2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなのいえ

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/988/988623788.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 19:12:40.15 ID:78KVVjb7
◆『みんなのいえ』 2001年・日本

〔監督・脚本〕三谷幸喜
〔撮影〕高間賢二
〔音楽〕服部隆之
〔出演〕唐沢寿明、田中邦衛、田中直樹、八木亜希子  ほか


280 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 03:43
イヤな映画ではないが面白みもなかった。
肝心の家造りの部分が、結局セリフだけで処理されてたのが一番の不満。
前半の設計図をめぐる争いがダラダラして見えたのもそのせいでしょう。
建て始めたらすこしは芝居と家造りが絡むのかと思ったんだけどねえ。
せっかく作ったセットが、ただの背景に終わっていてもったいない。
20畳の畳を異様に広く見せて、「やっぱり広すぎるね」とやるとか、
絵で納得させる方法はもっとありそうなものなのに。
そこが舞台出身の人の限界かなーと思ってしまった。
伊丹十三じゃないから内幕ものにする必要はないけど、
別に家の話じゃなくたっていいじゃん、と思った次第。

あと八木亜希子、目を細めてなんか表現した気になる芝居やめてね。ウザイ

283 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 10:46
八木の「~なんですけどー」って言い方が気に障った。
清水みちこ良かったなー。何もやってないんだけど。
香取慎吾のへっぴり腰も笑えたし。

2ちゃんねる映画ブログ

319 名前: 3級建築士 投稿日: 2001/06/13(水) 01:59
専門家の目で期待して見るとちょっと肩透かし。
建築素人だったら面白いのかも。

まあ、三谷の映画はああいう「ほのぼの系」だから、それを知らないで期待
しすぎるときついかもね。
逆にその辺わかっていれば、まあまあ面白い。

俺は個人的に好き。
だが、この映画、設計より大工寄りな雰囲気が否めないのは、俺だけか?
もともと「長一郎の家」だったんだよな?という事はデザイナーはどうでも
いいってか・・・。

320 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/13(水) 02:04
で、あれは棲み易い家となったのだろうか。

333 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/13(水) 17:38
見てきた。 面白いじゃん。
ココリコ田中の見せ場「アーティストと職人は遠い存在じゃない」のあたりで提示された
テーマに後半なだれ込んでいくのが結構快感。

後半の嵐の日、せっかくの山場が、棟梁、デザイナーの鉢合わせ、車のアレ、修理とい
くつかに分断されて、その間一寸だれたのはもったいないけど、すごく面白かったと思う。

結構映画的な演出になってて関心したよ。

しかし、劇中劇が一寸お粗末だよなあ。 劇中劇の脚本完成と併せて家が建っていくみ
たいな構造にすると直介=職人的な部分が強調されてさらに良かったのになあ・・・。

でも、ほんとに気持ちいい感じで映画館出られたから、三谷幸喜久々の快作なのでは?

334 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/13(水) 18:20
笑いとペーソスが散りばめられていておもしろかったよ。
ドリームチーム(!)がいいよねー。
八木ちゃんの演技は今いちだけど、まわりが充分にカバーしてる。
田中が意外といい味だしてた。
色々な人がチョイ役(!)で出演しているから注意深くみると
より一層おもしろくなるかも。もう1回みたいかな。


ただ、三谷の場合は舞台がメインだからか、いらないと思える
話を少し盛り込みすぎかな。野際さんとかが・・・ね。

自分はラジオよりわかりやすかった。万人向けの作品ってことか。
おもしろついでにパンフ(600円!)まで買っちゃった!!

352 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/14(木) 00:19

2ちゃんねる映画ブログ

田中の演技は芸人としてならあれでOKかもしれないが
コメディ俳優には向いてないと思う。特に三谷脚本には。
面白い台詞を面白く言おうとしてしまっている。
本業が芸人だから仕方ないけど。

254 名前:  投稿日: 2001/06/10(日) 00:18
さんまさんってドコに出てたの?
目悪くて全然わかんなかった…。

271 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 16:45
オレもさんま気づかなかった。

256 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 00:41
>>254
原稿渡されるADみたいな役。ほんの一瞬。
監督からはピクリとも動かないようにとの指示があったみたい

264 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 01:23
>>254
>>256に追加で、田中が会議室で缶詰させられてる時にお茶入れてるADも。

267 名前: 254 投稿日: 2001/06/10(日) 06:45
あの会議室の人もそうだったんだ!
ありがとー、教えてくれて!

258 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/06/10(日) 00:53
遠藤章造(ココリコ)なんて、クレジットみてなきゃ分からなかった・・・。

295 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 22:41
>>258
火星人の役だから無理もない。

259 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 01:04
「和田誠」ってクレジットに出てた?カメオ出演は気づいたけど。

257 名前:  投稿日: 2001/06/10(日) 00:51
白井晃のいつも泣き顔がよかった。

287 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 21:25
>>257
白井晃の泣き顔絶品だよね。亀レスで失礼。

268 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 08:16
山ちゃんあざとかったけど、よかった~。確実に笑えた。

269 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/10(日) 08:24
山ちゃんの役名が青沼菊馬ってのがワラタ。

622 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/28(木) 18:57
千本のっことマネージャー、堀之内Pとかが出てたのは
ラヂオを見た人間としてちょっと面白かった。

でも作品としては五つ星の星三つくらいかな。

659 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:53:36.76 ID:PBvfyQuA
BlackLagoon-rebby-sleeps_20111003093347.gif

660 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:53:40.00 ID:rX+ZP5yF
金髪の司祭

662 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:53:45.43 ID:96kAy/X7
慎吾?

645 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/07(土) 11:00
隠れキャラ的に登場する有名芸能人たちで
目先の笑いをとろうとしすぎなのがしらけた。

期待したわりには笑えなかったな。

田中邦衛のうまさだけが印象に残った。

628 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/02(月) 20:04

2ちゃんねる映画ブログ

田中邦衛が素晴らしく上手かった。
この映画はこの人で持っていた。周囲の役者が
全てかすんでました。

290 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 22:11
唐沢の黒人女性(セフレ?)に対する態度は単に不快。
車酔いのギャグもひたすらサムかったのだが、笑い転げる客がいるし……。

こんな下品な笑いを作る人だっけ? とがっかりしたよ。

298 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/12(火) 01:16
>>黒人女性(セフレ?)に対する態度
ああいうところまでアレンのマネしなくてもいいのにね

アレンの名前引き合いに出しておしゃれな映画にシタカタ
といってたわりには、かなりベタな映画だったね。

アレン映画のイマイチなところまで影響されちゃってる気がした

でも、テーマ曲はヨカタ

427 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 01:32
この映画観て、はじめて黒人女のけつに欲情を感じた。

284 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 17:26

2ちゃんねる映画ブログ

唐沢がペンキぶちまけた壁はその後どうなったんだろう?

297 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 23:46
>284
わしもあの壁がどーなったのか気になった。
雨の夜に唐沢がひとりで塗り直しているところに父親が……
という展開なら、和解に説得力がでたのにね。
トイレの話といい、その場限りの無駄遣いネタが多すぎる。

445 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 11:02
大学の後輩(それも唐沢の方がだぜ)ってだけの縁で
家の設計図書かせて、何であんなにヘーコラヘーコラしてるんだい?
自分等の意志ってものは無いんかい?
電球の笠や壁の色などは自分で決めんかい。
まず「ふたりのいえ」だろうが。

446 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 11:56
後輩だけど、年齢は上なんだよ。

457 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/17(日) 01:20
八木、ココリコ田中、唐沢、の実年齢と、役柄の年齢のズレはひどいな。
みんな7才くらいズレがある。

458 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/17(日) 01:24
細かいな(w

646 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/07(土) 13:23
おしゃべりしたいんだったらスターバックス行け!がうけた。

302 名前: 名無しさん@一周年 投稿日: 2001/06/12(火) 15:16
 正直言って作品自体には全く興味がなかったのですが、
真田さんが出てると聞いて観て来ました。案の定
面白くなかったけど、バーテンダーが見れたのでそれだけで良かった。

304 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/12(火) 18:12
「自分の問題ですから」ってやつね。
真田の他人の迷惑を考えないアーチスト気取りを見て
反省するのかなーと思っていた唐沢が
「自分のこだわり」を貫くために立ち上がった、
というあたりは意表をついてて笑えた。
(映画見てない人、わけわかならない表現でスマソ)
唐沢と真田は交換可能なキャラなんだね。

990 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 22:20:01.22 ID:2FcoZ3s7
真田広之の無駄遣い

322 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/13(水) 02:10
施主夫婦の家を建てることに対する切実感のなさにビクーリした。
三谷夫婦自身の体験がもとになってるってことだけど、
普通はもっと事前に考えたり悩んだりするんじゃない?
お金ある人はいいねえ。
でも、一生に一度の買い物というスリル感を理解してないから、
話にメリハリがなくなっちゃったんだとしたらどっちもどっちか。

324 名前: 名無シネマさん  投稿日: 2001/06/13(水) 02:19
>>322

田中+八木夫婦の生活感の無さが、単なるお笑い映画になってしまった
一因です。

325 名前: 名無シネマさん  投稿日: 2001/06/13(水) 02:22
実際、家を建てようとしている夫婦は、真剣です。

何千万のお買い物なんです。おもちゃを買うのとは。

328 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/13(水) 14:52

2ちゃんねる映画ブログ

三谷の狙いはそこにある。

548 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/21(木) 01:29
自分自身がモデルだからあんまり言いたくなかったのだろうけど
「お金」(建築費)の話題が一切出なかったのは、やはり不自然だ。

549 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/21(木) 01:30
だよねー。
別に引っ越さなくてもいいじゃんと漏れも思った。

635 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/04(水) 17:46
私たちの家造りの最大のテーマは「お金について」でした。
ドアノブひとつ決めるのにもカタログとにらめっこしていました。
この映画には、お金について一切出てこない。
だからリアリティーが全くない。
三谷さんは、お金に苦労していないんだろうな~ってつくづく思いました。

654 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/08(日) 04:00
なんかこう、三谷自身が主人公なわけで
直接的すぎてすごく寒かった。

「春よ来い」の橋田寿賀子状態って感じ。

158 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:16:12.06 ID:QacfvRAR
これは三谷夫婦の自伝か?

172 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:17:10.07 ID:kFH4YqTZ
>>158
ノンフィクションではないがほぼ実話らしいw
小林聡美の親父が昔かたぎの大工で田中邦衛のモデルになってる

6 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 20:54:04.43 ID:kFH4YqTZ
小林聡美の親父が田中邦衛のモデルなんだな
この映画本人はどう思ってるんだろw

377 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/15(金) 01:18
なんでいえって平仮名なの?

378 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/15(金) 01:22
画数がとてもいいからだって。漢字は良くなかった

397 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/15(金) 13:52
見に行ってきました。が、・・・うーん、三谷さん、これちゃんと推敲したのか?という感じ。
後半の唐沢と邦衛の和解(?)は単純すぎだし、唐沢のこだわりもよくわからん。
あと隠しゲストの扱いも失敗している気が・・というか慎吾やりすぎ、結構長く出ていたから
余計狙いすぎで邪魔に感じた。さんまもあれじゃ可哀相。
中井貴一のシーンはいらないよ、あれでココリコ田中の職業の説明じゃなあ。
八木と田中は初めてだから頑張ったねとしか言えん。
ただこのキャスティングは三谷独自のものだから評価できる。
田中の役を藤井隆とか宮迫で見たかった気もした。
前作が場内大爆笑だったので拍子抜けするかも。
内容的に比べちゃいかんが。
ただ三谷の言う「日本映画のようなアメリカ映画」というのは合ってる気が。
まさに佳作という言葉がピッタリ!!・・って俺、三谷のファンだからね。
次作に期待してるよ!三谷さん!!

410 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/15(金) 18:15
>>397 うーん藤井や宮迫じゃうるさすぎると思うけど…。いや、普段のTVでの様子を
 どうしても想像しちゃうんで、田中と同じ様にやったとしてもどうも…ね。

291 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 22:11
田中と八木が、夫婦に見えない。

292 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/11(月) 22:23

2ちゃんねる映画ブログ

八木はエラく評判がわるいね。
オレもダメだと思う。
好みで使うからだ >監督

435 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 04:34
八木さん、悪くはないけどプロの演技との質の差がはっきり分かっちゃうんだよな。

57 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:07:39.61 ID:QacfvRAR
八木って学生の頃ミュージカルやってたんだっけ?

58 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 21:07:47.58 ID:hpFe3Hw6
大学時代に芝居やってたんだっけ?
でも現役のアナ時代にで自局の連続ドラマに
役者枠で出演した中井美穂には敵わんなw

433 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 04:19
八木さん、そんなにダメなん?

436 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 04:49
>>433
がいしゅつだが夫婦がホントにお前ら家建てる気あるんか、というくらい
押しが弱くてね。
いっそ姉夫婦の山寺宏一清水ミチ子組でやればよかったのに。クドいか。

444 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/16(土) 10:26
いやー姉夫婦は笑った。絶対いるよなこんな親戚。あそこはやけにリアルで後から
自分の親戚思い出してちょっとむかついた。

508 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/19(火) 12:33
クライマックスに男3人が家具を修復するシーン持ってきて、
何が面白いんだ?
アジといえばそうだが、もっと、たたみかけるような展開にしろよ。

492 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/18(月) 20:09
俺はゴジラマニアなので、
ゴジラが出演してる映画ってことで、この作品観に行った。
まぁ、ゴジラシリーズよりは数段ましだと思うよ。

497 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/18(月) 22:53
>>492

>俺はゴジラマニア
なのになんで
>ゴジラシリーズよりは数段ましだと思うよ。
なんて言うんだ?こんな映画よりマニアなりにゴジラシリーズを素直に
評価するべし!気合の足りんマニアはいかんよ!

523 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/20(水) 00:46
橘雪子(冒頭ファミレスのデブ中年ウェイトレス)や
榎木兵衛(じじい鳶職人)など、にっかつロマンポルノで
いい味だしてた脇役俳優を起用してるのがなんともうれしい。

彼(彼女)たちが、あの「竹割り」タイルなんだね。

524 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/20(水) 00:50
その竹割タイル使った風呂場みせない演出は理解できない。

581 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/06/23(土) 03:58

2ちゃんねる映画ブログ

あの家って、窓が少なくて貧相な感じなんだけど…
いくら、昔世代の大工たちに邪魔?されたとはいえ、あまり唐沢の設計ぽく
なさすぎるっていうか…。
唐沢自身が暮らしてる部屋はいいと思うんだが。
細かいかもしれないが、何せ家を造る映画だから、どんな家になったか
って気になるよなあ。

582 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/23(土) 04:17
>581
同意。
ふつうの建て売り住宅にしか見えなかった。
唐沢の仕事で写っていたのは、壁の色を変えたことだけだものね
20畳の和室だけじゃなくもっと極端な特徴を見せれば面白くなったのに

905 :衛星放送名無しさん:2010/11/23(火) 22:12:30.40 ID:IcTu+eTp
唐沢のやりたい放題に建てて匠のなんということでしょうな家が見たかったな

631 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/02(月) 20:36
あの家ってそのまま「映画で使用された家」として
売りに出されたのだろうか。そう考えると凄く安上がりだよな。
邦画らしいや。クライマックスのエピソードが古い家具の
再生だしね。セコイね。

総制作費三億円くらい?ミサワホーム全面協力とか。

634 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/02(月) 20:55
>631
あの家は緑山スタジオの裏に作って2日でつぶしたぞ。
うつってないとこは作ってない。
本人はユニバーサルスタジオに売却したかったらしいけど。

648 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/07(土) 17:27
ひどかったねー、この映画。
カットバック、カットバックの繰返しのまるでTVドラマ。
しかも主人公が執筆中のドラマの筋と映画の本筋が絡み合うのかと思いきや、
まったくそんなことは起こらず、一本調子の小ネタコメディ。
しかもその小ネタもほとんどオチが読めるっつーの!
田中邦衛のキャラのみで持っている。
三谷よ、お前、何が作りたいんだ?

656 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/08(日) 08:41
シナリオを練り直し、監督は他の人にまかせた方が良かった。

658 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/08(日) 12:06
>>656
「ラジヲの時間」だったか、テレビドラマをやった時に、
三谷は自分のコメディは、それをわかってくれる監督でないとその面白さを発揮できないと思ったんだって。
自分のコメディを一番わかることができるのは自分…ってことで、脚本兼監督となったらしい

661 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/11(水) 16:32
面白かったけど、まあ可、かな やり方次第でもっと面白くなるはずだよね
この先また映画を撮る人なんだろうから温かく「もう少し」をつけてあげたいですね
どんな監督も常に良はとれないわけで・・

まあ、次はもっと脚本に時間かけて欲しいかなあ
キャスティングはうまいと思うけどね

世の中でやってる映画の平均は超えてるだろ?


関連記事

  1. 2010/11/28(日) 15:29:02|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライラの冒険 黄金の羅針盤 | ホーム | 赤い文化住宅の初子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1571-e93e31c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。