FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

疾走

[重松清] 疾走 [SABU]
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1123406984/


1 :重松ファン:2005/08/07(日) 18:29:44 ID:MWg9fZK3
原作 重松清

監督・脚本 SABU

出演 手越祐也
   
   韓英恵

   中谷美紀

   豊川悦司

配給 角川映画/エンジェル・シネマ

   シネスイッチ銀座

   池袋シネマサンシャイン

   梅田ガーデンシネマ ほか

   12月ロードショー


2 :重松ファン:2005/08/07(日) 18:38:40 ID:MWg9fZK3
暴力、家族離散、セックス、聖書、殺人。
15歳の少年が背負った過酷な運命。

想像を絶する孤独の中、「人とのつながり」を求め続けた少年が
駆け抜けた壮絶な軌跡・・・・・。
本作でで鮮烈な映画デビューを飾った手越裕也(シュウジ役)を始め
とする最高のキャストを得て、国内外を問わずカリスマ的な支持を
集める俊英SABU監督が、直木賞作家・重松清の重厚な原作を渾身の
力で撮りきった魂を揺さぶる問題作。

10 :名無シネマ@上映中:2005/08/12(金) 19:03:08 ID:psa6/9dw
ジャニーズにこんな役やらせたら
ファンひくだろ…



11 :名無シネマ@上映中:2005/08/12(金) 19:56:11 ID:yP7qI7QY
観てきた。
ある場面で会場内のジャニヲタのみ大爆笑。
だからジャニヲタって・・・

13 :名無シネマ@上映中:2005/08/12(金) 20:39:15 ID:7wrutv9u
私も観て来た。
過激なのだとシュウジの自慰シーン、3P、新田にバイブ入れられるシーン、
アカネとのベッドシーンは全部なかったけど
みゆきと騎乗位でしてるベッドシーンはあったよ。
あとは新聞屋で働くくだりと、穴ぼこの目になるシーンはなかった。
暴力シーンは原作通りかな?
シーンも台詞も原作に忠実だった。
手越くんは台詞回しはまだまだだけど表情は原作のシュウジと重なって、よかったと思う。
私の周りのジャニヲタ(と思われる女の子たち)は
笑いが起きたシーンも真面目に観てたし、笑ってたのは一部。
でも手越くん目当てに観る中高生の女の子たちには重い内容だよ。

23 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 01:55:35 ID:wJpyLDF8
試写会行ってきました。
原作未読でこの映画を見たのですが、
主演の手越祐也の演技があまりに薄くて
ぺらりとした映画になってしまった印象。
原作を読んでいればまた別だったのかもしれませんが。

大爆笑が起こったあるシーンも、本来笑うシーンじゃないのに・・・
やはり表現力が足りないのかと・・・。

やっぱり彼の演技力で・・・というか初主演でこの作品はきついと思いました。
大きな顔面表情変化が少ない分、細かな表情や
体での表現がかなり必要な話だと思うのですが、
正直そこまでできる役者を使って欲しかったです。

その部分がかなり目立って気にかかった点です。

30 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 16:30:46 ID:D/3UsuZq
ジャニーズの未成年アイドルに騎乗位シーンさせるなんて意外だよ。
ずっと前ジャニ板に仕事でランスルー試写見たって人がいたけど
舌出したりしてたって書いてあったからカットした分もっと過激なことさせてるのかも。

31 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 20:08:47 ID:tnDa/cZB
豊川、寺島、加瀬、は何役?
鬼ケン、テツオ、みゆき役は誰がやってた?
教えてエロい人。

32 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 20:28:05 ID:D/3UsuZq
>>31
神父はトヨエツ、鬼ケンが寺島進、みゆきは永井流奈、新田が大杉漣でした。
テツは分からない…見たことない子役の子。

33 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 20:33:46 ID:tnDa/cZB
>32
㌧!
質問攻めスマソ。
シュウイチ、父、母役の俳優と加瀬亮は何役か覚えてますか?

34 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 21:18:11 ID:D/3UsuZq
>>33
自信ないのですが、加瀬亮は神父の弟役だったと思います。
母は高橋ひとみで、父は忘れてしまいました・・・すいません。
シュウイチも知らない子役?だったのですが、なかなか壊れた演技が上手かったです。
ちなみにエリの母親役は矢沢心でした。

36 :名無シネマ@上映中:2005/08/13(土) 21:35:29 ID:hnFZfXMX
シュウイチは柄本明さんの息子さんである佑さんかと。
それと矢沢さんの夫役は鈴木一真さんだったと思います。
テツと父役は私もわかりません。
エリの叔父役とシュウジの担任役の俳優さんはよく見かける方ですが
名前が出てきません・・・。

76 :名無シネマ@上映中:2005/08/19(金) 08:51:58 ID:i7tz3H2B
父親役は有福正志さんです

77 :名無シネマ@上映中:2005/08/19(金) 16:42:26 ID:SesbPjYm
あーあのケイゾクに出てた人か

41 :名無シネマ@上映中:2005/08/14(日) 13:55:35 ID:VrSTzm3T
正直私も主演目当てで見に行ったのですが、
ファンのマナーが最悪だと思いました。
遠吠えのシーンなんかは笑う場面ではなかったと思うし
(主演の演技がだめだから笑えるシーンになってしまったのかも知れませんが)
原作も読んで入り込んで見ていたファンとしてはものすごく不快でした。
これから映画館でもこういう事が起こると思うと…orz

49 :名無シネマ@上映中:2005/08/15(月) 09:56:46 ID:eY9cgifM
いやいや遠吠えのシーンは誰でも笑うだろw
彼の力不足もあるが、あのまま流す関係者にも責任がある
あのシーンが、この映画の運命を決めたな

52 :名無シネマ@上映中:2005/08/15(月) 17:57:03 ID:svKUTKRY
あの遠吠えのシーンは、
柳楽くんがやろうと山田孝之がやろうと笑えるシーンになるはず…

128 :名無シネマ@上映中:2005/11/26(土) 23:48:30 ID:kQBgLdl2
疾走うちのすぐ近くで撮ってました

130 :名無シネマ@上映中:2005/11/29(火) 07:04:02 ID:BAG3q295
>128
ロケ地どこ?

132 :名無シネマ@上映中:2005/11/29(火) 13:21:24 ID:j6qtoriS
>>130
茨城県美浦村

133 :名無シネマ@上映中:2005/11/30(水) 06:32:37 ID:zM5zyp+n
>132
それじゃ大阪いくより東京先にいったほうが早いじゃん

134 :名無シネマ@上映中:2005/12/01(木) 23:09:22 ID:GEQ6Lzn9
>133
だからそれはロケ地
舞台はたぶん岡山県

135 :名無シネマ@上映中:2005/12/08(木) 06:16:04 ID:dgPs0PyI
思えばSABU監督の映画はすべて見ている・・・(2本だけ映画館ではなくビデオだけど)
これはSABU初の原作もので、しかも唯一笑いの要素が皆無な映画として、
SABUとしては異色の題材なわけだが、はっきりSABUの最高作になったと断言したい。
正直言って、ここ数作は疑問に感じていたのだが、これでまた期待できる監督となった。

私は男なので手越裕也という人を全く知らなかったけれど、不満は全く感じなかった。
面構えがいいし、こざかしい芝居をしない、させないのが成功ではないか

場内は、「ここに自分がいていいの?」と思えるほど10台の女性が占めていたけれど
マナーは悪くなかった。

散々言われている遠吠えの場面でもクスリとも笑いは起きなかったので
このスレを読んで実に意外。
あの場面で笑う奴は、ジャニヲタとか演技がどうだ、という問題でなく
場面の意味を読み取る能力を持ち合わせない哀れな低脳だろう

この映画、傑作とまでは言わないが、力作だ!
ただし、頭の悪い奴が見ても時間の無駄だぞ

174 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 07:53:09 ID:Fo3iGktR






テツとみゆきの役者名は不明。なんで伏せるの?
テツは市原隼人と劣化させた感じだね。

シュウイチの幼年時代の子役名もわからん。
ただ柄本佑によく似ていたのには感心させられた見つけてきたスタッフGJ!
その調子でシュウジの子役も大田一希じゃなくてもっと手越に似ているのを見つけてくればよかったのに惜しい。

・手越、韓の棒読みはまあ境界事例ギリギリの精神状態ということで脳内処理。
ただ手越のモノローグナレーションだけはもう少しなんとかして欲しかった。

・あとPG12だとしても新田関連での手越は全裸にすべき(どうせ局部は映さないんだし)
新田の異常さと不気味さが全然出ていない。

・テツが何故当初放火犯だと疑われるか原作読んでいないとわからん。
地上げ屋との結びつきをもうちょっと描くべき。

・「赤犬」の説明のタイミングが遅いので手越が犬の鳴きまねする意味がわからん。唐突過ぎる。
ぶっちゃけカットしてもよかった。  

175 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 11:04:31 ID:b/2ApME0
>>174
みゆき役は元ミニスカポリスの永井流奈

176 :名無シネマ@上映中:2005/12/21(水) 11:13:52 ID:VYAxSZG3
鈴木一真と矢沢心の使い方が贅沢だった。出ているの知らなかったので衝撃だった。
ドキュソ両親の役をやる歳になったんだなと感慨深い。

211 :名無シネマ@上映中:2005/12/26(月) 18:58:17 ID:hwOuZ0SQ
外出だと思うけど、手越と中谷のファックシーンが無いのは
致命的だと思う。あれではオチで描かれる唯一の救いが
生きてこないように思われるんだけど。
なんとなく台詞で匂わせてはいたけどね。

213 :名無シネマ@上映中:2005/12/26(月) 22:02:36 ID:9Oc8C0Lh
>>211
決定的だよね。
映像化不可能と言われていて映像化したらやっぱり不可能でしたという作品。

235 :名無シネマ@上映中:2005/12/31(土) 13:18:43 ID:+lrgupti
疾走見に行ってきた。
確かに主演の二人、演技はうまいとはいえないけど、表情とか見てると悪くないと
思ったよ。(手越の場合、最後の「いつか二人で走ろう」ってとこが俺的には上手いと
思った)監督は手越の目がいいって言ってたけど確かに何か影がある目つきしてたし、
韓ちゃんもどっか暗いオーラを放ってたからこの二人でよかったのかな~って
思った。てか池袋の映画館行ったんだけど道に迷い、やっと着いてもう映画やってたから
最初から見れなかった・・。豊川さんと中谷さんは問題なく上手いと思ったし、大杉さん
もなかなかいい味だしてたし何気にいいと思う。まあ想像以上に悪くない。それに原作
のラストを映画で忠実に写しててこれもよかったと思った。ただ、手越はもう少し演技の
勉強が必要なのかな?まあ初だからこれだけやれば大したもんかな。
あとパンフ買ったんだけど撮影日誌記録とかモントリオールとかの写真がどでかく載ってて
いいよ!!

247 :名無シネマ@上映中:2006/01/02(月) 18:35:26 ID:1Kr6Nt0O
二時間ではキツイのか要所要所だけで経緯がだいぶカットされてて、
CM見せられてる気分だった。
父親とメシ食いに行く所が無いのに、失踪した後
「お前が最後に会ったんだろう?」
とかいわれてもハァ?だし。
エリの棒読み以外はかなり役もハマッててラストにかけての雰囲気も良かったけど、
なんか残念だった。

248 :名無シネマ@上映中:2006/01/02(月) 21:08:32 ID:1DusLadW
自分も今日見て来た。
原作は何度も読んだから頭の中で自然に補足できたけど、
読んだことない人は話分かりづらいと思った。
エピソードが抜けてて、物語の芯の部分だけ映像化されてる感じ。
シュウジとエリはどんだけ大根なのか構えて見に行ったけど、
シュウジの台詞回しは早口で大根という他にないけど、表情はよかったと思う。
ジャニーズの割には暴力シーンも入ってたし。あれファンの子は見れるのかな?
みゆきと無言で繋がるところがなかったのは残念だけど。
あとSABUにしてはいい映像だった。

