2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

出口のない海

【人間魚雷】 出口のない海 2号 【出撃】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156026455/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/08/20(日) 07:27:35 ID:snHHxOJU
1945年、敵艦の攻撃を避けながら海中を進む1隻の潜水艦内に待機する4人の若者たち。
彼らは人間魚雷“回天”に乗って敵艦に激突するという極秘任務を帯びており、艦長の出撃命令を待っていた。
そんな中、甲子園の優勝投手だった並木浩二(市川海老蔵)は野球に熱中していたころや、戦争に行くと決めた日々を思い出す。

監督 佐々部清
原作 横山秀夫
脚本 山田洋次 、冨川元文
音楽 加羽沢美濃
出演 市川海老蔵[11代目] 、伊勢谷友介 、上野樹里 、塩谷瞬 、香川照之
主題歌 竹内まりあ‘返信‘
2006年9月16日松竹系劇場にて封切り


141 :名無シネマ@上映中:2006/08/30(水) 19:39:10 ID:8he5I+Np
大阪試写会に行きました。
よかったですよ。
原作を読んでいたので、大事な部分をカットし過ぎだと思ったけど、
一方で原作の暴力的な制裁シーンなどがなくて、安心して見られた。
戦争の悲惨さを扱ってるのに温かいイメージの映画。
松竹らしい。

148 :名無シネマ@上映中:2006/08/30(水) 22:21:18 ID:3nfY3Sy+
最悪 点数つけると10点くらい
どんなシビアな状況でも生きようとする若者の生命力と
それを奪う戦争の理不尽さ
という、原作の意図が100%無視されてるうえ、
登場人物の言動が意味なく現代風にアレンジされててリアリティーがなくなってる
時代考証もいいかげん

152 :名無シネマ@上映中 :2006/08/31(木) 00:20:52 ID:eVi+SYvS
>>148
>どんなシビアな状況でも生きようとする若者の生命力
原作でそんな意図見えたか?
”死にたくないけど征くしかない”というのはあっても
”生きようとする生命力”ってのは感じなかったが。

153 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 01:26:52 ID:MhOs99bT
>>152
確かに、どんなに頑張っても、つか頑張れば頑張るほど、
待ってるのは確実な死になるわけだもんね。

「行く手にあるのは絶望だけだけど、でも僕は負けない」的な
ありがちな理想型を感じたのでは?
と原作読まずに言ってみるテスト。

154 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 03:02:49 ID:LhcscpPB

2ちゃんねる映画ブログ

市川海老蔵は誰を演じても、海老蔵にしか見えん。

155 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 06:24:54 ID:h4YQNskb
かといって、デニーロ・メソッドよろしく役柄に合わせて太ったり痩せたり
ハゲたり病気になったりしたエビを見たいとは思わんけど

48 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 21:35:46 ID:j6mTOQgD
えび蔵の顔を見ると、この隠し子野郎がといつもおもってしまう。

182 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:21:23 ID:qohxRoq2
試写で観てきました。
私は原作を読んでないんですが、
淡々とストーリーが進んでいきますね。
泣いちゃうかな~と思ってたけど、全然。
若手の演技がなかなか良かったです。

回天の内部や操作方法などが具体的に分かったので
私にはそれが収穫でした。
魚雷に人間を乗せる・・・よくもこんな酷いことを
考えたものだとつくづく思いました。

379 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 02:36:18 ID:87WURkR8
今日、試写会で観て来た。招待されて、悪口は言いたくないのだが、面白くない。
徹底的に面白くない。戦争の悲劇も伝わって来ない。一箇所、お母さん! には、
ぐっと来るものが有ったが、そのシーンだけである。後は、2時間ドラマのレベルだ。
脚本家と監督が、なるべくドラマチックになり過ぎないように、スペクタクルに
流されないようにと、(それは大いに結構なのだが)所々でふっと外すのだが、
それが悉く失敗している。わざわざつまらなくしているのだ。

2ちゃんねる映画ブログ

一番気になったのが、整備士役の下手糞なこと!! あきれてものが言えなくなるほど
大根である。ハリウッドなら途中で役者を代えているだろう。彼が出てくると、
一気に中学生の芝居を見せられている気になる。
新之助は悪くはなかった。
『人間魚雷回天』とは比較にならない。人間と猿ほどに違う。つまりは土俵が違うということだ。
日本映画は退化している。否、今や仮死状態にあると確信させられた一作だった。
ただ、中年の婦人の中には、涙を流している人もいたことを、付け加えておく。

382 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 07:04:43 ID:1bHB/tam
>>ID:87WURkR8

新之介じゃなく今は海老蔵ですが何か?自分見たけど整備士の演技は
悪くなかったよ。ってか役者はみんな良かった。

301 :名無シネマ@上映中:2006/09/23(土) 06:26:49 ID:TfRGxmnz
新之助の子供にも見せてやりたいね

380 :名無シネマ@上映中:2006/09/08(金) 05:19:52 ID:r9fNOm2x

2ちゃんねる映画ブログ

今回の脚本は山田洋次のを、監督が書き換えたらしい。(キネマ旬報より)

俺は、チルソク、四日間の奇蹟と見て、半落ちを後追いで
接して、この監督の才能のなさを確信したけどね。
特定の俳優目当て以外なら、この監督のは面白くないので薦めない。

432 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 21:35:54 ID:XT4toKT7
キネ旬の監督の談話読むと、なんとなく甘い出来と
言われる理由も分かるような気がする。
もともと山田洋次が映画化したくて時間がなかった。
山田監督が一番関心があったのは、回天の兵器として
の不完全さ。一方佐々部監督は、野球青年並木として
前半、特攻隊員並木として後半の2部構成を構想し、
コンテを書いたが却下。山田の脚本に、無理矢理、
フツーの青年としての並木を盛り込んで、なんとか
撮った。

山田監督がメガホンとってたら、バリバリの戦争
映画になってたであろうことを考えると、自分とし
ては中途半端であっても佐々部色が入った映画と
なって良かったと思う。

433 :名無シネマ@上映中:2006/09/09(土) 22:35:18 ID:bmGT4sgx
要は、ホンの完成度が満足できるような状態じゃないってことだな。

564 :名無シネマ@上映中:2006/09/13(水) 12:30:08 ID:tIAnTruu
2時間暗くて鬱になりました。
山田洋次のにらみが利いて佐々部監督らしさが無し。
駄目でした。原作はもっと感動したのにね。

159 :名無シネマ@上映中:2006/08/31(木) 21:27:57 ID:h75f0L3z
エンディングの曲…なんであれなんだろう?
メロドラマ見た気分になったよ orz
まあ、本編もアレな出来だったから別にどうでもいいけどさ

165 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 22:23:22 ID:7oo3ftt0
主題歌はピッタリだったと思うよ。
もし山田が監督してたら、さるまたしか谷村昴だったろうなwww

674 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:04:49 ID:QwpGek1R
今大阪で観てきた
原作読んでなかったから・・・並木の最期に拍子抜けした
でも手紙の所で泣いてしまったぞ
この監督の作品ってことで期待してなかったけどなかなか良かった
客席は7.8割埋まってて泣いてる人結構いたな
かなり年齢層高かったな

678 :名無シネマ@上映中:2006/09/16(土) 13:37:21 ID:b1JCTBpL
原作のラスト近くに出てくる手紙のくだりは、まあそれなりに感動的ではあるね。
多分に浅田次郎的な、如何にも如何にもな「泣かせ」のシーン。



http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1158483972/
2ちゃんねる映画ブログ

36 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 17:47:45 ID:lPnO9zE6
見てきた

全編を通したテーマが存在しなくて、色んな要素が薄味で混ざって混沌としてるようなそんな感じだなぁ。
部分部分はよかったと思うけど、そのいい部分てのが上手い事一つのテーマでつながってない、て感じ。
最後の手紙→返信 てのは流れ的にも曲的にも神がかってたと思うんだが(現代はともかく)、
こうもウケが悪いのを見るとやっぱりテーマの無さ、流れの無さがまず目についたのかねぇ。
純粋にこの部分だけ考えたらすごく上手いと思うのに、それを出す為の前ふりが上手くいってないからなぁ。
何か色々もったいない

39 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 19:03:03 ID:HsXzq6ZW
観てきた。
野球の指導が鹿取義隆だからサイドスローなのか。納得。
元阪神の島尾が起用されたのは亀山弟だと太ってて不自然だからなのかと
変に勘ぐってしまった。

伊勢谷以外の回天乗組員は芝居がうまい。
香川と田中が艦長と航海長って、若すぎないか?

そこそこ泣ける映画ってとこかな。

40 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 19:37:19 ID:m2ok+e9a
伊勢谷も悪くなかった、みんな普通以上だったと思う

2ちゃんねる映画ブログ

42 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 19:56:45 ID:Nf51ACxq
伊勢谷は自分も最初は棒?と思ったが
抑揚のない話し方は原作のイメージどおりだし
海老蔵に土下座するシーンは良かったと思う
回天に乗り込んだ時の3人のそれぞれの表情も素晴らしかった
柏原はいつの間にあんなに味のある役者になってたんだか
伊崎の演技も安心して見られた
香川はいわずもがなネ申

44 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 20:43:15 ID:aFzXhsc5
並木以外の回天乗組員はそれぞれの緊迫感や切実感が感じられてよかった。

しかし,並木は・・・。
主体性がなく,頭の弱い,野球にうつつを抜かしてる学徒という感じしかしなかった。
顔立ちも体形もぬるいかんじだし。

118 :名無シネマ@上映中:2006/09/19(火) 22:30:31 ID:DOY4JT9Z

2ちゃんねる映画ブログ

並木が投げたのはシンカー?チェンジアップの軌道じゃなかったな。

128 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 07:08:07 ID:NvSlGvlU
>118
野球監修が鹿取義隆だった

だから、サイドスローで魔球もシンカーなんだ、と一人で納得してた

45 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 20:50:49 ID:HsXzq6ZW
役名があまり昔って感じがしなかったな。
浩二、寛之、美奈子、聡、勝也...。
安吉はドンピシャだったが。
親にしても俊信と光江じゃ戦後ってイメージだが。

並木浩二って長男なのに浩二なのか...。

52 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 22:34:01 ID:AHRBJ9Mg
浩二は小説では二男。
特攻の募集は二男以下で文科系だけらしいじゃん。
長男なら本人も志願しないし、家でも許さないだろう。
優秀な文科系の学生ほとんど殺しちまったから、戦後はこんな
味気ない日本になっちゃった。
海老蔵は育ちのいい浩二にうってつけ。
伊勢谷の殺伐とした感じといい対比だった。

241 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 23:42:04 ID:yDH4yhvv
並木はほっそりとしたイメージのはずが、
エビゾウががやっただけに、体ががっちりしすぎ。
北ぐらいの細さがよかった気もした。

2ちゃんねる映画ブログ

あと、小畑は黒田勇樹よりも、電車男の伊藤淳史のほうがイメージ近い気がする。
沖田も原作では、だいぶ意見を言うような人物だったのにね~。

242 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 00:01:47 ID:jkVBegBT
並木、原作では19歳だからな~。
海老蔵じゃ、19歳は無理。
19歳の少年と青年のは狭間にいる初々しい子が回天に乗るのが切ないかったのに・・

秘密兵器に搭乗するかどうか聞かれた時、並木は違和感を覚えたけど、小畑が○を書いたのを見て
いままで一緒だった小畑のために自分も○を付け
『これからも一緒だな』と言ったら、小畑から、『死ぬのが怖くて実はあの後消した。』
と言われるシーンがなくて残念だった。
あそこが自分はショックだったのに。

244 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 00:09:52 ID:yRjKglYb
>>242
並木が19歳なのは最初のほうだけだと思うが。
回天に搭乗する頃は23歳くらいじゃないの?

246 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 00:19:05 ID:QYyTdhX0
>>244
学徒出陣式 昭和18年10月21日
並木が事故ったのが、昭和20年8月14日
20~21歳位?

252 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 07:30:52 ID:CFUmNt+e
実際、回天記念館などで飾られている遺影を見たら
皆さんかなり大人っぽい風貌だよ。
今の20歳前後を想像するからそう見えないだけであって
当時の人を彷彿させようとすると海老蔵世代でぴったり。
今売り出し中の20歳前後の役者じゃあ重みが出ないだろ。

686 :名無シネマ@上映中:2006/10/07(土) 00:07:30 ID:3mimd4hs
海老ちゃんが眉間をいつも開いて、眉もボサボサにして
いつもの鋭い素顔消して、間抜け顔で2時間いたのは凄い!

33 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 16:27:42 ID:v2dSeh7g
並木が甲子園で優勝した投手に見えなかった

258 :名無シネマ@上映中:2006/09/22(金) 10:35:01 ID:aRAebFqN
ハンカチ王子に芝居っ気があるなら、ぜひともリベンジで映像化して
もらいたい。
海老蔵も芝居は相当下手だったから、ピッチングが巧いぶんましかも。

808 :名無シネマ@上映中:2006/10/21(土) 10:03:45 ID:o3RS9dr7
明治に野球で進学しようと思ったw

809 :名無シネマ@上映中:2006/10/21(土) 10:58:44 ID:ouDBB76M
並木の大学は、山田監督のイメージでは法政。
それを佐々部が監督特権で、母校の明大にした。

60 :名無シネマ@上映中:2006/09/18(月) 23:57:38 ID:9/9wJAlE
太平洋戦争を扱った邦画にしては珍しく、妙な悲壮感や無理矢理なお涙頂戴もない作品だった。
主人公の存在感がやや薄い気がしたけど、複数の登場人物にスポットを当てた為に誰が主人公
なのか、何を描きたかったのかわからない過去の戦争映画に比べれば、良作の部類だと思うよ。
誰かが言ってたように、現代のシーンは要らない。

観客層は20代から年配者まで様々だったけど、映画を見終わって涙を浮かべている人が大勢
いたのが印象的。
俺も泣きそうになった

62 : :2006/09/19(火) 00:57:52 ID:yz+ZfCUc
帰還したときに並木と整備員の2人でキャッチボールを行ったときの並木の台詞は
朝日さんの意図を感じてしまったのですが、素晴らしい出来の映画だと思う。
観客の平均年齢が高かったのが気になるが、若い層は取り組みにくいテーマかもしれない。
徐々に話題になって欲しいですね。

時代考察はけっこう正しいと思うが、明治には陸上部はなくて、、、、、競走部があるんだけど。
それから、最後に入った六大学のシーンでこっそり流れていたのは早稲田の応援歌です。

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 14:12:30 ID:fzFRMqcu
原作読んだ。映画より断然いい。

この話って日米開戦~終戦間際の数年間のものだったんだね。
状況と心境の変化がよく描かれている。
が,映画では,そんなに長い時間がたっていると感じられなかった。

映画がよかったのは,北中尉は原作のイメージとぴったりってとこと,佐久間についてのところだけかな。

173 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 23:37:09 ID:Cuc664ze
>>139
最後の一行、まったく同感だ。

160 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 20:36:49 ID:j+dO785y
>>139

ちょっと待ってくれ
北が原作のイメージとぴったりってところに異議があります
あと佐久間は婆ちゃんに似てきたのが母ちゃんになってたのは意味不明

196 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 11:09:08 ID:xAm69mZc
映画を先に観たのだけど、確認の意味で原作を買った。
並木の死は原作のままなんだね。
本の中では「(並木さんは)米兵を殺さずにすんだと思ったかもしれない」
なんて一文もあったから、あの死に方でも成程と思ったけど
かえってそういう説明を省いた映画の方が
観る人間にいろいろ考えさせるという点で良かったと思う。

226 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 17:39:32 ID:vxA5Ahus
不満な点は犬のカイテンが出ない、北の肩布団下着が出ない、弟の「お国の為に死んで下さい」も出ない

227 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 17:46:12 ID:E2Kh1ROR

2ちゃんねる映画ブログ

そうそう、並木には弟がいたのに映画では妹のみ。
喫茶店の描写も少なかったのも不満だね。

167 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 22:28:40 ID:BQApnJjt
男たちの大和やローレライが熱すぎる内容だっただけに、この映画の地味さが際立っていると思う。
戦争映画、それも旧軍物と聞けば、たとえそれがショボイ内容や押し付けがましいまでの反戦ストーリー
であっても、誰もがそこに何らかの熱さや悲壮感を期待してしまうのではないだろうか。
そんな気持ちで観てしまうと、ある種の爽やかさに肩すかしをくらい、何じゃこりゃ!という感想になるのでは?
内容的にはそんなにひどい出来ではないと思うが、もう少し主人公の心理描写を掘り下げていれば、
もっと良い作品になったと思う。

蛇足だけど回天が出撃するまでの手順の再現や、爆雷攻撃で故障した回天など、普通の作品ならすっ
飛ばされてしまいがちな細かい描写がよく描かれていたて、興味深かった。

201 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 13:16:22 ID:ZN+5xJ3H
回転を工場から海へ下ろすときに、遠くの方で「OK!」
とか言ってたけど敵国語だけど大丈夫なのか?
あと、最期に映ってた島への連絡船に消防がワラワラいたけど
観光客以外にあんなに子供住んでないって。wwww
爺婆ばかりの島だよ。

204 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 14:16:19 ID:RCJ75hH0
>>201
海軍は戦中も結構英語使ってるぜ。もともとは英海軍を模範としてたらしいから。

205 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 14:31:54 ID:BWDQIWan
>>204
さすがに戦中後期は不用意には使って無かったよ

208 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 14:49:47 ID:C1rW9uz4
>>205
後期でも普通に使ってるよ。
そもそも敵性語云々は民間で始まった自主規制。
言葉狩りに躍起になってたのはマスゴミと憲兵だが
実態は規制どころかユルユルガバガバのぬる~いものだった。

147 :名無シネマ@上映中:2006/09/20(水) 19:10:22 ID:e5rHyRlc
最後、どんだけ保存状態いいんだよwwwってぐらい綺麗に死んでたね

669 :名無シネマ@上映中:2006/10/06(金) 01:56:38 ID:L1IvCeCY
海の底だか横だかに突っ込んだ海老ちゃん
台風で浮かび上がった練習艇
普通に蓋を開けて『海老~!!』って叫んでたけど、死体が腐っててやばいんじゃないのか?

死因は窒息死だろうけど、海底という低温の中という環境で海老の鮮度が保たれたのか?
死んだらなんかやばい液体とかでちゃって、手帳とボールは汚れちゃうんじゃない?
だれかおせーて

670 :名無シネマ@上映中:2006/10/06(金) 02:17:36 ID:zUIxoit+
>>669
瀬戸内海で試験潜行中に事故で浮上できなくなった伊33潜は九年後に引揚げられたが、浸水していない区画の乗員たちは腐らずにそのままの姿だった。
理由は艦内の酸素を乗組員が全て吸い尽くしたから。

ちなみに最後まで生きていた乗員は首吊り自殺を遂げ、艦内捜索時にぶら下がった状態で発見されている。

671 :名無シネマ@上映中:2006/10/06(金) 02:38:20 ID:U7Ju9xMA
>>670

つらいね・・

229 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 18:16:03 ID:yg6BkP+q
観てきた。

あまり評判良くないみたいですが、良作だと思いました。
回天がデリケートで操縦が決して簡単ではないことを細かく描写してあって感動。
故障による出撃断念とその後の事故死という主人公の運命もかえってリアリティがあると思いましたよ。
悲壮なヒロイズムにも声高な反戦にも傾倒せず、全体的に淡々とした抑制した描写も良かった。
少なくとも「男たちの大和」よりは気に入りました。
エビゾウもソリマチ・シドウ・カズシゲより良かったぞ。

以上、原作未読の軍オタの私見。

230 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 18:29:13 ID:bQRKI8F9
原作知らずに見ました。家族の描き方も落ち着いた雰囲気で、道路や畑や喫茶店
や、当時を懐古調に描いていて気に入りました。学生の振るまいが立派でした。
死を前にすると今の学生もああいう風に立派に見えるのでしょうか。
回天という理不尽な兵器が作られたことを記録して、広く知ってもらうにとても
良い映画だと思います。

232 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 19:39:55 ID:fnmYl7jL
なんかね、人間の狂気とかそういうものを表現して欲しかったんだよね。
だって、人間魚雷だぜ?
有り得ねー状況だろ。
なんであんなに淡々としてんだよ。
原作と違ってもいいから敵艦撃沈させるぐらいの
華が欲しかったな。

234 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 19:56:04 ID:BF0yyUIe
>>232
輸送船撃沈してますよ。
あえて並木が自己で回天に閉じ込められ、
確実に死を覚悟してからのメモがこの映画のテーマじゃないのかな?
題名を見れば、分かるでしょ。
出口のない海
並木の最後の状態でもあり、当時の個人ではどうしようもない時代のことでもある。
もし、映画の題名が、KAITEN-回天ーだったら、それ違うってことになるかもしれないけど。
戦争に負けて、日本人はアメリカにハッチを開けて貰ったんだよ。
酸欠状態から開放された日本人は、そのときは2度と自らハッチを閉めて潜行をしようとは思わなかっただろ。

235 :名無シネマ@上映中:2006/09/21(木) 20:54:39 ID:VOuw1Ck1
>なんかね、人間の狂気とかそういうものを表現して欲しかったんだよね。

少なくとも回天に乗った学生たちに狂気は無かったでしょう。
時代が時代だったというのもあるけど、平和な時代に生きてる
自分たちが考えるより、当時の人たちは本当に冷静で淡々と
してたんじゃないかって思うんだよね。
そりゃあ色々思うこともたくさんあったろうし、
生への執着とか葛藤とか死ぬことの意義とかね。
狂気とは対極に、静かな悲しみっていうのもあると思う。
なんかうまく言えないけど。


関連記事

  1. 2010/12/04(土) 17:46:32|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔法使いの弟子 | ホーム | 魔法にかけられて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1584-41104abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。