2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブレイブ ストーリー

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1140923693/
14_alikeh_20110403012155.jpg

1 :名無シネマ@上映中 :2006/08/08(火) 00:47:27 ID:QHVUX4X2
2006年夏、大巨人ジブリに
フジテレビと宮部みゆきという大ブランドで・・・
立ち向かい・・・ました・・・

▼スタッフ
監督:          千明孝一
脚本:          大河内一楼
キャラデザ/総作監:千羽由利子
音楽:          JUNO REACTER
音響監督:       鶴岡陽太
3D監督:        白井宏旨
撮影監督:       吉岡宏夫
編集:          瀬山武司
色彩設計:       内林裕実
美術設定:       小林誠/村田峻治/平澤晃弘
アニメーション制作: GONZO http://www.gonzo.co.jp/
製作総指揮:     亀山千広
主題歌:        「決意の朝に」 Aqua Timez http://www.aquatimez.com/

▼キャスト
ワタル:   松たか子
ミツル:   ウエンツ瑛士
キ・キーマ: 大泉洋
ミーナ:   斎藤千和
カッツ:   常盤貴子


447 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 00:24:56 ID:6aNuelYk
試写見た。
松上手い。ウエンツ結構いい。大泉もいい。常盤はそこそこ。
虻川が上手い。インパルス板倉がヤバイ。

448 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 00:29:36 ID:3wLgAYeV
>>447
どこの感想見てもそんな感じだな
声はインパルス以外は大丈夫っぽい

451 :447 :2006/06/25(日) 00:41:55 ID:6aNuelYk
>>448
そうみたいだな。俺は正直ウエンツでガックリきてたんだが、
心配してたような酷いものではなかった。むしろミツルに合ってたな。
試写後に近くにいた人達と話したんだが主要キャストに関しては概ね好評。

453 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 02:45:03 ID:AP5jDivV

41dQ0l+1QV_20110403012154.jpg

タレント起用の声優としては成功じゃまいか。
松のうまさにビックリした。松たかこって言われなきゃワカンネ。
ウエンツも言うほど違和感無い。

519 :名無シネマ@上映中 :2006/06/26(月) 22:24:39 ID:J+w2LjJP
今回いちばんおどろいたのが松の才能。
声優発表時はあんなに少女声だったのに、いつのまにか少年声をマスターしていた!!

521 :名無シネマ@上映中 :2006/06/26(月) 22:50:33 ID:42BJpiOc
松の少年声はリアルな少年声だな
ホームアローンとかでの矢島晶子みたいな感じ

454 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 03:30:14 ID:uoW9fI1d
ウエンツは声が幼いのはミツル役に適してるけど、
いかんせん棒読みが目立って見てて感情移入できなかった。

456 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 05:45:57 ID:gmzuCvqS
>>454
アイドルだから許してやれ

457 :名無シネマ@上映中:2006/06/25(日) 09:18:28 ID:0FKi1KBn
>>456

51BVXZqazi_20110403012153.jpg

もはやアイドルではないわな

452 :名無シネマ@上映中 :2006/06/25(日) 01:08:49 ID:GQQDZmVQ
で内容の感想は?

506 :名無シネマ@上映中 :2006/06/26(月) 18:36:42 ID:C0Stp991
試写

なんか平板。盛り上がらん。
幼児向けではないしイマドキの小学生にゃ既視感強すぎるだろう。
強いて言うなら親御さんに好印象だろう。

509 :名無シネマ@上映中 :2006/06/26(月) 19:59:48 ID:EHLQOabY
>>506
既視感の意味わかって使ってる?

514 :名無シネマ@上映中 :2006/06/26(月) 21:26:31 ID:6Rzi6QUw
文章の組み込み方としては間違っているが
「どこかで見たようなものの繋ぎ合わせ」の結果の感覚なら
あながち間違ってはいない

580 :名無シネマ@上映中 :2006/06/27(火) 23:09:22 ID:PI8JQTEt
試写行ってきたよ。
二時間弱では短かったんだと思う。
詰め込みすぎで観てる方がちょっとついていけない。
いきなり仲間が増えたと思ったらもうクライマックスだし。
絵も綺麗だけど、「カーズ」に比べたら見劣りするし。


以下ネタバレ


ラストもご都合主義的な気がする。
結局ミツルが死んでないのは納得出来ない。しかも妹まで生きてるし。
ミツルが向こうの世界でたくさんの人を死なせたのは事実なんだし、
その報いを受けるべきだと個人的には思った。
女神に対してワタルが言った言葉には感動したが、
最後にミツルが出てきたから萎えた。さんざん人殺しておいてハッピーエンドじゃねえだろ。

583 :名無シネマ@上映中 :2006/06/28(水) 00:31:05 ID:1BFpSj5u
原作しか読んでないけど、あれはワタルが作り出した世界だから、実際は幻界
のミツルは実在するミツルとは別人なんじゃないかと思ってた。
ヴィジョンはみんな違うって言ってたし…

やっぱ原作読んでいったほうがよさげだね。

585 :名無シネマ@上映中 :2006/06/28(水) 02:19:41 ID:qJfd4mp2
>>583
ワタルとミツルが互いに気にかけてるところがあるから幻界の中でも出会うことがある
っていう説明なかったっけ…
よくわからん

782 :名無シネマ@上映中 :2006/07/03(月) 01:37:10 ID:akjKRE/Q
試写会を見て来ました
私は原作を読んでない状態で見たのですが、正直ちょっと作品の中だけで盛り上がってしまいついていけない部分がありました

ちょっとネタバレが入りますが、ビジョンの世界観がいまいちよく掴めず、また最後の玉?がある国と戦争する理由もわからないまま主人公らが戦いを止めるべきだと焦っていたりと頭に?が浮かぶことがしばしばでした
原作を読んでいた友達は『こんなんじゃないから!原作は本当面白いから!』と言っていました
批判と捉えられてしまったらすいません
観た方がいらっしゃったらどう思ったか聞かせていただきたいです
楽しみにしている方を嫌な気分にさせてしまっていたら本当申し訳ないです

783 :名無シネマ@上映中 :2006/07/03(月) 02:36:20 ID:B2f+DH8d
>782
原作読まずに見た人はみんな同じ意見だと思うよ
きっと原作は壮大なストーリーなんだろうなあって事だけは分かったけど、如何せん料理が下手
2時間弱の尺の中にあれもこれもと詰め込みすぎた結果
結局どのエピソードも薄味になってしまい印象に残らなかった
世界観の把握や登場人物へ感情移入する機会を与えられないまま
矢継ぎ早にどんどん次のシーンに移っていってしまうので置いてけぼり感は拭えない
見終わった後には消化不良でもやもやした気持ちになったよ

802 :名無シネマ@上映中 :2006/07/03(月) 15:42:30 ID:Gf4zgZjk
あと30分尺を伸ばしてキャラや世界観をもっと掘り下げるか、
多少クオリティが落ちても深夜枠で2クール使ってTV放映するかした方が良かった
上映終了後の会場の気まずい空気といったらなかったよ

616 :名無シネマ@上映中:2006/06/29(木) 07:00:01 ID:M0DPeHEQ
なんかもうね、ベタな上にデフォルメが中途半端なんだよな。
特に、ジャンプの腐向け作品みたいなキャラデザインが最悪だ。
ポポロクロイス並の絵柄にするかハイセンスにするかどっちかに汁。

780 :名無シネマ@上映中:2006/07/11(火) 05:08:22 ID:OOBf+JxY

77219_20110403012151.jpg

人間キャラが皆、鼻が無いように見えるのが凄く気になってしょうがない
んだけど。

770 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 23:35:36 ID:MnVcLDR7
そんなことより、主題歌の「決意の朝立ち」っていい曲だよな

772 :名無シネマ@上映中 :2006/07/02(日) 23:46:02 ID:6VjBYSIH
決意の朝に、ですよ

773 :名無シネマ@上映中 :2006/07/02(日) 23:47:40 ID:l2muP3yN
いや、770は僕たちを愉しませるためにギャグを言ったんだと思うよ

774 :名無シネマ@上映中 :2006/07/03(月) 00:01:51 ID:92NgiiUD
さわやかなギャグをありがとう



http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1152324677/
20071115_inutowatashi_main_20110403012150.jpg

26 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 13:44:03 ID:KYQPpGGp
かなり面白かった…と言ったら広報スタッフ扱いされちゃうかな?
ジブリ以外のアニメ映画を見るのは初めてだったけど、
話もきちんとしてるし絵も綺麗で良かった良かった
夏の夜あたりにまた見たい映画でした。

59 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 16:38:53 ID:KYQPpGGp
子供向けのはずなのに、わりと生々しい話が多かったなぁ
病院?でお父さんが「自分のために生きたい」みたいな話をするところや
ミツルの過去話とか

60 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 16:40:33 ID:eYdeDUJ+
>>59
原作が子供向けじゃないからな。

最初フジが子供向けにしようとして宮部からクレーム出てうんぬん・・・

596 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 15:09:30 ID:KD/dDCuP
劇中

14_alikeh_20110403013851.jpg

「パパは出てかないよねー」って叫んだ子供がいて
失笑が起こった……

69 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 16:56:39 ID:dOEGToim
原作未読で観てきました。55点。

ミツルはなぜビジョンと現世を行き来してたのか?
キ・キーマには結局どんな幸運が訪れたの?
あとカッツはかっこよかった。
獣人みたいな仲間となにかあったっぽい描写があったけれど
あれは原作にあるの?あるなら原作読みたい。

まず、ミツルがビルで安っぽい呪文を唱えるシーン
この時点ですでに、物語の世界への吸引力が感じられないアニメだなと思った

現世でワタルとミツルに起きた出来事がやけにリアルなのに対して
ビジョンでの冒険がお気楽勇者ごっこすぎて、うわすべりしてたと思う
最後にミツルが出てきてしまうと、ラスト手前のシリアス部分に意味がない。
大人の視点からはビジョンのすべてがとにかくうすっぺらいので
ファンタジーにも心の成長ものにもなりきれてない感じがした。

72 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 16:58:51 ID:EjM4eEQM
エヴァ見に行ってきた気分だった
カヲル君もどき出すとか
主人公の内面とか
もういいかげんやめて欲しい

アニメだってスピードグラファーレベル
枚数が少し多いテレビクオリティー
もう阿保かと

79 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 17:09:47 ID:M+WMoSBM
スピグラレベルってw
嘘をつけ。

80 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 17:14:57 ID:VevYbWAX
CGはなかなかだった

86 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 17:36:18 ID:SwB4LTnX
絵的に手を抜いてる感じ。
内容よりも見てて疲れた。
こういうのこそパヤオか東映あたりに作らせたほうがよかったのでは。

91 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 17:47:13 ID:SwB4LTnX
とにかく至って凡。
大作扱いするわりに特有のプレミア感がない。
お金を払って見るよりテレビで普通に流して終わり、でいい。
アニメを作っている人たちがアニメの作成方法を難しくして苦労しているようなぎこちない映画だった。
コナンとかクレしんのほうが出来はいいと思う。
結局大したことないアニメのに大作感を出そう出そうとしている演出とかが嫌だった。

206 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 21:54:27 ID:u5Q/pKhU
ゲーム世代のガキを狙った安~いRPG的展開
          +
馬鹿な親が安心してガキに観せられる為の安~い説教のてんこ盛り
          +
    フジテレビのしつこい大量宣伝 

=ブレイブストーリー  

208 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 21:59:05 ID:Ra35mTeb
ゲーム世代のガキを狙った安~いRPG的展開
          +
馬鹿な親が安心してガキに観せられる為の安~い説教のてんこ盛り
          +
    フジテレビのしつこい大量宣伝 

=水の旅人~侍KIDS

=ジュブナイル

=ブレイブストーリー


まあ伝統だから。

142 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 18:49:40 ID:XhhVXKH6
しかし、メリットのトラック通ったときは吹いた

41dQ0l+1QV_20110403013752.jpg

145 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 18:53:21 ID:SdIVtuth
>>142
トラック以外にもメリットのロゴがあったね
あんなにデカデカと

696 :名無シネマ@上映中 :2006/07/10(月) 23:43:08 ID:/1tvlU+2
メリット吹いたwww

711 :名無シネマ@上映中 :2006/07/11(火) 00:17:06 ID:1nNoML+d
原作未読だったけど、
・少年
・冒険
・ファンタジー
の3つの要素から「王道の予感」を感じて見に行った。
大当たりだった。嬉しかった。

716 :名無シネマ@上映中 :2006/07/11(火) 00:27:12 ID:fHv9YUsG
>>711
禿同
アニメにしろ映画にしろ、こういう原点に立ち返った
王道の作品が最近無いんだよね。
原作読んでから見に行ったけど、よくまとまってると思った。
限られた時間だから、切れる所はバッサリ切らないと
重要なところがグタグダになる。友情割引で1000円で見れたけど、
それ以上の価値がこの映画にはあると思った。多分DVDも買う。

272 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 00:27:22 ID:FU3Rfcdv
だいたいなんで最後生き返ってるんだよ
この映画行き当たりばったり感が強すぎ
だいたい旅人がくるたび闇の宝玉ねらってんのか?
それじゃ旅人がなんで好かれてるんだよw
世界観設定もメチャメチャw

276 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 00:30:04 ID:mHafNPzx
>>272
おお、ほんとだ、そうだよなー。
確かにおかしいなぁ…
実は闇の宝玉はいっぱいあるけど、
ミツルがたまたまそれ狙ったとかあるんとかね・・・

335 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 05:24:23 ID:gFswsTz7
元々、原作で肝になってるのは幻界での冒険の筋書きじゃなくて、
そこにいたる動機とか、ワタルの葛藤や選択だからなぁ。

時間の都合とお子様向けの調整で、そのあたりが薄っぺらに
なってしまったのが痛い。
そうなると結局残るのはいかにもゲーム的としか捉えられない世界観だけ。

336 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 06:25:07 ID:ZNU9Upkw
とはいえ原作もくどい感じだけで、大して面白みも無いんだけどな

509 :名無シネマ@上映中 :2006/07/10(月) 01:12:54 ID:reZixh4u
観てきた。
原作未読なので、なんか設定がよく分からなかった。
「ワタルの父親が自ら、女の人と暮らすと言った場面、
ミツルの家族の無理心中で母親の知人男性も死亡とか」
のあたりだけ宮部みゆきっぽいと思った。

308 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 01:04:30 ID:369+4lcV
原作のミツル死ぬ時のワタルとミツルの会話がかなり感動したんだが…。
映画ではどうなってるの?原作の会話の内容が省略とか変更とかされてる?

352 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 09:52:01 ID:TgyR/zxx
>>308
原作のそのシーン自分も好き
特にお祈りするところが、カッツの時とも繋がって感動するシーンになってると思うんだ
でも映画にはお祈りシーンなし(´・ω・`)

361 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 11:09:28 ID:ql3/Qavr
>>352
あそこのシーンはマジでくる
ミツルーーーーーー゜・(ノД`)・゜ ・

496 :名無シネマ@上映中 :2006/07/10(月) 00:04:36 ID:NhLoIMR0
>>352
お祈りシーンないのか…(´・ω・`)
原作の「~悔いているか」に対してミツルが「…はい」
って答えた瞬間に涙が大量に出てきた。(その前から既に泣いてたけど…)
映画にはないのか…残念だ…。

501 :名無シネマ@上映中 :2006/07/10(月) 00:48:29 ID:phTXCpAC
結局のところ、小説のワタルがミツルにお祈りする場面で泣けた人が
真の勝ち組。

503 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 01:06:07 ID:KD/dDCuP
ちょっと原作未読組にはひどすぎない?
この映画。

それでも原作面白そうだと感じて読んでみたくなったけど……

244 :名無シネマ@上映中 :2006/07/08(土) 23:57:37 ID:u5J1Tngc

51jQIr2oWd_20110403013751.jpg

ミツルはどうして妹だけ生き返らせたかったんだろう?
原作読めばわかる?

274 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 00:27:56 ID:Vz9he00Y
>>244
家庭事情があってなのかと思ったんだけど、
その理由だったら萎え。

279 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 00:32:35 ID:TgXRKxDg
>>274
ミツルは、もちろん家族を取り戻したいと思っただろうけど、でも自分よりもずっと小さかった妹までも死んでしまったことを凄く悲しんでたんだよ。
せめて妹だけでも助かっていたなら、って原作で言ってた。。。
家族全員を取り戻すことが無理だとしても、妹だけは絶対に取り戻す、ってね

298 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 00:48:03 ID:1IyBpRId
ラストは原作通りなのか?

484 :名無シネマ@上映中:2006/07/09(日) 22:01:12 ID:EvjwX0t0
原作じゃミツルは引っ越しで終了
生き返るというイベントはない

574 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 08:00:56 ID:zRLOkSmi
ラストカットが好きだな、ワタルがフレームアウトして暗転するタイミングが良い
へたにあのあと会話とかないのがよかった

356 :名無シネマ@上映中 :2006/07/09(日) 10:39:08 ID:Ezesmrrj
昨日レイトで見てきた。原作未読。
入りは70パーくらいで土曜だからカップル多かった。
「お試しの洞窟」ってフレーズでまずハァ?と思った。話の大筋もRPGの王道。
たぶん原作ダイジェスト映画になってるんだろうとは思うが。
あーはいはいお説教ですか~って感じる部分がよくある。
つか全体的にそうだし、運命変えに行くより倒れた母親の傍についててやれよ、とまず思う。
可愛い絵柄と少年たちがビジョンに背負ってきた重い現実にギャップがあって変な感じ。
でもミツルの過去バレ~死ぬとこはちょっと泣いた。
最後のミツルと妹がいるのは、ワタルが僕の仲間たちに未来を~って願ったからだと思ってた。
声優はカッツが下手に思った程度。

51BVXZqazi_20110403013752.jpg

自分の結論として、ヒヨコとミツル萌え映画。
カラーヒヨコのぬいぐるみ、グッズにないの?

538 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 02:08:34 ID:M/Y7gmyZ
宮部みゆきは今回は試写途中で立ち去らなかったから期待できると思ってたのに…

539 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 02:11:02 ID:eZ4qrH/D
宮部みゆきはよく最初の1時間ちゃんと見れたなw
鬼門だぞアレは

77219_20110403013750.jpg

カエル道はカエルなんだ、カエルの像にとびこむ時とかしょっぱなの時点で
客席からワケワカンネとか聞こえてきたし

570 :名無シネマ@上映中:2006/07/10(月) 06:48:00 ID:KD/dDCuP
主要(?)キャラ同士の接する部分が少な過ぎる
猫娘なんかそんな会話してないのに、いきなりキスされてるし
トカゲ男は初対面の食事シーンくらいしかやりとり記憶ないし
ってか名前呼び合うシーンがあまりないから名前覚えてない

展開の説明が少な過ぎる
途中の敵の魔法使いは訳分からんし…
いなかったはずのキャラがなんの前触れもなく一緒にいたりするし、
仲間が捕まった理由も分からんし
ワタルが坊主に狙われた理由も分からんしなんていうか
それぞれの章(?)の結果だけを並べられた感じで起承転結の集まりじゃなくて結だけの集まりと感じる。

577 :名無シネマ@上映中 :2006/07/10(月) 08:48:57 ID:P4ne6Z1d
>>570 には同意
キキーマ、ミーナは原作ではもっと色々なエピソードを経て絆を深めていったが、
まぁ映画は時間の都合上しょうがないとはいえ、なんか仲間がどうこう言うには説得力がないよな。

でもラストは素直に感動した。
ミツルも願いが叶ってよかったね(つД`)


関連記事

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

  1. 2011/04/09(土) 21:29:55|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【訃報】映画「十二人の怒れる男」監督シドニー・ルメット氏死去 86歳  | ホーム | 好きな映画を1つ思い浮かべてスレを開いてください>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1844-873264bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。