FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロッキー・ザ・ファイナル

【Rocky Balboa】ロッキー・ザ・ファイナル part2【第6作目】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169484803/


1 :名無シネマ@上映中:2007/01/23(火) 01:53:23 ID:2uWeky7X
前スレ
【いつまで】ロッキーⅥ【続くの?】
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1143701416/
従来シリーズのスレ
【イタリアの種馬】ロッキー2【エイドリアーン】
http://bubble5.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1145606824/

公式サイト
http://www.rockythefinal.jp/
http://www.mgm.com/rocky_balboa/

4/21から日本公開。


8 :名無シネマ@上映中 :2007/01/24(水) 08:45:53 ID:+mOSoyLD
昨日、見てきましたよ。随所に一作目へ目配せしたシナリオと演出、そして人物登場。
5作目はなかったことにしたいのかなぁ?
ロッキー4のあとでこれを見ても無問題な構成。個人的にはOKです。
おなじみのテーマ曲もつぼを押さえたお約束シーンで流れて非常に“分かってる”感がある映画。

10 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 09:59:07 ID:Gyl1GNw4
ラジー賞常連のスタさんだが、ロッキー・ザ・ファイナルは回避されたらしいな。
評論家受けが意外にも良かったらしい。

11 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:34:20 ID:Y7HuQyXP
OPはPART5の弟子殴ってるとこからスタート?

12 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 18:52:08 ID:rmjI/VKR
5の時のロッキーに倒された愛弟子の青年は、あの後どうなったか気になるのだが・・・
やはり、ロッキーにやられたショックでボクシングで活躍できず辞めてしまったのかな?
そうなると、ロッキーは自分が愛情を注いで育てた者を、ロッキー自らの手で才能の芽を摘んだってことか
裏切られたとはいえ酷だなー

14 :名無シネマ@上映中 :2007/01/25(木) 21:05:32 ID:G4okHRbh
>>11-12
5作目に関連したエピソードなんか今回まったく無いよ。
1作~4作目のあとに『ファイナル』を見ても無問題。
スタローン自身も興行的にふるわなかった『ロッキー5』の反省で
本作に取り組んでいる部分もあるし…。

15 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:33:39 ID:2/tYPMBV
ロッキー5は黒歴史とゆうことか。

16 :名無シネマ@上映中:2007/01/25(木) 21:42:13 ID:ynaJegIQ
アポロの存在が無になってるのは何故なんだぜ?

18 :名無シネマ@上映中 :2007/01/25(木) 23:10:51 ID:vWTrA0ZK
>>16
アポロの名前を使う権利が高額だったらしい。
低予算だから諦めたと前スレにのってた。
だから別に無かったことになってるわけじゃないよ。

25 :名無シネマ@上映中 :2007/01/26(金) 16:25:23 ID:X/8kTxV0
>>18
「アポロ・クリード」って名前にも権利があるのか…
スライが考えた名前じゃなかったのかな?
しかし、同じシリーズなのに何か切ないというか、ホンマ、権利ってややこしいな。

26 :名無シネマ@上映中 :2007/01/26(金) 18:46:02 ID:rmBoIll8
アポロ問題は映像の再利用の話。
会話でなら名前出てきたぞ。

別に役者がギャラふっかけたとかじゃないよな・・カール!

42 :名無シネマ@上映中 :2007/01/27(土) 16:17:44 ID:e6cpRL4y
試合はタイトルマッチじゃなくて、ノンタイトル10回戦なんだね。
試合のシーンも、ボディで詰められるとクリンチしたりとか、
ありえないビッグパンチの応酬だった4に比べて本物のボクシングっぽいな。

43 :名無シネマ@上映中 :2007/01/27(土) 19:18:54 ID:qxhzVYF8
腕を痛めたから、チャンプとやりあえたってのが現実的だな

50 :名無シネマ@上映中 :2007/01/29(月) 01:25:22 ID:50f8FxBD
試合のシーン、細かく見て行くと結構面白いな。
ロッキーのフックをスナップアウェイでスカしてカウンター打つとか、
ジャブ打つときにフェイクを入れるとか、ディクソンが色々テク使ってる。

57 :名無シネマ@上映中:2007/01/30(火) 21:27:51 ID:4txdX86p
ロッキーが叩いた後の肉は柔らかそうだな、食べたい。

58 :名無シネマ@上映中 :2007/01/30(火) 22:21:23 ID:ZUhp7lMO
>>57
肉が、痛むぜ

129 :名無シネマ@上映中 :2007/02/14(水) 00:09:17 ID:iT6gAG1k
ロッキーばバーでマリーと再会するシーンで
近くに住んでるの?というロッキーの問いかけに
『バッディ(?)ブロックス』とマリーが答えて
ああ8ブロックかというシーンがあるんだけど、
あれはどういう意味なんでしょうか?

130 :名無シネマ@上映中 :2007/02/14(水) 01:03:14 ID:/kaqqizO
>>129
日本の住所で言う「番地」みたいなもんかな?
アメリカでは1ブロックは約100メートルの正方形(正方形はいいすぎだが)に区切られてて、ブロック単位で名称がある。
だからマリーは、8ブロック先のバッディ・ブロックスというブロックに住んでるってこと。
距離にして約800メートル。歩けばそれなりの距離。

アメリカはブロックとストリートで地図を見るから、そういうサイト見とくと勉強になるかも。

131 :名無シネマ@上映中 :2007/02/14(水) 08:44:19 ID:iT6gAG1k
>>130
レスどうもありがとう

あと肉屋をクビになったポーリーが酔っぱらって
エイドリアンズにやって来るシーンで
『予約はありますか?』と聞かれて
『俺はインディアンじゃねぇ』と答えて笑うシーンが
あるけど、あれはどういうギャグなんでしょうか?

301 :名無シネマ@上映中 :2007/03/19(月) 04:03:37 ID:3ND+PFBd
記憶違いでなければだけど、そこはたしか
マリーが「予約は入れてますか?Do you have a reservation?」って言ってて
ポーリーが「なんだい俺は気の狂ったインディアンかい?Do I look like a freaking Indian?」って返してる。
つまり、reservationを「予約」と「(インディアン)特別居留地」に掛けたジョーク。

240 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 12:57:26 ID:XH7xnp8Y
なんかストーリー的に盛り上がりにかける気がした。
個人的にはまだ5の方が楽しめた。
まあそれでもロッキーファンなら普通に楽しめる作品かな。

241 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 19:56:08 ID:7g95MTTd
本編はまぁ、ふつうに良い映画だったな位だけど、クレジットが流れる横で坂駆け上がったり猫パンチ繰り出す
フィラデルフィア市民の皆さんを見てたら涙出てきた。アメリカ人の服のセンスはヒデェとか思いながらも、犬っころも楽しそうで。

242 :名無シネマ@上映中:2007/03/04(日) 20:34:54 ID:o9dWSSyg
オヤジ世代には良い映画になりそうだな。
おいら自身まだそんな年代じゃないからあんまり感情移入できないけど
映画は良く出来てカメラセンスの良かったと思った。
スタローン才能あるなと思った。



253 :名無シネマ@上映中:2007/03/11(日) 18:47:47 ID:pWvdWLz1
Aliでフレージャーを演じたジェームズ・トニーもそうだったけど、相手ボクサー
役のターバーの演技がなかなかうまく、全く違和感がない。もっとも、本職が
本職だけに、普段から被っている部分もあるかもしれないけど。ボクサーとして
のターバーも実際あんな感じだし。

254 :名無シネマ@上映中:2007/03/11(日) 20:17:33 ID:kIw+0jgg
ターバーて,今現在も世界チャンプなの?

255 :名無シネマ@上映中 :2007/03/11(日) 20:59:30 ID:Enxizh8F
チャンプじゃないよ。
ロッキー出演後の最初の試合で負けた。
やっぱね、ボクサーは引退するまで余計な事しちゃイカンな。

今更だが、6の対戦相手はホリフィールドで見たかったな。
面構えは最高の敵役。アメリカではスーパースターだし。
ま、ホリはもう若くないから今回のストーリーにはそぐわなかっただろうけど。

677 :名無シネマ@上映中:2007/04/14(土) 22:13:00 ID:uHV+DfbH
しかしヘビー級チャンプの役にライトヘビーの選手使ったもんだから、
あんまり強く見えないんだよなあ。
ドラゴのラングレンやラングのミスターTは凄い強そうだったのに、
今回の敵はあまりに迫力不足。

682 :名無シネマ@上映中 :2007/04/14(土) 23:04:19 ID:En9QIoIp
今までの対戦相手と比べると、なんだか無個性だったね
実力あるのに認められず、周りに振り回されるというキャラでは止む無しかも知れんが
どうにも初代の焼き直しの印象がぬぐえなんだ

271 :名無シネマ@上映中 :2007/03/14(水) 01:23:56 ID:/zJY1ako
それにしても、整形は失敗してるよな。
普通に老いて味のある役者を目指して欲しかったな。



272 :名無シネマ@上映中:2007/03/14(水) 12:24:26 ID:4TouJdYj
スタローンの顔パンパン
たるみを取るのにむくんでる…

頬がこけたシワのある顔でも良いのに

273 :マークパンサー :2007/03/14(水) 19:51:09 ID:2MGuJt2i
>>271
違うよ、全然ちがうよ、失敗じゃないよ。
ジャンポール・ベルモンドに憧れて、あんな感じに手術したんだよ。

207 :名無シネマ@上映中 :2007/02/22(木) 22:53:48 ID:cvt1VkrW
ロッキー・ザ・ファイナル公開を記念して
フィラデルフィア美術館の正面階段をロッキーの如く駆け上がるオフがないかなと思うものの
わざわざ駆け上がる為だけに、アメリカまで大枚叩いて行く酔狂な椰子など
殆どいなくて無理だろうなあ・・・

208 :名無シネマ@上映中 :2007/02/23(金) 00:01:33 ID:0o005pKD
フィラデルフィア市民の日課だよ

209 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 13:36:52 ID:C7NQGWcQ BE:803267377-2BP(0)
俺がフィラデルフィア在住であれば、ランニングのコースにあの階段を組み入れるけどな。
羨ましいよ。フィラデルフィア市民が。

299 :名無シネマ@上映中 :2007/03/19(月) 01:49:24 ID:3ND+PFBd
>>207
エンドロールでやってたな。黒人おばさんの巨乳ゆさゆさに萌えた。

302 :名無シネマ@上映中:2007/03/19(月) 05:17:38 ID:FWJVMlRs
マリーって実は5作目に登場する予定だった。
しかも1作目でマリーを演じてた女優が再演して・・
撮影はされたようなのだが、最終的にはカットされた模様。
ソースはimdb。

325 :名無シネマ@上映中:2007/03/21(水) 12:12:09 ID:HZzxK+1u
この映画の中のロッキーの設定年齢は何歳なの?
それとこの対戦相手は八百長で実力はない選手なの?
あと試合でロッキーは相手をもろに押して突き放してコーナーに
もっていってるみたいだけどこれ反則じゃないの?

326 :名無シネマ@上映中:2007/03/21(水) 13:25:08 ID:H6/lx4rs
>>325
ヒント:ロッキーは元チンピラ。昔からあのファイトスタイル。ロッキーは決して絵に書いた綺麗なボクサーではない

328 :名無シネマ@上映中 :2007/03/21(水) 16:22:50 ID:Drl3IlIT
>>325
>この映画の中のロッキーの設定年齢は何歳なの?
対アポロ第一戦 30歳
  ↓
タイトル奪取後3年間で10度の防衛
  ↓
対グラバー戦 33歳(?)
  ↓
対ドラゴ戦 34歳(?)
  ↓
 引退

引退後十数年とトレイラーには書いてあったはずだから、50歳前後か?

>それとこの対戦相手は八百長で実力はない選手なの?
無敗、かつWBA・WBC・IBFの他、
ロッキーがかつて所有してたチャンピオンベルトも
保持している所をみると、かなりのツワモノである事はうかがえる。

>これ反則じゃないの?
プッシングは本来反則だが、プロの場合かなり甘めに見てとられる。
過度の行為でなければ、大概の選手はやってる。
ロッキーの場合は、まあ映画だから。

329 :名無シネマ@上映中:2007/03/21(水) 16:28:03 ID:cOul4VrW
ラストシーンでロッキーが
フェイドアウトで消えていくのは
夢落ちを意味してるのか?

330 :名無シネマ@上映中 :2007/03/21(水) 22:00:07 ID:rcBIlPdD
>>329
個人的な解釈としてだが
1.彼はボクシングという長く戦った舞台から去り
 残りの人生を亡きエイドリアンや仲間達との思い出をかみしめつつ
 一人の平凡な人間として終えていったという意味合いを
 敢えて字幕でなくフェードアウトを使ったストーリー上での表現しているの事
2.観ているロッキーのファン達に対し、長きに渡ってヒーローとしてあり続けた「ロッキー・バルボア」が
 この作品を以って完全にスクリーンから消えるという「架空ヒーローとしての完全引退」を
 言葉ではなくフェードアウトを使う事で感謝の言葉とした
という様に思える

もっと言えば
最後の最後こそ綺麗にカッコ良く消えていく事で
観続けてくれた人々に「永遠のヒーロー:ロッキー・バルボア」として刻まれる為の
最高のラストシーンとして、この様なやり方で締めくくったのではないかと推測するなあ

438 :名無シネマ@上映中 :2007/03/27(火) 22:33:40 ID:qGQ8iKGl
コップランドのとき髪減ったなって思ったんだけど
増えたね

439 :名無シネマ@上映中:2007/03/27(火) 23:10:57 ID:XOtUWDRp
地毛じゃないでしょ
髪質が昔とぜんぜん違う
デイライトを観たときあれっ?と思った
顔もいっしょにシワ取りしてそう

スタローンは植毛しているとか…

457 :名無シネマ@上映中:2007/03/29(木) 12:44:29 ID:E1O+WgZ7
CM観ただけで泣けてたんだけど実際に試写会で観たら泣ける程でもなかった。
練習時間があまりにも短かったのが原因ではないかと思う。
復帰を決意してから試合までどう見ても1年もなかったように思う。
引退してから少なくとも10年も経った人が現役チャンピオンにそれだけの
準備期間で戦うのはいくら映画といえども現実離れし過ぎてる。
引退してからも復帰を夢見て秘かに練習を積んでいたシーンがあれば
もう少し感動出来たかもしれないが庭先でチンニングを数回やる位ではちょっと・・・
昨日dvdが届いたので、また改めて観てみようと思う。

492 :名無シネマ@上映中 :2007/04/01(日) 01:04:34 ID:y1o4d0Ik
「ネタばれありね」

確かに、>>457 の言い分はよくわかる。
俺も予告編ではうるうるだったから、試写会で見る前はもっと泣くだろうと思った。
けど、試合はそんな感動的じゃなかったな。
それより、ポーリーの前でエイドリアンを思って泣くロッキーのシーンで泣けた。

練習時間もそうだけど、なぜロッキーが突然試合をしたいと思ったかの動機が
弱いというか、見当たらない。強引に探せば「エイドリアンを忘れるため」とか、
「息子を勇気付けるため」とかあるかも知れんが、金に困ってるわけでもないし、
ちょっとテレビでたきつけられた程度だし、第一自分から始めるとかいうのがね。
チャンピオンが挑発して、挑戦をうながすプロモーターがいて、しょうがなく・・・
の方が良かったかも。あと、シミュレーションで結構ロッキーの味方多すぎ。
チャンピオンが嫌われすぎ。4の時みたく、下馬評では完全に不利だったのが、
最後には・・・って方がもっと感動出来たろう。誰もがすぐ負けると思ってたのにってね。
でも、音楽やロケ地など押さえるところは押さえてて、ファンには大満足な出来だと
思うよ。観に行って損は無い映画だよ。

493 :名無シネマ@上映中:2007/04/01(日) 09:33:25 ID:u5mdETTh
映像特典にもうひとつのオチが入ってた。
どちらにしても非現実的過ぎるから、結果はどうでも良かったように思う。
>>492 が言うように練習時間の短さに加えて動機が今までの作品と
比較して弱かったように思う。
でも劇場公開したらまた必ず見に行く。

509 :名無シネマ@上映中 :2007/04/02(月) 16:52:10 ID:apoEA/nm
妻に先立たれるのは想像以上に辛いと聞く。
ロッキーがリングに立つ動機は一種の自殺願望があったのでは?
(未見ですけど)

510 :名無シネマ@上映中 :2007/04/02(月) 21:25:06 ID:VMVleLoh
実際のとこ理由なんて無いと思うよ。
格闘家って基本的に戦う事自体が好きだから、
一度引退してもまた復帰する選手って多い。

511 :名無シネマ@上映中:2007/04/02(月) 21:51:14 ID:SQebJV6D
自分が自分であり続けるために戦う、ってかそんな感じでしょ。
それによって周りの人たちも救われて・・・また不良少女が救われたw

本編ラストみたいに皆に祝福されて去って行くって感じの「ザ・ファイナル」になっていてファンとしては本当に良かった。

495 :名無シネマ@上映中 :2007/04/01(日) 13:53:46 ID:2j5XUOr/
一番いいのはエンドロール
フィラデルフィア庁舎の前で観光客がロッキーの真似をしてピョンピョン跳ねてるところ

522 :名無シネマ@上映中:2007/04/04(水) 14:35:39 ID:msQ++YEE
495に同感。エンドロールが一番良かった。不完全燃焼な駄作。
他は見るとこ無し。

ジョーのように真っ白に灰にならんかい!

567 :名無シネマ@上映中:2007/04/07(土) 18:16:04 ID:ph/x1l51
ファイナルはシリーズファンにしか向かない映画だよなw
試合のショットはスカパーでたまに映る海外の格闘技の映像見てる感じ。
1~5の演出過剰の闘い方よりよっぽど人間的な闘いだった

571 :名無シネマ@上映中 :2007/04/08(日) 16:53:27 ID:WbIDx5Kf
>>567
リング上での場面はどうでも良いのだよ。
良くも悪くもあれがロッキーだから。

最悪なのは、トレーニングの過程が描かれていないこと。

いくらロッキーとは言え、非科学的なあの程度のトレーニングで
現役復帰はあり得ないだろ。

人間描写でも、あの息子の急変ぶりはなんだ?
あれじゃ、ただの馬鹿だろ。

言わずもがななのだろうが、ロッキーファンにしか楽しめない映画だな。

590 :名無シネマ@上映中 :2007/04/09(月) 19:44:04 ID:KaPt2aTR
とりあえず、生卵飲んだり、肉叩いたりしてくれただけで十分だ。

639 :名無シネマ@上映中 :2007/04/12(木) 22:01:37 ID:s895DQJg
試写会見てきた。今までのロッキーのような自分中心の世界から
次世代への訓示に世界観が変わってる。
見る世代によって評価が割れるだろうな。俺はうっかり涙流してしまった

641 :名無シネマ@上映中:2007/04/12(木) 23:10:20 ID:AT5DSTvM
小さい頃からシリーズをずっと見てきた自分にとっては、
なんか同窓会みたいな気分で見る事が出来た。
単純な内容だけど、やっぱりいい気分で見れた。
最後のエンドロールを見て、原点はこれなんだよな。みた自分もこれがやりたいんだよな。
ってそんな気分にさせられた。
ハッピーエンドでよかった。

667 :名無シネマ@上映中 :2007/04/14(土) 20:23:37 ID:mO3d2MzD
今日見てきた
老いたスパイダーや成長したマリーの登場はロッキーの歴史を感じさせて良かったんだが
マリーの息子のステップと犬のパンチーは要らなくないか?続編あるなら別だけど…
息子の方は「ロッキーもマリーも子持ちで独り身」って設定を作るうえで要ったのかもしれんが、
レストランで働かせたり云々してやる必要あったのか?っていう
犬の方は一緒に階段上るシーンが撮りたかっただけじゃねーのって感じだし
それを言うとマリーもエイドリアンがいなくて代わりに女性キャラを出したかったってだけっぽく見えるが…
まぁそういう所含めて全体的にはロッキーシリーズの懐かしい雰囲気を楽しめて嬉しかったわ
ファイナル含めた完全DVDBOXが発売されたら買う予定

669 :名無シネマ@上映中 :2007/04/14(土) 20:46:31 ID:3yPLHTEX
面白かったけど、スパイダーって誰でしたっけ?

670 :名無シネマ@上映中 :2007/04/14(土) 20:54:18 ID:OmpjoIrN
1で最初に戦ってた相手

685 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:06:05 ID:aeO6tKCs
ロッキー・ザ・ファイナルというよりポーリー・ザ・ファイナルとかロッキー息子
・ザ・ファイナルでも通じる話だよね。
どちらも会社員→ニートだから・・・

686 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:07:05 ID:s3dlmFph
説教された息子が会社をしっぽを巻いてやめたのは
それリアクションする方向が真逆じゃねえのか?って思ったんだけど・・・



689 :名無シネマ@上映中 :2007/04/15(日) 00:19:13 ID:thrg2E9f
いま観て来ました。
ビル・コンティの音楽を聴きに行くのだ!と、斜に構えて
怖い物みたさで行ってきたような所があるんだが、不覚にも持っていかれてしまった。

素直じゃない俺には真正面から向き合えないような、恥ずかし過ぎる台詞の数々が身に染みちまった。

リング入りの時の選曲にも泣かされたな…フランク・キャプラの「波も涙も暖かい」から、
挿入歌・準主題歌の「High Hope」(ちなみに主題歌もむちゃくちゃエエんやが…)、
フランク・シナトラが哀愁ただようダメ親父を好演して、負け犬人生でもまだまだ終わらねぇぞ…って
キャプラ晩期の人情喜劇。(その当時シナトラは映画スターとしては既に落ち目になっており、
監督のキャプラも第二次大戦に従軍し現実の余りの過酷さにショックを受けて、キャプラ・タッチと
呼ばれたスタイルでそれまで得意としてきた軽妙なコメディを思い通りにとれなくなっていた)

恥ずかしいことを、恥ずかしがらずに言えるのが漢だな、と感動した…トシだな俺もorz

691 :名無シネマ@上映中 :2007/04/15(日) 00:34:26 ID:ufrIBYfE
今みてきた。
俺は1以外は糞房。

ドラマ部分はグッド!ロッキーやさしいね。
こんなおやじになりたいよ、ってシーンが多々あり、
自分にとっての名作になる予感がプンプン臭った。

試合前のディクソンの台詞(怪我させたらうんぬん)も完璧。
マイケルバッファー、ジョーコルテズの出演にもにやり。
試合へのお膳立ては申し分なし。

ときて試合のシーンは糞。3、4路線。
スコボコに殴られ耐えるロッキー、
とか1のような消耗戦を観たかった。
かっこわるいロッキーが観たかった。
かっこわるいことはかっこいいんだよってロッキーを見せてほしかった。

まぁいいや。ディクソンはライバルがいなくて不人気ってことで、
ロイジョーンズですかね。

692 :名無シネマ@上映中:2007/04/15(日) 00:34:53 ID:2LL1u1GP
最初ただめしくいにきてただけのスバイダーがこっそりスタッフになってるのにフイタ
エンドロールもイイ。チャンプがちょっとショボい感じだけドロートルと張り合うんだからこれぐらいがイイ2か。
ほんとにこれでファイナルならかなりイイかも

706 :名無シネマ@上映中 :2007/04/15(日) 02:18:40 ID:vZA1knTZ
しかし今回のスタ=ロッキーの演技は本当に魂が篭ってるね。
肉屋でエイドリアンへの思いを語るシーンは、本当に胸を突かれた。
もしかしたら、偶然演技中に涙が出てきちゃったのでは?って
勘ぐってしまう位、自然で説得力があったな。
妻を亡くした男の情けなさが本当に良く出ていた。

724 :名無シネマ@上映中 :2007/04/15(日) 18:36:08 ID:zyb/F8sX
先行観てきた・・・不覚にも泣いた。
ポーリー相手にロッキーが感情が溢れて泣き出すところでまず一回目。
息子に説教かますところで2回目。
特訓シーンでいつものテーマが流れだして3回目。
試合が終わって花道の中去っていくロッキーの勇姿に4回目。
もちろんラストでロッキーの姿が消えていくところで5回目。

誰が何て馬鹿にしてもロッキー好きの俺にとってのロッキーの映画だった。
まさにロッキー好きの俺に為にスタローンが用意してくれたボーナスステージ。

750 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 01:06:41 ID:tXvpPcCd
対戦相手の黒人の若造は疑惑のチャンプって呼ばれてる設定みたいだが
亀田のような存在と思っていいのか?→八百長チャンプ


あと、ロッキーは、親切にしてた女に惚れてたから店に誘ったりあんな親切にしたのか?

今回のテーマは「過去(エイドリアンや昔の栄光)を引きずってないで歩き出せ!」って感じでOK?

だから試合に挑戦したし、女も口説こうとしたってことでOK?

751 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 01:24:02 ID:z2TUBOF9
八百長チャンプはトミーとかトミーの前のチャンプじゃね?
まぁアイツ等は弱い奴としか戦わなかったってのと、プロデューサーの判断でカード組んで踊らされてた感じだけど
亀田は明らかに本人も対戦者もレフェリーもグルだから、それに比べりゃまだマシだけど

今作の敵が疑惑云々でブーイング受けてたのは
現役ボクサーの中では群を抜いて強いから誰と戦っても勝負にならなくて見ててツマランとかって理由じゃね?
この時代だから無敗のチャンプになれただけで、もし全盛期のロッキーとのカードが組めればその記録も怪しいもんだって感じで

752 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 01:29:51 ID:syNGxVX+
>>750
> ロッキーは、親切にしてた女に惚れてたから店に誘ったりあんな親切にしたのか?

1の話は知ってるか?
昔、ぐれてた娘に注意したところが、今や立派な大人に成長してたのが嬉しかったからじゃないか?
マリーは君が言ったようなことと初めは勘違いしてたようだが。

757 :名無シネマ@上映中:2007/04/16(月) 01:55:46 ID:tXvpPcCd
あの子マリーってんだっけ?

俺はマリーに恋心を抱いたんじゃないかなって思ったけど・・。
マリーに親切にする姿なんかはエイドリアンを口説いた時に似ていないかい?
口下手なロッキーが凄く積極的になるあたりとか。

正確なセリフ忘れたけど、試合がしたいってロッキーがエイドリアンの兄に話した時に
「俺の中の野蛮な血が騒ぐんだ」っていってたよね?

俺はそれは試合だけじゃなく、あの女も欲しいのかなって思ったけど。

もちろんエイドリアンは愛してるが。

758 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 01:58:09 ID:JfnXWod5
オレはきっとこの後、ロッキーとマリーの距離は近付いていくと思ったよ。
勿論嫌らしい意味じゃなく、エイドリアンへの思いを乗り越えて
新しい生きがいを見出すんだろうなって意味で。
その辺を露骨に出さず、微妙なニュアンスで匂わす
今回のスタの演出は本当に上手いと思う。

766 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 02:34:40 ID:8tr/Uzgo
マリーの役どころってのは確かにむりやりラブロマンスも付け足しとくか?みたいな部分もあるのかもしれないけど。
俺的には最愛のエイドリアンが死んで、ジュニアは俺から離れていった。
結局おれの今までの人生ってなんだったんだ?と苦悩してるロッキーに
過去の何気ないお節介だったけど、そんなことでもそれがきっかけっで一人の少女が立派に成長している。
なのにとうの俺はなにやってるんだ?いつまでも過去にひきづられて明日に向かってなかったと気が付き、
過去を乗り越えるにはやはり俺にはボクシングしかないだからボクシングをもう一度やるんだ
ということへの動機付けの一つと思ったけどなー。

エイドリアンの写真を渡してあげるのは、
エイドリアンとのことを無理して過去にすることなんかないわよ。と
ロッキーに諭してあげたってことなんじゃないの?

767 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 02:51:00 ID:JfnXWod5
>>766
同意。
何にしてもやっぱりこの映画の主役はエイドリアンなんだよ。


関連記事

  1. 2008/08/08(金) 19:38:25|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<海猿  | ホーム | バットマン ビギンズ>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. |
  2. 2017/07/18(火) 15:20:30 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/170-cce6234e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR