166 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/15(金) 21:19:02 ID:/CpAzkB+
鉄矢ってこんな役やった数年後に金八で偉そうに教育論といてたんだから
凄いよな

37 :この子の名無しのお祝いに:04/02/07 22:29 ID:oRqtuCjD
武田鉄矢が暑苦しくて耐えられません。

63 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 23:21 ID:nU0VyT7k
「かっこつけてんじゃないよこの北海道の百姓があ!」
(だっけ?)禿藁

64 :この子の名無しのお祝いに:04/02/27 23:46 ID:uUeiht4A
白いマフラーのバイク乗りに向かってだっけ?

釧路の町でみつけた帽子?だっけ
百姓くせーなーと言いつつ、ちゃっかり買ってかぶっていましたな

29 :この子の名無しのお祝いに :04/02/06 09:08 ID:LR/dh3EB
武田鉄矢が顔を隠そうとして慌てる平凡パンチのピンナップ。
大島ゆう子という伝説の巨乳モデル、よくヌイたものでつ。

67 :ラジオ関東:04/03/02 00:21 ID:ZeoKGeQN
みなさんの書き込み見て、改めて感じた。 
武田鉄矢が出てなかったら相当暗い映画だと。

13 :この子の名無しのお祝いに :04/01/28 22:05 ID:m+GplwRW
冒頭、マツダのファミリアのCMソングが流れるのは
まあ企業タイアップということでわかるのだが
終盤近く、唐突に登場する「銀座のカンカン娘」音楽隊は
なんじゃろかいのぉ?
もしかしてあ~いうボランティア団体とのタイアップか?

14 :この子の名無しのお祝いに:04/01/28 23:10 ID:3HFC2M29
確かに銀座カンカン娘のシーンはしつこい!
繰り返ししすぎ!

16 :この子の名無しのお祝いに:04/01/29 17:43 ID:oikT+7yW
この映画、たま~にすごく観たくなる。
>>13
>>14
> 銀座カンカン娘
このシーンだけは、早送りしてしまいます(w。

81 :この子の名無しのお祝いに:04/07/25 15:09 ID:J0I3VDRX
>>13
>終盤近く、唐突に登場する「銀座のカンカン娘」音楽隊は
>なんじゃろかいのぉ?
>もしかしてあ~いうボランティア団体とのタイアップか?

あれって「青い三角定規」とかいうフォークグループじゃないか?

18 :この子の名無しのお祝いに:04/02/02 15:47 ID:L7UE0b4t
黄色いハンカチ、7回みた。

77219_20110415220720.jpg

さ~出かけよう、ファミリア~。オレもその昔
乗ってたな。

27 :この子の名無しのお祝いに :04/02/06 00:52 ID:9E2uNz30
一番の見せ場である黄色いハンカチが風になびいているシーンが
なんてあんなぬる~い画なのでしょう。

やっぱり山田は駄目監督だと思った。

28 :この子の名無しのお祝いに :04/02/06 07:14 ID:/6J0OR0e
で、そのときの音楽が
「男はつらいよ」のイントロを思わせるものだった。

30 :この子の名無しのお祝いに:04/02/06 12:55 ID:JGnCSOTk
クライマックス時の音楽のショボさは泣けてくる。

58 :赤いきつね:04/02/24 00:26 ID:EI57H7uW
山田洋次って、冗談かと思う位、音楽の使い方が下手ですよね。

59 :この子の名無しのお祝いに:04/02/26 05:59 ID:1XFzu2st
>>58
> 冗談かと思う位、音楽の使い方が下手ですよね。

その筆頭は、やっぱり旗竿が大写しになる直前の「男はつらいよ」のオープニングを
連想させる、「チャーン」っていう音かな

60 :この子の名無しのお祝いに:04/02/26 21:44 ID:HfziDxJF
漏れには、「ぽわはー~ん」に聞こえたw

134 :この子の名無しのお祝いに:05/01/29 12:03:29 ID:VGuLFoNE
夕張の市街地にクルマが入ったところで流れる音楽が好き。
山田洋次監督作品 サウンドトラックコレクション』というCDを買ったけど、残念ながらこの音楽は入っていなかった。

31 :この子の名無しのお祝いに:04/02/07 01:05 ID:QDTrckfO

77219_20110415215040.jpg

倍償千恵子は当時20代後半? ホントに綺麗だったなあ・・・

32 :この子の名無しのお祝いに :04/02/07 01:24 ID:3fqBlL+1
>>31
1941年6月29日生、
1977.10.01公開

172 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/15(金) 22:47:01 ID:4oyYyaQA
倍賞千恵子
好きなタイプじゃないんだけど、やっぱ奇麗な人だな

369 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/25(火) 07:35:03 ID:PdK5EU57
流産のあと 寝床から向き直って健さんをなじる倍賞
凄みがあるいい女と言えばおおげさかなあ 
しかしいい女だと島勇作もいってるし 文句なくいい女 
言葉が乱れるスマン

370 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/26(水) 00:50:27 ID:fyQz+Mlz
今度がんばるから・・・
悲しい言うんか、何というんか切ない言葉に怒りと悲しみと・・の感情に・・・

372 :この子の名無しのお祝いに:2005/10/30(日) 09:06:43 ID:UU6E1dLb
あんたって あんたって 勝手な人だねえ   
いっしょになるときも  わかれるときも

甘える男に許す女 寅&さくらともいえる

38 :この子の名無しのお祝いに:04/02/14 13:59 ID:toBAmObg
桃井かおりが「私が代わりに見てきてあげるから」って、優しく勇さんを励ます
シーンと「乗せってってやってもいいぜ」「ほんとっ」と桃井かおりが嬉しそう
に駆け出すシーンがとても好きだ。別に桃井かおりは好きじゃないんだけどね。

41dQ0l+1QV_20110415215100.jpg

39 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 00:41 ID:EFkdnsaF
勇さんが武田桃井の二人を成長させ、結果的に結び付けたってもイイね。

40 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 05:14 ID:CEXYKsnr
確かに映画の始めの頃と終わりの方とでは、武田と桃井が演じていた
二人は別人みたいに変わっていたね。
最後に健さんが二人と別れるシーンはまさにそのことを象徴していた。
「幸福」へと自分を届けてくれた二人に対して言葉もなく握手するく
らいしか出来ない不器用な勇さん。すると二人はそんな勇さんの背中を
おもいっきり押し出してやって、自分たちはさっさとその場を立ち去る
のだ。
このね、この「さっさと立ち去ってゆく」ってのが、なんとも美しいのよ。
ガキっぽかった二人が数日間の旅で、人へのさりげない思いやりをごく
自然に表現するという、大人ならではの感覚をいつの間にか身内に宿らせ
ていた。
おれはこのシーンは日本映画史上、指折りの名場面だと思ってる。

44 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 22:21 ID:W1JR0sP5
多分、あのシーン(勇さんを励ますシーン)の桃井かおりに魅力を感じるのは
母性を感じるから。男は大なり小なりマザコンなのさ。だから、あのシーンは
女よりも男の方がジーンとくるんじゃないかな

45 :この子の名無しのお祝いに:04/02/15 23:36 ID:WNu9fGiw
うん、桃井がリアシートに移って来て勇さんの真横で語りかける姿には、
男から見るとドキッとするものがあるね。

桃井「金ちゃん、逝こう。」
武田、桃井がリアドアを閉めたのを確認して出発・・・

46 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 00:48 ID:82FJrYCN
アメリカでリメイクとかいう話聞いたことあるけど、どうなったの?
オレの思い違いかな?

47 :この子の名無しのお祝いに:04/02/17 00:58 ID:MSddXS73
ていうか
「幸せの黄色いハンカチ」の元ネタは
アメリカ発祥のエピソードじゃなかったっけ?
子供の頃、リーダーズダイジェストで読んだ記憶があるんだけど。
(俺の思い違いかなぁ…)

48 :46:04/02/17 01:05 ID:82FJrYCN
そうです。それは私も知ってます。
「幸福の黄色いリボン」でしょ。
映画のクレジットでも原作(原案?)ピート・ハミル(だっけ?)となっていたと思います。
山田洋次日本映画作品として、それをリメイクって感じだったと…。
まあ、いいです。

65 :この子の名無しのお祝いに :04/02/28 04:03 ID:03148PRM
リアルタイムで観たよ。
初日、丸の内松竹の劇場前で武田鉄矢が道行く人に「ぜひ観て下さい」って
黄色いハンカチを配っていたな。

70 :この子の名無しのお祝いに :04/03/06 01:47 ID:GEad3LTI
「ラーメンも高くなったよなあ・・・こないだ食ったのが500円!」

・・・30年前なのに、ラーメンの値段は殆ど同じだな・・・

385 :この子の名無しのお祝いに:2005/12/25(日) 16:01:23 ID:QAw0igNO

51BVXZqazi_20110415220722.jpg

元ボクサーのたこ八郎。
健さんと向かい合って構えたファイティングポーズにその片鱗が見えた。
もっともすぐ健さんにのされたけど。

347 :ラジオ関東:2005/07/23(土) 13:51:02 ID:lWuIg+PM
たこ八郎が出てくると、健さんがすごく映える。たこがテレビドラマとかでも重宝されてたのがよくわかる。

76 :この子の名無しのお祝いに:04/05/09 22:55 ID:O3rO3eQJ
そいや昔、テツヤが言ってたんだが・・・・・
たこ八郎と一緒にいたときチンピラ数人に絡まれたらしいが、
たこさんがフッと動いた次の瞬間、チンピラ全員が伸びてたそうだ。
例のシーンの逆なわけだが(w

ちなみにテツヤが言ってたのは、たこさんの生前だな。

95 :この子の名無しのお祝いに:04/07/28 04:56 ID:V4dX+OfB
あんまし感動しなかったけど、すぐ離婚しちゃうこのご時世。みておいてもいいかも。

96 :この子の名無しのお祝いに :04/07/28 13:59 ID:lOEusq/o
俺も見てる最中は思いっきり泣いたけど、
よく考えるとそんなに良い映画かなって思う。
だいたい、高倉健がいくらムショ帰りで人恋しいからって、
あんな変な若いカップル(武田&桃井)の後を
ノコノコついて来るってのは不自然だし、
倍賞千恵子だってあんな大量の黄色いハンカチ、
一体どこで仕入れたんだよって感じ。

14_alikeh_20110415215102.jpg

97 :この子の名無しのお祝いに :04/07/28 22:22 ID:znpypowJ
黄色い布買ってきてハンカチ大に切り分けたんだよ

98 :この子の名無しのお祝いに :04/07/28 22:47 ID:+RCXufT6
布地の問屋のおじさんと不倫してたんだよ。

342 :この子の名無しのお祝いに :2005/07/21(木) 18:41:37 ID:oXRW1dS9
蓮實が酷評してたね。
「倍賞千恵子が問屋で黄色い布を大量に買い込む姿を想像するとハゲワロス」

343 :この子の名無しのお祝いに :2005/07/22(金) 00:39:39 ID:QL2j7gdF
そうゆうことを言う奴は
映画なんか観てないで
東大の学長でもやってりゃいいんだ

180 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/15(金) 23:39:34 ID:o1VOb6HZ
あの「これだけ待ち望んでいたのよ!」って
意気込みが伝わるハンカチの多さはやっぱいいな

103 :この子の名無しのお祝いに:04/09/21 03:18:00 ID:1m04/hgB
ハンカチが風になびいているシーンでは人が言うほど感動しなかったけど、その直前の、夕張の市街地を車が走るシーンはよかったな。健さんがなつかしそうに周りを見回す表情がいい。

106 :この子の名無しのお祝いに:04/10/04 20:30:21 ID:n9TSc8dH
何度も見て、ストーリーもはっきり覚えているのに
テレビでやってると何故か見てしまう映画№1。

110 :この子の名無しのお祝いに :04/11/14 09:33:20 ID:i3kEW8Pk
ハンカチが無い訳がないのにドキドキしちゃうよなー。
最初見た時は、そうでもなかったんだけれど、2回目見た時に涙ボロボロ。
見返すたびに、泣けてくるシーンが前に繰り上がってきます。

157 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/15(金) 12:53:48 ID:9VZ68bRc
この作品、何回観ても黄色いハンカチのシーンでどうしても涙が出てしまう(T-T)

143 :この子の名無しのお祝いに :05/03/09 17:22:17 ID:GXzwvxfH
こっ、これが、泣ける映画なのか。( ゚д゚)ポカーン

144 :この子の名無しのお祝いに:05/03/13 10:57:46 ID:ZEUiT+AE
厨坊の頃は泣けなかったが、家庭を持った今なら号泣できる。


但し、当時面白かった鉄矢と桃井のからみは嫌悪感のみだが。

145 :この子の名無しのお祝いに :05/03/14 03:08:47 ID:KNmFsFJt
>>144
おれも厨房の頃はこの映画の良さの半分も理解できなかった。
真面目にやってても些細なきっかけで物事がうまくいかなくなったり
自分ひとりで生きていくのには限界がある事を知った今になって見ると
渥美清のあたたかい台詞とか身にしみます。

146 :この子の名無しのお祝いに:05/03/17 14:56:11 ID:kigdynvb
まあ中年に達しないと理解できないのかも
しれませんね。
考えてみればそれも当然。いい年をしたその道の
プロ達が作り上げた作品の真の価値を、厨房や
若造が本当に理解できるわけがない。

148 :この子の名無しのお祝いに:2005/03/24(木) 20:38:51 ID:Y67lQkEA
おれ当時小学生で親父と見に行ってみんな泣いてたよ

149 :この子の名無しのお祝いに :2005/03/24(木) 22:24:17 ID:XB2kf9KE
俺も大学1年の時に見て泣いたけど。

114 :この子の名無しのお祝いに:04/12/30 05:09:27 ID:f6nF0J1W
武田桃井のキスシーン
日本映画史上最悪

130 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 03:37:34 ID:dXgZTU8j
多弁な多便男と野小便女
しょうがねぇな、おめえら

131 :この子の名無しのお祝いに:05/01/24 22:01:15 ID:gEu1tv5U
あんたがこんなトコでウンコなんかしなければこんなことにはなんなかったのよ~びえ~ん・・・

320 :この子の名無しのお祝いに :2005/06/14(火) 21:25:41 ID:4gwiYCIl
超デラックスは2000円

323 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/17(金) 20:17:27 ID:X/QitzmC
>>320
「1,000円のでいいや」

324 :この子の名無しのお祝いに:2005/06/17(金) 20:25:30 ID:PogE7AWY
>>323
携帯用のティッシュと合計で
1030円になります

325 :この子の名無しのお祝いに :2005/06/17(金) 21:40:54 ID:M9+GzR+B
俺だって処女じゃないよ!!

326 :勇作:2005/06/18(土) 00:25:53 ID:boq7bTm+

そう言うのを草野球の捕手って言うんだ、ミットもない・・・・・

328 :この子の名無しのお祝いに :2005/06/18(土) 16:33:27 ID:Cq/Y7wCd
おまいらよく覚えてんなー 何回もみてるんだねw

359 :この子の名無しのお祝いに :2005/08/28(日) 12:05:07 ID:cxl6BPtC
ヤルのに必死な武田と途中で泣き出す桃井
最悪な男と女の組み合せが激しくおもろかったなぁ

135 :この子の名無しのお祝いに :05/01/30 11:06:14 ID:C8M0b6Ei
あんた奥さんですか?

なにげにこのセリフがすき

363 :この子の名無しのお祝いに:2005/09/16(金) 13:21:43 ID:tO7+o6EB
ここまで来たんだろ-
なんだよ、散々、格好いい事いってさ-!

分かったよ!帰ればいいんだろ!帰れば!
あ-あ!ガソリン代そんこいた!

123 :この子の名無しのお祝いに:05/01/16 00:02:23 ID:Ha30ubYR
この撮影中はテツヤは無免許だろ?運転シーン満載とはこれいかに?

384 :ラジオ関東:2005/12/25(日) 02:14:30 ID:9ukrNk7m

41dQ0l+1QV_20110415215451.jpg

小汚い警官役の渥美清を見ると、こざっぱりとした寅さんは、彼にとっての2枚目役だったんだなあと実感。

267 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 00:08:31 ID:76KQkyqD
勇さんは渥美清のほうがぴったりくるように思うんだけど
高倉健だと無理がある場面があるように思う。

268 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 00:19:51 ID:Q+pp0qdz
そうなると武田鉄矢と漫才コンビになっちゃうよ!

270 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 12:01:19 ID:HixZez5p
武田鉄矢に説教するところは渥美清のほうがぴったりくるし、
倍賞にたいする恋心も渥美清のほうがぴったりくるし(健さんだとどうも変

271 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/24(日) 13:03:13 ID:ZaCq5b/6
>>270
>倍賞にたいする恋心も渥美清のほうがぴったりくるし

もっと変だろwww

273 :この子の名無しのお祝いに:2005/04/24(日) 21:25:05 ID:NnThBfRW
山田監督の最初の構想は渥美清の勇さんだと信じる

275 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/25(月) 00:00:14 ID:WayfjtD0
>>273
山田監督は勇さん役の俳優についてはかなり迷っていましたが,若いスタッフに
高倉健ではどうか?」という意見が出て,その名前をきたい瞬間,「健さんならできるな」
と直感したようです。
シネアルバム「高倉健」にそんな山田洋次の話が出ていました。
渥美清も念頭に浮かんだ俳優かわかりませんが…

276 :この子の名無しのお祝いに :2005/04/25(月) 01:48:46 ID:/YWE790m
高倉健が、報酬にパーセンテージを要求して、
城戸四郎のアホが反対したから、
高倉健の主役は流れそうになったけど、
なんとかねばって高倉主役を実現した。

小林久三「日本映画を創った男―城戸四郎伝」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4404028008
↑に書いてあります。

だから、なんとなくじゃなくて高倉じゃないとこの映画はダメって気持があったと思われ。


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/15(金) 22:23:03|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「この人、勘違いしすぎw」っていう映画監督といえば? | ホーム | 【映画】リメイク版「ロボコップ」の主演候補にジョニー・デップ、トム・クルーズ、キアヌ・リーヴス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1876-dd7fb699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。