2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

孤高のメス

「大鐘稔彦」 孤高のメス 「堤真一」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1246453887/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/07/01(水) 22:11:27 ID:68GvEQ30
外科医・堤真一が日本初「脳死肝移植」に、腐敗医療界に、挑む…映画「孤高のメス」 (スポーツ報知)

 現役医師による医療小説「孤高のメス」が、俳優・堤真一(44)主演で映画化されることが30日、分かった。
地方病院の腐敗と闘いながら、日本初の脳死肝移植に挑む外科医を描く。
昨年の映画賞を総なめした「クライマーズ・ハイ」の地方新聞デスク役をほうふつとさせる正義感あふれるキャラクター。
外科医にひかれていくヒロインの看護師役を夏川結衣(41)が演じる。成島出監督のメガホンで来年初夏公開。

 原作は現役医師の大鐘稔彦氏による2007年刊行の小説。臓器移植や地域医療、医療ミスなど医療界の問題点に
切り込み、シリーズ6巻の売り上げは100万部。山崎豊子氏の「白い巨塔」を超えると評されている。

84 :名無シネマ@上映中:2009/09/29(火) 00:58:08 ID:qnvbgHUq
主演:堤真一

共演者
夏川結衣
吉沢悠
成宮寛貴
中越典子
平田満
余貴美子
生瀬勝久

118 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 23:36:35 ID:+rtgLmg8]
公式サイト
http://www.kokouno-mes.com/


163 :名無シネマ@上映中:2010/05/03(月) 19:24:37 ID:b3lT3+WF
一昨日、福岡での試写会で観た。
ベースは良くできた作品なんだが、大学からの派遣医師や事務長の
絵に描いたような悪役ぶりがあまりに類型的で、個人的に興ざめだった。
悪役とは違うが、柄本明扮する市長の芝居も大仰すぎだ。

164 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 19:47:51 ID:LgpesL77]
三谷に一番笑われる脚本だな。
主演を引き立たせる為に悪者をとことんイラつかせるキャラに描く手法。

165 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 21:08:58 ID:YTrnU0Dc]
むしろ群像劇だよ、インパクトになる悪役ぽいのも含めて。
>>163「ベースは良くできた作品なんだが」
一応ほめてるじゃん。

206 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/03(木) 00:30:14 ID:oCZLGa+N]
>>163

2ちゃんねる映画ブログ

柄本の過剰演技はいつも見ててイライラする
演技が下手くそすぎる

217 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 17:39:47 ID:IaqtmWN7]
見てきた
期待してなかったけど、良かった
役者が皆淡々としてて過剰な演出もなかったが
きちんと皆の思いが伝わった
堤も夏川も余計も生瀬もうまいね、安定感がある
意外にも成宮と都はるみがいい味出してた

218 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 18:53:05 ID:RkEPLIYA BE:840464093-2BP(13)]
>>217
同じく、観てきた。
重すぎることもなく、軽すぎることもなく、よかった。
夏川いいねぇ…。余も。
成宮がよかったのにも同意します。

222 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/05(土) 21:18:20 ID:oX11YUhU]
明日行く予定
あの長いのをまとめるのは大変だろうから
別物と思っていくよ

224 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 21:34:42 ID:IaqtmWN7]
>>222
移植の部分にスポットあてて、うまくまとめてあったと思うよ
原作では、周りにいる女性も男性も全員当麻に惚れてしまうという
人間離れしたアニメっぽいスーパースターwぶりも
無理なく表してあった
原作ではやたら「お慕いしています」「愛しています」というセリフが出てくるけど
映画はそんなセリフはまったくないにも関わらず
浪子や市長の娘が当麻に好意を寄せていることがわかるし
そりゃ、惚れるだろうな、と思わせる雰囲気が当麻にはあった
余貴美子良かったよね。
隣のオバサンはラストあたり、余が成宮と燕見るところで号泣してた。

231 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/06(日) 02:12:14 ID:SHU6Apbi]
妙にリアリティーあったな。臓器の描写とか綺麗に出過ぎかと思ったが逆に当麻の手術の緻密さが出てる気がしたし。堤真一の糸結びは一年目の研修医より手慣れてたんじゃないかと思った(笑)

232 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/06(日) 02:39:01 ID:MIGvReNn]
話としてはいいと思うけど、血とか見るのが苦手な人には辛いかも。
サスペンスの死体とかとはまた違ったグロさがある。

262 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:09:21 ID:p4VfCUfU]
ベタな感動モノでストーリーはアレだけど、全体としては良かった。
それはやっぱり手術シーンをキチッと描いてあるから かな。

手術、本物を見た事ないけど結構リアルだったのかな。
あれだけ内臓写す映画って珍しいかも。

2ちゃんねる映画ブログ

肝臓に血液が通って、みるみるピンク色に変わっていく場面、
グロを越えて美しいと思えました。

夏川の演技も良かったな。良い仕事に参加する時の高揚感が伝わってくる。

264 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:16:19 ID:rqYuX72x]
細い血管を縛るシーンの内臓は本物っぽいけど
(リアル手術の映像を使ったのか?)
移植手術のあの内臓は作りものだよね?
すごくうまく作ってあるよね
肝臓の質感とかめちゃリアルだった
肝硬変の肝臓と若い人の肝臓の色が全然違うのもリアルだった
そういうのを作る専門業者があるの?
医学用臓器を作る会社とかがあるのかな?

270 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:46:34 ID:wv0GEhA6]
>>264
臓器はすべて美術の人が作成した。
監修の医師にダメ出しされて、何度も作り直させられたそうだよ。
舞台挨拶で監督が言ってた。

271 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:55:52 ID:p4VfCUfU]
>>270
へえ、プルプル感とかうまく表現出来てたと思うけど本物知らないからなw

今どきだから、CGかなとか思った。色が変わるシーンはさすがにCGかな。

278 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 08:56:45 ID:rqYuX72x]
>>270
全部美術さんが作ったのか
すごいな
ものすごくリアルだった
肝臓に血が通うシーンは、本当に感動的だった
臓器を見て感動するとは思わなかった
同行者も感動したと言っていたし、美術さんも苦労が報われたね

269 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:41:43 ID:HUhUrpr0]
別サイトの感想で読んだんですけど
夏川さんじゃない方の若い看護婦が、手術中にガーゼを並べるシーンが何度かありますよね
あれ何かなと思っていたんですが、同じように疑問だった方が医療関係者に理由を聞いたそうです
あれはガーゼカウントと言って患者の体内に針やガーゼが残らないように、
針カウントとガーゼカウントを行う手術の基本作業らしいです。
「野本先生は、患者の体にガーゼを残したまま、患者を別病院に送った」というセリフもあったし
下手な手術はガーゼが血まみれでカウントしにくいらしいです
当麻先生の神の手を表すシーンの一つなのかもしれないですが
中村看護婦の手術道具の並べ方の違いとか、さりげないシーンで色々なことが上手く表現されてますよね

272 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 00:57:54 ID:i5qtynVT]
ガーゼの件もなにやってるのか不思議だったが
臓器とか、含め丁寧なつくりだな

233 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/06(日) 09:15:44 ID:MJqkmaQC]
予備知識なしに見に行ってもっとどろどろした社会派ドラマなのかと思ってたら普通にいい映画だった。
クライマックスの都はるみとか見ていてうれしくなる。
ふるさと創生資金いちおくえんはあのあとどうなったのだろうかとか
隆大介の刑事たった2シーンかよ、とか見おわって余韻も残るし。

267 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:33:28 ID:i5qtynVT]
都はるみは最初原作者が反対したらしい。
もう一つ都はるみ的なエピがあったら盛り上がったかな。
でも見て損はなかった。

268 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 00:38:07 ID:rqYuX72x]
原作はポールモーリアだからなあ
ポールモーリアじゃエピソードにならないけど
都はるみは印象に残った
移植の時の都はるみは何故か泣けた

234 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/06(日) 10:35:06 ID:h+j8/LZL]
夏川が結局自分の勤め先の病院にも受け入れられずたらいまわしで死亡、ってのを映画見終わったあと思い出して切なくなった。
やっぱり医大依存な部分は変わらなかったのかなあ。

253 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/06(日) 20:09:06 ID:Cr+OSwFL]
今日見てきたが、原作ファンの自分としてはかなり物足りない、残念な映画だった。

274 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 01:04:36 ID:CWVbPiGN]
>>253
自分は原作をそんなに面白い小説だとは思わなかったけど
それでもその意見はちょっと分かる
小説じゃチョイ役の浪子の設定を大きく変えて、浪子視点で描いたのは
成功だと思うし、浪子と息子、武井先生と亡くなった息子、大川市長と娘の
「家族」に重点を置いたのも良かったと思う
思うんだけど、その反面原作で多くのページを割いた現代医療の問題点が
映画じゃあっさりし過ぎて物足りなかった
生瀬が単純な悪役なのは原作通りなんだけど、そんなヤブ医者でも医大との
力関係で切れない院長のジレンマはほとんど描かれてなかったし、
大学と決別するまでの青木の葛藤ももうちょっと丁寧に描写して欲しかった
何より、当麻が肝移植の手術後すぐに病院を去ったのは拍子抜け
原作だと、当麻が病院を去るのはマスコミのバッシングや県警からの査問よりも
同僚の医師の嫉妬や医大からの圧力に院長が屈したせいなんだけど
そこら辺もさらっと流しちゃったのは不満だった
確かに静かにジーンとする映画なんだけど、原作と比べると随分「薄味」になっちゃったなぁと
とも感じた

でも↑の要素を詰め込んだら中途半端な映画になった気もするし、
何よりあのラストにはならなかったと思うので、薄味で正解だったのかも

379 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 18:17:46 ID:2zXmqIfP]

2ちゃんねる映画ブログ

原作の当麻は、映画以上に人間味無いんだよね。
父親と交流したり、昔亡くなった恋人がいたり途中で婚約したりと
色々背景はあるんだけど、何考えてるのかさっぱりわからない感じ。
作者は本職の作家じゃなく、現役の医者でしょ?
病院内部の軋轢や手術シーンなどは臨場感あふれてていいんだけど
ちょっと人間描写が苦手なのかもしれない。
自分の理想とする「医者像」を全て当麻に投影し
結果、人間味感情のない当麻になったのかも。

381 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 20:41:42 ID:QUM5rDsY]
変人の天才にしたかったのかもしれないが、
ちょっと女に興味を示すぐらいのところがあったほうが
話に色気も出て、いまより面白くなったかな。
変なラブシーンはないのはこれでいいけど。

279 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 08:58:10 ID:JWzdjTvT]
冒頭の余さんと成宮さんのシーンを
よく聞いていなかったんですけど、
夏川さんってどうして亡くなってんでしたっけ。

2ちゃんねる映画ブログ

281 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 10:11:53 ID:2Pcn10F8]
>>279
「まさか心筋梗塞だとは思わなかったって」
「たまにみぞおちのあたりに痛みが出る事があるんです。」
「病院で働いてて、病院たらい回しにされて亡くなるなんてね…」

みたいな?

282 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 18:22:46 ID:JMT67wQM]
病院で働いてて、そこで見てもらえない
というのは手に負えないということだったのかな?
そんなこともあるんだね、つか、設定細かいね

342 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 18:58:36 ID:41DAVmI3]
派手じゃないけど心に染みるいい映画だったよ
若干展開が読み安すぎる感もあるが役者がそれぞれ熱演でハマり役でよかった
特に夏川結衣と余貴美子がいいね
余はどんな役でもいつでもうまい女優だ
都はるみのエピと新米医師の成宮に看護士がキャーキャーやってのにワロタ

337 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 01:24:00 ID:z158YlFH]

2ちゃんねる映画ブログ

余さんには泣かされたなあ。
息子に語りかけるとこもだけど、普通の顔して
子供たちに歌の指導をするところは涙腺決壊した。
あと、余さんと成人成宮君が、ツバメの巣を見るシーンも涙。
今、巷では、ツバメの姿をよく見るからツバメを見ると泣いてしまいそう。
淡々として抑えた演技の堤さんと、感情豊かな余さんとのバランスが非常に良かった。

293 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 23:02:08 ID:9MVanHUi]
俺、スタッフの友人なんだがスレの人達が好意的な評価をしてくれて嬉しい。
映画のスタッフは意外と興行成績でその後の仕事が決まってくるのでみんな観客動員には
熱い視線を注いでいる。ギャラは低いので俳優さん以上に気にかけてるかも。
初日辺りに観に来てくれるお客さんにはいくら感謝しても足りないくらいだ。

悪役が悪役然としすぎているというのは俺もこの映画最大の欠点かもと思うが、失礼ながら
生瀬氏にイメージがつきすぎているのも一因かと思う。もう少し地味な役者さんを
配したらよかったかも。生瀬氏の役に対する解釈はパンフで見られる通り素晴らしいのだが。

299 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 00:01:58 ID:krVEkxXY]
>>293
映画すごく良かったよ
できればもうちょっと客が入ってくれればいいね
俳優や監督はもちろん、スタッフさんの「いい作品を作りたい」という熱意は
十分伝わった、いい映画を作ってくれてありがとう、と伝えてほしい

307 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 00:43:01 ID:MXfB5bV0]
>>299 ありがとうございます。伝えさせていただきます。本当にお客さんが観てくれた
時に映画として成立するわけですから少しでも多くの人に観てほしいです、俺が言うのも
違う気がしますが。

296 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 23:36:39 ID:aO5EnrJz]
手術シーンは

最初は血がドハドバで気持ち悪くて、見れなかったシーンも多かったけど、
話が進むにつれ見慣れてきた。
あれは、浪子の手術への気持ちの目線が変わるように
カメラの写し方も優しくなっていく気がした。

最後の手術シーンは、最後のメスがキチンと渡るまで、緊張と恐怖で震えてしまった。
自分も現場にいる気持ちになって応援してた。

2ちゃんねる映画ブログ

屋上のシーンは、幻想的で不思議な絵でしたね。

307 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 00:43:01 ID:MXfB5bV0]
>>296 多分情報は出てると思いますが屋上のシーンは日食時の極めて短時間のうちに撮影
されたものです。きわどい撮影だったと聞いています。異様な色調はほぼ天然色です。

308 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 00:52:29 ID:QVcoi2rj]
>>307
え?あれ日食のときに撮影したの?
へえ、そうなんだ、だからあんな不思議な感じの情景になったんだね
いやー面白い、なるほど
まわりの色調が、CGのような絵画のような、でもそのどれとも違うようでなんとも言えない色で
上にも書いてあるけど、幻想的な不思議なシーンになっていた
天然色なんだ
こんな言い方していいのか迷うけど、ある種当麻が、命の是非を決定しなくちゃいけないシーンで
ちょっと神がかり的な立場であったわけで、雰囲気がすごく合っていたと思う
そうか、なんか驚いた、ちょっと感動した

309 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 01:19:00 ID:hQebSjM6]
死後の世界みたいだったね>>屋上

313 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/08(火) 09:55:00 ID:iLhVaFQW]
>>309
屋上のシーン神秘的、確かに死後の世界ぽい。
あと最初の水辺の田舎の風景でもう、目がうるんできたよ。
ただ気になったのは、吉沢と魚屋の娘のシーン、
雨なのに、日が差して木々の陰ができてる?

391 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/11(金) 00:28:05 ID:4vBMR5uK]
魚屋のお父さんが亡くなって病院から出る場面。雨必要かな??
悲しみに雨という演出はわからないでもないが、明らかに天気は
いい天気。そんな中で土砂降りってのもしらけるよね。天気がどう
しても晴れちゃったなら、あえて雨なんて降らさなくてもよかったのに。

392 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/11(金) 00:38:42 ID:edmRgM6X]
あれ、わざと天気雨にしてあるのかと思った
違うのかな?

314 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/08(火) 10:01:30 ID:iLhVaFQW]
でも吉沢と魚屋のエピはよかったけどね。

221 名前:名無しシネマ@上映中 [2010/06/05(土) 21:16:58 ID:K63Y94Hv]
良かったです。でも、最近の邦画って、柄本明、でんでん、平田満よく出てますね。

321 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/08(火) 22:24:22 ID:mwG0ZtUa]
何気にでんでんさん、いいよね
いるとほっとする

325 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 00:01:47 ID:SvYxdV+n]
>>321
うん、ほっとするね
癒し系w

494 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/15(火) 03:15:46 ID:UEmXuK4I]

2ちゃんねる映画ブログ

中越典子可愛いかった。
あまりここでは名前上がってない様だけど

820 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/10(土) 02:45:15 ID:hRdzLVlV]
やっと観てきた。もう15年も前、マンガを食い入るように読んでいたんだが、
映像化すると新たな感慨がある。と言いつつ、中越のエロさは半端じゃなか
った。当麻は聖人すぐる。

377 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/10(木) 15:45:12 ID:krMapGVc]
本当いい映画だった。
最近、「ヒーローショー」⇒「告白」と殺伐としていたから余計に沁みたw
(次はアウトレイジを観る予定)
夏川と余はいつか姉妹役でがっつりとした映画をやって欲しいな。
原作読んでないが、病院以外の堤の背景描写はあれくらい?
尺考えると描く必要ないかもしれないが、
子ども時代以外にも彼の背景をもっと知りたいと思った。
人間味溢れすぎて人間味がないというか…
そして夏川結衣は最高!

380 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 20:00:21 ID:IY34JaJa]
>>377
「孤高のメス」「告白」「ヒーローショー」「RAILWAYS」と、
最近邦画の当たりが多くて嬉しい。
生瀬(と同僚、事務局長?)に悪役全部押しつけて
(これが気に入らない人がいるのも分かるけど)、
他の人がいい人ばかりなのが個人的には良かった。
院長、市長、市長の親族も全員いい人だったしw
ただ、あのパジャマはいかがなものかw

383 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 20:48:31 ID:IssENDrc]
成島出と中島哲也の映画が同日公開というのは感慨深いものがあるな
もう30年近く前になるが彼ら2人と同じ大学自主映画上映団体に所属していて当時の
2人の8mm映画を私は観ている
意外だが当時の映画から作風を延長させると「孤高のメス」の監督はどちらかと問わ
れれば中島ということになるだろう 当時の彼の作品(はの字忘れて)はオーソドッ
クスなドラマ仕立てで緻密でよくできているというものだった
成島はといえばエキセントリックなエピソードが連続する(雲が聴いた)感覚的に優
れた散文調だった むしろ成島の本領は怪作「ラブファイト」で結実する筈だったの
かも知れない
2人のあの後に辿った道により作風に変化が見られた 人間はそういうものだ

因みに河崎実も当時特撮映画(エスパレイザー)で怪気炎をあげていたが 
この人は… 進歩しとらん

450 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 00:22:45 ID:LPjGe9Ig]
過剰な演出もなく、物語も役者さんたちの演技も淡々としているのですが
場内は何度もすすり泣きが聞こえていました。
号泣というより、しみじみ泣くというのでしょうか。
涙した方は、母の立場、娘の立場、患者の立場、職業人としての立場
色々な角度から感動されたのではないでしょうか。

堤真一さん演じる当麻医師は、どこからみてもヒーローなのですが
それを堤さんは、どちらかと言うと気負いなくひょうひょうと演じているのが良かった。
当麻のやっていることは、特別なことじゃなく、これが本来の医師の姿なんだよなあ、と思わせてくれました。
夏川さん演じる、看護婦浪子の当麻が来てからの変化ぶりが気持ち良かった。
浪子の変化とともに、整頓されていく手術器具や浪子の部屋、浪子の仕事ぶり、
とても効果的に見せてくれてました。
手術シーンも見ごたえ十分。細い血管が極細い糸できちっと結ばれたシーンは
場内から「ほーっ」という声が。
原作者の方は、地域医療に力を注いだ方とか。
原作者の思い、そして監督の思いも、そして役者さんたちの伝えたかったことも
きちんと伝わる見ごたえのある映画になっていました。
素晴らしい映画だったと思います。
しかし、まさか、都はるみで泣くとは思いませんでしたw

448 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/12(土) 23:57:43 ID:1gAwqL0s]
良い映画なんだが、痴漢さえ、、、

451 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 00:34:31 ID:f7etLGmV]
>>448
あの痴漢さえなけりゃあねぇ…www

452 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 00:36:43 ID:Hzf8yDOj]
でも映画作れるんだから凄いじゃんw

459 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 02:25:44 ID:tetq81yr]
内容だけ見ればみんな大傑作と思ってるが
監督が痴漢したから内容も色眼鏡で見られてるのか?

$2ちゃんねる映画ブログ

460 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 02:27:19 ID:f7etLGmV]
うん!
痴漢した人が幾らいっても説得力がね・・・

461 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 02:28:30 ID:TgpnMrXM]
ポランスキーよりはマシかな?
けど痴漢だからね。

462 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 03:33:11 ID:jlHnxFDh]
来年の賞レースは監督が痴漢だから
ノミネートにもされないのか?

463 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 04:44:10 ID:f7etLGmV]
東スポ大賞くらいはアリなんじゃないかな?

467 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 12:23:35 ID:dJ1byJA/]
痴漢とかマジか?
今このスレでそれを知った俺は一応色眼鏡無しの状態で観たわけだがw

今年一番かどうかは判らんけど、かなり「隙の無い映画」のほうだと思うよ
医療の難しいテーマを扱い、その中に翻弄される人間模様を描くストーリー自体は
原作の素晴らしさに依るものだが、これをスクリーンで新しい作品として展開するのは難しいはず
テーマ的に下手すると嫌味っぽく説教臭くなりそうな題材扱ってるし、
もっと言うと、下手な人が作ると途中で飽きてつまらなくなる設定だと思う
あれだけ見応えある作品に仕上げるには、役者の選定や演出もそうだが、
カットの進め方とか映画技巧的な部分はある種セオリーに則ったり、お約束も必要と判っていて
それらの要素を絶妙にちりばめてた感じだ
けれん味の無い話を映像化して成功させるってのはやはり実力がなきゃできないと思う


関連記事

  1. 2011/02/20(日) 08:49:43|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<50回目のファースト・キス | ホーム | キャメロン・ディアスの筋肉が凄いことになってる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1735-c3652986
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。