2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペース カウボーイ

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/969/969641328.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しでいいとも!:2005/11/12(土) 01:07:08 ID:6CG5on6j
2000年  米  
クリント・イーストウッド
トミー・リー・ジョーンズ
ドナルド・サザーランド
ジェームズ・ガーナー

老人にNASAから人工衛星の修理依頼がきた。


4 名前: ZEROES 投稿日: 2000/09/23(土) 10:58
昨日試写で観ました。『アポロ13』『ライトスタッフ』ファンはもちろん、正攻法の娯楽映画を観たい人にお勧め。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/26(木) 06:04
今週の週刊文春の星取り表では、
品田雄吉(☆2個)を除いて全員☆3個つけてました。。。

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/09/23(土) 23:46

2ちゃんねる映画ブログ

ジェームズ・ガーナーがいいなあ。
えらくハゲちゃったけど。

35 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/27(金) 00:13
というわけで私も観ました。
イーストウッドのしわしわ顔、けっこういいですよ。
トミーリージョーンズも、あぁ、歳とったなぁ、って感じでグッドでした。
ラストシーンに関して、SFバカとかがぐだぐだいいそうな気がしますが
私は涙ぼろぼろ流してしまいました。

!!!!! ネタばれ !!!!!


ディープインパクトもハルマゲドンもこれも最後は特攻。
自己犠牲が美しいって価値観を流行らそうとしてんのかな>北米。

41 名前: 30 投稿日: 2000/10/28(土) 22:30
先行レイト見ました.

話をリアルにしたアルマゲ丼といった印象
もう少し訓練シーンに凝って欲しかった.

逆にアルマゲ丼より感動が小さかった
(別にアルマゲ丼を賞賛する気はありません)

44 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/29(日) 11:09
せっかく見に行こうと思ってたのに、CMが例の「試写会バカ観客感想垂れ流し」ですよ。
中でも「シニア版アルマゲドン」って言ってる奴に萎えた。

46 名前: >44 投稿日: 2000/10/29(日) 11:58
>中でも「シニア版アルマゲドン」って言ってる奴に萎えた。

でも、良くも悪くもほんとにそうなんだよね。

122 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 02:43
アルマゲドンよりは、ぽっぽやだとおもうんだが。。。
あ、全面的に否定してくださって結構です。

123 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 02:45
いわんとしている事が解る<ぽっぽや

127 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 13:27
>>122は意外と当たってるかもな
ぽっぽやでも実は主役は稔侍だったから

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/29(日) 23:10
ロシア衛星、ものすごいSE出してましたね。
シャトルの方は音が聞こえてもいいけど、あっちは空気無いでしょ・・・・

ラストはかなり嘘臭いので評価分かれそう。
いつ頃まで操縦してたんだろ・・・・

48 名前: わかってないな 投稿日: 2000/10/30(月) 00:02
>>47
宇宙空間で音がしないのは小学生でも知ってるでしょう。
嘘臭いのを承知で見る映画だと思うが。

オレに言わせりゃ、この映画はラスト1分のシーン(fry me to the
moonが流れるトコ)を見せるためだけに存在するよーなもんです。

>いつ頃まで操縦してたんだろ・・・・
月につくまでは生きてたと思いたい。

50 名前: >48 投稿日: 2000/10/30(月) 01:06
>オレに言わせりゃ、この映画はラスト1分のシーン(fry me to the
moonが流れるトコ)を見せるためだけに存在するよーなもんです。

同感。
だから、残りの3人が帰還したところなど、すごくあっさり描かれてるよね。

52 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/30(月) 01:51
イーストウッドのオレ様映画ながらも、あのラストで設定、科学考証が
トンデモながらも許せる。

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/30(月) 03:13
そうですね。あのラストをよしとするかしないかで
全く評価の変わってくる映画ですね。


最後の彼の姿勢と月面上のブツの散布ぐあいや移動した軌跡から考えると
彼は到着時にはまだ生きていたと考えたいです。
だって生きてなきゃ複雑な軌道遷移はできないだろし。

あの距離をあの装備でしのいだかどうかに関しては… だいぶ厳しいものがあるけど
ソ連の衛星内に生命維持関係色々そろっていたということで。

なんにせよラストのあの絵はSFものとしても
すべてのトンデモが許せるくらいにかっこよかったっすよ。

こんな書き込みみて、スッゲー期待していくと肩すかしかもね
人によっては。

自分は予備知識なしに観たのであの絵だけで
ガーンと脳天うたれて、
シナトラのおやじの歌声聞きながら涙をこらえるのにひっしでした。
まわりの北米人の若いの年取ったの、女もオトコも
けっこうないておりましたよ。
こっちではひさびさの超ロングランだもんなぁ。まだやってるよ。

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/10/30(月) 03:29
最後のアレは、あくまでも太陽光線除けシールド(?)が被っていて
真っ黒なところが暗いというか重いというか。

55 名前: ZEROES 投稿日: 2000/10/30(月) 11:58
私はあれは、イーストウッドの幻視だと思いました。

70 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/03(金) 16:16
最後の方、感動はしたし凄いとも思ったが・・
もう少し、見せ場があってもよかったような気もする。

80 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/04(土) 05:04
もっと面白くできたってのはあるね、確かに・・・。
でもシックに荒唐無稽なとこがイーストウッドっぽくていいじゃん。

個人的にはラストシーンはJ・P・ホーガンの
「星を継ぐもの」を連想した。

74 名前: nameless 投稿日: 2000/11/03(金) 20:52

2ちゃんねる映画ブログ

ジョン・グレンみたいなのがいたから作る気になった映画だろ?

75 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/04(土) 00:57
J・グレンのおかげアゲ

78 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/04(土) 02:05
>>74-75
今週の週刊文春のクリント・イーストウッドのインタビューを読む限りでは、
ジョン・グレンがスペースシャトルに搭乗する前から企画済みで、
主要キャストも選定していた、とのこと。

81 名前: タナトス・パレスホテル 投稿日: 2000/11/04(土) 08:02
新宿のオールナイトで観てきました。
場内ガラガラでとても見やすかった。
かなり期待して乗込んだのだが、あまりインパクトがなかったなあ。

脚本の出来がイマイチだよ。
どうもNASAの全面協力が、話的に裏目に出てるっぽい。
最後のシャトル帰還シーン一つとっても、蛋白すぎる。
「うちの作った物が、簡単に壊れてもらっては困る。」というNASAの
圧力が聞こえてきたからね。何回も。

「ライトスタッフ」越えは、ならなかったようです。興行的には知らんが。

気になったのは、エンドロールで「スタント・コーディネーター」の所に
バディ・バンホーンの名前を見つけた時です。

イーストウッドの老いよりも何よりも、物悲しかった新宿の朝でした。

82 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/04(土) 14:46
傑作じゃないけど佳作かな。
アルマゲよりはよかった。
ディープインパクトにはまけるね。

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/04(土) 23:00
今日見てきた。
…俺もイマイチだな。
「じじいががんばる映画!」を
期待しすぎるとダメなのかもしれぬ。
あれはイーストウッドががんばる映画だ(藁

88 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 00:27
始めの5分間くらいは相当燃えるぞ!「ライト・スタッフ」で
イエーガーが高度記録を目指した場面のリメイクみたいで。
これだけで見る価値有りでした。
残りのストーリーについては自分がジジイになるのを待って
もう一度見ようと思います。(現時点では全然面白くなかった
です)

89 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 01:40
「大したことない若者には負けないジジィ」と言う構図が鼻につく

若者には若者,ジジィにはジジィの適性があるんだろうから,
お互いの長所を出し合い,短所をカバーするって図式にして欲しかったなあ

あと,いまいち宇宙へ行く動機が弱いなあ.なんであれ程までに宇宙に行き
たがるのかさっぱり分からなかったよ.

90 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 03:15
>あと,いまいち宇宙へ行く動機が弱いなあ.なんであれ程までに宇宙に行き
たがるのかさっぱり分からなかったよ.

言葉もありません・・・

91 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 04:03
漢の浪漫だよ、キミィ

94 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 05:29
>>89
宇宙行きたい奴は、どうしても行きたいんだよ。

95 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 06:32
深夜に見た

白黒画面の部分はきれいだったなあ
宇宙の部分はもっと見せて欲しい-。
科学的な嘘やつじつまあわせがあるのが気にはなる。
(アルマゲドンほどではないけど)
最後は泣かなかった。
微笑んだ。

97 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/05(日) 13:26
私もレイトショーを見てきました
絵の切り取り方がとても好みで
画面もきれいだし
爺さん達は可愛いし
とても優しい気持ちになれました
大好きな映画です

103 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 01:37
僕は自己犠牲やっちゃった時点で、ラストは感動できなかった。
年寄りなんだから若者より知恵でも利かせて、
ひょうひょうと帰ってきてもいいんじゃない。
たくましい老獪さとかあってもよさそうなのに。
年寄りがあんな簡単にあきらめちゃいけません。

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 01:41
いや,ラストは良かったと思うんだよ
一生を宇宙に思い焦がれて果たせなかった男だよ.
それを間近でみて,死ぬのはむしろ本望だろう.満足してたと思う

残された人をもちょっと描写して欲しかったかな

105 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/11/06(月) 01:46
そうだねえ。確かにトミーリーがガンという設定は、ラストの伏線
としてはちょっとずるい気がするけど、でも機能していたでしょう。
でも、それよりなにより、宇宙への想いというやつじゃないか。
僕は残された人をさらっと触れた程度でよかったと思う。
ラストの説明過多は、興ざめになるよ。

121 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 02:37
なんだかしみじみと良い映画でした
自己犠牲とかヒロイズムとか
そういう類の映画ではなかったと思います
人形を見てほほえむイーストウッドが素敵だった
いままで好きな役者さんじゃなかったけど
見直しました

129 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 19:01
最初のシーンで「俺は月へ行く」行くみたいな事言ってたけど
月へ行く任務じゃないじゃん、と思ってたらラストにやられた。

2ちゃんねる映画ブログ

シールドに地球が写ってるのに泣けた。
今日は1000円だけあって、おっさんがいっぱい居て混んでたよ。

132 名前: >129 投稿日: 2000/11/07(火) 00:02
ええっ、シールドに地球がうつってたの?
今日は満員で前から5列目で見たから、アップ過ぎてわからんかった。
そんなん見たら、3倍は泣けたのに~くやし~。

なんにしても面白い良い映画でした。
描ききれてないとこもあるけど、それはそれ、テンポよくって良かった。
「ライト・スタッフ」は超えられないけど、それを言っちゃ可哀想だ。
上映時間短いもん仕方ないよね。

158 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/10(金) 23:13
窒息死って凄~く苦しいらしいですね。
最後まで地球眺めてる余裕はないでしょうな。

190 名前: うに 投稿日: 2000/11/19(日) 11:26
昨日見に行ったけど、前半はすごく面白かったと思う。
でもラストがダメダメじゃん。
なんでロケット体に括り付けて犠牲にならなくちゃならなかったのか、
そしてそれをなんでみんなが許したのか(ガンだから?)わからん。
なんかもったいない映画でした。
無理矢理お涙頂戴にしたかったのかな。
最後はしらけて全然泣けなかった。

192 名前: イコン 投稿日: 2000/11/19(日) 23:43
>なんでロケット体に括り付けて犠牲にならなくちゃならなかったのか
あれは「犠牲」って言うより「夢を叶えに行った」っていう風に見ましたが。
オープニングでも月を見ながら「あそこへ行くんだ・・・・」と言ってましたし

131 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/06(月) 23:43
宇宙に行くまで長すぎる。
スターが4人いるから見せ場も4倍にしなきゃならないし。
何だっけ、勝新と裕次郎と三船と錦之助の映画を思い出してしまったよ。
「待ち伏せ」だっけ・・・
それとナサがうざいし、ヤングマンな飛行士二人の扱いもトホホだった。
面白いけど散漫な印象。
誤解を恐れずに言えば、アルマゲドン並に地上部分をさらっと流して欲しかった。

ただ最後の場面は50年代のSFの挿し絵みたいで良かった。
当時描かれた絵の中での裏テーマなんだよね。ああいう情景は。
「勇敢な開拓ロケット」みたいな挿し絵に混じって「宇宙での○」みたいな絵が
一枚挟まってると、子供心にずしんと響くんだよな。
そんな事を思い出してしまった。

134 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/07(火) 14:12
昨日朝一で見たよ。
さすがに客少なかったな。

SF映画の割には地味な感じの作りだったけど良い話でした。
メインの4人以外の脇役達がちょっと弱すぎたかな。

135 名前: >134 投稿日: 2000/11/07(火) 14:15

2ちゃんねる映画ブログ

ウィリアム・ディベインが懐かしいよ。

146 名前: 140 投稿日: 2000/11/08(水) 13:44
ところで、ジジイだらけですが、
トミーリーだけ、他の連中とひとまわり違う、
まだ54歳だって、知ってました?

147 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/08(水) 13:46
>>146
最近まで知らんかった。
MIB見た時点で60後半くらいかと思ってたからなぁ。
老け過ぎ。

149 名前: 140 投稿日: 2000/11/08(水) 14:34
>>147

2ちゃんねる映画ブログ

70のイーストウッドやら72のガーナーやらと
どう考えてもタメに見えるあの老け顔はなんとかしてもらいたい(T_T)
 
151 名前: 日本人なら 投稿日: 2000/11/08(水) 17:25
これまでのカキコで、誰も指摘しないから書くが、この映画って
イーストウッド自身が語っているように、黒澤を意識しているよね。
よって邦題は「宇宙の用心棒」か「四人の宇宙侍」にして欲しかった。
日本人なら、黒澤ファンなら、必見。

155 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/10(金) 00:38
>151
「四人の宇宙侍」で思わず爆笑しちゃった。

160 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/11(土) 00:37
黒沢とイーストウッドは全く資質が違うだろ。黒沢は、アメリカ的正義を日本に持ち込み
イーストウッドはアメリカ的正義に反抗し続けてる。イタリアからの出もどりだしね。

161 名前: >160 投稿日: 2000/11/11(土) 02:07
151だけど、それがさ、ベネチア映画祭のインタビューでイーストウッド
本人が語っていたから、わざわざカキコしたのよ。
「七人の侍」はイメージにあったと言っていたし、三船のユーモラスな
男っぽさを出してみたかったとも言っていた。
尤も、日本人向けのインタビューだからリップサービスかもしらんが。
しかし「荒野の用心棒」出演前にすでに「用心棒」は見ていたとも言っていた。

164 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/11(土) 07:14

2ちゃんねる映画ブログ

ロシアの衛星があんまりにも怖かったので笑った
ロシアの人が見たらどう思うんだろ、あれって

165 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/11(土) 07:41
>164
個人的には戦闘体型に完全変形して壮絶なバトルを繰り広げて欲しかった。
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーンを口ずさんだ時点で、クライマックスにロンギヌスの槍が出現するのに期待したんですけど。

177 名前: 誰か教えて下さい 投稿日: 2000/11/12(日) 21:07
若い時の4人と老いた4人が一致出来ません。
(何となくは解るんですが、パンフを何処かに
 忘れてきてしまった為、確認の術がないのです。)

誰が誰になったのか、教えて下さい。

178 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/12(日) 21:22
前の座席の無茶やる人→トミー・リー
後ろの座席の制止する人→イーストウッド
地上で雑誌読んでにやけてる人→サザーランド
B-29に載ってレーダー見てる人→ガーナー
文句たれる上司→クロムウェル

上司の部屋の前を通り過ぎる奴→ディベイン?

179 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/12(日) 21:35
>178 さん
サザーランドとガーナーがイマイチ自信なかったかのですが、
これですっきりしました。どうも有り難う!!!

180 名前: >179 投稿日: 2000/11/12(日) 23:32
声は、本人達が吹き替えやってるんだけど分からなかったかい?

181 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/13(月) 00:23
>180
ガーナーをやっていた俳優さんをよく知らなかったのです。
トミーリーとイーストウッドの声は解ったんだけど、
後はちょっと?って感じでした。恥ずかしいです・・・・。

182 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/13(月) 17:12
サザーランドのような爺さんになりたいと思いました(まる)

2ちゃんねる映画ブログ

277 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/12/20(水) 15:30
ドナルドさんはオイシイ役設定だったよね。

278 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/12/20(水) 20:22
若い女つかまえるしね。

183 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/13(月) 18:41
サザーラソドでかてぃむぽあげ

195 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/20(月) 11:39
若者の扱いがひどすぎる。
なんにも教えてやんないし。

199 名前: >195 投稿日: 2000/11/20(月) 22:50
若い奴なんて、どうでもいいの。イーストウッドは。
映画のことなんて何も知らないんだから、いいよ、もう俺一人でやるから。
俺死んだら、知らないよ、映画なんて。って感じだろ、きっと。

204 名前: ZEROES 投稿日: 2000/11/21(火) 11:21
>>195さん
確かに『ルーキー』とか『ハートブレイク・リッジ』とか、若者鍛える映画撮っていた頃にくらべて、開き直っている感じがしますね。

229 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/26(日) 00:50
トミー・リーが、彼女同伴の若造のメンツを立ててやるところがよかった。
「掃除します」という若造の態度もよかった。

274 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/12/19(火) 16:33
うちのお父さん、クリント・イーストウッドと同じ年なんですが、
昨日観てきてから、やけに触発されててちょっと面白いです。
「ジェット・コースター乗ってみようかな」とか。ははは。

275 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/12/19(火) 18:24
ええ、話や。クリントも本望でしょう。


関連記事

  1. 2011/01/14(金) 22:12:02|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バッド・ルーテナント | ホーム | 劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1577-b6af9f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。