2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

冷静と情熱のあいだ

http://tv.2ch.net/test/read.cgi/movie/1002443397/
14_alikeh_20110326125745.jpg

1 名前:名無シネマさん :01/10/07 17:29 ID:pf.163Yw
愛し合いながらも別れることとなってしまった男女が、10年後、再び愛を実らせるまでを描いたラヴ・ロマンス。
監督はTV『プラトニック・セックス/20歳の純愛編』の中江功。江國香織と辻仁成による原作を基に、「バースデイプレゼント BIRTHDAY PRESENT」の水橋文美江が脚色。撮影監督に「センチメンタルシティマラソン SENTIMENTAL CITY MARRATHON」の津田豊滋があたっている。主演は、映画初出演の竹野内豊と「東京攻略 Tokyo Raiders」のケリー・チャン。第25回日本アカデミー賞優秀主演男優賞(竹野内豊)、優秀撮影賞、優秀照明賞受賞作品。


14 名前:名無シネマさん :01/10/08 20:23 ID:xFqqdwXs
原作大好き。特に青

映像化したものを見に行っていいものか、やめておいたほうが良いか
迷っている。
でも、大画面でイタリアの風景を見たい気もする。(ストーリー云々は別として。)

17 名前:名無シネマさん :01/10/09 00:46 ID:pz0Ng3FI
>>14
結構好みが分かれるよね。私は赤が良かった。
江國の小説の中では一番いいと思ったよ。

18 名前:名無シネマさん :01/10/09 03:43 ID:eEwM4WSM
自分も青が好き。
試写を見る前に既に原作を読んでいたけれど
映像化されたものを見た後悔のようなものはなかったよ。
映像がとても美しかった。映像と音楽だけでも呑まれた。
ただ、青が好きな人にとっては芽実との絡みは
多少物足りないかもしれない(笑)
序盤ゆっくり、終盤急速に温度が上がる。
自分は映画を見ながら原作で流れを補ってしまった部分があるから
逆に原作読まないで見た人の感想を聞いてみたい。

13 名前:名無シネマさん :01/10/08 03:17 ID:kI6yIEho
試写を見たよ。テンポがあまり良くないとも思えたけれど、
これはこれで良しという気もするね。
原作は前に読んだ事がある。
映画は竹野内主演だから辻寄りと言ってもいいんじゃないかな。
ここでネタバレ有りなのかわからないけど、結末は原作にはないよ。
ないというか、書かれていない部分を書いたという事かな。

125 名前:名無シネマさん :01/10/30 16:52 ID:5fGYTGw0
私は原作は二つとも好きなんだけど、マーヴの役の男の顔を見たときと、篠原涼子が出るって
しったあたりで映画を見るきが一気に失せたのですが、そのへんは、どうなの?
見た人、教えてくれると嬉しい。

126 名前:名無シネマさん :01/10/30 17:19 ID:y8CbjW0W
>125
篠原涼子は私的には「芽美」に近い感じがするけど、マーヴは確かにどうかと思う。
もっと、スマートで紳士的な感じの人を想像していたから…。

77219_20110326125743.jpg

51 名前:名無シネマさん :01/10/21 01:56 ID:Kx3CVtgD
原作を読んだ身としては、マーヴが白人じゃないのが
どうにも納得できん。
江國香織も「マーヴが白人と言う設定だけは譲れん!」と、確か製作発表で
言ってたはずだが......

144 名前:名無シネマさん :01/11/02 10:30 ID:V0aE1HbZ
マーヴ役、叩かれてるから誰かと思ったら
マイケル・ウォンなのか。
「世界の涯てに」は良かったけどな。

233 名前:名無シネマ :01/11/07 05:40 ID:RXGXd4H+
マイケル・ウォンが驚くほどの紳士ぶりを見せ、
ケリー・チャンが約束の再会を果たすという展開は
「世界の果てに」を激しく思い出させるんだけど(藁)

26 名前:名無シネマさん :01/10/10 12:36 ID:Ql29yNz6
ヒロインを日本の女優が演じないのは、今この役をやれる人がいないってことかな。最初は3カ国語できるということでのオファーかなと思ったけど。よく考えたらほかにはまる日本人の女優がいないのかと思って。日本の女優は悔しくないいのかな。

28 名前:名無シネマさん :01/10/10 13:42 ID:J1PrdIR6
ヒロインは、ミラノでアメリカ人ビジネスマンと同棲しているという設定だから、
英語出来ないとどうにもならないでしょ。
日本には国際派女優がほとんどいないということか。

167 名前:名無シネマさん :01/11/04 08:47 ID:Smr17NRS

41dQ0l+1QV_20110326125745.jpg

ケリーは美しいので許す

51 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2005/12/09(金) 22:41:58 ID:tzkDuSox]
ケリー・チャン可愛いな。
これ見てめちゃ好きになってしまった。

239 名前:名無シネマさん :01/11/07 15:56 ID:A/o9aLTp
ケリーチャンってアジアでは有名なの?

240 名前:名無シネマさん :01/11/07 17:03 ID:ygDtKF7t
香港を中心にアジアではトップアイドル。<ケリー・チャン
演技より歌手としての方が実力あり。

34 名前:名無しシネマさん :01/10/12 02:41 ID:tQIpley2
前半ついウトウトしてしまった。
でもクライマックスへの盛り上げ方はさすがツボを心得とる。
ヒロインにケリーを起用したのは
日本人同士でイタリア舞台の恋愛物だと絵空事になりがち、
というようなPのコメントがあった。

自分は竹野内ファンだが、彼が出てなかったら見ないと思う。

36 名前:名無シネマさん :01/10/13 13:20 ID:DT1YF9vw
>>34
でも原作は日本人同士の絵空事なんだから、ねえ?

38 名前:名無シネマさん :01/10/14 00:18 ID:oxGVh5ko

41dQ0l+1QV_20110326130345.jpg

つーか、崇が何でユースケ?>映画
小説の中で唯一好きなキャラなのに・・・しかも男前を想像してたのに・・・

40 名前:名無シネマさん :01/10/14 16:13 ID:9dKaII2q
たしかにもっといい男を想像していた。<崇

75 名前:名無シネマさん :01/10/24 02:02 ID:9Q9+4YPy
10年も前の恋人をいまだに忘れられない理由というか、
二人の結びつきの描写が甘いと思った。
でもあの原作を2時間で終わらせなきゃならないんだから
仕方なかったのか。
前半ストーリーのテンポが悪くて寝そうになった。
話の流れを楽しむ映画じゃなく、雰囲気を味わう映画という感じか。
芽実の使い方も不充分で残念。もっと色気あるキャラにして欲しかった。

69 名前:  :01/10/23 13:04 ID:2r0yW1YF
試写を見た。

51BVXZqazi_20110326125744.jpg

完全なる竹野内売りこみ映画。
竹野内だけが、カッコイイ映画。
竹野内だけのための映画。

一応画面はキレイだが、話の筋なんて、どうでもいい。
というか、物語の内容が記憶に残らない。
イージーリスニングならぬ、イージーウオッチング映画。
ムードはあるが、感動は全くない。
かなり安易な映画である。
できとしては、40点。甘くも辛くもない、客観的採点です。

結論・レンタルビデオで充分。

168 名前:名無シネマさん :01/11/04 14:13 ID:6LMWgUk/
竹野内のイタリア語、ひどかった。
それ、何語?って感じだった。

171 名前:名無シネマさん :01/11/04 15:02 ID:uKrLkDLO
竹野内の英語の発音はまあまあだと思ったんだけど、やっぱ
イタリア語はメチャクチャだったか。まあそれもしょうがな
いよな。イタリア語が話せる男性芸能人なんていないわけだ
し・・・ 

207 名前:  :01/11/06 04:42 ID:V4akhyWc
自分は特別竹之内ファンではありませんが、
他に想像してみても、あの役ができる俳優が思い浮かばない。
キムタクでお決まりの演技じゃ冷めるし、
反町じゃ安っぽすぎるし。
やっぱいない。
あおい役も難しい。

崇役は誰でもいいや。
マーヴもこてこての金髪じゃ、
あおいと違和感感じちゃいそうだし、
あんなもんでよかったのでは?

127 名前:名無シネマさん :01/10/30 23:15 ID:yOjaz1aY
一生懸命ストーリーを追ってるって感じで、原作の持ち味はあんまり生きてないと思いました。
まさに「冷静(江国版『赤』)と情熱(辻版『青』)のあいだ」。
それぞれ違う人生を生きてた二人が、話の最後でクロスするのがすごいカタルシスなのに、
映画ではなんか最初からふたりの物語って感じで……いいたいことうまく伝わるかな……。
原作に思い入れのある人ほど、欠点が目に付くのではないでしょうか。まったくダメな映画とは思いませんが……

269 名前:名無シネマさん :01/11/09 10:12 ID:v9qZVlK5
せっかく違う視点でみているんだから、2本の映画にすればよかったのに。
半券を持っていったら1000円になるとか。
撮影だって同じシーンがあるんだから使えるし。
もったいないなあ

300 名前:名無シネマさん :01/11/10 15:46 ID:9Qp7T4ST
>269  同意!!
原作は両方とも良かったけど、映画になって半減した。
やっぱり2冊分を2時間にするのは無理がある。
無理にまとめないで、2本立てにした方がまだ良かったのでは?
まあ、原作者は映画は別ものとして見てほしいと言っていたが・・・。

配役は、あおいの役をやれそうな日本人女優はいないと思っていたので
ケリーチャンは無難かなと思う。竹野内は、演技はともかく、ビジュアル的には
イメージ通りだった。ユースケは論外。

200 名前:名無シネマさん :01/11/06 00:52 ID:heMSFOg7
原作読んでなくて映画見た。
フィレンツェの風景は本当に美しくて行ってみたくなった。
二人の10年に渡る想いと葛藤は、見てて、頭(理屈)では
理解できるんだけど、感覚として胸に染みてはこなかった。
全編、竹野内の語りでストーリーや心情が説明されてて
分かり易いといえば分かり易いが・・・なんかなぁ。
映像も主役二人も美しいけど、表面的で深みが感じられないというか・・
演技の問題なのか、演出の問題なのか?
日本語の発音、ケリーより竹野内の方が聞き取りにくかった。



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/rmovie/1087144217/
51BVXZqazi_20110326130752.jpg

5 名前:この子の名無しのお祝いに [04/06/24 20:52 ID:3mjxXtJm]
原作赤→青と読みました。
竹野内さんの順正は適役ですね。エンヤの曲がフィレンツェの街並によく合い時々流れる
順正のナレーションもよかった。

7 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [04/06/26 05:23 ID:66+1IyNC]
この映画、エンヤも良かったけど、吉俣良の音楽も全然負けてなかった。最初に
チェロの練習曲として出てくる曲が最期の方で四重奏として演奏されるのが最高。

8 名前:この子の名無しのお祝いに [04/06/27 08:21 ID:afmReFJx]
>>7
原作には最後の四重奏はなかったと思うけど、最高によかったね。
感動の涙でした。

11 名前:この子の名無しのお祝いに [04/07/04 21:46 ID:PGcaAs0n]
私も、チェロの音色のとこが大好きで
毎朝この映画のサントラを目覚ましにして起きてますw

13 名前:この子の名無しのお祝いに [04/07/05 01:29 ID:RK7pJFWW]
チェロのあの曲の題名教えてください。着メロにしたいわ。

14 名前:この子の名無しのお祝いに [04/07/05 16:45 ID:+fPPO8xj]
>>13
チェロの素敵な曲名は「冷静と情熱のあいだ」ですョ。
着メロにあるといいですね。

88 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/04/08(日) 15:43:07 ID:Uj2jQ1wZ]
たった一度見ただけなのに、あのチェロの曲が頭からはなれなかった!
ずっと曲名を知りたかったから、ここに来てよかった~!サントラ買おう!

89 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/04/09(月) 02:41:45 ID:JSkxbUas]
サントラかなりいいですよ!!!

90 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/04/11(水) 16:55:08 ID:pcZhwuyQ]
サントラ買っちゃったよ~!すご~くいいですね!次は楽譜を探そっと!

