FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い文化住宅の初子

赤い文化住宅の初子
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1178021930/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/01(火) 21:18:50 ID:TzfMUahm]
『赤毛のアン』が大嫌いな、初子という少女がいました。

出演:東亜優 塩谷瞬 佐野和真 酒井真紀 桐谷美玲 鈴木慶一 他
脚本・監督:タナダユキ
原作:松田洋子
主題歌:Moor/UA

5月12日より渋谷シネ・アミューズにてロードショー


4 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/02(水) 18:17:22 ID:8HRHa1Ig]
天才タナダユキの手腕に注目!!
彼女はやってくれますよ。
レベルの高い演出ですから。

5 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/03(木) 22:33:32 ID:woDOJbhe]
タナダユキって業界人から注目されているよね
この映画も玄人から評判よさそう
見るものの感性がとわれるよね

6 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/04(金) 22:52:39 ID:gP9rGias]

2ちゃんねる映画ブログ

監督って、美人の上に実力あるよね。これからの日本映画界をリードするに違いない!!

8 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/07(月) 21:52:30 ID:2Ujj9gML]
タナダユキのレベルの高さに観客が付いてこれるか心配。
馬鹿は見に来んな!!

9 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/09(水) 21:40:29 ID:EEOABz8M]
何なの、この褒め殺しw

11 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/12(土) 22:01:23 ID:g+ULwPtM]
勢いで観てきた。
公式HPのPV動画が良くなかったし、
原作のファンだから、映画化や監督が女ということで期待してなかったけど、なかなか良かった。
演技が良かったと思うよ。塩谷瞬が特に良かった。

でも半分以上の客がキモオタでリアルに臭かったな。

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/12(土) 22:23:17 ID:Ul4CJ7DI]
月とチェリーよりは好きだわ
相変わらず演出いい!

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/12(土) 22:45:49 ID:MGgu4u78]
東亜優=初子の妄想シーンが面白いと思った
ふっと北野タケシーズみたいな唐突にインサートされるあれ
ふと我に返ったら、ポツンと一人とか、「私なにやってんだろ」みたいな虚無感の心情描写?
客引きを眺めてたら、突然自分が客引きになってる妄想描写に唐突に変わってたり
突然自分と友達の間に生じたコミュニケーションの壁が、そのまま無造作に積み上げられた机の壁になってたり、
唐突なんで結構びっくり。
あとはカメラに水滴がついたのをそのままにしたのは、リアル描写ゆえの偶然の産物か
なかなか新鮮で良いと思った。こういうのあんまないですよね。

東さんは表情の演技が実に素晴らしい、細かい感情も上手く顔で表現できたと思う。

佐野くんは見ていて安心できた。誠実で良い役者です
塩谷君と大杉さんの演技が狂気じみてるというかテンション高くて圧倒された

最後の方のセリフ(「ドラマの~」)は聞いてちょっと恥ずかしくなった(汗
えっ?(笑)って感じ?

80 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/30(月) 02:12:15 ID:/pEMGfJl]
最後のセリフ「ホームドラマになるんじゃ!」がよかった。
今年の邦画1位候補だね。

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/13(日) 00:22:57 ID:OubrH0A+]
あとストーリーと関係ないけど、
東亜優=初子、だらだらダベッてるしてる感じの描写?
「バイトがないと気楽でいいなあ」みたいな独り言ブツブツいながら、畳の上に寝転がったまま、意味もなくグルグル回りながら行ったり戻ったりしてるの。
人間ハンドローラー状態?
しかも窓の外からわりと引いて映してたから画面から消えたり出てきたり
なんかわかんないけど、こういうの好きなんだよな個人的に

20 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/13(日) 09:22:52 ID:6FKlTLg0]
>>16
>>畳の上に寝転がったまま、意味もなくグルグル回りながら行ったり戻ったりしてるの
インタビューにも書いてあったけど、山下淳弘の影響みたいだね。

18 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/13(日) 00:53:46 ID:Z3/vlOgZ]
何か俺の妄想恋愛小説並にフツーだった。つまり童貞向けの映画です(^o^)/

19 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/05/13(日) 01:02:31 ID:OubrH0A+]
まあストーリーを追うことを第一に考える大多数の人は
そういうことになるんだろうね
確かに、ベタっちゃベタだしね
自分も正直ベタな恋愛とか泣きは、あんまり好きじゃないからなあ
でもクドイようだけど面白い描写、演出は随所あるよ
原作ものはストーリーは大体読めるからそういうのに気を配るようになってきた。ストーリーは優先順位が低くなってきた個人的には
ああこれもどうでもいい話だね

23 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/14(月) 00:10:35 ID:LOhdKoVI]
おれも昨日の夕方の回に観に行ったよ
期待通りの映画だった。
でもさ、なんで貧乏って心まですさむのかね?
昔を思い出しちまったよ(⊃Д`)

26 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/14(月) 12:35:05 ID:/ciK+ES0]
格差社会・ワーキングプアなんてのが社会問題になってる今、
なんかキツそうな映画だなあ・・・。

2ちゃんねる映画ブログ

でも、坂井真紀が好演してて、しかも尻出してるらしいしw
やっぱ渋谷に逝こうかな。

2 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/01(火) 21:25:24 ID:3HHpRwS/]
酒井真紀のお尻age

60 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/06/06(水) 21:14:40 ID:tc2csC80]
坂井真紀最高!
青春金属バット以降あんな役ばっかだな!

76 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/01(日) 19:45:35 ID:6dkAb/H9]
今日見てきたけど最後まで坂井真紀がどこにでているかわからんかった。
いい役者になったのー。

77 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/01(日) 20:30:32 ID:nrZRe0M+]
>最後まで坂井真紀がどこにでているかわからんかった。
これはちょっとまずいんじゃないか・・・
という自分も、フリージアでは危うく坂井をスルーするところだったけど

24 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/14(月) 09:29:21 ID:wJ7tBAoN]
亜優ちゃん、可愛い!!
映画では初子になりきってましたね。
タナダユキ監督も可愛い方でした。
本当に、切ない映画でした。

30 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/19(土) 06:15:31 ID:mv4qmUC+]
若手の出演者はどうですか演技は?伸びそうですか?
鈴木慶一さんが好きなので一度見てみたいのですが
時間がなく中々まだみれそうにないです。
 
31 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/19(土) 13:14:58 ID:O28FAN50]

2ちゃんねる映画ブログ

東亜優ちゃんいいですよ。
抱きしめたくなるくらい、切なく初子を演じています。
塩谷瞬とも顔が似てるのか、本当の兄妹に見えました。

79 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/16(月) 10:56:52 ID:tAU6Sax1]
亜優ちゃんいいね。
萌え~

33 名前:ヒラリー・スワンク mailto:sage [2007/05/20(日) 08:31:46 ID:chKqUshq]
東亜優ちゃんは兄と世帯分離して生活保護を申請すれば、東高に行けた筈なのに、
馬鹿な尻出し酒井巻のせいで、福祉制度が末端に伝わらない・・・。

34 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/21(月) 23:55:07 ID:Qq9+evuu]
見たよ!! いろいろ考えさせられた!!
タナダユキって、こういう考える作品も撮れるんだね!!

38 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/23(水) 18:20:37 ID:5Y3CpF06]
日本映画の次代を担うのはタナダユキに違いない!!

46 名前:名無シネマ@上映中 [2007/05/28(月) 23:09:11 ID:e22/vYxR]
タナダユキの映画は、河瀬監督のカンヌ映画よりも娯楽に徹しているよ。
それでいて、ちょっと心に残るんだ。この、ちょっとというのがいいんだよ。

68 名前:名無シネマ@上映中 [2007/06/16(土) 01:05:48 ID:K0VpPjfJ]
マンガ原作映画のなかで、一番気に入りました。

58 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/06/06(水) 17:55:32 ID:4pevnUnv]
田尻と兄ちゃんが原作よりも幅もってて
これはなかなか良い脚色だった

61 名前:55 mailto:sage [2007/06/09(土) 17:29:08 ID:LmkCt6kI]
観て来ました
60人の箱で半分ぐらいの入りだったかな
ストーリーは絶望的なんだけど
初子の妄想シーンなど淡々とした描写だけど
結構笑いのエッセンスも詰まっていて
私的にはかなりツボに来ました
DVD出たら買いますよ。

62 名前:テアトル梅田 mailto:sage [2007/06/13(水) 00:05:54 ID:FfwQlLpX]
さっき見てきた。
メッチャ切ないね。
感情がズハズバ自分に入ってくるからちょっと辛かった。
けど優しいね。
兄ちゃんも初子も三島くんも。
コロッケとあやとりのシーンが泣けた。

父親だけがよく分からんかった。勝手に希望持ってダメになったからってなんだありゃ。

でも、見て良かったと思った映画だった。

67 名前:名無シネマ@上映中 [2007/06/16(土) 00:40:49 ID:ACU+RXcU]
おれ、父親(大杉さん)がなぜ家に入り込んでたのか、あのラーメンは自前のやつなのか、初子の家にあったものなのか?鍋とどんぶりは初子の家にあったものを借りてるんでしょうね
あれは失火なのか、自殺(放火)なのか、その前かけられた灯油が原因なら兄貴に責任のいったんがあるのではないか
失火だとすれば、文化住宅の別の棟にすんでる人たちも被害者がでたのでないか?その人たちへの保障問題は発生しないのか?初子らに?
などを考えてしまうってのは

野暮ってもんでしょうな

2ちゃんねる映画ブログ

大杉さん演じる父親の造詣が、タナダ監督の前作、タカダワタル的
故タカダワタル氏とそっくりだったんだけど、
聞くところによれば、大杉さんもタカダ氏とは親交もありファンだったとか
もしかして原作があのままだったら、考えすぎかな

376 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:17:39.69 ID:hcZtKGry
人のラーメンだなw

386 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:17:51.40 ID:aJxOu+VT
akakaa_20110824190101.gif

395 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:18:06.07 ID:zA1Fdegt
つか子供らの貴重なラーメンを勝手に食うなw

65 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/06/15(金) 18:43:19 ID:wuk8IA/h]
デリヘルのチラシがポストに・・・
クシャクシャに握り潰してふと
「お兄ちゃんがいるかも知れない」と
シワを伸ばす初子

あり得ない兄妹愛だがぐっときた。

66 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/06/16(土) 00:20:19 ID:Ddsx7q6s]
だよな。
飛び出すほどイヤなことだったのにな。

今日2回目見てきたけど、あそこで笑ってる人がいた。

気持ちはわからんでもないけど、笑いとばせるシーンじゃないよなぁ

72 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/06/18(月) 23:53:20 ID:PuxilTra]
この映画を観て、あやとりという遊びがあった事を
思い出したのはオレだけ?・・・。
そう言えばのび太君の特技は確かあやとりだったはず。

81 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/30(月) 08:08:45 ID:jGlzlkcT]
原作コミックに関する予備知識を全く踏まえずに鑑賞しました。

原作がコミックである場合に陥り易い"弊"である
「人物描写の粗雑さ」は、
残念ながらこの作品でも見受けられたように思います。

役者陣の演技力の問題はさておき、
脚本上、各登場人物の存在意義が
あまり明確となっていない印象を受けました。
それゆえに各場面の描写がいずれも冗長で、初子の性格と同様、
作品全体も「ドン臭い」印象しか残りませんでした。

2ちゃんねる映画ブログ

『赤毛のアン』の挿話も全く活きていませんでした。

これはおそらく、映画製作者サイドが原作コミックの内容に
意識的・無意識的に"拘束"されてしまったことの結果ではないかと想像します。

もっとも、上述の通り私は原作の内容を全く知らないので、
以上のようなことは原作中の人物設定が
どのようなものであったかを事前かつ適確に把握した上で
コメントすべきことなのかもしれませんが・・・。

映像表現としても、主人公が要所で抱くノスタルジックな心情を
そのまま回顧的な映像を流すことによって表現しようとするのは
甚だ芸のない手法ですし(例外はあやとりの場面か)、
比喩的に言うならば、絶望的な要素しか見出せない初子の生きる世界に
「明るさ」は求められても、安易な「甘さ」は求められるべきではない、
少なくとも「甘さ」を漂わせる映像表現を徹底的に排除することができたのなら、
本作も今よりはもっと"格調高い"作品となっていたように思います。

最後に、役者陣のうち、初子の幼少時を演じた女の子の台詞回しと、
坂井真紀の「生尻」には及第点を付けておきたいと思います。

85 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/31(火) 22:38:13 ID:gq617in2]
>>81

>初子の幼少時
>「生尻」
これが書きたかっただけちゃうんかと

90 名前:名無シネマ@上映中 [2007/08/14(火) 22:34:10 ID:DdFTxwXt]
これは何だったのか・・・
何を伝えたかったのか・・・
何を感じ取ればよかったのか・・
よくわからなかった・・

とにかくあらゆる不幸を一身に背負った少女初子。
父親や借金を残して蒸発、母親は借金返済の為に働き詰めで過労死。
残された兄との貧乏生活。
高校中退して働く兄。
初子もバイトをするが、中学生だからとバイト代をこぎられる始末。
そして辛気臭いとクビになる。
彼氏と一緒の高校に通う夢も適わず、卒業後は工場で働くことに・・・

ココまで不幸が重なると、もう涙も出ることはないのか。
ほとんど無表情の初子


彼氏の三島君はとってもイイ奴。
唯一彼女の救いは彼氏の存在。

しかし、その彼氏とも離れ離れになる運命の初子。
まだ若い二人は将来の約束をするが・・・

一体、これを見て何を感じればイイのか・・・

わからなかった。

91 名前:名無シネマ@上映中 [2007/08/15(水) 10:07:20 ID:zo29Y18F]
90の人、分からなかったんだね。  
初子を取り巻く不幸や貧乏、頑張ってもどうする事もできない事、
兄の気持ちや責任、色々な事を考えさせられた映画だった!!
それに、亜優ちゃんがどんくさく可愛い。
すばらしい演技をしていたと思います。

93 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/08/16(木) 10:10:56 ID:+V2gnUxu]
電車でだらだら旅してたら東福山という駅になんとなくデジャヴュ。
ここってもしかしてラストシーンが撮られた場所なんでしょうか?



★映画実況4020 赤い文化住宅の初子
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/livetx/1290655522/
2ちゃんねる映画ブログ

29 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:05:47.17 ID:R3WY36/Z
現在の初子

2ちゃんねる映画ブログ
http://www.horipro.co.jp/talent/PF086/

48 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:06:15.71 ID:rgn5zVBF
>>29
いい歳のとり方したな

85 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:06:54.55 ID:ZT3nK73T
>>29
かわいいな

66 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:06:30.25 ID:z6l+EAQq
>>29
髪の毛で顔半分隠すな

78 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:06:39.56 ID:UGQgg7Jh
>>29
バストが74って絶望的すぎないか?

744 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 14:59:37.46 ID:5UBMautq
北乃きいと路チューしてた佐野が出てるんだなw
どれかわかんねえええお兄ちゃん?

752 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:00:06.53 ID:UYnK/wWJ
>>744

2ちゃんねる映画ブログ

イケメン彼だよ

914 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:05:52.91 ID:4hNb1ufA
この彼氏の存在が、
いかにも女性作家っぽい。

45 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:08:45.63 ID:Nn1Xn7mA
大杉蓮仕事選べw

153 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:10:26.81 ID:J0WXQ0nL
漣さんくさそう

437 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:19:37.14 ID:L8hTM9Sr
まさかwwwwwwwwww

440 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:19:37.86 ID:UYnK/wWJ
おやじwwwwwwwwww

442 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:19:38.87 ID:5UBMautq
家燃やしやがったああああああああああああああああ

468 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:19:53.64 ID:yBKXiX2Z
これはひどい

516 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:20:30.50 ID:Ni4YrWlS
どこまで迷惑な親父なんだ

493 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:20:09.48 ID:LiCZrENg
まさに赤い文化住宅

556 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:21:32.14 ID:1B1L6TXR
赤い公団住宅って
燃えて真っ赤っちゅうことかwwwww

640 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:23:41.47 ID:4hNb1ufA
というかこの映画、正直、そんな不幸じゃないよね。
普通だよね。

654 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:24:14.55 ID:ZjluG899
>>640
お前ドンだけ不幸なんだよ

740 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:26:29.97 ID:gR2jq3tS
>>640
彼氏いるしな・・・その点だけは・・・

653 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:24:09.88 ID:pdtI/Fg0
・父親が借金抱えて失踪
・借金を返すために母親が過労で死亡
・兄貴が働いて一応家計を支えるもDQNで工場をクビに
・失踪していたはずの父親が実はホームレス
・ホームレス親父が勝手に家にあがりこみ放火
・唯一の味方である彼氏とも離れ離れに

どんだけ悲惨なんだよ

884 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:28:12.45 ID:1B1L6TXR
初子に「結婚しような」言われた男は
みんな不幸になるな♪

952 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:30:04.32 ID:QA8s7TtP
>>884
裏テーマはそれか
じゃあ同級生の男も微妙な女妊娠させて
高校退学して働きながら腐ったりするのか

967 :ワールド名無しサテライト:2010/11/25(木) 15:30:43.80 ID:rgn5zVBF
>>952
うわぁ・・


関連記事

  1. 2010/11/28(日) 03:22:59|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<みんなのいえ | ホーム | ゴースト/ニューヨークの幻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1572-77193217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR