2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

模倣犯

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1039812098/
14_alikeh_20110322022556.jpg

1 :名無しさんにズームイン! :2005/12/29(木) 23:14:45.01 ID:MTSAtfL5

模倣犯◇02年、”模倣犯”製作委員会。中居正広

突然女性が行方不明になり、やがてバッグと切断された右腕が見つかった。
日本中が事件の進展に注目する中、犯人と思われる2人の男性が死亡。
事態は収束に向かうと思われたが、彼らの中学の同級生で
犯罪心理学者の男性が真犯人の存在を主張する。森田芳光監督。


5 :名無シネマ@上映中:02/12/14 16:28 ID:zzrv5nOv
あまりのしょうもなさに驚いた映画だった。
いいのかあれで。

6 :名無シネマ@上映中:02/12/14 17:20 ID:jnt6RovV
見終わりますた・・・謎がっていうか、映画として成立させる技量がないんじゃないの?
と疑ってしまう。

16 :名無シネマ@上映中 :02/12/16 22:36 ID:xennfgLH
原作をめちゅくちゃした良い例だな。

19 :名無シネマ@上映中:02/12/17 16:11 ID:vNkNWx4q
監督が色んな謎をしかけたみたいだけど、それ以前に映画としておもろくないからたいして誰もそこに興味をもたない。

20 :名無シネマ@上映中 :02/12/17 20:40 ID:P2NPyNma
原作は良くできてたし、それぞれの視点からのビューが有ったから内容もよく解った。
>>19 の言う通り監督がちょっと出しゃばったぽ

23 :名無シネマ@上映中:02/12/19 13:08 ID:wrEeH+Ze
もっとシリアスかと思ったよ。
あれじゃ宮部みゆきが怒るの当然

14 :名無シネマ@上映中:02/12/16 22:23 ID:7J7aaqDD
見づらい映画だった。
チャットシーン多すぎ

19 :名無シネマ@上映中:02/12/17 16:11 ID:vNkNWx4q
>>14
『リリィシュシュ』でも思ったけど掲示板のシーンはかなりうざい。

42 :名無シネマ@上映中:02/12/23 00:47 ID:3PRJQccO
マジでスマンです
原作を読んでいたものとして、また
子供を早く寝かしつけてまでビデオで見たものとして感想をひとこと

つまらんすぎ! 勝手に話かえるな! 
宮部の怒りのコメントでてるなら読みたいぞ!
原作に登場する人物の心理描写も「ちがうだろ おい!」の連発
ピースは我を忘れて怒るんだよ! TVの席で、爆発すな~(藁

138 :クロスファイアスレよりコピペ :03/01/01 21:39 ID:b5/WZQTZ
43 :転載してみる。 :02/10/18 00:01 ID:I6KzU4lK
~「噂の真相」10月号より転載~

「そもそも宮部側は一年前、第一稿の段階で森田監督の脚本にダメ出ししていたんです。
特に、原作と大きく違うため公開後も賛否の分かれたラストに関しては『抵抗感がある』
と申し入れたが、森田側は聞き入れなかったんです。」(小説誌編集者)
そして、完成した映画はというと、中居クン扮する主人公ピースの心の闇などは全く描かれず、
ただただ宮部の嫌うエグい猟奇シーンが強調されるばかり……。
「猟奇シーンやピースの心の闇は、原作執筆時に宮部が最も腐心した部分ですからね。
宮部は生理的に嫌悪感を感じるとまで言ってましたよ」(前出・小説誌編集者)
しかも、あまりのデキの悪さに、宮部は映画の宣伝に協力することを拒否しているという。
「ある雑誌が映画の公開にあわせて宮部にインタビューを申し込んだところ、頑なに
断られたそうですし、渋々応じた版元・小学館の『週刊ポスト』での森田監督との対談でも、
宮部は無言や苦笑の連続で明らかに不機嫌でした。(前出・出版関係者)
数年前にやはり宮部原作の「クロスファイア」が映画化されたときにはきわめて協力的
だったのとは対照的な姿勢だ。
原作者と映画監督の意見が食い違うということは少なくない。が、大々的な前宣伝にも
かかわらず、結局映画は一ヶ月で打ち切りという散々な結果に終わった。やはり、宮部の方に
一理あったということか。
「あまりたくさんの人に映画を見て欲しくないな」とまでこぼしていたという宮部センセイ、
早々の打ち切りにご本人が一番ホッとしているかもしれない

〔原文ママ〕

139 :名無シネマ@上映中:03/01/01 21:46 ID:wWksPdf0
>>138
賛否の賛を言ったやつがいる事に驚きを隠せない
おまいらちょっとサスペンス風に仕上がっただけで満足なのか、
犯罪者には犯罪を犯す理由は必要ないのかと
問い詰め(ry

46 :  :02/12/23 00:58 ID:MjSElxyX
森田を指名した宮部も悪い。
「39」とか「黒い家」とか
観たんだろうか?

22 :名無し:02/12/19 11:23 ID:rstcW3py
以外に面白かった。キャストは良いしラストに一応救いもあるし、難を言えばちょ
っと長いのと犯人が爆発しちゃうのはどうかと思うが。

25 :名無シネマ@上映中:02/12/19 18:37 ID:Fi6oVA8v

41dQ0l+1QV_20110322022555.jpg

最後の爆破シーンはグロクしてほしかった

40 : :02/12/22 22:30 ID:vsDFvYaK
ピース自爆CGだけど、木村佳乃の肩に普通だったら血糊か肉片が付くのはずなのに
紙くずの燃えカスみたいなものだった
そこに何か意味もたせたいのかな?とも思ったけどくだらない答えしか無さそう

41 :名無シネマ@上映中:02/12/23 00:42 ID:Q4fgP5Cv
最初自爆見た時、本人じゃないのかと思った。

120 :名無シネマ@上映中:03/01/01 00:09 ID:nXTtPCRR
せめて自爆がリアルだったら、まだ(原作とは)別作品として、普通のレベルにはなれたかも。
ヒロミ役の人は演技うまかった。

とりあえず見所は監禁エロ写真のみ!

26 :やあやあ:02/12/20 22:50 ID:HMev3DEK
DVDで謎は解き明かされる・・・らしいから
DVD買った人いたら、いろいろ教えてください。
6000円は貧乏な私には高すぎる・・。
特に最後のピースの赤ちゃんのママは誰??

27 :名無シネマ@上映中 :02/12/20 23:26 ID:QcNE5H8L
鞠子がどこに行こうとしてたのか?
赤ちゃんは誰の子か?
その赤ちゃんを置いたのは誰なのか?

わけわからんままだと、なんか気持ちわるい。
DVD買う気はしないが、自分も教えてほしい。

28 :名無シネマ@上映中:02/12/20 23:51 ID:qEp2ykpD
>>27
今DVDで未終わりマスタ。まり子はどこへ行こうとしていたのか?
あの赤ちゃんは誰の子なのか。
ぜん、ぜんーーーーーーっ分かりません。くわっ

30 :名無シネマ@上映中:02/12/21 19:06 ID:/Hw3dcaV
>>28

鞠子が行こうとしていたところは、その先に向かうときに見ていたケータイ画面がヒントだそうです。
つまり、
   ケータイの文字はカタカナだらけ
   = 漢字変換できない中年男
なので、鞠子は中年男と不倫をしていた・・・と。

あと、祖父(山崎努がやっていた豆腐屋)に知られたくなかったのは、
祖父は真面目なので、それを知られて失望させたくない
ということなのでしょう。

確か、森田監督の説明はこんな感じだったと思います。

32 :名無シネマ@上映中:02/12/21 19:42 ID:D25Q2uGh
携帯メールするようなおっさんは漢字変換位できるよね。
変換もできない様な人はそもそもメールしてない。

34 :名無シネマ@上映中:02/12/22 12:46 ID:gWRMm2VL
>>32
漢字変換できない機種だって話だよ

ってか、そんなつまらん謎ばらまく前に映画自体をだな・・

101 :名無シネマ@上映中:02/12/30 00:10 ID:7PtsFb/V

51BVXZqazi_20110322022554.jpg

ところで原作では
ラストの赤ちゃんはでてこないの?

103 :名無シネマ@上映中:02/12/30 00:55 ID:VNG5a1rz
>>101
そんなアフォな設定は微塵もありません

37 :名無シネマ@上映中 :02/12/22 17:52 ID:mctUWQEi
DVD見てるけど特典の方の量が意外と多い。
女の監禁映像は微妙にエロかったが、冷静に見て初めてピースがいかに酷い奴か再確認。
本編ではピースが逝ってる奴には思えても、裏では人を殺してる感じは伝わりにくかったから。
もっと女にエサ(食事)与えてる場面とか本編でもエグイ映像を何故入れなかったんだろうか。
最後のあぼーんの映像は、最初のコンテ案の方が映画より分かり易くていい思う。

38 :名無シネマ@上映中:02/12/22 18:41 ID:0RqBRELx
はああ、本編がマズかったから罪滅ぼしにDVDに特典沢山入れたんだろうか。
遅いっつーの。

61 :DVD特典@解説委員 :02/12/24 09:39 ID:pc3d/h27

質問に関する答えはDVDの中での回答を要約したものです。
「(´-`).。oO」の後の文章はそれを読んだ小生の感想。
さぁ逝ってみよう

1.なぜ地球儀で始まり、終わるのか?

ans:「神のゲーム」が開始される象徴かもしれない。

(´-`).。oO「かもしれない」てw。謎じゃねぇし、コレ。意図というんだがね、フツーは。


2.なぜ冒頭に赤いタイムカウンターが表示されるのか?

ans:近未来のロシアンルーレット的表現なのか?

(´-`).。oO(以下同文


3.劇中、挿入されるテレビCMの意味は?

ans:事件の現実感を浮き彫りにする為。
   「模倣犯」はメディアの作品であることの象徴。

(´-`).。oO「象徴」ねぇ。全ての作品はメディアでしょうが。
商業主義を放棄できるのは芸術作品だと思うんだがね。
だからこそ芸術は利己的であり、自己表現なのではないか。
おっと、スレ違いだw

62 :53@解説委員 :02/12/24 09:49 ID:pc3d/h27
4.なぜ大川公園の事件が発覚するのは、10ヶ月後なのか?

ans:ラストの赤ちゃんに繋がる時間経過なのか?
   鞠子の子、という選択もよい。

(´-`).。oOだからさー。質問に質問で返すなって。


5.なぜ朋友社編集部で「これ、DVDです」とDVDを渡されるのか?

ans:媒体やハードが変化するスピードの象徴シーン。

(´-`).。oO(爆笑。以上


6.「Jマネー」はどこで登場するか?

ans:割愛させて頂きます。

(´-`).。oO「視聴者に景品が当たるクイズ」みたいな謎です、コレ。

69 :名無シネマ@上映中:02/12/25 00:25 ID:eOoNzMll
DVDで謎が解けるんじゃないみたいですね
なんか悪徳っぽい嫌な感じがしました。

あれだけどうでもいいことまで「謎」扱いして
本編事体の内容は薄っぺらい
本編に関連してこそ「謎」だろ!!
意味のない謎作って金儲けするなって感じ

でも、鞠子の行き先とあの赤ちゃんの気になる
原作でもその話しはでてくるんですか??

70 :名無シネマ@上映中:02/12/25 02:18 ID:fSx0f5WJ
>>69
>でも、鞠子の行き先とあの赤ちゃんの気になる
>原作でもその話しはでてくるんですか??
正月にでも原作読んでください。
改めて、森田に殺意が沸いてきます。
というか、森田を自爆させたくなります。

51jQIr2oWd_20110322022554.jpg

75 :名無シネマ@上映中:02/12/26 00:21 ID:sJcPBxL1
今見たら、マジでむかついてきた。
原作読んだ者として、まじで殺意が沸いてきたよ

76 :名無シネマ@上映中:02/12/26 01:18 ID:8RMyR4rl
森田って、企画段階ででも、何か納得いかない事や嫌な事でもあったのか?
中居絡みかジャニーズ絡みで・・・
それで切れて、意図的にああいうめちゃくちゃな作品にしたとか?

昔、家族ゲームのTV放送の時、ノーカットで放送できないことに切れて
あの合格祝いの食事のシーンを全部カットして放送させたよね。
その件を思い出したよ

77 :名無シネマ@上映中:02/12/26 12:31 ID:soIc4D3j
こんな最悪な映画はないだろうな。

90 :名無シネマ@上映中 :02/12/28 21:56 ID:I7wT3jJY
けっこうおもしろかったんだけど・・・
おかしいのか?
でも酷評されてるのはわかるなあ。
監督暴走しちゃったって感じ。
キャストはいいのにね。

91 :名無シネマ@上映中:02/12/29 03:19 ID:QXPPtE/9
>>90
俺は中居の使い道をミスったと思うんだが。
やつは共犯をやらせたほうがハマル

93 :名無シネマ@上映中:02/12/29 12:01 ID:HBe3k3ON
>>91
中居と津田が入れ替わってたらよかったかも

77219_20110322022553.jpg

102 :名無シネマ@上映中:02/12/30 00:10 ID:Td0NNAIt
キャストはがんばってたと思う。中居もまあ許せる。となるとやはりこの映画のA級戦犯は
監督・脚本 森田ということでいいんでしょうかね?とゆーか作品の出来以上に
ところどころに日テレのアナウンサーとかお笑い芸人とか出すのがむかついた。萎えるんだよ。

104 :名無シネマ@上映中:02/12/30 04:02 ID:VFfnh3+h
>>102
「ああいう常日頃テレビで見かける人間が出ることにリアリティがある」みたいなことを森田が言ってたけど、それなら既存のCM使えよと思う。
18374歩譲ってメディア露出系は許しても爆笑問題がまったく意味わからん

182 :ジャンキー:03/01/06 23:12 ID:3rYlkCEO
中居の演技結構好き。あの笑い方とか、独特。
映画は糞だ。変な哲学みたいなの入れすぎ。

201 :名無シネマ@上映中:03/01/10 00:42 ID:EuMwZvOB
中居ってよかった!?
知性のあるセリフをしゃべってても、全然頭良さそうに見えなかったけど・・・

丸暗記しただけだろ?
ただ言ってるだけだろ?
よく意味分かってないだろ?みたいな・・・

馬鹿が一生懸命しゃべってるだけにしかみえなくて辛かった

127 :名無し:03/01/01 01:03 ID:n4y4XJK4
あの木場公園の無意味なほど巨大な歩道橋がこんな映画のメイン舞台に使われる
とは思っていなかった。

129 :  :03/01/01 02:28 ID:K94Udj3q
埋め立て地って、独特に閑散としてるよな。
ほんと幻のようですよ。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/01/16 18:44 ID:cmJIpQBi
ビデオで見て最初の30分でやめました。
この映画は本当に根気がいりますね
最後まで見た人って中居のファンというだけでしょ。

246 :名無シネマ@上映中:03/01/17 00:05 ID:j/OhmV6w
>>243
原作が面白かったので、初日に1800円払って最後まで見ました
中居は大嫌いだったが、余計に嫌いになったよ・・・

248 :名無シネマ@上映中 :03/01/17 01:36 ID:2fhxciiw
自分この映画で中居と津田好きになった。
映画の内容は微妙だったけど自分も中居の目、顔にはまった。
津田はめちゃくちゃ声がいいんだよな。
それだけでももうけもんだった映画。
あと伊藤美咲はこの頃の髪型メイクのほうが好きだった。

20071115_inutowatashi_main_20110322022627.jpg

394 :名無シネマ@上映中:03/02/16 09:23 ID:EMZZfW4T
山崎努の娘は入院してた人?それとも殺された人?
あげ足とってるわけじゃなくて、
あそこの家の家族構成わかりづらいんだもん。

395 :名無シネマ@上映中 :03/02/16 11:49 ID:y/H/O8Of
>>394
娘が入院で、殺された伊東美咲がその娘(つまり山崎の孫)

278 :名無シネマ@上映中 :03/01/24 12:04 ID:6296d77Z
私は昨日見たけれど、
みんなが酷評してくれててホッとした。
あんなんが「日本の映画」だなんて‥考えたくない。
謎はたくさんあったけれど、、、
なんでヒロミ役の奴カコイイと思うんだろう。
気持ち悪くて嫌だった。
映画の中でもイイ男という設定で流れてたけど
それはない、と勝手に思ってたけど私は少数派なんだろうか‥。
あんな糞映画でも、精一杯真面目に、手抜きなしで
演技してる山崎務が、辛かった。

d2002_196_c49ecaa570d000f3d3890e3de86d39d6_20110322022626.jpg

284 :名無シネマ@上映中:03/01/24 17:08 ID:POe/xd6h
ってか映画でやったのが間違い。連ドラの方が楽しめた気がする。
小説だけにしておけばよかった

285 :名無シネマ@上映中:03/01/24 17:19 ID:Y9PaBlLy
>>284
連ドラだったら見たかった。もちろん演技の上手い俳優使って。
ジャニーズ排除きぼん

しかし密かに藤井隆は良かった…

288 :名無シネマ@上映中 :03/01/24 19:26 ID:CtZMPGDu

Darth_Vader_20110322022624.jpg

しょうもない映画だったから藤井隆が無難に見えるんだよ。
ちゃんとした映画だったら浮きまくってたよ。

309 :名無シネマ@上映中:03/01/28 22:41 ID:R4xuNkjU
今ビデオ観終えました。ワクワクしながらココ来たら案の定罵倒の荒らしですな。
出来はともかく途中まではまともな内容だよね。
オレが最初に「え!?」と思ったのは小池栄子殺した後、
ピースと津田が組む経緯が全く省かれてる事。
彼は殺人に動揺してたくせに、何故にピースの犯罪に協力的になったの?
そっから後は疑問というか「なんじゃコリャ?」の嵐、嵐、嵐。
結局ピースは完全犯罪にしたかったのか、そうでなく何かを訴えたかったのか?

わざわざTVに出演して藤井をかばう意味はナニ?
初めは藤井に罪をかぶせるつもりじゃなかったのか?
津田が死んで予定が狂ったとはいえ、容疑者は二人に絞られたのに。
そもそも津田&畳屋が死んだ時点で、
妻に行き先を教えていたとか、喫茶店の目撃証言やらで
簡単に足のつく証拠を残し過ぎで、捜査がピースに向くのは時間の問題だぞ…

あと藤井の指紋が別荘から見つからなかった、というのもおかしな話だ…
藤井の指紋に関係なく捜査が別荘に辿り着いた時点で、
所有者であるピースがまず疑われるのだから、指紋隠蔽工作をする意味がない。

長文スマン。こんな狂った映画初めてなもんで…天然の電波としかおもえん。

316 :名無シネマ@上映中:03/01/29 22:18 ID:k81XouNt
確かに仲居がわざわざでしゃばってきてあっさり犯人と見破られたのはアフォ?
と思った。何のためにテレビに出てきたんだよ。

317 :名無シネマ@上映中 :03/01/30 11:03 ID:6X2DIVTi
中居はあぼーんする気まんまんだったんでしょ
関係者、ひいてはマスコミを通じて国民を自分の手のひらの上でもてあそんで
すっごい奴なんですよ
まるで神なんですよ
これぞメディアの産んだ新たな神です

213 :名無シネマ@上映中:03/01/10 19:25 ID:Ak2kCN+u

14_alikeh_20110322023237.jpg

あっ、小池栄枯と津田さんが車に乗ってるシーンで、小池はフェラしよう
としてたんですか?あそこが暗くていまいちわからんかった

214 :名無シネマ@上映中:03/01/10 21:13 ID:x0kx1Y3B
しようとしてたというより、ちょっとしてた。で津田が
その姿を馬鹿にする台詞いって小池はムッときて中断。

349 :名無シネマ@上映中 :03/02/11 08:53 ID:5ffs2H5b
評価低いけど普通に面白かったよ。
ラストの爆破シーンの作り物くささは笑ったけど
監禁女の豚食いとかセリフ一つとっても凝ってたな。
ところで「女のようになめてやるよ」のセリフは原作にあった?

356 :名無シネマ@上映中:03/02/13 10:41 ID:/x93DRFz
>>349 ところで「女のようになめてやるよ」のセリフは原作にあった?

というか、原作と同じところを探す方が難しい。
タイトルと役名以外はほとんど違う。

原作オタではないが、読んでいない人は読んでみましょう。
ただし、この映画を見ても不満を抱かなかった感性の持ち主は
そのまま原作を読まずにいた方がシアワセかもしれない。

357 :名無シネマ@上映中:03/02/13 16:08 ID:8JRFML9c
>>356
そうなんだ。原作と違うわけね。
映画の出来、おもしろさやわかりやすさを抜きにして
ああいう下卑た意味のないセリフ(車中の小池栄子とヒロミの会話)に
センスを感じたよ。


関連記事

  1. 2011/03/22(火) 21:35:44|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スタンド・バイ・ミー | ホーム | 【海外/大震災】なぜ、アンジーやブラピ、ジョージ・クルーニーは日本の被災者支援寄付に動かない?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1813-c844ad48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。