20 名前:この子の名無しのお祝いに [04/08/25 05:04 ID:4xmGYc53]

20071115_inutowatashi_main_20110326125742.jpg

チェロを弾いていた彼は役者さんなんでしょうか?

21 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [04/09/03 23:52 ID:3d0PTG99]
>>20  役者ではなく柏木広樹というチェロリストらしいですよ。

22 名前:20 mailto:sage [04/09/06 23:29 ID:8JbskaCU]
>>21
ググらずに質問してしまいました…
ありがとうございます

12 名前:この子の名無しのお祝いに [04/07/04 22:04 ID:WAQDp4RF]
おれはなんといっても順正の「長い手紙」がすきだな。。。
想いをふりきろうとして、思い出を辿る手紙がなんとも切なくて
泣けて来たよ。。。

33 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/04/05(火) 10:28:44 ID:RzsJxaq8]
正直に言って、映画の出来は最低だったと思う。
良かったのはサントラだけ。
でも、原作はかなり良く出来ていて(特にブルーの方)、何回も読み返したりしています。

34 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/04/05(火) 16:18:37 ID:IL4J2XYr]
確かに青は何回も読み返してるけど、赤は1回読むと次読む気になれない・・
なんか読むのが途中でしんどくなってきて

54 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2006/03/17(金) 23:35:25 ID:AYRu5jf9]
先日古本買って読んだけど、いまいちだな。
特にロッソ。一冊では小説として完成していない上、
盛り上がりに欠けていてつまらない。終いにゃ斜め読み。

活字から入ったから当然なんだけど、
映画はミスキャストとしかいいようがない。
ストーリーは学生とか若い人向け。

55 名前:この子の名無しのお祝いに [2006/03/32(土) 11:55:48 ID:pqvYWUa8]
初めての人はロッソから読んだ方がいいよ。

56 名前:この子の名無しのお祝いに [2006/04/04(火) 19:55:54 ID:mVv12o71]
私は一章ずつ順番に読んだ。
図書館の司書さんがそう読むのをオススメしてたよ。
同時進行で二人の気持ちがわかって、イイ(・∀・)!

42 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/06/21(火) 23:31:37 ID:FXGnNnmx]
原作を読んだ後に観たがオープニングのフィレンツェの風景が流れたときに
妙な既視感と言うか懐かしさを感じてなぜか涙が出てきた。
篠原涼子は自由奔放な役が似合っていますね。

43 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/07/03(日) 10:50:50 ID:qNLzYiUs]

14_alikeh_20110326131848.jpg 41dQ0l+1QV_20110326131848.jpg

何度みてもいいっすね。
イタリアの綺麗な町並みといい、
綺麗な音楽といい

46 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/08/28(日) 10:51:20 ID:m5ohJdYS]
イタリア旅行を思い出した。
映画では美しく映っていたが、現実のイタリアは・・・

65 名前:この子の名無しのお祝いに [2006/07/27(木) 21:25:16 ID:jFJ/kny0]
フィレンツェとミラノでオフ会やろうぜ!

79 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/01/28(日) 13:59:59 ID:+xZ2bTXl]
>>65 俺も!みんなで集まりたいな~!

41 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/06/13(月) 01:14:34 ID:/4gGTWIV]
好きな映画だけど昔の彼女を思い出してつらくなる。現実の世界でハッピーエンドなんて無理だろうな。

69 名前:この子の名無しのお祝いに [2006/09/21(木) 14:57:52 ID:IR1KEJOZ]
原作は読んだ事あったけど、さっきケーブルTVではじめて見た。
俺も学生時代に自分で言うのもこっぱずかしいけどかなりの大恋愛をして
卒業後別れて30目前で一回復活しかけたけど色々あってダメだった。
だから見終わって、願望を達成してくれた気がしてめちゃ気持ちよかった。

ただ実際はなかなかありえないよね~。だってホント、色々あるもん。
つーかね、ケリーと竹野内は美男美女すぎる。カワイイ...カコイイ...

44 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2005/07/03(日) 11:01:40 ID:IV76B3Qj]
冷静と情熱って対義語でもなんでもないよな

49 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2005/10/09(日) 00:29:59 ID:wJfAWSnD]
「葵にあやまれー!」と父親につかみ掛かるシーンが良かった。
こみ上げる思いに共感して泣けてきた・・

50 名前:この子の名無しのお祝いに [2005/11/27(日) 09:58:44 ID:zqfCAnuP]
病院であんなに騒がれても困る訳だが。

57 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2006/05/19(金) 00:14:32 ID:Z1DhGzM8]
桔平がカッコ良かった

61 名前:この子の名無しのお祝いに [2006/05/27(土) 10:34:02 ID:v5OaC1tZ]
映画版のよい点は、
①映画と音楽がマッチしてるところ。
②芽美役に篠原涼子を使って、順正役に竹野内豊を使ってるところ。

悪い点は
①パーティーであおいと順正が再会した場面。ドゥオモでいきなり再会した方がよかった
②マーヴがひどい…白人で背の高いアメリカンを期待してたのに、白人とは言い難いし、背も低いし、思いっきりアジアン。

62 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2006/06/01(木) 02:22:21 ID:MyrTkCAu]

51jQIr2oWd_20110326125743.jpg

芽美がたまらなく好き

101 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2007/07/22(日) 19:44:27 ID:YhUEr6P6]
篠原涼子のフェラチオシーンにちょっと驚き。

102 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/07/27(金) 11:15:50 ID:/+yhKT8z]
あれアドリブ?

103 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/07/27(金) 21:20:56 ID:gVYjz6T5]
脚本どおり

104 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2007/07/28(土) 03:21:22 ID:IrAkDRPN]
>>101
彼女とデートでこの映画見たのだが、フェラチオシーンでちょっと
気まずくなった。
篠原涼子大胆だったね!」と後から話したっけ。

106 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/07/30(月) 20:50:04 ID:89TIhvQg]
>>101
いくら撮影とはいえあんな事をされて竹野内は反応しなかったのだろうか?

81 名前:クエルテン [2007/03/12(月) 23:13:57 ID:sqJzUHBO]
ふぅー、こんなスレあったのか
高校2年の冬、好きだった女の子と見に行ったよこの映画
映画じゃなくて、エンディングのとき隣で女の子が泣いてたのが印象深いな
おれは当時見終わった時はなんとも思ってなかった

でもこの前見たんだよ、5年ぶりに!
泣いたね、大学4年になってようやく俺はその当時の女の子に追いついたんだと思うと
恥ずかしくなったね、そして恥ずかしさでも泣けてきたね

音楽がいいよこれ!映像も!
ストーリーはベタだけど、そのベタがクラシックに伝わってきてシンプルでいいと思った
ベタなストーリーでいい映画作るのは難しいと思うし、これはそれを乗り越えた名作だと思う

93 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/05/06(日) 19:10:59 ID:WdFknYEh]
DVDを買ってすぐに1回見て、その後、数年間放っておいた。わけあって改めて見てみた。
なんでこの映画、もっと評判にならないんだろう。これほど完成度が高い恋愛映画なんて、
めったにないぞ。俺はベタベタした恋愛物は嫌いだが、主演の2人がいいせいか、脚本がいい
のか、舞台のイタリアがいいのか。原因はよくわからないが、話の展開がよくわかるし、しかも
心に訴えかけてくる。配役も音楽もいいし、どこから見ても欠点がない。ないと言うのが言い過
ぎなら、欠点が少ない。最近の恋愛映画と比べても、勝ることはあっても劣らない。いや~驚いた。
恋愛映画の傑作として、もっと高く評価されてもいいと思うけどなあ。

107 名前:この子の名無しのお祝いに mailto:sage [2007/08/09(木) 16:02:02 ID:FLlFNSPf]
いいねこの映画!
ラストの竹野内の笑顔が印象的

109 名前:この子の名無しのお祝いに [2007/09/01(土) 19:04:59 ID:Njwz8h2c]
竹之内の魅力的な笑顔のに比べケリーチャンの睨み顔の恐さ。

120 名前:この子の名無しのお祝いに [2008/02/08(金) 04:21:31 ID:wBfwAj2a]
この映画は俺の人生の中である意味一番の映画かもしれないです。
この映画は映画館ではなくレンタルビデオで当時の彼女と観たのですが。
鑑賞後二人とも感動して
『こうやって本当に愛し合ってしてまた再会できるなんて素敵ね』とか
『このドォーモって塔いつか二人で行きたいね、クリスマスとかに行けたら最高ね』なんて話してたんですが。
その当時俺も彼女も20歳すぎ、色々わけあってその1年ほどあとには別れました。
理由はピアニストを目指していた彼女の海外留学。
そしてその当時俺は高校を中退してから5年ほどパチプロやってたような毎日ぷらぷらだらしない男。
それから俺は不動産会社に入社して必死こいて働きました。
学歴は関係ねぇ、仕事とってこれるやつにはなんぼでも歩合で給料やるぞ、
みたいな感じ、社長がいけいけの見た目チンピラ、社員数は7、8人なのに
毎月2,3人は中途で採用、年間30人以上入社すんのに残るのは1、2人、
みたいな会社です。
それでも学歴のない俺には仕事できれば金が稼げる、評価される、スーツ着ていられる
仕事、不動産業、十分でした。
実際毎日帰宅は夜中、休みは月1、2回みたいな感じで激きつでしたが。
別れるときの
『立派な男になってね、あなたの声も指も笑顔も一緒にしたことも一緒に行った場所も私忘れないよ』
っていう彼女の言葉を思い出しながら。
幸い仕事もうまくいき入社2年目には相当な年収も稼げるまでになりその年の年末、
社員旅行としてイタリア、モナコへ行くことに。
イタリア到着は12月24日。
着いてみてびっくり、街中の店がほとんど閉まってる!
どうやらヨーロッパでは日本と違いクリスマスは仕事お休みするのが普通のようで。
その日の夜ホテルの部屋で同僚たちと酒飲みながらふと思い出した。
ドォーモの塔を。
このホテルの近くだよな、あいつとこれたら感動しただろうな。
せっかく来れたのに社員旅行かよ・・・なんて。
俺はおもむろに部屋を出て塔に向かいました。
イタリアにしては何年かぶりの大雪だったらしく雪が降っていました。
塔につき雪が降る中、塔をただただ見ていた俺。
そして奇跡は起きた。
彼女がいたのです。
二人ともびっくり!
映画やドラマのように無言で見つめあい走りよって抱き合う!ってなことには
ならなかったのですが。
俺はたまたま社員旅行で来たこと、お前と見たあの映画を思い出してホテルから
一人で歩いてきたこと、色々話しました。
彼女は2年間の留学が終わり日本へ帰る前に来てみようということで来たらしいですが。
そしてその後、現在俺は二人の女のこに恵まれ、独立し、
地元で不動産会社を営んでおります。
妻はその彼女です。ピアニストにはなれませんでしたが自宅でピアノ教室を開き、
毎日可愛い娘たちのお世話をしながら俺の帰りを待っていてくれてます。
いつか家族4人でイタリアへ行きたいですね。
おしまい。

121 名前:この子の名無しのお祝いに [2008/02/08(金) 11:13:18 ID:MheJoijH]
>>120
泣いた。

122 名前:この子の名無しのお祝いに [2008/02/09(土) 03:21:39 ID:PHh3cx13]
>>120
鳥肌たった!
同じ男として共感、羨望っす。

124 名前:この子の名無しのお祝いに [2008/02/11(月) 00:07:26 ID:O2e2h7AB]
>>120
冷静と情熱のあいだが好きな人にはとてもうらやましいです
おめでとう

128 名前:この子の名無しのお祝いに [2008/05/01(木) 12:07:59 ID:nTy+IAqO]
>>120
実際は作家志望のニートです


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/05/03(火) 21:36:42|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<[国内興行成績]コナンがガンツを抑えて首位返り咲き。赤塚不二夫の半生を描く「これでいいのだ!!」はランク入りならず… | ホーム | 【映画】1968年に公開された『猿の惑星』の新作、『猿の惑星・創世記(ジェネシス)』の全ぼうが明かされる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1828-fbce7aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。