2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

SR サイタマノラッパー

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1275473867/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/02(水) 19:17:47 ID:NGQylQAC]
SR サイタマノラッパー

監督 入江悠
脚本 入江悠

出演者
駒木根隆介
みひろ
水澤紳吾
杉山彦々
奥野瑛太
益成竜也
上鈴木伯周

公開 2009年3月14日

受賞歴
2009年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門グランプリ
2009年 第13回富川国際ファンタスティック映画祭NETPAC AWARD(最優秀アジア映画賞)
2009年 モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
2009年 新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
2009年 渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録
2009年 池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
2009年 TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
2009年 東スポ映画大賞、監督賞にノミネート

DVD発売日: 2010/05/28

公式サイト
http://sr1.sr-movie.com/


3 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 20:34:05 ID:DJ3Ydcg+]
見たけど普通だった 

4 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 20:40:27 ID:0AMubs4e]
ラストは泣けるだろ~!、ラストだけは。ラストだけで傑作だよ

5 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/02(水) 23:46:48 ID:/GVciSLZ]
たぶん、10代から20代前半のひとらよりも、それ以降のいろんなものが見えてきた人たちはグってくるように思える

6 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/03(木) 02:58:25 ID:asWTnF78]
20代前半の青二才ですが号泣しました

7 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/03(木) 19:35:01 ID:adpdoAf7]
あいつらが自由勝手に工場使える理由が最後までわからなかった。
普通に電気きてるから廃屋ってわけでもなさそうだし。

8 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/03(木) 19:38:26 ID:z+P+e5a0]
工場の中ん時はなんで吹き替えだったんだろう 下手すぎてすっげえ違和感があった

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/03(木) 19:40:38 ID:0wepG01D]
おっぱい・・いっぱい・・

10 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/04(金) 12:14:52 ID:DN8ocTTv]
みひろがバイトで履いてるバンズの靴の派手さが深谷の子っぽくてよかった@本庄市民

11 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/04(金) 23:42:41 ID:m3PUzpYs]
さっきDVDで観た。
いい意味で想像を裏切った!
「国道20号線」とはま逆のアプローチなんだけど、郊外都市のリアルな今、がひしひしと伝わってきたよ。

そしてみひろのDVD欲しい。

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 23:32:35 ID:bbG7dwkE]
あのラストシーンは感動的だったが、
自分の言葉を獲得したからってラッパーとして成功するとは限らないんだよなあ。
あの東京行った3人組があっさり売れてしまうとかもあり得るわけだし。
だからこそ感動的だったのかな。

まあ続編のある作品でこんなこといってもしょうがないが。

16 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 01:41:19 ID:hP/FUmdC]
もっとたくさんの人にみてもらいたい映画だな。

18 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 02:58:45 ID:MjG0TD+C]
>>16
おれも音楽や映画や小説に限らず久しぶりにそういう風に思った。

20 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/07(月) 12:29:38 ID:shJZXswa]
さっきDVD借りて見てみた。
なんか不完全燃焼っていうか、いきなり終わった感じだなぁ。
とくに泣ける要素が無かったけど。
最後の定食屋でのやりとりで泣けるってこと?

24 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 17:39:18 ID:NGsUGUcG]
>>20

2ちゃんねる映画ブログ

ヒップホップとは元々ニューヨークの底辺の人達の「こんな俺だけど格好いいんだ!」
という強烈な自己肯定の音楽。
それまでのIKKUは、ラップをやりながらも自分自身の言葉では語ってなかった。
新聞の国際情勢の記事を集めてたり、友達にネタがないか聞いたりしてる場面で
それが描かれてる。
それがどん底まで落ちて、追い詰められて、ついに自分自身のリアルな言葉で
語り始めた。あの瞬間に本物のラップが誕生したってこと。

12 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/04(金) 23:55:42 ID:aejD346N]
ケンとテックと一緒にいるモジャモジャグラサンは、Sho-Gungのメンバーなの?
エンディングの歌に出てこないんだけど

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 00:52:13 ID:4dYwVtSH]
集合写真にもいないしセリフもない?よね
いる意味あんのあの人

14 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 14:27:11 ID:SwhovUJS]
あの人はあの中で一番ラップが上手い釣り人だろ

19 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 11:05:44 ID:+U4iGHMR]
昨夜、人ん家で飲みながら観た。DVD手元に無いから週末まで観なおせない。

2ちゃんねる映画ブログ

SHOW-GUNGって6人組って言ってたっけ?
●イック(MC)
●トム(MC、録音とかしてたがトラックメーカー?)
●畑の後輩(序盤にトラック制作頼まれてた&市役所でソロでラップしてなかった=DJ?)
●先輩っぽい釣りのデブ(MC)
●先輩っぽい“オニ格好いい”野球帽の人(MC)
●先輩側についてたロン毛、サングラス、細身のロッカー風の人(?)
で6人?

故・タケダ先輩はメンバーではないよね?
ライブでDJやるメンバーは誰なんだろう?

それにしてもめちゃめちゃ胸熱くなる映画でした。2が楽しみだ。
釣りデブと野球帽の先輩は、ネタで付き合ってるとか、市役所バックレたり、
めちゃめちゃイヤな奴らでムカついたけど
エンディングでラップしてたってことは、本気でSHOW-GUNGで夢抱いて頑張ってた時期
ほんとにイックやトムと掛け値なしの“仲間”だった時期もあったってことかな?
そして釣りデブ、野球帽、ロッカー風、DJ畑の後輩の4人で、
ヒップホップで売れるために上京するんだっけ?
東京ディズニーランドのチラシ?はどういう意味?

21 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 12:56:38 ID:shJZXswa]
>>19
エンディングでラップしてたのって、最後2人になるまでいたエアガン打ってた奴じゃない?
途中で何人かで脱退したムカつく奴らの一人が、最後のあの場面でラップしてたのなら
少しグッとくるけど。

もし俺の見解が違ったらごめん

22 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 15:01:55 ID:ckjz18Rz]
>>21

>>19だが、最後の曲は、SHOW-GUNG分裂前というか
SHOW-GUNGが楽しくやってた時期に、楽しく作った感じの曲だと思ってた。

声聞き分けられてないし、酔っ払ってたから自信ないけど
「♪逃した魚はでか~い」みたいなのがあったから
そこはあの釣りデブ先輩(wikiによるとMC TEC)の歌なのかなーと。
だから、釣りデブとか野球帽先輩(wikiによるとMC KEN)は、
最初からイックとトムをからかおうと思ってたんじゃなくて、
ほんとに一緒にプロ目指して夢見てたのかなーと。
(途中でイックやトムが根はダサいヤツだと知り、
かつ自分たちのHIPHOPへの夢や現実味も薄れ、
イックやトムをからかう対象にして関係もこんなふうになったとか)

2ちゃんねる映画ブログ

あとブロッコリー後輩(MIGHTY)は、wikiによるとMCなんだな。
じゃあDJ誰? あのロッカー風ロン毛? wikiには載ってない。
週末もっかい観よう。

ところでトムがモデルガンでトラック撃ってたシーンって
中坊がちょっと狂ったヤツぶって「ヒャハハ」とか言って「悪さ」する
痛い感じが出てて、すごくサブイボ立った。あの子の素とは思えないし。
イックもトムに喧嘩勝ったとかいって強がったり、
結局あの2人も、最後の居酒屋ラップするまでは、
互いの弱い部分、みじめな部分かくして、強がる関係だったんだな。
だからこそ初めて本音で恥ずかしい自分の気持ちさらけ出す手段が、
彼らにとっては即興のラップだったってのが、また目頭熱くさせた。
長文スマン。

23 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/07(月) 17:18:03 ID:NGsUGUcG]
>>19
>東京ディズニーランドのチラシ?はどういう意味?

この宇多丸師匠と入江監督のトークショーで監督が解説してる。5:30あたりから。
http://www.youtube.com/watch?v=K6SSQOO3xJM

上京して本気で音楽やると言ってたけど、そんな純粋じゃなくて
音楽以外のこともいろいろ楽しみにしてるってこと。
それと、それ東京じゃなくて千葉だろwって落ちw

25 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/08(火) 05:53:22 ID:uhypbWPp]
エンディングは、作中でTKD先輩に作ってもらったやつだから、ラストシーンの後にSho-Gungが再結成したってことだろうな

これ聞くと、また集まったみたいな言葉がいっぱい出てくる
http://www.youtube.com/watch?v=p-tv3uLG154

134 :名無シネマ@上映中:2010/11/07(日) 13:53:19 ID:+xytRbL9
小説版を読むと、TKD先輩のトラックは「俺らSHO-GUNG」で間違いないのがわかる
そして、SHO-GUNG分裂後にトラックを受け取ってるんだから
ストーリーの中の世界では「俺らSHO-GUNG」は完成させることはできない
TKD先輩もいないし
つまり、エンドロールでかかる「俺らSHO-GUNG」は
果たすことができなかったSHO-GUNGの夢のかたち、幻
そんな風に解釈したなあ
それでまた号泣メーンですよ

29 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/09(水) 08:31:22 ID:oNO8fbGj]
劇場で観たとき、ラストの曲は彼らの叶わなかった夢、現実に介錯された夢と解釈してた。

まあ、続編が出来たから、いつかの未来でイックたちが先輩たちを呼んで作った歌、ってことになってそうだが。

30 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/10(木) 13:11:40 ID:I/79ys0D]
マイティがお母さん怒鳴るシーンが好き

31 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 13:21:22 ID:kuqPpesv]
おれは序盤、IKKUが家で「もーお兄ちゃん、出かけるなら戸締まりしてよ」とか言われて
そのあとビートに乗りながらノリノリでラップ手振り(?)しながらあの田舎道を歩いていくシーン。

そのあとMIGHTY、TOMと会ってからか、公園で何か食べながら
「おぱい、いぱい、おぱーい、いぱーい」とかつぶやいて上機嫌なシーンが好き。

IKKUは中年になったら非常勤講師になりすまして小学生にラップ教えればいいと思う。

32 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/10(木) 13:39:40 ID:kuqPpesv]
冒頭の「おれらも来月ライブやろうぜ! おれら『6人』SHO-GUNGだぜ!」
とか言ってるシーンではモジャモジャ革ジャンもその『6人』に入ってる感じだな。
「グループ名はSHO-GUNSっしょ」とか言ってロゴ入り布掲げてるし。

でも
http://www.youtube.com/watch?v=rrSLmuqP2GQ
エンディング曲聴くと、IKKU、TOM、MIGHTY、TEC、KENと、TKD先輩で全員って感じだ。
まあTKD先輩はメンバーじゃなくてビースティのMixMasterMikeみたいな感じかもしれんが。
ちなみに死んだTKD先輩が死後の世界から5人にラップしてるから
このラップはあくまで「映画の打ち上げ」「映画のオマケ」であり実現しないものだと思う。

さらに既出の「ONCE AGAIN」バージョン
http://www.youtube.com/watch?v=p-tv3uLG154
聴くと、IKKUはまだまだニート、TOMは交通整理してて、
MIGHTYはあの裏切り(?)決別などなかったかのように当然の如くTOMからマイクパスされ、
でもそのあとTECとKENがラップ始めるときには、
IKKUがいちいち「あれTECさん??」「KENさん?? SHO-GUNGそろった!」と驚く。
故TKDは「SHO-GUNGがまたひとつに」と天の声みたいにラップする。
これも深く考えると意味が全然わからん。
この歌は、このフクヤのあるフィクション世界では実際には生まれてない。
あくまでオマケなんだろうね。

となるとモジャモジャ革ジャンの役を映画に入れた制作者の意図が全然わからん。
SHO-GUNG、5人でいいと思うが。名前もないし。でもメンバーなんだよね。

33 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/11(金) 00:04:31 ID:XBxGPjVD]
>>32

ウータン・クランの名無し構成員みたいにステージでうろちょろするよな存在じゃないかね?あの革ジャンは。Kenの弟分みたいな感じ。

34 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/13(日) 02:10:10 ID:u5nEKh9p]
ヒップホップ知ってるやつからすると
ほとんど全シーン見てるだけで恥ずかしくて鳥肌ブワーって出るし
あのラストなんか痒くて痒くてたまらんかったわ
興味ないやつからすればなにやってるのかもよく分からないだろうし
どういうやつが号泣しちゃってんだろこの映画

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 10:36:09 ID:BtEYE83o]
宇多丸が号泣したってさ

2ちゃんねる映画ブログ

37 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 12:25:25 ID:PZrZj+M+]
>>35
あいつぐらいだろ、捻くれてるからな彼は

36 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 11:12:51 ID:uCbTDEjf]
逆にヒップホップを知ってる人のほうが号泣なのでは?
知らない人だと、ラストで、それまで借り物の言葉でしか語ってなかったIKKUが、
底辺まで落ちて遂に自分のリアルな言葉で語り出した、本当のヒップホップが
誕生したってのがわかりにくいから。

>ほとんど全シーン見てるだけで恥ずかしくて鳥肌ブワーって出るし

日本で日本語でヒップホップをやることの「気まずさ」をきちんと描いてるからこそいい
という人が多いのですが、>>34さんはそういう「気まずさ」を感じたことはないんですか?

37 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 12:25:25 ID:PZrZj+M+]
>>36
ぼくはジャップがラップすること自体ワックだと思ってますから
気まずいどころじゃない

38 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/13(日) 13:56:19 ID:SciKEWTo]
以前、ロケ地巡りをしたんだが、小暮千夏が昇っていく駅の階段は「きぼうの橋」、という名前だったのは偶然かな。

この映画の登場人物はみんなそれぞれに幸せになっていてほしい。

42 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/15(火) 22:36:33 ID:3fxJLtFz]
高校名を言っただけでざわめくのが田舎だよなぁ。

43 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/16(水) 13:23:03 ID:Tfh2F+Rt]
DVD観終わってすぐさまサントラ購入しました

44 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/17(木) 19:27:50 ID:1dImkgQd]
小説買いました。

131 :名無シネマ@上映中:2010/11/03(水) 13:55:36 ID:X0V9h5n3
小説版も読むと面白いな。
みひろの実家が病院とはきがつかなかった。

123 :名無シネマ@上映中:2010/10/23(土) 10:07:07 ID:/xA6X4v1

2ちゃんねる映画ブログ

みひろが工場で勝手にCDかけてIKKUを馬鹿にする場面が納得できない。
自分が勝手に付きまとって来て勝手にCDかけて大笑いしといて、一言IKKUが
言い返したら、呆れ返って「お前なんにも変わってねぇなぁ…」って。
あそこは何なの?

124 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 21:10:50 ID:24I4xoxe
>>123
IKKU乙

125 :名無シネマ@上映中:2010/10/24(日) 21:44:30 ID:EJyePVQL
>>123
ツンデレみひろちゃん。

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/25(金) 10:04:47 ID:QWEre+OZ]
市役所みたいなところで歌わされるシーンが面白くて
ここだけ何度もリピートして観てるわw

特に3番目に質問したジジイの話が神懸かり的な面白さで
何度観ても笑いが止まらんww

126 :名無シネマ@上映中:2010/10/27(水) 08:11:01 ID:wgX97UCn
2PACのポスターあれは爆笑してしまった

128 :名無シネマ@上映中:2010/10/28(木) 23:04:34 ID:IsztskV9
TKD先輩も笑える

2ちゃんねる映画ブログ

130 :名無シネマ@上映中:2010/10/31(日) 19:32:57 ID:I31912Q/
伝説のTKD先輩の遺作トラック
使ってあげないとかわいそう

57 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/27(日) 01:01:52 ID:/acQ8WjA]
予算いくらでこれ作ったんだろう?

61 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/28(月) 01:17:46 ID:nvudHYpE]
>>57
200万とかイベントで言ってたような?

58 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/27(日) 01:06:45 ID:p5hJjaZ4]
金かかってるのはOPの車走らせながらの撮影だけだね。気合入れたシーン以外は
家庭用のカメラくさいな。撮影自体はほぼ無料に近くて予算のほとんどは上映のための
フィルム代じゃないかな。

60 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/28(月) 01:14:33 ID:nvudHYpE]
>>58
あれはフィルムじゃないよ。

71 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/08(木) 20:05:57 ID:Ih++7o0e]
所沢市民としては、この映画にすごい違和感がある。
映画だと東京がすごい遠くにあるみたい。
あの距離感はありえない。
所沢は新宿まで電車で30分だし、「上京」なんて恥ずかしい言葉は使わない。
映画の舞台になった深谷市は埼玉の北の外れでほとんど群馬県。
パート2は群馬が舞台だけどパート1も実質的には群馬が舞台だよ。

75 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/09(金) 01:53:19 ID:dYC0sDde]
>>71
目クソ鼻クソ乙

77 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2010/07/10(土) 23:41:58 ID:NNMcgPbc]
>>71
新宿まで10分圏内の俺に言わせれば
お前のレスはコンプ丸出しすぎてはずかしいわw
なに名誉東京都民みたいな顔してんのw埼玉県民w

だいたい乗り換え検索したら急行乗っても所沢まで40分以上かかるんだけどw
サバ読んじゃった?それとも特急使った?
特急使うエリアが東京から近いわけねーだろwwwレッドアローwwww小江戸号wwww

79 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2010/07/11(日) 10:53:40 ID:uPxcMKEg]
>>77さん・・・それラップ。

81 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/13(火) 14:43:23 ID:9WYDahbq]
この映画面白かった!
けどさこんなに持ち上げられちゃって今後やばくないか?
サイタマノラッパーなんてモロに色物じゃん。
まさかず~っとラッパーネタ引っ張るわけにもいかないしさ(群馬女子までだろ)

82 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/14(水) 11:04:59 ID:/M9GmRJ+]
47都道府県で全部やるんじゃないの?

90 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/13(金) 19:13:15 ID:KWQMRP8h]
セーブオンや求人ジャーナルの北関東テイストにニヤニヤしてしまった。

段々面白くなってきたなあと思ってたら
「あれ?ここで終わり?」って感じたんだけど
みんなあそこがラストシーンで納得なんだね。

94 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/15(日) 14:11:54 ID:pDzC755h]
俺も最後はマジなのか、笑いなのか、シュールすぎて
(俺の視点はビール持ってるおばちゃんだった)
泣くまではいかなかったな。
でも面白かったなぁ
AV嬢の意味不明なぞんざいな態度以外は本当に面白かった。
同じ日に南極料理人を見たから
日本の映画クオリティーに感動した1日だったよ
またあんな感動を味わいたい

102 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/23(木) 06:17:50 ID:GAjjdSTa]
>>90
最初見た時は「えっ?」って思ったけど、
なんだか心に残って何度も見たら、
やっぱりあそこしかないように思えた。

あそこで、トムが「俺もう一度夢に向かって頑張るよ」
って言っちゃったら陳腐な青春映画になっちゃうし、
「俺はもうやらない社会人としてちゃんと働く」と言ったら
映画のエンディングとしてつらい。
暗い顔のままゆっくり振り向いてどう返事するのか
わからない、どちらもありえるところで終わるのが
このあまりにリアルすぎて切ない映画にぴったり
だと思った。

この映画の感動ポイントはもうイックが
自分の言葉でラップした時点で終わってるしね。

103 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/09/23(木) 13:18:07 ID:YvbkQSPW]
そしてずっと背を向けてたトムさんを
少なくとも振り向かせることに成功したとこで終わるのは
俺的にはじゅうぶんハッピーエンディングだわ

95 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/24(火) 04:13:06 ID:3r3WuFI/]
会議室とラストは面白いな
ってかラストに尽きる映画だな

98 名前:名無シネマ@上映中 [2010/09/08(水) 21:09:18 ID:+jLFu/z0]
なかなか見れなくて今見たわ
HIPHOP好きだけどラストのラップには俺は寒気がした
まあでも日本語ラップ題材にした映画って難しいだろうからよくまとまってたと思う


関連記事

  1. 2010/12/13(月) 22:05:06|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<スリザー | ホーム | グローリー>>

コメント

ラップ好きだけどあんまり感動しなかったな。良い話だと思うけど。
  1. URL |
  2. 2011/10/01(土) 22:22:21 |
  3. 名無シネマさん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1606-0053d021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。