2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

ナルニア国物語 ライオンと魔女 ~第3章~
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1138544711/


1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/04/25(火) 09:15:06 ID:JNxcWxC3]
シリーズ第一作「ライオンと魔女」映画化。
全米公開:2005年12月9日
日本公開:2006年3月4日(土)
日本先行上映:2006年2月25日(土)

英語公式サイト http://www.narnia.com/

原作:C・S・ルイス「ナルニア国ものがたり」(全7巻)
監督:アンドリュー・アダムソン(シュレックなど)
企画制作:ウォルデンメディア(Holes 穴 、ウィン・ディキシーなど)
配給とマーケィング:ウォルト・ディズニーピクチャーズ
出資:ウィルデン(フィル・アンシュッツ)&ディズニー
特殊効果:Sony Pictures Imageworks、ILM、Weta Workshop、Rhythm & Hues
日本語字幕:松浦美奈


3 :名無シネマ@上映中:2006/04/25(火) 09:18:10 ID:JNxcWxC3
■「ナルニア国ものがたり」は、人間の世界とはまったく別の
 空想上の国ナルニアの誕生から死滅までを描いた、壮大なファンタジー。
■C・S・ルイス(1898-1963)はオクスフォード大学で長年、英文学を講じた
 イギリスで名高い評論家・作家。この作品でカーネギー賞受賞。

主役の4きょうだい
ピーター:William Moseley ウィリアム・モーズリー
スーザン:Anna Popplewell アンナ・ポップルウェル
エドマンド:Skandar Keynes スキャンダー・ケインズ
ルーシー:Georgie Henley ジョージー・ヘンリー

366 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 13:32:01 ID:pEnKfQAa]
見たけど。かなり微妙だな
映像も大したことないし。子役も・・・微妙
小説読んでないけど脚本もちょとね・・

248 名前:フォーンのナナシ [2006/02/13(月) 11:09:50 ID:+e61ULPl]
映画見た。

オレ、今30代後半だけど、中学くらいときに原作の小説(モチ日本語版)に
ハマッた。懐かしくて、期待して見に行った。
結果は――がっかりだったねえ…。

ストーリー描写の仕方が、淡々としすぎのような気がした。どきどき
ワクワクっていうのがないのよ。例えば末っ子が衣装だんすからナルニアの国に
踏み込むところ、意外性が感じられんのよね。もっと撮りようがあるだろって
思った。

266 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/14(火) 17:49:30 ID:6FCsk+Oc]
観ました。感想は…
子役はイマイチだったが、普通に観れる感じ。
氷の世界もキレイだし、ビーバー夫婦もオチャメで可愛かった。ライオンもカコイイ!

267 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/14(火) 19:29:14 ID:kPV1a/RA]
>ライオンもカコイイ!
ライオンゆうな(#`Д´)

238 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/12(日) 13:02:39 ID:jAikoiO/]
兄弟姉妹の俳優が不細工なのは狙った意図とかあるんかな。
映画自体が地味に淡々と進むのもあって、
あまりにも印象に残らなかった。

239 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/12(日) 14:07:45 ID:UJKSzZYm]
不細工は言い過ぎだと思うが、目立つほどの美形というわけではないよね。その辺にいそうな子。
原作で、子供達が平凡な名前や性格設定にされていること(誰にでもナルニアの奇跡は起こりうるというメッセージ)を踏襲したのだろう。

263 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/14(火) 14:51:27 ID:cZHGEM0W]
子役がぶしゃいくなのはC・S・ルイスの遺族の意向で、
ルイスの家族にそっくりなのをわざわざ選んだんだって。
テレビでやってた。

264 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/14(火) 15:35:16 ID:I7VkEZos]
ルイスの家族にそっくりなのを選ぶ理由がわからん

432 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 22:56:21 ID:H+BiOImh]

2ちゃんねる映画ブログ

スーザンはブサカワ

433 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 23:00:58 ID:EdoyT236]
ルーシィがおばさんぽかった。
妙に肥えてきてアゴが二重ぽくなってきているのが気になる。

460 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/22(水) 18:47:14 ID:ptNqrmK8]
試写会行ってきた@札幌

ピーターとスーザンがブサイクで嫌だった。
エドとルーシーはカワイイので一瞬腹違いかと思ったくらい。
本読んでないしあまり興味ないジャンルだったけど、
ガブリエルの中の人が良かったのでまぁまぁ楽しめた

544 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 18:37:59 ID:fdJuM4/d]
正直面白くなかったな
普通っぽい子を選んだと聞いたが華無さすぎ
魔女も綺麗とは言えなかったな

555 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 20:40:52 ID:Dz0wN67G]
>>544
魔女は血の気のない人間味のない超美女じゃなきゃいかんなぁ。
なんであんな野生の王国の酋長みたいのにしたんだろ。

2ちゃんねる映画ブログ

561 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 21:07:01 ID:H4/ztZUP]
アスラン、最後に女王に噛み付いて終わったけど、
最初からそうすれば良かったんじゃね?

562 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 21:18:07 ID:lwDKfHHW]
神様ってのは気まぐれなもんだ

589 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 23:36:50 ID:IM+Aoz0l]
アスランが復活したのが納得いかなかったな。
えっ?なんで?って感じ。
あと、彼が息を吹きかけると(?)石化が解けるのも意味不明。
聖書読めばわかるの?

593 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 23:46:32 ID:x+YJCohe]

2ちゃんねる映画ブログ

アスランは「ナルニア」の創造主。
だから、彼には不可能なことがほとんどない。と思っていればいい。

でも、こんなに見た人を混乱させるんだったら、やっぱり
「魔術師のおい」から映画化すべきだったと思うな…

636 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/26(日) 00:50:58 ID:fBPwBi6x]
アスラン王は、石舞台で自分が死なないことを知ってて女王を詐欺った
許しがたいやつです。

638 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 00:54:25 ID:oR9ISHYp]
詐欺ではない。
女王が知らなかっただけ。

533 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/25(土) 17:16:03 ID:Q1FG6HTD]
兄弟全員がナルニア入りするとこ
「これで許したげる」と雪を投げつけるシーンに和んだ

583 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/25(土) 23:15:03 ID:Q1FG6HTD]
子供達は見た目かわいくはないのに
だんだん愛らしくなっていくんだよなぁ
親の心境疑似体験ムービー

715 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 13:14:21 ID:z+6xsY5C]
ルーシー役の子とか、街灯~雪解けあたりまで(除魔女城)はよかったよ、ほんと。

716 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/26(日) 13:17:46 ID:R9mnpsFl]

2ちゃんねる映画ブログ

ルーシー演じてる人は、実績ある子役なの?
翻訳のせいかも知れんが、どうにも表情とセリフがむかついてしょうがないwwww
「空気よめよ」みたいな。
素直な萌えキャラがよかったな。

717 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 13:22:32 ID:hncQlLDE]
>>716
いや、ナルニアがデビュー作のようだ。
Georgie Henley
http://www.imdb.com/name/nm1670137/

363 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 06:30:37 ID:0OlmYNqT]
おとぎばなし感が少なかった。ロードオブザリング並みに壮大なスケールだったらそれもいいんだけど、
舞台が小さい場合はもっと幻想的なごまかし(いい意味で)があると入り込める。
雪と氷のシーンをもっと使うべき、連作にするつもりなら次の作品の舞台を草原にしたりして、
もっと一作ごとにその世界に没頭させてほしかった。
とにかく中途半端。指輪とハリーに対抗するなら、そういった完全なおとぎばなしとしての作風にすべき

ビーバーはかわいい、しかしネバーエンディングストーリーのエンギウック夫妻のパクりっぽいな

365 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 12:57:40 ID:J4XF+f0J]
>>363
心配しなくてもカスピアン王子でやたら草原が出てくると思いますが

367 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 14:16:58 ID:KQHkYdnj]
あれま・・・みんな低評価なんだね。
自分はまあまあ楽しめたよ。
不思議な国でおこる、不思議なおとぎ話という感じで、
全体的に愛らしい雰囲気が気に入ったよ。
キャラたちもみんな愛らしいね。

映画観た後、今原作を読み始めたんだけど、
確かに原作の雰囲気を丁寧につくりこんでると思う。

まあ指輪みたいな壮大なスケール感や歴史伝説みたいな雰囲気を期待してる人は
はっきりいって肩すかしをくうと思う。
でもネバーエンディングストーリーみたいなジャンルとして観れば
まあまあ楽しめるんじゃないかな。

501 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 01:07:04 ID:m/Kxb1Aq]
全体的にあちこち「惜しいな・・・」と思う出来だな。

盛り上がるはずのところをあっさり流し、
見せない方が緊迫感が出るであろうところをしっかり見せ、
じっくり見たいところで唐突に別の場面に移り、なかなか戻らない。
あと、どうでもいいスローモーションがウザい。敵の将軍が武器を振りかざして
吠えるところとか、そんなに何度もスローで見たくねえよ。

まあ、単に監督の演出プランが、俺の趣味と合ってないだけかもしれない。
オフビートっていうのかな。笑いは少なめだけど。
良くも悪くも淡々とした映画です。「ロード~」がコテコテの油絵だとしたら、
水彩画みたいな感じ。(水彩画を貶めて言ってるんじゃないよ。念の為)

503 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/25(土) 01:29:11 ID:UqrC+Fsv]
ロードよりもだいぶ低い年齢層まで狙ってるせいなのか、戦闘シーンはイマイチ
俯瞰的なシーンは迫力あるけど

534 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/25(土) 17:36:47 ID:5l0mwpK8]
戦いのシーンの敵兵、なんか小さいのが多くてちょっとだけおかしかった(^^;)

535 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 17:46:52 ID:KJAD+5+d]
身体障害者を笑うなんて許せない

536 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 17:58:14 ID:fAza/1rU]
>>534
俺はどう見ても以前はチンギスハンに仕えてましたって感じの奴見てフイタ

537 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 18:01:22 ID:KJAD+5+d]
モンゴロイドを笑うなんて許せない

538 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 18:13:29 ID:turaXtH2]
脊髄反射レスばかりの ID:KJAD+5+dにワロタ

539 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 18:16:30 ID:bc70N8ze]
>>538
知能障害者を笑うなんて許せない

574 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 22:30:13 ID:CefudVN4]
ビーバーがいちばんよかった

2ちゃんねる映画ブログ

578 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 22:42:15 ID:3bS4aRrf]
あー確かにビーバー一番好きだ。とくに奥さんとのかけあいが。
あと妙に声のかっこいい狐にもうすこし活躍して欲しかった。

577 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 22:39:32 ID:ZH8j4Udv]
タムナスさん、ビーバーさんよかったね。
全体的に思ってたよりはずっと良かったよ。

582 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 23:12:23 ID:9DJkApat]
ターキッシュ・デライトって旨いのかな。食ってみたい。

386 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/18(土) 22:09:08 ID:2+rSrBrB]
ああいう寒天を固めて砂糖をまぶしたのって、老人用のお菓子であるよね。

389 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/18(土) 22:58:12 ID:rO3zSCGk]
>>386
あんみつとかの中に入ってる、赤とか緑とかでモチ~ッと
したアレに見た目は似てるね。

404 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 06:58:20 ID:7d/ex1mD]
ボンタン飴にも似てる…>ターキッシュ・ディライト

418 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/19(日) 14:18:52 ID:Ftc8H3T0]
>>404
> ボンタン飴にも似てる…>ターキッシュ・ディライト

羽二重餅の方が近いのでは?
あと、熊本のお菓子で朝鮮飴とか。

652 名前:名無シネマ@上映中 [2006/02/26(日) 01:37:55 ID:wXSuui2t]
このスレであれがターキッシュ・ディライトって言う名前だと学んだよ
ゼリーとしか認識してなかった。
しかも劇場では七面鳥の北京ダックみたいなもんだと思って観てた。

612 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 00:17:42 ID:mBPEFhRS]
映画公式のレシピではただのゼリーだよ~。
ゼラチンで固めるから温度が上がると溶けるし。

661 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 02:08:07 ID:2s+dwHzc]
原作を知らずに観た。
次男に腹が立って腹が立って仕方がなかったのは自分だけだろうか。
途中で何度か席を立ちたくなったが、最後まで観たら、
悪くはなかったな、と。

子供が主人公の映画はそのDQNさが目について仕方がない。
まあ、大抵の子供はあんな感じに自らの未熟さを否定して、
他者が思うほど子供ではない、と主張したがるのが常だけどね。

663 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 02:12:00 ID:tc2Nn6iY]

2ちゃんねる映画ブログ

原作でもエドマンドには結構むかつくので問題ない。
あいつがむかつけばむかつくほど、終盤でのあのひとのシーンが生きるわけで。
エドはこれ以降のシリーズでも、今回のことをいい意味で引きずる。

662 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 02:10:32 ID:iZdrrk9K]
先程見てきました。
微妙な出来でした。王道なのは好きだけど…
妙に強い兄に違和感ありあり。
最後に国?を与えられて、あっさり母を忘れてそこに居つき、
大人になって異世界から来たのすら忘れかけてる奴らが嫌でした…。
美味しい物ぶら下げられると親の事すら忘れちゃうんですかね。

664 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 02:13:14 ID:2s+dwHzc]
>>662
そこは確かに同じ事を感じた。
ドレスを着ている姉を見て、お母さんにも着せてあげようと
そんな話をしていたのに
現実世界の事を「夢で見たような」などと言うのが引っ掛かった。

519 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/25(土) 14:09:29 ID:H22BhKRa]
ラストで大人になったのにぶっ飛んだよ
爆笑しかけたw

644 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 01:07:36 ID:EjDHz/3j]
ナルニアで成人したのに元の世界では子供からやり直すなんて、なんか可哀想だな。
元の世界じゃ見た目は子供でも中身は完全に大人だよね。

649 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 01:27:23 ID:qkv5cJHN]
今日見てきた。俺はガキの頃にはまったので面白かったよ、映画。
いやだったのは戦闘場面。あんな戦闘場面なんて、大切な場面
だったかな?。もう忘れてるので責任は持てないが、
無駄に力入れすぎてると思う。
魔女はイメージ違うっていう人多いけど、自分はぴったんこ。
よくこんな風にイメージどおりにできるなーと。

650 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 01:30:51 ID:Em3OogxO]
>>649
原作では戦闘すごいあっさりしてるんだよな。
ルーシーたち側の視点だから。
でもピーターの話からするときっとああいう戦いだったんだよな。
俺は満足だったよ。魔女かっこよかったから。

882 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 12:46:58 ID:r/SB1I8g
さっきみたけどつっこみどころ満載の映画だなこれ。
なんでガキがいきなり馬を自在に操り、魔女軍団と互角異常に戦えるんだよ。
しかも突然王子様扱いで、何千もの兵隊が手足の如く従う。
姉ちゃんなんもしてないし。
話に全然説得力ねーよ

アングロサクソンの民族絶対優位な、逆説的に人種差別の悪意を感じる

884 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 13:01:13 ID:QbUPZ1UQ
>882
「ガキ」が予言の王だから
アスランが彼らを呼んだことで、魔女の「永遠の冬」の呪いが解ける
動物たちはアスランを信じてるから、子供たちを先頭に立てて戦ってる

ナルニアは信仰の内面世界を描いているんだよ

885 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 13:49:36 ID:F5PRSu5z
>>882
ナルニアに行くとパワーが増す。きちんと描写されている

886 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 13:58:28 ID:6jwybNyz
>>882 の人気に嫉妬

889 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 16:00:58 ID:fxn3fsMJ
>>885
いや、本には何回も書かれているが映画ではそこらへんの描写が弱かった(無かった?)気がする。
よって本を読んでなかったら>>882 のような感想も的外れではないと思う。

890 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 16:49:48 ID:CvzFQzSx
無いことはない、氷の場面でピーターがリーダーシップを発揮するところとか

ただし劇的な変化はないし、アスランの復活にしてもあまり盛り上げていない
そうした演出はこの映画にあっていると思うが、物足りない/あっさりしていると感じる人もいるだろう。

897 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 20:14:25 ID:07HlNyGe
アングロ・サクソン優位なんじゃなくて、
主人公が白人なのは、作った人も読者対象も白人しか考えてなかったからだと思う。
「鶴の恩返し」に白人も黒人も出てこないのと一緒じゃないか。

905 :882:2006/01/28(土) 22:13:19 ID:r/SB1I8g
パワーアップしたって、どこにそういう説明があるんだよ
それがカリスマ性と解釈しても、予言と感情に流されてるようにしかみえん。
剣の技だって偶然犬コロを刺し殺しただけで、どの辺が強くなってるのか描写はないよ。
強いて言えば冬の女王の魔力が弱まって、予言に見せられた森の住人が
勇気付けられたっていうところか。でもそれだけでは、ガキが物理的に強くなった説明にはなってないと思う。
原作にパワーアップした描写があったというけど、俺みたいに読んでない人間にとっては
映画の中がすべてだからねぇ。

アングロサクソン至上主義の悪印象は、ちょっと敏感な人なら感じると思うよ。
その点ハリポタは、生徒があえて色んな人種で構成されてるし、イギリス人の話であえて
ヒロインがインド人なんてのは、まさしくそういうところに気を使ったんじゃないの。
映画化するにあたっては、世界がマーケットなんだし、あらゆる想定をして間口を広くしなきゃ。
なんかツメの甘い映画。原作ファンはたまらないかもしれないけど、一般人の俺はだいぶ冷めた

906 :名無シネマ@上映中 :2006/01/28(土) 22:21:18 ID:4PI410T+
修行でもすればいいのか?

723 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 13:42:20 ID:d61iQNXn]
なぜ誰も裸マフラーに突っ込まんのだ?

2ちゃんねる映画ブログ

724 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 13:48:56 ID:hncQlLDE]
>>723
俺もあれには噴きそうになった。
森のなかで、幼女と半裸に赤マフラーの男。通報(ry

728 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/02/26(日) 14:05:57 ID:Em3OogxO]
>>724
タムナスさんは怪しさ満点だよなぁ。
ただ急に木の陰に隠れたりして
全然隠れてないところとかがイイ!

4 :名無シネマ@上映中:2006/04/25(火) 09:19:57 ID:JNxcWxC3
FAQ

Q.なんか以前にも実写化されてなかったっけ?
A.それは1988~1990年のBBCテレビドラマ版です。
 シリーズ全7作のうちの4作のみ(「ライオンと魔女」
 「カスピアン王子のつのぶえ」「朝びらき丸東の海へ」「銀のいす」)
 ドラマ化されました。

Q.魔女はコンスタンティンのガブリエルか?
A.はい。ティルダ・スウィントンです。
 ロード・オブ・ザ・リングのガラドリエル(ケイト・ブランシェット)では
 ありません。

Q.魔女の子分の小人はウンパ・ルンパ(ディープ・ロイ)か?
A.いいえ。キラン・シャーです。
 ノンクレジットのスタント、代役などで活躍しています。

Q.ターキッシュディライトって何? てゆーかプリンじゃなかったっけ?
A.原作でターキッシュディライトとなっているところを、訳者の瀬田貞二さんが、
 もっと日本の子供たちに馴染みのあるものをということで、プリンと訳しました。
 ターキッシュディライトは元々トルコが起源(Turkish)の、イギリスでは一般的な、求肥に似たとても甘いお菓子です。

Q.途中でサンタ風の人が出てきたけど、あれってカーク教授?
A.全くの別人です。「永遠に喜びの来ない冬」(魔女の魔法による)が終わったことを暗示する登場人物です。
 映画では死の商人風ですが、原作では他にも素敵なプレゼントのエピソードがあります。

5 :名無シネマ@上映中:2006/04/25(火) 09:21:59 ID:JNxcWxC3
ナルニア国物語シリーズ(The Chronicles of Narnia)

1 「ライオンと魔女」 (The Lion, the Witch and the Wardrobe)
2 「カスピアン王子のつのぶえ」(Prince Caspian)
3 「朝びらき丸東の海へ」(Voyage of the Dawn Treader)
4 「銀のいす」(The Silver Chair)
5 「馬と少年」(The Horse and His Boy)
6 「魔術師のおい」(The Magician's Nephew)
7 「さいごの戦い」(The Last Battle)

*日本では出版順にシリーズが組まれていますが、
海外ではナルニアの年代順にシリーズが組まれています。 上は出版順のリストです。

★ナルニア年代順一覧
ナルニア歴0001年「魔術師のおい」(The Magician's Nephew)
ナルニア歴1000年「ライオンと魔女」 (The Lion, the Witch and the Wardrobe)
ナルニア歴1014年「馬と少年」(The Horse and His Boy)
ナルニア歴2303年「カスピアン王子のつのぶえ」(Prince Caspian)
ナルニア歴2306年「朝びらき丸東の海へ」(Voyage of the Dawn Treader)
ナルニア歴2356年「銀のいす」(The Silver Chair)
ナルニア歴2555年「さいごの戦い」(The Last Battle)

*出版順(刊行順)、または年代順のどちらで読むのも自由ですが、一般には
初読の際は出版順で読むのがお勧めと言われています。


関連記事

  1. 2011/02/24(木) 21:24:53|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キアヌ・リーブスが“ハリウッド史に残る50人のワースト俳優”の1位に! | ホーム | 【海外/芸能】メグ・ライアン(49)がロック歌手のジョン・メレンキャンプ(59)と結婚へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1755-8fa396ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。