FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

叫(さけび)

【役所広司】黒沢清の『叫(さけび)』【葉月里緒奈】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1164016136/


1 :赤い服の女 :2006/11/20(月) 18:48:56 ID:1keewfvC
2007年陽春より、シネセゾン渋谷、新宿武蔵野館ほかで全国ロードショーの
黒沢清監督最新作『叫(さけび)』について語りましょう!

出演:役所広司 小西真奈美 伊原剛志 葉月里緒奈
   オダギリジョー 加瀬亮 平山広行 奥貫薫 中村育二 野村宏伸
監督・脚本:黒沢清
プロデューサー:一瀬隆重
主題歌:「風になる」中村 中(avex trax)
製作:TBS Entertainment FARM エイベックス・エンタテインメント オズ 日活
配給:ザナドゥー + エイベックス・エンタテインメント + ファントム・フィルム

★『叫(さけび)』オフィシャルサイト★
http://www.sakebi.jp/


7 :名無シネマ@上映中 :2006/11/20(月) 19:55:41 ID:UtPKLFty
>>1  乙。
叫昨日見た。面白かった。
ドッペル→cure→アカルイミライ→回路
と言う感じがした。

9 :名無シネマ@上映中 :2006/11/21(火) 07:58:46 ID:YDZwG+PN
>>1 乙です
あー、早くもう一回見たいなあ。
葉月里緒奈が意外と良かったな、顔が怖くて。



11 :名無シネマ@上映中 :2006/11/21(火) 16:50:33 ID:o8pz+wH7
伊原剛志と葉月のモンティパイソンっぽいアレはギャグなのかいな。

167 :名無シネマ@上映中 :2007/02/19(月) 19:58:51 ID:ywnal6wA
葉月に生気がありすぎて怖さが出てないのが気になった

171 :名無シネマ@上映中 :2007/02/20(火) 03:58:22 ID:usKPHsO7
>167
私はあれくらいが丁度いいと思ったな。
監督のインタビューでも、幽霊とは言ってもかつて生きていた「人間」で、
そういう存在を主人公をぶつけてみたって話してたし。

177 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 12:23:40 ID:uiPgl/Ty
>>167
役所の部屋に初めて葉月が現れて、
顔を覆った前髪が風で揺れながらスローモーションで迫ってくるところは迫力があったが、
両手を前に出して迫る横からのショットに切り替わったら何だか間抜けに見えた。
また、こっちの耳が痛くなるくらいの大音響で叫んだのには笑った。あれは狙いすぎ。
後は段々ホラーコメディになってったのが笑えた。
つーかなんだかんだホラーコメディだったんだな。
葉月が現れても全然怖くないどころか、おっ来た来た!とほくそ笑んでいる自分がいたよ。
純粋ホラーとしては回路より格下だけど、ホラーコメディとしては面白かった。

179 :名無シネマ@上映中 :2007/02/21(水) 15:52:50 ID:aJlIaeyG
>葉月が現れても全然怖くないどころか、おっ来た来た!とほくそ笑んでいる自分がいたよ。
>純粋ホラーとしては回路より格下だけど、ホラーコメディとしては面白かった。

「回路」が黒沢版リングだとしたら、「叫」は黒沢版呪怨って感じなのかな?

180 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 16:22:35 ID:uiPgl/Ty
>>179
>「回路」が黒沢版リングだとしたら、「叫」は黒沢版呪怨って感じなのかな?
「叫」は黒沢版の「仄暗い水の底から」って感じじゃないかな。類似点は地縛霊と水だろうね。
そう言う意味では中田秀夫からネタをパクッてるのが気になる。

238 :名無シネマ@上映中 :2007/02/25(日) 01:14:32 ID:BFOPC7Dh
今回は黒沢信者にとってはストライクの作品だね。俺は泣けたよ。
ただCGのシーンだけはいただけない。あれはなんとかしてくれよ。

246 :名無シネマ@上映中 :2007/02/25(日) 13:36:03 ID:EktfWTyi
見た。
葉月が恐すぎ。特に、最後の台詞がだんだん大きくなって映画館中に響いていた。

ところで、最後の小西のあの叫んでいる表情は何を意味していると思う?

247 :名無シネマ@上映中 :2007/02/25(日) 13:45:46 ID:ZTW0+U+B
>>246

もちろん色んな解釈ができるけど、俺は役所に向かって必死に叫んでいる
んだけど葉月の声にかき消されてしまっているという風に受け取ったよ。
そう思ったらすごく泣けてきた。

250 :名無シネマ@上映中 :2007/02/25(日) 14:23:12 ID:b0BHh+S2
>>247
なるほど。。面白いね。

でもさ、そんな片っ端から幽霊の思いを背負わされる役所が気の毒だ。
「アカルイミライ」のオダギリジョーは、若いからそこまで負わなくてすんだんだろうな。
年を重ねるって酷だな。

266 :名無シネマ@上映中:2007/02/25(日) 23:35:03 ID:0ks2b/9s
空飛ぶ葉月里緒奈おもしろかった。

290 :名無シネマ@上映中 :2007/02/26(月) 16:40:08 ID:zhmk1X+V
葉月れおなが飛んだのはスーパーガールのパロディですよね?



271 :名無シネマ@上映中 :2007/02/26(月) 00:20:54 ID:u4LeaDp6
長回しの取り調べシーンが見られてよかった
でもやっぱり「CURE」の取り調べシーンのほうが上だけど

295 :名無シネマ@上映中:2007/02/26(月) 23:18:09 ID:1klsQ4wc
事前に何の映画なのか考えずに新聞屋でもらった無料チケットでみた。
なんだか始まりから突っ込みどころ満載でいやになった。

>海水で溺死→司法解剖を待てば泥交じりの海水とわかるのにわざわざ現場で水をなめて「海水だ」と言っている。普通何の脈絡も無く泥水なめるか?
>黄色いケーブルを捨てた場所を一発で見つけた。→普通犯罪を隠すならそんなとこに捨てないし、捨てたとしてもはっきり覚えてない。
>警察所内暗すぎ。このシーンでやっとこの映画がホラー映画だと分かった。
>警察署の取調室の扉を開けっ放しで尋問している。
>役所の住んでる都営アパート広すぎ。これだけ古いアパートだともっと狭い部屋しかない。
>看護婦が医者に手術前投与薬の説明をしている。→釈迦に説法。漫画か?
>医者が手術前投与薬を筋肉注射してすぐに効き目が出ている。→静脈注射しないと即効性は無い。
>二人目の溺死者はコンクリを混ぜる容器の水で溺死→普通容器には雨水がたまり、地面から噴出した水は入らないので海水にはならない。
>カウンセラーの居る部屋ボロすぎ。医療設備としてありえない。

この辺まで見たとこでつまんなくなって寝ようとしたら突然大音響で「きゃー」とか叫ばれて驚くよりむかついた。

精神的ブラクラかよ!

金払って見なくて良かった。

300 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 01:05:52 ID:RBHX3V5w
>>295
>海水で溺死→司法解剖を待てば泥交じりの海水とわかるのにわざわざ現場で水をなめて「海水だ」と言っている。普通何の脈絡も無く泥水なめるか?
見た目の質感や匂いでわかる。刑事だぞ。それにすでに幽霊に導かれてる可能性もある。
>黄色いケーブルを捨てた場所を一発で見つけた。→普通犯罪を隠すならそんなとこに捨てないし、捨てたとしてもはっきり覚えてない。
幽霊に導かれとるんだ、もう既に。不思議なことが起きてるんだって。
>警察所内暗すぎ。このシーンでやっとこの映画がホラー映画だと分かった。
おもしろい場所やん。ベタなドラマの警察署内が見たいの?芸術性が発揮されてる。
>警察署の取調室の扉を開けっ放しで尋問している。
開けっ放しはありえるだろ。そんなことに違和感感じるより、
開けたところから見えるものに注目すべき。開いてるおかげでおもしろいんだから。
>役所の住んでる都営アパート広すぎ。これだけ古いアパートだともっと狭い部屋しかない
これも味のある装飾。署内も病院も打ち放しコンクリで統一されてるコンセプトなんだろう。
こういうこだわりは単純なリアリズムより楽しいだろ。
>看護婦が医者に手術前投与薬の説明をしている
念のため説明するだろ。むしろここは説明してくれたおかげで、その後のシーン楽しめる。
>二人目の溺死者はコンクリを混ぜる容器の水で溺死
海水が入っていたということは?と考えた方がいい。入れたんだろ。
>>カウンセラーの居る部屋ボロすぎ。医療設備としてありえない。
だから、あの部屋の質感がいいんだって。わざわざやってくれてるんだって。

301 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 01:07:51 ID:NczDs45q
でも、その黒沢映像がこの映画の顰蹙場所なんだよな。
終わった後のロビーでは、「空飛んでた!」で爆笑するカップル多数。
物陰から半身を見せて怖い、って、最近の仲間のテレビドラマでもギャグでやってたし。
顔白く塗って幽霊、叫ぶからパワフルな怨霊、ってのも古すぎ。
ラスト近くのシーンも、呆れた。
霊を映像にするなら、人に見せたとき、失笑されない程度の感覚は持つべきじゃないかな。

306 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 01:52:48 ID:QV9Awp0a
最後のデカチン洗面器は普通のホラーならすーっと水面に葉月の顔が映って
首なんかをぐぐぐっと絞められて
デカチンが苦しみながら洗面にグブグブ顔つけられるのが普通なんだけど
2回デカチン振り向いて一気に洗面の中に霊ごと突入っていうのが

もうすでに

次元が違うんだよ

311 :名無シネマ@上映中:2007/02/27(火) 10:53:39 ID:tjwMOqTQ
最初、漱石の夢十夜みたいなのかと思ってたんだが...
伊原剛志が洗面器に消えるシーンていらねえだろ

312 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 11:31:46 ID:Gm3wy3ZG
もうネタバレいいのか?


伊原のあれは小林正樹「怪談」(茶碗の中)で来るかと思って身構えてたら
「催眠」の菅野美穂みたいに出てきて、結局男刑事がズバコーンって感じだった。

314 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 13:51:20 ID:uyIJTmIV
これはコメディーなのかファンタジーなのか・・・

334 :名無シネマ@上映中 :2007/02/27(火) 23:51:21 ID:m5h5sjdn
もう黒沢さんは、俺も含めて信者に向けてしか作っていないんだよ
面白かったって言ってる人はそういう人ばかりな感じがするし

356 :名無シネマ@上映中:2007/02/28(水) 07:25:55 ID:4E2bgFFE
小西真奈美の深すぎる愛情に気づいたとき、
あやうく泣きそうになったのは俺だけか。
そこだろ?見所は。



でも黒沢作品て叙情性ゼロなのがいいんだよな。
「カリスマ」で植林チームが覚醒した後の展開は神。

358 :名無シネマ@上映中 :2007/02/28(水) 09:28:54 ID:ilb6LHNk
>>356
>小西真奈美の深すぎる愛情に気づいたとき、
>あやうく泣きそうになったのは俺だけか。
>そこだろ?見所は。

全く同意だ。俺も泣けてきてしょうがなかった。
中村中の主題歌もすごく合ってるよな。俺はこれ、すげー好きだよ。

389 :名無シネマ@上映中 :2007/03/01(木) 19:06:02 ID:Ix+2QE92
「叫」はかなりおもしろかったけど、袋小路にはまってる感じはしたな。
小技で笑わしたり怖がらせたり、職人的な感じになってきた。
この監督もうホラー撮らなくていいんじゃないかな。
まだ名のない監督がのし上がるためにホラーっていうのはやればいいと思う。
そういうのはもう「エクステ」の園子温とかにまかせて、
黒沢監督はそろそろ大作映画をやるべき。戦国自衛隊でいいじゃん。
これ以上同じような予算でやると映画の内容も撮影現場も馴れ合いになっていきそう。

390 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 19:38:07 ID:VejP+JkQ
もういい加減に主人公が幻覚オチはほどほどにしやがれな

393 :名無シネマ@上映中 :2007/03/01(木) 20:27:58 ID:695fXdlz
どろろとハシゴした。
黒沢清は何本か見ていたが、CUREの再来とかここで見た気がするんで
結構期待して行ったのだけど…個人的には回路よりも下だったなぁ…

もう黒沢が何をしたいのかが分からなくなって来た。
シュールな画はカリスマとかでも見てたつもりだけど
それの斜め上を行くシュールっぷり。好きな人にはたまらんのだろうけど。
ただ、洗面器に突貫のシーンごめん、怖いと思ってかなりドキドキしてたよ。
リングの貞子がテレビから出て来るシーンと同じくらい…。

様はコレ「普段何気なく見ている人は、助けを求めている人かも知れない」
って事なのかねぇ…とは言え葉月も随分はた迷惑な幽霊だなぁとは思うけど、
作りとしてはCUREの間宮が幽霊に変わったって事なんじゃん。
しかし野村宏伸をまさかこんな所で見る事になろうとは思わなかった。

394 :名無シネマ@上映中:2007/03/01(木) 20:33:27 ID:2rnV8fiM
>>393

あの洗面器の底に厚さ数センチに圧縮された伊原剛志が入ってると考えると怖いよな。

397 :名無シネマ@上映中 :2007/03/01(木) 23:43:27 ID:N9hq2Rr1
息子を殺した医者。あの医者がらみのシーンは全てよかった。
ただ肝心の葉月がらみのシーンは全部スベってたと思う。

散々いわれていることかもしれないけど、
脚本は別の人に任せたほうがいいのではないかな・・・。

405 :名無シネマ@上映中 :2007/03/02(金) 00:44:03 ID:j7xULBE8
小西を抱きしめてるつもりが、空気を抱きしめている役所広司。

俺はここが結構笑えたんだけど、どう?
あそこは泣くべきところなのかな・・・

406 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 00:51:17 ID:V28OOU7/
>>405
笑えた。あんた何してんのww?って
でもあそこシリアスなシーンなんだよね。一応w

466 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 19:31:11 ID:w759kJZ1
ワザワザ犯人達が刑事の前に逮捕されにノコノコ出てくるし
赤い服は空飛んだり、壁を割って出てきたり、超音波みたいな声出すし
「許す」とか言っといて、すぐ「みんな死ね」って言うし、
役所さんはコニタンの骨を回収してるときチンコみたいの見つけるし
伊原さんは洗面器に飲み込まれちゃうし・・・
笑い堪えるのに必死なだけの映画だったww

467 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 19:41:00 ID:8ME2C4C+
>>466
確かにそのシーンで笑いが起きたのはわかるけど、
女がビンで男の頭を殴るシーンで笑いが起きたのはわからなかった

468 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 19:53:19 ID:7g4oGgn4
2回目渋谷で見てきた。

自分でも意外だったけど春枝の
「仕方ないよ、何も知らないままでいられたらよかったね」
「登には登の未来があるんだから」で泣いた。
日々自分が関わり、見てみぬふりをしてきたものたちに許されながら
いまこうして自分は生きてる・・・気付いてしまったものの責任は重い・・・

少なくとも声出して笑ってる人はいなかった。みんな疲れてるのかな。

469 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 20:11:22 ID:V5joSmP8
失笑って感じなんだな。

471 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 20:25:11 ID:iijhUZb3
小西真奈美のカワイサだけはガチ

486 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 23:50:27 ID:2GiamUh0
俺はあんまりホラー観ないんだけど、
(でもこの映画は面白かったと思ってます。)

伊原は何で殺されたの?
別にフェリーに載ってた訳じゃないよね?

488 :名無シネマ@上映中 :2007/03/03(土) 23:59:21 ID:jHYqANCh
>>486
役所が小西殺しの犯人だって気付いたからだろ。
葉月幽霊は役所だけは許すって決めたから、伊原をアボーンしたわけ。

491 :名無シネマ@上映中:2007/03/04(日) 00:07:10 ID:2GiamUh0
>>488
よくわからないんだけど、
葉月は自分を見殺しにしたフェリー乗客に呪い?をかけていたんじゃないの?

伊原が役所が小西殺した事に気付いた事(気付いたのかな?)と関係無くない?
確かに、みんな死ねって言うセリフはあったけどさ、
伊原はただ役所の様子を観にきて、あの場にいただけで殺される理由が無いと思うんだけど・・

505 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 02:04:11 ID:ykWPQC8s
>>491
伊原がフェリーに乗っていたことが死ぬ前にでも判明していたら
なっとくできたけど、すっきりしすぎかも。
今みたいな形のほうがわけわかんなくて不気味さが残るとは思う。

497 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 01:01:16 ID:wQVohcLR
最後のコニタンムンクは役所が自殺してるのを目の前にしてるから、と
勝手におもったりしたんだが、いかがか。
微妙にコニタンの顔に炎の揺らめきが映ってたから、役所が2人の骨共々焼身自殺を
図った・・とか

504 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 01:39:15 ID:mPeDDdSW
>>497
役所は自分が殺したのを思い出し銃で自殺しようとしたのを、幽霊コニタンに止められてるからな・・・
それでもやっぱ自殺しちゃいましたは無いでしょ

501 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 01:22:50 ID:GbSm+y6w
コニタン膝枕ウラヤマシス

オダジョーが「いや、まさか、そんな事は・・」って絶句してたけど
あれは何だ?
あれでいつもの無差別殺人の蔓延なのかって思っちまった・・・

508 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 02:53:50 ID:9SoTnSiy
観てきた。
幽霊?のクセに律儀に扉を開けて出て行ったり、古場監督バリに見切れてたり
スーパーマンみたいに飛んでいったりと笑える場面が多かった。
最後は人類皆殺しにするってこと?
役所は一人だけ許してもらっても罰ゲームみたいなもんだな。

514 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 09:22:10 ID:le5c9dgw
役所はなんで小西を殺したことを忘れていたの?
それと小西は映画の最初から幽霊だったってこと?

515 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 11:00:30 ID:zEhzjTnK
>>514
忘れていたというより
春江の幽霊とああやって生活していたから「気づかなかった」のでは

葉月の呪いが解けて、気づいた
春江は勿論最初から幽霊

521 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 12:50:23 ID:MOS1sRwi
最初の被害者についていた役所の指紋って
どういう意味になるんだろう。
本当に手袋つけずに遺体に触ってたってことであんまり意味はないのかな?

522 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 12:54:32 ID:lSbtltl/
>>521
親父に殺された高校生の遺体を検分しようとした時、一旦白手袋をつけようとしたが
結局そのまま素手で触ってた。
多分手袋付けるのが面倒なので、いつも素手でやっていたのだろう。

540 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 21:53:05 ID:YDJAXnmn
コニタンが役所と年が離れてるのは、コニタンは死んだから年をとってないってことね?

541 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 21:57:48 ID:91gLz4Nx
>>540
死んだのは半年前の設定ですよ。

542 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 22:48:31 ID:mPeDDdSW
>>540
「オレ、半年前に何をやったんだ?」ってコニタンに膝枕されながら言ってる
死体って半年くらいであんなキレイに白骨化するのかな・・・
土とかに埋まってれば早いのかもしれないけど部屋に放置してあるだけだし、
半年も死体が部屋になったら腐敗臭とかスゴク無いのかなの方が気になった

552 :名無シネマ@上映中 :2007/03/04(日) 23:46:13 ID:siFJhj5X
誰か解説プリーズ。一応この辺参照↓
http://sakebi.jp/mystery.html

1.最初の殺人事件で役所の痕跡が出てきたのは結局単なる偶然?
2.過去の出来事と地震は何か関係あるの?
3.叫び声、半年前に殺させてるのに、葉月はこれ以上何を
伝えようとしてたの?
4.赤い服の女を見た人たち、共通点はフェリーの乗客だったこと
だけど、何故15年後? 葉月15年間何やってたの?
5.鍵を握る人物たち、って何か鍵握ってました?
加瀬亮が謎過ぎる。
加瀬があそこ通ってるなら確実に見てるわけで、なのに恨まれないのは?
6.「全部なしにしようと思った」真意がつかめねーYO!
7.15年前の出来事ってただ葉月を見ただけじゃん。
事情も15年後になって初めて知ったんだから、それを恨むのって
おかしな話じゃないの?

蛇足。
http://www.nishinippon.co.jp/entertainment/cinema/news/20070223/20070223_002.shtml
・監督は「昔から、幽霊はどうやって帰っていくのだろう」と思ってたらしく
それでわざわざ空飛んで出て行くシーンを入れたらしいんだけど、
部屋にはどうやって入ってきたの? 壁こじ開けて?w
・っていうか、幽霊を限りなく人間扱いしたいんなら都合がいいときだけ
消えたりするなよw

557 :名無シネマ@上映中 :2007/03/05(月) 01:22:36 ID:lgpUtEBY
>>552
1.半年前の事件を示唆
2.記憶の揺らぎ?
3.半年前の叫びを示唆。半年前の事件を模倣して連続殺人を起こした
4.死んだのは半年前と思われる?
5.高さの関係で見えない。もしくは、船に乗り始めたのが、里緒奈死後だったから?
6.役所が記憶から消した過去を示唆
7.おかしな話だ

587 :名無シネマ@上映中 :2007/03/05(月) 22:25:50 ID:TgaO/qDJ
面白かったけど、つっこみどころが多すぎる。

葉月霊が、半年前に思惑どおりに人殺しをさせてるのに、
何故、役所に粘着したのかが最大の謎。

594 :名無シネマ@上映中 :2007/03/05(月) 23:43:02 ID:h4r9zkKe
>>587
葉月は他の呪いをかけた殺人者(医者、奥貫、おそらく柴田の加害者)の所にも
平等に出現してた

葉月が役所に粘着したというより
役所が葉月に粘着した面もあるんじゃないか

それは役所が刑事であるが故に
柴田レイコが被害者である、別の呪い殺人事件に関与してしまったから。

同僚には加害者と疑われたり
葉月を最初の柴田の幽霊と混同してしまった為
「こいつ、ほんとは誰なんだ?」と葉月に粘着した結果
精神病院にたどりついて、許された

595 :名無シネマ@上映中 :2007/03/05(月) 23:51:13 ID:T/AvCVvR
葉月絡みで立て続けに3人の殺人事件が起こってるのに
役所のだけ半年前ってのもよくわからないなあ

598 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 00:11:36 ID:yGtfse3V
>>595
殺人を犯した時に見てたかもしれん(が、このときの記憶は欠落してる)
春江を殺害後すぐ春江の幽霊が出現して一緒に居たので
半年間、葉月が中々出現できなかったor気づかなかった、とかw

だが、「私に気づけ」という葉月の怨念が働いたのか
単なる偶然か、「赤い服」の女の死体をきっかけに改めて葉月に気づいた

601 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 00:25:47 ID:JkFCTQAc
>>598
あんまり明確な根拠はないんだが
葉月と小西は対極的だけど
それはコインの裏表のようなもんで
同一なものの二様態のような気がしたんだ
だから最後に二人とも役所の一つのバッグの中に収められる
最後の小西の叫びも要は葉月との同一性を表してたんじゃないかと

596 :名無シネマ@上映中 :2007/03/05(月) 23:52:43 ID:fBUaUe8l
ラストで無人の街をひとり歩く役所と『回路』でフェリーに乗ってた人が同一人物だったら面白いのに。と思った

602 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 01:23:12 ID:JJCFxXEo
>>596
舞台は、桟橋のある湾岸地帯だし、あのあと役所がフェリーに乗り込んで船長になったっていうのは
十分考えられるな。

「叫」は「回路」のアナザーストーリー?

628 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 19:39:52 ID:CD1IhOuI
一番気になるのが、映画で描かれていない部分。
役所が小西を殺したにもかかわらず、
それを完全に忘れ去ってしまった精神のメカニズム。

もしかしたら、小西霊の役所への愛の強さが、
役所の心をブロックしたのかも。

で、役所が小西霊と普通に生活していた間、
葉月霊が地団太踏んで、周囲をうろうろしていたが、
半年経って、ついに我慢しきれずに次の殺人へ・・・。

ってどお?

631 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 20:47:37 ID:4XItrAR5
>>628
生きてる間も死んでからも孤独な葉月霊には
孤独じゃない小西霊は近寄れない対象だったかもな
毎度小西が居なくなってから現れてた。
ただ一回、抱き合ってるときに、小西が部屋の中に何かが居るような顔はしていたが・・

633 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 21:07:12 ID:021H+taL
>>631
>抱き合ってるときに、小西が部屋の中に何かが居るような顔はしていたが・・

あれは部屋の奥に放置されたままの、自分の白骨を凝視している。
登の目には見えない死体を。
登が自分に愛情を寄せてくれているのに、そんな自分はすでに死者。
しかも自分を殺した相手はそれを「なかったことに」して忘れている。
そんな切なさで彼女は自分の朽ちた白骨死体をじっと見つめている。

634 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 21:14:26 ID:4XItrAR5
>>633
なるほど!自分の死体か。。
なんかまた観たくなってきたなー

644 :名無シネマ@上映中 :2007/03/06(火) 23:57:00 ID:EQtufmK/
>633
いや、あの時は赤いモノが縦に映ってたから
目線の先は葉月だろ

652 :名無シネマ@上映中 :2007/03/07(水) 02:29:59 ID:Qrk974xs
幽霊が飛んでかえっていくのなら
「じゃあ、もう行くね」ってドアを出た小西も
いちいち飛んで帰ってたんだなぁ・・・




(萌え・・・)

654 :名無シネマ@上映中 :2007/03/07(水) 07:18:59 ID:c5oR7MT8
>>652
それはちょっと見てみたいぞ……空飛ぶ小西…

690 :名無シネマ@上映中 :2007/03/08(木) 22:41:30 ID:62G3LYxx
飛んで帰ったあと、大きな木の枝にちょこんと腰掛けて
お休みしてる里緒奈とコニタン想像して、(;´Д`)ハァハァしています

700 :名無シネマ@上映中 :2007/03/09(金) 02:58:26 ID:5YEZA6L4
>>690
コニタンは役所のところにしか飛んでいかないけど、
里緒奈は皆殺しのために世界中飛び回んなきゃいけないから休む暇なんてないと思うぞw
あの時も直行で別の人のとこに飛んでったんだろうなぁ・・

671 :661 :2007/03/08(木) 03:43:08 ID:W/QsWEKp
ラストの小西の「叫」は、役所の変化を表してたんだろう。
二人の骨を拾ったことで、「この世に未練を残す者」の声が聞こえなくなった。
それは裏を返すと、途中で精神科医の話にもあったように、
「幽霊」というものが他でもないそれを見る者自身の心の鏡だということ。

二人の骨を拾うことで「過去との訣別」を達成した役所は、
葉月の呪いから解放される代わりに、愛する者への想いを失った。
だから劇場の音響設備の限界のような葉月の「叫」を観客に散々聴かせた後に、
ラストの小西の「叫」だけは「無音」。
俺にとってあれは何とも悲し過ぎるラストだったな。

673 :名無シネマ@上映中 :2007/03/08(木) 11:33:31 ID:p+W2goHq
>>671
良いこと言うな・・

910 :名無シネマ@上映中 :2007/04/06(金) 13:15:04 ID:Vo3MU7iT
今日までってことで見てきたけど、ラストは人類全滅ってことでOK?



911 :名無シネマ@上映中 :2007/04/06(金) 23:40:51 ID:kiO/LyHX
aa_20111130164633.gif

912 :名無シネマ@上映中 :2007/04/07(土) 01:02:38 ID:ek4/MNkG
>>910
一人だけ生き残ってるけどね。(許されたから)

914 :910 :2007/04/07(土) 03:06:14 ID:vNfudN95
やっぱりそうなのか、サンクス


関連記事

  1. 2008/08/19(火) 22:59:23|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | ホーム | JUNO/ジュノ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/157-1b0f0537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR