2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

やじきた道中 てれすこ

【勘三郎】やじきた道中 てれすこ【柄本】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1194711714/


1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 01:21:54 ID:oj2qdfbU]
“弥次喜多コンビ”と“売れっ子花魁”が繰り広げる
笑いと涙の珍道中!
11月10日公開

監督:平山秀行
出演:中村勘三郎、柄本明、小泉今日子、他



8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 11:08:48 ID:AbRsJT9E]
勘三郎と柄本だから外れはないだろうと思って昨日見に行ったよ
久しぶりに面白い娯楽時代劇だった。
意外とお笑いの部分が現代的だなと思った。爺婆狙いの時代劇って
お笑いの部分がパターン化してて見てると寒くなってきたりするんだけど、
これはそういうのがなかったよ。出てる人も個人的に好きな役者ばかりだったし。
観客の年齢層はだいぶ高めだったw

それから見に行くと「てれすこ」が貰えるよw

10 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/11(日) 11:55:06 ID:YW1BAiM4]
貰ったてれすこ、死ぬのが怖くて食えない(泣)

13 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/11(日) 15:30:40 ID:WhsoyIl5]
>>10



土の中に埋めてもらえば大丈夫。

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 11:32:52 ID:s9VLTxa1]
見る前から笑いのツボのシーンがあって楽しみだったが
期待を裏切らなかった。
やじきた花魁それぞれの性格をうまく表現できてたと思う。
道中の三人のやりとりが個人的には好きだ。
子狸良かった。
息子たちのやじきたも面白かったけど
さすが親父たちは役者だね。

昨日は初日プレで甘ノシが貰えたよ!
てれすこに見立てた洒落だと思うが。

15 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/11(日) 16:22:45 ID:lVwXGGFD]
てれすこってなんかムカつく
香取のなまか並にムカつく

17 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/11(日) 17:18:13 ID:cDQrWwP9]
「てれすこ」古典落語の演目。あざとい流行語狙いの、なまかなんかと一緒にするな。

6 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 10:04:43 ID:y4nf0us+]
で、テレスコってなによ

18 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/11(日) 18:33:55 ID:i/b3Szxr]
>>6
まぁ、ぞぬみたいなもん、かなぁ。

26 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 23:45:42 ID:0sNSkCz0]
正直なんでタイトルをてれすこにしたんだろ。
それほど物語の核になってるわけじゃないし。
旅に出るきっかけでしかないし。

30 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/12(月) 01:46:22 ID:GUy93Ovo]
てれすこがグエムルみたいにガバーーッと出てくると思いきや・・・
ま、てれすこが主役じゃないもんな。

20 名前:RRD ◆3MranranlY mailto:sage [2007/11/11(日) 22:24:41 ID:HFvI5Gtf]
おー、やっとスレがたったか。昨日書こうと思ったけど書けなかった。
客入りはそこそこ、ただし客層は老夫婦がほとんど。
不思議な雰囲気の映画だよね。NHKでやってた「お江戸でござる」に
近い雰囲気。作り物っぽいんだけど、場面場面が妙にリアル。
「お茶を引く」とか「裏を返す」とか、言葉が時代そのまんまだし。
タイトルはてれすこだけど、序盤のどたばたは品川心中で、
しゃれこうべと語る野晒しがあって、狸賽があって、死んだって嘘をつかれて
違う人を拝むお見立て、お経をあげてる最中に現れる菊江の仏壇、
まだ小ネタをはじめいろいろあると思うんだけどなー。
あと小泉今日子がいまだにアイドルでいて良かった。

23 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 23:02:16 ID:+fS2IlfV]
落語知らないとおもしろさが激減するの?

24 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/11(日) 23:44:28 ID:0sNSkCz0]
>>23
自分落語知らなくても楽しめたよ。
落語知ってれば倍楽しめたのかもしれないけど
特に問題ない。むしろ興味が出てきて落語のやじきた
聴いてみたいかも

28 名前:RRD ◆3MranranlY mailto:sage [2007/11/12(月) 00:50:48 ID:NDJde6im]
しかしさー、これを正月映画にしないところが松竹のダメなところだよな。

29 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/12(月) 01:45:27 ID:taliqMOY]
>>28
あー、こういう映画は正月に楽しみたいね。確かに。

40 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/12(月) 23:20:02 ID:OpxgEh6p]
楽しかったー!おだやかに笑える映画だった

41 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/12(月) 23:22:36 ID:6dhAeGeD]
結局、最後に勘三郎が食べたテレスコって
今で言う毒のあるふぐなのでしょうか?

50 名前:RRD ◆3MranranlY mailto:sage [2007/11/14(水) 22:41:10 ID:3jaXc+cF]
>>41
てれすこ自体は架空の生き物だからフグとは関係ないだろうけど
でも昔の人はフグに当たったらマジで土に埋めてたらしいから
それを再現して映像化しただけで意義があるんじゃない?
マジで解毒のためにあんなトンマなことをやってたって思うだけで
あの時代の人がますます好きになったよ。

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/15(木) 00:38:50 ID:0AOYRvDd]
てれすこ売ってた藤山直美はどうしてすすり泣きしてたの?w

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/15(木) 17:01:48 ID:exIbv3HP]
>>54
それ思った。あれだけ謎

61 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/16(金) 15:46:16 ID:xWjBoeWn]
>>54
泣きながら毒食わせるのって、筒井か小松の小説に無かったっけ?
思い出せそうで思い出せない。

57 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/15(木) 17:03:39 ID:1NGv1Mrd]
気の『毒』にー、じゃないの?

42 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/12(月) 23:23:54 ID:6dhAeGeD]
子だぬき役の男の子が
笹野高史の息子さんですよね。

確か武士の一文でも共演していた息子かな。

43 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/13(火) 13:55:27 ID:ncNtY3Ea]
「タヌキの恩返し?」

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/16(金) 17:43:07 ID:HRLELZyl]



仔狸・・・(;´Д`)ハァハァ

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/14(水) 23:53:00 ID:kpCVriNj]
古臭いかなぁと思ったが
あほな現代劇よりも数倍よかった。
テンポよくストレスなく見ることができました。

52 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/15(木) 00:19:28 ID:WzgkQk0k]
この映画みたけど以外といけたよ!シナリオにコクがあって今年の名作だね 一回見るのをおすすめする

55 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/15(木) 16:15:15 ID:yH8nqEJJ]
面白かった~!
もっと地味な映画かと思ってた。
いやいや、柄本明にはびっくり。はじけてます。
大爆笑の大笑い、おまけに思い出し笑い。
次は正月映画で見たい。

118 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/24(土) 23:24:10 ID:9tKhct21]
柄本喜多、すごいよかったけど、
ぶっちゃけこの話って喜多さんいなくてもよくね?

119 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/24(土) 23:46:04 ID:kBKh/Vi8]



柄本さん腰の手術のあとに首吊りシーン撮ったらしいな
すげーな

130 :名無シネマ@上映中:2007/11/27(火) 00:42:41 ID:azjxzfUq
さっき「映画芸術」読んでたら無性に見たくなってきた。
柄本さん、結構ご病気だったのを押して勘三郎さんと
平山監督との企画実現の約束を果たした役者魂に打たれよwwwww

133 :名無シネマ@上映中 :2007/11/30(金) 00:11:15 ID:Sl+ozcs+
柄本明が凄くいいよね
存在自体が面白い

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/16(金) 01:33:03 ID:a6XSLEDd]
キョンキョン、やつれたなーーー。



68 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/17(土) 14:37:23 ID:VsZGvuLj]
小泉今日子がだんだん夏木マリに見えてきた。

85 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/18(日) 20:56:01 ID:o6eZtKTe]
>>68
確かに見えた。

86 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/18(日) 21:12:07 ID:mNh7BI+h]
40近くになってから小泉今日子が魅力的に見えてきた

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/16(金) 17:15:00 ID:suWnqvFy]
今日松戸のシネコンで、見てきましたが、今時音声が出なくなるトラブルが。ww 感想は、面白かったけどやはりフランキー堺のあれを超えるのはキツいのかなと。 後は江ノ島のアンテナがー。

66 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/17(土) 09:10:13 ID:bJ5wpljq]
風景とか、ニュージーランドロケ物に負けないくらい良かったね

67 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/17(土) 09:28:06 ID:QzoSRU8T]
日本ってきれいだなと改めておもた。

69 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/17(土) 15:15:30 ID:Yh19esTo]
この映画見てる間は嫌な世の中のニュース忘れれたよ

73 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/18(日) 09:55:41 ID:rWgeK4Pc]
この映画まさに老舗の和食だね。ドカンと主張する一品は無くても厳選食材で
初めから終わりまで箸が進み、店を出た後「美味しかった~」余韻が残る。

76 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/18(日) 13:09:38 ID:26nwd+/4]
 未観の方は なるべくなら読まないでくらはい m(_ _)m


確かに腹抱えた級 にオモロかったよ。でも あのブツ切れの編集具合が、いかがなものかいな?…と
もの語りの締め方も、平山式「彼らは今後どうしていくんやろな?」やったし。
今回の勘三郎さんは ちと"おさえ"めに調整してた感を感じた。たち振る舞いは昔の江戸っ子だったし、
CGあったけど(包丁研ぎの場面、超オモロ過ぎや(笑))、
物語の古典感を大事にしようとしたやね。でも藤山さんの演技は「そんなの関係ねェ~!」(笑)
えもさん、たけし版『座頭市』を観た方はギャップで もっとオモロかったんちゃう?
キョンキョン、アイドル時代をよく知ってる人には、お顔の年輪具合には
多少驚くやろな、でも役者の存在感が高なってきてるね。
狸坊や、笹野さんの御子息やったんや~!!超晩婚な事は知ってたけど…。

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/20(火) 02:59:14 ID:d9jIJ6Ur]
>>76
>>もの語りの締め方も、平山式「彼らは今後どうしていくんやろな?」
やじきたものってそういう終わり方するのがセオリーなのかな。
ほとんどがそうだよね?
あと、確かに編集のブツ切り気になった!最近のドラマみたいだなあと。

116 名前:>76 [2007/11/24(土) 20:23:50 ID:8eTVe8GG]
>>97
反応して下さって ㌧クス!
>平山式「今後どうなっていくんやろな…」と思わせる 物語の締め方は、
自分的に、弥次喜多のセオリーのつもりでカキコったんでなくて、
平山監督の、今までの作品の締め方のつもりで、書かせてもらってました。
"あの"締め方で、自分的には『レディ・ジョーカー』時ではとても有効だったけど、
『魔界転生』の場合は 逆効果とちゃうん?…、「思わせぶりでエエから"終わらせて"よ!」ってオモタ。

80 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/18(日) 20:11:22 ID:2rmRcDmQ]
らぷそでぃいんぶるー(絶対平仮名)も良かったね

82 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/18(日) 20:46:06 ID:rWgeK4Pc]
>>80
あにめの味もあとからくるね、エンドクレジットにも出てくれば良かったのに。
日本映画では珍しいメインタイトルアニメ、ピンクパンサー風を狙ったのかな。

88 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/19(月) 13:58:47 ID:zSdWZfcw]
演技が安定してて安心して観れたよ
舞台役者的ではあったが。
もう素人が主役の映画が観てられなくなるかも

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/19(月) 14:35:56 ID:hr3snDQY]
奉行の顔が映っただけで爆笑の大阪



90 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/19(月) 17:37:09 ID:TqdCYuyn]
あっ、新宿でも同じ現象!

91 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/19(月) 19:20:50 ID:iY5TgetG]
>>89
先週木曜の 関西のinternational放送局の FM COCOLOの某番組に、
奉行(笑)の 御子息でミュージシャンの 慎太郎くんが、ゲストに出てはってん。
送信したメッセージを採用してくれたんやけど、
その文中に「昨夜お父様が御出演されてる『てれすこ』を観てきたとこです…」とDJさんが読んでくれると、慎太郎くんが「え、今 映画に出てるんですか…? すいません、知りませんでした!」って言われた (><;)
親子仲 悪いんかいな?… と 勘ぐってしまうやんか!

105 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/22(木) 03:49:10 ID:s2iT5oFz]
昨日レディースディで観てきました。落語は「てれすこ」と「品川心中」くらいしか知らないですが、面白かった。
あのお奉行が出てきた、あのシーンはもうコントにしか見えなかったけどw

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/20(火) 02:59:14 ID:d9jIJ6Ur]
今日見てきた!お客さんが中高年ばっかりだったw
柄本さんいいね~、パンフの碗持って目を吊り上げてる写真が素晴らしすぎて
拡大コピーしたいくらいw
ストーリーはあっさりしてたね。

99 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/20(火) 16:41:11 ID:1ONY0q1/]
前半は面白かった。最後に何があるのかと思いながら、結局は何も無くて
げっそりしました。

100 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/21(水) 08:04:13 ID:dP7o/Gch]
なんか途中で終わってるよね。
桑名まで行っていない。

101 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/21(水) 18:06:42 ID:Sn24Q75z]
桑名で焼き蛤食べて、京都まで行ってほしい!

114 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/24(土) 09:53:53 ID:zwk9FXFk]



あのあとの3人が気になる。
続きが見たい。
けんかしながら今も落語のような旅を続けているのでしょうか。

117 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/24(土) 23:13:42 ID:k8cNq1X/]
昨日見てきました。
病みつきになる、というほどではないですが面白かったので
よかったです。
でも確かに続編をにおわせる部分は多かったですね
てれすこ発祥の大坂町奉行メンバーと主人公三人とのからみがない事
藤山直美の謎の女とかですよね、
それとてれすこを食すると過去の良き懐かしき時間が
蘇ってくる件についても、食べていなかった
すてれんきょうを食べるとどうなるのか?
なんかですね
自作「すてれんきょう」はやじきた一向が
東海道を経て大坂に到着しての話になるのかな
時間が幕末近くなので、もしかしたら
主人公3人が大坂町奉行につかまって
絶対絶命の所で大塩平八郎の乱が勃発して
大混乱なんてありそうですね
でも、休日であの入りでは、続編できるかな・・・

後、気になったのが、箱根の山を楽しそうに越えていった3人だけど
足抜け女郎が通行手形を持っているなんてありえないし
ましてや「出女」なのに
どうやってあの厳しい箱根の関を通過できたのですかね

120 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/25(日) 12:56:11 ID:UMyoWHOL]
つまらんかった。落語をぶつぎりにしてつなげただけ。

松之助師匠お元気で結構。冒頭の心中未遂場面は掛け合いが面白かったが
白洲の場面とはつながらない・・・おれの頭が固すぎるのか???

藤山直美、ん~、よくわからん。わざと毒を喰わせた?『顔』で勘九郎に犯された
お返しか!?

117を見ると、あ~次回で話のつじつまあうのかな…と期待したいが、たぶん
落語知らないほうが楽しめるね。

平山は『愛を請うひと』だっけ?あれはすばらしかった!

123 名前:名無シネマ@上映中 [2007/11/25(日) 18:44:38 ID:UnVXVV2J]
俺はこういうの割と好きだな。
切った張ったの活劇もまーいーけど、江戸は泰平、庶民の娯楽が花開いた時代。
その雰囲気を堪能できる映画ってことで良かった。

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/11/25(日) 19:49:11 ID:CC17J7hJ]
あんまり期待してなかったけど意外に面白かった。
上手い役者と演出、脚本あれば面白くなるものだ。
敢えて言えば後半の奥さんにシーンは無くても
どうせならずっとコメディで通しても良かったかも。
でもあのシーンもさりげなくて悪くはなかった。


パンフレット1000円がなあ。巾着無しで700円くらい
のもあったら良かった。

126 :名無シネマ@上映中 :2007/11/26(月) 10:46:35 ID:Hygiagqa
孫と爺婆が一緒に見に行ける映画っていいよな

127 :名無シネマ@上映中 :2007/11/26(月) 21:04:15 ID:J57Juq/T
家族そろって安心して観ることが出来て、しかも純粋に笑えるってなかなかないよね。
世代を超えて楽しい映画だと思った。

154 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 07:30:35 ID:LIpEomhb
タヌキの子供が可愛かった。
あとは…、このスレで言われてるほど
面白いとは思わない。自分とはちょっと合わなかった。

155 :名無シネマ@上映中 :2007/12/09(日) 16:57:07 ID:3zMkirTq
コメディは自分の趣味と合わないとクスリともしないからね
しょうがない。

149 :名無シネマ@上映中 :2007/12/05(水) 11:42:56 ID:b9xPiM/R
富士山までで終わるのはやじきたモノの定番だな

150 :名無シネマ@上映中:2007/12/06(木) 00:10:12 ID:9J0rhhmY
ぬこが良かったw
キャストは勘三郎の仲良しばっか集めた感じだったけど。
吉川のしゃべり方変じゃなかった?

153 :名無シネマ@上映中 :2007/12/08(土) 21:14:17 ID:DMU13rer
>>150

あれも落語ネタのひとつだったのかな。吉川は名古屋弁でしたね。名古屋ではウケてました。

156 :名無シネマ@上映中:2007/12/10(月) 19:15:53 ID:O11HZKhU
>153
名古屋弁になる前の騙す芝居の所のセリフ回しっていうか
カツゼツが変だと思ったんです。

161 :名無シネマ@上映中 :2007/12/11(火) 00:49:37 ID:YSrziV0a
きっかわこーじは広島出身

162 :名無シネマ@上映中:2007/12/11(火) 10:49:25 ID:3Fk+fsjD
名古屋弁と広島弁って似てるよね。
吉川晃司よかった!

151 :名無シネマ@上映中 :2007/12/06(木) 01:03:28 ID:U1ywa1N8
あのぬこ、見覚えのあるぬこなんだけど、
もしかしてショムニのぬこ?

172 :名無シネマ@上映中 :2007/12/18(火) 15:38:43 ID:4mM2RfDf
観てから時間が経ってるので、うる覚えのところもあるが……


正直、今一つの出来。一番良かったのはパンフレットだな。
10年ほど中村屋を贔屓にして舞台は年に3~4回見ているし、
歌舞伎小屋と寄席には月1回くらい足を運んでいるので、
期待しすぎたせいかもしれない。

個々の役者の演技はすごくいいし、笑いどころやシーン毎は面白いんだけど、
全体を通して考えると佳作という感じだね。

一番問題なのは、脚本と、(編集を含めた)演出だと思う。
脚本家と監督は「しゃべれども~」のコンビらしいけど、
あの作品も、せっかくの落語の世界観を活かしきれていなかったし、
てれすこでは、落語の話を継ぎはぎしたような印象を受けた。

上でも書かれているけど、
何よりも柄本明の喜多さんがいなくても成立してしまうのが問題。
あれじゃ「弥次さんと愉快な仲間の珍道中」って感じ。

ま、監督が言っている通りB級扱いしてみれば十分楽しめるかもね。

173 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 20:27:44 ID:bFutTNAG
「しゃべれども」の脚本家は「学校の怪談」の人でしょう?

174 :名無シネマ@上映中 :2008/01/27(日) 00:05:37 ID:FTe4rIZJ
このやーぼてん!


関連記事

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2011/03/13(日) 22:32:53|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<全国公開中の津波描いた映画「ヒア アフター」(クリント・イーストウッド監督作品)の上映が中止に | ホーム | スクール・オブ・ロック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1791-edddd5f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。