2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

息もできない

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1269041968/
41dQ0l+1QV_20110328000347.jpg

1 名前:※ZARDではありません mailto:sage [2010/03/20(土) 08:39:28 ID:EEXBfKC0]
史上初!第10回東京フィルメックス 最優秀作品賞&観客賞ダブル受賞!!
3月20日(土)より、シネマライズ他、全国順次ロードショー!

愛を知らない男と、愛を夢見た女子高生。
傷ついた二つの魂の邂逅。
世界が泣いた。世界が震えた。
http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/

国際映画祭、映画賞で25以上もの賞に輝いた、
製作・監督・脚本・編集・主演ヤン・イクチュン鮮烈すぎるデビュー!

2 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/20(土) 08:40:35 ID:EEXBfKC0]
監督・脚本:ヤン・イクチュン  編集:イ・ヨンジュン、ヤン・イクチュン  撮影:ユン・チョンホ  美術:ホン・ジ
録音:ヤン・ヒョンチョル  製作:ヤン・イクチュン  音楽:インビジブル・フィッシュ
出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン
英語題:Breathless/2008年/韓国映画/130分/1:1.85/ドルビーSR /レイティング:R-15
提供:スターサンズ  配給:ビターズ・エンド、スターサンズ


4 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/20(土) 21:32:55 ID:oa0fSB95]
後味悪いんだが、よく観客賞とれたよな
つまらなくはないんだけど

3 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/20(土) 16:44:10 ID:nzcRmeyp]
原題は「くそバエ」だとかどっかで読んだ

7 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/21(日) 17:57:59 ID:xx7A+Kns]
ZARDのラブソングみたいな邦題に監督が怒ってたな
「俺の映画は『ラブで息もできない』じゃなくて『ボコボコにされすぎて息もできない』ってことだぞ!」だそうなw

195 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/19(水) 04:47:22 ID:AvTcUP7S]
水道橋博士が言ってたことなんだけど
辛く苦しい場面が続き、まさに「息もできない」シーンの連続
って考えれば邦題も悪くないかなと思う

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/21(日) 18:24:09 ID:3NPMPYIO]
映画秘宝でかなり絶賛されてたけど
載っていた監督インタビューも面白かった。
映画のサンフンのイメージが強いけど
本人は饒舌でユーモラスな人だった。

この映画女子高生との恋愛みたいな宣伝してるけど
実際観ると全く恋愛までには至っていない。
家庭がボロボロ状態で虚勢を張って生きていた者同士が心を邂逅させ
殺伐とした状況の中で少しだけ希望を持った瞬間を描いた映画。

駅の改札で不安げに待っていて、姿が見えてふわっと笑う所とか
何気ないシーンが結構グッときた。

10 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/21(日) 23:49:14 ID:XgRJXNZ3]
そうそう、恋愛とは違う。
父性と母性で互いを見守る感じ?
あとオアシスも少し思い出した。

27 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/24(水) 19:50:27 ID:CUK/IDyK]
>>10
私もオアシスを思い出しました。
いずれにせよ、邦画関係者は切歯扼腕するしかないですね。

13 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/22(月) 13:35:51 ID:iXBerNOV]
いい映画だった。主人公、女子高生、甥の三人でデートみたいなことしてるシーンがぐっときた。

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/22(月) 15:23:35 ID:WDgPU49i]
すいません、見た方に質問なんですが、(以下ネタバレ注意)


img_986828_28800749_1_20110328000910.gif

最後、女子高生の弟が屋台を襲うところで主人公とオーバーラップするシーンは暴力の連鎖を表したシーンなんですか?
それとも女子高生が「自分の母の屋台を壊し、死においやったのは主人公だったことに気付いてしまった」シーンなのでしょうか?

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/22(月) 16:43:48 ID:+h+KZqpb]
>>15
ネタばれかもしれんので余白空けます


まだ映画を一回だけしか観てないので確認できないけど
女子高生が母親と一緒に居た時点で
屋台を壊す数人の中にサンフンらしき人物が居たような気もする。

ラストの女子高生の顔の表情を見れば両方可能性があると思うけど
ただサンフンは女子高生の弟と一緒に仕事をしててるとは思ってないし
(同じ名字だなと言う場面はあるけど)
女子高生もサンフンの仕事や過去を殆ど知らず
サンフンの運命に弟が関わっているとは分かってないみたいなんで
(弟は逮捕もされてない)
私はあのシーンは暴力の連鎖を象徴するシーンだったと思ってます。

17 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/22(月) 21:24:52 ID:oGPPaOtJ]
その女子高生の母親を殺したのはサンフンなんだよね?
左腕の傷が出てくるシーンもあったし。

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/30(火) 23:36:39 ID:ht7tR9KD]
>>17
傷あったよね

45 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/02(金) 02:44:26 ID:DkNLO3Gf]
>>17
自分でも「えええーっ」って思うんだけど
以下ネタバレね


サンフンの事務所での着替えのシーンが不自然だったんだけど
あれで弟に腕の傷見られてるんだよね。
それで弟は母親の仇と気付いてサンフンを殺したのかな?
とーても疑問(弟はサンフンが腕切られた所見てないし)なんだけど
そうじゃないとあのシーンは必要ないよなと思って。

47 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/02(金) 12:13:14 ID:8Z2fctWT]
>>45
単純にムカついただけでしょ
弟も友達がいなくてサンフンに何されるか分かんないから凶器持ち歩いてたんだよ
着替えのシーンは弟に見せるというより観客に見せてるんじゃないかな

19 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/23(火) 02:14:39 ID:71XJb34I]
サンフンが少女の母親襲撃に加わっていたかどうかはわかんないけど
唯一の味方が「宿敵」と同類だった、というだけで十分悲劇
しかも、最も身近な人間が最も身近な人間に……されるってのがすごいね

この徹底ぶりがよくも悪くも韓国映画の強みなのかも

21 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/23(火) 03:56:43 ID:1xYaw2l+]
弟は昔からやさぐれてたって感じではないね
勉強できるしイケメンだし、暴力の世界には慣れていなかったから歯止めが利かなかったと

31 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/26(金) 22:28:22 ID:Zx/cNWyV]

51jQIr2oWd_20110328002144.jpg

借金取り立てられたアニオタわろた
なにメシ一緒に食ってるんだよw

36 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/30(火) 23:37:31 ID:ht7tR9KD]
>>31
部屋に飾ってあるものがいちいちおかしかったw
自分だけコーンフレーク食べてるし

40 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/31(水) 23:11:49 ID:jnJEHOBU]
なんで焼き肉屋のシーンはみんな楽しそうなの?あれって死んだ直後でしょ?

41 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/01(木) 01:04:05 ID:2C+0eKiL]
>>40
時間経過してるんじゃない?
店長、坊主になってたし
開店準備にも時間かかったろうし

あのあとに病院のシーン入れたのはおもしろいね

で、やっぱりマトモそうなお姉さんでも
韓国の女性は号泣するんだな、と思った

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/01(木) 14:07:39 ID:orF4pRjy]
北野武の若かりし頃であれば、こんな映画を撮ったかも、と思った
もちろん、違うところもあるけど、>>41 のようなカットのつなぎ方の冴えなんか雰囲気が似てる気がする

にしても韓国の良作って、どうして、こうも暗くて重たい系のが多いのだろう
そういうのばっか輸入してんのか?w

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/02(金) 00:14:53 ID:1mbax5j0]
そりゃ良くも悪くも「恨」の国だし。

53 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/07(水) 10:42:28 ID:BNfjniu+]
しかしまぁよくこんな暗くて重い映画作れるな
泣きはしなかったが、重層的な作りで引き込まれました

この監督、75年生まれでしょ
「チェイサー」のナ・ホンジンもそうだけど、韓国は次々と力量のある若手作家が
出てきてるね

蛇足だが、昨日のシネマライズの19時の回、
千原ジュニアが観に来てた。2階の真ん中の席に座ってて、ビックリしたわ。

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/08(木) 12:43:46 ID:6hPSrvHg]
二回目観てきた。
屋台襲撃にサンフンとマンシク社長が居たのと
最後の取り立てで子供の名前がサンフンだったので一瞬怯む箇所を確認した。
後この映画で初めて色々な言い回しの「シーバルロマ」が在るのが分かった。

最初観た時は圧倒はされたものの
それほど泣ける感じでは無かったが
今回は、酔ってオヤジを殺してやる!と乗り込んだ父親の部屋に幻の母と妹が見えた所と
血まみれ状態で「ありがとう・・・」と呟くシーンで涙腺が崩壊した。

この映画パンフによるとリハーサルも脚本読み合わせも無しなんだけど
出てくる人物が妙にリアルで身近に感じた。

95 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/19(月) 22:40:00 ID:KBTeCHCJ]
ヨニ母の屋台襲撃シーンでにマンシク社長がいたのはわかった(ソンフンはわからなかった)。
ラスト、ヨニ弟の屋台襲撃仲間にはきっとあいつ(高校生?って聞かれる奴)も
いるんだろうなーとおもた。
ヨニの子うまかったね。「ラスト、コーション」のタン・ウェイ以来の逸材だとおもた。

14_alikeh_20110328000348.jpg

96 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/20(火) 17:54:59 ID:obM8SCoP]
韓国の多部ちゃんに認定で

97 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/22(木) 17:18:36 ID:RBM5Za8y]
>>96
たべちゃん 似てるよね

69 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/10(土) 07:40:31 ID:86QYahtA]
見てきました。年配の方が多かったです。殴られたヨニは、カバンを枕にしてましたね。サンフン可愛すぎ!
ところで、あの二冊の通帳の意味はなんだったのでしょう。見落としました。

70 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/10(土) 11:50:18 ID:/CMjAy1m]
>>69
自分の口座と姉の口座を作って
交互にマンシク社長に振り込めと話していた。

毎回姉か甥に手渡しでお金を渡すのが一手間だし
色々と気恥ずかしかったのだろう。
姉にあても無さそうなのに「良い人紹介してやろうか」と言ってみたり
気弱で甘え下手で拗ねた子供みたいな人だ。
映画が進むにつれサンフンが可愛く見えてきますね。

71 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/10(土) 12:38:41 ID:4A3GKub/]
>>70
そうでしたか、やはりもう一冊は姉さん用でしたか。ありがとうございました。

そうそう、私は、サンフンは社長と姉さんをくっつけようとしてたのではなかったかと思いました(社長に、学芸会で紹介したい人がいると言ってたような、、、)。

72 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/10(土) 12:57:16 ID:/CMjAy1m]
>>71
「紹介したい人が居る」と言ってたのは
ヨニの事だと思っていましたが
(社長が幼稚園でヨニを見て成程って感じで反応していたので)

しかし社長の開いた焼き肉屋の場面を見たら
お姉さんと社長がまるで家族みたいな雰囲気になっていたんで
あながち適当な発言ではなかったかも。

74 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/10(土) 21:51:33 ID:rxSvK334]
紹介したかったのはヨニの事でしょ
気まずそうだったし

ただ姉と社長が付き合うフラグだなあれは

22 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/23(火) 18:39:28 ID:5nmO8zLa]

14_alikeh_20110328001141.jpg

社長がいい人過ぎて泣けた
ポジション的に実は後で主人公になんか酷い仕打ちするんだろうなとずっと思ってしまってごめんなさい

88 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/16(金) 23:33:03 ID:BK3dPqOg]
サムフンが、社長と向き合って、事務所のソファにふんぞり返ったとき、股をかくところが超リアル。
この監督、どうすれば、下品に見えるか研究しつくしていると思う。

93 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/18(日) 14:06:31 ID:gHcyMTdN]
この監督は制作費足りなくて家売ったらしいが
その分は回収できたのかなー

94 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/18(日) 14:28:12 ID:bWGzExIn]
>>93
インディーの韓国映画が日本でも劇場公開つーことは
賭けに成功したってことでしょうよ

104 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/24(土) 20:42:09 ID:cMg66FLl]
観た
よかったんだが、何かあざとい映画だった。
ラストシーンも含めてね。

あと暴力シーンカメラぶれさせるのはもうよくないか
ドアに何度も包丁突き立てるシーンのほうが怖かったし

社長役はよかった。韓国語知らないが、
きっとうまい役者なんだろうと思った

106 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/25(日) 00:06:42 ID:or5h4YDO]

20071115_inutowatashi_main_20110328000344.jpg

亀田一家みたいな強面の兄ちゃんが
実は主演、監督、脚本、編集もこなしているのが凄い。しかも若いのに韓国の裏側で生きる家族や、社会問題を深く鋭く描いている。撮影、編集はかなり荒っぽいが、逆にドキュメンタリーっぽい雰囲気を醸し出していた。

107 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/25(日) 02:10:55 ID:NuHBDZac]
>>106
本人の素顔は、そんなに強面でも悪人面でもない素朴な感じ。
それだけに、スクリーンであの迫力を出せたのは奇跡だと思う。

41dQ0l+1QV_20110328001818.jpg

112 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/25(日) 22:20:27 ID:X4onEMDC]
今日、福岡で監督(=主演)の舞台挨拶見てきた。
予想はしていたがが、人の良さそうな今どきの若者って感じで、
映画の主人公とはかけ離れた印象だった。

113 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/25(日) 23:52:20 ID:NuHBDZac]
>>112
ねえ、やっぱり、スクリーンの中でのイメージとかけ離れているでしょう。
あの映画の演技は、まじで神演技。つうか、街の中で、ヤン・イクチュンを見かけても
わからないと思う。サンフンに似てる人は多いと思うが。

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/05(月) 19:40:43 ID:U34iCrwo]
親父に刺されたのはお姉さん?
妹みたいに見えたけど、そんな設定ないよね?

51BVXZqazi_20110328001817.jpg

52 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/05(月) 21:31:09 ID:4Jf/K/OP]
>>51
>親父に刺されたのはお姉さん?

102 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/24(土) 16:45:47 ID:d5H/3H5z]
よくわからなかったが
妹と姉がいるの?

死んだのは妹で、
親父が暴れたとき姉はどこにいた?

103 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/24(土) 17:48:56 ID:+0k8fzkj]

>>102
> よくわからなかったが
> 妹と姉がいるの?
>
> 死んだのは妹で、
> 親父が暴れたとき姉はどこにいた?

母親のところでしょ、サンフンとは腹違いだし。

108 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/25(日) 05:28:16 ID:Y9OMUkZZ]
なるほど、サンフンの姉は
父親の前妻の子か。
腹違いね。
ちょっと分かりにくかった。

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/25(日) 05:50:53 ID:tY8kUld8]
で、前妻と別れたのもDVが原因なのかね

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/25(日) 06:16:21 ID:NuHBDZac]
どうだろう? 姉は母親の顔も知らないってサンフンが言ってたね。

114 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/26(月) 19:20:18 ID:ZsadM3QC]
今日観てきた。よかった。このスレで主演=監督だと知って、本当に驚いた。凄い。
以下ネタバレ


特によかったのは、父親の自殺未遂で「死ぬな」と叫びながら病院に行くところと、その後のソンフンが
ヨニの膝枕で泣いてしまうところ。ヨニも自分の境遇を思って泣くのだが声を堪える。ソンフンは自分の涙姿を見せまいと
手で顔を覆っているているから彼女が泣いていることは知らない。ここで、私の涙腺も決壊した(声は堪えた)。

私の映画的カタルシスはここだったので、後はどんな終わり方をするのだろうと、比較的冷静に観ていたつもりだが、
あの終盤は「もしかしてハッピーエンドなのか?」と少し期待させながら、最後に重い物を投げかけられた感じ。

甥の子どももかわいかったが、観終わった後はソンフンが愛しくて堪らなかった。
エンドロールが終わるまでいると思い出して泣いてしまいそうだったので早目に映画館を出た。
駐車場に戻るまでに少し泣いてしまった。

どうでもいいが、ヨニが一瞬、皇太子に見える場面があったような気がする。

122 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/29(木) 18:09:08 ID:twe65JKg]
新宿で見てきた。
冒頭から画面に釘付けになり、そのまま作品世界にのめり込んだ。特にサンフンとヨニの魂が邂逅する漢江川のシーンでは自然と涙が出てた。周りでも鼻をすする音が多数。互いの背負うものなど何も知らない二人。だからこそ、彼等の涙が私達の心を打つのだと思う。
それにしてもラストは「あの人」にやられる必要があったのかな。

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/29(木) 21:20:29 ID:EyqE7H+4]
>>122
先に取り立て先で受けたダメージがかなり
深くて致命的だったようにも感じた。
でも、彼にはたまったうっ憤を晴す好機だったんだろう

147 名前:sage [2010/05/06(木) 20:39:19 ID:MaTcLVTi]
なぜ弟は逮捕されないんだ。
何だ、あの焼き肉屋のみんなの笑顔のシーンは。
どうして最後に、弟の姿と彼の姿を重ねるんだ。


ラストが悔しくてたまらない!

150 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/07(金) 01:20:06 ID:j0HQzUAE]
>>147
いや、あのラストはあれ以外ありえないと思う。

164 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/08(土) 09:54:57 ID:474P06TX]
>>147
自分もなぜヨニの弟は逮捕されないんだって思ったけど(どう考えても最重要参考人)
それを超えてあのラストシーンは見事。
いい映画でも意外とラストって良く覚えてないことが多いけど、あれは忘れられない。
あのラストが無かったら(例えばサンフンが死ぬところで終わるとか)単なるいい映画で終わり、
傑作とまではならなかったと思う。

意外と泣いた人多いんだね。自分は一度も泣くシーンは無かったけど、心に沁みた。
女性はこの映画見てどう思うのかちょっと興味ある。男は好きな奴多いと思うけど。

125 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/04/30(金) 21:17:31 ID:qiQCPEHm]
ヨニの着メロが何気によかったぁ~♪
特に漢江に呼ばれる時、セツナイ感じがよく出てた…
アレは韓国の有名な曲なのかな?

あと、子供達と覆面レスラーごっこしてる時
木の枝がサンフンの目にブッ刺さってマジ痛そうだったww

126 名前:名無シネマ@上映中 [2010/04/30(金) 22:09:07 ID:rjYfFoaS]
>>125

> あと、子供達と覆面レスラーごっこしてる時
> 木の枝がサンフンの目にブッ刺さってマジ痛そうだったww

あ~、それ、ほんと。あのシーンは、観客のリアクションが「あれ? NG?」みたいになるよね。ちょっとどよめくっていうか。
もし演技だったら、リアルすぎる。

133 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/01(土) 23:39:47 ID:+HRTiD/I]
好きなシーン
サンフンが甥っ子に腕ひしぎ十字固めかけるところと甥っ子が行かないでと言って
サンフンの脚にしがみつくシーン

134 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/02(日) 02:18:29 ID:eAmzUOyc]
ヨニが、サンフンに初めて名前を名乗るところで、サンフンがちょっと吹き出し笑いをするでしょ。
ヨニは「どこにでもある普通すぎる名前だからおかしいでしょ!」みたいに言うでしょ。
どうしてかなって思って、「ヨニ」って翻訳かけたら、「(女の)陰部」って言う意味があった。
だから、サンフンが噴き出し笑いしたんだね。

逆にサンフンって子どもっぽい名前なの? 漢字だと「相勳」ですよね? これこそよくある名前かと思ったけど。

136 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/02(日) 22:28:01 ID:OE9lvfIu]
なんだろう、この映画の品の良さは。
上品なモノは全く映されていないのに。
光も美しい。
射している光が希望を表している気がする。

137 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 02:17:15 ID:mBq1tji7]
>>136
変に情緒を煽るような演出をしてないからだと思う。
薄皮一枚はさんだ客観性があるような。

142 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/05(水) 01:32:22 ID:ziO56usJ]
衣装もいい。
ピンクのカーディガンはヨニの可愛らしさと凛々しさを引き立てている。
ファンギュ(サンフンの子分)のセーターもいい。
どこに売ってるんだ!と思わせるほど悪趣味。

168 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/08(土) 23:17:54 ID:2dgSdGku]

51BVXZqazi_20110328000346.jpg

変なセーターの子分。
弟に「アイツ嫌いだ」と囁いたり、その日に仕事を休んだり、
なんか気になるように描いている気がするのは俺だけ?かな。

179 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/13(木) 01:14:11 ID:sZSMy83/]
みんな色々と深読みしてくれて
得な映画だな


関連記事

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/30(水) 21:22:51|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[全米興行成績]「グレッグのダメ日記」の続編が首位。「サッカーパンチ」もとい「エンジェルウォーズ」は2位 | ホーム | [国内興行成績]映画館に観客が戻ってきた。SP 革命篇が3週連続首位、ドラえもんが2位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1833-9065c87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。