FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1209951814/


1 :名無シネマ@上映中 :2008/05/05(月) 10:43:34 ID:+ksqej76
公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/bucketlist/


12 :名無シネマ@上映中 :2008/05/06(火) 10:54:47 ID:szopT3SW
原題のバケットリストの意味わからなかったけど
予告編で“棺桶リスト”ってあってなんかわかりやすくなった

ニコルソソってプルジョワが似合うよな

余命6ヶ月、一生分笑う。・゚・(ノД`)・゚・。

26 :名無シネマ@上映中 :2008/05/07(水) 21:41:03 ID:H3Jm2QjW
劇場に観に行くつもりだったが、
GWの飛行機内で一足先に観てしまった。
気もそぞろな空間(しかもちっこい画面)での鑑賞だったけど、
機中で恥ずかしながら涙ボロボロ。。。
大きくククってしまえば「死をテーマにしたお涙頂戴モノ」なんだけど、
分かっちゃいながらわりと素直に泣けたってゆーか、それは二人の
演技&監督の演出が上手いからなんだろうな。

前知識があって身構えてる人でも泣ける映画ではないだろうか?
まぁ、涙腺の緩み具合は人それぞれだけどww・・・・

40 :名無シネマ@上映中 :2008/05/08(木) 16:24:27 ID:pnuRqL/r
すげーさみしい言い方するけど

「要は、金が為せる業」なんでしょ(´・ω・`)

年金でなにができるだろか…

48 :名無シネマ@上映中 :2008/05/09(金) 03:16:34 ID:9RCXAbNy
>>40  金持ちと同室になるところが最大の難関だね。あとは体力。

52 :名無シネマ@上映中:2008/05/09(金) 11:31:16 ID:Am95zsoY
「死ぬまでにしたい10のこと」とどう違うの?

53 :名無シネマ@上映中:2008/05/09(金) 11:47:45 ID:VvVujefz
死ぬまでにしたいことをリストアップするのは
向こうで普通に行われていることだと思うんだけど

未成年で妊娠するテーマの映画いちいちパクリとか言わないでしょ

57 :名無シネマ@上映中 :2008/05/09(金) 19:51:40 ID:WaLVenQi
>>53
自分、死ぬまで~を観てないからパクかどうかは知らないけど、
普通に行われていることでも、死ぬまで~が大ヒットした後に、
似た設定のものを公開すれば、パクだと言われても仕方がないかと。

死ぬまで~のあらすじはwikiで読んでみたが、
あらすじだけ読んでみると、キャラが違うだけで、ほとんど同じじゃね?

映画自体は面白かった。

83 :名無シネマ@上映中 :2008/05/10(土) 19:45:02 ID:jiO6/FX1
さっき見てきた。
邦題のせいで、よく「死ぬまでにしたい10のこと」と比較されてるみたいだけど、
全く真逆の映画だと思ったな。

死ぬまでにしたい・・の原題は「MY LIFE WITHOUT ME」で、
どっちかっていうと、「自分がいなくなった後のために」ってリストだけど、
作品自体は、結局自己満足だけで終わってた感じだった。

こっちのほうは、「自分がしたいこと」のリストだけど、
作品的には、残されたものや、残されるものに対して
自分がどう映るかを考えさせる映画で、凄く印象深かったよ。
でも多分、主演2人が別の役者だったら成り立たないかもw
ニコルソンの役なんて、他の人がやってたらただ憎たらしいだけで終わってたかもね。

87 :名無シネマ@上映中:2008/05/10(土) 21:26:42 ID:7+mkf6V8
世界一の美女にキスをする 伏線の貼り方ウメェーなぁ 号泣はしませんでしたがしみじみとする良作です。

89 :名無シネマ@上映中 :2008/05/10(土) 21:56:05 ID:MNGlW/SE
会わせる顔が無かった愛娘と再会して、初対面の孫にキスをして
「世界一の美女とキスをする」が達成出来たとこで涙が出そうになったよ。

車が好きな俺としてはシェルビーGT350が字幕で
マスタングGT350となってたのがちょっと気になったな。
形は普通のマスタングでも、中身は全く別物の特別な車だという事を
知らないと、カーターがわざわざリストに書いてる意味も半減するような。
運転してカーターの本性(?)が出るのは何か好きだw

92 :名無シネマ@上映中 :2008/05/10(土) 22:38:40 ID:q7KL/ztR
「世界一の美女とキスをする」
それと、最後の「荘厳な景色をみる」は
俺もうるっとなってしまったなあ

やっぱり、こういう映画好きだな、俺

90 :名無シネマ@上映中:2008/05/10(土) 22:35:14 ID:gUnJAn7o
最後に骨つぼ持ってったのはあの秘書でおk?

94 :名無シネマ@上映中 :2008/05/10(土) 23:05:25 ID:17JYBORC
>>90
おk

98 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 00:14:38 ID:2skJAazc
>>94
やっぱり秘書か
何だかんだで秘書もニコルソンのこと慕ってたんだなw
てことは、二回もエベレストに登ったのかな?
そういえば、あのエベレストに登れなかったのが伏線だったんだね

103 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 01:43:31 ID:cfySzvL8
ジャックが死んだ後、
秘書がエベレスト登頂してまでジャックに尽くしていたというところが
あったかくてええ話でした。

他はごく普通でした。

106 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 02:13:29 ID:Jkxs7adw
ニコルソンとモーガンのギャラで半分以上制作費飛んでそうだった。
世界中のCG丸出しなのはもう少しロケできなかったのだろうか。

108 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 05:19:30 ID:H5qLssS1
・見ず知らずの人に親切にする
クリアは笑えて感動

109 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 05:22:52 ID:QKGCwLDf
ニコルソンが愛飲していたコーヒーって何?
kwsk

112 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 07:25:39 ID:j1FIo9X0
コピ・ルアク(インドネシア語 Kopi Luwak)とはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことである。
「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアク」はマレージャコウネコの現地での呼び名である。
日本では, コピー・ルアークやコピ・ルアック、ルアック・コーヒーとの呼称も通用している。
独特の香りを持つが、産出量が少なく、高価である。

116 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 09:58:01 ID:ClqlLOF0
タジ・マハルでの「火葬か土葬か」という話と、それについてのカーターの言葉、
それを踏まえたうえでのラストで、そうか!と笑いながら、どっと泣けてしまった。

130 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 19:40:11 ID:A1Eh6jPh
豆スープが不味すぎる!
てのが改善されたら泣くとこだった

131 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 20:22:08 ID:r/XhLwYF
思ったより感動して泣いてしまったが
余命半年の末期癌患者があんなに元気でポックリ死は普通ないのと
エドワードとカーターが喧嘩別れした時に
車からリストをビリビリに破いたのにラスト秘書がリストにチェックしたのはおかしいと思た
家族、恋人、友人は大切に

134 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 20:35:25 ID:A1Eh6jPh
リスト何枚あるんだ?

135 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 20:36:28 ID:ye24wyH+
>>131
ビリビリに破いた後、モーガンフリーマンが作り直したのを
ニコルソンに渡したんだろう。

破いてから、ラストまでに「泣くほど笑う」「キスする」「親切にする」ってのが
残ってたんだし。
台詞でもちゃんと「後は頼む」ってモーガンフリーマンが言ってたじゃん。

140 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 21:24:39 ID:aqEZrW4n
リスト、秘書がつなぎあわせたものだとばかり思ってた。
てっきり、秘書の大活躍エピソードの一つかと。

143 :名無シネマ@上映中 :2008/05/11(日) 21:38:13 ID:CiipW+7N
>>140
あのビリビリの小さな破片を繋ぎ合わせるのは至難の業

153 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 00:15:38 ID:uSr/HDMM
そいや、興行的にはどうだったの、これ

154 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 00:26:39 ID:kIcnoODG
日本のは、月曜日の夜くらいにならないと分かんないんじゃない。

アメリカだと、制作費$45,000,000に対して本国だけで$93,118,060稼いでるから、
十分成功だろう。
全世界だと、$159,418,060稼いでる。
2007年度の映画では、31位。

167 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 04:25:39 ID:CqM3Yiqy
よかった!喧嘩別れしてカーターが自宅前でポケットから鍵をだすが
ためらいながらインターホーンを押す。どんな心のうごきだったんだろう?

171 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 10:18:01 ID:HkgGPqRC
>>167
あそこは深いシーンだよね。リストの世界で一番美しい女性とキスする。の相手が素敵だった。


確かにロブライナーらしく感動は抑えめに作ってあるけど、最後のジャックの言葉少なめのスピーチにはじんときた。モーガンが奥さんと喧嘩して感情的になる演技も珍しかったな

183 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 15:25:46 ID:HkgGPqRC
最後の豆の話は日本人には理解不可能なんだよなぁ。どうしてそんなに面白いの?ってなっちゃう


あそこは翻訳職人の腕の見せ所だったけどまったくハズレてた

劇場がシーンとしてたよ

184 :名無シネマ@上映中:2008/05/12(月) 15:29:41 ID:7PWJsRQJ
>>183
世界一高価なコーヒーがネコのウンコってことを
知らなかったってことだろ。
内容はともかく、モーガンフリーマンがあれだけ大笑いする演技なんて
後にも先にもこの作品くらいじゃなかろうか。

193 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 18:45:14 ID:+a67+nIY
>>184
あのままポックリ笑い死にするんじゃないかと思ってドキドキしたw

205 :最高の珍生:2008/05/12(月) 22:39:48 ID:YHHWUNG3
ラストシーンのナレーションで、ニコルソンの方は、81歳で死んだと
云ってましたよね・・・。これ、私の勘違い・・・???
劇中のニコルソンの年齢設定は何歳でしたっけ?詳しくは触れてなかったっけ?
フリーマンの方は、大学中退して45年間油まみれで・・等のくだりから
65歳ぐらいってことだね。
フリーマンの死後、ニコルソンは、思いの外長生きができた。その間、彼がどんな
人生の過ごし方をしたかは、観客のそれぞれの想像に任せましょう。
というラストかなと思い込んでいた私は、最高の間抜け人かな?

206 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 22:43:36 ID:uSr/HDMM
え、数か月後とかじゃなかったっけ

208 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 23:36:36 ID:uZP9MicB
>>205
ニコルソンも数ヶ月後に死んだよ。
80何歳かで死んだとも言ってた。(そんだけ生きれば十分じゃん!って思った覚えがある)

モーガンの年齢はわかんないな。大学中退したあといろいろあって、あの職についたのかも。
それとも、実はニコルソンとモーガンって結構年が離れている設定だったのかな。

209 :名無シネマ@上映中 :2008/05/12(月) 23:37:54 ID:kIcnoODG
>>205
81歳で死んだってのは間違ってないよ。
スクリプトでもそうなってる。

>Edward Perryman Cole died in May.
>It was a Sunday in the afternoon and there wasn't a cloud in the sky.
>He was 81 years old.

ただ、フリーマンの方が高校からすぐに大学入ったとか、
同じ年だとかは言ってなかったように思うから、年齢設定とかは
分かんないけど。

213 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 00:59:03 ID:8DxgZlhq
>>205
多分ジャックは長生きしたんだと私は思った。

225 :最高の珍生:2008/05/13(火) 07:16:59 ID:NptxjI9e
>205
>208
ニコルソンが81歳で死んだというのは
間違ってなかったわけだね。
劇中の彼は80歳のじいさんなわけないから、
フリーマンの死後、ニコルソンにはけっこう
時間があった、彼の残りの人生はどのようだった
かは、観客の皆さんの想像にお任せしましょうと
いうラストなんですよ。やっぱり。
彼は残りの人生を、「最高の人生」として過ごせたという
ことなんですよ。きっと。金のためだけに生きたそれまでの
50年間と比べても・・・。
側近の秘書が彼の遺骨を、酸素マスクまでして、
エベレストまで運ぼうとする姿からも、ニコルソン
の残りの人生の様子が想像できるでしょということ
ですよ。
ラストでその部分がぼやけてしまうのが???
アメリカでは、特に老け設定でもなかったニコルソン
が81歳で死んだと聞くと、「ああ、10年は生きれた
んだな・・」と自然に解釈できるから、くどくど説明は
不要なんだけど、日本人からすれば、「ああ、ニコルソンは
80歳だったんだ。」で片づけてしまって、ラストシーンの
意図もふっとんじゃうてことかな。
例えれば、田中邦衛がそのままの姿で演じてて、彼は81歳で死んだ
と聞けば、日本人ならすっと「その後は10年くらい生きたんだな。」
と自然に解釈するでしょ。

227 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 12:06:49 ID:IicCm3r1
数ヶ月後に死んだって字幕に書いてあった気がするけどな

228 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 13:00:09 ID:OALDE2zV
>>225
脳内延命嘆願して通ったんだろうな
もはや字幕は見えないナレーションも聴こえない

234 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 21:47:07 ID:+r+BrSQ+
>>225
自分も>>227 と同じく数ヶ月後に死んだと字幕に書いてあったような気がしたんだけど。

それに、もしニコルソンがそんなに長生きしてたんだったら、
彼自身が山に登ってリストの文を消すんじゃないかな?

だから、秘書が登っていたのを観て、
ニコルソンは春を迎えることができなかったんだなぁ、って
自分は思ったんだけど。

本当のところどうなんだろ?

236 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 22:42:06 ID:JhRx0tAX
数ヶ月後に死んだのも80いくつかで死んだのも真実で単純に年の差が大きかったんでしょ

237 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 22:55:51 ID:52dyFJhE
というか、そもそも年の差とか言い出したら
先に死んだはずのカーターの声でエドワードのことを
説明していること自体おかしいわけで。

238 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 23:02:19 ID:PI+UUqiM
最初から2人とも余命6ヶ月って設定で、
それが変わったって説明も何にもないんだから、
どっちかって言うと、「じゃあ年が離れてたって設定だったんだな」
って納得した方が自然だと思うけど。

239 :名無シネマ@上映中 :2008/05/13(火) 23:09:10 ID:JhRx0tAX
>>237
それって、視聴者に登山している人を最初はカーターと
思わせておいて、カーターが先に死んだからエドワードか
と思わせておいて、実は秘書でしたってオチにしたいから
そうしたんでしょ。

250 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 06:25:28 ID:Onh0s1Fk
>236,237,238
というふうに、単純に考えられる人が
ある意味うらやましい。
>239
He was 81 years old.
とあえて付け加えてあるのだから、
「81歳」は意味があるはず。
その後何年生きたかは特定される必要なくても
ニコルソンがフリーマンの死後、ある程度の年月を
生きたんだな、その残りの人生はどのようなものだった
んだろうと観客に想像させたかったと思う。

254 :名無シネマ@上映中 :2008/05/14(水) 15:04:47 ID:Kpfpgl09
冒頭の登山のシーンからカーターの働く修理工場のシーンに切り替わる時に
まず工場で彼らが使ってる『灰皿』がアップになってからカメラが引いていく
んだけどその『灰皿』に注目、でないとラストシーンで笑えないよ。

255 :名無シネマ@上映中 :2008/05/14(水) 16:26:22 ID:BBgPUC6p
>>254
気付かなかった
灰皿に使われてたのって骨壷代わりに使われてたナッツの缶?

267 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 22:15:38 ID:oUgrHG86
ねえ、最初に出てきた病院の医師の男の人がすごい日本人っぽかったんだけど
日本人かな?
主人公(?)が入院してる病室に相棒も運ばれてきたとき。
一瞬だけ映ったんだが

270 :名無シネマ@上映中 :2008/05/14(水) 22:35:01 ID:iuDdQsNT
>>267
この人の事かな。
Roy Vongtama
http://www.imdb.com/name/nm1668655/



274 :名無シネマ@上映中 :2008/05/14(水) 23:31:57 ID:NOKPW4Zp
時間軸を掴もうと思って見直してみたけど日付を特定できるシーンは
少ないね。二人がリストを実行する直前にエドワードがテレビで野球を
見てのが秋口くらい?エベレストに来春まで登れないと言われたのは
本格的な冬になる直前かな。またクリスマスのシーンが描かれてない
のでカーターが死んだのはそれ以前、11月から12月にかけてかな。
そして半年後の5月にエドワードが死んだとか。

骨壷代わりの缶はカーターが職場で灰皿に使ってたチャックフロナッツ
(大衆向コーヒーショップチェーン)の缶ですね、だからタジマハール
のシーンでコピ・ルアックは俺にはハイカラすぎてなんて話がでてくる。

269 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 22:23:31 ID:UNA1u/pC
バーで逆ナンパしかけてきた妙齢の女性は
エベレスト登頂経験のあるフッカーってことでいいの?
話をあわせただけ?


276 :名無シネマ@上映中:2008/05/15(木) 02:08:56 ID:M78CdiuN
モーガンがバーで綺麗な女に誘われて断った際に、
「幸せな奥様ね。」 「いや俺が幸せな夫なんだ。」が良かった。

その後、秘書が「さすがです。」ってニコルソンに言ってたけど。
モーガンを自分から帰りたくように仕向けたことに対しての?

277 :名無シネマ@上映中 :2008/05/15(木) 04:39:13 ID:VY8vRPiI
>>276

あれって、秘書が仕掛けたんでしょ?ジャックに内緒で。
で、モーガンはジャックが仕掛けたんだと思ってジャックに当たった。
ジャックは秘書に救いを求めようとしたんだけど、すぐに機転利かせて
自分がやった振りをした。
かばってもらった秘書が感謝してそう言ったんじゃないかな。
んで、認めてもらったと思ってニコリとする。

というわけで、
>>269 に関しては、ジャックの意向を勝手に汲み取った秘書が
雇ったフッカーだと思ったんだけどね。

あと、「親切にする」というのはもうちょっと重い話のような気がした。
親切にするって、たとえばモーガンがナースコールを拾ってあげたような
すごく簡単なことも含まれると思うけど、モーガンが目指していたのは
その行動を通して相手の人間性をもっと良い方向に変えるような
「善行を行う」ってことなんじゃないかな。言ってみれば「親切の積み重ね」みたいな。

280 :名無シネマ@上映中:2008/05/15(木) 07:44:28 ID:Fluise60
>270
なるほど、なるほど。
「81歳で死んだ」は、どう解釈?
エドワードはカーターの死後、間もなく死んだ
というのと、ある程度の期間は生きたというのが
あるけど。
劇中のエドワードが80過ぎのじいさんだというのは
どうも不自然な気がぬぐえないのだが。
死を迎えるまでに、ある程度の時間があったんだよと
いう設定と捉えるのは?かな。

281 :名無シネマ@上映中 :2008/05/15(木) 08:02:44 ID:4+bEsI4g
>>280

入院した時は2人とも同じ70歳じゃなかったっけ?

284 :名無シネマ@上映中 :2008/05/15(木) 09:36:31 ID:VY8vRPiI
>>281
入院時にカーターの方は63前後だね。
直接は言ってないけど、大学に最初の2ヶ月通っただけで妻の妊娠で
学業をあきらめて45年があっという間だったと言ってるから
高卒後すぐに大学行ったとして18くらいだとするとそれくらい。

あ、66ってエドワードがタトゥー入れるときに言ってるね。
てことは高校終わって大学行くまで多少ブランクがあったのか。

304 :名無シネマ@上映中:2008/05/15(木) 19:27:37 ID:D+KefaTi
>>284
調べずに書くが、兵役じゃね?

309 :名無シネマ@上映中 :2008/05/15(木) 20:54:48 ID:VY8vRPiI
>>304
そういえば葬式のシーンで若い頃の遺影が軍服姿っぽかった。
なるほど。

396 :部長の羽衣 ◆jifgtDkl02 :2008/05/18(日) 22:12:24 ID:Zw1lQFze
ところで
http://www.gyao.jp/cinema/roadshow/?id=12434



こんなシーンあったっけ……?
ライフルもってるからアフリカだと思うけど。

398 :FREE ◆TIBET/.4mw :2008/05/18(日) 22:26:52 ID:57nLS2s+
>>396
おれも、同じ事思った。見逃しかと思ったが
ライオン狩りは
結局エドワードが一発ぶっぱなして終わりだったよね。

436 :名無シネマ@上映中:2008/05/21(水) 22:31:48 ID:0iTF6epP
いや~感動して泣くつもりで見に行ったらつまらん映画だったのでガッカリ…。
フィクションでも感動出来る映画は沢山あるが、この映画は何ひとつとして共感出来なかったよ。
見どころのひとつであるはずの旅のシーンもほとんどがスタジオ撮り+CGてのが見え見えで萎えまくりだし。
扱うテーマや演技は素晴らしいのに、なぜか全体的に安っぽくて薄っぺら~い印象の仕上がりで実にもったいない。
映画っつーより「カネのかかったVシネ」って感じ。
感動している人やこれから観る人には大変申し訳ないが、レンタルDVDや民放テレビのオンエアで充分だったわ…

437 :名無シネマ@上映中 :2008/05/21(水) 22:33:48 ID:lL1Pt1BY
そんな身構えて観にいくから・・

438 :名無シネマ@上映中 :2008/05/21(水) 23:00:35 ID:EBWf6pDh
俺はジワッとだが充分感動させてもらったぜ
ただタッチが軽くて重苦しくないからあまり構えると肩透かし食うかもな
あと年齢や環境でピンと来ない人もいるだろうし
亡くなるまでにお互い本当の親友が出来て良かった

439 :名無シネマ@上映中 :2008/05/21(水) 23:08:36 ID:7o/p/HBH
この映画の肝は、「余命半年」を受け止められるかどうかにかかっている。

若い人で、死ぬかもしれないような大病をわずらったことのない人にはぴんと来ないと思う。
ある程度先が見えてきた人生の折り返し以後の人や、死を覚悟する大病を経験した人になら
登場人物の切実さを共有できるんじゃないかな。

これが共有できれば、感情移入できるだろうけど
これが共有できなければ、ただの「金持ち道楽物見遊山」物語に見えるのかもしれない。

446 :名無シネマ@上映中 :2008/05/23(金) 18:20:59 ID:/b2U0wZz
スカイダイビングシーンのニコルソンに惚れた



449 :名無シネマ@上映中 :2008/05/23(金) 22:32:03 ID:zXy58BQr
>>446
スカイダイビングのシーンは残念ながらスタントマンらしいぞ
2人は本当には飛んではいないらしい
まあ年齢が年齢だし、大御所だから何かあったらやばいしねえ

450 :名無シネマ@上映中 :2008/05/23(金) 23:34:00 ID:uzrIAnuQ
ちうことは上からぶら下げて下から巨大扇風機ってこと?
どこに予算50億円も使ったのかと思ったらそういうところなのね。

573 :名無シネマ@上映中 :2008/06/08(日) 00:30:34 ID:UNsb/SW4
それにしても、あの秘書はなかなかクールで素敵だった。



金持ちが余命が少ないと自覚して、「おまえが俺だったらこの財産をどう処分する?」と聞かれたときの
秘書の答が「私だったら、秘書に全財産寄付します」。。。思わずにやりとしたよ。

574 :名無シネマ@上映中 :2008/06/08(日) 00:59:11 ID:+nEhIRN7
>>573
そのセリフのシーンで一瞬「おいおい!」と思ったけど、あれはエドワードとの
信頼関係が出来てるから言える言葉だったんだなとその後の映画でのやり取りを
みて納得した

575 :名無シネマ@上映中 :2008/06/08(日) 19:36:07 ID:S8uNjZoa
秘書の人よかったね。皮肉屋のくせに最後はエベレスト登頂までして…

ロジャー役の何とかフリーマンって実の息子かしら。
あと、病室のベッドでニコルソンがかけてた眼鏡(寝たままで本が読める)欲しい。

576 :真っ赤なスカーフ :2008/06/08(日) 23:14:33 ID:65X+VHLg
>>575
>ニコルソンがかけてた眼鏡(寝たままで本が読める)欲しい。
一時は雑誌の通信販売なんかでよく広告見たけどね。TVグラスだったかな。
あの眼鏡を掛けたニコルソンのミラー越しのカメラ目線は面白いと思った。

616 :名無シネマ@上映中 :2008/06/17(火) 21:36:07 ID:6Oer5zx6
コピ・ルアクを飲んでみたい
いや、やっぱ飲みたくない

617 :名無シネマ@上映中:2008/06/17(火) 21:55:07 ID:VsSWgALC
aa_20111130174956.gif

625 :名無シネマ@上映中 :2008/06/19(木) 19:21:38 ID:7lR8u8Oy
エドワードが飛行機の中で読んでた本
「SAMURAI」って書いてあったけど、
どんな本なんだろ?

626 :名無シネマ@上映中 :2008/06/19(木) 23:16:47 ID:ubMqeh4K
>>625
知らないけど、きっと「サムライ」の本なんだろう。

630 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 07:37:41 ID:aK639AeV
この映画のファーストシーンが、秘書のひとり登山。
ラストシーンが頂上(というか目指すポイント)に秘書が着いたシーン。

つまり、この映画は、あの秘書が登山をしている最中に思い起こした
あれやこれやの思い出の再現。

そういう構造になってる。

631 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 10:45:37 ID:MHXiR6q7
でもなぜかナレーションはカーター。

633 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 11:23:23 ID:2OGU4DRm
>>630
なってないでしょ。
それなら秘書の視点で物語が進まなきゃいけないが、
フリーマンの自宅でのシーンや、ニコルソンと二人での病室のシーン、
他にも秘書がいない場面で進行するシーンが多々あるし。

634 :名無シネマ@上映中:2008/06/21(土) 11:48:36 ID:Ku71pjEb
>>633
普通にモンタージュ手法で作られているのではないか

635 :名無シネマ@上映中 :2008/06/21(土) 12:20:07 ID:2OGU4DRm
>>634
それで秘書の回想録になるのかよ。
ナレーションがカーターだし、
天国のカーターが友人の骨を運ぶ秘書を見ながら、
友人との思い出に耽るってなら分からなくもないが

644 :名無シネマ@上映中 :2008/06/23(月) 12:17:20 ID:cNuxpfUN
普通にカーターが天国から語りかけてるって解釈で良いんじゃないの。


関連記事

  1. 2008/08/04(月) 06:30:09|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:12
  4. | コメント:0
<<しゃべれども しゃべれども | ホーム | ジュラシック・パークIII>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/180-a439f375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最高の人生の見つけ方

 『余命6ヶ月、 一生分笑う。』  コチラの「最高の人生の見つけ方」は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンという名優2人が共演した5/10公開のヒューマン・コメディなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ?♪  監督は、「スタンド・バイ・ミー」、「ア・フ...
  1. 2008/08/04(月) 22:54:14 |
  2. ☆彡映画鑑賞日記☆彡

