2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

必死剣鳥刺し

【必死剣】藤沢周平×豊川悦司【鳥刺し】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1277305030/
14_alikeh_20110320214702.jpg

1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/23(水) 23:57:10 ID:XBF5YdSm]
2010年07月10日(土) 全国公開

死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。

-本当の映画を観たい人たちへ-

原作 藤沢周平「必死剣鳥刺し」
監督 平山秀幸、 脚本 伊藤秀裕 江良至
豊川悦司 池脇千鶴 吉川晃司 戸田菜穂 村上淳 関めぐみ 小日向文世 岸辺一徳

公式 http://www.torisashi.com/


76 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/07(水) 17:17:48 ID:/T/30r2z]
試写見てきた
美しい絵画をずらずらと並べても弁士が下手じゃぁ紙芝居の傑作とはならないもんだとつくづく思った

「剣岳天の記」同様、役者の熱演&撮影監督が一生懸命撮っただけの平坦で低温な映画。
どうにも評価しにくいもったいない作品でした

82 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/09(金) 00:49:52 ID:N/8erh9Q]
寡黙&無表情にも程があって、結局最後まで豊川の信条もいまいち伝わらずじまい。
能楽堂の凶行に及ぶさいの心情ぐらいはちゃんと描いてほしかったところだが。

83 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/09(金) 07:08:25 ID:kTRzE33Y]
「壬生義士伝」みたいな暑苦しいお涙描写も困るが、こっちは殺伐と描写しすぎかw
東映らしいっちゃらしいけど

90 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/09(金) 16:10:23 ID:NQYmExF6]
殺伐とした時代劇いいじゃないですか

96 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 12:54:54 ID:pZLbCzGS]
見てきた~、入ってたのは15人くらいで年齢層高い、俺ともう一人以外は多分シニア料金だと思う。
全体的に説明少なくて淡々と進んでいく感じ。ここがダメだって所はないけど、地味すぎるし、楽しめ
るかっていうと疑問だな。2回目は見にいかない。
必死剣についても途中から何となく予想は出来たけど盛り上がらないなぁ。
終始暗い感じでメリハリはないけど、まぁ時代劇好きなら見たらいいかもって感じでした。

97 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 13:20:23 ID:wRdiuXMT]
同感。話が地味だけならまだしも描き方も淡々としすぎるというか・・・
昔なら、山田風太郎かなんかの奇天烈時代劇
併映してナンボのプログラムピクチャーだと思う

98 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/10(土) 14:11:01 ID:Qccf42cm]
見終わったー
これはその淡々としたものを味わう作品だから、
カタルシスがないのはしゃあないかなぁ

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/09(金) 15:44:01 ID:pejnZgcs]

41dQ0l+1QV_20110320214700.jpg

豊川の乳輪の黒さだけが印象深い作品。
たとえるならば、両胸の先っぽにメスのカブトムシを
ていねいに貼り付けたかのよう。
豊川のメラニン色素は全て乳輪へと集約されて
いるのでしょうか?

あ、映画は退屈しない良い出来です。

316 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/17(土) 20:00:55 ID:YpQLR5k5]
しかし、黒乳首は必要があったのか
俺ならカットだ

「えっ、トヨエツ、なんでこんな乳首黒いん?wwえ?」ってなって
愛していると言ってくれ時代を思い出してしまったよ

318 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/17(土) 20:29:26 ID:X+6CG3f0]
妊娠したのは里尾じゃなくて、トヨエツだったんじゃ>黒乳首

368 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/19(月) 18:51:59 ID:9vpH5A0C]
俺は乳首の色よりも中学生くらいの膨らみがあったのが気になったアッー!

107 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 17:13:09 ID:sLUiTmJn]
豊川の両胸のプニプニ具合が気になって気になって

230 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 22:47:34 ID:6zWmuwO2]
閉門1年で物凄く筋肉落ちると思うのだが
まー実際プニプニの二の腕背中晒してたからそれでいいのかな

100 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/10(土) 14:51:14 ID:fpd69Y92]
あの秘剣がウワサになっているのが不思議
吹いてまわる主人公にはみえないんだが

101 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 15:06:13 ID:wRdiuXMT]
つか必死剣って、使い手自身が名乗ったというより見てた人が名づけたって感じじゃん
本人が言い出すにはちょっと恥ずかしい技でしょw

102 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/10(土) 15:13:38 ID:fpd69Y92]
だとしたらすでに名前があったのはオカシイ

103 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 15:18:39 ID:pZLbCzGS]
鳥刺しについて、中老?の岸辺に聞かれた時に必死剣とも呼ばれてるらしいがどういう意味
なのかって聞かれて、自分で名づけましたとか言ってなかったかな?

ってか、あの技ってどうやって完成したか確かめたんだろう。。。

105 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 16:21:16 ID:wRdiuXMT]
>>103  そうだっけか。隠し剣みたく代々流派に伝わる技だと勘違いしてた。

今日公開だから率直に書くけど「死んだ振りからの一突き」はちょっと肩透かし食らったなw

106 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 17:08:56 ID:FtzJMQPs]
「必死、必勝の剣」にして
「この剣を抜く時(鳥刺し)その使い手は半ば死んでいるとされる」

こ言う口上もこの剣を編み出した当の三左衛門自身が作ったと思うと、、、
ナンだかな~

110 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 19:59:40 ID:FtzJMQPs]
「必死剣鳥刺し」より「道連れ剣鳥刺し」の方がシックり来る。

248 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/15(木) 11:55:19 ID:ZORBKWXJ]
死んだふりならまだしも、「コト切れております」って言ってたのに何で動けたの? 診断ミス?

249 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/15(木) 12:48:48 ID:PQrv1CkO]
ピンポン玉を脇に挟んで脈を止めたりそんな感じの技があるのかもね

250 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/15(木) 13:06:24 ID:mdGvby9D]
あ!思い出した!
最後になにやら刀に付いてたヒモを外してなんかやってたよね?
あれで縛るか何かして脈を止めたんだ
これ正解でしょ?

119 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/11(日) 00:32:19 ID:IAvE2SzW]
偶然頼りの必死剣より一発百中の夜の必死棒の威力にワロタww

てか、もう藤沢短編の映画化ヤメレ…コメディになるだけだから。

120 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/11(日) 00:58:09 ID:841QbAVw]

51BVXZqazi_20110320214658.jpg

ラストの赤ん坊はトヨエツの子か?やはり

123 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/11(日) 11:49:53 ID:sxEKFX9M]
>>120
でしょうね

367 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/19(月) 14:21:56 ID:SJeBGSgc]
原作では、明確に黒乳首の子と書かれています。

124 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/11(日) 12:04:55 ID:c9AqphAP]
1回で大当たりだったのかw

109 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/10(土) 19:17:49 ID:D6nVGMjm]
池脇千鶴ロリエロ臭、凄すぎ。たまらんかった・・・・

130 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/11(日) 20:41:20 ID:841QbAVw]
池脇におじさまと言われてみたい。カリ城のクラリスを思い出した・・・

148 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 20:03:16 ID:eeCLIa1e]
>>130
おれもちづるんに「おじさま」って呼ばれたくなった。
池脇千鶴で画像検索して、22歳当時のおっぱいもみれた。
よかった。

149 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/12(月) 21:38:24 ID:lmpoLBUp]
日本三大がっかりおっぱいw

150 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 21:44:33 ID:1iNsNU/i]
>>149
後の二人は誰だよ?

151 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 21:55:03 ID:MWksYNkB]
京野ことみ 星野真里

492 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/26(月) 18:12:14 ID:DSEVgjiX]
豊川悦司と池脇千鶴が関係をもってしまうことに違和感を感じたのは自分だけ?
話の展開上不自然というのではなく池脇が幼なすぎるので。むしろ墓所で出会った
尼さんとなにかあったほうがよかったのでは。

493 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/26(月) 18:21:05 ID:19z+Va0B]
>492
池脇は童顔なだけで81年生まれの28歳、トヨエツは40代後半。
ありじゃない?

494 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/26(月) 19:02:48 ID:dPy8euBC]
池脇さんは年のわりには童顔で可愛いいとこが魅力ですが

116 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 23:36:40 ID:xlKiXW1B]
良かったんだけど、軽い笑いのシーンというか、
観客がリラックスできるような所がなかったな。

117 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/10(土) 23:51:15 ID:uhEZLR4k]

51jQIr2oWd_20110320214654.jpg

まぁコヒさんあたりがお笑い担当でも良かったはずだが
普通に実直なキャラだったしな

132 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/11(日) 23:49:01 ID:zwzgd2SY]
話題のクライマックスだが冗長だったな。
リアルじゃないことをなまじリアリズムでやっちゃうから。
スプラッタ描写は満足した。
こんなに血が出る時代劇映画は「茶々」以来かな。
池脇はやっぱり巧い。
色調がよかったね。

昨日の「宇宙ショーへようこそ」と二日続けて観客一人の貸切だった…

141 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 10:08:17 ID:2T/dhKbq]
能舞台見物で人物紹介というのは意味がなかったな。
登場人物が一堂に会するからちょうどいいとでも思ったか知れんが、
次々にテロップ出されても覚えきれんわ。

142 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/12(月) 16:01:29 ID:PXAQQ5LX]
実際の能はもちろん動画も見たこと無かったがこの映画で
初めて観た良かった今度ぜひライブで観ようと思っている

144 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 18:14:49 ID:K5GYC6V8]
兼見と別家の対決で使われた技が早くてよくわからんかったorz
別家の刀の束に刀を刺して動きを封じて、
もう一本の刀を抜いて刺した・・・でおk?

146 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/12(月) 18:37:18 ID:VY6mwaie]
別家の刀の鍔に開いている穴に、兼見の小刀の切先が入る。
別家は自分の刀が捕られると思い、穴から切先を抜こうと刀を振り上げる、とそこにちょうど部屋の鴨居があり刀が刺さってしまう。
その刀がすぐに抜けなかったので、別家も自分の小刀を使おうと思い柄に手をかけるが、ガラ空きなった腹に兼見の小刀が突き刺さる。
ブシュー!!

147 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 19:26:42 ID:K5GYC6V8]
>>146 おお、そうだったのか!!ありがとう

152 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/12(月) 22:10:18 ID:VER3/F+K]
見てきた。客ジジババおっさんばかり。
素晴らしいマッチョ映画だった。
最高のハリウッド映画からド派手さを取って、和風を入れ込んだレベルのマッチョさ。
メチャ面白かった。

最初の拍手のシーンで、殿と連子と家来のパワーバランスが理解できるのは見事だと思った。
あと豊川悦司の肌がツルツル卵肌すぎる。がっかりおっぱいが欲情するのは当然の結果。
ラスト段々顔が真っ青になっていくのも面白かった。とにかく大満足。

155 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 23:42:38 ID:EpXwY2y4]
この作品でのがっかりおっぱいはハマリ役だったと思う。
今までそんなに上手い女優じゃないと思っていたけど見直したよ。
特に見合いを勧められたときのイヤそうな顔と、必ず迎えに行くからと言われて
家を出て行くときの悲しげな表情は最高。

ところで、ラストシーンのがっかりおっぱいはトヨエツの運命をわかったうえで
待っているんだよね。
いくらあの時代でもあんな大事件が耳に入らないわけないと思うんだけど。

156 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/12(月) 23:59:41 ID:OlF67S20]
お前らがっかりオッパイって・・・・
まぁがっかりなんだが。。。

237 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 23:59:35 ID:7z2+2EA4]
ラストシーンのがっかりおっぱい(´・ω・)カワイソス

276 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/16(金) 13:27:10 ID:+jVV6xDR]
がっかりおっぱいとまっ黒乳首の子供が女の子でなければいいが

236 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/14(水) 23:58:50 ID:ud5vku4O]
今日見て来た。作品としてはまあ、こんなもんかなあ。
前から思っていたが、豊川は時代劇をやるのには声が残念なんだよな。
腹から太くて低い声出せないかなあ。
あと、吉川は発声が残念だ。
意外によかったのが関めぐみ。
期待していなかったから、いかにもヒールな側室を結構うまく演じていた。
特に勘定方に乗りこんできた時のセリフには迫力があってよかった。

286 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/16(金) 18:34:47 ID:cbLTqq9h]

77219_20110320214653.jpg

関めぐみが悪の色香がちゃんとあってヨカタ

181 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 20:54:17 ID:e12fWV6h]
そういやレンコが死んで泣いてる侍女たちのカットがあったり
尼寺で菩提を弔ってる元侍女が「なぜ斬ったのですか」なんて言ってたりしたから
最後に実はレンコは悪くなかったっていうサスペンス仕立てのオチでもあるのかと
思いながら見てたけど何もなかったなぁ。
「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」とでも言い出しそうな
トンデモ悪女っぷりが伝聞や噂だったし。

182 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 21:00:19 ID:9zpBsN0x]
重税で寺普請、勘定方を切らせたのでも充分じゃまいか
映像にしないだけで、他にも色々とあるのは分かるっしょ

186 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 22:32:07 ID:46uSyvbF]
>>181
全く同感。
レンコ様は悪人に仕立て上げられたのかと思った。

188 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/13(火) 22:58:18 ID:clWBulU0]
>>181

20071115_inutowatashi_main_20110320214652.jpg

元侍女が「なぜ斬ったのですか」ってのは原作には無かった

287 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/16(金) 19:00:15 ID:UyZssflC]
原作ではレンコ様を悪女と決めつけてないよね

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 23:27:30 ID:Xc5X7ezQ]
元侍女のエピソードは、この映画ではすっかり悪役である連子が別の面も
持っていたかも知れないことを示唆している。人間である以上、当然のこと。
単なる悪役は物語のなかにしか存在せず、連子といえども多面的な側面を
備えた人間であることを示そうとしたもの。

192 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 23:58:58 ID:/0FP+XCV]
そもそも豊川の妾殺しに動機付けがいまいち足らなかったように思う。
女房を追って死に場所を探していた男の発作的な凶行、だけだったかもしれないし。
妾殺しでみせた「義」と吉川の退治でみせた「義」がまるっきり矛盾してんだよね。結果的に。
真意がいまいちわからんかった。

193 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 00:04:31 ID:LUhqL3cj]
豊川は兼見と、吉川は帯屋と、妾は側室と言ってもらいたい。

199 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 01:50:12 ID:X8VucCUS]
>>192
動機は連子が政道に口出しして財政を困窮させ、勘定方の役人に言い掛かりをつけて切腹に追い込んだり、
しなくていい荒れ寺の改修を上様にさせたからでしょ。
兼見の台詞としては表現されてないけど、全部を見ていて、内心憤りを感じていた筈。
妻を亡くして死に場所を求めてたこともあって、連子を成敗したんだと思う。
連子を殺したのは「義」からだろうけど、帯屋と戦ったのは「忠」からでは。
上様の部下なんだから、命を脅かす者から守らなければいけない。
本心は、帯屋と戦いたくはなかったと思う。
なのに津田に裏切られたから、誇りのために戦って最後に必死剣出したんだろう。

201 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 02:20:22 ID:x2emyISx]
>>199  横レスだけど
犯行が結果的に「義」に繋がったのはよしとしても、なぜ兼見が?という疑問は感じた
彼の部署や彼自身に直接連子の蛮行が及んだ描写もなかったしな

直情的とも思える凶行に及んだ兼見があれほど寡黙だと
実は連子の成敗を誰かに依頼されたのかなと勘ぐってしまうかも

202 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/14(水) 02:33:55 ID:X8VucCUS]
>>201
直接の被害はなくても、同僚がひどい目に合ったり、追い詰められた農民が晒し首にされたり、
上様が連子に甘いせいで藩政が掻き回されてることに、兼見は心を痛めてたと思うよ。
自分の為だけではなく藩や民の為に、あの成敗は成されたんだと思う。
そういうことが出来るのが、誇り高い本当の武士だったんだよ。
妻の死がきっかけになったんだとしても、あくまで義の為に兼見は動いたんだと思う。
思う、ばっかりですまん。

205 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 05:23:35 ID:DnwWRZFE]
>>199
何で「義心」に駆られて藩主の側妾、連子の殺害って事になるんだ?
そもそも愛妾のヤリたい放題にさせている右京太夫こそが諸悪の根源。
宗蔵が隠し剣、鬼の爪で右京太夫を葬れば藩主の急死により跡目は帯屋が継ぎ
メデタシ、メデタシだったw

207 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/14(水) 07:13:47 ID:i5p9L1ta]
藩主暗殺なんて藩自体取り潰されるリスクもあるし、
家老や今回の別家クラスじゃないと藩主をすげ替えるって
思考も普通は起きない時代

君側の奸を討つのは普通の考えでもあるし

251 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/15(木) 18:35:03 ID:SJdu2ep2]
兼見の必死剣に突き刺されるのを
津田じゃなくて、お殿様にしたらもっと
よかったような気がしたが・・・
それも滅多突きにされて死ぬ・・ってのは
どうですかね?

254 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/15(木) 19:59:45 ID:ApF60Yhl]
>>251
同意。

津田と右京太夫を両方一緒に串刺しでもイイくらいだった。
それが元でこの藩が取り潰しになろーがソノ後の事はドーでも良い。

256 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/15(木) 20:37:36 ID:Euh12hOe]
>>251
殿が死んだらお家断絶、藩士皆路頭に迷う
世子ありとはいえ、幕府相手にうまく立ち回らないと

まあ、才ある別家を殺さねばならない
生き残るのは愚鈍なバカ殿って、報われなさが
よく描けてたってことだな、いい作品だた

299 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/17(土) 07:38:09 ID:Lf7lC41r]
後から考えると、兼見一人で連子・別家・津田と藩内の主な政治勢力全部殺してるのがすげえw

308 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/17(土) 13:22:14 ID:2peDvyLP]
>>299
テロリストも真っ青な戦果だなw
海坂藩の政治を暴力で変えた男兼見

301 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/17(土) 08:28:03 ID:kVCpBvet]

14_alikeh_20110320214823.jpg

岸辺の眼の下の水餃子が年々大きくなっている

456 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/23(金) 19:09:04 ID:gemNSrgf]
岸辺さんの顔がラスボス臭強すぎて困る。

615 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/14(土) 16:21:09 ID:2ruZlTWc]
一徳ほど「敬語で喋ってるのに、絶対相手に敬意払ってないな」って思える人も居ないな

617 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/14(土) 19:18:05 ID:NTeVavdG]
目が死んでるのが凄いよ

618 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/14(土) 19:50:13 ID:trwzjW+P]
>>617
豊悦(ラスト近くの)の事ですか?
それとも一徳さん(全編)?w

619 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/14(土) 20:09:16 ID:NTeVavdG]
岸辺一徳

680 名前:名無シネマ@上映中 [2010/12/17(金) 21:06:53 ID:IgtmM2jp]
日本アカデミー賞
優秀主演男優賞 豊川
優秀助演男優賞 吉川

受賞オメ!

463 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/24(土) 01:03:52 ID:IC1//FRq]

41dQ0l+1QV_20110320214820.jpg

吉川って時代劇が合うね。

322 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/17(土) 22:05:50 ID:ySJGAm8Y]
俺は公開日に見に行ったんだけど、そんなに大きな劇場ではないものの
さすがに初日だけあってかなり混んでいた。
そろそろおっさんと言われても文句が言えない歳になった俺が最年少?
と思うほどお客の年齢層は高かったな。

そして、クライマックスで兼見の鳥刺しが津田に決まった瞬間、場内の
あちこちから歓声と拍手が起こったよ。
みんな主人公のピンチにハラハラしながら見てたんだろうな。

年配のお客に囲まれてちょっと照れくさかったんだけど、昔の映画館って
こんな雰囲気だったのかなと思ってちょっとだけ感激してしまった。
もちろん映画も面白かったよ。終わってしまうまでにもう1回見たい。

439 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/22(木) 16:32:42 ID:NO8STv9x]
今日見てきた。
トヨエツの殺陣はもちろんのこと演技に対する姿勢に圧倒された。
鳥刺しはなんだったのかなあ??と思いつつゆるんでて最後にビビった。
声にはならなかったけど、「あっ!!」って口あけてしまった。
最近自分仕事に対して鬱入っててやる気がなかったので
トヨエツの仕事ぶり見て反省した。


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/20(日) 21:58:19|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<【海外/大震災】親日家・エドワード・ノートン、義援金を募るためチャリティーSNSを立ち上げる 過去には日本に住んでいたことも | ホーム | スタンドバイミーの子役達の25年後 デブが一番かっこよくなってるw>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1809-4ad15f2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

必死剣 鳥刺し

藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの中でも傑作と言われている 「必死剣鳥刺し」を豊川悦司主演で映画化。藩内随一の腕前の剣客であるが ゆえに藩内の権力闘争に翻弄されて、過酷な運命をさらされてしまう一人の 武士の心情と生き様を描く。 監督は『しゃべれども し…
  1. 2011/03/22(火) 00:37:52 |
  2. だらだら無気力ブログ

『必死剣鳥刺し』'10・日

あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。寛大な処分の後、再び藩主に仕えることになり・・・。解説『隠し剣鬼の爪』と同じく藤沢周平の...
  1. 2012/01/03(火) 09:59:00 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

『必死剣鳥刺し』'10・日

あらすじ失政の元凶である藩主の愛妾を、武士の意地をかけて刺し殺した兼見三左エ門。
  1. 2012/01/03(火) 09:59:21 |
  2. 虎団Jr. 虎ックバック専用機

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。