2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京少年

【堀北真希】東京少年・東京少女【夏帆】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1202137317/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/05(火) 00:01:57 ID:/FcAV29d]
『東京少年』公式サイト
http://w3.bs-i.co.jp/cinemadrive/boy/


8 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/05(火) 21:17:41 ID:dYe1qXN0]
舞台挨拶のあとに見た。
本当にいい映画だったと思う。
演出もよかったし、なんと言っても真希ちゃんの演技がイイ。
特にデート中にシュウを睨む表情にゾクッとしてしまった。
なんか毎回新しい表情を見せてくれる女優さんだなと思う。
あと主題歌がナイトの心情と重なって泣ける…

7 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/05(火) 21:00:07 ID:7tRyoeG+]
初日に行ってきました。
恋するみなとと、男性人格のナイトの演じわけがみごと。
堀北真希はすごい。また週末に見に行きます。
本当に良い映画ですね。

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/05(火) 21:28:10 ID:VyYLIvAq]

2ちゃんねる映画ブログ

ワンシーンでナイトへ変わる時の眼の変化は、恐ろしいくらいだった。
三丁目の六子と同じ女優とは思えない。

25 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/07(木) 23:49:47 ID:fQY7Atd1]
最後のナイトの表情が、忘れられない。

26 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/07(木) 23:55:49 ID:MfJkeyrE]
>>25
確かに・・・ナイト切ないよね

27 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/08(金) 20:16:26 ID:QEC61K06]
>26 どうしてもナイトに感情移入して見てしまう。

39 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/09(土) 20:50:09 ID:FAYO20BQ]
新宿トーアに「東京少年」2回目行ってきました。
2回見るとシーンのつながりがようやく分かったけど、
まだ時間の前後が分からない所があったので、ノベライズ本を
読んでようやく分かりました。

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/10(日) 01:45:23 ID:Ai8NmMsG]
>>39
確かに中盤以降のストーリー展開は説明不足でわかりにくい所がいくつかあるよね。
ちょっと考えれば分かるかもしれないけど映像を見た瞬間には理解できないので
何度か置いていかれそうになったw

50 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/10(日) 19:59:42 ID:mGMHknPL]
堀北の視線の演技は、見事だと思った
シュウをいなした時の軽蔑するような一瞥は、
「アルゼンチンババア」で、怒りと絶望に沈むミツコを説得にやってきた、
婆さんにくれた一瞥を思いださせたし、
ラスト近く、夕日が丘の上で、
右からみなとが悲しげな優しい目を、
左からナイトが鋭く睨むような視線をからませるシーンは、見事な対比で、
視聴者は間に挟まれてるようで、思わず息を飲んだ

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/10(日) 21:38:43 ID:mGMHknPL]
作品としての難を言えば、
幽霊でない限りは、みなとの別人格でしかないナイトが、
ラストで自己犠牲の道を選んだとして、つまりそれがどうかしたのか、ということかな
ナイトが消えても、ナイト自身は、悲しいとも苦しいとも思うことはない
みなとがそう思うなら意味があることだけど、この映画ではそこまで示していない

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 03:46:50 ID:ErBQHa2m]
>>51
ナイトは自分の正体をみなとに告げたら、みなとが悲しむことに
なると思ったんだよ・・・

>ナイトが消えても、ナイト自身は、悲しいとも苦しいとも思うことはない
みなとの事を心から愛していて、尚且つ自分の存在がみなとの幸せを阻む
事となると理解したナイトは、やむなく自己犠牲を選んだんだよ・・・

57 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 09:14:01 ID:z89zEo2K]
でも実際みなとは、これ以降ナイトにいくら手紙書いても、
二度と返事は来ないんだよな
それとも、二重人格を克服した時点でナイトを必要としなくなり、
もう書きたいとも思わなくなるとか・・?

58 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 11:24:04 ID:ErBQHa2m]
>>57
確かに・・・みなとが手紙をどれだけ送ってもナイトはもう存在しないから
ゼッタイに手紙は返って来ないんだよね・・・
でもそこはシュウが何とかやってくれるんじゃないか?色々理由つけてナイトは
もう手紙を返せないとかシュウが代わりに書くとか・・・
もしくはナイトが自分が消える時に「自分の存在」をみなとの記憶から
一緒に持って行ったとか・・・

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 14:46:20 ID:HqqkeEhX]
ラスト付近の「治療の時云々~」って台詞から、
ナイトは記憶ごとみなとの中から消え去ったと理解した。

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 18:38:42 ID:LFobn3/3]

2ちゃんねる映画ブログ

メガネは彼女と別れたんだっけ?
そういう話は出てこなかったような。

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 20:09:20 ID:oF4xaCPh]
>>62
あのシーンの時点でもう彼女とは別れてるって
ことになってる。ノベライズを読むまで分からなかったけど。

64 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/11(月) 20:56:35 ID:FDJja8Tc]
2回見たけど、シュウに旧彼女が近づいてきて声かけた夜のシーンでは、
すでにシュウは俺にかまうなって感じの態度だったな。
レストランでは、もう彼女とは別れたけど、
二重人格のみなとが怖くて、彼女がいるなんて嘘をついたのかと思った。

70 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/12(火) 23:02:01 ID:fsjII76O]
みなとのお金で黒いコートを買ったことがバレるのを心配するナイト(;´Д`)ハァハァ

623 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/18(土) 19:25:32 ID:HRD7qRqr]
みなみとセックスの最中に、「セックスが下手だぞ!」とかでナイトが出てきたら
嫌だな・・・。

81 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/13(水) 19:14:35 ID:w09WKMjE]
どこもかしこも誰もが堀北絶賛だな。
でもそれは、彼女以外誉めどころが少ないということだ。
走るシーン、殴りあうシーン等、何度も撮りなおした所もあったそうだが、
それだけやって、はっきり言ってこのレベルの映画しか作れないというのは、
日本の映画界ってのは、今ホントに残念な現状ってことか。

82 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/13(水) 20:28:12 ID:wa+U10c5]
>>81
>でもそれは、彼女以外誉めどころが少ないということだ。
2回見てきたが堀北真希の演技以外には見るところが無いと思った。
演出もこんなことが伝えたかったんじゃないか、と思われるところは
あるんだけど、消化不良に終わってしまっている。
それでももう1回見に行くけど、堀北の演技を見に。

84 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/13(水) 22:15:13 ID:B1x1oY+j]
ぶっちゃけた話を言うと、キャストが少なすぎw
だからストーリーも単調。東京少年=堀北の一人芝居と言ってもいい。

あとは他制作会社と比べ、BS-i制作だから主演の魅力を出すことしか頭にない。過去の作品見ても、まさしくそうだ。
でも、まあBS-iにしてはクオリティー高かったと言っておこう。それも堀北のおかげだが…

堀北はさすがに、これでBS-i制作は卒業だろう。
ケータイ・恋日・東京少年の3部作の映画版に出たわけだし。あ、怪談新耳袋の映画も出たか。

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/14(木) 00:07:09 ID:85zse1xX]
>>84
キャストが少ないのは制作費を落とすため

96 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/14(木) 19:38:17 ID:exnSgYOb]
メインキャスト4人だけで、
他のコンビニの店長や客、ウェイトレス、石田の友人や元カノとかは
エキストラで対応できるんじゃね。

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/14(木) 19:56:25 ID:3zOn70hQ]
>>96

2ちゃんねる映画ブログ

そりゃあコンビニの店長にベテラン俳優持って来られても困るよw

103 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/15(金) 01:43:40 ID:Fch0X+24]
コンビニ店員でレジを打つ真希ちゃん。
泣きながらオムライスを食べる真希ちゃん。
街角から好きな男を遠く眺める真希ちゃんが可愛かった。

そして、「触んじゃねぇよ」と彼氏の手を振りほどく真希ちゃん
石田の腹にパンチを食らわす真希ちゃんが怖かった。

石田の親父に「おっさん、鼻毛出てるぜ」という真希ちゃんに少し笑った。

108 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/16(土) 00:43:28 ID:KKG7syHF]
みなとも良かったが、ナイトの演技は難しかったと思う。
百点満点はあげられないが、よく演じていた。
最後はナイトに感情移入してしまい、泣けた。
堀北さんは凄いよ!六ちゃんと全く異なるキャラクターをここまで演じるとは・・。
みなとが記憶を失った部分を、後半別のアングルから謎解きしていく。
ぼくは、これも悪くなかったと思う。
あと省略の多い話法で撮られているけど、わかりにくくはなかったな。

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/16(土) 01:19:16 ID:ZQdjoyek]
自分は、人間としては存在しないはずのナイトの苦しみには共感しかねたな。
正直、それがムリクリお涙頂戴に思えて興ざめだった。
まして、喜ぶはずの唐沢がなんで泣くのかと・・・。
いつの間にナイトと親友になったのか、ギモン。
「私、恋した」の方がはるかに地に着いたしっかりしたコンセプトを持っていた。
でも堀北真希が凄くて可愛いのは全く異論ない。
もう一回見に行きたい強烈な誘惑にかられるのは、ひとえに堀北のせい。

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/16(土) 01:39:47 ID:8MYwMyZh]
>>108
みなとの記憶が無い時(ナイトの行動)をちゃんと回想・説明してくれてるの良かったよね。
ここにミステリアスな意味が含まれていると思った・・・

>>109
ナイトのみなとに対する純粋な想いにシュウは共感したんじゃないかな?でナイトは
みなとの事を大切に想うシュウを信頼して、無意識の内に友情が芽生えたとか・・・?(飽く迄想像だがw)
まあ小説の方がその辺詳しいと思うから一回読んでみたら?

121 名前:116 mailto:sage [2008/02/17(日) 16:33:13 ID:sPmEHX8+]
2回見てよく分からないシーンやせりふが結構残ったので、
小説を読んで、パンフを読み直し。3回目を見たら各シーンの
時系列や、みなととナイトそしてシュウの心の動きがすんなりと
入ってきて、あらためてとても良い映画だと思いました。
もう一度堀北真希のすばらしい演技をスクリーンで見たいな。
3月にロケ地めぐりを兼ねて、甲府に見に行くかも。

125 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/17(日) 23:35:46 ID://lpTxIt]
>> 121 
あの郵便ポストのある丘を見てみたいな。

2ちゃんねる映画ブログ

126 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 00:01:08 ID:CFEPfe0L]
>>125
あの場所特に良いよね!眺めも良いし・・・
というかあの郵便ポストが決め手だな!

127 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 00:38:09 ID:yp545+ow]
郵便ポストがあるのは、グリーンヒル愛宕のようです。
残念ながらあのポストは撮影用なので、あの場所にいっても
もうないそうです。

128 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 00:42:43 ID:FLQefr1a]
>>127
だよねぇ~、あんな上手い具合に郵便ポストが立ってるわけないよねw

129 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 01:17:00 ID:H2Qk9q/I]
そうか、ポストはないか。
ありがとう、ナイト/みなとが眺めた風景だけでも見てきます。

122 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/17(日) 22:00:20 ID:CFEPfe0L]
これだけが気になったんだが・・・

みなとって学生なの?なんかそう思わせるシーンが無かったから・・・

125 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/17(日) 23:35:46 ID://lpTxIt]
ノベライズを読むと、フリーターと書いてあった。

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/17(日) 23:30:10 ID:CFEPfe0L]
やっぱりそうか・・・orz
真希ちゃんとフリーターって結び付かないないなw

138 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 18:23:04 ID:LJ0I6i9x]

2ちゃんねる映画ブログ

レストランシーンいいね

「ウッソ~~ン!」
「ビックリシタ…」

とかいい!

140 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 18:54:06 ID:tEwO8pVG]
うん、レストランシーン初々しくて好きだよ。
素の二人が出ててよいよ。
石田君は実年齢はどのくらいなんですか?

141 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 19:15:24 ID:FLQefr1a]
>>140
石田君は二十歳だよ・・・ってオレと同い年じゃんw
シュウも二浪だから同じぐらいの年齢設定かな?

真希ちゃんも石田君もかなり人見知り・シャイだから
仕事(映画)の話以外は全然話せなかったみたい・・・
監督はそういった二人の初々しい関係が映画の中に反映できたのではないかと
好い意味の誤算だったみたいだね・・・

142 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 22:07:36 ID:o0dL7r+U]
メガネの「うっそーん」が激しくウザい。
俺がナイトならあんなやつ絶対に認めない。

143 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/18(月) 22:55:55 ID:pOt7uSYe]
>>142
あの後の、一瞬固まったみなとに萌える
真希ちゃんの何気ない仕草がとても魅力的な映画だった
ふられるときの「シュウはどうしたのかなーって」と首を傾げるとことか、
コンビ二で唐沢に手を振るシーンとか、ドキドキした

628 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 10:06:46 ID:umwV7244]
レストランで別れ切り出された後の

「さあ、食べよ?」
「大丈夫だから」

のシーンは心痛いな…

相手「ごめんっ」で帰えっちゃうし…



629 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 14:11:11 ID:/uZ8SrNt]
>>628
そうだね

レストランもちょっとオシャレだし

173 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/21(木) 20:27:31 ID:+AzobKTt]
今日新宿トーアで見てきたよ
みなとは自分が2重人格と最後まで分からなかったのだよな
ナイトはすごい切なかったな好きになっても絶対叶わない恋
期待してた通りの内容と雰囲気で満足だった

176 名前:名無シネマ@上映中 [2008/02/21(木) 20:43:53 ID:+AzobKTt]
堀北はぶっちゃけそんなに気になる女優ではなかったのだが
TBSの深夜のこの映画のCM観てすごく観たい欲望にかられて観てきたが
堀北
カワイイなみなとの微妙な心境の変化の演技とかナイトの時のキレ具合がすごく良かった
何で人気あるかすごく分かった
ちょっと気になったのはナイトの住所は前から分かっててたのなら
もっと早く行ってても良かったのでは?普通の感覚では思ってしまった
それとみなとが手紙書くのにナイトの家に頻繁に行ってたってことは
みなととナイトの家は結構近かったのかなとも思った
とにかく俺は堀北のファンになりました

177 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/21(木) 20:52:33 ID:wa64XZ5p]
>>176
君も彼女の本当の魅力に気づいたか!それは良かった!

72 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/13(水) 00:47:27 ID:gzM4yXzI]
要求される演技のレベルがどんどん高くなってきているけど、見事にクリアしてるね。
今回の撮影も実質数週間?もう少し時間をかけることが出来れば、
作品としての完成度も更に増したと思うが、それを言うのは贅沢というものか。

465 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/26(月) 08:44:52 ID:AXSN+rco]
『東京少年』は内容もいいと思ってる。もう一度観に行きたい。

467 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/26(月) 21:09:22 ID:n+jz8QVn]
>>465
自分としては内容は評価できない。
アルババもそうだったが、人の心の動きをおろそかにする作品は佳作とよべない。
シュウとナイトとの間に友情が生じるはずはないから。
仮に生じるなら、それなりの交流シーンがもっともっと必要だ。

468 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/26(月) 22:03:44 ID:9vnGN+mM]
「よべない」じゃなくて「俺はよびたくない」だろ

東京少年は堀北真希の演技力のせいで物すごい次元にまで高められた名作
この人じゃなきゃここまでの映画にはなってない。
アルゼンチンババアで人の心の動きが読めないとかどんだけ
最後の海に潜ったシーンも読み切れてないだろ君可哀想だ

469 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/26(月) 22:44:55 ID:n+jz8QVn]
>>468
最近の映画だと、アルババと東京少年は作品としては中以下だ
一方で、私恋したは佳作といっていい
ただ堀北は、いずれでも、丁寧に誠実に主役の心を演じていた
彼女に対しては大絶賛したい

617 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/11(土) 22:28:07 ID:Zyfu3kH4]

2ちゃんねる映画ブログ

シュウのお父さん役の平田さんが舞台挨拶の時
堀北さんをほめてたね 私は役者としてのセンスがいいと思う

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/05(火) 22:33:30 ID:IFaPInQs]
主題歌の『LOVE SONG』気に入ったんで借りたんだけど、ホント良い曲だよなぁ~
オレ男だけど、今日3回聴いて3回泣いてしまった・・・(しかも電車の中で)

226 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/26(火) 22:02:38 ID:+MdGcm09]
東京少年、浜田真理子さんが歌ってるんだね。

227 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/26(火) 22:17:34 ID:zvdgpKYt]
映画のラストに相応しい、良い歌だった。
「こころうた」というアルバムをようやく探して入手。
映画に使われたtakeと同じだと思うけど、ライブ音源の様だ。

228 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/02/26(火) 22:30:51 ID:/eJvVCxn]
>>227
オレは『LOVE SONG』っていうシングルを借りたよ
最初はサックスが入ってその後にピアノ伴奏だった

415 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/04(日) 19:56:57 ID:wSWx1FK9]
東京少年は同じシーンを使いまわして、作費ほとんどかかっていない、
大学生がサークルの夏合宿で作ったような安っぽい映画だから、
1800円払って観るような作品じゃないよ。

売り場のお姉さんに「この作品、制作費用が100万円もかかってないでしょうから
入場料500円でいいよね」と一言、言ってあげればいい。

416 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/04(日) 20:18:35 ID:GOAxlKTj]
まあ、100万と言う事は無いと思うが、製作会社の某ディレクタがTV
のどんな安っぽい作品でも1千万はかかると言っていた、BS-iで映画で放
映為に作られているのだから最低1千万はかかっていると思う。この金額
については感覚の違いも有ると思うが・・・

429 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/05(月) 16:21:43 ID:9rbsApwe]
東京少年は低予算でも十分見られる映画が作れるという見本のような作品

428 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 15:32:53 ID:SFD8uEkF]
東京少年という題名は悪くはないけど、実際の映画を見てると東京じゃなくて
どちらかと言うと地方都市のイメージだよね。とりあえず医学部(や予備校)、
古風で小洒落た洋食屋がある程度には栄えてる所。

(実際、ロケ自体も東京じゃなくて甲府近辺だし)

458 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/24(土) 20:06:34 ID:OPieQgKW]
『東京少年』ってラブストーリだけど友情や兄妹愛?って感じた
シュウがナイトに 「忘れないよ」って・・・泣けたなぁ 男同士の友情だよ
みなとへのどうにもならない気持ちや ずっと守ってきた肉親的な感覚
それをシュウに託して消えてくナイト・・・切ない 

638 :名無シネマ@上映中:2008/11/18(火) 17:37:46 ID:klXgRHSl
いい映画だったね「東京少年」ナイトとシュウの男同士の友情にホロッときたよ
みなとの全てが解決した後のあどけない笑顔に これで良かったんだって
ナイトにさようならそしてありがとうを言いたい

540 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/07/08(火) 14:15:50 ID:AZ4Afl7Q]
名古屋では先週まで、東京少年・東京少女この2本を続けて上映していた。

私は映画が第一の趣味なので年に劇場で300本以上見るけれど
正直言って、この2本は自分の必見リストには入っておらず
人との付き合いで、半ばしぶしぶ見ることになった。

結論
本当に映画館で見ておいてよかった。
プログラム・ピクチャーとして手抜きを少しも感じさせない
誠実で着実で安定感のある出来栄えに感心した。

今や、鳴り物入りの映画であっても、映画ならではの充実感を
少しも感じさせてくれない代物がのさばっていたりするわけだけど
(あえてタイトルは出さない)
この2本は、見た者に適度な満足感と適度な感動と適度な手応えを感じさせてくれる。

この適度ってのは、決して批判的な意味ではなく、
物足りなくもなく過剰でもない、という意味。
つまり、見終えた後、穏やかに心地良いってことです。

579 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/04(木) 15:47:09 ID:azJHPTmC]

2ちゃんねる映画ブログ

この世に一枚だけ彼が生きた証・・・思い出すと泣けてくる

679 :名無シネマ@上映中:2009/02/04(水) 09:11:00 ID:qne2AFJz
東京少年の堀北真希はすごかった 普通の女の子みなとの中に潜む
もうひとつの人格ナイトを切なく生きていたこと まえまえから常々感じて
いることだけど すごく風を感じる 女性の役者で風を感じる人は自分の中では
若手では彼女


関連記事

  1. 2010/12/08(水) 09:13:15|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京少女 | ホーム | キル・ビル Vol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1590-a9acf096
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。