FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハリー・ポッターと秘密の部屋

ハリー・ポッターと秘密の部屋 第一章
http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1030/10301/1030155590.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しでいいとも!:2008/03/29(土) 18:55:04.52 ID:zJSjQy82
ハリー・ポッターと秘密の部屋◇02年、米。
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント。魔法学校の2年生に進級した少年ハリー・ポッターと
その仲間たちが、校内に存在するといわれる"秘密の部屋"の謎に迫る。シリーズ第2作。

監督:クリス・コロンバス
出演:ダニエル・ラドクリフ,
ルパート・グリント, エマ・ワトソン,
リチャード・ハリス, マギー・スミス, ロビー・コルトレーン


649 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 17:08 ID:TsGdJYUK
先行観てきた。
動く挿絵としては及第点。
単体の映画としてみると前作と同様、説明不足&はしょり気味。

655 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 18:45 ID:qKJLZftY
試写会で観て、本日2回目観てきました。
(試写会が当たったの判明する前にチケット取ってしまったもんで)

やっぱり物足りない。原作カットしすぎ。主役を格好良く見せたいのはわかるけどね・・。
ラストの学年末パーティとか、原作でさらっと流してる所はその通り流せよ。
そのぶん他のシーンに時間が当てられたかもしれないのに。

キャラクターの行動のみ追ってて内面が全く描かれないから
薄っぺらく感じるのかなぁ?

671 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 21:47 ID:cFPi6gPH
ワーナーマイカルにふらりと立ち寄ったら、
偶然先行やってて、席もあったので何となく観てきた。

期待してなかったんだけど、意外に良かった。
はしょり感は否めないがそれを差し引いても原作忘れて楽しめたよ。
過剰に期待さえして行かなかったら素直に面白いんじゃないかな。

とにかく、ハーマイオニーの賢さとハリーの男っぽさが印象に残ったな。
あと、ダンブルドアを見て何だか泣きそうな気持ちになったよ。
もう会えないんだね。

2ちゃんねる映画ブログ

689 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:45 ID:1zQYB7Px
そういや後半のダンブルドアの声がスゴイ弱っとったな。
このころから、体の調子悪かったんだろうか。。。
次作から、代役立てるんだろか?

ダンブルドアのご冥福お祈りします (‐人‐)

673 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 21:48 ID:XMo9keqA
一番の見所はネコミミハーマイオニー。

672 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 21:48 ID:m/czDu7E
猫ハマイオニ期待してたが、あんな怖くしなくていいのに...

2ちゃんねる映画ブログ

701 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 23:08 ID:WQ3au6H6
猫耳はーたん、日本人の感性ならもっとかわいくするのに・・・

212 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/22 23:25 ID:NvvgzLrI
ハーマイオニーの胴体に巨大な黒猫の顔がくっついてるんだもんな。

怖かったよ。

215 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/22 23:36 ID:87i/1BrX
>>212
原作読んだときは、猫耳ハーマイオニーを想像してたので、
あのギャップはすごかった。

743 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 01:22 ID:Gkkj6+Px
エマたんは凄く良い成長をしてたYO!!

エマたんだけで見る価値あり、一番いい仕事してたyo

676 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 21:52 ID:cFPi6gPH
今回スネイプはあんまり憎たらしくなかった。
マルフォイ父がいたからね~。
決闘クラブのシーンでは思わずスネイプに拍手しちゃったよ。

2ちゃんねる映画ブログ

677 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 21:54 ID:yEMktrxR
>決闘クラブのシーンでは思わずスネイプに拍手しちゃったよ。

ホント、このシーンはスネイプ格好良かった(w

707 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 23:35 ID:WQ3au6H6
あー、今回確かにスネイプたんがあまり陰険じゃなくて残念(w
ロックハートも胡散臭さを強調するエピソードが少ないのがちょっと残念。
原作読んでるときから俺の頭の中のキャスティングはヒュー・グラントだったけど、
ケネス・ブラナーもよく頑張ってました。

690 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:45 ID:m/czDu7E
賢者の石は原作読まないで観たため、なんでネビルこんなに必死なの?とか
チェスから下りたらいいのにとか、スネイプは実はいい奴だったの?とか
色々気になる部分は多かった。

今回は展開が急な感じはするけど、あんま変なとこは無いんじゃない?
ばっさりカットされた部分なんてあったっけ?

695 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:56 ID:nUD4by4Y
>>690
絶命日パーティは、完全にカットされてる。
せっかくジョン・クリースなんて大物を使ってるのに……。

693 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:53 ID:1zQYB7Px
>>690
原作には、ジニーがグリフィンドールに選ばれるシーンを
車から降りたハリーとロンが窓から覗き見るシーンがあったと思う。
さらに、ジニーがハリーに萌え萌えしているのをもっと感じ取れたよ。

映画だと、いきなりラストでジニーが倒れてるし。。。
いきなり、血文字を書いた犯人は○○○だとか言われても、急すぎるYO。

699 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 23:05 ID:yEMktrxR
>>693
ジニーの登場は突然すぎでしたね。存在を忘れてたよ……。
大事な所なんだから、伏線はちゃんと張って欲しかったなあ。

しかし……2時間半かあ……長い……。

729 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 00:51 ID:qpkRrtWD
今回はハリーがヒーローらしく活躍しててヨカターヨ。クィディッチでのチェイスシーン
も格段にスリリングになってる。クリーチャーもオナカイパーイて感じ。
これは、なんつーか理想的な正月映画だな。家族で観てよし、カップル、友達で
またよしと。誰がこんなバジェットムービーに本格的な謎解きとか原作に忠実な
ディテールなんかを期待しとるんだ。
ハッキリ言って1,800円分の価値はあるぞ。観てないヤシ、迷わんでいい。例え気に
そぐわなくても、話題のネタにはなる。元は取れるやろ。

742 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 01:20 ID:Gv4XAGuE
客入りのいい映画って、周囲の反応を確認しながらの鑑賞もまた一興。
とりあえず上映中にくすくす笑いが上がったシーンを、ネタバレのない
書き方で出してみますと・・・

・悪い子ドビー
・哀れ、配達フクロウ!
・絶叫人参
・ゴムゴムの実を食ったのか?
・しっぽまで生えちゃった・・・!
・ロン、教師へ強烈な一撃
・エンドロール後のオチ

こんなとこだったかな・・・。

744 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 01:24 ID:DX0SnmNb
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa!!1!!!11
エンドロール見てなかったよ・・・。
どうなるのか説明きぼんぬ(;´Д⊂)

685 名前: 病院送りのロックハートの姿が、「私は誰?」という本の表紙に。 投稿日: 02/11/16 22:35
スタッフロール後のオマケを見逃した!という人は(メール欄)を参照。
まだ映画を見てない人は、劇場でね。

686 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:36 ID:kMur+n0w
あ、まちがえた・・・・・・・・・・・・・・

687 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/16 22:41 ID:1zQYB7Px
>>685
水爆級の誤爆っぷりだ・・・

746 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 01:29 ID:Gv4XAGuE
>>744

>>685が書いちゃってるよ。
メール欄で隠そうとして、間違って名前欄に書き込んだもんだから丸見え。
大誤爆のネタバレ野郎さ。
いったいどこのどいつだろうね。
はは。


ごめん。

794 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 02:24 ID:zjcPNwwO
にしても子供が剣でぐっさり刺すなよなー・・
車はガンガン運転するし。
こえー話だよ。

806 名前:  投稿日: 02/11/17 02:38 ID:oxrnupp+
>>794
オイラモオモタ。
特に思ったのが、ロンがロック・先生を石で殴った所・・・
こえーーーーと思った。
原作で知っていたとは言え、ハリーの骨が無くなるシーンはキモかったなぁ・・・

でもそう言うのが好きです。
ぞうさんはもっと好きです。

810 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 02:44 ID:wi0sYbrP
>>806
自分はロンがナメクジ吐く所がきもかった。
て言うかアレはどっから沸いてるんだ?

817 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 02:54 ID:opuTblHl

2ちゃんねる映画ブログ

なんでハグリットに拍手してんの?
しかも皆まで一緒になって嬉しそうに。ハァ?

819 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 02:57 ID:wi0sYbrP
>>817
それは自分もオモタ。
みんなノリで盛り上がったのさきっと・・・

861 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 13:29 ID:RTcfyJq2
ハグリットが最後に盛大な拍手を受けるのは名誉を回復したからじゃないかな~
濡れ衣着せられて退学になってるしアズカバンにまで送られてるし
教師になるのは第4作からだし

877 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 14:51 ID:1CWG0m4J
>>861
ハグリット先生は3巻からですよ~

822 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 03:09 ID:wi0sYbrP
トムリドルって、例のあの人の少年時代だからもっとおどろおどろしいかと思ったら、
意外と端正でまじめそうな顔でしたね
ルシウスもなんかカッコヨカッタし

837 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 04:26 ID:d4RiLHag
昨日先行上映を見ました。ハーマイオニーは鼻をツンと上向き加減にするところが
生意気っぽくて(・∀・)イイ。
原作を一切見て無いので、一体誰が犯人なんだろうと楽しめました。
最後、抱きついてもらえなかったロン・・・淋しそうだったな~。

839 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 06:23 ID:MYNE0vSc
先行ロード見てきたー。
ハーマイオニーが可愛いよ。なんで、ロンは最後抱きついてもらえなかったんだろうね。
ハリーはすっかり大人になっちゃって、しかもがっちりしてきちゃって
やせっぽっちというハリー役がきつくなりつつあるね。

844 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 08:43 ID:qIxfZ8Bw
>>837

>最後、抱きついてもらえなかったロン・・・淋しそうだったな~。

>>このシーンの解釈は色々あるみたいですが、僕は逆にハーマイオニー
もロンも照れてたように見えました。あの瞬間、この2人は
恋人同士になるのかなぁ。と勝手に思い込みましたが。

845 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 09:52 ID:+V4G9ndS
>>837
わたしも>>844と同じこと思いました。
ハリーには平気で抱きつけるのに、ロンには照れてしまう。
ロンも照れている。すごく意識しているんだなーって。

846 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 10:16 ID:eIZnS3NT
あの抱きつくシーンは私も気になりました。
私はちょっとロンがかわいそうに見えてしまいましたが。
原作でも抱きつくのをためらうような表現ありましたっけ?
今手元にないので確認できないのですが。

848 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 10:36 ID:+V4G9ndS
>>846
原作でははっきり”抱きついた”とは書いてないようです。
Hermione running towards him,~
だから抱きつくシーンにしても、おかしくはないかもしれません。
ロンに対してどういう態度をとったかという記述はなし。

906 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 17:35 ID:qIxfZ8Bw
ところでロンが運転してた「空飛ぶクルマ」って
予告で観た時はトラバントだと思ってましたが
何か違うような・・・。ホントは何でしょうね?

909 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 17:51 ID:6wZ1ox0Q
IMDbのページの以下の写真がありました。

2ちゃんねる映画ブログ

これでは車の全面が見えないのでなんとも言えないのですが,
写真の説明に以下の記述がありますので
フォード/アングリアかと思われます。

in the flying Ford Anglia.

913 名前: 906 投稿日: 02/11/17 18:01 ID:qIxfZ8Bw
>>909
どうもありがとうございます。
フォードだったんですね。
しかし後半、大活躍でしたね。

920 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 18:29 ID:u1qppBQQ
>906
原作読んでみれ。「トルコ石色のフォードアングリア」ってはっきり書いてある。
どーでもいいが、「トルコ石色」って訳って…

895 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 16:59 ID:ZLDcC9d2
蛇語の部分も字幕入れてほスィ・・・
とか思ったのは漏れだけですか?

