2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

戦場のピアニスト

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1045798614/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:03/02/21 12:36 ID:1/nW9CpS
第55回カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の感動ドラマ。
実在のピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの実体験を綴った回想録を基に、戦火を奇跡的に生き延びたピアニストとその生還に関わった人々の姿を、過剰な演出を抑え事実に基づき静かに力強く描く。自身もゲットーで過ごした過酷な体験を持つロマン・ポランスキー監督渾身の一作。


131 :名無シネマ@上映中:03/02/23 00:42 ID:FZoN7xK2
見てきたけど、激しく退屈でした。
でも映像は美しいし、心を打つシーンはあったので良い映画には違いないけど。
絶賛はされてもエンターテイメントじゃないから、
ヒットするタイプの映画じゃないと思うね。
こんな映画がヒットする日本て国は不思議だ。

138 :名無シネマ@上映中:03/02/23 00:53 ID:hYbwIt64
>>131
> こんな映画がヒットする日本て国は不思議だ。

私は嬉しいけどな

155 :名無シネマ@上映中:03/02/23 02:16 ID:QdQurbEo
後半主人公がほとんど無言というのがイイ。
しかも逃げている緊張感は意外になく傍観しているという感じ。
ポラの狙いなんだろうな。
ひたすら潜伏する主人公の姿におれはなんとなくグァム島の横井庄一氏を思い出してしまった。
若い人は知らないだろうな。

156 :名無シネマ@上映中:03/02/23 02:23 ID:v1pbz3wE
あ~ なるほど こっちは民間人だけど

157 :名無シネマ@上映中:03/02/23 02:26 ID:p0FZCpMZ
途中で戦闘シーンが出てくるけど、あれは完全にシュピルマンの視点で
撮ってるよね。あれを、色んなアングルから撮って臨場感たっぷりにすれば
戦争映画になるんだけど、常に傍観的に撮ってる。そこにまた、シュピルマン
の「自分ひとりが逃げおおせてしまった」という心情を感じ取ってしまう。

16 :名無シネマ@上映中:03/02/21 17:49 ID:Id8uMobj
昨日みた。
めったに映画に行かないのに、エライ映画みてもた~~~というのが第一印象。
前回みたのが「海の上のピアニスト」ねたじゃないです。
同系統の映画かとおもったら、大違い途中で帰りたくなった。
でも、いまはいい映画だったんじゃないかなと思ってる。

最後のドイツ将校にピアノを演奏させられる場面だけど、
何を弾くのかなとどきどきした。
ワシだったら、ドイツ人におべっかして、ベートーベンを弾くだろうなあって、、
でも、ヤパリ、ショパンだった。う~~~んって感じですね。

最後に、ピアニストとしてポーランド人(ユダヤ系だけど)としての誇りを示したかったのかなと、、、

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/22 23:41 ID:EwlZKncG
ドイツ将校の前で
軍隊ポロネーズか英雄ポロネーズを弾いてたら、
彼の戦意を刺激して殺されてたかなw

まあ、彼は戦争が敗色濃厚だったから
センチになって助けてやろうって気になったと思う。
もちろんピアノに感動したからもあるだろうけど、、」

115 :名無シネマ@上映中:03/02/22 23:47 ID:qVBhGNTR
>>114
彼は親衛隊将校だったわけだけど、ドイツ軍が勝ち進んでいる時だったら、ユダヤ人を救うなんてできないよね(恐らく部下から密告されて反逆罪に問われる)。
終戦間際で軍隊の戦意や士気が衰えて個人の感情や意志が自由になっていたということでしょうね。

15 :名無シネマ@上映中:03/02/21 17:27 ID:cAnzyzft
最後に出てきて全部もってった大尉殿に感服。萌え。

76 :名無シネマ@上映中:03/02/22 12:14 ID:6IpzBgA9

2ちゃんねる映画ブログ

最後のナチ軍の将校の命乞いはみっともねぇな
ユダヤをひとり助けたからってどうにもならんわなぁ
まぁ話自体はまとまってる感じがしたけど、
こう言うの好きじゃないんだわ

77 :名無シネマ@上映中:03/02/22 12:17 ID:rRHg+Ask
>>76
史実(原作)を脚色しないで忠実に映画化したからでしょ
現実なんてそんなものですよ(ナチスの所業は現実離れしていたようでが)

79 :名無シネマ@上映中:03/02/22 13:17 ID:yf+DKWxf
>>76
あの将校が助けたユダヤ人は一人ではない。ポーランド人も助けてる。
シンドラーや杉原ほど多くないが。

80 :名無シネマ@上映中:03/02/22 13:32 ID:WwTH8xlT
あのシーン(将校命乞い)でみっともないと感じてしまうのは
日本人的セップクイズムに毒されすぎだよな。
俺はたとえフィクションだったとしてもあの場面では
泣き叫んで足掻く演出にするのが正解だったと思う。

118 :名無シネマ@上映中:03/02/23 00:18 ID:34Nv0U/6
ドイツ人将校のデスクの上に家族の写真があったから、
最後の命乞いのシーンは、
みっともないとは思えなかったなあ・・・。

ともあれ、戦争良くない!と思いました。

119 :名無シネマ@上映中:03/02/23 00:21 ID:wuv0jIFc
>>118
将校の家族の写真を意味ありげにアップしていたよね
これで将校の言動を理解してくれと言わんばかりだった

21 :名無シネマ@上映中:03/02/21 21:29 ID:x34XVTJs
アパートの隣部屋の女の顔が
メチャクチャむかついた。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/02/22 06:34 ID:EwlZKncG
この映画って
出てくるドイツ人や反ユダヤ主義的な人って
みんなブタで醜かったなあ。。
ユダヤは商売うまいだろうというチンケなドイツ兵。
おやじさんに雇用証明だすドイツ人(ポーランド人?)
隠れているところを見つかってしまった隣の女なんて
ブス丸出しだった。

あのハンサムな将校とコントラストをだすためか??

俺ならみんな見た目がかなり良い人ばかりを使うが、、

67 :名無シネマ@上映中:03/02/22 07:12 ID:IqbmfCTc
そういえば確かに美醜はっきりしてるね(w
でも廃墟のバーで一緒に隠れたおっちゃんとかも別に美しくはなかったような。
原作知らないから詳しくないけど支援してくれた女の人や旦那とか、ポーランド人じゃない?
ドイツ人が基本的に濃ゆいマッチョデブ率高いだけだったりして

68 :名無シネマ@上映中:03/02/22 09:24 ID:TFhr9TQM
>>67
たんにユダヤ人が食物の配給が少なくて痩せていただけじゃないのかな?
ナチス支配のポーランド地域でユダヤ人が配給される食物はドイツ人の3分の1、ポーランド人の半分以下だったそうだ
もちろん、こうした差別はナチス特有の人種観によるもの

33 :名無シネマ@上映中:03/02/21 23:56 ID:jEohQbwd
 この作品を見て今まで漠然と過ごしていた今の生活が実はとても貴重な物だな
と感じた。住める国があって自分の家があって飢えや寒さに脅える事も無く
自由に行きたい場所にも行ける。色々不平不満があっても平和が良いに決まってる。
 
 でもその平和を勝ち取る為には結局戦って血を流して多くの犠牲を出さなくては
いけないのが現状。戦争って勝ち負けとか善悪とかだけで単純に割り切れない
複雑さがあるんだなと感じる。

34 :名無シネマ@上映中:03/02/22 00:28 ID:o/resZ5p
晩飯にパンとジャムを食べた。シュピルマンの指しゃぶりシーンが浮かんで(゚д゚)ウマー

648 :名無シネマ@上映中:03/03/04 05:10 ID:RTYWyEh5
ドイツのパンって固くてすっぱくて食えたもんじゃない。
でも腹減ってたら一斤全部食べちゃうんだろうな。

315 :名無シネマ@上映中:03/02/24 21:24 ID:niQGc2La
なぜか、ジャムのシーンで泣けました。

144 :名無シネマ@上映中:03/02/23 01:36 ID:vBtm0G94
最初の方でお婆さんが持ってた鍋を飢えた男が奪ってこぼしてしまった
シーン。グロじゃないけどあれはどうみてもゲロくってる様にしか
みえなくて鬱。結構頭の中に残ってるなぁ。

145 :名無シネマ@上映中:03/02/23 01:41 ID:wuv0jIFc
>>144
あれは演技する方が大変だなあと感心しながら見ていた

147 :名無シネマ@上映中:03/02/23 01:43 ID:YT9JTBlj
私はむしろ お婆さんのほうに心が締め付けられた

152 :名無シネマ@上映中:03/02/23 02:02 ID:aMGBZuYO
電車が出て行った後のたくさんの散らばったトランクがなんとも

154 :名無シネマ@上映中:03/02/23 02:13 ID:qFGyS1le

2ちゃんねる映画ブログ

キャラメルを六等分するシーンもなんとも・・・(;´д⊂)

577 : :03/03/02 13:20 ID:xJnrh9Ee
一粒のキャラメルを6等分したところ。せつなかったです。
あれがあの家族の最後の食事だったりして、、とか思うと。。。

162 :名無シネマさん:03/02/23 03:00 ID:cNb80UEs
強制収容所に連行される日のめちゃくちゃ天気がいいのが
なんとも・・・。・゚つД`)゚・。

578 :名無シネマ@上映中:03/03/02 13:31 ID:ajsh6wMx
私は、杖をついたおじいさんが無理やり踊らされよろけてこけてしまうところでした。

198 :名無シネマ@上映中:03/02/23 21:51 ID:IQNV6fqO
シュピルマンが
絶対に缶詰を手放さないシーンって
妙に可愛くて仕方ないんですが・・・。

199 :名無シネマ@上映中:03/02/23 22:01 ID:/8NDeoGx
>>198
そうそう、笑
しかも泣けた・・・

362 :名無シネマ@上映中:03/02/26 02:48 ID:jSGblDUN

2ちゃんねる映画ブログ

いきなり窓から人を落としたときは
劇場が凍りついたよ!
いや、あれはマジで(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

416 :名無シネマ@上映中:03/02/26 23:51 ID:CbZRfus8
>>362
私もあそこが一番見てるの辛かったです。

383 :名無シネマ@上映中:03/02/26 13:41 ID:N1AofW8v
昨日見てきた。
車椅子のシーンでものすごい悲鳴上げた人が居たよ。

634 : :03/03/04 01:56 ID:BcPXjsJ+
じいさんが椅子ごと落とされるところ・・・悪夢だ。。
精神的にやられたシーン多かったな。。
シンドラーはモノクロだったけどこれはカラーだしね。
とにかく、戦争反対!

520 :名無シネマ@上映中:03/03/01 17:21 ID:HCCifFrw
車椅子のシーンあたりから胸が痛くなってしまった。
こういう映画って観て、「いい映画だった。感動した」と
素直に思えるようなものじゃないね。
もっと胸につきささるようなもので。
シンドラーのリスト、アルジェの戦い、Uボート、西部戦線異状なし・・・。
みんな胸にずっしりきた。
ただ、一緒に行ったルーマニア人の友達はこき下ろしていた。
ルーマニアはナチスにもロシアにもいじめられたからかなぁ。

151 :名無シネマ@上映中:03/02/23 01:58 ID:lLGX7TDS
弾がなくなって、入れ替えしてる間が印象深い

396 :名無シネマ@上映中:03/02/26 17:45 ID:Cq7czaPX
強制労働所で、ユダヤ人がドイツ兵に頭を撃ち抜かれて殺されるシーンで、
最後の男のところで銃の弾がきれてしまい、補充してる間になにか起きる
のかと思いきや、何も起こらず男は撃たれてしまう・・・というのがやけに
リアルだと思いました。普通の映画だとあそこでそのドイツ兵を襲い、とか
なりそうだけど、実際そんなことはできないんだよなあ・・・

397 :名無シネマ@上映中:03/02/26 17:48 ID:aeCllHJ+
周りで見てる他のドイツ兵に速攻撃たれるだろうね。

2ちゃんねる映画ブログ

あのおじさんの表情も、恐怖と言うより困惑に近くて逆にそれが怖かった。
自分があの状況でも凍りついてるしかないんだろうと思って・・・。

401 :名無シネマ@上映中:03/02/26 19:39 ID:CAUGIyrl
>396
あのおじさんって主人公が働いていたレストラン?カフェ?の
人じゃなかった?(思い違いだったかな?)強制収容所行きは
うまく免れたけど、結局はあんな形で殺されてしまうなんて・・・
と思った。

431 :名無シネマ@上映中:03/02/27 08:29 ID:pQVVNB+s
>>401
おれもレストランの人だと思う。

19 :名無シネマ@上映中:03/02/21 20:31 ID:/4wILLmr

2ちゃんねる映画ブログ

てっきりバイオリンの中の金と、「○○をしりませんか」って何度も尋ねるおばはん
は何かの伏線なのかと思った

100 :名無シネマ@上映中:03/02/22 20:34 ID:fFVn79AL
この映画ダメだ(ハリウッドものとはレベルが違うけど)と思ってたけど、
よくよく考えたら半史実なんだからしょうがないかと思えてきた。人間の
追憶なんて美化されるのが当たり前だし、全編に流れるうそ臭いムードも
これはこれでよしなのかな。カメラワーク、フィルムの発色、CGの自然さ
には驚嘆した。

105 :名無シネマ@上映中:03/02/22 21:46 ID:MkXIgmHU

2ちゃんねる映画ブログ

あの廃墟ってCGでしょ?にしても良く出来た映画だと思う。

108 :名無シネマ@上映中:03/02/22 22:33 ID:e5BrcATM
>>105さん!
あの廃墟は、ベルリンにあった旧ソ連軍の兵舎を破壊して、撮影に使ったそうですよ!
その他のシーンもCGは使わず、全てロケだそうです。

111 :名無シネマ@上映中:03/02/22 23:23 ID:qVBhGNTR
本当に体験したらほとんどの人が耐えられないような史実を美しい映像と音楽で観客の目前に再現したという点でこれは完成度の高い芸術であるといっていいんじゃないかと思えるね。
絵画で言うならピカソのゲルニカみたいな作品じゃないだろうか?(ちと誉めすぎか?)もう一度見に行くことになりそう。

321 :名無シネマ@上映中:03/02/25 01:34 ID:XNIx/r7q
撮影時には58キロくらいまで減量したらしいけど
けっこう背高そうだから実際骨と皮だけになってたんだろうな。
エイドリアン・ブロディの身長ってどれくらいなんだろう?

2ちゃんねる映画ブログ

473 :EAST BOY:03/02/28 12:57 ID:rcUog8Br
シュピルマンことエイドリアンが29歳には見えなかった。

191 :名無シネマ@上映中:03/02/23 19:04 ID:+vaG4vZh
今観て来ますた。記念かきこ。

うーん、なんというかピアノしか能が無いヘタレ男必死だな!(ワラ
のサバイバル映画。これを見ると無性にパンが食べたくなる。

個人的には、こういうリアル一徹なのは好きなので、満足ですた。

192 :名無シネマ@上映中:03/02/23 21:10 ID:DTZXcytD
リアルって言ってる割には、
みんな英語喋ってるし...

196 :名無シネマ@上映中:03/02/23 21:37 ID:ASbF6bPZ
>>192
それは少し気になった。
ポーランド人がみたら
ウーム
と思うだろうなぁ。

広島、長崎映画での
言葉が中国語みたいなもんでは?

197 :名無シネマ@上映中:03/02/23 21:48 ID:dsg6f/K9
英語の吹き替え版なのだと 脳内変換しました

241 :名無シネマ@上映中:03/02/24 11:06 ID:XqIBSmO/
昨夜見てきました。
ホロコースト系の映画は興味あるので今まで色々と見てきましたが、ナチの残虐な行為に
身震いするような怒りがこの映画では湧きませんでした。
殺されていく人が物語の中で「他人」ばかりで感情移入できなかったせいだと思う。
車椅子ごと投げ捨てられる老人、眉間を撃たれる女、間引きされるゲットーの人達・・・どれも映画の中では
「他人」だったし家族は収容所逝きの貨車に乗るところまでで終わり・・・・。
結局、主人公に直接関係する人が殺されていくシーンが無かった。

ただ臨場感やゲットーの廃墟のシーンなど映像美や撮影技術は良かった。

体験したユダヤ人が観たら「ホロコーストってあんな甘いものじゃない」って思うんじゃないかな?

250 :名無シネマ@上映中:03/02/24 13:05 ID:EDUn+yjw
>>241
はげどう。

もっと肉親や友人が悲惨な目にあったほうが、感情移入できるよね。

逃走の手引きをしたポーランド人が射殺されるのを隠れ家からのぞき
見てしまうとか、心寄せていた友人の妹が、身重なのに輪姦されちゃ
うとか。「お前もやれ!」とか言われて強制的に犯す側に入れられた
りすると更にイイ!!(・∀・)

あるいは、自分か家族か、どちらかの延命を選択させられて、自分の
ことを選んじゃうとかね。この映画、映像が綺麗というより、やって
ることが奇麗事過ぎる。

251 :名無シネマ@上映中:03/02/24 13:10 ID:UY1Hb5SX
>>250
主人公は家族全員を失ったんだから十分に悲惨だと思うけど、それをわざわざ再現する必要もないのでは?

252 :名無シネマ@上映中:03/02/24 13:18 ID:OZLMj8WR
悲惨なもの=感動モノ

なんだろうな。

200 :名無シネマ@上映中:03/02/23 22:47 ID:dTiH3Bd0
ドイツ人の親切っぽい人の前でピアノ弾くとこで終わってほしかった。

あと、ドイツ軍のコート着て間違えて殺されちゃってエンドロールでもよかった

でも、あの終わり方も良かった

202 :名無シネマ@上映中:03/02/23 22:53 ID:dL25Dduu
>>200
>あと、ドイツ軍のコート着て間違えて殺されちゃってエンドロールでもよかった

それをやったら、ダンサーインザダークでしょうが。

203 :名無シネマ@上映中:03/02/23 23:15 ID:dTiH3Bd0
”戦争”を伝える手段としてだったら
そんな終わり方もいいかなぁ、とおもって。

つーか、戦争ドキュメンタリーじゃなくて”戦争映画”だもんね

204 :名無シネマ@上映中:03/02/23 23:34 ID:nDjN68dT
>>203
本作品は実話です!!!
勝手に結末を変えてはいけません!!!!!

268 :名無シネマ@上映中:03/02/24 14:24 ID:Ny3xfZrV
実話だから文句をつけても仕方がないのだが
この映画の話には複雑な思いを感じるなあ
結局、芸術はこのピアニストをすくったのかもしれないが
ホロコーストを止めることは出来なかった
ヒットラーは芸術をむしろ熱狂を生み出すために利用していたわけだし

この映画の中ではそんなことは描かれていないのかもしれないが
そんな背景を考えながら見てしまった

271 :名無シネマ@上映中:03/02/24 14:42 ID:WuQss+ip
この映画は言わないことがすごくたくさんある。
シュピルマンが大尉を助けようと努力したこと、大尉がほかにもユダヤ人やポーランド人を助けていたこと。
でも、なんでも教えて観客を教育するのが映画ではない。そういう映画もあってもいいけど、ポランスキーの映画はそういうものではない。
あとは各自が勉強するなり、何もしないなり、それは本人の自由。
別にパンフ買わなくても、というか、パンフより、本を捜していろいろ読む方がいい。パンフは本やら何やらを孫引きしているだけだから。

272 :名無シネマ@上映中:03/02/24 14:50 ID:cQea6j2n
見終わった後こういう事実があったと提示されただけで、
答の出ない宿題を出されたような気分。

見てる間は「一回で充分」とか思ったけど、
2,3日したら「原作読んでまた見にこよう」と思うようになった。
淡々としてる分、身につまされた感じ。

285 :名無シネマ@上映中:03/02/24 15:55 ID:vuvEeOoT
>>272
同意。パンフも買ったがすぐに文庫も原作も買いに走った。

447 :名無シネマ@上映中:03/02/27 19:31 ID:J0mWzFoT
原作読んだ。
映画のラスト、ドイツ将校がいきなり彼にピアノを弾かせるのは
映画のために付け加えたフィクションなんだろうな~と思ったら
実話なのね・・・驚いた。

541 :名無シネマ@上映中:03/03/01 21:40 ID:J7XSImCq
あのドイツ人将校がソ連の捕虜収容所で亡くなったのは1952年で
戦争から7年もたってるんだよね。日本兵捕虜も戦後ずっと抑留されて
たくさんの人が亡くなった。そういう歴史も忘れてはいけない

354 :名無シネマ@上映中:03/02/26 01:13 ID:NMmdR8Qj
ところで映画では言及がなかったけど、主人公の家族はみんな死んじゃ
ったの?

355 :名無シネマ@上映中:03/02/26 01:14 ID:8ZVc21MJ

2ちゃんねる映画ブログ

弟は生きてたみたいだけど

356 :名無シネマ@上映中:03/02/26 01:22 ID:NMmdR8Qj
>355
そうなのか、サンクス。
個人的に列車に乗り込む直前の妹とのやりとり(「もっと話
しておきたかった」てとこ)が心に残ったので、戦後彼等は
話せたのかが気になった。

568 :名無シネマ@上映中:03/03/02 03:10 ID:sygFYpzW
ポランスキーはやはり人間の本質を描くのが上手いですね。
極限状態のなかでは、時にあさましく滑稽であってもなんとか生きようとする。
逃げ回り這いつくばっても生きようとする姿はとてもリアルで切なかったです。
戦後ピアニストがピアノを弾くシーンでは、涙が流れました。
美しい音楽も人間が生きている時間の経過の1部であり、ただそのものだけで
成り立っている訳ではないということが伝わってきたからです。
生きることの切実さを描いた映画だと思いました。


関連記事

  1. 2011/03/06(日) 09:36:45|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | ホーム | バトルフィールド・アース>>

コメント

1 ■無題

大分前に観た映画だから記憶が怪しかったけどねら?の感想聞いてたらどんなのか回顧できた。溜め息しか出ない。
戦争映画てエモーションたっぷりに誰かの死を堪能できるけどこの映画は違って、
悪魔で客観的に且つ静謐に傍観する形で描いていて、
実際戦争があり目の前で誰かが射殺されたらこんな感じなんだろなと思った。
  1. URL |
  2. 2011/03/06(日) 14:34:36 |
  3. 大輔Z #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1781-abfa2676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。