「最高の人生の見つけ方」

「最高の人生の見つけ方」試写会 よみうりホールで鑑賞 まあ?このキャスティング! このテーマとこのキャスティングで既に合格点です。 二人のおじいさんたちは特別にキャラクターを作ったわけでもないだろうし、本当に地のままで映画撮ったといえるような作品。 た
  1. 2008/08/04(月) 23:18:24 |
  2. てんびんthe LIFE

『最高の人生の見つけ方』

□作品オフィシャルサイト 「最高の人生の見つけ方」□監督 ロブ・ライナー□脚本 ジャスティン・ザッカム □キャスト ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ロブ・モロー■鑑賞日 5月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★
  1. 2008/08/04(月) 23:20:34 |
  2. 京の昼寝?♪

☆「最高の人生の見つけ方」

3日連続でナイトショウ観て来たのに・・・ 続けて試写会に行ってきました。。。レビューが溜まってるよーーー。 今回は虎ノ門のニッショー・ホール。 劇場での予告編は何度も観てたので、あらすじはバッチリ。 主演は、ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンのオ
  1. 2008/08/05(火) 03:36:28 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画 【最高の人生の見つけ方】

試写会にて「最高の人生の見つけ方」 『スタンド・バイ・ミー』などのロブ・ライナー監督によるヒューマン・ドラマ。 おはなし:大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と自動車整備工のカーター(モーガン・フリーマン)が入院先の病室で知り合った。二人とも余命は6ヶ
  1. 2008/08/05(火) 07:58:41 |
  2. ミチの雑記帳

最高の人生の見つけ方

【THE BUCKET LIST】2008/05/10公開(05/11鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロブ・ライナー出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ、ビヴァリー・トッド、ロブ・モロー
  1. 2008/08/05(火) 12:58:17 |
  2. 映画鑑賞★日記・・・

最高の人生の見つけ方

映画「最高の人生の見つけ方」の感想です
  1. 2008/08/05(火) 15:51:12 |
  2. ジャスの部屋 -映画とゲーム-

『最高の人生の見つけ方』を観たぞ?!

『最高の人生の見つけ方』を観ました自分本位な富豪の男と実直な自動車整備士が、ともに末期のガンで余命6ヵ月と宣告されたのをきっかけに、死ぬ前にやり残したことを実現しようと2人で病院を抜け出し冒険の旅に出る姿を描くハートフル・ストーリーです&gt;&gt;『最高の人
  1. 2008/08/26(火) 11:42:22 |
  2. おきらく楽天 映画生活

mini review 08330「最高の人生の見つけ方」★★★★★★☆☆☆☆

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演で描く、死を意識した初老男性2人の希望に満ちた余生を描く人間讃歌。病室で知り合った2人が意気投合し、“やりたいことリスト”に基づき、残りの人生を生き生きと駆け抜ける。感動ストーリーをさわやかなユーモアで描き切っ
  1. 2008/10/14(火) 21:37:35 |
  2. サーカスな日々

【映画】最高の人生の見つけ方…身につまされたら感動アップ?

昨日{/kaeru_fine/}は偏頭痛のため(もしかしたら二日酔いかも?)殆ど寝てた私。お昼過ぎまで寝た後、途中少しだけ起きて、模型屋さん{/car2_tank/}とパソコンショップ{/pc2/}と食料品の買い出し{/silver/}に行っただけで、夜も割と早めに就寝しました。…先週が割と忙しか
  1. 2008/11/23(日) 21:30:06 |
  2. ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

『最高の人生の見つけ方』&#39;07・米

あらすじ仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてきたカーター(モーガン・フリーマン)は入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し無謀にも病院を脱出・・・。感想『死...
  1. 2009/06/19(金) 22:18:20 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ

最高の人生の見つけ方

作品情報 タイトル:最高の人生の見つけ方 制作:2007年・アメリカ 監督:ロブ・ライナー 出演:ジャック・ニコルソン、モーガン・フリーマン、ショーン・ヘイズ あらすじ:仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いてき
  1. 2010/06/21(月) 01:11:40 |
  2. ★★むらの映画鑑賞メモ★★

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR