FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Life 天国で君に逢えたら

Life 天国で君に逢えたら
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1184484978/


1 :名無シネマ@上映中:2007/07/15(日) 16:36:18 ID:CmqhlE3z
2007年8月25日公開予定
公式 http://www.life-tenkimi.jp/

原作 飯島夏樹
監督 新城毅彦
主演 大沢たかお、伊東美咲


100 :名無シネマ@上映中:2007/08/22(水) 08:59:02 ID:7bdDMbZ3
試写会行った。
ウインドサーフィンって面白そうだなー
長女がものすごく可愛いかった

106 :名無シネマ@上映中:2007/08/23(木) 02:40:36 ID:G0dy/HLw
今回の映画でたかおの笑い方が夏樹にそっくりだった。
俺は両方とも知り合いだから、ちょっとぞっとした。

115 :名無シネマ@上映中:2007/08/24(金) 04:18:52 ID:a2fXexeX
まあ普通の映画だなって感じ。
試写会当たんなかったらレンタルでいいと思ってた。
お涙頂戴な感じはしなかったし、見たいなら止めない映画かな。

132 :名無シネマ@上映中:2007/08/25(土) 18:46:21 ID:0WxbbnBm
この映画ってハワイで撮影していたのか?

ビーチのシーンとかヤシの木とかが宮崎県っぽかったよ

136 :名無シネマ@上映中:2007/08/25(土) 22:05:23 ID:4vGfuewP
>>132
大沢や美咲が出ているシーンはオアフ。
レースのシーンはマウイ。
大沢と美咲はオアフのみでの撮影。

143 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 01:23:52 ID:IM8WcsXh
エンディングでリアル夫婦の写真が出るが、
奥さんはキレイだが、ダンナはお笑い系w



でも本当にウェデングドレスで板に乗ったんですね、感動。
こういうジャンルの作品では出来がいいと思ふ。

144 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 01:24:49 ID:LQg8LZZr
すごく爽やかであったかい映画だったよ!
レースシーンも迫力あって良かったし、大沢、伊東、小夏の演技も
ホントの家族みたい。
エンディングのシーンがね、これまた良い。

151 :名無シネマ@上映中:2007/08/26(日) 09:50:25 ID:KBvWWR78
昨日、TOHOシネマズなんばにて鑑賞。次の回が舞台挨拶だったせいか
そちらに客が集中してこの回は6,7割程度。

感想は...、まあぼちぼちかなと言う感じ。半分以上脚本の責任。
「星になった少年」もそうなんだけど実話系って劇的な話が少ないから
映画のストーリーをしっかり構築しないと「こういう話があった」の連続に
なっちゃうんだよね。だからもっと工夫して切るところは切らないとと思った。
ラストにあれをもってくるのは上手いと思ったけど。伊東はトータルで見ると
意外に悪くなかったけど最初のシーンがなんかひどかった。その後はまあまあ
見られた事を考えると大沢に救われたのかな?と言う印象。確かに大沢は神だった。

まあ、未見の人にはラストのシーンとエンドクレジットで元は取れると言いたい。
(あの本物の新郎新婦のウィンドの写真が本当にいいんだよね。あれで涙腺緩んだ)

どの程度、仕事として成り立ってたのか、まったく知らんが、
周りに迷惑かけまくって、好き勝手やってても、
夢と言えば心地よく響くって典型例だね。

それだけに実話ベースだと思うと、余計に引く。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/08/27(月) 01:20:25 ID:xzvgypKI
この人自分で仕事立ち上げてなかったっけ??
それにしても大沢があんだけ乗れるなんて知らんかったし、
演技とはいえこんなニコニコする人だったとは…

175 :名無シネマ@上映中:2007/08/27(月) 01:26:06 ID:mv63KFWt
大沢、前スマステで見たときはずっとニコニコしてたなw
あれの印象が強いから、今回の映画も笑顔が頭に残りそう。

176 ::2007/08/27(月) 01:48:29 ID:HZ4BNlJi
今日見に行ってきた。

ヒットするね、この映画。最高によかった。

鎖骨の間の骨に涙が溜まったよ。大沢たかおさんは名優だよ、本当に。

伊藤美咲さんも大沢さんに引っ張られながらながら演じてたと思う。

出た涙は過去最高ですよ。まったく。

エンドロールなんて画面見えなかった。

誰がなんと言おうが俺はとにかく感動したっす。それだけ。

224 :名無シネマ@上映中:2007/08/28(火) 02:29:41 ID:qSdBtOKO
実話の映画なのに主人公の両親、兄弟が全然出てこないので不自然。
両親早死で一人っ子なの?

228 :名無シネマ@上映中:2007/08/28(火) 09:18:11 ID:2vxXNB0P
>>224
ドキュメンタリーではママンがいたよ。
ハワイのお葬式にも来ていたよ。
棺桶のぞいているの、悲しかったよ。

205 :名無シネマ@上映中:2007/08/27(月) 13:30:35 ID:5EDJFgLD
桑田ファンだし、30代で癌でなくなるのはいたたまれないけど、
映画はCMだけでモニョる。
ウエディングドレスでウインドサーフィンって、どんだけ自分の世界に酔っちゃってるDQNなのと。



209 :名無シネマ@上映中:2007/08/27(月) 14:10:58 ID:xoVmwwO/
>>205
まぁ彼はプロのウインドサーファーなので
イメージが大事だからねぇ・・・
当時のウインド雑誌に写真載ってたよ、
自分に酔っているとかではなく、プロのお仕事でしょう。

日本人でウインドが、彼よりも早い人や上手い人いっぱい居たけど
プロウインドサーファーを演じられなかったからね、
ウインドが上手いだけの人は
ウインド関係の小さなスポンサーが付いて国内の大会回って
ショップ店員&イントラで食ってた。
ちょっとましな方ではメーカーのテストライダーとかやっているけどね。

彼は事務所に入って
プロウインドサーファー飯島夏樹を演じ
JALとか大きなスポンサーを付けて、世界を回ってたわけよ。
プロをフェードアウトする頃からJALがらみで
グアムのCOCOSでマリンスポーツ関係のレンタル&イントラ業の会社を興した。
まぁそこそこ儲かっていたのでは?
高かったものあそこ・・・でも夏樹さん居るから結構みんな行ってたね。
彼のグアムの屋敷でビール飲んだりした人数百人居るのではないかな・・・
よく招待してくれたから。

怪しい事務所に入っちゃったので
「プロウインドサーファー飯島夏樹」
を死んでもやらされるわけだが、、、
まぁそれも有りかと。
事務所パワーってすげーよな。

254 :名無シネマ@上映中:2007/08/29(水) 17:25:11 ID:FoU/nUOG
>>209
お見事。飯島夏樹の全てを言い表していると思う。

スポーツマンというよりビジネスマンだったよな。
それに上昇志向が強烈で、ウインド乗りの中では明らかに浮いてたと思う。

山木とかは慕ってココスについて行ってたけど…。
彼も今頃どう思っているのやら。

294 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 01:25:09 ID:1vTKzv/G
美咲が細すぎで
4人も子供のいる母親に見えない

295 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 01:28:03 ID:mW+MhwdW
>>294
実際の奥さんもとても4人生んだ子持ちには見えんよww
ドキュメンタリーで見たけどメイク殆どしてなくてスタイル抜群でウラヤマ~だった

296 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 01:53:43 ID:69xQxi6q
映画の中で1箇所わからなかったとこがあった。
大沢が娘の参観日にも行かずに欧州にレースに行ったとこ。
でも参加者リストに載ってなかったよね。
レースに出ず大沢はなにしてたわけ?
伊東の鼻が気になってわからなかった。

297 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 02:12:35 ID:cQXN58rE
>>296
若い女の子と浮気

301 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 03:47:03 ID:0z+Qm3VA
>>296
小心者天然 夏樹は、レースで勝てなくなった為に試合に出ると言ってはエントリーせず逃げていた。
子供のお土産を選んだり、街をブラブラしたりしてた。
体調が思わしくなかったらしいが、年齢のせいなのか?と悩んでいたよ。

304 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 07:10:07 ID:8uU+XxLh
>>296
つーか実際には
参観日があるほど子供が大きくなってからは
ワールドカップ回ってなかったと思うけど・・・

Cocosが始まった頃
Cocosに奥さんが小夏連れて行って子育てしていて
観光客のアイドルになってたぐらいの感じで
その後2,3年で引退したはずだから
参観日うんぬんは映画用のフィクションじゃね?

315 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 17:54:26 ID:TtB+8iwB
風が無かったので嫁と見に行った。

前半が事実とかけ離れすぎ・・・でストーリーに入り込めなかった。
中盤は時系列が無茶苦茶だし。
ところどころに実際にあったエピソードを盛り込んでいるフィクションですね。

大沢は良かった、タンデムのシーンとかちゃんと風上のブロー見てね、
本当のウインド乗りになったね。
ちょっと細いけど、、、現役の頃の夏樹さんはマッチョな兄貴だからね。
伊藤美咲まぁまぁでしたよ、貴子さん実際あんな感じの人です。

夏樹さん関係無しで見に行ったら、
ありえね~とか言いながら楽しめたのではないかな。

ウインドシーン以外はDVDで十分かな。。。

319 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 21:27:39 ID:xGM1PLyn
>>315
大沢さんは8k程体重落としたそうです。
マッチョな体力づくりと、癌に侵され病弱を装うのを
両立させるのは至難の業だったでしょうね。

349 :名無シネマ@上映中:2007/09/01(土) 22:53:02 ID:ExpVmzva
大沢は前半と後半で実際体つきも
だいぶ違ってたな。
>>319も言ってるけど、役作りも大変だったろうな

小夏の「パパ死なないでぇ~」は
泣かせる演出ってわかってても俺も来そうだったw

桑田ファンでもある俺は、エンドロールなんか
絶対ヤバい、号泣するかなと思ったら
なんていうか、不思議とおだやかな気持ちになって
映画終わった後もすがすがしかった。

あの主題歌はそんな大きな包容力を持った
とても良い曲と思った。

320 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 22:56:14 ID:liqKxv4J
木曜日に映画観て来ました。
前評判で大沢はすごい、伊東は大根と聞いてたけど
伊東の演技、前半は確かにダメダメだけど
後半はよかったと思う。
「イク時はちゃんと言ってね」のセリフがある
大沢のベッドに寄り添うシーンはちょっとうるっと来た。

あとは最後のシーンとエンドロールもよかったね。
観終わった後にあたたかい、そして前向きな気持ちに
なれる良い映画だったと思います。

321 :名無シネマ@上映中:2007/08/31(金) 23:29:46 ID:cQXN58rE
「イク時はちゃんと言ってね」・・・これだけ読むとエロい。

263 :名無シネマ@上映中:2007/08/29(水) 23:21:15 ID:/L99ek9Z
哀川翔も真矢みきも出番少ないけど存在感はあったなー。
レイコさんのほうかヒロコさんより強くてたくましいと思った。
藤堂夫妻のほうが泣ける。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 19:49:35 ID:HZ9vwpHH
>>263
自分より弟子を気遣い、
後進の育成もした日本人初のプロウィンドサーファーの夫と
最後の最後まで主人公達には自分達の大変な事情は伏せて、
主人公の妻を気遣うその妻。



藤堂夫妻の方が泣けるというか、好感度高かった。

368 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 08:25:36 ID:dJj1CRFy
娘を両親に預け、妻と観てきたが2人とも共通意見。
はっきりいって納得できない。
もっとかわいそうで無念に死んでゆくガン患者はいっぱいいる。

自分の家族が少しでも裕福で幸せになれるよう頑張ってイヤな仕事を頑張ってる
人が世間では当たり前。

主人公は、好きなサーフィンやって家族にひもじい思いをさせ、おまけに浮気や
キャバクラ通いもたまにしていたそうで。
それで病死なら本望じゃないですか?

自分は釣りが趣味ですけど、釣りバカ日誌のハマちゃんみたいに出世関係なく
仕事をいい加減に釣り優先の生活を満喫して病死なら本望。
だけど誰も悲しまないと思う。

泣きにいったはずが、自分も妻も主人公の生き方に怒りを感じました。
又、子供に無理矢理アウトドアを強制させるのもどうかと。
妻に、あなたがあんな生活する人だったらとっくに離婚ね。と言われた。

原作読んでから行くべきでした。

けど大沢さんの演技は好演でした。
伊東さんは・・・相変わらずです。母親の雰囲気もでてない。
客寄せでキャストしたんでしょうね。

373 :名無シネマ@上映中:2007/09/02(日) 12:56:07 ID:y8zdW632
>>好きなサーフィンやって家族にひもじい思いをさせ・・・

だから、映画上の演出で事実と異なっていますよ。
まぁ癌で倒れた後、経済的にやばくはなったけど不可抗力でしょ?

子供が生まれてからは1,2年しかワールドカップ回っていないし
映画では完全スルーだったけど、
グアムで会社を興しそこそこの成功をしていました。

406 :名無シネマ@上映中:2007/09/03(月) 20:06:14 ID:N6lNvGBB
大沢たかおは、広瀬香美と別れたのに
なんで家族愛の映画に出るんだろう

439 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 17:41:04 ID:iAwzVaGQ
石丸謙二郎は、癌を宣告するのに
何で半笑いなんですか?

440 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 17:53:28 ID:vuaHPKPZ
>>439
重い病気を告知しなければならない辛さと、努めて明るく振る舞って頑張って治しましょうという励ましの気持ちとが、ない交ぜになってあんな感じの表情なんだと思われ。。
実は石丸氏もプライベートではばりばりのウインドサーファーなんだよね。

441 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 18:13:40 ID:GEpUhpgY
>実は石丸氏もプライベートではばりばりのウインドサーファーなんだよね。

そういえば、そうだった
海の近くに住んでるんだよね

442 :名無シネマ@上映中:2007/09/04(火) 18:37:10 ID:PADTuKLw
「早く気づきなさい
あの男のやってることは仕事じゃない
道楽よ」

溜まってる家賃を取立てに来た大家のおばちゃんが伊藤に言うこの台詞
これがあることで、この映画自体に多少深みが出た

453 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 01:45:50 ID:jqoQTXoP
どの程度フィクションなのか知らないけど、実在する人達を描いたってのが
やっぱり強みだよねえ。人の人生に口出しはできないもん。
有無を言わせぬ感動だった。エンドロールの写真も素敵だった。

454 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 07:18:43 ID:H7EqoulR
>>453
ほとんど全部フィクションだよ。
プロ活動していました~半年前に先輩が死にました~死にました~
本当のことはそのぐらい。
半年前に死んだ人もそれほど交流無かったしな。
昔お世話になりましたぐらいで。

ウインド乗りが見に行くとフィクションすぎて呆れるか
頭を切り替えてフィクションとして楽しむって感じで。
マリスポ板ではそんな感じだ。

455 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 07:38:04 ID:IFRxYqDM
>>453
結婚したか家族の人数とか病気で死んだとか
ウィンドサーファーだったとか以外は殆どフィクション。
映画の主人公が、死ぬ間際まで「俺の映画作ってよ!」って、
そこら中で言いまくるメンタリティーじゃない時点で人格は別人。

でも、良く出来てる映画だと思う。
>>454がいう様に、家族愛中心のフィクションとして楽しめば良作。

>>454
マリスポ板には出入りしてないけど、半年間ウィンドの猛特訓した大沢の評価ってどんな感じ?
半年じゃ流石にウェーブは出来ないだろうし、プロが参加したマウイの撮影には来なかったらしいし。

456 :名無シネマ@上映中:2007/09/05(水) 08:07:43 ID:H7EqoulR
>>455
まぁ半年にしは上手いよ、
もう少しでプレーニング(水面にボードが乗って滑走状態になる)ぐらいかな?
タンデムシーンは外せないからねぇ、あんなに笑って乗ってて、たいしたもんだ
レースシーンはワールドカッパーの外人がスタント
プレーニングしているシーンは体系が近い日本人プロがスタントみたい。

結構はまったらしいね、オフの日もウインドしてたって。

レースシーンは迫力あったね
本当の現役ワールドカッパーが出ててから
数年前のチャンプも出てた。
印象的なのはレースシーンの“音”
ウインドのDVDとか見ると適当な音楽を被せちゃうので(録音できないし)
セールのパテン(骨)がバコンと返る音、波の音、板が水面を叩く音・・・
実にリアルでしたね。

594 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 19:13:40 ID:u1HfOM6G
今日見てきた。
可もなく不可もなく・・・。
伊東には全く期待していなかったので特別幻滅することもなく済んだ。
ひとつ思ったのはエンディングの出会いシーンはいらないと思った。



595 :名無シネマ@上映中:2007/09/12(水) 19:56:07 ID:bX6snjDN
>>594
たしかにあのシーンはなくてもよかったかも。
でもあれが出会いのシーンでもあり、「天国での再会」のシーンでもあると思えば、
また味わい深くなるかな、と。

598 :名無シネマ@上映中:2007/09/14(金) 02:17:07 ID:sDDC2acW
>>594
自分は、初対面で(手を)絶対離さないって言うような男ってどんなやつだよw
そんな奴相手に3日で結婚を考えるなんてアフォかwww
って思ったから、あのシーンでそういうシチュエーションか。って納得した。

599 :名無シネマ@上映中:2007/09/14(金) 09:45:03 ID:rZ8nnSKb
>>594
監督が、
最初にストーリーのエンディングを持ってきて、
最後にストーリーの始まりを持ってくるという演出にこだわったんだろうけど、
見ている方は、少し間が抜けていた気がする。
しかもこのシーンの美咲は現代的美人過ぎて、
その以前の寛子のイメージからは別人みたいな違和感があった。
原作を知らないから本当にあったシーンなのかわからないけど、
ワンピースじゃなく、もうちょっとカジュアルで日焼けした寛子の方がよかったんじゃないの?

600 :名無シネマ@上映中:2007/09/14(金) 11:59:48 ID:sDDC2acW
>>599
ギャルとかサーファーでもない限り、日焼けしてカジュアルの子なんて見ないし、
夏樹とどさ回りしてるうちに、日焼けしてサーフ系のカジュアルになったんだろー
ぐらいにしか思わないけどなー。
しょっぱなから夏樹が灰になっててびっくりしたり
死んだと思った後にまた夏樹が出てきて、実は死んでなかった?ってびっくりしたりしたけど。

原作は知らない。

603 :名無シネマ@上映中:2007/09/14(金) 20:43:39 ID:rZ8nnSKb
>>600
寛子さんって元サーファーだろ。
夏樹と一緒に回るようになってから辞めたって聞いたけど。

660 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 02:12:24 ID:5io2zSeH
ワールドカップで優勝どころか入賞したのも6位入賞1回だけなのに
何で優勝した事になってるのか疑問。
実話を前面に押し出してるのに、飯島夏樹の実績では映画にするのはNOと判断したんだろうけど
死者への冒涜に均しい。本人に失礼だろう。

661 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 02:29:37 ID:5I6KAI8B
いいじゃんどうせ美化した妄想の話なんだから

663 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 08:43:26 ID:5io2zSeH
>>661
9割が妄想なのはわかるけど、6位入賞を優勝に変える意図かわからないんだよな。
だってさ、別に実際凄い偉人じゃない普通のスポーツマンのおっさんが癌で死亡の方が
リアリティーもあるだろうに、入賞→優勝にする意味がわからない訳で。
9割妄想してる映画なんだから、「実話を元にしたフィクション」と宣伝せねばならんだろう。

666 :名無シネマ@上映中:2007/09/19(水) 11:29:29 ID:+vsYJaRR
>>660そうだよな。俺も映画見てて「え?優勝してたっけ??」って不思議に思った。
「してなかったんじゃなかったっけ」って気になってた。
やっぱしてないよな。

888 :名無シネマ@上映中:2008/02/24(日) 09:07:45 ID:fZSZLYhO
女の子が産まれました。
名前を「小夏」と命名した俺はバカですね。

889 :名無シネマ@上映中:2008/02/24(日) 09:44:54 ID:HoSFFi+x
>>888
うーん、夏じゃないしねえ…っていや、素直にオメ!!!
888さん自身も健康に十分気をつけてお幸せにって、ちょwww
↑末広がりゲtじゃん!Wオメ!!!こりゃきっといいことあるよ~!!!

903 :名無シネマ@上映中:2008/03/29(土) 09:15:04 ID:5mLv3shG
こなつがウインドやってるのを見せに行くシーンで車が前に海が見える
坂道を下って行くシーン。あれって御前崎なんですか?
この間TVドラマでプロポーズ大作戦ってやってましたがそれでも同じ
場所が使われて居たので行ってみたいですがどこですか?

905 :名無シネマ@上映中:2008/04/01(火) 07:49:04 ID:mXPkENnW
>>903
御前崎ですね!ウインドのメッカです。
ちなみに、コナツがウインドやってたのは須々木です。


関連記事

  1. 2008/07/31(木) 21:47:04|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュラシック・パークIII | ホーム | ブラックサイト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/172-2e163a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR