2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1081438123/
2ちゃんねる映画ブログ

8 :名無しステーション:2005/04/09(土) 01:41:39 ID:hMpav9vk

 2004年 オリジナル96分
【監督】水島努  【脚本】水島努
【撮影】梅田俊之 【音楽】荒川敏行

【解説】人気アニメの劇場版シリーズ第12作。
西部劇映画の世界に迷い込んでしまったしんちゃんが、本来の記憶をなくし、
映画のキャラクターとなりつつある“かすかべ防衛隊”の仲間たちを救うために奔走する。
マカロニ・ウエスタンのタッチを基調に、有名西部劇のパロディーも満載。
前作に引き続き水島努が脚本、監督を務めた。
しんのすけ(声・矢島)たちは映画館で遊んでいるうちに映画の中に入り込んでしまう。
そこは悪徳知事ジャスティス(小林)が牛耳る西部劇の世界で、
そこでの生活になじむと記憶が消え映画の世界の住人にされてしまうという。
しんのすけは元の世界に戻るためのかぎが、
ジャスティスによって封印された“何か”にあること突き止める。
[声]矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 こおろぎさとみ 齋藤彩夏 小林清志ほか


254 :名無シネマ@上映中:04/04/17 12:32 ID:2HS/YXP1
面白かったよ
今までとは違う水島の個性がはっきり出てて、それがよかった
ヤキニクが消化不良気味だったのは、原的要素の残滓が水島の個性と
整合しなかったためかと

255 :名無シネマ@上映中:04/04/17 12:48 ID:Fdy1n22f
見てきた。
面白い面白くないとかは別にして、内容的にこれは映画館で見ないとダメだと思う。
いや、俺はすごく面白かったけど。

出来れば、シネコンなんてハイカラな場所は避けて、椅子の座り心地が悪い感じの映画館がいい。

88 :10点満点中6.5点くらい:04/04/17 10:28 ID:sUnuCjZa
今初回朝一見て帰ってきました。
感想は・・・・・・そりゃないよ・・・ってなところ。
別に映画の世界の人でもかまわないけどさ、
それを口に出すときはツバキたんの写ったポスターかフィルムの一部でも
出さなきゃ。これは最低限のマナーじゃない?
個人的にはもうひと落ちきたししてたのにさ(撮影数十年後の彼女とか)
なにより『映画はやっぱりハッピーエンドじゃなきゃ』って劇中で
言ってるジャン。実際場内の電気がつくまでみんな帰ろうとしてなかったよ。
(子供さんが「これで終わり?」って何人か声が聞こえた)
やるからには、どちらのラストでもジックリ余韻残すようにしなきゃ・・・
俺は水島監督には期待度も含めて基本をもう一度勉強して欲しい。

91 :名無シネマ@上映中:04/04/17 10:50 ID:pB//SLma
>>88
そうかな,俺はあれでもいいと思うけどな。
しんのすけに姿を見せられない現実世界の事情があるのかもしれないし。

92 :名無シネマ@上映中:04/04/17 10:55 ID:pB//SLma
言葉が足りなかった....
もしかしたら、映画の中の人でないかもしれないかなと思ったもので。

93 :88:04/04/17 11:14 ID:sUnuCjZa
合格点なんです。なんとか。ただ監督に期待してる分点数が辛くなる。
あなたは出来る子なんだから!って感じかな?
くさいシーンでも恥ずかしがらずに丁寧にやってほしいんです。
たとえば、春日部。
戻りたい春日部がどれだけ良かったのか?
日常シーンを序盤にしっかり描き込むか
回想シーンで入れるのも本当は必要だったと思う。
(しんちゃんの幼稚園とかナナ子おねーさんとか)
台詞に頼りすぎてる。
・・・・・ま、粗捜しって言われたらそれまでなんですけど・・・・

94 :名無シネマ@上映中:04/04/17 11:19 ID:CbQxhM3r
>戻りたい春日部がどれだけ良かったのか?
これは私も思った~。まあシロ集約されてんのかなってことに
しといたけど。
「カスカベボーイズ」のエンディングが同時に劇中映画のエンディング
になってるっていうのに感動したよ。

96 :名無シネマ@上映中:04/04/17 11:56 ID:Fdy1n22f
>93
一本の映画としてはその通りだと思う。
けど、この映画を見る人は、まあ大半が毎週TVで日常のカスカベを見てるんだからさ。
その素晴らしさも嫌なところも知ってるし、そのつもりで作ったんだと思うよ。

105 :名無シネマ@上映中:04/04/17 12:39 ID:2HS/YXP1
アクションシーンの充実度は過去最高だったかもしれんね
原画に湯浅氏がいたし
後、カスカベ防衛隊のシーンで子供の盛り上がりがすごかった
やっぱりしんちゃんは子供の物だなぁと思った

ラストのあっけなさには賛否あるだろうけど、TVシリーズの劇場版
なんだから無理に余韻をつけなくても、それはそれでありじゃないかな

113 :名無シネマ@上映中:04/04/17 12:57 ID:PlWzyuAg
今映画館から帰ってきた。

>>105の言う通り、アクションもかなり良かったんだけど
個人的に過去最高だと思えたのは映画内に散りばめられたギャグの面白さ。
リアル鬼ごっこやみさえのマリリンモンロー他、大笑いさせて頂きました。

欲を言えばシナリオにもう一癖欲しかったかな。
シリアスにしては軽すぎるし、ギャグにしては重すぎる。
まぁこれも良く言えばギャグとシリアスのバランスが取れてるって
ことになるので気にならない人は気にならないかも。

公開期間中にもう一回観にいきます。

47 :名無シネマ@上映中:04/04/11 23:43 ID:kg1FR4iT
オトナとか戦国は後で人生について色々考えちゃう泣きだったけど
カスカベボーイズはスカッと泣ける感じ。「あ~面白かった!!!!」と。
しかし、クレヨンしんちゃんでノープランなのに
あそこまで美しいエンディングを作れるんだね。ああ思い出し泣き。

やっぱカスカベは良作だったよね?
と他人に伺ってしまういまいち自信のないヤキニクファンなのでした。

48 :名無シネマ@上映中:04/04/12 00:27 ID:VV8GQfd2
>>47
> クレヨンしんちゃんでノープランなのに
> あそこまで美しいエンディングを作れるんだね

2ちゃんねる映画ブログ

NO PLANの朴訥な、あまり上手くない唄い方が
逆に、しみじみと暖かい雰囲気を醸し出して好結果が出ている。
ハナからこれを計算してのNO PLAN起用だったら凄いが
まあ偶然なんだろなw

52 :名無シネマ@上映中:04/04/12 16:27 ID:UcfKl963
エンディングはいつも製作サイドのキボンではなく、
オトナの事情なんだってさ。

107 :名無シネマ@上映中:04/04/17 12:49 ID:lySGudM6
本編をあっさり終えてるからEDが光ってるんだと思う。
余韻、すげえ残ったよ。日劇から歩いて新橋まで、涙とまらんかった。
悲しい映画じゃなくて、ギャグ満載なのにな。

34 :名無シネマ@上映中:04/04/11 18:44 ID:E9ic12TK

2ちゃんねる映画ブログ

ヒロインの女の子の声は誰?

35 :名無シネマ@上映中:04/04/11 18:56 ID:GOjHm5+b
おじゃる丸で貧乏神演ってる子。

37 :名無シネマ@上映中:04/04/11 19:26 ID:zy7XW2tM
>>34-35,

2ちゃんねる映画ブログ

齋藤 彩夏、だね
観てる時「若い声だなあ」とか思ってたけど
検索したらホントに若かったw15歳だって。

50 :名無シネマ@上映中:04/04/12 14:44 ID:QpueZhys
レーオネやペキンパー、スタージェスに対するオマージュに溢れているのか?
ニューシネマパラダイスやカイロの紫のバラみたいな雰囲気もあるのか?

54 :名無シネマ@上映中:04/04/12 19:23 ID:ixKujj5C
>>50
西部劇やマカロニに詳しくないのであまり明言は避けるが
少なくとも荒野の七人ネタはある、ワイルドパンチネタもある
宣伝コピーにも使ってる「しんちゃんカムバ~ック!」の台詞は
けっこうどうでもいいような処で言っている。
(予告篇ラストカットのシェーンのモロなパロディは使っていない)
クライマックス以降は色々小ネタをやってるようなので
マカロニや西部劇に詳しい人の方が楽しめるハズだ。
ニューシネマパラダイスのようにストレートに映画愛を謳っていないが
そういう目で見るオトナの客にはジワジワ伝わってくるような描き方。
「カイロの紫のバラ」は水島監督は見てないそうだ。

361 :名無しシネマ@上映中:04/04/19 21:19 ID:A+Vv2JdP
「クレヨンしんちゃん嵐を呼ぶ夕陽のカスカベボーイズ 」で気づいた映画ネタ。
●ジャスティス知事が運転する白い車は「ワイルド・バンチ」のマパッチ将軍の車ソックリ。

●後半の機関車と車のチェイスのカット割は「マッドマックス2」に似通っている。
車から落ちた知事がフロントからぬぅっと顔を出すショットも「マッドマックス2」
のパロディ。

2ちゃんねる映画ブログ

●知事の部下の変な顔の男は「夕陽のガンマン」のサディスティックな悪党を演じた
クラウス・キンスキーだ。

364 :名無シネマ@上映中:04/04/19 21:26 ID:qtKuGkxu
>>361
クラウスと言えば、エンディングを見て笑ったのが
ちょい役の、荒野の七人のクリス、オライリー、ヴィンでさえ
役名でクレジットされてるのに、クラウスはあくまで「へんな顔の男」でしかないのねw

366 :名無しシネマ@上映中:04/04/19 21:35 ID:A+Vv2JdP
>>364
>クラウスはあくまで「へんな顔の男」でしかないのねw

ナスターシャ・キンスキーの父親とは信じられないくらいクラウスは変な顔だからw

380 :名無しシネマ@上映中:04/04/19 22:22 ID:A+Vv2JdP
●深読みではずれているかもしれないが、知事がムチを使うのはイタリアン
スプラッターの帝王ルチオ・フルチ監督の「真昼の用心棒」かも?「真昼の
用心棒」にはムチを人をなぶるのが好きな悪党がでてくる。

●いつも馬にひきずられてリンチされている博士は「許されざる者」のクリント・
イーストウッドに似ているように見えた。

●「夕陽のガンマン」ではイーストウッドがキンスキーの頬を使ってマッチに
火をつける場面があるが、「嵐を呼ぶ~」では逆にキンスキー(変な顔の男)が
父ちゃんの顔を使ってやっていた。(ロドリゲスの『デスペラード』でも
頬でマッチの火をつけるのをやっていましたね。)

2ちゃんねる映画ブログ

●みさえのマリリン・モンローの真似は笑いすぎて死にそうになった。

385 :名無シネマ@上映中:04/04/19 22:37 ID:CxmweJkb
>>380
俺もみさえは爆笑した。客の反応も最高(゚∀゚)

110 :がっくす:04/04/17 12:55 ID:BdR1sAQ+
見てきた.街中の映画館で子供に混じって見ると,笑いの
ポイントを始めとする感性の違いが直に実感出来て面白い.

映画inまではえらく背景に力入ってて見入ってしまった.

問題は,あえてテンションを下げる部分とは理解出来るが
映画inから時間が動き出すまでが,尺が長過ぎると思た.
半端に生々しい表現と挟むギャグの少なさが致命的か.
オッサンな俺より子供達は敏感で,笑わんわ・雑談始めるわ…

時間が動き出してから映画outまでは文句無しに最高!
ハイテンポなアクション・ギャグ,迸る動画背景
グリグリ動く動画,否応無しに盛り上がる音楽.
もち劇場内も大盛り上がり,笑いまくり.

映画inから絵柄が2種類あったのである程度は想像してたが
ラストは…しんのすけが一人の子供としてリアリティある
判断を下したので,見てる側は結構やるせない気持ちに.

つばきからしんのすけに,形のあるものを残せれたら
せめてものフォローになったかと.EDだけでは…悲しい.
(No Planの歌をよく昇華させたもんだとは思いますが)

ブタのヒヅメ時のぶりぶりざえもんとは違い,レギュラーとして
残るようなキャラでは無いので,余計に切ないものがあります.

既存映画のパロディも良いスパイスに出来,キャラに普段は
有得ない無茶をさせれる,映画に入り込むという設定は
映画好きの水島監督にはベストな選択でしたな.

序盤は難アリですが,壮絶な盛上がって最後のホロリと,良い映画す.
しかし,つばきたんはエロいな.限りなくエロいな.エロすぎる.

119 :名無シネマ@上映中:04/04/17 13:43 ID:2MK1S7zq
今見てきた所だけど後半の怒涛の展開にワラタ
西部が念頭にあったからロボット?が出てくるとは思わなかったよw
ところで、しんのすけがシロに抱きつかれた後、いつもの調子に戻ってたけど
劇場から出たら、みんな映画の中での出来事忘れちゃったのこれ?
そうだとしたら春日部の事はあんなに忘れまいと必死だったのに
映画の事をあんなにあっさりと忘れちゃったら悲しすぎる…
後、映画の中に結構な日数滞在してたから、日常に戻っていく描写や
つばきの事についてのフォローをEDで流すかなと思ったけど…
あのEDは反則だろ、あんなに幸せそうに踊っていて余計胸に
靄がかかったというかやるせなくなったよ(ノД`)

120 :名無シネマ@上映中:04/04/17 13:48 ID:2HS/YXP1
映画の中の滞在日数だけど、太陽が動き出すまでのループ時には、
現実の時間は全然経ってないんじゃないかな

121 :88:04/04/17 14:04 ID:sUnuCjZa
>>120
いや、風間君たちが帰ってないって大騒ぎになってたんだから
少しは時間はたってるはず

122 :名無シネマ@上映中:04/04/17 14:08 ID:2MK1S7zq
>>120
しんのすけ除く春日部防衛隊メンバーが映画の中に引き込まれてから
野原一家が引き込まれるまでタイムラグがあったから時間は動いてると
思うけど、映画の中では時間の流れが高速で過ぎてたか
映画って大体2~3時間で終わるものだし未完成品だったから
1日1回轢かれてた爺さんは実は1時間おきに轢かれてたとかかな
妄想だけどしんのすけ達が一番最初に忘れたのは時間の間隔だったりして

134 :名無シネマ@上映中:04/04/17 14:59 ID:qaAScHCp
朝一で観に行った三十路男。

感想は
「やれば出来るじゃん水原」
ですね。良かった。安心した。

2ちゃんねる映画ブログ

あのしんのすけでさえ、ぶりぶりざえもんが書けなくなったシーンが
すごく切なかった。時間が動き出してからはテンション上がりっぱなしでした。

135 :名無シネマ@上映中:04/04/17 15:01 ID:98TgHG0+
>>134
つっこもうかと思ったけど止めた

136 :名無シネマ@上映中:04/04/17 15:05 ID:2HS/YXP1
水島な

150 :名無シネマ@上映中:04/04/17 17:30 ID:+sPtZy2Z
>>134
「やればできるじゃん水原」に禿げ道w)

手加減を知らないビシバシ描写は相変わらずだけど
映画の中だと思ってるからヤキニクほど気にならなかった。
子供たちの爆笑の量は映画全体ではヤキニクの方が多かったが
今回は最後に一番盛り上がったから良かった。

オープニングが「オラは人気者」になってたのが驚いたぞ。
もう一回見に行くか。

144 :名無シネマ@上映中:04/04/17 17:12 ID:7d9AmQRa
観に行ってきまつた。
新宿コマ劇場(歌舞伎町)だったせいかすごくガラガラだったような・・・。

シリアスにしては軽く、ギャクにしては重いっていうのにすごく同意ですね。
やっぱり野原一家がなぜ春日部に帰りたいのかハッキリさせて欲しかったです。
でも風間くんがエリート教育をおしつけられるのはイヤだって言うシーンは泣いたし
しんのすけが列車を飛び降りて風間くんを助けるシーンも感動しました。

漏れの場合ですが、アクションも後半になるともはや何でもアリになってしまい
かめはめ波出してもおかしくないようなノリでちょっと興奮できなかったです。

疑問点
・春日部にいた時のことを忘れていくという設定をなぜ入れたのか。(あってもいいけどなくても成り立つ)
・敵のボスの名前をなぜジャスティスにしたのか。
・映画を終わらせる方法はボスを倒すことではなく、なぜ「おわり」の封印を解き放つことだったのか。

テーマを匂わせるような演出だったような気がしました。
過去を忘れて安定した生活(たとえ奴隷でも)より、過去を背負って未来を生きろってことなのでしょうか?
うーん、わからない。頭いい人教えて。

149 :88:04/04/17 17:29 ID:sUnuCjZa
>>144
>映画を終わらせる方法はボスを倒すことではなく、なぜ「おわり」の封印を解き放つことだったのか。
これだけは判る気がする。ボスは「おわり」を鉄の金庫に分けて入れていたら
いくら自分が倒されても映画は終わらず、何度も復活して戦える=不死身
見たいな感じでいたんじゃない?結果的には映画自身が納得して
「おわり」を止められなかったようだが。

159 :名無シネマ@上映中:04/04/17 19:28 ID:BSV0yyDS
>144
>>敵のボスの名前をなぜジャスティスにしたのか
某合衆国大統領が例の演説の時に連呼してたから
つまり皮肉ですな

>>映画を終わらせる方法はボスを倒すことではなく、
>>なぜ「おわり」の封印を解き放つことだったのか
多分ボスを倒せば映画が終わると言う考えは個人の勝手な解釈であって
映画は「おわり」の文字がでたら終わる

161 :名無シネマ@上映中:04/04/17 19:36 ID:lPaXg1d4
>>144
> 春日部にいた時のことを忘れていくという設定をなぜ入れたのか
これって俺は何も疑問に思わなかったのだけど
単純に、現実に帰ろうとする気持ちや記憶そのものが
無くなっていく事は恐ろしい事だよなって思えた。

実はこれって観客が自分の日常をどう思っているかによって
感じ方が変わってくるのかな?

381 :名無シネマ@上映中:04/04/19 22:33 ID:qtKuGkxu

2ちゃんねる映画ブログ

秘宝の特集によると、ジャスティスのデザインのモデルは
(「グリーンベレー」の頃の)ジョン・ウェイン、
顔は似せすぎないようにしたらしい。
某国大統領っぽいとは俺も思ったが、パンフのインタビューじゃ
それとなくそう言う事を否定してるね、まあ演出家の言う事を
全て真に受けてはイカンけど。

137 :名無シネマ@上映中:04/04/17 15:21 ID:GjMZghGw
BlackLagoon-rebby-sleeps_20110817170140.gif

156 :名無シネマ@上映中:04/04/17 18:25 ID:HfaVmc7h
>137

さすがにこれで爆笑していたちびっ子はいませんでしたね。
もしもいたら嫌だけどw

163 :名無シネマ@上映中:04/04/17 19:56 ID:tJf8/hF9
今日、観てきた・・・・・

焼肉とは比べほどにならないぐらい、
物語も、構成も、盛り上げ方も巧み!!本当にこれを水島が監督したのかと驚いた。
それにしてもあの後半の怒涛の超人アクションは、凄過ぎwwww

ただ個人的に、大きな不満は
自称〝マイク〟こと水野○男が、前面に出すぎなこと
・・・・もともと本人が嫌いな俺としては
そこが残念。あとラストの文字は、子供のためってのはわかるが
ひらがなでなく、しっかり〝END〟にしてほしかった。くだらん不満だが。

オトナが、家族愛
戦国が、恋愛
で泣かされたわけだが、今回は、とにかくカスカベ防衛隊5人の友情に
泣けた。4人が風間君を助けるところに涙が・・・・

たぶん、クレしん映画の戦国、オトナ、ヘンダー、暗黒と並んで
俺のクレしんBEST5に入ったよ♪

179 :名無シネマ@上映中:04/04/17 21:13 ID:iWy4Um93

2ちゃんねる映画ブログ

ビデオ屋って水野晴郎だったのか・・

180 :名無シネマ@上映中:04/04/17 21:21 ID:hy77qV0W
マイク・・・俺もうざかった。

269 :名無シネマ@上映中:04/04/18 21:25 ID:xtPTVu0k
今日見てきた。
しんちゃんが風間くんを助けるとこからエンディングまで泣きっぱなしでした。
エンディングもずっと感動しててスタッフロール見れなかったんだけど、マイクの声って誰だった?
まさか本物のマイク水野じゃないよね?

270 :名無シネマ@上映中:04/04/18 21:39 ID:B4ywFDwg
>>269
村松康雄。つーか、プログラムぐらい買いなさい。

184 :名無シネマ@上映中:04/04/17 21:48 ID:BJEN8LSj
俺は駄目だったなあ。
戦国時代も、20世紀も、それぞれ
世界に魅力があって、リアルで
わくわくさせられた。
でもこの映画の西部開拓時代は
悪夢のようなつらい現実や野蛮な風習
があるだけで夢が無いんだよな。
BTTF3観たときのような、かっこいいなあ
西部劇の世界に行って見たいなあって
いう感覚が沸かないんだよね。
劇中劇の世界に魅力がないっていうのは
致命的。ロボットとか秘密兵器とか出して
ぶち壊してるし。

196 :名無シネマ@上映中:04/04/17 22:16 ID:RcleodKq
西部劇の世界でロボットだからいいんだと思う。
戦国も戦場を自家用車で走るのがよかった


関連記事

  1. 2011/02/07(月) 22:09:21|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<PUSH 光と闇の能力者 | ホーム | [リミット]>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1709-134b5320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。