2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

時をかける少女

【仲里依紗】  時をかける少女  【今度は実写】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1258198668/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2010/03/18(木) 12:40:53 ID:ayIvXWta
2010年版の、新型『時かけ』
原作や初代の、芳山和子の娘、芳山あかりの話。
アニメ版の主人公、真琴役の仲里依紗が主演。

監督:谷口正晃
脚本:菅野友恵

キャスト
* 仲里依紗:芳山あかり
* 中尾明慶:溝呂木涼太
* 安田成美:芳山和子
* 勝村政信:浅倉吾朗
* 石丸幹二:深町一夫
* 青木崇高:ゴテツ/長谷川政道
* 石橋杏奈:1974年の芳山和子
* 千代將太:1974年の浅倉吾朗
* 加藤康起:1972年の深町一夫
* 柄本時生:元宮悟
* キタキマユ:市瀬ナツコ
* 松下優也:門井徹

主題歌:『ノスタルジア』いきものがかり
挿入歌:『時をかける少女』いきものがかり

2010年3月13日(土)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、
シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

◆公式サイト
  http://tokikake.jp/indexp.html


610 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 01:41:48 ID:u+ODqO/e]
レイトショーで観てきた。
正直最初の20分くらいは「こりゃ外したか~」と思ったけど、過去に行ってからの展開はかなり面白くて全体には満足。

817 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/16(火) 01:23:29 ID:w+9sp7ka]
悪くなかった。
安田成美の年甲斐もなく可愛さを前面に出したような演技はダメだったけど。
ケンタきゅんきゅんママにきゅんのような演技だった。

バス事故の特集で,怨まれたら末代まで祟られそうな女優5年連続一位の人がコメント入れていたりと,色々細かいことはしてるのな。
効果的かどうかは知らんが。

まあでも,悪くなかった。

646 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 21:04:07 ID:K/5Q0nca]
なんかさあ・・・
あかりと涼太が楽しくやってるとこが無性にまた見たい。
時間作ってまた見たい。

651 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 21:22:33 ID:CwUIVg4N]
>>646
ラストの8mm映画、ミニチュアの都市が崩れるとことか、
ふたりだけではしゃいでるのが思い出されてたまらんよなあ。
早くDVD出して欲しい。

654 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 21:30:30 ID:ykzk9AtP]
事故の話が序盤にものすごーく不自然な形で出てきたので
リョウタが死ぬのは明白だったんだけど
案の定、安っぽいお涙頂戴パターンだったのでげんなりしたよ。
別れのせつなさだけで泣かせるだけの技量がないので、
とりあえずリョウタ殺しましたって感じだったな。

「泣けるか泣けないか」が映画の良否を決めるよう
に思っている奴が増えすぎたせいで、
安直に人を殺す作品が増えた気がするけど
この映画もそういった凡百の作品の中に埋もれそうだな。

なにが残念かって、「時をかける少女」って作品は、
青空のようなさわやかな感動を与えてくれるっていうイメージだったのに
この映画はケータイ小説のようなチープな悲恋ものになっているのが残念だよ。

仲里依紗マニアだったら楽しめるのかもしれんけど、
仲が好きでもなんでもない人にはけっこうきつい映画だと思う。

662 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/14(日) 21:49:22 ID:RLHwJX9j]
この映画「時をかける少女」を原作にした作品の中でも抜群にダメだわ
監督と脚本家はこんなもの作って大丈夫か?次あるのか?

664 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 21:59:56 ID:ykzk9AtP]
>662
監督は舞台挨拶で「次の作品を作るためには、この作品が成功してくれないと……」
って言っていたよ。なんだか悲壮感があった。
監督自身も自信ないんだろうな、と思わされてしまった。

665 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 22:07:15 ID:xEPU4k3v]
今回のは期待してなかった分まずまずという感じ
83年版ファンのためのサービスが随所にあるし
ただ続編というプレッシャーか媚び過ぎかなって印象もあるね
監督が気を遣いすぎて冒険してないから83年版を作品として
超えられなかったかも

408 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/06(土) 11:50:40 ID:vrNKRxva]
現代編の親友が、昭和顔の田島ゆみかと柄本時夫。いい役者さんだけど、使い道を間違ってるような気がしてならないんだよなー。

410 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/06(土) 12:39:41 ID:H+yVI14y]
>>408
過去編の登場人物の方が垢抜けてるよねえ

607 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 01:20:35 ID:30jwzgsz]
一番???だったのは記憶を消去する方法ですね
あれを一人ひとりに知り合った人全員分やってのけたのかどうか

2ちゃんねる映画ブログ

608 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 01:25:07 ID:bNa2avAT]
>>607
消去する対象の記憶を消したら、その人に関する記憶は他の人からも消えるのだと思う。

609 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 01:33:52 ID:30jwzgsz]
>>608
それはないでしょ
そうだとするとお母さんは人々の記憶に存在しないことになる

750 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/15(月) 13:50:02 ID:UxQnOa1W]
自分は演出が気になったな。オープニングでいきなり(テーマに直結している)
昔のテーマ曲を易々と流すとか、公演の池でボート漕いでるとこの無駄なカメラ移動とか、
タイムスリップ時の安直なCGとか、食堂で話してる二人の周りの客のわざとらしい反応とか、
仲里依紗と昔の女子高生や教師が対面したときミニスカ制服をいちおう珍しそうに
見る芝居はしてるけど特に何も言わずこの手の映画で定番のひと騒動も起きないし、
70年代に語尾上げで喋ってたりとか…何か全体的に淡白だった。

756 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/15(月) 15:20:19 ID:8T5gknzo]
>>750
>オープニングでいきなり(テーマに直結している)
>昔のテーマ曲を易々と流す

これは83年版ファンを優先した演出・構成だな
83年版を好きな人は分かるがオープニングは83年版を連想せずには
いられない映像と曲で、83年版のラストから続いているような印象にしてる。

>食堂で話してる二人の周りの客のわざとらしい反応

俺も気になったが
俺は普段こういうシーンで、大声で喋っている登場人物に周りの
客はノーリアクションって方が不自然と思ってたので逆にリアルを追求したのかなと思った。
もしくは内トラで遊んでんのかなとか

教師も絶対ミニスカ制服を見て怒りそうなもんだと思ったね
あの時代なら他校の生徒でも教師が叱り付けたりしたもんだと思う

あと防犯設備が整ってなくて学校に易々と忍び込めるのはいいとしても
夜中に誰も見回りに来ないのかなあ?とか
まあそういう細かいアラは実際撮影はしてるが編集でカットしてる可能性もあるので
一概に撮影時の演出とか脚本とは言いきれんが

757 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/15(月) 15:51:52 ID:Z6ld/j07]
>>756
>教師も絶対ミニスカ制服を見て怒りそうなもんだと思ったね
>あの時代なら他校の生徒でも教師が叱り付けたりしたもんだと思う

当時の制服なんてセーラー服か紺ブレくらいだろ。
そもそも制服には見えないだろ。
アグネスチャンとかが人気あった時代だろ。
ミニスカなんて珍しくねーよ、たぶん。

768 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/15(月) 19:54:17 ID:mlryqs3T]
私服だと思っただろうな
当時、ミニスカは珍しくないが、学校の制服のミニスカはあり得ない世界

867 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/16(火) 23:49:44 ID:BFGrpmqx]

2ちゃんねる映画ブログ

この映画見る前は
おっぱいがちょっとでかい不細工だと思ってたけど
この映画での仲は輝いてたと思う
幼稚な表現と大人びた表現が絶妙に混ざってた
脚本はいまいちだと思ったが中盤以降はそれなりのレベルにはなってたと思う

809 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 00:26:04 ID:spV5Kriw]
この仲ってこのムチムチ感たまらんね

565 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/13(土) 20:30:06 ID:FUuVoFwM]
原田知世 長崎出身 日の出女子高校卒業
仲里依紗 長崎出身 日出高校卒業(旧 日の出女子)

仲里依紗は正当な芳山君後継者だ!

613 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/14(日) 02:55:54 ID:hy1G5MAh]
>>565 おまん
すごい発見やな

933 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 22:01:35 ID:77KD3QZb]
自分は仲思ったより微妙だったな
期待しすぎただけかもしれないが
アニメの方が良いな

953 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/18(木) 00:54:09 ID:vA6SnV+U]
湯上りにマッサージ機に座っている
仲のプロポーションに絶望した

906 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 13:25:44 ID:o55duZMc]

2ちゃんねる映画ブログ

安田成美劣化し過ぎ
コーヒーのCMで幼女と競演してる時は若くて綺麗に見えたのに
ガッカリだは

897 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 06:10:53 ID:7JhrLqB9]
事故から目覚めた母親が「1972年に戻って深町一夫に会わないと」とか言い出したら
「お母さんが変になった!」って医者呼ぶよね

590 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 00:08:29 ID:uOmInBhl]
安田成美は原田知世にしてもらいたかった。それなら完璧。

616 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 08:35:19 ID:neTdH0+O]
74年に高校生という設定なんだから
原田知世じゃ若すぎるんじゃね、と思ったんだが、
安田成美と1歳違いだった・・・

599 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 00:24:53 ID:xEPU4k3v]
せめてゴローちゃんぐらい
尾美としのりにしても良かったよなあ・・・

まあそんなに気にならなかったけどね
時かけはパラレルワールドってことで割り切れば

604 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/14(日) 00:34:43 ID:CwUIVg4N]
原田や尾美使わなかったのは正解な気もする。
大林版の続編てことに限定しなかったことで、
それぞれの世代の思い入れのある和子やケンや吾郎の
幻影に触れることが出来るような。

803 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/15(月) 23:08:47 ID:MSfTGqlZ]
深町役のヤツって誰?
現地調達?

2ちゃんねる映画ブログ

804 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/15(月) 23:12:58 ID:9kCPm5zG]
>>803
元劇団四季の俳優・石丸幹二

806 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 00:06:14 ID:pfQ8LghD]
中尾がコタツの外で震えてるとこ、違う事想像してちょっと焦った。

811 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 00:28:41 ID:PNP9MfyZ]
>>806
俺は、柄本明の七光りが仲の弓道姿見てるとこで小刻みにゆれてるのが最高に気持ち悪かった。

2ちゃんねる映画ブログ

812 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 00:37:16 ID:CWOkQoh+]
>>806
あれは狙いかもなと思うんだよね

大林版も角川春樹の秘蔵っ子の原田知世を脱がすわけにはいかなかったが
わざわざ女教師が「あの子今生理?」と言ったりとか

ゴローちゃんとの雛祭りの思い出(お互いの傷を舐め合う)とか
性的なメタファーを施してある

涼太が小刻みに動いてて
何やってんだこいつ、まさか・・・
と思わせといて

あかりの
「我慢してないで入れば」
というセリフ

中学生男子なら胸を撃ち抜かれますぜ

875 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 00:29:46 ID:jHm/5D10]
コタツのシーンで里依紗タンの足の匂いをクンクンしたいと思ってしまった・・・

818 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 01:39:09 ID:SuG5Lupp]
イケメン気取りの中尾より本当のイケメン出した方がよかった

2ちゃんねる映画ブログ

819 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 01:40:44 ID:I44h32ux]
>>818
例えば誰がいいと思う?

822 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/16(火) 02:45:33 ID:/hm8Gt0x]
>>819
神田川を歌わせたら当代随一の半田教授
だがどうせ出なかったろう

911 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 16:06:59 ID:iYiQLLTQ]
涼太の8ミリ映画は少年ドラマシリーズへのオマージュ!・・・・でもないだろうな。
こういうネタならノリノリで小ネタ仕込む監督もいるだろうに、
なんか、そういうニヤリとする部分はあんまりなかった様な。

2ちゃんねる映画ブログ

部屋のポスターは東宝特撮や2001年、ザルドスからフェリーニ、ドラゴンと
いかにもっぽくみえるけど、雑多すぎてちょっとうそ臭い気も・・・
福本次郎に「まだ公開されてなかった映画のポスターがある」って突っ込まれてるし。
安易にハッピーエンドにしなかったのはいいけど、涼太の実家はあまりにも悲劇・・・

912 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 16:57:28 ID:lgLtrOdw]
>>911

部屋にスローターハウス5のポスターが貼ってあった。
あれはエンディングに観客の拍手とか歓声が入ってて、大林版のエンディングを思わせる。
そういえば、時をかける映画の一本だな。

913 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 17:11:57 ID:uR5MMhDU]
>>911
涼太の部屋の窓辺に貼ってあったチラシ。「ヤング・フランケンシュタイン」
アメリカ公開:1974/12/15
日本公開:1975/10/18
チラシが時をかけてる。

914 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 17:12:13 ID:lgLtrOdw]
スローターハウスの日本公開が1975だったんだな。
だとしたらミスじゃなくてネタだよ。

924 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 20:18:12 ID:lQr5pXSt]
ポスターがいかにもだけど、良く見ると嘘っぽいというのは俺も感じた。
まあ監督自身にも強い拘りはないんだろうけど、これ美術のセンスや
力量もある。

大林版『時かけ』では和子の部屋に『オズの魔法使い』のポスターが
飾ってあり、ファンタジー世界をさ迷う少女としての暗示とされる。

前作『転校生』では主人公の家の前に、大林のフェイバリットムービーである
『駅馬車』のポスターが貼られている

これらを観た大林ファンは、「ああいかにも監督の好みそうな演出だ」と
思うのだが、実はこういったことの多くは美術部が気を利かせて行うこと。

大林自身、現場に入って初めて目にするなんてことが良くあったという。

869 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 00:11:05 ID:77y+CVJk]
83年版も06年版も大好きで、どっちも何回も観にいった。
この10年版も良かったよ。オープニングで83年版の主題歌が流れた段階で目頭が熱くなった。
その後も何度も涙がポロポロこぼれそうになったが、こらえた。
74年当時、俺は中学生だったが、時代考証が若干違うような……とくにファッション。
涼太役の人は、顔が古くさいから選ばれたのか? 石橋正次に見えた。
あと欲を言えば、83年版の主題歌を奥華子にカバーしてもらいたかったな。
いまのところ、俺の今年の2位。

873 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 00:21:21 ID:Jetl+r9c]
おい、リアルタイムにNHKドラマも大林映画もアニメも見たオレに言わせてもらうぜ。
リイサはリアルJKじゃねだろ、大体ときかけは中学生なんだよ!
なんだよあのテンション高い演出は、ギャグも滑ってるんだよ!
70年代の描写が駄目なんだよ、GSファッションとか60年代だろ!
ほかにもいろいろ文句はあるぜ。


でも後半はボロボロ泣いてしまいました。
「明日はわたし、いないんだよね」って・・・・・
うわあああああああああああああああああああああああああああああああ
「風邪ひくからコタツに入ればいいじゃん」って・・・・・
惚れてまうやろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

876 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 00:32:01 ID:oecLFGRC]
>>873
>70年代の描写が駄目なんだよ、GSファッションとか60年代だろ!

こうせつとかたくろうがスターだったのにあえてGSやってるのはレトロ趣味として認めていいんじゃないか?
ジュリーとかショーケンは人気あっただろ。

907 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 14:05:45 ID:Wb/6A7oT]
見てきた
映画としては駄作だよなぁ・・・ツッコミたいとこは色々あるけど
とりあえず、ハッピーエンドにしとけばよかったんじゃなかろうか
安直だが、実は違うバスのってて生きてた→桜の下ですれ違う的な。

まぁ、里依紗たん可愛かったからいいけど。
BD買うわDVDしか出ないかもしらんがw
あー、こたつで里依紗たんの足ちゅぱちゅぱしたい

915 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 17:22:50 ID:zZMeaVEZ]
過去を変えてはならない!と、未来人が叫んでそんなのどうだっていいと言いながらも、結果諦めて死亡とかどんなエンディングだよ
今時そりゃねえだろって思った
かといって別のエンディングだったら良かったかといえばそんなわけでもなく、古いネタを古いままにリメイクしたことこそが失敗なのだと思った
アニメ版は現代版として時かけを蘇らせたのがうけたのであって、このようなリメイクがヒットするわけない
企画・脚本の段階で気づけなかった無能な一部の連中はもう映画を作らないでね

917 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 17:38:14 ID:g82yIMj7]
監督とか演出とかの重要性を思い知った映画。
仲、中尾の演技はなかなか好きだ。
わけのわからん脚本も時かけって思えばなんとなく許容範囲。
後半からはテンポはよかったし、鳥肌だった。
けど映画としてはほんとに駄目だね
個人的には途中で流れる男性ボーカルの歌の挿入のタイミングが一番許せなかったんだけど・・・。

予習で友達とアニメ版を見てから行ったんだけど、アニメと比べるとテンポ感が真逆で
今回の実写版のテンポの悪さが浮き彫りになってしまった

918 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 18:09:10 ID:/Q6RLiIc]
テンポはむしろ早いほうだったでしょ。展開が急っていうか。
普段どういう映画みてるのか知らんけど。
バックトォーザフィーチャーみたいなのもあれば
ワンシーンワンカット系の間と余白こそ映画て部分もある

こういうテレビドラマとの差別化がつけにくい低予算映画って結局、
ヒラキ直って貧乏くささを逆手にとった映画らしい映画にするか
思いっきり豪華にやるしかないね。

まあ中途半端な落としどころで、
今の若い人がとっつき易いテレビドラマっぽい方に寄ってたし
こんなもんじゃね?
展開を急がない間こそ映画って人もいるんだし。

921 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 19:59:13 ID:8oCgLr7I]
冒頭で消えた蟻はどこへタイムリープしたのかな?
それと、一緒にシャーレにさくらんぼを入れていたのは
これから始まるドラマへの暗喩かな?

2ちゃんねる映画ブログ

926 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 21:06:02 ID:fF9GhYno]
>>921

和子はラベンダーの事はすっかり忘れてたみたいじゃん。
ラベンダーを覚えてたらもっと早くタイムリープの薬を発明できてたと思う。
たぶん、サクランボにスポイトの液をかけると化学反応でラベンダーの代わりになるんだよ。
そんな事を自力で開発研究しているうちに無駄に時が過ぎた。
つか、未来人も知らない新発明かも。

桜の花とサクランボはイメージとして結びつきにくいね。

935 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 22:20:16 ID:8oCgLr7I]
>>926
私の妄想にすぎないかもいれないけど、
さくらんぼは桜のイメージ、さくらんぼの赤色は
あかりのマフラー(和子があかりに贈ったもの。本編ではカットされたエピソード)
の赤色を暗示している。

937 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 22:40:25 ID:8oCgLr7I]
>>935
追加でいうと
蟻だけが消えて、さくらんぼだけが残るということが
桜の木だけが1974年と変わらずに現代に残っていることを
暗示している。

和子からあかりに贈られた赤いマフラーは
「想い」が母親から娘に引き継がれたということを
暗示している。

938 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/17(水) 22:59:37 ID:8oCgLr7I]
この映画の中で
桜に木は、「時を越えても消えないもの」(想い)の象徴。
冒頭で蟻が消え、さくらんぼが残ったのは、その暗喩。

939 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 23:06:35 ID:vwdWQc/I]
「昔に戻りてーなー」とか蟻が考えてたんだと思ってたよ

942 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/17(水) 23:10:59 ID:gJiBgsxM]
>>939
www


関連記事

  1. 2010/12/03(金) 10:14:12|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<魔法にかけられて | ホーム | PLANET OF THE APES 猿の惑星>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1570-d492633b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。