FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

しゃべれども しゃべれども

http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1180168829/


1 :名無シネマ@上映中:2007/05/26(土) 17:40:29 ID:MsjZqVXN
映画作品・人
しゃべれども しゃべれども 気持ちを伝えられず
しゃべれども しゃべれども “想い”に言葉は適わない
しゃべれども しゃべれども 伝えたいことは ただひとつ
何かを 誰かを 「好き」という想い ただ それだけ


1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を
『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞を受賞した平山秀幸監督が映画化。

なかなか腕が上がらず苦しむ落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の元に通う人たちの、
東京下町を舞台とした心温まる人間模様を描く。

監督 平山秀幸
原作 佐藤多佳子
脚本 奥寺佐渡子
音楽 安川午朗
出演 国分太一 、香里奈 、森永悠希 、松重豊 、八千草薫 、伊東四朗 他

07年5月26日(土)、シネマスイッチ銀座、新宿武蔵館、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー

公式
http://shaberedomo.com/


6 :名無シネマ@上映中 :2007/05/26(土) 18:28:33 ID:cAcgGXbT
公開初日なのに、なんでこんな過疎ってるんだw
いま見て来た。シネコンで2/3くらいの入り。年齢層高め。
なかなかよかった~。
劇的な感動でもなく、ユルユルでもなく、
ほんわか温かくなれる。
十河はイマイチだったが、三つ葉の火焔太鼓、上手かった~。
湯河原の解説っぷりも、いかにもって感じでよかった。
子役!枝雀節炸裂でウマすぎ!
最後のシーンはちょっと余計な気もしたが、
見終わった後に元気をもらえる映画だった。
パンフは内容薄くて、あまりおすすめできない…。
もっと撮影や落語稽古の裏話とか、読みたかったのに…。

7 :名無シネマ@上映中 :2007/05/26(土) 19:01:47 ID:rHt2s9OG
【コク分】しゃぶれどもしゃぶれども【カリ奈】


というスレを立ててもいいですか?

9 :名無シネマ@上映中 :2007/05/26(土) 20:03:19 ID:Rw5fqul6
原作ファンです。今日見てきました。
村林の子役は、初セリフシーンでちょっと違和感と不安を感じましたが、
どうも気のせいだったようで、それ以降は素晴らしい演技でした。
なかだるみも無く、最後まで楽しめました。

13 :名無シネマ@上映中:2007/05/26(土) 21:45:08 ID:LYTcKGTE
なぜか過疎ってるNE!
落語は興味なかったけどすごく面白かった
落語聞くのが趣味の人が結構いるって聞いてたけど、僕も聞いてみたくなったよ
元湯河原のバッティング指導の所が良い雰囲気だった
あと、村林GJ!!

23 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 00:19:58 ID:j9JR7MUu
ブランチで言ってたが、子役の子はオーデションの時『まんじゅうこわい』を完璧に演じたらしいね。
国分も左利きなのを右に治して頑張ったらしい。
明日みたら感想書きにくるよ。楽しみだ。

26 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 00:37:26 ID:54ooYLQI
今日見たけど、意外にも2回泣いた・・・。
なんでかわかんないけど、癒されたな。良い映画だったよ。国分も力んでなくて良かった。村林は天才だな。

31 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 03:59:11 ID:gcAz3+zy
なかなかいい映画でした
三つ葉の粋な感じがよかったね
香里奈っての全然知らないんだけどはまり役っぽくてよかった
生で落語を聞いてみたくなったよ

>>26
ネタバレになるからどのシーンか書かないけど、
俺も3回くらいググッときたよ

32 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 08:48:32 ID:7gG/7I4k
国分は演技も落語も上手かったなあ。
彼ほどの演技力あるならもっとドラマや映画にも出ればいいのにと思う。
バラエティばかりじゃもったいないよ。
ただ、彼の生徒たち3人はリアリティなし。
香里奈の演技力不足の所為か、あの女性のキャラがありえなく感じる。
なで肩、ヒョロヒョロの野球選手もありえんし、
子役も演技は鼻に付くだけで、言うほど上手くない。



36 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 16:40:19 ID:3LpHjHPx
感想
伊東四朗の落語がフルで聞きたくなった。

37 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 17:04:49 ID:Hpysb69P
タイガー&ドラゴンの西田敏行も今回の伊東四朗も熟練した喜劇もできる役者は落語家の役でも深みがでるね。多分ロビン・ウィリアムも落語巧いはず。


国分太一も最初の場面はただ暗記した落語を暗唱してるだけだったのが、
火焔太鼓を演じている時に本当に好きな落語に対するひたむきさがしゃべり口調や動きや汗で見てわかるようになってくるのが良かった。

しゃべれども しゃべれども 気持ちを伝えられず
しゃべれども しゃべれども “想い”に言葉は適わない
しゃべれども しゃべれども 伝えたいことは ただひとつ
何かを 誰かを 「好き」という想い ただ それだけ

国分太一が例え無言で落語をしていてようとも、落語が好きという想いが心に響くと思う。

39 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 19:04:08 ID:X8maEE0O
今日の昼観てきた、予想に反して若い層も多く七分入り結構客がいた。
最近の邦画トレンドの無理矢理登場人物殺して泣かせる系じゃないのが良いね。
やっぱりいい映画を観たいのなら邦画に限る。。。そういう映画でした。
でも誰にでもお勧め出来る映画ではないけど・・・自分が観たいと少しでも思ったのら絶対観た方が吉。

ただ国分の火焔太鼓は頑張ってワンカットで撮りきって欲しかったな。
そこまで要求するのは酷ってもんか?

41 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 19:15:31 ID:YrY2Xyoi
撮ったのは長回しの1回って見た。尺の問題なのかな(´・ω・`)
DVDで完全版を見たい。伊東さんのも国分のも。

43 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 19:27:20 ID:Le6a6X27
>>41
尺の関係でカットしたとABCラジオアシッド映画館の
監督インタビューで言っていた。

44 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 19:28:57 ID:z4HizLq2
今日の1時からの回を見てきました。
最後良い気分で映画館を出れる映画は久々だ。
最後どう盛り上がるのかと思ったがあああっさりと・・・
最後香利奈に惚れて、国分に感情移入しているから、抱きしめが足りんと思ってしまった。

>>37 多分ロビン・ウィリアムも落語巧いはず。

同意w

45 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 20:17:49 ID:3LpHjHPx
>最後どう盛り上がるのかと思ったがあああっさりと・・・
そうそう。なんか、とってつけたような感じだった。
まだ国分の胸に飛び込むほどの関係になってないんじゃないの?と思ってたし。

あと、前半のシーンでいきなり雨が降ってくるシーンはどうかと。
あまりにも唐突すぎやしないかと。

46 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 20:24:37 ID:YtwXUTWe
そういえば、雨がふりだした時、あの子供はどこへ消えちゃったの?
それが疑問。。

47 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 20:31:19 ID:KTyr3g8e
観てきた。
伊藤四郎の師匠ぶりは さすがだと思ったけど、
肝心の落語自体は二つ目程度のレベルかな?と、少し残念に思った。
台詞回しが どうしても、噺家じゃなくてコメディアンのノリなんだよな。



枝雀落語が前々から好きだったので、
子役で師匠の再現を見せられたのには、心底びっくりした。
つか、そこが一番感動できて笑えた。
DVDは買うつもり。特典には枝雀のまんじゅうこわいを入れて欲しいw

48 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 20:39:17 ID:j9JR7MUu
みてきた。
最近の泣かせよう泣かせようの映画じゃなくて、
笑ったりほろっとしたりで楽しかった。
最後のカリナとの抱擁はいらないと私も思った。
国分の着物姿、なじんでたね。
八千草さんや伊東さんもいい味だしてた。
子役の子はすごい!

>>43
確か国分も言っていた。
客はエキストラだけど落語を寄席できいてる人がほとんどで、
笑いどころもわかってるから一回通しでやるのは緊張したって言ってた。

49 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 21:34:32 ID:egieOWau
ゆすの歌はなんかイヤだった
古くさい

51 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 21:45:49 ID:YywRa+FI
ゆず好きだからよかったと思う\(^w^)/

53 :名無シネマ@上映中:2007/05/27(日) 22:56:15 ID:eIuGEfKC
伊東さんの師匠っぷりは流石だったが、落語に関しては
国分の方が歯切れが良かった。
自分は火炎太鼓のエキストラやったんだけど、圧巻だった。
DVDは絶対買う。

また映画のトラ来ないかな・・・。
TVドラマより撮りが丁寧で面白いんだ。

54 :名無シネマ@上映中 :2007/05/27(日) 23:10:58 ID:j9JR7MUu
>>53
国分は通しで火炎太鼓やったのか?
エキストラ羨ましい。
実際寄席にいる気分だった。

56 :53 :2007/05/27(日) 23:52:48 ID:eIuGEfKC
>>54
通しでやったよ、カットされててびっくりしたよorz
隣に座っていた同じくトラのお爺さんが頷きながら
感心してた。
DVDは全部収録されるといいな。

71 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 19:31:44 ID:ahZByF18
>>53
伊東四朗に関しては、途中で国分が言う「師匠は、ああいう人ですから」てセリフがあったし、
おそらく、ちょっと力のヌケたというか、そういうキャラ設定なんじゃないかと思う。
国分とはスタイルが違うんじゃないかと。

59 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 01:22:21 ID:8lxaejkx
噺家ってのは粋だね
粋じゃないとね
最後の抱擁シーンは不器用さが出てて逆にいいと思う
あの展開で「ウチくるか。」はなかなか言えないがそこが粋

60 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 01:45:01 ID:6ZbfgnK9
大きな波もなく無難にまとまってた感じ。
駄作でもないが傑作でもなく。
まぁ、一度見れば十分っていう映画。

61 :名無シネマ@上映中:2007/05/28(月) 06:31:00 ID:6DY0OG5I
伊東四朗がヘタというのが判らない.落語知らなすぎ。
古典をきちんと「江戸ことば」で話せるまともな噺家がいなくなっている。
伊藤の仕草、間合い。実際に落語を芸として観て学んできた人間だけができる演技。

74 :イヤンレンドル:2007/05/28(月) 21:29:01 ID:qaShkH91
 このスレでは評判良いね。俺はこの映画だめたった。下手な落語聴かされる
のは不快だわ。伊東四朗の喋りも下手、ガキの甲高い声も聞き苦しい。
 最後の火炎太鼓が何とか聴けるレベル。

78 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 22:59:17 ID:TJGateS6
映画は原作を良い具合に改変されてたとオモタよ。
特に小僧の噺の後からラストまでのところが。
でも、十河のツンデレ具合がもっとあってもよかったような。

三つ葉がもっと黒猫に惚れるために、お茶教室に通ってる
ハナシを省かずに入れるべきだ。
そんで、ラスト。もっとデレデレでもいい。
うわー、なんだこいつらwwwwwwwwwwって具合の。

小説読んでたとき、何度(本に)ツッコミいれたくなった事か。
映画はあっさり塩味って感じ。

あと、邦子は占部さんでもよかったんだけど、個人的に
岡本綾系の人のほうがよかった。というか岡本綾にしてほしかった。

79 :名無シネマ@上映中 :2007/05/28(月) 23:11:08 ID:OGjzx0l1
>>78

邦子ってさ、一応20代の設定だよ?
古風な女性ていったて、あんなオバサン臭くする必要無いと思った。
てか、あの人の実年齢も20代てのにびっくりした。



106 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 01:06:13 ID:6ILZgsjS
俺は弁当ほおばる時の三つ葉の表情がツボだったww

107 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 02:02:23 ID:TiyjGBy9
そのシーンのとき、TOKIOの4人が国分を見てるような錯覚に

108 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 02:07:51 ID:MxeXChgh
メントレかw

142 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 21:56:56 ID:tkPrDLHr
子役の森永くん、(役名忘れた)
上手な演技だって事が評判になってるし、これは俺も特に異議は無いんだけど、
よくよく思い返してみたらこの子は「関西から転向して来て、関西弁や阪神ファンって事で仲間外れ」
みたいな設定だったんだよね。それにしては初めから異様に明るい性格に描かれていたし、
何かの悩みとか持ってるように見えてなかった。本来なら時節柄、イジメとかに対する
一つの答えとして彼の姿を描く方が何かと心情的にも分かりやすかったような気がするんだけど、
なんか、単に芸達者な子役を配して、その演技の面白さだけを撮って終わりにした安直さが凄く
不愉快になって来たんだよな。



143 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 22:04:24 ID:eZMMpXdH
村林の描き方はアレでいいと思うけどな。
もともと明るい性格という設定だろうし、
いじめていたボスが笑った後、照れ隠しに帰ってしまうところも良かった。
落語がもとで和解してイジメも無くなりましたじゃああまりにも平凡だよ

144 :名無シネマ@上映中 :2007/05/30(水) 22:14:56 ID:7COB0cL0
>142
村林が初めから明るいのは、三ツ葉に村林が殴られて泣くシーンを見て、
普段から強がってる子だったのかと納得できて、そこはいいなと思った。
(殴られたことで、泣けるきっかけが出来てやっと泣けた)

152 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 00:14:24 ID:/2stnWUd
十河がほおずき市に行くからっていきなり浴衣を縫ってるのって話に無理が有り過ぎだな。

153 :名無シネマ@上映中:2007/05/31(木) 00:14:31 ID:OswdQGNQ
原作の湯河原や村林のエピソードは映画以上にクダクダで中途半端じゃね?
何回読んでもポイントがつかめないんだが…

自分は何より郁子のキャラに失望したよ
見た目も設定もありえねー
あんな郁子なら最初から要らん
代わりに幼なじみの良を出せばよかったのに

155 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 00:32:37 ID:KM/gvJg1
皆ラストに不満あるみたいだけど原作のラストはもっとラブコメだよ

>>153
郁子役は西田尚美か木村多江が良かった
黒猫と正反対の和風美人というのにぴったり

168 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 10:04:58 ID:xHFvkHhV
泣かせる東京タワーとはある意味対極というか
この映画、自らブレーキかけて泣かせないようにしてる感じがした。
以前本物の江戸っ子に会ったことがあるけど、すごい天邪鬼で
いい場面になると憎まれ口ばかり叩くんだけど、
そこがなんかさわやかでカッコよかったのを思い出した。

169 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 11:05:13 ID:qATFH/KF
キネマ旬報だったかのインタビューで、国分はみんなと別れるシーンで泣かないでほしいと監督に言われたと言ってたな。
自分は村林がごつんとされて泣いたときにつられて泣いた。

170 :名無シネマ@上映中 :2007/05/31(木) 11:57:34 ID:iqV9vjw1
生徒の3人が一緒に、でも少し離れ気味に帰っていく後姿
ちょっと出てくると言って彼らと逆の方向へ走り出す三つ葉

185 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 00:15:38 ID:TekLdfop
発表会で、湯河原さんにも見せ場を作ってあげて欲しかったナ。十川が来るまでの場つなぎに、
小話をやりかけるが上手くいかなくて、とっさにプロ野球漫談やったらオオウケ♪自信を取り戻す
みたいなサ~。

203 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 02:33:02 ID:YSY4NRvY
三つ葉が二日酔いで寝坊して走るシーンがなぜか好きだ
なんでだろう

206 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 07:03:28 ID:Qx1tgXAp
>>203
自分も好きだ。
予告でみた時は師匠か誰かを追いかけて走ってんのかなと思ってたんだけど
寝坊して走ってたからワロタwwww
走り方が草履を履きなれた人のようだった。

213 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 13:06:40 ID:X2pVDUOk
>>206
あのダッシュは、「車の速さに合わせて走ってください」という
指示で走ったらしく、凄く大変だったらしい。
下駄であそこまで走るのは、よほど履きなれている人じゃないと
難しいらしいよ。
芝居上も必死だけど、現実的にも必死だったからそれが
伝わってきたんじゃないかな。

231 :名無シネマ@上映中:2007/06/01(金) 21:03:15 ID:tk9ZBeUG
あの下駄で全力疾走するシーンは
一度、下駄が脱げたらよかったかなと思った。

236 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 22:50:33 ID:QMgq/Hgw
>>231
俺はパンを口にくわえたまま曲がり角のところで女の子とぶつかってそいつが転校生だと良かった

227 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 18:52:40 ID:1cRhQH/E
今日見てきたけど結構客は入ってた。ぎりぎりに行ったら中央はいっぱいで端の前に座らされた。
ところどころ笑いもあっていい感じだった
国文のキャラ設定が微妙。暴力的なのか優しいのか無口なのか愛想がいいのか最初がはっきりしない感じだからどう変わっていくのか分りにくい
香里奈はしゃべれないから男に振られたのか、男に振られたからしゃべれなくなったのか、とってつけたように国分と抱き合って問題解決なのか?
ガキは落語は驚くほどうまくやってたけど台詞は微妙、敵の子供とあれで和解できたのか?
野球選手はしゃべりの能力をあきらめてコーチになったら落語は関係ないじゃないか
三つ葉は生徒たちとの関わりで自分が成長するってのがテーマなはずなのに酒のおかげで上手くできたっぽい雰囲気になってなんだかなぁ
途中まではいい感じで来てたのにそれぞれの問題解決が微妙だからカタルシスにかける感じが惜しい。

238 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 23:00:16 ID:K+2lRX5M
>敵の子供とあれで和解できたのか

君は日曜のアニメでも見ていなさい

>問題解決が微妙だから
それこそが監督の狙い
実人生でんなすっきり問題が解決すれば誰も苦労はしない
それが分かってるから三つ葉も最後に「おまいら頑張れ」と
三人を送り出したんだろ
物語のラストの台詞としては異様だが、この作品にはあってると思えた
だからこそ船上の十河と三つ葉の抱擁が蛇足に見えて残念なのだが

240 :名無シネマ@上映中 :2007/06/01(金) 23:28:59 ID:8MqXd2bX
>>227
一鑑賞者の感想でよければ。長文スマソ。


> 国文のキャラ設定が微妙。
真面目すぎてカッとなる(序盤伊藤の「歯無しの噺家」、創作落語家とのやりとり等)タイプかと思った。
で、性格が真面目すぎるせいか落語も真面目だから面白くない→芽が出ない。

> とってつけたように国分と抱き合って問題解決なのか?
人ときちんと喋れない、って問題は解決してないね。抱き合う必要性もなさそう。
だけど、きちんと笑えるようになったのは大きいと思う。

> 敵の子供とあれで和解できたのか?
和解はしてないけど、きっかけは掴みましたって感じだと思った。友達もできてたし。
むしろ落語一つで和解ができたら、相手の立場も無くて薄っぺらくなりそう。

> 野球選手はしゃべりの能力をあきらめてコーチになったら落語は関係ないじゃないか
彼は哲学があって思ったことを喋らない人だったし、喋れるようになることが大切では無かったんだと思う。
村林や十河を見て頑張って何かを為すことを学びなおす。という役割だったのかと。

> 酒のおかげで上手くできたっぽい雰囲気になってなんだかなぁ
俺は4人との出来事や会話、トドメのケンカとお酒でふっきれて一皮むけたんだと思ったよ。
あの寝過ごすシーンまでに2時間近く(作中日数では数ヶ月?)の時間があるわけで。

> それぞれの問題解決が微妙だからカタルシスにかける感じが惜しい。
カタルシスは確かにないねー。むしろそういうのを求める映画じゃない気がする。
生きるのに不器用な人たちが集まった話だけど、死ぬまで生きることは続くんだから、
はっきりとした問題解決はしなくて良かったと思う。
「どうにかしたいと思ってる」人たちが、解決の糸口を見つけたり精神的に切り替えれたかな?
という程良さが好き。

251 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 01:35:26 ID:of5V2ecV
宮田くん(だったかな)と完全に和解する村林
話が上手くなって解説者復帰する湯河原
人とのコミュニケーションが上手くなってモデルデビューする十河

そんな出来すぎな話はいやだー

259 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 09:13:20 ID:xiz9LHnY
「太一」が作中で「達也!」(←ぐっさん)と
呼ばれているので、ちとニヤニヤ

260 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 09:23:21 ID:cnpMfV7v
で、湯河原さんの名前が「太一」なんだよねw

267 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 14:15:06 ID:dkWgNMYf
別々の方向に出かけていったのになぜか船上で合流
しかも船が走りだした後でどこから乗船?それともあの小さな船の中に隠れていたのか
船が思い出の場所ってわけでもないのに船上での抱擁という唐突さ

なぜ三つ葉の落語が上達したのかが分らない、酔っ払って喧嘩して寝坊して迎え酒したらたまたま上手くできたってことじゃ
不自然なまでに出来すぎた話。
古典好きで師匠を真似るだけから自分の芸にするってことに意味があるのにどう変わったか描けていない
国分の話が悪いわけではなく演出の仕方が悪い。

こういうのは出来すぎた話ではなく出来が悪い話としか言いようがない。

273 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 19:20:23 ID:DMkAYEmi
>>267
前半はちょっと同意。映画館で一瞬「なんでいんのさww」と思ったし、抱き合うのは蛇足な感じがした。
でもそこまでの関係でもないのに、思い出の場所で互いの気持ちを確かめ合う方が寒くていやだな。

後半は、迎え酒でたまたまなんて解釈をすることにびっくりだ。
これまでほぼ落語一本だった三つ葉が、兄弟子に小言言われながらも生徒達に向き合ったり
「あんたはどうなんだ」とか言われて、何も感じていなかったと思う?
何を感じたのかも懇切丁寧に説明しないと出来が悪いと言うなら、この映画には向いてないと思う。

276 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 20:07:16 ID:ZY+qfAgV
俺なりの解釈

三つ葉はずっと落語を練習してきてるんだが、気持ちに余裕がない
自分が話すことで精一杯
「しゃべるのが好きなんです!」
「じゃぁ、壁に向かってしゃべってろ!」と言われる始末

それが落語教室をするうちに、人の振り見て我が振り直せ、で
自分の今までの落語を客観的に振り返っていた(しかしそれは無意識)

それからも船で練習し、潜在能力が上がっていた
しかし、誰でもそうだけど、練習したからってそれがすぐ結果に出るもんじゃない

本番当日も遅刻はするわで、ガッチガチの状態
見かねて師匠が酒を勧める(冗談のつもり?)
すると肩の力が抜けて、ビギナーズラックとも言える状態でうまくいった
(たまたまうまくいったという表現も間違いじゃない)

本当は歩けるクララが、ハイジを追いかけようとして歩くきっかけをつかんだようなもの?

271 :名無シネマ@上映中 :2007/06/02(土) 18:54:32 ID:nI7msuvr
今日観てきた。
ラストがなぁ…個人的には三つ葉と十河は微妙な距離感のまま終わってほしかった。
でも普通に良い映画だとは思うけどね。
場内明るくなってから隣の女子高生が「最後どうなったの?二人結婚したの?」とか言っててポカーン(゚д゚)
あと「運命じゃない人」の宮田くんが出ててちょと嬉しかったw

293 :名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 00:17:44 ID:2a926EXk
>>271

「うち来るか?ばあさんいるけど」は自分も一瞬プロポーズしたのか?と思ったよ

300 :名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 00:34:23 ID:AJkmkpXP
ちょっとごめん。
バカにされるの覚悟で言うけど、

>>293

違うの?

301 :名無シネマ@上映中 :2007/06/03(日) 00:38:57 ID:2a926EXk
>>300

女子高生は多分、自分や300と同じ解釈をして「結婚したの?」
って台詞を吐いたんだろうね。見てなかったからじゃなくてその逆。

ちなみに違う。根拠は原作より。
もう一回うちに来てゆっくり話そうぜくらいのニュアンスだったと思う
デートならもっと気の利いたところに誘えばいいのになw>三つ葉

302 :名無しシネマ@上映中 :2007/06/03(日) 00:42:21 ID:AA4kfWZH
ラストの水上ボート「何で黒猫が来たの?」だけど
俺が思うにばぁさんが教えたんだと思う。
ばぁさんは三つ葉と黒猫の仲を察して(・∀・)ニヤニヤだったし。
というか、あれこれ想像したり妄想したほうが楽しくない?
全部、事情説明してくれてる作品ってちょっとなぁ…
ちなみに平山監督はラストシーンについて
「人がいると抱き合えない。だけど人がいないのも不自然」ってことで
水上ボートにしたそうだよ。

>>300
あれプロポース=結婚じゃないでしょ
原作と同じセリフだけど
「寒いから暖かい場所がいい」という黒猫に
「ウチ来るか?ばぁさんがいるけど」って流れさから
プロポーズというよりその手前の告白じゃない?
ラブコメ台詞に変わりないけどw

442 :名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 19:30:01 ID:Cm/uqWp4
みてきた!
キャストの事でちょっと。

関西出身の自分としては、子役のひっかかる関西弁にのれなかった。

あと伊東四郎も、最初の方のセリフでうさん臭さを感じてからもうダメだった。
どうしても役者だから付け焼き刃って感じがした。
ここは実際の大御所を起用した方がよかったんでね?
熟達した落語と言う説得力に欠けた気がしたな


国分はすごいよかった。
あれすごい練習したんだろうなぁ…落語をきいてみたくなった。
正直みなおした。支点力点の汚名を回復w ちゃんと仕事選べw


あとカリナ? もすごいよかった!
見てて苦しくなかった。元々の雰囲気があってたんだろうね。
野球のおっちゃんもバッチリだった。


薫おばあちゃんは、毒を吐くイメージにちょっとなじめなかったなぁー よかったけどね


まあ、肩の力を抜いて楽しめました。

444 :名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 20:16:49 ID:/fZCWRpJ
>>442
子役の子は関西出身だよ。
関東者の自分にはわからなかったけど、どこか変だったの?

445 :名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 20:21:51 ID:LQ/5FL+J
442「ちゃうわー、この関西弁。めっちゃ変やで」

446 :名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 20:47:41 ID:Uvk9g9bb
そうそう。
「めっちゃおかしいわ」って言う。

451 :名無シネマ@上映中 :2007/06/05(火) 22:22:52 ID:ZEkforE5
関西の子でも、両親が関東者だったりして家庭で喋ってないなら、ネイティブとは違うよね。
あとは地域差とか、脚本が関西人じゃなかったとか、セリフとして喋るからリズムが崩れたとか?
自分は関西じゃないから全然判らないけど、観てて気になる人は大変だね。

473 :名無シネマ@上映中 :2007/06/06(水) 20:47:42 ID:B7BJkM0o
一門会(火焔太鼓)のシーンは原作より映画の方が良かった。

例えば歌が題材の小説で、いくら「素晴らしい歌声」
と書いてあっても実際には聞けない。
でも映画ならそれができる。
映画で実際にノッてる噺を見た後だと、
師匠に褒められた時の達成感を観客も味わえる。
それだけでも映画にした価値はあるかも。
ただ国分が本当に上手くやらないと成り立たないので責任重大だけど、
見事に応えてたと思う。



あと火焔太鼓の映像って、フィルム独特の味が出てて好きだ。
なんか「大御所の若かりし頃の秘蔵映像が出てきた!」って錯覚に陥るw

492 :名無シネマ@上映中 :2007/06/08(金) 00:05:32 ID:qgDnMTRv
つーかさ


落語って笑えるの?


なんかいきなり火鉢やら道具屋やらいわれてもワケワカンネ

ファンヒーターやらリサイクルショップて言った方が分かりやすいよね?

ましてや小学生にしたらわけわかめジャネ?

宮田が笑ったのは失笑ジャネーノ

515 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 00:53:36 ID:aO5kFnAK
たぶん大方の人にはどうでもいい話だろうけど、
阪神が優勝した2003年より前に、
パ・リーグの試合を放送していたんだろうか?とちらっと思った。
(湯河原の兄の店のテレビで流れていた)
現役選手の映像を許可してくれた球団がロッテと日ハムだけだったのかな。

518 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 01:04:46 ID:PNb2tPjl
>>515
何でジャイアンツじゃないんだろうな、日テレ製作なのに。
由伸とかに対して「目が死んでる」なんて言わせられないのか?だったら心せまー。

とりあえず、湯河原に切り捨てられた日ハム森本はちょっと気の毒だったかもw

519 :名無シネマ@上映中 :2007/06/09(土) 01:06:58 ID:qZLxruwD
2ゴロを打ったひちょりが悪いw


関連記事

  1. 2008/08/05(火) 09:40:14|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バットマン ビギンズ | ホーム | 最高の人生の見つけ方>>

コメント

1 ■こんにちは。

ハカセと申します。
ブログ時々拝見させてください。
どうぞ、よろしくお願い致します。
  1. URL |
  2. 2008/08/05(火) 14:10:42 |
  3. ハ カ セ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2 ■こんばんは

ハカセさん、こんばんは。
ブログを見て頂いてありがとうございます。
更新へのパワーをいただきました。これからも頑張りますのでまた見ていただければ嬉しいです。
  1. URL |
  2. 2008/08/05(火) 22:56:34 |
  3. 江戸川長治 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/167-7e7fa77c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR