2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイレン FORBIDDEN SIREN

【鳴ったら】 サイレン 【出るな】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1131888037
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 02:40:48 ID:D03uz7ya
不可解な「警告」それがすべての始まりだった。

警告1 サイレンが鳴ったら外に出てはならない。
警告2 森の鉄塔に近づいてはならない。
警告3 その謎は解かない方がいい。

【STAFF/CAST】
監督:堤幸彦

市川由衣:天本由貴役
森本レオ:天本真一役
田中直樹:南田豊役
阿部寛 :土田圭役
西田尚美:里美役
松尾スズキ:廃屋の男・東役
嶋田久作:山中巡査役
高橋真唯:謎の赤い服の少女役
西山潤 :天本英夫役
クー  :犬・オスメント役


333 :名無シネマ@上映中:2006/02/04(土) 13:59:29 ID:hwMb7RS0
昨夜、試写で見て来たお。
色んなホラー映画からいい所を頂いたなwって感じもするが
意外なドンデン返しがあってまぁまぁ面白かった。
夏の時期に公開すればヨカタのにと思た。
あと音響にこだわったというわりにはあんまり生かされてなかったように思える。
それがちと残念。

565 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 12:58:00 ID:6iJISc6f
終わった後もサイレンの音が耳から離れねー(´・ω・`)夜トイレ行けねーなこりゃ。

552 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 12:02:33 ID:75QiyARz
見たぞー!
結構恐いじゃんかよー!
何か鬱だ…真実が見えない。
由衣タソ可愛いよ由衣タソ

2ちゃんねる映画ブログ

554 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 12:14:34 ID:jEQ3u/ig
ゲームのほうがおもしろい

606 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:58:32 ID:k8hZkDpa
ゲームはやったことないけど映画としてはよかったよ。

期待しなかったからかな。その後気になりゲームを1、2と買ってしまったオレは負け組。

616 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:25:50 ID:sWGqelZp
コレ観て「おもしろいじゃん、ゲームもやってみよ」とおもって
ゲーム買ったやつは確実に「なんじゃ、こりゃ?」となる
いろんな意味で

555 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 12:19:24 ID:+7vFnSn6
今観てきた。
てかもっとオカルトな感じにすればもっと全然違った結末にもできたんじゃ…
いろいろとほかの人の解釈とか聞きたいこともあるんだけどここはネタバレOKなの?

556 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 12:22:31 ID:YMun5rWV
おkだよ

571 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:18:20 ID:tARvYgHC
見終わって気になった点がいくつかあるが特に気になったのが
写真とメモ帳と落とされた男の人。
写真は本当にあったのか。
あのメモ帳は誰が書いたものなのか。
ああいうオチだとすると鉄塔のところで市川に蹴り入れられた人は……。

576 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:36:52 ID:ptFdACnk
>>571
メモは29年前の物で実在
写真はあいまい
落とされた奴は多分幻覚か田中
あの集会はどうなんだろう?
集会と親父が襲われたのはどうなんだろうか?

579 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:43:53 ID:+7vFnSn6
>>576
親父は多分市川も落ちた穴?に落ちただけ。
集会はどうなんだろうなぁ
あれが現実か幻覚かでだいぶ違ってくると思うんだが

580 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:43:57 ID:oE5/32GR
>>576
映画の設定から考えると

>あの集会はどうなんだろう?

ただの「島民の奇妙な風習」
ゲームとリンクさせるために、無理やり映画に取り入れただけ。

>親父が襲われたのはどうなんだろうか?

1)野犬など、動物に襲われた
2)本当にたたコケただけで、親父の怪我を見た主人公が妄想で勝手にパニくる

581 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:45:16 ID:TtCNmodG
蹴り落とされたヤツって、29年前にサイレンでラリッたやつだろ?
あと、メモを残したヤツでもあるよね。
だから幻覚だと思ってた。

584 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:49:39 ID:ptFdACnk
>>581
確かラリッタ奴は自殺したはず
もし生きてても刑務所の中じゃないかな?

585 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:55:59 ID:TtCNmodG
>584
>自殺したはず
うん、だから幻覚かなと。
彼が「やみんちゅ」化してたら、話が変わってくるけど。

580 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:43:57 ID:oE5/32GR
>>571
写真って病院にあったヤツ?

583 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:48:08 ID:TtCNmodG

2ちゃんねる映画ブログ

んにゃ、隠し部屋にあったやつ。
あれが嘘か真実かで、だいぶ解釈が変わる。

590 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:02:12 ID:ptFdACnk
>>583
その写真の田中(医者)の物が幻覚かどうかってこと?
一番の謎はあの赤い服の女だね

591 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:05:40 ID:oE5/32GR
>>590
田中どころか写真はすべて主人公の妄想でしょ?
主人公が写真を発見したときは、29年前にもかかわらず、すべて現在の容姿の島民だった。

だけどラストに森本と田中のネタバラシ会話でもう一度写真が写ったときは、
すべて別人だった。

つまり、人魚の不老不死伝説を読んだ市川の妄想が、写真をいいように解釈してしまった


でいいのか?

592 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:07:40 ID:8/MdpKvT
>591
俺が見た印象もそんなとこだね、
DOGとかLIVEはどうなんやろ・・・。

ラストのほうで別人写真だったのは間違いない。
田中と女の人が明らかに違うから。

598 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:14:49 ID:ptFdACnk
DOGとかLIVEは、集会所のあの文字でしょ
つまり集会所は実在してて、あの文字と像も実在
だけど集会は妄想かもしれない
狗は神、生者は悪って文字

実在→集会所、狗は神、生者は悪(島の信仰)、写真、
妄想→集会してた人、写真に写ってた人
かな?

594 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 14:10:45 ID:ptFdACnk
なるほど、実在する写真だけど
妄想で別のものに見えたわけだ
atoの疑問は赤い服だね

2ちゃんねる映画ブログ

675 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 17:22:13 ID:MD0uew9C
主人公が末期症状で疑心暗鬼に陥って皆殺しってのは分かるが
赤い服の少女は父親も見てたし単なる妄想オチじゃないよな

677 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 17:34:43 ID:anIf8Ka1
赤い服の女は本当にいたんだよ。

679 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 17:39:38 ID:V9F/PoN7
>>675
村には独特の(赤い布に執着する)宗教があったのは事実
赤い服の女は設定が無いので想像するが、シャーマンか巫女的存在。


つまり、神社で巫女を見るのと同じようなもので、映画を見ている側として
違和感ある存在だが、宗教色の強い島にいたからといっておかしい訳でもない。

主人公の心の病気と舞台の島の風習は、完全に切り離して考えたほうがいい

741 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:14:48 ID:V9F/PoN7
村が赤い布にこだわった宗教があるのは現実。
赤い海の伝説や屍人、人魚伝説や不老長寿の言い伝えがあるのも現実。

森本のおっさんは、出版社からコネで庭付き一戸建てを貰っていた。
これは出版社と携帯で話していることで分かる。
たぶん、療養と引き換えに村の集中取材が条件だったと思われ。

もともと心の病気だった市川おじょーちゃんは、幻覚、幻聴に悩まされた
あげくに、森本の取材記録をみて、その記録を基に勝手に妄想と伝説を
組み合わせ、本格的に発狂・・・・じゃね?

761 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:45:34 ID:htzbQ1Ew
赤い布の女が人魚で島民からしたら敵だったのでは?
滝の下て赤い布を叩いていたのは清めてる様にも見えるけど
人魚を殺すって意味だと思う

765 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:54:43 ID:V9F/PoN7
>>761
村人が全員『屍人』だったら、その説が確定だけど、市川が見た29年前の島民の
写真は市川の妄想だとラストに分かるから・・・・・・

結局、伝説が現実をどこまで侵食しているか、観客が独自に解釈するしかない。

【超現実派】
赤い布の少女はただの巫女か信者の一人。村人も島の土着宗教として宗教儀式を
日常的にやっていただけ。
非現実的な現象は、すべて主人公の妄想

【半現実派】
赤い布の少女は人魚。発狂していく主人公や取り巻きの村人を丘の上から高見の見物
決め込んでる。

【完全非現実派】
ゲーム通り、屍人も赤い水も人魚も実在

*最後の説は、映画を見る限り選択し難い

775 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:07:59 ID:IB0lcORt
>>765
全部市川の妄想とすると、劇中に市川を見てた赤い画面の視点や、
4度目のサイレンで海が赤く染まっていくシーン、松尾スズキが屍人を
挑発するシーン、弟に絵本を読んであげてる赤い女などの説明が難しくなる。

俺が思うに、市川や安部、松尾スズキは頭がおかしかったんだろうけど、
その分、ゲーム世界での夜美島を感じることが出来る能力を持ってしまってた
んではなかろうか。

表夜美島→映画の世界。レオ、ココリコ田中などが住人。
   |
狭間の世界→市川、安部、赤い女などが住人。両方にアクセスできる。
   |
裏夜美島→ゲームの世界

779 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:12:16 ID:8wBuj4Ze
松尾スズキって市川の妄想の人じゃないの?

808 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:39:37 ID:AUThzScg
観てきました。
松尾は妄想ですね。市川が落ちる直前の地上が映るシーンで、落下したはずの体がないし。最後の病室のシーンでも、ふれられてないし。
あと、阿部の聞いたサイレンも妄想。ファイルで再生された阿部の絶叫シーンでは、サイレンは録音されていなかった。

716 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 18:42:58 ID:3PyWNg5W
[dog] [Live]って鏡がなんたら~ってヤツで鏡で見るとgod evilってことだよな?

721 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 18:48:39 ID:MD0uew9C
EVILGODで邪神とかどっかで言ってた気がする。
まぁ意味不明な宗教だよな。

607 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:03:40 ID:tARvYgHC
『4度目のサイレンで~』の部分があったから、メモ帳を誰が書いたか気になった。
他にもあの島に調べにきてその結論に至った人がいたってことなのかな。
それと29年前の事件の死体はどこにあったかも気になる。
冒頭で捜索してる人たちが一つの死体にもあわなかったのなら
阿部ちゃんはどこで島民を虐殺したんだろう。

2ちゃんねる映画ブログ

611 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:14:06 ID:ptFdACnk
皆殺した後に、4度目のサイレンで屍人(妄想)を皆殺しにした
ってメモして、
停電になった為に様子を見に来た人(電力会社?)が来て異変に気づき
あいつを見つけたんじゃないかな

死体は海にでも捨てたとかさ
そうすれば電力会社の人(仮)の人には見つけられないかも
天気も悪かったし

612 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:14:53 ID:oE5/32GR
>>607
それはもう『脚本の破綻』としか俺は理解できなかった。

メモの方はアベちゃんがレスキュー隊に発見されるまで狂いながら書いていたと思われ。
死体は海に捨て、実はそれがゲームの『海還り』にリンクする?
嵐だったから死体はすぐに流されて・・・・・?????


つながらない・・・・

613 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:20:24 ID:LjWDSsdI
そもそも、まだ料理が温かくて、かつほとんど争った形跡もなかったワケだから、
土田は短時間のうちに島民全員を気づかれること無く殺したってこと…?

すげえ暗殺技術だな

820 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:53:03 ID:c/hCK74E
ガイシュツだったらスマソ。最初の救助隊みたいな奴らがまだあったかい料理を見つけた家で、分かれて探してた別の救助員達から阿部発見の無線入っただろ?その後家を出ていった後の誰もいない部屋の窓に人影が映ったんだけど、気づいた人いる?

822 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:54:33 ID:HxdC4zhE
>>820
そういやいたな 俺は男性に見えたがみんなはどうだ?

823 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:55:04 ID:MD0uew9C
>>820
あぁテレビ越しに映ってた影ね。
阿部でないのは確かだし・・・島民は皆殺しだし・・・

827 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:55:25 ID:V9F/PoN7
>>820
気付いたけど、あれは何を意味していたんだろう?

1)ただの演出orマーケティング上の話題づくり

2)屍人。つまり伝説は本当

3)殺されかけた住民

832 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:58:47 ID:c/hCK74E
いたよな!?俺も男っぽく見えたけど、救助隊が発見した後だから阿部ではないよね。屍人という説も、屍人の存在は阿部と市川の妄想の中だけとしたら考えにくいし

836 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:00:57 ID:V9F/PoN7
>>832
じゃあ、阿部に襲われた半死半生の村人か?

841 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:04:15 ID:c/hCK74E
>>836もしそうだったらガクブル。 屍人は実在したってことになっちゃうorz こえー4

760 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:40:08 ID:LWkjO/+t
ゲジゲジが一番怖かった

771 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:02:25 ID:Oy3NBEIu
>>760
はげどうwwwww

655 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 16:28:58 ID:NmMQGnk4
びっくりポイント
1.虫
2.鳥(コウモリ?)
3.森本レオ

660 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 16:34:23 ID:YUagehbe
>>655

2ちゃんねる映画ブログ

レオはビックリ通り越して、笑いに昇華された

572 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 13:18:30 ID:ptFdACnk
と言うか、森本レオが出てると怖さがまったく無くなる

668 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 16:55:14 ID:dc0kdPHd
森本レオのビデオってブレアウィッチのパクりかと思った
森本とココリコ田中はギャグ

774 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:07:40 ID:MD0uew9C
田中がメモ帳の最後のページ見るとこで戦慄が走った。
「これが本当なら・・・まずい。逃げろ田中!」と思わず心の中で叫んだ。

643 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 16:18:53 ID:3PyWNg5W

2ちゃんねる映画ブログ

田中はあのあと助かったんだろうか

645 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 16:20:06 ID:p5Ep31+y
皆殺しじゃない?
土田と違って女の細腕でどこまで出来るか知らんけど

762 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:50:11 ID:QLqOC6j0
ふと思ったが、レオがケガしてから戻ってきたあと、様子がおかしかったのって
劇中だとなにかにとりつかれたみたいな風に見えたけど
もしかして市川が自分を突き飛ばしてきたのを見たからじゃないのか?
殺す勢いで迫ってきた市川の様子から察して
「こんな軽いケガで済んで(殺されなくて)よかった」
と・・・・・
で、市川はそのときにみたレオの様子を、あの地下で幻影とした見た。

764 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:54:26 ID:MD0uew9C
そういえばレオのカメラに一瞬影が映ってたけど・・・あれなのか?

769 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 19:58:35 ID:6Ji0lyqB
>>764
そういえばあのビデオ映像を田中が何度も見直してたね。

770 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:02:25 ID:V9F/PoN7
>>769
実は市川が映っていたとか・・・それで、いよいよ市川が重症になり始めていた
ことに気付いた????


森本のおっちゃんも、怪我のことを言われたときに、あいまいな返事をしたり
態度がおかしかった。娘に襲われたことがショックだったとか・・・・?

838 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:03:30 ID:HuJUDRIX
森本レオは精神が不安定な娘を一人残して、夜間撮影の取材。
しかもビデオカメラすら置いてきた・・・
行動が不審じゃないか?

ひょっとして森本レオが事件の黒幕で、
娘の発狂を誘ったんじゃ・・・・・・

845 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 21:06:21 ID:V9F/PoN7
>>838
出版社と携帯電話で話しているシーンがあったけど、会話のニュアンスから
庭付き一戸建ての仲介と引き換えに、29年前の事件の特集を書くみたいな・・・・

娘の病気を利用したっぽかったけど、うーん・・・・黒幕までは・・

813 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:42:57 ID:JXqKpZd0
犬の行方が謎のままなんですが・・・
そういえば、今までのレスで首輪の話が出てないような気がする。
たしか、市川がレオの部屋から犬の毛がたくさんついて、
さらに血までついた首輪を見つけたよな?

2ちゃんねる映画ブログ

815 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:46:53 ID:V9F/PoN7
>>813
市川がぬッコロして首輪を机にしまった。
正気に戻ったときに、自分で隠した首輪を自分で発見し、「なんじゃこりゃ!?」
でいいんじゃない?

アニメとかでよくある「お・・・俺は一体何をしていたんだ?」みたいな

816 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:47:12 ID:anIf8Ka1
犬の首輪も、レオに吠えたのも全て市川の妄想。

818 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:49:45 ID:JXqKpZd0
>>815
>>816

市川の主観を僕らは見ているわけだから、犬を殺したシーンがないのは当然か。
なんとなく納得できてきた。
サンクス。。。

619 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 15:32:31 ID:p5Ep31+y
あのワンコの名前は悪ふざけしすぎのような気がしたが穿ちすぎだろうか

691 :梅田男 ◆Oamxnad08k :2006/02/11(土) 18:04:57 ID:p00vADmt
('A`)もう激しくネタばれしているなぁ。
ところで、犬の名前=シックスセンスの主役ッテ、気付きましたか?
犬の名前が判った時点で、この映画のネタが見えて来るんですよ。


関連記事

  1. 2011/02/25(金) 21:32:09|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】堤真一、SPのハリウッドリメーク権オファーに「これを上映しろって感じ。本当に米国って…」 | ホーム | キアヌ・リーブスが“ハリウッド史に残る50人のワースト俳優”の1位に!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1748-7cb66831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。