2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

PLANET OF THE APES 猿の惑星

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/995/995637455.html
2ちゃんねる映画ブログ

6 :名無しさんにズームイン!:2010/11/30(火) 00:11:18.37 ID:Z675mIhW
PLANETOFTHEAPES/猿の惑星◇01年、米。マーク・ウォールバーグ。
宇宙嵐に巻き込まれたチンパンジーのパイロットを捜す宇宙飛行士は、知性を持った猿が人間を支配する惑星に不時着。
猿に捕まるが、聡明(そうめい)なチンパンジーの協力を得て逃亡し反撃のチャンスをうかがう。
ティム・バートン監督。


490 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/20(金) 20:45
個人的には、おもしろかったけど、ラストがちょっと...。

491 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/20(金) 20:56
ラストは仕方ないんじゃないでしょうか。。。。
1作目を超えるラストなんて不可能でしょう。

477 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/20(金) 16:53
意外と話ふくらまなかったね。
ティム・ロス大暴れ、ラストは・・意味不明かな
パラレルワールドってところかな?
ラストについては元祖「猿の惑星」の衝撃を越えたか、
おもいっきりズッコケたか、この先賛否両論でるだろうね。

まともに終わらないので、これから楽しみに
してる人はネタばれ注意したほうがいいかも。

502 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 01:28
なんか薄っぺらい話。
たしかに特撮はすごいと思ったが。
ラストはハァ~ッ?って言う感じ。
やはり、リメイクはリメイク。
旧作品の絶望感や悲壮感がまったく見られん。
期待してたのにがっかりだよ。

まだ、「A.I.」のほうずっとマシ。

485 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/20(金) 19:34
チャールトン・ヘストン(声・銭形警部)は何処でカメオ猿出演してた?
年齢的に言ってジジイ役?セードの親父かね?

486 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/20(金) 20:06
チャールストン・ヘストンは、セードの親父です

2ちゃんねる映画ブログ

538 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:42
チャールトン・ヘストンは渋かった

129 名前: セードマニア 投稿日: 2001/07/22(日) 00:08
映画観るまでずっとアターの方が重要な役だと思っていたけど、、、、
セード将軍最高。
惚れました。

前半でジャングル場面で猿人×2をやっちゃう場面萌え~

528 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:56
この映画はセード将軍のクレイジーな大暴れを楽しむ映画なんだYO!!
セード将軍だけ最高!他はボンクラ!!

529 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:00

2ちゃんねる映画ブログ

ダース・モールに境遇が似ているな>セード将軍
映画は大味だが彼らだけは一見の価値がある

530 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:07
セード将軍が使う変な武器(手裏剣みたいなの)欲しい

531 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:09
ホントにセード将軍「だけ」は燃えるんだが

533 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:16
セード将軍が興奮してウキーッ!ウキーッ!!って散々大暴れした後、
素に戻ってアダーに「いや、お前に怒った訳ではないんだ」ってシーンで
思いきり吹き出してしまった。笑うとこじゃないんだろうが。

534 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:18
セード将軍強すぎ。彼一人で人間皆殺しに出来たんではなかろうか

540 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:45
もっと暴れさせろ>ダンカン&ヒロユキ
セード閣下のアクションばかりが目立って地味な印象は拭いがたかったぞい

126 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:06
どう考えてもヒロユキは無駄死になんだが・・・ダンカンいきなり寝返ってるし

281 名前: 日系 投稿日: 2001/07/22(日) 16:35
「モンキー」と言われ激怒し、ダンカン猿にあっけなく
殺られるヒロユキ猿・・・。

2ちゃんねる映画ブログ

またも日系人俳優に対する軽い扱い。
バートンよ。お前もか。

23 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 00:15
しつもーん。
初めの猿の惑星は地球ではない?
ラストの地球ではなぜにセードが称えられていたの?
それともラスト部分は2ヘの布石?
おでばかだかだ。。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 00:26
>>23
初めの☆は地球ではないよ。

称えられてたのは、セードが地球の猿を解放したから(猿が地球を支配している)
ワシントン市警の制服を着た猿が笑える。
ラストの時代設定は何年だろうね?

28 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 00:33
>>25
補足。
セードはおそらくレオが降り立った時代よりもかなり前の地球に行くことができた。
そして、一代(藁)で人間から猿族を解放する事に成功→支配?
ラストシーンの地球には人間は生き残っているのかな。

29 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 00:36
どうやってセードが地球に行ったのか未だにワカラン。
宇宙船の残骸から作ったのだろうか?
それ以前に閉じこめられてなかったか?

149 名前: 猿人 投稿日: 2001/07/22(日) 00:48
セードがどうやって地球に行ったのか
妄想、予想含めておしえて

150 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:52
実は母船には予備のポッドがあった!!
・・・てことにしてセード将軍は憎き宇宙飛行士を追ってあの惑星を脱出。
磁気嵐の先に入った奴ほど未来に飛ばされるという法則に乗っ取って
近未来の地球に到達。あとの展開はピカレスク版「猿の惑星征服」ってのはどう?

154 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:58
猿が一匹地球に到達したところでどうにもならんと思うが。

155 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:59
>>154
「征服」をみよ

156 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:59
>>154
あの未来銃で天下を獲ったとかかな?

264 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 14:43
セードが地球に先に着く

セード革命

猿が地球を支配

レオ帰還、捕まる(これがいつの時代の地球か今のところ不明)

数百年?が過ぎる(この間に猿VS人間の核戦争)

3955年、テイラー船長らが未知の惑星の海に不時着する

女神を観て絶望  ウマ-

つーことで1作目に繋がるとか(w

75 名前: U-名無しさん 投稿日: 2001/07/21(土) 10:58
結局 オリジナルの自由の女神=猿のリンカーン像ってことになるな
あの監督昔の作品を意識しないとか言っときながらかなり感化されてる

全体的に暗くなるのは監督が監督だから初めから分かっていたが、それにしても
特殊メイクだけが見ものとはなあ

唯一笑えたのは宇宙船のチンパンジーが再登場するシーン 藁

82 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 13:08

2ちゃんねる映画ブログ

猿のほうが着地上手い

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 14:45
あの訓練猿がよく分からん。
以下の3回で出てくるが、時間関係は?

1.始めに助け出せなくなる
2.母船にもどって、その後、反乱を起こす
3.惑星に着陸しにくる

2の後に3だと、妙に従順なんですが
単なるご都合主義で、2は無いことになっている?

85 名前: へぼやん 投稿日: 2001/07/21(土) 18:01
>>83
 反乱を起こす猿は、本編で全く登場せず、伏線すら無かったモノと思われる。
 つまり最初に行方不明になった訓練猿とは別猿。
 これに限らず、この話伏線ぽい展開が全く伏線でなかったり、伏線無しで突然ドーン、みたいの多すぎだし。

148 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:47
まーそれにしても、あのポッドの耐久性はすごかったな。
大気圏突入にも耐え、地上との衝突にも耐え、しかも中の人間は
ほとんど怪我なし。おまけに再度宇宙に飛び出せる!
未来技術はたいしたもんだ~ スナオニカンシン

131 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:11
猿人ってさ、チンパンもゴリラもオラウータンもいたけど、
連中の間には階級とかあんのかな。雑種はできないよねぇ。

そんな余計なことばかり考えてた(w

134 名前: 階級あると思う 投稿日: 2001/07/22(日) 00:14
>>131

チンパン>ゴリラ>オラウータン>猿>人間じゃない?

136 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:15
>>131
オランウータン議員のカミサンが美人(猿?)のチンパンだったのが受けた

137 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:17
母船にゴリラいたっけ?チンパンとウータンはいたけど

160 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 01:18
ペリクリーズが最後の方でフラフラになりながら、ひたすら歩き続け
宇宙船の檻の中にグッタリと倒れ込んでいったけどあれは何の意味が
あったの?

ただ本能的に自分が住んでいた場所に戻ろうとしていただけ?

161 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 01:24
そんなとこかなぁ

200 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 02:44
質問
どうして将軍は、レオが乗ってきたポットを見つけた猿人2匹を殺してしまうのですか?

210 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 03:45
>>200
猿の起源はセモスの一族の秘密だからじゃないの

111 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:21

2ちゃんねる映画ブログ

あの女サル妙に色っぽかったなぁ・・。
あんなサルいたらセックスしてもいいよマジで。

112 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:25
>>111
女優自身のイメージ出てないか?よく知らんが。
キャラとしてはジーラの方が立ってて、可愛かったとも思う。

114 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:29
>>111
激しく同意

209 名前: 投稿日: 2001/07/22(日) 03:41
俺はヘレナボナムカーターの顔が人間っぽ過ぎてヤだったな。
なんか醒めちゃう感じ。
もっとセード将軍張りにチンパンして欲しかった。

211 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 03:46
俺も同意。あれじゃ猿顔の人間だぁね。渋谷あたりにいそうだ。

117 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:44

2ちゃんねる映画ブログ

エストラ・ウォーレンっていなくていいじゃん。
セリフなんてほとんど無いし、
奴隷のくせに妙に小奇麗で、一人だけ浮いてる。

まあ、ヒロインが女猿だけよりはマシなんだけどさ…。

123 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/21(土) 23:59
あの女なんのためにいるんだよ。

180 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 02:01
いやまじでおもしろかったです。
でも猿・猿・猿そしてまた猿って感じで、
猿でおなかいっぱいになります。
しかし、エステラさんほんとにきれいどころというだけしか存在意義ない・・・

283 名前: ぼうや 投稿日: 2001/07/22(日) 16:45
白人姉ちゃんと女猿とレオの3角関係をもっとちゃんと描いて
欲しかった。
そしてその上でレオが女猿をチョイスするようなのがバートン
らしさになったのに。
あれじゃあ確かに白人姉ちゃん出る意味無いよ。

216 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 04:12

2ちゃんねる映画ブログ

つーか、あの子供(馬の下敷きのやつ)いらんでしょ。

217 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 04:14
ガキと白人ヒロイン邪魔

138 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 00:19
あの馬は現地調達なのか?それとも母船に?

278 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:14
ちゅうか、最初からマーク・ウォルバーグが墜落した星も
地球だったってことはないの?

279 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:23
>>278
その方が人間の数の多さの説明が自然かな?

280 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:27
月が複数あった気がしたが。

282 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:40
あの星が地球では無かったとして、
じゃあ人間の先祖は?
(ステーションの人達はセモスらに皆殺しされているものと
思われ。)
馬の件も含め、地球でないとしたら矛盾多し。

286 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:49
>>282
皆殺しは強い根拠はないと思うが、馬の件はこじつけが必要だね。
ステーションに少しはいた、とか、遺伝子プールがあったとか。
地球でないとしたら太陽系外だし、都合よくそんな星があるかよ、
とも思えるのだけれど。

287 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 16:50
>>282
人間の方は母船の生き残りがやはりいたのでは?
「人間の繁殖能力云々」ってセリフもあったし。
「猿の叛乱」と「墜落」の状況が詳しくわからないと
そのあたりはワカランな。

馬の方は確かに謎。

300 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 17:29
これってその辺の科学考証とかを真面目に考えるべき映画じゃないような。
「マーズ・アタック」系のブラック・ユーモア映画だと解釈したんだけど。

312 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 19:14
「ぴあ」の特集から引用:
リチャード・D・ザナックは ~中略~ このようにも発言しています。
「我々は旧作のエンディングがやっていたような、哲学的な問題提起は
いかなる形であれ行うつもりはない。~中略~
マジメで深刻な問題提起路線に踏み込むつもりはないよ。
知的に触発されるというよりも、もっと娯楽として楽しめる感じだ」と。

以上の発言から考えて、このような結末はある程度予見できたが、
ハッキリ言って、楽しむことすら出来なかった。残念!

313 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 19:18
>>312

2ちゃんねる映画ブログ

娯楽だったらラストは猿顔自由の女神じゃないとなあ。

315 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 19:25
>>313
同感。
リンカーンをセード将軍にしたあたりが問題提起っぽいし、矛盾してる。
それに、楽しむなら、人間の裸をもっと出すべき。

317 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 19:30
>>315
あ、いいこと言うなあ。やっぱ裸だよ裸。せっかくエステラ使ったんだから剥かないとね。

270 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 15:08
それはイイとして、あの有名な台詞の再利用方法とか、
NRA会長に対する強烈な皮肉とか、気づいている人はいるの?

271 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 15:12
>>270

気づいていないので教えて下さい。
ちなみに「あの有名な台詞」「NRA会長」両方わかりません。

274 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/22(日) 15:20
>>270
両方詳しく教えてください。
バックグラウンドにあまり詳しくないので。

318 名前: 270 投稿日: 2001/07/22(日) 19:35
>>271 >>274

>台詞

前作で猿の星で初めて(だと思った)主人公がしゃべる台詞、「その手を放せ、
この薄汚い猿め」というのがあったの。とっても有名なもの。それを再利用してる。

>NRA会長

前作の主人公を演じたチャールトン・ヘストンは全米ライフル協会の会長。
銃規制に強硬に反対している。そのヘストン演じる父猿が「それは人間の力を
象徴するもので・・・」という部分はまあよいとして、禁断の地へと向かう途中、
「護身用だ」という銃を猿に奪われてぶち壊され、最後は銃を手にしたものが
それによって自分の命を危うくする、など、銃に対して皮肉のキツイ演出を
してる

321 名前: 271 投稿日: 2001/07/22(日) 20:06
>>318

低レベルな私に詳しい説明ありがとうございます。
NRA会長の件は理解いたしました。

台詞の方はすみません、どのシーンで再利用されていましたでしょう?

322 名前: 318じゃないけど 投稿日: 2001/07/22(日) 20:41
>>321
前半、レオが捕らえられて檻の中で寝転がっている時に
アター(だったかな?)の足を持った時ですね。

「その手を放せ、 この薄汚い人間め」

489 名前:  投稿日: 2001/07/26(木) 08:17
熱烈なバートンファンです。オリジナルと比べるつもりは毛頭ございません。
が、それを抜きにしても困った映画だと思いますが。

・猿の惑星、といいつつ、猿が支配しているのはあの森周辺だけ。
・簡単に街を脱出できてしまう主人公たち。他の人間も逃げろよ。
・テンポが悪い。
・猿は水がダメ、というのが何かの伏線になっているのかと思って見ていたが、川を渡って猿たちの追撃をのがれただけ。てっきりラストはダムか何か崩壊させて濁流が街を襲うのかと思った(妄想)。
・全体的に時間の流れや距離感、猿の軍団があっさり聖地に到着したり)、位置関係がわかりにくい。どれだけ猿がいて、どれだけ人間がいるのか(台詞で猿と人間の割合いっていたかな?)。
・ロケットの一撃前、少年が勝手な行動を取るが、それで作戦が変わったわけでも、人間が不利になったわけでもなく、無意味。主人公が走っただけ。
・ラストのバトル、猿たちがどれぐらいやられたか分からない(生きてるし)ロケットの一撃があったとしても、人間たちが団結したぐらいで互角に戦えるのなら、もっと前に反乱起こせよ。
・と、いうかロケットの一撃はもっと派手に、強力にやるべきだろう。猿の軍団、ほとんどをなぎ払うぐらいの。
・猿降臨のシーン。バートンぽくて好きだが、来るのがバレバレなのでインパクトがない。
・最後のオチ、あってもなくてもどうでもいい。出るのは苦笑だけ(そういうのを狙って作ったのなら謝るが)。

他にもいろいろ欠点があると思います。映画としてダメだろ、これ。
オープニングはよかったんだけどなあ。

この映画気に入っている人へ→粘着っぽくてごめんよ。

494 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/26(木) 09:37
>>489
支配してるのが森周辺だけってのは? だってその他の部分が聖地以外は
出てきてないんだから分からないじゃん。ちと妄想しすぎの気がするよ。
あの惑星が森だらけなのかもしれないしね。そういうのは言い出すときりがない。

簡単に街を脱出できるのは、要するに「奴隷根性じゃない人間が
一人混じってた」ってことがポイントなんでしょう。猿の優位性を
信じきっている惑星の人間たちは、初めから諦め入ってる。
ボナム・カーターの家の使用人とか、そうだった。

テンポは悪くなかったと思う。展開早かったし。

人間が猿より多く繁殖しまくってることはセリフで言ってたと思う。
詳しくは覚えてないけど。それでセードがあいつら繁殖するしか
能がない、みたいな事を吐き捨てていた。

人間が反乱を起こさなかったのは、上述した奴隷根性がポイントに
なっているはず。

猿降臨のシーンはバレバレでも楽しいから良い。会場でも笑い声が
起こっていた。あれは別にインパクトを狙った訳じゃないでしょう。

最後のオチ、お?これからどうなんの?やっぱ続編あり?みたいな
期待感を個人的には抱いたので、別に全く苦笑せず。

以上、見る人が違えば、同じポイントでもマイナスにはならないという
意見だよ。エステラ・ウォーレンの弟は確かになんじゃ、ありゃ?って
気もしたが、全体的に面白かったので多少難があっても気にならない。
と言うか、俺的には、この映画はむしろそういう重箱のすみつつきが楽しいぞ。
「あれはどーなった、こーなった」って言うのがな。長くてスマソ。


関連記事

  1. 2010/12/02(木) 22:09:40|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時をかける少女 | ホーム | 波の数だけ抱きしめて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1582-537f1f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。