FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オカンの嫁入り

オカンの嫁入り
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1279081809/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 13:30:09 ID:q/HIOTbr]
2010年9月4日 角川シネマ新宿ほか、全国ロードショー
http://www.okannoyomeiri.jp/

おかあさん 結婚することにしたから。


20 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/04(土) 22:15:56 ID:EO4XxtHn]
ストーカー回想シーンが無駄に長く感じたけど、研ちゃんは
いい味出してた。
まったくキリっとしない辺りが良かった。

23 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/05(日) 00:09:06 ID:lLfgGSAg]

2ちゃんねる映画ブログ

ジェームスデイーンわろたw
でもいいやつだな

92 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/16(木) 00:49:11 ID:j6l4yspz]
ケンちゃんは最後までリーゼントのほうがよかったな。
前半はダルかったけど、後半おもしろかったよ

22 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/04(土) 23:51:21 ID:Ay6lUASF]
宮崎あおいの演技
大竹しのぶの壮絶極まる白無垢姿
春やすこの巨大化

26 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/05(日) 08:28:40 ID:lLfgGSAg]
あとオカンの白無垢姿が妖怪みたいにみえて
ワロタw
あれは狙ったのか本気なのかわからんけど

27 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/05(日) 11:06:54 ID:sliHe/Gs]
>>26
CMで、めっちゃきれーって言ってるからどんなもんかと期待したが、
ピースサインでさすがにワロタw
この勢いでバカ殿と共演してほしい

適度に笑って適度にホロっとさせられて帰りましたわ。

29 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/05(日) 17:59:57 ID:uVFpN1ic]
>>26
きのう子供と見た「怪談レストラン」劇場版の死神にそっくりだった。

30 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/05(日) 19:16:17 ID:lLfgGSAg]
>>29
ww

43 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/07(火) 20:18:22 ID:D35rvxv/]
貞子、伽耶子、オカン

45 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/07(火) 21:15:55 ID:pDV0BkRZ]
>>43
いや、さすがにそれはw
オカンまだ生きてるし。

74 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 13:08:14 ID:scWSCWIh]
大竹しのぶの白無垢姿は笑うとこ?w

77 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 17:21:43 ID:1Wbks5Ol]
>>74
正直、笑えない。
むしろ、R-15 にしないと、
子供が見たら、心に深い傷を負う。

21 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/04(土) 22:27:51 ID:0EGRo/EE]
監督がチョンという時点で終わってしまっとる

24 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/05(日) 02:02:28 ID:NtsvlEJ/]
>>21
チョンなのか・・・
崔が監督協会のトップにいる限りこういうの続くんだろうな

32 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/05(日) 22:12:58 ID:RNjXgIcP]
新宿で観たけど客少なかった。
あの映画館は経営大丈夫なんだろうか?

内容は昔ながらの日本映画。
予定調和のストーリーが進むだけの年寄り向けの映画だね。
予告で全部ばらしてしまってるのも問題。

あおい目当てで観にいったけど
ちょっと厳しかった。

33 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/05(日) 22:21:04 ID:ks2eQB9k]
>>32
確かにジジババ多かった【映画館】しかも敬老パス割引で・・・。

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 18:08:18 ID:tWoI5FOT]
おかんと今日レディースデーやし見てきたけどおばちゃんがいっぱい来てたわw
1000円やししのぶもあおいも出てる人みんな演技上手いしまあ満足してる

57 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/08(水) 20:39:25 ID:TbNaPX1R]
でも興行収入初登場9位かぁ
地味だし仕方ないか

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 21:37:13 ID:etU3wU2C]
9位は大健闘だろう

58 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 20:57:40 ID:vQSTHeJV]
上映館数90館ぐらいなんでしょ?

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 22:52:11 ID:wxxZlrYx]
そんな規模なのにCMはやたら流れてな 

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/09(木) 08:30:58 ID:LoHrBGUn]
出演者がメジャーだからね

34 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/06(月) 14:45:43 ID:G0RdvQmF]
宮崎あおいのトラウマ話は余計だった気が
娘は娘で悩みがある…のを描きたいのは解るけど、エグ過ぎてあっちの方に映画の記憶が移ってしまいかねん

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 22:44:29 ID:MZJjL3rl]
OL時代の月子が襲われるシーンは本編に必要だったんだろうか
研二の伏線の張り方が分かりやす過ぎたしちょいちょい出てくる近所のおばちゃんらしき人の必要性も分からないしメインがしっかりしてただけに勿体無かった

116 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/23(木) 10:52:56 ID:q5XyXgLQ]
>>110
作品全体のトーンの中で、あの妙にリアルな暴行シーンだけが浮いていたような気がした
途中まで描いてその続きは観客に想像させるような手もあったような

46 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 01:48:54 ID:LLmYG3dQ]
かたつむりと同じような設定でデジャヴュかと思ったわ

54 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/08(水) 16:52:52 ID:2EexlYWI]
この映画でホロっと泣ける人は親子愛がまだ残ってる人達だな。

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 19:08:31 ID:TbNaPX1R]
ジェームスディーンの格好してる理由で感動した

60 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/08(水) 22:45:42 ID:tWoI5FOT]
嫁入りしたけどあれって式あげただけで籍は入れてない所謂、内縁ってやつだよね?

あ、ついでに自分が前からかわいい和洋館やなあて前通る度思ってた医院が実際に医院に使われててちょっとうれしかったw

64 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/09(木) 16:27:02 ID:IWGTM/U6]
ロケ地が枚方ということで、枚方に勤務してる俺は見に行った。
もちろん枚方の映画館。全席指定で、席を注文すると、チケット売りのお姉さんはこの映画は人気なので
この席もあの席も売り切れだと言う。

スクリーンに入ってみると、お姉さんが言うほどでもないが
まあ六割の入り。わりと大きなスクリーンだし、平日昼間ということを考えると人気作と言ってもいいだろう。
もちろん地の利があるのだろうけど。客層は平日昼間に暇そうな人たち。つまり婆さん爺さん。
この婆さんたちが喋る喋る。舞台が外に出るたび、ここは寝屋川ここは八幡。

まあ俺もスクリーンに映る自分の知る町を見に行ったようなものではあるのだが。
毎日通る道を宮崎あおいが歩いてる、と思うとミーハー心がずきずきした。

内容は定番なのかな?この手の映画をあまり見ない俺にはよくわからないが。

感想としては、非常にファンタジックと感じた。
昭和時代ならともかく、ストーカーっぽい被害があれば、男が弱いだろう。つうか、警察に訴えれば普通に賠償金もらえるだろうに。
何より、なぜ板前兄ちゃんが大竹に惚れる?

まあそういう理由をツッコんでも意味はない。これはファンタジーなのだから。
ツンツンしてる美人の委員長が、なぜさえない同級生に惚れるのか、を言っても意味はない。
それはファンタジーで夢なのだから。
右近らの近所のオバチャンが言っていたように、
ダンナに死に別れて、年上の包容力のある男性に迫られつつも、若い男に惚れられるというのは、オバサンの夢なのだ。
部外者がケチをつけても始まらない。

歳を取ると、死は身近になる。親戚が死に、知人が死に、親が死ぬ。自分の死を体験することはできないけれど、自分の死をリアルに想像することができる。
若い時には事故でありアドベンチャーでしかなかった死は
年を取ると、少しずつ、しかし確実に近づいてくる大きな機関車のように感じられる。
「おとうと」でも、死はアドベンチャーではなく、確実にくるイベントとして捉えられていたけれど
この映画でも、死はそのようなものとして捉えられていると思う。
死は悲しいかもしれない。しかし、そんなことはどうでもいいのだ。どうせ死を逃れることなんてできっこないんだから。

俺はあまり最近のドラマに詳しくないので
主演女優の宮崎あおいの顔を知らなかった。この映画で選ばれたのかな。関西出身ではなさそうなのに最近の若い子は大阪弁うまいな、と思った。
大スクリーンに大写しになる。確かに美人さんだし演技うまいけど、いまいち印象に残らない。
まあこの映画は大竹しのぶが主演だろう。存在感がちがうなあ、と思った。

後でキャスト見て、俺でも名前くらい知っている宮崎あおいと聞いて驚いた。

70 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/09(木) 22:53:51 ID:1l1eMTjx]
なんじゃそりゃ

71 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 00:47:05 ID:etfdh4+Q]
>>64

2ちゃんねる映画ブログ

宮崎あおいはこの役に共感できなかったみたいだよ。
だから演技もうまくできてない。
印象が薄いのもそのせいかと。

72 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 06:11:37 ID:dcIvoejD]
宮崎、十分に上手かったけど
桐谷も良かったな

73 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/10(金) 08:17:25 ID:g9fZ1xQb]
>>64
宮崎あおいを知らなかったって!
存在感はあって印象にかなり残ったわ。ドラマより映画向きの女優でしょ。

この映画は下手な役者が出てなかったから安心して観られたな。
だからこそシナリオが惜しい。

78 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/11(土) 00:37:00 ID:LxP6LcHN]
有楽町スバル座で見てきた。
レトロなミニシアターが似合う映画だね。
映画に出てくる食い物がみんな美味そう見えたわ。

79 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/11(土) 10:14:58 ID:+/CHBtxp]

2ちゃんねる映画ブログ

林泰史さんはあーいうストーカー役が似合うようになったなあ(苦笑)

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/14(火) 00:01:30 ID:Ob11cbAQ]
お母さんのことを思い出してボロ泣きしてもうた。

97 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/19(日) 10:40:49 ID:12kxyvHW]
谷原章介が、今年1番の映画とか言ってたが・・・

98 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/19(日) 11:22:54 ID:ce7Khmye]
見終わった後、なんか親に電話したくなる映画としては1番かもね

80 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/11(土) 15:26:10 ID:aZ+MeFce]
オカンの白無垢はグロ?

81 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/11(土) 19:14:57 ID:kE/jXvBO]
グロといえばグロ。
でもあそこで妙に綺麗にはまってたらうそ臭いからあれで正解。

82 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/11(土) 20:55:01 ID:tmWCpUdm]
白塗りのしのぶに
笑いをこらえるのに必死だった
まるでコントのようだ

83 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/12(日) 07:36:40 ID:X03oOy5y]
雑誌のあおいちゃんのインタビューで白無垢のとこで
よくNGだしたっていってたw

84 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/13(月) 00:18:40 ID:zkcFUsgn]
あの大竹しのぶは完全に映像兵器だからねw
「うわぁ、、、、」みたいに引いた顔をしちゃうのはしょうがない。

86 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/13(月) 07:18:43 ID:bovvvmXK]
「うわあきれい」
のきれいは
白無垢の衣装(だけ)がきれい
ってことだろ?

87 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/13(月) 07:41:23 ID:OxMZqwZL]
白無垢シーンはあれで良かったんだよ
本当に綺麗にされたらなんか違う
最後に死ぬシーンがないのも良かった

85 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/13(月) 00:46:02 ID:39Cxdzvc]

2ちゃんねる映画ブログ

大竹しのぶ、最後まで生きてたし!不死身?

88 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/13(月) 20:16:58 ID:ImOTO05o]
死なないよ。
原作小説には続編があるから。

95 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/16(木) 20:33:06 ID:4hbo9FIR]
原作にはなぜ健ちゃんが、
オカンに惚れたか説明と言うか理由、書かれてある?
映画は見てて健ちゃんはオカンになぜ惚れたのかが
分からんかった

96 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/17(金) 00:09:03 ID:gxslsy+x]
ばあちゃんの面影を見たとか?

102 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/21(火) 23:45:27 ID:u9HKm6Lj]
>>95
書かれてあるよ。ネットで読める。
http://tsukine.cocolog-nifty.com/okayome/


原作に惚れていたので映画にはがっかり。
この監督さんはまじめな人なんだろうな。
魅力的なキャラを普通の人に。
ユーモラスな内容を普通のつまらないしんみり感動作にしあげてしまわれた。

103 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/21(火) 23:56:01 ID:u9HKm6Lj]
原作はラブストーリー
映画は親子愛にしたから
>>95の疑問があがるような映画になっちゃったんだよね。

なんかありきたりなストーリーにされちゃって・・・不満だらけ。

ただ原作の方が陽子さんが身勝手な感じがするかも。そこがかわいらしい人なんだけど。
そしてラストの感動の台詞(研二の)に結びつくのに。
映画では感動の台詞も生かせてなかった。
興味ある人は原作読んでみてね!

104 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 09:49:06 ID:YXDg+Njk]
事前に原作を読んでいる読んでいないで評価が二分しそうな映画だね
自分も事前に原作読んでたので、かなり不満が残った

研二の描き方にも不満だけど、サクちゃんだって、悲しみや孤独を背負って
いるからこその陽子や月子との関係なのに・・・

スレチだけど、新宿の紀伊國屋サザンシアターでやってる舞台版の方は
センセイが登場しない以外は割と原作に忠実に作ってあって、かなり感動した
映画観て不満の皆さんにはオススメ

106 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 13:29:39 ID:NtGcJne2]
>>104
そうそうサクちゃんのシーンもないもんね。

2ちゃんねる映画ブログ2ちゃんねる映画ブログ

春やす子や友近はいらないんじゃ・・
よけいなシーンを入れるなら研二やサクシーンカットしないでほしかった。
オカンの嫁入り原作でなく、自分のオリジナル脚本で親子愛かけばよかったんじゃないの >監督

陽子とサクちゃんの出会いのシーン
陽子がなぜ愛されキャラなのかわかるくらいーー
辛さを抱えていても、他人を大事にし明るい人ーー(名前のとおり)だとわかるのに。

センセイはいなくてもいいと思ってたのでw舞台の方が自分に合いそうだ。
しかし映画の配役がすごく気に入っていたので、やはりあの監督の描き方が残念。

107 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 14:56:18 ID:rDhBU8DH]
>>106
原作を先に読んだ視点では、大竹しのぶさんは素晴らしい女優さんだけど陽子を演じるには
年齢的にちょっと・・・、だったかな
研二が惚れるにはどうかと思うし、40代半ばの若いオカンだからこその仲良し親子なのかと

ちなみに舞台のキャスト(香寿たつき、三倉佳奈)もかなり良かった
なにより、大阪が舞台の作品らしくたくさんの笑いの中に涙があるのがイイ

111 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 23:28:49 ID:HXK0Udyc]
>>107
大竹さんは原作の陽子より+7なんだよね。
だから研二役の桐谷さんとは、15歳どころか22歳差。

でも大竹さんとあおいちゃんが顔や雰囲気が似てるので、親子としてはあってた。
童顔だけど演技達者なところなど。

108 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 21:14:04 ID:NmtPSKGt]
そうなんだ?
俄然、原作に興味わいてきた。
原作読む前にお芝居も見に行こうかしら…

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 22:31:20 ID:rDhBU8DH]
原作読むと、拾われてくるまでの研二に壮大なドラマがあって驚くかも
関西弁のやんわりした文章はすらすら読めて、2~3時間位でも一挙に読み切れるかな

112 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/22(水) 23:37:59 ID:HXK0Udyc]
>研二に壮大なドラマがあって驚くかも
これほんと設定変ってて勿体無いよね。

(ここから原作読んでない人にはネタばれ:注)

センセイと研二はすでに知り合いなのに、なぜ研二は初対面のふりをしたのか
なぜ研二が庭で涙ぐんでいたのか
ダサくて奇抜に見えたジェームスディーンのかっこの謎など。

原作に忠実にした方が、ミステリアス要素もあり
それが、最後の方で理由がわかったときに、大きな感動と
月子が研二を受け入れられるようになるのに。

映画では公園で陽子さんの口から語られるんだもんなー。
研二の愛の告白も、陽子さんの口から病院の待合室で静かに語られるんだもんなー。
ジェームスディーンのかっこの理由もへぼいし。
やっぱこの監督とセンスがあわんわ。

サクちゃんはただのどこにでもいる趣味が多いおばあちゃんみたいになってたし
なぜ陽子たちを自分の家に住まわせてるのかの理由もなかった。
愚痴ばかりでスマソ。
映画は映画なりのいい話(ありきたりだが)になってるので
映画界では受けはいいかもね。

113 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/23(木) 01:16:17 ID:l+CVk7+O]
9月に原作の続編も出たよね。
陽子さんのことが心配で、読めないんですが。

115 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/23(木) 09:59:03 ID:/G/639W2]
>>113
続編読みました
本編は月子の視点で書かれた月子の物語なので、そういう心配はあんまり要らないかと
ただ、ハチの視点で書かれた番外編がなんともたまらない・・・
これ以上はぜひ読んでから・・・

132 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/30(木) 13:15:54 ID:pGpX0lCU]

2ちゃんねる映画ブログ

映画の配役決まった時、國村隼さんがおじいちゃんとばかり思っていたよ。


そういえば、ラストシーンで月子と暮らしてるようなシーン(先生の眼鏡忘れ)は
あれはどう解釈したらいいものか?

133 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/30(木) 16:43:11 ID:pCvIQThh]
映画のラストシーン、センセイはなぜあのシーンで森井家にいるんだろうと自分も
釈然としませんでした。研二もサクちゃんもセンセイも原作の設定が半端に残って
いて、描き方が不十分に感じてしまいます。
國村隼さんは素晴らしい俳優さんですが、宮崎あおいさんとの恋愛シーンがなくて
さすがにホッとしたかな。

135 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/30(木) 21:22:32 ID:+pGtrCqc]
>國村隼さんは素晴らしい俳優さんですが、宮崎あおいさんとの恋愛シーンがなくて
>さすがにホッとしたかな。
國村さんは、映画監督のお気に入りみたいで
いつか一緒に仕事したかったみたいなので、キャスティングしたみたいですよね。

ちょっと月子に告白っぽいシーンもあったから
映画のラストは、やっぱ原作と同じく
月子とセンセイは付き合ってるんじゃないのかな~?
そこらへん濁して想像にお任せしますみたいな感じ?中途半端だな。
月子は将来的に一人になる心配は無いような、匂わせ方なんだろうか。

136 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/01(金) 01:16:19 ID:tIipltcl]
メガネ忘れたから朝取りにきた。それだけじゃなくて?

137 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/02(土) 00:36:19 ID:XjnsyzV5]
え~~?
なんのためにそんなシーンを。
あれはセンセイと月子が交際に発達したのを
暗に示してるのだと思うけど勘ぐりすぎ?

他の人はあのシーンどうとらえたんだろう?

138 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/02(土) 01:11:47 ID:lKJ1RcSf]
ちょっと唐突に感じたよね、あのシーン。
でもそんなに深い意味には捉えなかった。
ああ、一緒にご飯食べて飲んだときに忘れて帰っちゃったのかな、
それくらい月子一家と仲いいのね、みたいな印象。

139 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/10/02(土) 23:06:06 ID:Rpv9xUZ+]
そうなんだぁ。真相はどうなんだろうね。

156 名前:名無シネマ@上映中 [2010/11/14(日) 08:42:11 ID:pZzuwPah]
あおいちゃんの足裏が見えただけで
2000円の価値があったな。


関連記事

  1. 2011/02/09(水) 21:40:35|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<トータル・リコール | ホーム | PUSH 光と闇の能力者>>

コメント

昨日見た。白無垢姿の大竹しのぶワロスww
  1. URL |
  2. 2011/06/09(木) 15:43:32 |
  3. 七誌 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1722-30b442d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『オカンの嫁入り』

&amp;nbsp&#59; □作品オフィシャルサイト 「オカンの嫁入り」  □監督・脚本 呉美保&amp;nbsp&#59; □原作 咲乃月音(「さくら色?オカンの嫁入り」(宝島社文庫刊)&amp;nbsp&#59;&amp;nbsp&#59; □キャスト 宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萠子、國村隼、林
  1. 2011/02/10(木) 08:17:55 |
  2. 京の昼寝?♪

オカンの嫁入り

今月の映画を観る会の作品です。 私だったら選ばない作品ですね。 そういう作品を観るのがいいのです。 看護婦の陽子と娘の月子は、 母一人子一人で仲良く支え合って暮らしてきた。 ある晩、酔っ払った陽子は若い金髪の男・研二を連れて帰ってくる。 そして彼との結
  1. 2011/02/11(金) 16:51:00 |
  2. Unknown

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR