2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

牛の鈴音

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1262513678/
41dQ0l+1QV_20110410162221.jpg

1 :びあれ主任φ ★:2009/12/15(火) 11:36:20 ID:??? BE:735033986-2BP(8000)
農家を営む79歳のチェ爺さんには、長年一緒に働いてきた耕作用の牛がいる。牛の寿命は
15年というのに、この牛は40年も生きている。しかし最近はそれも限界。獣医は「そろそろ
寿命だ」とチェ爺さんに告げる。チェ爺さんはお婆さんと二人暮らしだが、農作業を休む事は
ない。苦労は絶えず、お婆さんのグチも尽きない。「牛を売って隠居したら」と子供たちは
言うがお爺さんは答えない。お爺さんは、このままの生活が一番なのだ。
[ 2009年12月19日公開 ]

キャスト・スタッフ
監督・脚本・編集:イ・チュンニョル
出演:チェ・ウォンギュン、イ・サムスン


2 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/03(日) 20:05:02 ID:IrNs9irN]
牛とおじいさんとおばあさんの映画です
ただそれだけです

4 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/06(水) 08:16:39 ID:wLvlTOum]
牛のおかげで私達は育ったと言いながら焼き肉を食べる韓国人

5 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/06(水) 10:47:16 ID:L8OkF63u]
>>4
どの国もそうだよ。

6 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/07(木) 07:52:33 ID:Srby1LAU]
なんともいいがたい映画だけどこういう映画結構好き

7 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/08(金) 09:11:53 ID:mbL9V++U]

51BVXZqazi_20110410162221.jpg

爺さんは単に頑固なだけで
あまり賢くないな。
牛への愛情も雑な対応が嫌だった。
そんなに美化するほどの内容でもない。

10 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/10(日) 20:16:54 ID:RZrS2mu/]
誰も美化なんかしてないが

11 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/15(金) 13:07:19 ID:IuDO796D]
お涙頂戴な映画だとしたら行く気しないんだけど、>7 のレス読んだらそうでもないっぽい?
韓国の人の機微に触れて、泣ける!って事になってるだけで作品自体は割と淡々としてる、のか?
韓国農村の普通の年寄りの生活を切り取った映像って異文化物としてはちょっと興味がわくな。
ウチも田舎が農家で昔は牛飼ってたらしいから余計に。でも上映館少ないなーw

12 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/16(土) 09:10:46 ID:K0qlsEZy]
淡々としてるどころか自分で何かを感じ取らなければいけない程空虚に流れていくよ
田舎が牛飼ってるような家なら見てもいいかもね
だからなんだ?で終わりそうな気もするが

8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/08(金) 12:46:34 ID:v4+kxrST]
動物虐待映画だった

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/10(日) 03:21:20 ID:0i1uol+c]

jack.gif

牛を飼いたくなったw

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/24(日) 23:55:00 ID:ckoQgzsM]
構図が素晴らしい。
どの場面も一枚の絵になる。

牛が涙を流すシーン。
牛肉の輸入自由化反対デモの前を牛が横切るシーン。
どちらも奇跡のような瞬間だった。

14 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/25(月) 06:19:00 ID:S9pZpyPy]
何ともいえない映画だよなぁ
韓国映画って見ないけどこういうの出されると評価せざるを得ない

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/25(月) 10:39:14 ID:EY2IkHKK]
淡々とした作風なのに音楽の使い方だけ変にあざとかった

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/26(火) 00:06:41 ID:a1ZoDjN4]
>>15
胴衣。
自分の場合、自然の音とか、間断なく流し過ぎに感じた。

メインは爺さんと牛の映画だけど、
婆さんの苦労も気になった。

17 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/26(火) 00:14:30 ID:kzD5wv5F]
>>15
あざといまでは思わなかったが、音楽はなしの方が良かった。
引き算、引き算の映画なのだから。

老牛。
名前はなかったのか。
じいさん、名前は付けていなかったのか。

37 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/08(月) 19:34:33 ID:r7euu4Nq]
>>17

大陸、半島では飼っている動物には名前つけないらしい
中国では例えば、犬だったら小狗、狗とかしか呼ばないなど

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/26(火) 01:33:05 ID:wdcdVhmA]
それぞれのシーンの作りこみが、いかにもやらせぽくて萎えた。
自然な動きじゃなくて、監督がいかにも「じゃあ、じいさん、そこに座って」だとか
「じゃあばあさん、そこ歩いて」か。そんな指示ばかりだして
監督が自己満足で撮ったような印象を受けた。

あと、ちらしに「あったかい」映画とあったが、どこがあったかい?
わがままなじいさんにこきつかわれた、牛とばあさんがいて、ほんとうに
たいへんな思いをした、てだけの話。牛とばあさんには、本当に同情する。

19 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/27(水) 20:29:44 ID:DDFjqP8f]
あったかくは無いなたしかに
ただ牛とばあさんが可哀想とは微塵も思わない
18は屈折してる

20 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/28(木) 00:50:10 ID:dolJ6wuE]
おそらく見る側がおっさんの場合は、爺さんに甘く
女性や若者は爺さんに批判的だと思う

21 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/28(木) 01:01:33 ID:XI4iLUxv]
何が幸せで何が不幸せか、誰が幸せで誰が不幸せか
分からないのがこの映画の面白さ。
牛もばあさんも不幸せかどうか分からない。
本人(牛)にも分からない。

22 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/28(木) 07:14:52 ID:aJfNTG6p]
最後のばあさんのセリフが全てだと思うけどね
たしかに何が何だかわからないしわからせようともしていないと思う

25 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/01(月) 01:22:04 ID:WAyftB5K]
結局爺さんと婆さんと牛の間に愛情を感じられなかった。
若い牛との間に仕切り1枚入れてやればいいのにとか。
婆さんの延々と続く愚痴は本気っぽいし爺さんよく胃に穴開かないなとか。

51jQIr2oWd_20110410162220.jpg

主題なのに鈴音後からかぶせてるのがみえみえなのもいかがなものかと・・・。
これは邦題だけなのか。

27 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/01(月) 08:13:07 ID:6lY7FTTW]
>>25
原題は「ウォンナンソリ」(牛鈴の音)。
英語タイトルは「Old Partner」。

28 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/02(火) 00:57:54 ID:RMQwcics]
まさか人生の中で牛が死ぬシーンで泣くことがあるとは思わなかった。

こないだは青くて細長いエイリアンに萌えそうになったし、30過ぎても色々な
経験ってできるもんだな。

32 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/05(金) 00:00:54 ID:atKXXqO2]
不覚にも涙してしまったわ

33 名前:名無シネマ@上映中 [2010/02/05(金) 07:19:11 ID:ylUjc5on]
映画で涙するというよりも
自分の周囲の何かに置き換えて目頭が熱くなった

35 名前:名無シネマ@上映中 [2010/02/05(金) 20:41:06 ID:jmWgpXI9]
ラストの感想書くとネタばれになっちゃうのがもどかしいが、とにかくいろいろ
考えさせられた。
なにがみんなにとっての幸せなのかと。じいさんとばあさんとばあちゃん牛。
ばあちゃん牛がご主人であるじいちゃんのことが好きなのは表情でよくわかった。
あれだけ大切にしてもらえれば長生きするよな、こき使われてても。
でも人間の奥さんであるばあちゃんは、隣近所みんなが機械化農薬使用で楽に
なっていくのを何十年も見せつけられつつ、50年以上同じ生活を強いられたわけで。
ばあちゃん16歳で嫁にきたっていうからじいちゃんより10歳以上下なのかと
思ったら、3歳しか違わないのね。パンフ見てビックリ!じいちゃん19歳で
結婚したのかよ!韓国は数え年だから、実際はそれより2歳ぐらい若い可能性も!
 秋夕のときじいちゃんのジャンパーがボロボロだなーと思って見てたら、次の
シーンからいい服が増えていってるのが可愛かったw子供たちが見かねて送って
きたのか。

36 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/06(土) 21:58:34 ID:E6b+7oM1]

77219_20110410162219.jpg

ばあさんのツンデレ萌え映画
なんだかんだ言って、それなりに幸せ感じてると思う

38 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/08(月) 19:37:39 ID:r7euu4Nq]
>>36

まあ、ラストの台詞でそれは現されてると思う

46 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/28(水) 08:06:27 ID:CjKGtPpQ]
この夫婦、まるでボケとツッコミだね。
笑え!ってヒドいw

40 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/22(月) 00:21:26 ID:dijdvarp]
おんぼろラジオが唯一のメディア器機みたいにこれみよがしに出て来るんだが、一瞬室内にテレビが映るのが違和感あったw

41 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/31(水) 01:08:37 ID:5OOZSlmw]
ある程度若いうちに引退しとかないと大変なことになる、という映画だった
年取ると、引退する気力もなくなるんだな

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/27(火) 00:24:56 ID:lF0Fi1yK]
売りに出される牛が涙を流したり、
デモ隊の前を横切ったりとかのシーンは、
「演出じゃねえの?」とつい思ってしまう。

いや、別に演出でも偶然でもいいんだが
挿入の仕方とか結構あざといなあ、と。

45 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/27(火) 21:41:50 ID:aKfDskl/]
それが編集だし、撮った大量のフィルムを全部見せられても
困るかと・・

49 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/01(土) 21:19:19 ID:iVS4k0fu]
>>45
いや、別に編集するなと言ってるわけじゃないw
やるならもっとさりげなくしてほしいってだけだよ。

52 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/03(木) 00:27:39 ID:QbMet7A4]
悪い映画じゃなかったし、いわゆる「お涙頂戴」とは違う。
けど、作り手の意図がチラつく時があったとも思う。
牛が涙流すシーンとか、2箇所程ストップモーションになったりとか。
あと、勘違いかも知れないが、あの鈴常にいい音しすぎじゃない?
録音してかぶせてあるのかな・・。

20071115_inutowatashi_main_20110410162218.jpg

53 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/03(木) 16:48:28 ID:kFRaGkhw]
やたらチリンチリンうるさいよな

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/03(木) 17:59:16 ID:TgpAqrpt]
馬鹿だから加減を知らないんだろうな
他にも演出が鼻についたよ

爺婆の生きざまをそのままで良かったのにな

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 22:40:19 ID:Z74jxlDX]
そんなに遠慮してたら韓国でヒットできないだろ

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/20(日) 17:35:35 ID:TrWNnz2A]
韓国映画にしては、控えめな演出だった
評価高い監督の映画でも、過剰な演出がデフォなのが韓国だからな

59 :名無シネマ@上映中 :2010/09/23(木) 15:42:53 ID:P36g+Tc/
牛さんをもっと大切に大事にしてほしい

60 :名無シネマ@上映中 :2010/10/07(木) 17:53:57 ID:7mqnnyPV
観てきた
言おうと思ってたことはほとんど書かれてるな
SEがうるさい、演出にあざとさを感じるところありetc
客のジジババたちには婆さんのボヤキがエラくウケてて、いちいち笑いが起きてたけど

とはいえ、ちょっと斜に構えて油断して観てたら鼻輪はずすところからヤバかったぜ…


関連記事

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/04/25(月) 21:16:42|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】アメリカの有名映画評論家、鑑賞せずに批評執筆した疑惑でクビ | ホーム | 【海外芸能】イーサン・ホークに4人目の子ども 再婚した元ベビーシッターの妻が第2子妊娠>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1863-6b44507f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。