930 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 19:51 ID:RTcfyJq2
>>895
俺も激しく思った。
原作では蛇語もちゃんと訳してあるもんね、変な字だけど。

938 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 20:45 ID:Q/uDCTnB
>>895 >>930
蛇語はあえてわからないままにしたのでは?
そっちの方が、「蛇をけしかけた」と、
まわりの生徒に誤解させるような雰囲気がでるような・・・
原作未読の人なら、生徒の視点で「ハリーは何を言ってるんだろう?」と、
思わせることができるよ。
観客はハリーがそんなことしないってわかっているんだろうけど。



http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1037/10375/1037540750.html
2ちゃんねる映画ブログ

31 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 01:04 ID:OwX093ft
面白い?と聞かれれば、面白いとは思う。
でも、ハリーポッターが好きで好きでたまらない人にしか勧めません。
一言、長すぎる!! もはや、子供向け映画じゃないですよ、これ。
エピソード詰め込みすぎで全体的に退屈。
適度に盛りあがる部分はあるし、前作からの伏線や、謎解き等々面白い要素はあるが、
これって原作の魅力なんだろうな、と思う。
2時間40分の原作宣伝映画と考えればちょっと納得できるか。
結局、原作に縛られて映画としてのカタルシスに欠けているんだと感じた。
でも多分、誰が撮ってもこうしかならないと思うので、★★★。

12 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:32 ID:XVzm7VDB
映画、ドラコの後ろ頭にチラチラまといつくスニッチが
なんか可愛かった。人慣れしたハチドリみたいで。
・・まさかドラコの金髪を仲間か何かだと思ったんだろうか(笑
ああんスニッチ萌。。
代わってブラッジャーなんぞに追いかけ回されるハリーが哀れ。

13 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:39 ID:YqtNfnPP
以前から気になっていたのだが、スニッチやブラッジャーには意志があるのか…?
魔法がかけられているという設定のはずだが…
ことスニッチに至ってはどんな魔法をかけているのか激しく疑問。

15 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:46 ID:SRpxMU/G
>>13
逃げ回れっつー魔法がかかってたような。
クィディッチ今昔だとかいう本に書かれてた気がする。手元にないから確認不可。

それより、あの箒での飛びっぷりは普通じゃない。
ファイアボルトが10秒で時速240kmに加速するって事から推測して、ニンバス2000の速度を
仮に百数十kmだとしてみる。
その速度で、等速で飛ぶちっこい金の玉を追いかけ、等速で飛ぶライバルを押しのけ、
さらに等速かそれ以上で遅いくる鉄の球をかわしながら、木の梁を避ける。
こんなことが常人の動体視力で可能だろうか。

否。彼らはニュータイプなのである。

16 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:52 ID:YFF8kneI
動体視力以前に筋力がすさまじい。
あのスピードであの旋回をする場合、仮に箒に掴まっていられたにしても
周回軌道の内側ではなく外側に体が持っていかれそうなものだが。

彼らはマッチョマンなのである。

17 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:55 ID:8Bp7rGbP
>>16
魔法によって筋力が守られてる。細い箒の柄にまたがっていられるの
も、柄の上に見えない魔法のクッションがあります。
原作に説明されているよ。

14 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/17 23:43 ID:qIxfZ8Bw

2ちゃんねる映画ブログ

今考えるとドビーの魔法って
ハリーにとっては単なる嫌がらせ
にしか見えない。

21 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 00:10 ID:iXrho4aV
>>14
いや、はっきり言って嫌がらせでしょう・・・(w
てゆうか、自分を痛めつける行動自体が迷惑・・・

しかし、さすがに最後ドラゴパパと現れた時の様子はかわいそうだった。
最後の「僕を助けないで・・・」はワラタ

45 名前: 名無シネマ 投稿日: 02/11/18 13:03 ID:4nLfV0tc
亀ですが先行で見に行った感想。
ドビー最初は「キモいなあ」と思っていたんだけど
時間が経つにつれ、可愛く思えてきた…こんなの自分だけだろうか…(苦藁

47 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/18 15:37 ID:gXFbgi4b
>>45
漏れもドビー最後にはかわいく見えてきますた。
なんかE.T.・ヨーダと同類な感じで。
なんか蹴られるシーンとかなんとも言えないくらいに・・・

83 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/19 19:38 ID:sjBJ1St7
http://www.moviemistakes.com/film.php?filmid=2434&offset=1
映画のミスをあげてます。
ハリーがドビーと話すとき、眼鏡に緑のボール(撮影のときにCGキャラの場所を
示すために使うらしい)が写ってたとか、そんな感じのことですが。。。

114 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 13:52 ID:YWqbWUMH
>>83
ほかにどんなツッコミありましたか?
うちのパソで見れないんでおながいします(泣
因みに前作では
ロンの前髪、マクゴの眼鏡なんかがツッコまれてたみたいですが…

115 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 14:39 ID:Eg563MQp
>>114
47もあるんで、、、一部だけあげてみます。

○秘密の部屋でハリーは杖を左手に握っている。第一作にはオリバンダーの店で、
 ハリーの杖腕は右だといっていた。

○ハリーが初めてドビーに会ったシーンで、壁にグリフィンドールの物がいっぱい
 掲げてあった。おじさん達がハリーを魔法界から遠ざけようとやっきになってるん
 だったら、そういうのも許さないのでは?

○ドビーが自分の手にアイロンをかけたと言って、ハリーに包帯をみせる。
 何ショットか後に包帯は消えているが、次のショットでまた戻っている。

○決闘のシーンでスネイプがロックハートに武装解除の呪文、エクスペリアームを
 かけた。で、本当なら武器が飛んでくはずなのに、ロックハートが飛んでいった。
(武器はしっかり握っている)

○暴れ柳のシーンで、車の前方と左のライトを殴られたのに、後でライトはもどうりになっている。

○ラストあたりの、ハーマイオニ‐が病院から戻って祝宴に来るシーン。
 席は全部うまっていたはずなのに、ハリー、ロン、ハーの三人が席につこうとしたときには
 三人がちゃんと座れるスペースができている。

そこにあった物がなくなってたり、裸足(?)だったハーが次ショットで
ストッキングはいてたりとか、そういうつっこみがたくさん!!
まだ実際に映画観てないけど、ツメが甘い映画という印象が拭えない。

128 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/20 22:31 ID:pC9FcoV6
ちょと思ったこと。骨を再生させるシーンが
あまり痛そうに見えませんでした…すごい痛いって設定なのにね。
ラストの組み分け帽子から剣が出てきたのもあっけなさすぎる。
原作見てないと都合の良すぎる展開に見えてしまうね。

142 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/21 00:48 ID:ZzuxyS42

2ちゃんねる映画ブログ

ネビル役は今回撮影後半、体重が激減してしまい、太ってみせるために
頬っぺたの内側に綿つめて撮影に臨んだそうな。そういや後から声当てた感じの
吹き替えっぽかったかもしれないな、あのシーンのネビルは。
是非ご注目下さい。

あと誰か、呪文覚えてきてくれ・・オリジナル多いんだ!
ざっとメル欄くらいある。まだあるな・・くーっ

145 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/11/21 12:12 ID:G53x+Esk
>>142
子役は撮影中に大きくなったり声変わりしたり痩せたり大変ですなぁ


関連記事

  1. 2010/11/22(月) 01:53:42|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<茶々 天涯の貴妃(おんな) | ホーム | めぐりあう時間たち>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1563-4acd7ac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ハリー・ポッターと秘密の部屋

ファンタジーでは「異形の者」が現実社会の問題点を暗喩したものとして描かれることが多いですが、どうしても「人物」よりもそちらのキャラに目が行ってしまいますね。今回はドビーがその役割です
  1. 2011/01/11(火) 22:51:55 |
  2. 映鍵(ei_ken)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR