2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅するジーンズと16歳の夏

旅するジーンズと16歳の夏
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1127653924/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :衛星放送名無しさん:2008/07/01(火) 20:57:24.99 ID:xGrH9Swh
旅するジーンズと16歳の夏
2005年・アメリカ THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS

自由奔放なブリジット、内気なリーナ、皮肉屋のティビー、情熱的なカルメン。
生まれてからずっと仲良しの4人組は、16歳の夏、初めて別々の場所で休暇を過ごすことになる。
別れる前日集まった彼女たちは、古着屋で体格の違う4人全員がなぜかピッタリはける1本のジーンズを見つけ、
1週間ずつはいて順番に送ることにするのだが・・・。4人をつなぐ不思議なジーンズを通して、少女たちのひと夏の成長を描く青春映画。

<作品情報>
(原題:THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS)
〔製作〕デブラ・マーティン・チェイス、デニーズ・ディ・ノヴィ ほか
〔監督〕ケン・クワピス
〔原作〕アン・ブラッシェアーズ
〔脚本〕デリア・エフロン、エリザベス・チャンドラー
〔撮影〕ジョン・ベイリー
〔音楽〕クリフ・エデルマン
〔出演〕アンバー・タンブリン、アメリカ・フェレーラ、ブレイク・ライブリー、アレクシス・ブレーデル
(2005年・アメリカ)〔英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ〕


6 :名無シネマ@上映中:2005/09/29(木) 18:45:46 ID:pvw5TDLm
見ましたよ。
これは傑作です。
ちょっとPTA推薦的な、善良なイメージが気になっちゃう人もいるかもしれないけど。
4人の女の子がそれぞれにいい。
見た後の気分も本当に良いものです。
これを見ると、見る前より、少しだけ良い人間になったような気がする。
ひとりでもデートでも家族連れでも絶対のオススメです。
とくに青春時代を懐かしく思い出すオトナにオススメ。

9 :名無シネマ@上映中:2005/10/01(土) 17:23:36 ID:2SSOFhh+
見たよ、こういう青春映画は久々な気がした
次はシンシティのアレクシス・ブレーデルを見に行こう

10 :名無シネマ@上映中:2005/10/01(土) 21:34:17 ID:w+zuC6wf

2ちゃんねる映画ブログ

アレクシス・ブレーデル、誰かに似てると思ったらちょっと前のクリスティナ・リッチだ
オデコが似てる

12 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 01:01:08 ID:yz11bIYt
これは良い映画だね。
ティビーとカルメンのエピソードはグッときた。
てか正直言って泣いてた。

51 :名無シネマ@上映中:2005/11/03(木) 23:54:49 ID:VF7Qwaqe
>>12
まさに禿同。
泣いた、泣いた。
良い映画だね。

13 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 01:04:17 ID:8u+6uH98
白血病は昔から悲劇の定番だよなあ…と思いつつ泣かされている自分。
決して白血病の悲劇がメインではなく、その悲劇をひとつのエピソードとしてほかのエピソードと
絡めてすべての感動を増幅させてるところが見事。
親の離婚とかさ、母親の自殺とかさ、羅列するとあまりにあざとく絶望的に思えるけれど
明るく健康的な印象のなかで語っていくのも見事。
本当にいい映画だった。

15 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 02:34:58 ID:7vxk1R22
男一人で観てきた。

客は全部で10人いたかどうか。
女二人組とカップル一組だけであとは男一人客ばかりだったな。

この手の映画は久しぶりに観た。
80~90年代はこういう映画が結構あったような気がする。

サッカー女がコーチとHして鬱になったのがよくわからん。

16 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 20:16:50 ID:MKWSK7Jx
パンフに書いてあるように悲しみを紛らわすだけの行為なので、コーチに悪いと思ったからでは

17 :名無シネマ@上映中:2005/10/02(日) 20:42:58 ID:8u+6uH98
そうそう、つまりコーチを愛していると思ってああいうことになったけど、
なってみたら気づいたんだよ。
母親を失った悲しみを埋めようとしているだけであることに。
だからあれ以降、あのコーチは恋愛の対象ではなくなった。

19 :名無シネマ@上映中:2005/10/03(月) 01:18:13 ID:/pIzJpGd
もっと大々的に宣伝、興行すればかなりヒットすると思う。
クセのない、とってもわかりやすい感動作なんだし。
このまま知る人ぞ知るカルト映画になったらもったいない。
DVDになってから口コミで広がっていつもレンタル中って言うパターンかも。

24 :名無シネマ@上映中:2005/10/04(火) 17:54:01 ID:Gw1gROdi
原作3作品読んだ人、感想よろしく。

原作のイメージとどう違うかが怖くて、
気になるくせに見に行けない自分…

27 :名無シネマ@上映中:2005/10/05(水) 02:17:57 ID:3x+QDP1G
>24
原作者はこの映画の出来を「完璧に満足している」そうだ。
原作読んでないけど、この作品見て読みたくなった。

28 :24:2005/10/05(水) 10:27:36 ID:dr7UJ7EQ
>>27
情報ありがとう!
完璧に満足している…なら、多少安心なのかな。
見に行ってみようかな。

34 :名無シネマ@上映中:2005/10/11(火) 12:12:42 ID:dWb4etKP
原作を全て読んだ者にとっては、話が違う部分が多くて…
2時間に納めるには、仕方ない事だとは思うんだけど…
ちょっと残念でした。

ただ、映画単体でみれば、とてもいい出来だと思います。
一緒に行った友達も感動していました。

休日の中日だったというのに、ほぼ半分しか埋まってなかった。。。

35 :名無シネマ@上映中:2005/10/12(水) 01:49:18 ID:I0how7bd
>34
半分しか埋まってないのかあ…。
監督も無名だし、有名な俳優も出てないし。
確かに見に行こうって言う動機づけが難しい映画かもなあ。
見ると本当に大好きになるんだけど。
ヒットして欲しいなあ。

43 :名無シネマ@上映中:2005/10/28(金) 03:33:32 ID:pclXzihY
原作はアメリカだとかなりのベストセラーなんだよね?
日本で原作がそんなに売れてないのが客足伸びない原因かもね。

41 :名無シネマ@上映中:2005/10/28(金) 00:54:58 ID:pclXzihY
まぁまぁ良かった。
一人ゴーストワールドの片割れみたいのがいたな。
テレビの生放送でLiLiCoが泣きながら紹介してたの見ていい映画だけど
そこまですごい映画ってほどでもないかな。いい映画だけど。

42 :名無シネマ@上映中:2005/10/28(金) 01:30:36 ID:2aMH0gUo
>>41
あの人笑っちゃうくらい涙もろいよねぇw

44 :名無シネマ@上映中:2005/10/29(土) 19:17:27 ID:mYqJlu0c
恵比寿で見てきた
2/3くらい埋まってたかな

2ちゃんねる映画ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

ギリシャの街がハッとして一番記憶に残った
4つのストーリーはどれも王道だけど、なんか安心して見れた
白い壁の反射に照らされたリーナが綺麗だったなぁ

45 :名無シネマ@上映中:2005/10/30(日) 02:37:06 ID:4ALu82kS
ギリシアにいるときはレーナと呼んで♥

46 :名無シネマ@上映中:2005/10/30(日) 20:53:40 ID:VvZxmv6T
原作読んだ、さすがにサクサクと読める

脇役のキャラ設定の違いはあるけど、大きな改変はあんまりないと思った
コストスの位置付けは違って、ロミジュリ状態じゃないのか
でも映画のほうがリーナが自分の殻を破ろうとしている感じがして良かった

47 :名無シネマ@上映中:2005/10/31(月) 15:40:45 ID:kJVoeP7t
映画よくできてて面白かった。
リーナのエピソードは映画の方がかわいらしくて良かった。
ただ原作ではセクシーグラマーで下級生の憧れの的のカルメンを
あんな太めのおばさんキャラににしなくても。

2ちゃんねる映画ブログ

アメリカフェレーラは上手いしそれはいいのだけど
わざと不細工にして4人のキャラや、白人一家の中で浮いてしまうプエルトリコ少女の
悩みを際立たせるためだろうけどやりすぎ。
「ブロンドの国で私だけが化け物なの」とかさ。
4人とも可愛くちゃ駄目なのか。

50 :名無シネマ@上映中:2005/11/03(木) 09:25:50 ID:MQ1rr08S
>>47
>4人とも可愛くちゃ駄目なのか。
リアリティの問題じゃない?
普通の女子高生という設定なのに
4人そろってかわいいと絵になりすぎて不自然
文章ならまだいいけど映像だと...ね

49 :名無シネマ@上映中:2005/11/03(木) 00:18:31 ID:qlnCsoiq
原作読んでから二回目を見た
ブリジットのことはビービー言ってるね、それを字幕に出さなかったのはGJ
一回目は原作を読んでないせいかブリジットとコーチは
最後の会話を見るまでやったと思ってた

53 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 01:36:07 ID:mc1sfKK4
>49

あれ、最後までいってないの?
てっきりやっちゃったのかと思った。
あのジーンズに関する規則で「他人に脱がせない」ってのがあったから、
ブリジットは自分で脱いだの?とかよけいなことが気になってたけど。

つーかコーチは実はゲイで、というオチがあると思っていた。

54 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 04:39:43 ID:c6oeYRrP
>>53
オ、オマイは漏れかよっ。 全く同じこと考えてた。
ヤっちゃって無かったら、コーチとの事が本当の問題からの転化だったって
事に気が付かないんじゃないのかな。こう、終止符が打たれないというか…

2ちゃんねる映画ブログ

コーチ、あんなムチっとした健康的なエロい金髪少女に迫られて、
あそこまで拒むなんて、きっと…と勘ぐるよな。

55 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 14:59:29 ID:K/tWsna1
あの場面、原作のブリジットはキスだけで舞い上がってパニックだったかな
映画では再開して言うコーチの「君が大学生になったら~」はその直後のセリフ

映画用の脚色としては省略がうなくいかなかったパートかもね

56 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 15:11:40 ID:mc1sfKK4
>55
そうか、キスだけだったのか。
というかブリジットはあの積極性とナイスバディで、
既にボーイフレンドの3人や4人いそうだったから、
まさか初めての恋?とは思わず…。多分>54もそうじゃないかと(w
コーチ結構大人だったんだなー。いい奴じゃん。

ちなみに、リーナもやっちゃったのかと思ってた。
こんなことばかりでスマン。別にそういうのを期待していたわけじゃないんだが
アメリカ人は性にオープンみたいなイメージのせいか。

57 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 17:29:17 ID:VIrvvAcP
映画のリーナさすがにやってるだろ

映画のブリジットはルックスにミスリードされる

58 :名無シネマ@上映中:2005/11/06(日) 18:20:57 ID:tAorqEDc
ちょっと待て原作のブリジットはやってるよ?

60 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 01:43:30 ID:k4qy7mxw
この映画、「チャーリーとチョコレート工場」の試写会前の予告編で観て既にジ~ンとしたので、
応募したら運良くこれも試写会が当たり、予想通りいい作品だったのだが
一つだけフに落ちない所が・・・。
ティビーがベイリーの家を訪ねて留守だった時、隣人がベイリーが入院した事&白血病という事を
ティビーに教えたけど、普通近所の人間が、まだ生きてるのに「白血病」なんて事まで知ってるか?という点と
万が一とても親しくて病状迄知っていたとしても、ちょっと尋ねてきた若い女の子に
その彼女がどういう人間かも知らないのに、「白血病よ」なんて大事な事まで簡単に教えるかな?という点。
どうも納得行かなくて、感動が少し薄れた。

勿論、ベッドでベイリーがティビーに言った言葉には感動したけど。
テ:「私は見抜けなかったよ・・・」
べ:「見直せばいいのよ」

べ:「もう魔法は効いたよ。ティビーに会えた」・・・・(涙)

61 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 02:54:35 ID:ukEBgcgx

2ちゃんねる映画ブログ

ベイリーの性格なら、最初にもう治らないかも、と分かった辺りで、
病名は知らないけど子供が長期の入院加療は可哀想だと思って
慰めようとした近所の人や親戚などに、やけっぱちの皮肉まじりに
病名と進行具合を言うこともありそうかな。ちょっと強引に解釈してみると。

62 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 18:16:41 ID:k4qy7mxw
う~~~ん、だとしても、その隣人が、たまたま訪ねて来ただけの女の子になんか軽々しく喋る?
毎日頻繁に訪ねて来てて、「あなた(ベイリー)親友なの? 実はお隣のベイリーはね、重い病気らしいわ」という流れなら
まだしも、あまりに簡単に教え過ぎて、「え!?」って感じだった。
映画観るにあたって、細かい矛盾や違和感は付きものだから、「そこは詮索せず軽く流して・・・」と
いう場合も多々あるけど、こういう作品なだけに、もう少し細部まで丁寧に描いて欲しかった。
だって、「強引に解釈してみると」と仰ってる時点で、正直>>61さんもそう思わなかった?

63 :名無シネマ@上映中:2005/11/14(月) 19:50:54 ID:xdX/55NP
>>62
私はまったく違和感を感じなかった。
無神経なおしゃべりおばさんって、どこにでもいるし。

原作ではベイリーはかなり長期間治療しているんだよね
七年だったか、ずっと入院していて、もう治らないことがわかって
せめて普通の生活を体験させたいと思った母親が退院させた。
だから、近所では誰でも知っている有名な話なのでは?

66 :名無シネマ@上映中:2005/11/18(金) 10:25:58 ID:F+Ka6V1g
飛行機の中で見て泣いたわ・・・。
でもこの映画日本では無名ですな・・・・・、残念。

73 :名無シネマ@上映中:2005/12/15(木) 22:59:54 ID:Pl0Rvkod
めちゃくちゃ過疎化してるな
やっぱ知らない人大杉だからか
良作が埋もれるのはつらい...



http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1141486111/
2ちゃんねる映画ブログ

3 :名無シネマ@上映中:2006/03/05(日) 20:09:59 ID:lnYTZhqd
女子サッカーの合宿?みたいなやつ、参加者みんなが美人でナイスバデーなんてありえね。と思いつつハァハァした。

7 :名無シネマ@上映中:2006/03/09(木) 22:30:54 ID:AMFwubP8
ゴスっ子みたいな子が可愛かったな。スーパーでバイトしてた子。

2ちゃんねる映画ブログ

12 :名無シネマ@上映中:2006/03/10(金) 02:50:53 ID:Koh0mKTM
>>7
ゴスは好きだけど、ゴスになりきれないくらいの感じかな

21 :名無シネマ@上映中:2006/03/12(日) 01:49:23 ID:lFIL1AaV
ティビーかわいい

10 :名無シネマ@上映中:2006/03/10(金) 01:09:49 ID:lM4Mru+u
この前、DVD借りてきたよ
いやー、久しぶりにここまで爽やかな良い映画を観たよ
土曜日の晴れた日にでも観れば最高にうってつけだと思う

ワーナーなので廉価版DVDが出たら即買いします。

5 :名無シネマ@上映中:2006/03/08(水) 17:58:20 ID:S5TxT8XJ
カーメンだけが一人浮いてた

16 :名無シネマ@上映中:2006/03/10(金) 18:14:38 ID:UtkXG/PH
プエルトリコ系のオデブちゃんとシャラポワ似の女の子が一緒につるんでるなんてのがありえない

17 :名無シネマ@上映中:2006/03/10(金) 19:15:54 ID:gCPu7NRD
普通のティーン系映画だと、あの金髪はプエルトリコデブをイジメてるという構図になるわな。

24 :名無シネマ@上映中:2006/03/12(日) 23:18:55 ID:8waKF3+G
白血病の少女の話で泣いちゃったよ。
あの話だけで1本の映画にして欲しかったけどそうもいかないかな。
ギリシャの恋の話とサッカー娘の恋の話はいらない。どっちも月並みすぎ。
ところでこの映画をimdbで調べると予算30億ってなってんだけどどこで30億
も使ったのかなぁ。俳優も有名な人いないし、ほとんどロケだろうし・・・。
宣伝費とか原作の使用料とかかなぁ?

25 :名無シネマ@上映中:2006/03/13(月) 18:13:12 ID:E042FG3J
ギリシャロケしたからだよ

28 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 04:41:45 ID:sGxtj5Vs
ティビーのエピソードだけでいいんじゃないかと思った。
デブと金髪とギリシャはどーでもよかった

29 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 10:47:57 ID:uRpRcItr

2ちゃんねる映画ブログ

なによりも、ジーンズがどーでもよかったというのがなんともw

31 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 08:10:48 ID:DeQ9q1Z2
漏れも、特にブリジットのエピソードは、ポカーン(゚д゚)ダタヨ

冒頭の方で、交代で1本のジーンズを試着するシーンを1カットで撮ったのが確かあったけど
ホントにあれ編集とかしてないのかな?
あのラテン系デブちゃんまで穿けちゃうとは!!

32 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 16:19:12 ID:xV7bGvVj
あれどーやって撮影したんだろうね。
あのデブが履けるなんて

41 :名無シネマ@上映中:2006/03/31(金) 09:31:22 ID:JTenghz8
やっと見た!女の子の悩みをきちんと描いていて凄く良かった
「この話の良いのは友達の力を借りて強くなる所」ホントにそう!

45 :名無シネマ@上映中:2006/04/02(日) 00:54:19 ID:NuDn2Ly7
一週間穿いて次に送ってるから6週間+配送期間なのにまだ夏休みって
海外でも2,3日でついてるのか?

94 :名無シネマ@上映中:2006/07/07(金) 05:01:39 ID:fp2kUF2W
借りたやつみたけど、メイキングのティビーかわいいな
犬にもインタビューしてるし、ゲップもしてるw

46 :名無シネマ@上映中:2006/04/02(日) 21:48:21 ID:ZhKVgTci
メイキングの方が面白かった。本編見たから言えることだけど…

サッカーの話は要らない。
ギリシャの話は男をもっとイケメンにすれば、面白くなくもなかったと思う。

47 :名無シネマ@上映中:2006/04/02(日) 23:14:53 ID:IiFlpmm3
ブリジットの話は実は複雑だから

48 :名無シネマ@上映中:2006/04/03(月) 11:20:28 ID:d7QsuOxf
なんていうか凄く爽やかな映画だよね
ああいう青春時代を過ごしてみたいな

49 :名無シネマ@上映中:2006/04/03(月) 20:00:49 ID:obOBoop8
おれたちはもう汚れっちゃってるからな

65 :名無シネマ@上映中:2006/04/19(水) 10:35:24 ID:lSDVXWIL
見たけどあまり面白くなかったなあ。ありがちなプロット、ありがちな構成だし。
白血病の少女のティビーへのセリフは予想できたし、ブリジットの犬が
男の所へジーンズを持っていくのも、「あるかよ!」って思ったし。

原作の方が面白いのかな。映画だと4人の描写が浅いように感じたから
あまり全体を通して言いたいメッセージが伝わって来ないし。それとも
俺が磨耗しすぎているのか(29歳男)

87 :名無シネマ@上映中:2006/06/19(月) 23:17:19 ID:VMahSoSa
ゴス娘と少女のエピソードは反則、爆泣きしてもうた。
本当に青春映画の佳作だと思う、セカンドシーズンもやらないかな?

あとサントラが最高、いい歌ぞろいだな、輸入盤買ったよ。

88 :名無シネマ@上映中:2006/06/20(火) 00:12:49 ID:4uoJYHEQ
日本版ないしな

91 :名無シネマ@上映中:2006/07/02(日) 04:48:24 ID:De3JwSgB
観た。思ってたより浅かったかな。
ジーンズを通して、物語がもっと交錯するもんだと思ってたから。
3人にして、ひとつひとつの物語を作りこんでほしかったな。
てか恋愛は2パターンも要らないし。
全体の雰囲気は好きなかんじ。

96 :名無シネマ@上映中:2006/07/17(月) 21:22:57 ID:mVU8m4lv
最後「心はいつも一緒」って台詞のあとに流れ始める曲イイ!
曲名わかる人いる?

97 :名無シネマ@上映中:2006/07/18(火) 10:18:05 ID:5GDBA2ps
>>96
These Days/シャンタール・クレヴィアジック

98 :名無シネマ@上映中:2006/07/18(火) 12:00:14 ID:D1W7GGgK
>>97
サンクス!

23 :名無シネマ@上映中:2008/07/02(水) 00:59:42 ID:Meu2nyvp
ティビーとベイリー(白血病少女)の話は何度見ても泣ける。
死の電話を受けた母親の声を聞いてティビーの目から涙伝うシーンは切ない。
その時見てたのはベイリーと見てた星空だし。

12 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 09:51:29 ID:Nj19cHv8
年甲斐もなく泣いてしまった

観た直後は白血病少女のエピソードが印象深いんだけど
何日か経つとブリジッドのエピソードが心に残るんだわ

で、何が言いたいかというとアレクシスが可愛いってことだ

14 :名無シネマ@上映中:2008/06/23(月) 17:40:17 ID:EVolIBCj
アレクシスは俺の嫁

36 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 00:54:24 ID:Eq0+45Jc
ブリジットのばあちゃんがグウィネスママだったり、カルメンの同室が最近他の映画で見た巨乳ちゃんだったり
脇が好みだわ


関連記事

  1. 2010/12/21(火) 23:03:53|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁 | ホーム | 秘密>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1620-4821a1d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。