2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

映画ドラえもん のび太の恐竜2006

映画ドラえもん のび太の恐竜2006
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1141131995/
2ちゃんねる映画ブログ

2 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 23:01:21 ID:GTAk1O/t
映画ドラえもん~のび太の恐竜2006~

監督:渡辺歩
脚本:渡辺歩 楠葉宏三
絵コンテ:渡辺歩
演出:宮下新平
作画監督:小西賢一


230 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 13:04:28 ID:uaitXx1a
感想

普通に面白かった。見所も多いと思う。
うちの子らも含めて観客の子供たちの反応も良好に見えた。
けっこうドッと沸いていたし。

ただ、前半少々じっくり描きすぎてややタルいし、後半は今度は
物語の進行がセカセカしている。(好きなシーンが結構省かれている)
ペース配分を誤ったかな?という印象。

「DVDが出たら絶対買うぞっー」とまでは思わないが、
「買ってもいいかなー?」ぐらいは思う。

238 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 13:34:03 ID:29mx3ZUJ
>>230
旧作を知る者としては
好きなシーンが省かれてるっていうのが
結局1番の不満点になると思う。
鼻でスパゲティはもちっと時間とってほしかったね
後、ピー助と別れる~ピー助を助けに行くの間が
ありえないくらい短かった。

231 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 13:06:47 ID:yrgUeMej
携帯から失礼

ん~旧の方が心が暖まるというか
新は勢いだけだった
勢いはいいが何かが足らない

241 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 13:57:35 ID:/RjAZ/TB
タイムパトロールのかっこいい登場シーンがなかったのは失敗だな

244 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 14:08:44 ID:LKLyIGi2
見てきた。
絵がキモかった。
大山時代のキャラクター化されてたのも
今のアニメの原作に近いのも好きなんだけど
どちらでもない絵。

なんか等身が高いし、何よりデフォルメが酷い。
予告のあたたかーい目、みたいなキモイの多発。

2ちゃんねる映画ブログ

最初にティラノサウルスに襲われるシーンも
恐竜の線がぐにゃぐにゃで見てられなかった。

そして何より、ラストを改変されたのが嫌だ。

265 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 16:21:25 ID:muUn8qri
1本の映画としての出来はイマイチ。
ラストの大幅な変更とジェットコースター展開が楽しめるかどうかがポイントってとこか。
まあきびだんご喰ったティラノの顔とか見てると糞真面目に作ってる訳でもないのがヒシヒシと伝わってくるが。

262 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 16:15:00 ID:C3SAECJw
今観てきました。
所々演出が違ってるのはともかく、作画には閉口したよ。
特にカルデラ湖での恐竜の格闘シーンと、ラストの恐竜ハンターが捕らえられて檻に入れられているところ。主役キャラ以外は手抜きみたい。
あと気になったのが、時々ドラえもんの目の輪郭が閉じてないところ。あれでいいのかなと思った。

272 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 16:34:53 ID:OA0ja9J/
疑問がいくつか。

・時間移動だけでもできるなら、遭難地点で時間移動して
 現代のアメリカからどこでもドアで日本に帰ればよかったのでは?

・タイムふろしきでタイムマシンを直せばよかったのでは?

・四次元ポケットにのび太達4人を入れてタケコプターを使うとか
 4人スモールライトで小さくしてポケットに入れるなりして
 一人ずつ交代で歩けば距離が稼げたのでは?

279 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 17:26:18 ID:vCkYiSTR
>>272
君は映画のドラえもんを殆ど見たことがないのか?

そんな疑問点言ってたらきりが無いのがドラえもん。

283 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 17:31:07 ID:YwMEly8U
>>272

>時間移動だけでもできるなら、遭難地点で時間移動して
>現代のアメリカからどこでもドアで日本に帰ればよかったのでは?

ニュアンスとしては「座標を合わせなければ時間移動すら出来ない」
という風だったと思う。

>タイムふろしきでタイムマシンを直せばよかったのでは?

これは反論できないねw
他にもいろいろ修理に使えるアイテムがあるだろうし。
そのへんはお話全体のために目をつぶるということで……

>四次元ポケットにのび太達4人を入れてタケコプターを使うとか
>4人スモールライトで小さくしてポケットに入れるなりして
>一人ずつ交代で歩けば距離が稼げたのでは?

思いつかなかったということでいいんじゃないかな。
つか、俺も終盤であのシチュを見るまで思いつかなかった。うかつ……。

841 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 11:37:30 ID:rOdAaOri
ねーねーラジコンバギーに乗って走ればタケコプターいらなくない?

842 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 11:42:41 ID:5i4R03+f
>>841
それは禁句

875 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 14:35:15 ID:1wwRBA4e

2ちゃんねる映画ブログ

タケコプターより高速で移動できる道具

■声カタマリン
■クイック
■リニアモーターカーごっこ
■さいみんメガホン
■風神うちわ

他多数

345 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 19:47:44 ID:xPKLPmlg
もしもボックスつかえば、どうにでもなる様な気がする

298 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 18:04:15 ID:gWzCO/BJ
無事帰還。

映画版ドラえもんを映画館で見たのは過去の「のび太と恐竜」以来。
今回は娘を連れての鑑賞。

オープニングで子供たちの合唱、所々のコネタで子供たちが爆笑。
神木隆之介のこともいつの間にか忘れてた。
面白かった。お前ら素直に楽しめよ。

306 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 18:20:52 ID:tJqQJCDs

2ちゃんねる映画ブログ

いくらなんでもでかくなったときのぴーすけの神木の声は変

309 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 18:40:29 ID:yrgUeMej
>>306
こえとキャラを配慮してなく
話題性だけ得ればいいって感じだな

310 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 18:44:37 ID:NUCtpKPG
最後まで小さい頃の声で行けばよかったのになあ。

314 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 18:58:23 ID:g3mN4dnL
小さいピー助は文句なしに可愛い声だったから余計に成長後の声が勿体無い

331 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 19:22:57 ID:BiUVMFGk
観てきたよ。
スタッフ、声優のみなさん、本当にお疲れ様でした。

さて、以下、ちょっと否定的な意見。

声優はとてもよく頑張っていたし、
ピー助も、CMを見たときは否定的な印象だったけど許容できる範囲だったと思う。
しかし、映画作品としてはかなり駄目な作品、という印象を持った。

ひたすら"余白"がない作品、とでも言うべきか、
スピーディーな演出を心がけているのだろうがあまりに目まぐるしすぎて、
原作の持つ行間ならぬ"コマ間"のようなものが失われてしまっている。
F先生の原作通りにやれ、とは言わないけれど、渡辺監督はある確信を持って
その、原作の豊かさを示す部分を削って、
その代わりに夾雑物を詰め込んでいるように思えてならない。
俺個人としては、それを拒否したい。


ただスタッフの熱意は感じるし、金を払って観る価値はある作品だと思う。
特に黒い男の造形はすごいね。声も含めて怖すぎる……。

551 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 02:07:53 ID:ADVLVm8F

2ちゃんねる映画ブログ

黒マスクは秀逸だったよな。
明らかにドラえもん世界とは異質なところからやってきた悪役の雰囲気。
劇中でまで「黒マスク」と呼ばれる不自然さを補って余りある存在感だった。
ドルマンスタインは等身が低かったり低俗だったりで、微妙にコミカルだったが。

568 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 04:18:34 ID:lKrym6ma
船越氏はやはり俳優さんなので違うんだろうな・・。
ピー助やったヤツはケツを出せ

570 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 04:25:14 ID:+a5gTxeh
>>568
ちょw少年のケツで何をするつもりだw

578 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 07:18:52 ID:fzK3oLWS
>>568
神木くんのあなる・・・(;´Д`)ハァハァ

370 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 20:56:29 ID:URdJNjrI
後半はありきたりのロードムービー。
ドラがまったく活躍しない。きびだんごに頼りすぎ。
演出が気持ち悪すぎ。恐竜同士のバトルシーンが平面的でまったく迫力がない。
冒頭のスネオのフィギアが一番よくできてた。大人が鑑賞できるレベルじゃない。

372 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:07:01 ID:tuDuNxzc
そこまで酷かったかな。
古典になってしまったドラえもんを、あんな風にしたスタッフの意欲は感じる。
惰性に従って作ったんじゃ、ああはならないでしょ。
もちろん出来は別問題だけどさ。
オリジナル数作目くらいまではそれこそ「暖かい目」で見てあげてもいいんじゃないかと。

ちなみに「暖かい目」、自分の周りにいた子供達には大うけだった。

377 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:13:32 ID:URdJNjrI
>>372
意欲というか遊びすぎ、やりすぎ、はしゃぎすぎって気がする。
そのくせストリーにはなんの意外性もない。
最期のお別れのシーンでなんであのボールを使わなかったんだろ。

383 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:19:58 ID:tuDuNxzc
ボール、エンドロールの最後で出てきたね。
もっと大々的に使うかと思ってた。
でも「ちょっとね!」って笑うENDも嫌いではないかな。
序盤の「ちょっとね」との対比で。

379 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:15:31 ID:H2OySAui
見てきたよ、上でもでているけどペース配分を間違えたのか
ピー助を最初に白亜紀に返すまでが長く、ドルマンスタインが
出てきてからセカセカして感じた。
あと、のび太が風邪で寝込んでいるときの目がじゃなく違和感が
あったが、けっこうかわいくてコレはコレでありかもしれん。

388 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:28:19 ID:29mx3ZUJ
渡辺さん、整合性を意識しすぎじゃないかと思った。
囮のラジコンカーを、黒マスクに用意させるのは良いとしても
おれ… 歩いてもいいぜ、日本まで
を強調するあまり、本当にのびたの家の部屋の机と
重なる地点まで行っちゃったのがなぁ
ハンターのタイムマシンを乗っ取ろうなんて思いもしないし
かなり好意的に見れば、旧作を補完したといえるし
穿った見方をすれば、旧作にツッコミを入れているとも言える。
とはいえ、のび太の恐竜をリメイクするにあたって
渡辺さんが1番やりたかったことって、結局
コレなんだろうな、というのはわかる。
上映時間と制作期間てのは与えすぎても
よろしくないという、いい例かもね

と、まるきし回顧主義者の意見だね、こりゃ

390 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 21:34:01 ID:QRd8QXPz
日本人は制約がないと才能を発揮できないからねぇ
次からは予算も時間ももっと削ってやってみればいいと思うよ

532 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 01:38:12 ID:conLjiAP
やっぱり渡辺氏は感動させる方面でのみ使うべきかと。

421 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 22:43:29 ID:LuL/B6xi
エンディングで中国人?の名前がいっぱい出てきたけど
日本人がコツコツセル画を描くような時代は終わったの?
だから絵が(線が)汚かったのかな。

424 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 22:47:20 ID:6gdL+ONs
>>421
20年くらい前には終わってた

425 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 22:48:17 ID:1XnbBUau
>>421
あの線は制作側の只のオナニー

428 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 22:54:08 ID:/coHAREH
>421
セル画自体とっくにないんだけど

507 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 00:57:27 ID:Tpr6LWvL

2ちゃんねる映画ブログ

タイムマシーンで移動してる時のドラのびの顔のゆがみは
ティザーの段階でよっぽど評判悪かったのか彩度落として目立たなくしてたな。

512 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 01:07:57 ID:4b52uimR
作画が荒れている、とかシェイプの統一が取れていないとか、
キャラが崩れているとかいうのは違うと思うぞ。
あれは明らかに確信犯でやっている。
むしろ近年稀に見る「動き」、「動画」に注目すべきだ。
これはたぶん宮崎吾朗のいう「新古典主義」なんだ。

515 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 01:11:47 ID:gJRW4HH7
>>512
俺も確信犯だと思う。
しかし、俺はその試みは、ドラえもんにはふさわしくない、と感じた。

431 :名無シネマ@上映中:2006/03/04(土) 23:05:45 ID:5C0T2R/S

2ちゃんねる映画ブログ

フツーに面白かったよ。子供(10才)も「あたたかい目」や「ジャイアンのビキニ」で
大笑いしたりピー助との別れの場面では感動してたようだし。
子供にとっていい思い出になったと思う。
日本TVのドラで育ち、妹と80年の恐竜見て、今日は子供と恐竜2006見た自分としては
ドラえもんだけで時の流れを感じてしまったよ。
船越は全く違和感が無くて凄く上手。ちょっとビックリした。
初日の舞台挨拶も楽しかったし、子供と有意義な一日を過ごせてうれしかったよ。

587 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 09:44:53 ID:mfuO+boI
ん。まあ面白かったかな。黒マスクは好演だった。
絵は過去のドラえもんで最高の出来だし、アクションは純粋に楽しいものになってる。及第点です。
が、不満点もある。

まず道具の印象がなんか薄くて、使ってみたいという気持ちを起こさせない。
なんか機械的に使われただけって印象なんだよ。
キャンピングカプセルとかただ出ただけで、泊まって月日が経ってますよって感覚がない。

あと改変。一度ピー助置いてきてからまた白亜紀に行くまでの間が短すぎ。
最後に比重を持ってったのかと思いきや最後もあっさりだし、大長編の前の短編がないがしろにされた感じ。
ラスト自体の改変もあるし、結構変えてきてるのにあのスタッフロールはないだろう。
まるで原作そのまま映画にしたものを見せたようにしてる感じ。
改変した以上、ちゃんとこれは原作とは似て非なる物だと割り切って欲しかった。

588 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 09:48:45 ID:o1ptJnvK
>>587
道具について激しく同意だが、
道具の魅力を抑えて友情物語と努力して目指すことを前面に押し出しした
子供たちへの道徳の教えを盛り込んでいるんだろうなあと。
ここでこの道具が出てきちゃ努力しないで楽になる、ってのを完全に否定したんでしょう。
エンタメとしてはガッカリもんだけど。

589 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 09:56:56 ID:mfuO+boI
>>588
ラストの改変にも繋がるな。
最後を自力にしちゃってるのは、むしろ旅がそんな大変な代物じゃなかったような印象にしてると思うんだけどな・・・

591 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 10:19:29 ID:5RJdbKy8
はっきりいって、最初にピー助を返すところで終わっていればよく出来た作品
だったと思うんだが、そのあと一時間ちかく渡辺歩のこってりした演出と
密度の高い作画がつづくとさすがに疲れる。

595 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 12:06:51 ID:OtQePphb
しずかちゃんのパンチラ最高!

597 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 12:09:11 ID:ADVLVm8F
映画だけじゃなくわさドラ全般なのかも知れないが、
しずかちゃんだけ絵が妙に気合入ってるよなww
お風呂萌えス

820 :名無シネマ@上映中:2006/03/06(月) 02:30:58 ID:JsqJfxa8

2ちゃんねる映画ブログ

しずかちゃんがソーセージをたべるシーン

603 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 12:56:05 ID:rBSTIlf8
今回のしずかは作画が大人びてて
パンチラがいかがわしく見えてちょっと嫌だった。

前作くらいに子供っぽければ、パンツ見えても
ワカメみたいなもんでどうとも思わなかったんだけどね。

602 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 12:48:09 ID:47Z8+fO5
ドラに萌えは不要

605 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 13:06:03 ID:V4bZuqH7
お風呂シーンあるのかよ!

PTAの圧力で潰されねえか?

609 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 13:45:16 ID:ADVLVm8F
>>605
スネオのお風呂もあるぞ。

608 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 13:26:28 ID:rBSTIlf8
昨日子供だらけの劇場で見てきたんだけど
まあ、子供だから騒いでたよ。ほほえましかった。

ハグしちゃお♪を一緒に歌ったり
「ピー助だ!ピー助産まれるよ~」って声が聞こえたり。

しかしラストで、メスのフタバスズキリュウが出てきたとき
「ピー助のおかあさんだ~」って声があちこちから聞こえてたのは…

 お 母 さ ん な の か ?

616 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 14:24:11 ID:xq+Gf5FO
>>608
自分もさっき観てきたとこなんだが
ラストのフタバスズキリュウが出てきたとこで、同じように
「あれ、ピー助のお母さんとお父さん?」って声があったよ

お 母 さ ん と お 父 さ ん な の か ?

617 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 14:25:03 ID:B4GFeDId
>>608
新しく追加されたシーンで
パラサウロロプスの親子を見て何か感じ取ってるシーンがあったから、
そう解釈したのもわからないことはない。

620 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 14:34:53 ID:rBSTIlf8
>>617
鋭いな…
そういやそんなシーンあったっけ。
そこはいい追加だったと思う。

675 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 18:29:23 ID:MSV4Bnca
昔行った親世代が子連れで行きました。
田舎のマイカルはこんな私みたいな客ばかりだったから居心地よい2時間でしたが。
成長後の「ピューイ」は26年前も違和感あったと記憶してます。

676 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 18:33:08 ID:dj89LMKE
恐竜の声はお手本がないから難しい罠
爬虫類の鳴き声聞くチャンスなんてそうないだろうしな

691 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 19:32:48 ID:kcAoEzyZ
タイムパトロールが解決しちゃうのはイヤなんだよな
自分たちの手で倒して、引き渡すくらいなら良いんだけどさ
大魔境とか魔界大冒険みたいなのはもう時代じゃないのかな

696 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 20:02:56 ID:THAbeJCj
>>691
「海のど真ん中の、のび太の家の2階の
のびたの机のちょうどその位置じゃなきゃだめなんだ」
っつーとこで、どうやるのか期待するのに
TPで解決すんのはかなり残念だな

579 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 07:35:41 ID:W4HjdrP4
のび太こそタイムパトロールに捕まってもおかしくないのに、敬礼はやりすぎじゃないかとちょっと思った。
いいシーンだけどね。

582 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 08:10:35 ID:87VgwwpC
>>579
やっぱりのびたはタイムパトロールにとって
特異点的な存在じゃないかな
のびた達の活躍がなければ地球が何度崩壊したか
わからないし

699 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 20:08:52 ID:1buimjjW
映像にはすごい手間と金をかけられていて本当に良かったが
ゲルマン成金がハゲになってたのはやりすぎだと思った

709 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 20:27:53 ID:gpOw4GlB
>>699
ホントに禿なのは黒マスクの方だよな(原作だと)


関連記事

  1. 2011/03/10(木) 21:26:41|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【映画】マイケル・ベイ監督、自身がメガホンを取った「トランスフォーマー/リベンジ」は駄作だと告白 | ホーム | [全米興行成績]アニメ「ランゴ」が首位。マット・デイモン主演「アジャストメント」は2位>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1657-f9720937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。