2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユージュアル・サスペクツ

 ■■■■ ユージュアル・サスペクツ ■■■■ 
http://tv.2ch.net/movie/kako/1017/10176/1017648228.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :カイザー・ソゼ:2005/06/04(土) 19:43:28 ID:olV06242
監督 ブライアン・シンガー   編集 ジョン・オットマン
撮影監督 ニュートン・トーマス・サイゲル
音楽 ジョン・オットマン
出演 ケヴィン・スペイシー、スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ

ある夜、カリフォルニアの埠頭で船の大爆破が起こる。
コカイン取引きのブツを奪おうとした一味と犯罪組織の争いが原因らしい。
生き残った男は、消えた大金についての尋問をうける。
全ては6週間前に遡り、5人の常連容疑者たちが絡んだある計画へと話しは進む。
やがてそこに、隠されたある一人の男の姿が浮かんでくるのだが・・。


4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/02 23:42 ID:nnv2w2Jt
もう、これ以上のサスペンスは出ないね。

6 名前: 投稿日: 02/04/02 23:46 ID:9Sm3CRvV
脚本はまあまあだけど、序盤から犯人バレバレなのが気に入らない。
ラストの犯人バラシで驚いていた友人が羨ましい。

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/02 23:48 ID:mmPaGFmk
思わせぶろうとしたんだけど、
真犯人以外が、あまり怪しくないんだよね。

10 名前: nanasi 投稿日: 02/04/03 00:14 ID:AZBGzxd9
あらかじめ犯人が意外な人って聞いてて「犯人探し」みたいな見方した人と
「ただのサスペンス映画」だと思って見た人は全然感想が違うんじゃないかと思う
ちなみに僕は後者で 最後にひっくり返ったね 「うわー」って

12 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/03 00:24 ID:Q3HajhML
>>10
何の予備知識も無く(ケビンスペイシーも知らなかった)
観たけど、すぐ判るでしょ、普通。
ありがちな演出。

13 名前: 10 投稿日: 02/04/03 00:28 ID:AZBGzxd9
そうかあ 僕が当時14歳だったからかなぁ 

28 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/04 04:42 ID:OX+aJulP
>>6
>>12
君達も騙されたくせに  ( ̄m ̄ )ププッ  ツヨガッチャッテ

16 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/03 00:36 ID:bdK1LmlZ

2ちゃんねる映画ブログ

犯人当てというよりはスペイシーの喋りを「聴く」映画だと思う。

17 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/03 00:39 ID:43HgiX5l
ある意味密室映画だな。

18 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/03 02:52 ID:q1QpYSIr
これを観たとき、自分が今まで観た映画の中で、最高の音楽と、カメラの撮り方だと
思ったよ。照明とか。
サブタイトルに「あなたは、騙しますか?騙されますか?」とあったので、注意して
観てた。で、犯人はカイザーか、カイザーに殺される男の(名前忘れた。)彼女だと思ってた。
最後の、ケビン・スペイシーの煙草をふかすシーン。(あったよね?)
ひゃーって、思ったよ。ベニチオ出てたのかー。気づかなかった。

20 名前: 投稿日: 02/04/03 03:06 ID:H2FcfRPU
カイザー [keyser] ドイツ語で「皇帝

ソゼ [soze] トルコ語で「おしゃべり」

ヴァーバル [verbal] 英語で「おしゃべり」

ヴァーバルはソゼのうわさ話の中で、「ソゼはトルコ人で、彼の父親はドイツ人らしい」と言っている。つまり、カイザー・ソゼという名前のヒントを自分自身で解説していた、ということなのだろうか....。

脚本家クリストファー・マックァリーが、かつて法律事務所で働いていたとき、カイザー・スメという名前の上司がいたという。ソゼの名のモデルはここにもある。

23 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/04 01:06 ID:b4UT8KPH
カイザー・ソゼならカコイイ。
が、スメはちょっと…age

132 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 16:28 ID:6V/6UeDl
この映画のキモは恐るべしカイザー・ソゼって事だと思うんだが。


カイザー・ソゼって言葉の響きがいいよね。

133 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 16:55 ID:+A+JsWO8
>>132
うんうん。
カッコイイ。映画史に残るキャラってことでいいよね。

99 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/09 15:09 ID:10rJM70t
初めて見た時はラストに鳥肌が立ち、2回目も充分楽しめた映画です。
正直好きな作品。

103 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/09 23:37 ID:/dQxhhVT
>>99
禿同!以下ネタばれあり(ま一応ね)


コーヒーカップの裏を覗き込むシーンとか取調室をじっと見回してるシーン。
あれ1回目見たときは何気なく見てたからぜんぜん記憶になくって
「え?小林陶器?なんでコーヒーカップの裏なの?」だったけど、
オチが分かって2回目見たときにあのシーンで「うをぉぉぉぅ!!」って感じで
鳥肌たった。

2ちゃんねる映画ブログ

さらに言うなら「ユージュアル」以前に見てた「最終絶叫計画」のラストの意味
がようやく分かって、俺的に1本で3回楽しめたのなw

100 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/09 20:20 ID:1ZNX7r3X
DVDで見たんだけど劇場に行かなかったのを激しく後悔した映画。

113 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/10 13:29 ID:CSTjxJ/F
脚本はクリストファー・マックァウリー
監督はブライアン・シンガー

どっちも凄いよねぇ。

129 名前:  投稿日: 02/04/11 01:10 ID:bfX4GY5I
こんなにラストで衝撃を受けた映画はないよ。
終わった後、放心状態。

映画観るときって、少し鈍感なほうがいいねw

130 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 02:52 ID:OoXbAghM
>>129
おれも推理ものとか観るときに犯人を探す習慣がない。
登場人物に感情移入をしすぎるせいか、主人公なりがわかったときにわかる。
だからこの映画を観ているときも
「ほうほう、こいつもソゼかも知れないんだな」程度の見方しかしてなかったよ。
それでも充分に楽しめる。騙される楽しみだね。
むしろ、犯人探しをする人は映画を楽しめるのだろうか?と思ってしまう。

134 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 19:00 ID:6VqwMkqE
これ最初に吹替え版で見ちゃったので
声(黒沢良)でしょっぱなからソゼ=ヴァーバルということに気が付いてしまったのですが、
これは正しい楽しみ方といえるでしょうか?

135 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 19:05 ID:5oSh+s2F
>>131
そうなの?見直さなきゃ。奥が深いなぁ。

140 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 02:06 ID:dLWDoGjQ
質問坊やでごめんなさい。ケビンスペーシーは、いったい何のために
あの事件を起こしたのですか。

141 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 02:38 ID:FnecIJFz
面通しの仲間を全員殺すためだよ。

144 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 13:00 ID:73Z/VOFH
>>141
違うだろ。
最大の目的は自分の顔を知っている密告者を殺す事。
ただ、その際に過去にカイザー・ソゼに不利益をもたらした
連中も一緒に殺してしまおうと計画したってことじゃないの?

この映画、見直すと本当に面白い。
捜査官につめよられたヴァ―パルが麻痺しているはずの
左手で振り払ったりと、ギリギリの線を見せている。

特別版DVD早くでてくれないかな~ コメンタリーが聞きたい。

145 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 13:27 ID:MOuGXbV2
懐かしいな、、すぐに観返した唯一の映画だよ、、
こういう騙され方ってもうないんだろうな、、
スティングも驚いたけど、、たしかにたくさん映画観てる人は
つまんねー最初っからわかりきった糞映画っていうのかもしれないけど、
おいらにはサスペンスっていうジャンルに興味を持った最初のものだから
忘れられないね、ケビン・スペイシーとか出演者も素晴らしい。
アルビノ・アリゲーターとか交渉人もよかった。今、真夜中のサバナ観てる。

147 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 14:24 ID:ZMokrH+J
>>145
いやいや、たくさん映画を観ていたってあれは驚くよ。
スティングもそうだったけど映画の手法としてのトリックというのが
見せ所なんだからね。
楽しい映画ですよ。

154 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 18:00 ID:k+060Q4D
ヒッチコックに言わせれば、この映画は反則らしいね。
事件の時のヴァーバルからの視点なんかを映像にしているので。
漏れも見ながら、ズルイだろ、コレは!って感じだった。

157 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 19:24 ID:HSYlR5YE
>>154
違うでしょ。ヒッチコック自身『舞台恐怖症』という映画で
これと同じような事したけど、それは失敗に終わったんだから。

それを成功に導いたブライアン・シンガーは
一瞬だがヒッチコックを超えたといっても過言ではない。

161 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 20:25 ID:sx/lBEu/
この映画で一番面白いのはカイザーの手や足が
どんどん治って(演技をやめる)いくラストの歩行シーン。

162 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 21:02 ID:IyY+omrZ
>161
そーだね。オレは映画館で見てたけど思わず立ち上がって叫びたくなったよ。
それもウソかよ!?ってオモタ。

あとやっぱ>>132も言うようにカイザー・ソゼって名前。コレに尽きる。
映画見た夜、風呂に浸かりながら
「カイザー・ソゼ、カイザー・ソゼか・・・」
って言ってたら外に響いてたせいで後で家族に小一時間問いつめられたし。

163 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/12 21:13 ID:sx/lBEu/
で、この映画で一番カッコいいのはラストの

「カイザー・ソゼは凄い奴だ。自分の存在を謎にした。そして・・・フッ…消えた」

このエンドロールの流れの部分が絶妙ですね。「フッ」と「消えた」の間で
画面はブラックアウトするところなんて特に。いやぁ痺れました。

368 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/29 14:09 ID:brreqXgp
この前ビデオ借りたらラスト5分のあたりの映像が、
少しおかしくなり始めてた。
これ観た人はみんなラスト5分を巻戻したんだな、
となんとも嬉しくなった。

700 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/09 06:54 ID:g7it9pDt

2ちゃんねる映画ブログ

あと5分得意げにダラダラ話してたら、FAX届いちゃって捕まってたよな。

702 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/10 00:54 ID:vXNX996F
700↑ワラタ

705 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/11 14:39 ID:aOqbp7kI
なんで体不自由なフリしてたの?

706 名前: フックラゴハン(プルコギ改め) 投稿日: 02/08/11 16:28 ID:vq9s/O6y
>>705
刑事の目をくらますためかな。自分はこんなに弱っちい、けちな小悪党でごぜえやす、って。
あれならカイザーという大悪党のイメージからはかけ離れた存在に見える。

707 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/11 16:49 ID:wQ3ZITo2
>>706
というかあの演技うますぎじゃね?
とても演技には見えねーんだけど

235 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/21 15:42 ID:O1qvzdap
やっぱさー、こういう映画って犯人がすぐにわかると萎えるよな。
スペイシーはミスキャストじゃないの?

236 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/21 15:49 ID:tdbHFF/D
当時はあまり有名では無く最良であったと思われ。

288 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 00:43 ID:V7TzYfY0
この映画が面白いは、ケビンスペイシーの演技あってこそだと思うな。

173 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/14 16:09 ID:1aHiVWiP
ケビン・スペイシーはこれでアカデミー助演男優賞とったんだよね?

514 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/06/06 00:29 ID:ZSZ8/OU/
ビデオのパッケージ裏みたら、スペイシーがアカデミー賞とってたんで、
見る前から犯人わかりましたが、何か?

179 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/14 17:34 ID:VUhS4ir9
この映画には主演男優がいないんだよね。

181 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/14 17:51 ID:VXS5iEtR
>>179

2ちゃんねる映画ブログ

ガブリエル・バーンがその扱いだろうね。

257 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/22 00:11 ID:HtHNXuQc
ガブリエルバーンが主役だとすると、
改心しても常に疑われつづける者の苛立ちと悲しみ、警察の無理解とかがテーマになるし
監督の資質もその辺りにあるような気もするが、どうしてこういうタイプの映画になったんだろ?
一見弱者=実は弱者じゃないってことがいいたかったのか?

あとどうでもいいけど
「軍師」なんていう通り名をもってる犯罪者に、なんでみんなあんなに無防備なんだろう。

259 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/22 00:23 ID:q9kFBurT
>>257
Verbalって「お喋り」では?

262 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/22 00:32 ID:HtHNXuQc
え? なんか「"軍師"か」って字幕に出てたけど…

263 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/22 00:37 ID:q9kFBurT
得意の「喋り」を活かした詐欺師だったことから付いたあだ名。<「お喋り」

314 名前:  投稿日: 02/04/30 00:15 ID:0HfvpU6/
この作品にブラッドピットが
野生化したような人がでてくるよね。
あの人の芸名なんて言うの?
トラフィックにもでてたような、、。

315 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/30 00:31 ID:CLgiE7c9

2ちゃんねる映画ブログ

ベニチオ・デル・トロだよ。
ベニシオって言う人もいるけど。

316 名前:  投稿日: 02/04/30 00:33 ID:0HfvpU6/
>>315
へぇ。
ありがとう!!3q!!

193 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/14 23:20 ID:dbRF4J1M
デルトロ萌え

194 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/14 23:21 ID:Kfc4PAUS
>>193
眉毛細いよね

890 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/09/17 19:06 ID:Pt4t2oWn
デルトロのメイクがヘンだった

873 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/09/10 22:06 ID:rNSNfUXU

2ちゃんねる映画ブログ

ボールドウィン兄弟の中ではこれに出てるボールドウィンが一番ハンサムだとおもた。
そして「クライムタイム」でこのボールドウィンとコバヤシが再共演&狂演してた。

874 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/11 06:13 ID:Mrxz5wBK
スティーブンね。冒頭取調べのシーン等とても良いな。

345 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/25 17:33 ID:+Y7LENBo
ショート・キル(エレベーター内でコバヤシのボディーガード二人射殺)
もロング・キル(ライフルで狙撃)もお任せの
”タフガイ”マクマナス。
おそらく軍隊出身だと思われるが、ファッションもカコイイ!!
しかし何だ!あの死に方は!まるっきりギャグじゃねーか!
誰かどうにかしてください。

690 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/25 21:13 ID:FQXnQmCT
やっぱり「コバヤシ」が引っかかってしまいました。
日本人が見ていると「コバヤシ」がイギリス人俳優が演じていることが違和感となり、ストーリーに集中できなくなってしまうのではないでしょうか。

2ちゃんねる映画ブログ

691 名前:  投稿日: 02/07/25 23:32 ID:9AoW/b9/
>>690
お前だけ。

692 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/26 02:35 ID:9FQ/u7G9
>690
ワカル

693 名前: 奥さまは名無しさん 投稿日: 02/07/28 18:10 ID:YHgQ05ZB
でもコバヤシって映画の中でも「典型的なイギリス野郎」って言われてた(とキントが語ってた)しな

694 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/29 10:45 ID:2YPe5jWp
>>693
でも彼の事務所には「小林」って漢字で書いてあった。話し方も外国人(英語圏)から見た東洋人の話す英語って感じだったなぁ。

750 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/29 03:01 ID:bhgmRNdQ
コバヤシは東洋人より頬骨ゴツイ

703 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/08/10 01:15 ID:vXNX996F
エレベータの中でコバヤシさんの左右に立ってる人が瞬殺されるシーンがカコイイ。
その時のコバヤシさんの「あら?」ってリアクションもカワイイ。

205 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/16 00:27 ID:wDypzYDD
この映画見た後
「アイ!ム ミスタッ コバヤァッシ!」が口癖になった。

206 名前: 七資産 投稿日: 02/04/16 00:33 ID:wy0Ez3aH
漏れは、カイザーソゼが口癖。しかも未だに(w

281 名前: 名無シネマ通運 投稿日: 02/04/23 01:03 ID:10NetLaq
ところで『サスペクツ』って何?

282 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/23 01:10 ID:/52bSVLV
>>281
usual suspects=常連の容疑者たち→札付きの前科者たち、といった所。

317 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/02 02:36 ID:lZFsOGmY
二回目見たんだけどタネ分かってると
ホントつまんなかった。
一回目見たときは名作だと思った。

318 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/02 02:45 ID:lmEzdUJC
>>317
いや2回目も面白いんだよ。
ケヴィン・スペイシーがコバヤシの話をする前に
ちゃんとカップの底を見ているカットがあったり、
1回だけ麻痺しているはずの左手で刑事の手を払いのけたり
他の4人の銃の構え方がカイザー・ソゼの構え方(左手で横向き)と
ちゃんと違っていたりとかいろいろあるよ。

410 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/06/02 01:53 ID:Ra2BUBX6
2回目見たとき、
どこの場面かはわすれちゃったんだけども、スペイシーが刑事の部屋で
いろんな出来事を話ししてるときのこと。
刑事がスペイシーの後ろ(か、スペイシーの顔が見えない所)へ歩いていったの。
その時スペイシーがやたらにやにやしてたのに刑事がスペイシーの顔を覗くと
パっと真顔にもどったんだよね。

そういうの探すのたのしい。

682 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/09 00:39 ID:mqACWnkC
マジレスです。
この映画はたびたび「嘘の映像化」があるから
きたないって問題になってるけど、
具体的にどの辺のシーンが問題なんすか?

683 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/09 01:34 ID:X0Po71gV
>>682
オープニングで船が爆発したシーンの後、ロープ?のような物が
映るところですね。観客はその向こうにヴァーバルがいると当然
思うのだが、実際は誰もいないわけです。かなりぎりぎりのミス
デレクションですね。しかし俺はきたないとは思いません。少し
あざといかな?くらいです。まあスティングのように映画のリズム
にのって、ラストシーンを堪能する映画なんで、あまり目くじらを
立てないでね。

684 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/07/09 02:30 ID:mqACWnkC
ありがとうございます。
あそこなら別に俺も全然アリだと思います。
確かに実際に「隠れているキント」が映ってる
訳じゃないですしね。

851 名前: ななし 投稿日: 02/09/07 02:42 ID:z5tz5I+M
キートンの奥さんがなんで殺されたか解る人います?

852 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/09/07 02:57 ID:esCIVjUp
ハンガリー人を通じてヴァーバルの顔を知ってる可能性があったから?
(彼女がハンガリー人の本国送還アドバイザーだった)

854 名前: ななし 投稿日: 02/09/07 04:00 ID:z5tz5I+M
>>852
そんな設定ありましたっけ?ハンガリー人て生存者で似顔絵描いた人でしょ?
その時点で顔ばれてるんだけど。

僕が思ったのは、キートンの奥さんを殺すことで、キートンの存在・作り話に
リアリティを出すためだったのではないかと。(実はキートンは事件に関係ない?)
タイミングも良すぎだし。

856 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/09/07 11:31 ID:VHvFkHS5
>>854
彼女が弁護士だから、キートンが死んだ後真相を解明しようとするだろうから、
それが邪魔だったんじゃないの?まあ、弁護士じゃなくてもだろうけど。


関連記事

  1. 2011/01/19(水) 22:12:42|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<櫻の園 -さくらのその- | ホーム | 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1667-955709d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。