268 :名無シネマ@上映中:2006/01/06(金) 21:45:41 ID:ab+DVAmI
わざと原作を読まないでおいて観たけどおもしろかったよ。
親切にしてもらっても「ありがとう」を言わなかったり、
神父にしか自分の物語を語ろうとしなかった不器用な主人公に
ものすごい若さを感じてハラハラしっぱなしだった。
子供って、そういうもんなんだよね。
普段、ニュー速で厨房の揚げ足ばっかり取ってるから忘れてた。
演技もリアルでよかったと思うけどな。
棒読みとか言われてるけど、電車とかでたまに耳に入る
リアル工房の会話なんて噛むわ言い間違えるわでもっとひどい。
あれくらいが一番いい、と自分は思いました。
原作好きな人には悪いけど、じっくり堪能させてもらったよ。

312 :名無シネマ@上映中:2006/01/16(月) 22:13:53 ID:JPEMFB6+
豊川悦司の神父が良かった。
罪を背負って苦悩してるっていうのが全身に表れてた感じ。
最後のナレーションもいい。



313 :名無シネマ@上映中:2006/01/16(月) 23:09:09 ID:/5jFeug2
>>312
俺は逆に違和感あったな。
ボソボソとした喋り方に全然威厳が感じられなかった。

338 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 22:00:57 ID:MNghSnkd
ぷらっと地元のミニシアターに入ってたまたま観たのですが
やたら面白かったのでここを覗いてみました。
そしたらあまりにも原作原作言うひとが多いので
ためしに上巻後半まで読みましたが、これって
めちゃくちゃ原作を忠実に映画化してるじゃないですか。
エロイシーンはともかく、雰囲気とか空気感とか原作そのまま。
映画観てるときは棒読みだなーと思ったけど、
これはセリフが原作そのままだからしょうがないのかも。
映画用にセリフ練り直されてるわけじゃないみたいだし。
上巻残りと下巻読んでる暇があったらもう一度
映画見に行きたいくらいです。
チラ裏スマソ。

339 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 22:05:00 ID:27YYjXrj
>>338
いや、映画→原作のパターンの人あんま
いないから、参考になったよ。

340 :名無シネマ@上映中:2006/01/20(金) 22:14:39 ID:MNghSnkd
>>339
あそう。そりゃよかった。
原作鑑賞→映像化作品鑑賞だと、どうも自分の中でイメージが
出来ちゃってて素直に楽しめなくなるよね。
テレビ2時間ドラマ版リング(高橋克典のやつ)のに衝撃受けて
原作リング読んだらこれまた衝撃受けて、その後公開された
映画版リングみてがっかりしたの思い出した。

366 :名無シネマ@上映中:2006/01/24(火) 00:54:06 ID:e7Hh6t8f
バスの中で2人で聖書を読んでたそのとき、神父は両親の墓に弟の遺骨を納め、聖書を読んだ。
”それを後で知り私はお前のために泣いた。”
豊川悦司のナレーションに涙が出そうになった。
ラストのシーンも含め、原作読んでたほうがより深く胸に沁みる。

420 :名無シネマ@上映中:2006/01/27(金) 22:43:16 ID:Y6nPSgj2
わぁぉぉぉぉ~んん は原作にも台詞あるの?

422 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 08:15:51 ID:Jr1MViCT
>>420
ワオーンという擬声語?がそのまま書かれているわけではない。
「遠吠えを繰り返した」みたいな表現だったはず。
だから映画のワオーン繰り返しはちょっとしつこいかなと思った。

423 :名無シネマ@上映中:2006/01/28(土) 08:29:46 ID:m+TheOJw
うん、しつこかったね。いつまで吠えるんだと思った。
でも、手越くんのシュウジは悪くない。原作イメージにあってた。
兄は憎たらしかった。秀才とはいえあんなのがシュウジの憧れだったんだ。
いやらしく見えるというのは配役が良かったということなのか。

427 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 14:17:49 ID:qMwQDn4S
鬼ケンは誰に殺されたの?

428 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 15:37:24 ID:8i/+YDTu
原作では新田に殺された…?みたいなところがあったけど確実ではない

431 :名無シネマ@上映中:2006/01/29(日) 19:30:08 ID:J1uNvTSd
>428
映画でも匂わせてますね。
シュウジにあんなことする新田なんだから、
一緒に暮らしてた鬼ケンにだったら、
何やらかすか、なんとなく行く末が分かる。

457 :名無シネマ@上映中:2006/02/02(木) 15:23:45 ID:2v5l+fvw
つまらん質問でスマンが、
ホテルのロビーでチンピラがカメラ目線で
手でカメラさえぎる演出があったと思うんだが
新鮮だったがよう意味分からんかった。

おしえてエロイひと。

458 :イギー ◆VD0688G9N2 :2006/02/02(木) 18:59:54 ID:kqFlDH9j
あれは女の子のほうが捕まった。
それしか考えられない。

461 :名無シネマ@上映中:2006/02/03(金) 09:09:53 ID:AIZbuU7Y
シュウジを先に逃がして女の子はつかまったんだね。殺されたんだ。
ホテルの部屋で新田を見つける前にロビーでつかまったのか、どこまでも追われたのか
。シュウジはエリと再会できただけでも幸福だったんだ。

532 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 20:49:18 ID:7au+RX6T
アカネが中谷美紀で別に叩かれてないからそれなりにいーのかなーと思ってるけど、自分の中ではアカネは小池栄子のイメージ
アカネ肉付きいんだよね?

533 :名無シネマ@上映中:2006/02/11(土) 23:17:10 ID:TmQlp6FV
>>532
言いたいことはわかる。
中谷は美人で演技も良かったけどエロさは無いね。

535 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 00:08:45 ID:9BwPb7DC
ヤクザの女と言う点ではよかったかも>中谷

536 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 01:44:02 ID:OohTmF+4
アカネってもともと別の役者さんがいたんだよね?

538 :名無シネマ@上映中:2006/02/12(日) 13:08:03 ID:OMn05uK1
降板した女優なんていたの?初耳

542 :名無シネマ@上映中:2006/02/14(火) 23:51:11 ID:mtCnBZxx
アカネはもとはハセキョーの予定だったそうです。

543 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 03:49:21 ID:B1G1uPFF
それが本当なら、中谷美紀でよかったと心底思う。

545 :名無シネマ@上映中:2006/02/15(水) 15:38:46 ID:cq8DMywV
ハセキョーの予定が崩れて→中谷って格が上がってるね。
反対なら分かるけど。

551 :名無シネマ@上映中:2006/02/17(金) 09:06:15 ID:hzARvHCw
最後にシーン、教会の建物にもう十字架はたってなかったね。
教会ではなくなったらしいけど、やくざに屈したっていうわけではないよね?
”かつて教会だった建物で”
って言うナレーションがあったでしょ?

601 :名無シネマ@上映中:2006/05/06(土) 13:44:07 ID:J3p8pA/K
「疾走」は米国ニューヨーク州「シラキュース国際映画祭」で最優秀長編映画賞を受賞したそうだよ。
(本日付『スポーツニッポン』)

聞いた事ない映画祭だけど買い取ったのかしら

616 :名無シネマ@上映中:2006/05/27(土) 02:24:46 ID:MTgRNmZl
今日、DVD借りて見た。
なんか薄っぺらい…
道端で、人刺したら故郷着く前に捕まるって…
後、原作で号泣したラストの携帯電話からの声…どこのギャルやねん…

風景と中谷さんはよかった。シュウイチも。
白夜行みたいに、放送ギリギリでドラマ化してみたら良いのに…

618 :名無シネマ@上映中:2006/05/27(土) 02:37:42 ID:l3sMjSnB
>616
ん?故郷帰ってから捕まらなかった?

621 :名無シネマ@上映中:2006/05/28(日) 00:38:07 ID:RyNI9akr
>ラストの携帯電話からの声…どこのギャルやねん…


あれって原作でもギャルの設定かと思ってた
「みたいな」とか言ってるし
ギャルっぽくてただ彼氏にフラれただけっていう軽率さがシュウジの「ひとり」とかけ離れてて、それが一層孤独を引き立てたんだと思った

622 :名無シネマ@上映中:2006/05/29(月) 21:48:12 ID:IyawsIip
シュウジが死んだことをいつ家族は知らされたんだろう・・
あのあとの父、母、兄ちゃん・・どうなったんだ??
とか色々考えさせられる映画。

623 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 12:12:24 ID:G+DJlOmq
>>622
あたしもおもた。父/母/シュウイチはどうなったのか( ´・ω・`)_且~~

624 :名無シネマ@上映中:2006/05/30(火) 19:24:04 ID:UxSZw0Q/
>>622
>> 633
原作では、その後、父はホームレス、母は飲み屋のママになってる。
シュウイチは精神病院?にいる。
神父が届けた、シュウジの遺品の聖書を、壊れた心で見ている。

多分、シュウジの死を知れる状況にいるのは、母だけじゃないかな??
シュウイチには神父が伝えたらしいが、精神崩壊してるので理解してないと思われる。

637 :名無シネマ@上映中:2006/06/05(月) 16:22:44 ID:kVKxSetP
神父弟が恋人家族殺害したときのシーンで、缶のお茶を血まみれのままグビグビ
一気飲みしたとこはなんか世田谷の一家殺害事件を連想した。

電車の中でシュウジとエリが手をつないで聖書を読むシーンはなんか高校教師を
連想した。

638 :名無シネマ@上映中:2006/06/05(月) 17:30:50 ID:GXB1egTs
よく雑誌の宣伝に使われていたシーンだね。
原作読んで結末知っていたから神父に会いに故郷に向かうそのシーンはせつない気分になった。

669 :名無シネマ@上映中:2006/06/28(水) 07:03:08 ID:NaP3nieB
手越と韓英恵の棒読みはたぶんサブの指示だと思うよ
トヨエツもあまり感情のない喋り方をしてたでしょ
加瀬亮も含めた4人はそういう演出だったんだと思うよ
手越の演技レベルを考慮してそうなったような気もする
韓英恵はあそこまで棒読みじゃないもん

672 :名無シネマ@上映中:2006/06/29(木) 05:57:15 ID:yneB7H04
主役の二人の棒読みは良い意味で
この映画に叙情性を出してると思う
それがかえって大杉連の恐さを引き出してるし



695 :名無シネマ@上映中:2006/07/17(月) 02:33:19 ID:iFzts9uK
豊川、中谷、大杉とか脇役ちゃんと固めてたから
別に主役の二人がどうとか気にならなかった
個人的にこの映画は俳優の演技より
映画の世界観を感じて観てたって感じ

704 :名無シネマ@上映中:2006/07/19(水) 19:10:17 ID:DBsYvOHW
東京で再会したエリの服装が何気にオシャレだったので、萎えーだった
ブーツなんて履いちゃって。
あと、新田は大杉さんはかっこよすぎだって。

705 :名無シネマ@上映中:2006/07/21(金) 01:46:09 ID:RK4doIJM
トヨエツと中谷美紀とシュウイチが良かった。
アカネはシュウジにとって聖母だったんだな。
現実にトヨエツみたいな神父様だと色っぽ過ぎて戸惑う。
シュウイチは親父さんにほんとそっくりで気味悪さが絶妙。
シュウジに刺せないナイフを向ける場面が切なかった。

776 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 08:44:10 ID:VpIHmDoG
中谷美紀の関西弁、初めてらしいが結構良いなと思った。
新田の死体を前にして
「死んでもうたなあ。」
って言うとこも、なんかかわいいんだよ。

神父もイメージぴったり。

777 :名無シネマ@上映中:2006/12/11(月) 12:21:11 ID:spJ6X7op
寺島進が究極のハマリ。


関連記事

  1. 2008/09/10(水) 05:22:10|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸せのちから | ホーム | ドラゴン・キングダム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/158-d73197f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR