2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドリューNDR114

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1066999747/
2ちゃんねる映画ブログ

2 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 12:48:31.94 ID:WyL7Vi4W
アンドリューNDR114◇99年、米。ロビン・ウィリアムス。
ほかのロボットとは違い、芸術的才能と感情を持つ近未来の家事用ロボット。
購入した一家の娘と交流を重ねるうちに、ロボットは人間になりたいと願うようになる。
クリス・コロンバス監督。


21 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 13:15:13.71 ID:xjzXAHg+
アンドリューNDR114(1999)
原題 BICENTENNIAL MAN
制作費 $100,000,000
興行収入 $58,220,776 (USA)
ラジー賞 ワースト主演男優賞 ロビン・ウィリアムズ(ノミネート)
上映時間 131分

22 : ◆yJDropKick :2010/12/20(月) 13:15:47.46 ID:ljmPUlsL
>>21
ラジー賞ノミネート作品だったのかwww

976 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:28:58.16 ID:oqO/vUZH
制作費 $100,000,000
興行収入 $58,220,776 (USA)

いい映画なのに(´;ω;`)

4 :名無シネマ@上映中:03/10/24 21:53 ID:KX6dswtm
原作の良さを切り落としたウンコ映画。
ロビンウイリアムズが人情ものでやっていけなくなるきっかけを作った愚作。

5 :名無シネマ@上映中:03/10/24 21:59 ID:UG9FWClr
人間の女と両想いになるのがいただけない。

女はキモイヨ~って逃げて回ってるのに、どこまでも執拗に追いかけ
てくるアンドリューたんだったら萌え。

7 :名無シネマ@上映中:03/10/24 22:09 ID:5pYyhtn0
泣かせるストーリーなのにメカ部分の描写とか設定がなかなか渋いのが
この作品のよい所だと思う。
同時期に上映していたAIと同じくらい好きだ。

8 :名無シネマ@上映中:03/10/24 22:12 ID:r6EioazL
>>7釣りかもしれんがあえて言わせて貰うと、

>AIと同じくらい好きだ。
それって褒めてない。

12 :名無シネマ@上映中:03/10/24 23:00 ID:/4sDBXI6
これってAIよりもわかり易い

75 :名無シネマ@上映中:03/10/25 07:52 ID:bCEN78Lv
感動的なヒューマンドラマとしてはアンドリューが圧勝だけど、
既成概念が揺さぶられるSF的面白さはAIの方がはるかに上だと思う。

11 :名無シネマ@上映中:03/10/24 22:31 ID:eLgFr7L2
原作のいいとこほとんどなくしちゃったからなー勿体無い。
アシモフのロボットものでは最高傑作のひとつだと思うのだが。

14 :名無シネマ@上映中:03/10/24 23:13 ID:g/GC3oHE

2ちゃんねる映画ブログ

ロボットからロビンに改造される所で

おっさんかよ!

って突っ込んだ

18 :名無シネマ@上映中:03/10/24 23:24 ID:6znTEi5t
人になったとたん、ロビン・ウィリアムズ独演会に・・・

24 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:03 ID:wwGLFg/X
ロビン・ウィリアムズになった途端、
肉欲全開になったねw

19 :名無シネマ@上映中:03/10/24 23:29 ID:swHFn1k4
原作を初めて読んだ時には、人間ってそんなにいいもんじゃないよ・・・と
泣きながら感動した。

映画を見た時には、主題が恋愛に変わってたものの、大衆向け映画としては
仕方ないかなと思った。

良い原作の映画化作品に失敗作が多い中、成功はしてなくても少なくとも
失敗もしてないと思った。

34 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:21 ID:86Akm11p

2ちゃんねる映画ブログ

人間がロボットとキスした時点でこの映画はおわった くだらねー
同じ人口知能の自我という話ならブレード・ランナーか2001年宇宙の旅
にかなうものはないな 20代の俺でもこの古い映画は最強だ

36 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:24 ID:ou9nFc1T
ラストに関しては文句ないと思うけど
そこに至る中盤以降がダレたな

38 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:26 ID:wwGLFg/X
リトルミスの結婚式のくだりとか、主との死別の辺りなんかは
良かったんだけど。
ロボの中身が出てきてからは何か生々しいというか生臭くてなあ・・・。

42 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:29 ID:86Akm11p
>>38
同じく 
ロボが心だけでなく体も人間に近づいてきたら、突っ込み所が多くて感動できなくなった

40 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:28 ID:kXkf8f9D
この映画で感動できない人は、
身近にある幸せや幸福感なんかを
感じとれない、とても哀れな人・・・
スクリーンで見ればよかったなぁ・・

45 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:36 ID:VEOJFSzc
私は劇場で見たのですが、冒頭の頭が開いて
文字が出てくる所で「うをぅ!」と思いましたよ。
スクリーンでは迫力あった。
私は何か別の映画を見に行った時に
アンドリューの予告編を見たのですが
予告編だけでウルウルしてしまい、
「これは絶対見なければ」と思いましたよ。

67 :名無シネマ@上映中:03/10/25 02:38 ID:16Mh5czT
>>40
うちは、その哀れな人のようだ。
まったく感動できんかった。

最初アンドリューが家に来たときのエピソードは
面白かったのに。

アンドリューが人間になりたいっ!
と思い、人間になろうとする過程でさっぱり
アンドリューに共感できなかった。
時間がしょっちゅう「~年後」と飛んでいるのも
いやだったし。

69 :名無シネマ@上映中:03/10/25 04:48 ID:86Akm11p
>>40
てかこんなんで感動してたら終わりです
作品として痛すぎる カワイイロボットが出てきたからじゃなくて内容がね
小学生が見て勉強、感動するべき作品ではないか?
俺は哀れでけっこう 

43 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:31 ID:Ddnc60ri
機械として生きるのでなく、人として死にたい・・・
のセリフは、やっぱ来るものあるねぇ

46 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:38 ID:pMZdOjtp

2ちゃんねる映画ブログ

パパ結構イイ人で気に入った

72 :名無シネマ@上映中:03/10/25 05:16 ID:W4qQdC6E
あの親父さん役ってジュラシックパークの人と同じだよね

88 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:55 ID:cxWDgN3A
サム・ニールの名前が出て来ないのがびっくりだが、この映画ロビンでもってる様で実はサムでもってる。
パパさんが死ぬ所までが最大の盛り上がりで、そこから話の雰囲気も変わるから好みが分かれる映画。

77 :名無シネマ@上映中:03/10/25 11:25 ID:Zujvavkg
感動した
哲学的、パパさんと博士が好きだ

29 :名無し:03/10/25 00:15 ID:J59OGNhx
原作も「アンドリュー」って題名?

33 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:17 ID:eVkyI7D4
>29
確か
「バイセンテニアルマン」
だったような

創元SF文庫の
「聖者の行進」という短編集の中の
一編です。
ちなみに私も読んだことありません。
ファウンデーションとかその辺のシリーズなら
よく読むんだが・・・。

37 :名無し:03/10/25 00:24 ID:J59OGNhx
>>33 ありがと。バイセンテニアルマン…なんかすごい題名だなw

47 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:44 ID:M22CmyKZ
>>37
1976年、アメリカ合衆国建国200周年の記念企画として、とある出版社が
複数の著名な作家に、200をテーマにした小説を執筆させた

その企画でアシモフが書いたのが「BICENTENNIAL MAN」(200年生きた男)

企画自体はポシャってしまったが、アシモフの作品は発表されて今に至る


という話が原作本巻末に書いてあった

104 :名無シネマ@上映中:03/10/27 22:26 ID:Ya1t6JNQ
原作読んだ。(アシモフの短編)
最初アンドリューが作った作品は、小説中では馬の置物ではなく
木製の幾何学模様のペンダントだった。
馬だと「何もコピーせず自分で考えた」ってのがおかしいと思った
(絶対資料必要じゃん!)けど、幾何学模様なら納得だ。

50 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:52 ID:RglAmjtb
ラスト「電源を切って」っていうのは、やっぱり
人工臓器や生命維持装置で人工的に生かされていた、って事なの?
そう考えると、ロボットのアンドリューの方が人間っぽい死に方
(語弊があるけど)している。
途中でNDRを探す旅の部分は無駄だと思うけどな。

2ちゃんねる映画ブログ

あと、リトルミスの幼少時代、とても不細工ですね~。
これは本当に不満っす。

51 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:55 ID:pMZdOjtp
>>50
あれは生命維持装置の電源を切ってくれて意味じゃなかったの?
まあ、反機械の人工臓器や遺伝子操作する延命薬がある未来で、「人間らしさ」を議論するのは無意味じゃないかなあ

65 :50:03/10/25 02:01 ID:RglAmjtb
>51
でも、物語の中では「いかに人間らしくあるべきか」「いかにしたら人間らしくなるのか」
っていう議論は随分していたよね。
パパさんともリトルミスの孫(名前忘れた!!)ともおっさんとも議会とも。
TVCMでは「人を愛する事」がロボットではない人間らしい感情のように表されていたけど。
食べるとか、感触があるとか「人間らしさ」が徐々に進化していう過程が
「マズローの人間欲求」を見ているようで非常に感心が持てた。

この映画で感心したのが、人間であるという事が
「子孫を残す」という結論に至らなかった事かな。
遺伝という言葉を多用したり、正直「ロクでもない子供」が登場したりして
子供を残す事が人間の唯一の存在理由ではない、って事を感じただけで
まあ、随分不妊に悩んでいる私としては嬉しかったよ。

79 :名無シネマ@上映中:03/10/25 12:13 ID:6tXkTz3z

      回 線 を 切 っ て  こ れ は 命 令 よ 

54 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:01 ID:F2E4+hH4
もまえら、せめて嫁さんを大事にしてあげろよ。

57 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:04 ID:ou9nFc1T
この手の話でありがちなわざとらしい位あからさまな嫌な人間・差別の描写が無かったのが良かった

58 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:08 ID:OR/orVLg
回路の異常で感情が芽生えたなんて風に「感情」をブラックボックスに
してしまうんじゃロボットを主人公にする意味ないじゃん。
論理的に感情というものを考察して欲しかったな。ロボットの視点から。

59 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:09 ID:ysUOhsBB
死なないからロボットは人間じゃない と裁判官は言った
死を受け入れない生命は生命じゃない とすれば死とは何か
生物は命のリレーによって進化し環境に適応していく 
しかし人間が他の生物と違うのは生を引きついでいくときに自分の生の意味を求めること
自分が生きたことによって誰を、あるいは何を変えたのか・・・
その共通項にあるのは愛だと思う 妻あるいは子ども、あるいは不特定の誰かのために生き、そして死ぬこと
そしてそれを自分の生命の意義だと感じて満足して死ぬこと それが真の幸福じゃないかとこの映画を見てて感じた
人間とは何か 生命とは、死とは何か に正面から向き合ったいい映画だと思います

60 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:10 ID:86Akm11p
>>59
子供が勉強するには良い映画だ

62 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:12 ID:ji7N8Apy
理屈っぽい結論を出さなかったことが
逆に視聴者の心に響いたんだろうね。

63 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:31 ID:kXdRk/nu

2ちゃんねる映画ブログ

童貞博士のその後が描かれてないのが気になる。
もう死んでたのか?

426 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:18:46.99 ID:oaElq97g
あのエンジニアのおっさんは童貞捨てられたのかな(´・ω・`)

64 :名無シネマ@上映中:03/10/25 01:38 ID:cNoAEHoQ
ジェームズ・ホーナー、手抜きの割りには効果の上がる音楽を書くなぁ。
毎度、泣かされるのが悔しい。

68 :名無シネマ@上映中:03/10/25 02:49 ID:/g8vkhcp
最後の命令はロボット三原則に違反する行為に当たるのではなかろうか

112 :兜コウジ:03/11/29 03:24 ID:48oOHiUa
ロボット3原則に反する
 「自由」が欲しい。
 人間として死をむかえたい。
が印象的です。
 人間に従うようにプログラムされた「人造物」
から人間が好きな「人物」になって行く過程で
アンドリューが実に愛らしい。

113 :名無シネマ@上映中:03/12/05 19:16 ID:xRHLBqEE
ロボットも人間も「心」が大事なんだ。

71 :名無シネマ@上映中:03/10/25 05:14 ID:KJCLkeay
スタッフロールでね、最初の頃のアンドリューの映像がもう1度流れるんですよ。
あれでやられましたね 漏れは。
長い道のりをよくがんばったなぁって。
親父が死んだときに、漏れが子供の頃の元気な親父を思い出して泣いた感情に近いな。
人間って死ぬから尊いし、愛しいんだよね。

73 :名無シネマ@上映中:03/10/25 06:26 ID:XRrdKpfO
個人的に、自分は生臭さに面白みを感じた方だね。
人間である以上、ずっとついてまわることだから

74 :名無シネマ@上映中:03/10/25 06:59 ID:5IruqcQn
機械として動き続けるべきか
人として死ぬべきか
それが問題だ

76 :名無シネマ@上映中:03/10/25 10:26 ID:reVsA6kl
それなりに面白かったが、
アンドリューは最後まで、「人間になりたい」という目的をもって、
それを実行しただけの偏執狂”ロボット”だったような気がする。

ま、漏れがアンドリューに対して否定的なのは、ロビン・ウイリアムズが
嫌いだからかもしれんが。

80 :67:03/10/25 13:55 ID:16Mh5czT
>>76
そうだ、そんな感じ<偏執狂”ロボット”

86 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:49 ID:HyohLDCO
>>76
そうした執着を持つこと自体が人間の証しかも。

83 :名無シネマ@上映中:03/10/25 17:10 ID:KmgSNB2i
これ親と見ても大丈夫ですか?
ちょっとでもエロくなると気まずくて見れない…
キスシーンで限界。

85 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:45 ID:h5AcC3oY
>>83
親と見るとちょっと・・・・

84 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:19 ID:AX+njw1b
アンドリューに性教育をしているシーンがあります。
また、アンドリューはセックスに憧れています。
ただ、直接的なベッドシーンはありません。

91 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:58 ID:E9eo4cbW
この頃だったね。

ロビンウィリアムスうぜえと思いはじめたのは。
あとパッチアダムスか。

もういいよ、「感動」とやらの押し売りは。

31 :名無シネマ@上映中:03/10/25 00:16 ID:TFz5dN7U

2ちゃんねる映画ブログ

ガラテアが人間になってたってわかったシーンで、なんかジーンと来た。

86 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:49 ID:HyohLDCO
>>31
ガラテアが最後に安楽死を
遂行するところって、明らかに三原則に反してますよね。
ということは、彼女も三原則にとらわれずに行動できる「人間」
になったってことをあのシーンで暗に表現していたのかも。

87 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:52 ID:NAW8xmqk
でもガラテアが動くときウィーンって音がした気がするんだよ

89 :名無シネマ@上映中:03/10/25 18:55 ID:HyohLDCO
>>87
アンドリューも人間の姿になった直後はウィーンって音がし
てましたよね。たぶん一部の駆動系は機械のままなんでは?
問題はその精神の中身で。

92 :名無シネマ@上映中:03/10/25 20:33 ID:N42QUBej
正直、ガラテアたんが1台ホスィ。

956 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:28:20.36 ID:qFKkWC19
ガラテア一体くれ。
最終バージョンな。

95 :スカリー:03/10/25 21:00 ID:LatTfvXf
ガラテアたん(肉付)はなんていう女優?

101 :名無シネマ@上映中:03/10/26 13:36 ID:IxOfBSgh
>>95
キルスティン(クリスティーン?)・ウォーレン

878 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:27:04.34 ID:js5ZQcs4
ガラテアの役者その後見ないな。
ちょい役だけどいい仕事してるのに

110 :名無シネマ@上映中:03/11/20 21:26 ID:GhqeLdrg
バイクのデザインが激しくかっこよかった気がするのだ。

116 :名無シネマ@上映中:03/12/31 10:40 ID:0KdDRUOp
この映画って途中中だるみするんだよな。
もっと上手く料理すれば名作になったのにね。
でもAIよりはずっとましだけどね。

117 :名無シネマ@上映中:04/01/14 21:07 ID:OhwJkC5V
>>116
たしかに120分以上あるから長く感じる部部はあるかも。

118 :名無シネマ@上映中:04/01/17 19:08 ID:3g6oWOrY
最初、アンドリューに対しての引き気味の家族の反応が
リアルで面白かったけど
父親がアンドリューの人権?を唱え始めてから
あれ?って感じに。

女ロボットが変な踊りとかしたり、ウザキャラ。
トイ・ストーリー2のカウガール人形とキャラ似てる。凄い苦手。
ヤッホーとか言うなよ。
こいつとくっつくと思ってたら違った。

100 :名無シネマ@上映中:03/10/26 00:12 ID:Jv+b51jE
年増の脱童貞おめでとう。俺に勇気をくれた。

6 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:08:57.73 ID:iJ5i0UJ6
ロボットでもセックスできるというのにおまえらときたら

21 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:09:09.43 ID:2LIFCArJ
あーあお前らアンドリューに先越されちゃった

124 :名無シネマ@上映中:04/03/05 22:55 ID:DWadL/lT
やたら性欲があるロボットだったね

209 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:13:29.91 ID:eTznI+69
俺も人間やめてロボになりたい

270 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:15:03.60 ID:awRGiqko
>>209

2ちゃんねる映画ブログ

金髪美女と宇宙を旅すると機械の体貰えるらしいぞ

287 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:15:41.68 ID:/tKjUzom
>>270
オチがネジだったら!?

308 :ワールド名無しサテライト:2010/12/20(月) 15:16:18.81 ID:awRGiqko
>>287
ハハハ、メーテルに限ってそんな事するわけが・・・

294 :1時33分からの男 ◆LamiaYcfug :2010/12/20(月) 15:15:51.27 ID:0syhXHf2
>>270
行く星行く星自縛装置で爆破脱出してくイメージ


関連記事

  1. 2010/12/24(金) 22:25:33|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きみがぼくを見つけた日 | ホーム | 悪夢のエレベーター>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1626-81081f79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。