2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアン・ジャイアント

http://piza.2ch.net/log/movie/kako/955/955122084.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/08(土) 00:41
試写会で観たのですが、アニメーションでこんなに
感動出来たのって初めてです。
まさに万人が観るべき作品だと思いました。


4 名前: ユキヒコ 投稿日: 2000/04/08(土) 17:25
良い映画だし、良質のエンタテインメントだとは思いますが、
それ以上ではなかった。
ラストの「アレ」にしたって、消化不良というよりは、
描くことを放棄してしまってるようにも感じる。
ネタバレになるんで、詳しく書けないけど、
「アレ」の扱いは、初代『ゴジラ』のほうが数億倍、上。
クライマックスも、宮崎駿と同じアンビパレンツを抱えて、
しかも、それが悪い方向に出てる。
細かな演出とか、すごい丁寧なだけに、ホント、残念。

これじゃ、私の中の3本柱、『ルパン三世/カリオストロの城』、
『王立宇宙軍』『天空の城ラピュタ』は揺るがない。

ただ、音楽のマイケル・ケイメンがいい仕事をしてるのと、
ホーガースの母親が色っぽいのは、良かった。
ジェニファー・アニストンの声もバッチリ。

9 名前: かなりネタバレ 投稿日: 2000/04/09(日) 00:06
>ユキヒコ さま
「アレ」とは「アレ」のことだと思いますが、米国市民を
被害者の側に立たせた点で、スタッフの意気込みを感じました。
前半の政府によるプロパガンダもここで効いてきます。

ラストのカットの事でしたら、「アレ」は確かに消化不良。というか
脚本的にあのカットは余分ではないか、その前のカットで余韻を
持たせて終わすのが良では、と感じました。ただ「子供向け」で
あることを考えると、あそこまで説明が必要なのかな、と。

キャッチコピーにもなったロボの台詞とそのシーンは、近年の
アニメのベストシーンです。日本のアニメが過去の遺産で食って
いる間に、アメリカもここまで来たんだなあ、と感心できる秀作です。

11 名前: >4 投稿日: 2000/04/09(日) 03:25
>「アレ」の扱いは、初代『ゴジラ』のほうが数億倍、上。
描こうとしてるモノが根本的に違うから比べること自体無粋でしょう。
もっと映画を楽しんだらどうッすかね?

117 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/20(木) 23:07
ホーガスのお母さん、ジェニファー・アニストンだね。ブラピの
元彼女だっけ?

2ちゃんねる映画ブログ

111 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/19(水) 22:15
このスレみてなんか気になってたので今日映画みてきました。
いやー面白い。良くできてる。泣ける。子供だけに見せとくのもったいないですよ。
エンドロール終わるまで外に出られなかったです。はずかしくてさ。
他のお客さんも、みんな席立たなかったのが印象的でした。
実に立派に「映画」していると感じました。

107 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/19(水) 02:07
ビートニクのお兄さん、今まで見たことないようなキャラで
ちょっとセクシーで気に入りました。
捜査官はアメコミのヒーロータイプなのに悪役で
これも面白い設定で良かった。

164 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/05(金) 20:54

2ちゃんねる映画ブログ

私ビートニクのお兄さんの顔が好き。
長嶋みたいなあごひげもかわいくてよ。

166 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/06(土) 01:10
捜査官もかわいくてよ、あのとんがったお顔。
ちょっと「トイストーリー」のウッディに似てませんか。
似てませんか。
そうですか。

190 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/07(日) 23:00
捜査官て最後はいい人になるかと思ってたのになあ。
けっこうハードな展開にびっくり。
ぼくだけ?

2ちゃんねる映画ブログ

193 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/08(月) 05:26
捜査官の描写はちと 唐突でしたね、
前半のコミカルな表現が、彼を根っからの悪と見させない心理を
生んでしまったようです。
退屈させない工夫がアダになったのでしょうか?
子供向けとは言え、そこはちょっと疑問がのこりました。

116 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/20(木) 22:56
ひさしぶりに泣ける映画でした。
でもホーガス君とか役人とかの絵柄が
いかにもアメリカのアニメでなじめないな~
(スクラップ屋のおっさんはわりと違和感無かったけど。)
いっそのこと人物もCGで描いたら一般受けしたかも。

117 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/20(木) 23:07
>116
あの、「チョット古くさい」絵柄は明らかに狙ったんじゃない?
後、ジャイアントの他にも、結構3DCGが使われているらしいよね。

139 名前: nya 投稿日: 2000/05/01(月) 23:08
今日,新百合ヶ丘WMCでみてきました。入りは結構良かったです。
映画終わって場内があかるくなると,あちこちでハンカチを目に
あてている人たちが(カップル多し)。わたしもやっぱり最期は
じーんとなって泣いてしまいました。なんと丁寧につくってある
お話なんでしょう! 大好きです。私的には「パンダコパンダ」の
雨ふりサーカスに匹敵するかな?

126 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 00:44
この映画で「笑えた」って言う人はいないんでしょうか? クライマックスはともかく、
序盤から中盤にかけて、かなり笑えるところがあったと思うんですが。

127 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 01:27
笑いましたよ、あの捜査官のどたばた、
場内も笑いにつつまれていました。
あんなに笑う場面があるとは思いませんでした。
そういう意味でも良くできていると思います。

128 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/04/26(水) 20:49
でもバンザイはひどいよ!
笑えたけど。

141 名前: P.E.T. 投稿日: 2000/05/02(火) 11:03
私、だめでした。
彼(アレ?)のメカギミックに
リアル感を感じられなくて。
話は申し分なく感動できるはずだったんで、
くだらんことで損してるなぁ、と思いましたです。

142 名前: P.E.T. 投稿日: 2000/05/02(火) 11:04
↑損してるのは、私自身ですが。

143 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/02(火) 22:54
うーんそうかも。
あんまり細かいこと気にせず、
「おーそういう機能まで」とか思うように割り切った方が、
気楽だよね。

144 名前: >141 投稿日: 2000/05/03(水) 00:35
いいじゃないですか、ガンダムじゃないんですから(笑)
逆に思い切りが良くていいなぁ、と思いました。

腕のマシンガンみたいな武器、小さい手が凄い勢いで
スイッチ押してるトコとか芸コマで良かったなぁ。

145 名前: >144 投稿日: 2000/05/03(水) 01:15
そうなんですよね。あの(メカ?)デザインって
ああいう物語や、ああいう工夫なんかに沿って
造られてるんだと思います。
もっかい見てみます。

169 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/05/06(土) 09:28
この監督さんって「シンプソンズ」とか「King of the Hill」を
手掛けた人ですよね。このあたりも見に行こうとかって思った理由なんだよなぁ。
(「King of the Hill」ってホントギャグなんだかどうなんだか分からない
スレスレのところとかで勝負してるとこあるし。)
いわゆるヒネリ系の人がこういうアニメ作るってところも面白い。
吉田戦車に鉄人28号作らせるような感じか?(ってちょっと違う?)

220 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/06/13(火) 12:31
ビデオみました。やっぱいい。
恥ずかしながら劇場でみたときは、ラストのジャイアントの
「You,stay,heare.」(だっけ)
のセリフを聞き流してしまい、今回はじめて演出の意図するところが
解って、ジーンときてしまいました。

改めてみると、「教育の大切さ」といったテーマがストレートに
前面に出ていて、良くも悪くも(?)「いい映画」だなーと思いました。

1 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/19(月) 02:45
なんかアニメオタクが好きそうなアメリカアニメで、敬遠してたけど。
評判良いので、ビデオでみてみたら。
泣いてしまった。
古臭そうな絵柄のアニメでも、さすがアメリカ映画はスゴイ!って思いました。

3 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/19(月) 04:05
オレも泣いた。
アメリカのアニメをなめてたよ。
ストーリーもシンプルでわかりやすくて良い。

17 名前: 最初に泣いたのはどのシーン? 投稿日: 2000/06/20(火) 02:46
俺はホーガスがIGに「死んでも魂はよいものに残るって母さんが言ってた」って言うシーン。
「ああ、親父さん戦争で死んだんだな」って思ったら泣けてきた。

23 名前: 泣いたところ2 投稿日: 2000/06/20(火) 13:22
同じ場所なのだけど、死の概念を知って落ち込んで
廃車のボンネットをぱかんぱかんしている
ジャイアントの表情を見ていたらじーんとしました。

42 名前: 泣き所 投稿日: 2000/06/23(金) 02:31
空を飛んだだけでやけに泣いた。

24 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/20(火) 14:50
関係ないですが
アメリカの変電所(?)は、あんな素敵にわかりやすい「ON」「OFF」のスイッチが付いてるのですか?

2ちゃんねる映画ブログ

25 名前: 寅次郎 投稿日: 2000/06/20(火) 15:11
それを言っちゃあおしめえよ

41 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/23(金) 02:16
字幕と吹き替えどっちが良いと思いますか?
私は吹き替えの「ジュウ、チガウ!」に泣きました。

43 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/23(金) 02:38
ホーガースの吹き替えの声は声優使ったほうがよかったと思うんだが……。
ホーガースって歯並び悪いのな。ああいうデザインは日本のアニメ製作者には
思いもよらんのじゃないかしら。やっぱアメリカ人ってスゴイのね。
とはいえかあの顔だちはどっちかっつーといじめっこキャラっぽいよな。
スネオ系っつーか。

2ちゃんねる映画ブログ

33 名前: ステファン 投稿日: 2000/06/22(木) 19:27
あー昨夜借りてみた。ラスト近くでうるんでしまった ちくしょう。

それにしても動きがすごいね。トレースはCGなんだろうな~。

59 名前: >33 投稿日: 2000/06/25(日) 05:00
トレースどころか、ジャイアントは3DCGだそうです。

トゥーンシェーダーっつう3Dを2Dに見せるプログラムを使って

製作したそうな。そういう目で改めて見てみると、あちこちに

3Dを使ったくさいシーンがちらほら。

63 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/26(月) 01:40
あれがセル画なわけないな~と思ってました
が、なるほど。

64 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/26(月) 23:17
ここのスレッドに触発されてビデオ見ました。
私の泣きどころは、IGの最期の「スーパーマン」の
台詞・・・まるで夢見るような面差し、ジワ~っと
きました。まだ純粋な部分が自分にあることを知って
安心しました。

65 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/26(月) 23:36
ジャイアントに漫画読んでやるトコで既に泣いたよ。
俺、アメリカ大好きみたいだ。氏のう...。

66 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/27(火) 00:49
結局王道が一番やね
にしても向こうのアニメは表情豊かやなあ
ホーガースの子供らしい憎たらしさとかがよかった
日本アニメの男の子ってちょっとキレイすぎるように思えた

68 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/27(火) 04:12
主人公はロボットにペットみたく名前をつけなかったのが偉い

74 名前: >68 投稿日: 2000/06/30(金) 16:30
ホガース「君にも名前を付けて上げよう。
君の名前は、そう、アイアンマン・ナンバー・トゥウェンティエイトだ!」
アイアン・ジャイアント(声を上げずに泣く)

76 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 00:58
IGのバトルモード、ロボット刑事Kを連想しちゃったっす。

2ちゃんねる映画ブログ

77 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/23(日) 01:47
>76
ちゅーか目の色の変化がまんまKや。

83 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 16:39
おハナシはP.K.ディック以来の古典的なもので
さしたる目新しさはないが、
それらをゴマカシなく全て映像化したという点で
SF人のドリームズカムトゥルー映画って感じではあります

佳作

84 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 17:15
雪のシーンは、きれいだったな。
あと、最後の方の空飛ぶところとか。
前スレで、誰か言ってたけど、悪者のキャラ設定がいまいちだったような。

79 名前: 俺も 投稿日: 2000/07/23(日) 11:17
このすれ見て、ビデオでみた。
期待しすぎたのかもしれないけど、ジャイアントの最期のシーンで
ちょっと興ざめ。
でも、ジャイアントが我を失うシーンで身を震わせる映像は
一番良かった。
可愛がりすぎて死なせてしまった小動物というとらうまに引っかかった
んだろうけど・・・
ま、子供の頃に見てたら本当に涙が出ただろうね。

85 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 17:40
あれは異な存在を生贄にしている感があるがどう?
他人の犠牲の上の感動的な話に涙を流す人には
悪いですが、嫌悪感が沸きます

87 名前: >85 投稿日: 2000/07/24(月) 20:27
いや、むしろあの特攻(?)シーンはテーマ的にはジャイアントのアイデンティティが重要なんじゃない?
自己犠牲というよりはむしろジャイアントの救済を描いているんじゃなかろうか。

それがああゆうカタチで成し遂げられるから泣けるんだと思うよ。
単純な自己犠牲賛美だったらオイラも反吐が出る。

88 名前: >87 投稿日: 2000/07/24(月) 20:36
普通はそう考えるけどな。自己実現の話。
85は、SWのエイリアン描写を人種差別と判断する類いの人デスカ?

89 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/24(月) 20:36
死んで救われる・…
アメリカの世界警察ぶりが理解できました
共産主義を救ったアメリカが今度は
中東を救いそうデス

110 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/31(月) 03:15
この話の時代設定ってすごく良く考えられてると思う。米ソ対立が本格化し、
冒頭のスプートニクで宇宙開発競走が口火を切ったことが明示される。
アメリカ自体が未知なる恐怖にビクビクと怯えてるところへ、突如やってくる
記憶喪失の破壊兵器。ああいう捜査官みたいな人が出てくるのは不思議じゃ
ないと思う。彼といい軍隊といい、恐怖に裏打ちされた「正義」からくる行動
であって、根っからの悪人はいないよね(彼は最後にあんなコトしちゃうけど)。
そういう意味でこの映画は、本当に闘うべきは人間の弱さなんだと教えてくれて
ると感じた。日本では大きいお友達にしかウケなかったみたいだけど、これこそ
子供に見せてあげたい、見てほしい映画だと思う。

111 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/31(月) 19:49
単純に楽しめたし、緻密なアニメーションに感心。

最後にIGが身を挺して人々を救うが、
そのあとの「実はハッピーエンド」っていうのも、
別に不自然でも何でもなかった。

アメリカ映画では、その「ハッピーエンド」部分って、
けっこうネチっこくやってしまいがちだけど、
この作品のそれは、けっこう、あっさり、しかし、ズッシリだと思うよ。

センスいい映画みた後は、気分がいいね!!

うんうん、110さん、基本的には子供のことを考えた映画ですね。
子供のころのこういう映画って、心に残りますよ。ホントに。

8 :名無シネマ@上映中:03/11/16 06:23 ID:dUWh5JAi
まあいい映画だっていわれるのも分かる気がするけど、結構偽善的。
ほらほら、お前らはロボットが純粋な心を持ってひどい目に合えば泣くんだろ?みたいに監督に言われてるような気分になって不愉快。
低年齢向けだね。正直。

13 :名無シネマ@上映中:03/11/16 15:42 ID:d1q76KDO
>>8
いい年した大人があの映画を真っ正面から語るのは野暮というもんだ。
1950年代風の舞台設定、最新流行の風物が出てこない世界観。
大人だったら「さあ、せちがらい生活なんか忘れて、思いっきり浸ってくれ」と
でも言いたげな監督の思いやりを素直に受けなさい。

14 :名無シネマ@上映中:03/11/16 17:57 ID:ISdg6mLi
50年代(というか57年のスプートニク・ショック直後かな)のアメリカを
思いっきり悪意を込めて描いてると思うんだが。
一種の反米映画とも言えるんじゃないかな。



▲▲▲こんなアイアン・ジャイアントは嫌だ!▲▲▲
http://cocoa.2ch.net/movie/kako/984/984877709.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 10:08
分離、変形、合体し、5人で操縦するアイアン・ジャイアント。

2 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 10:09
地球で最初に出会ったのがチャールトン・ヘストンだったばっかりに、「銃」として生きる道を選ぶアイアン・ジャイアント。

153 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 04:28
ダメだ。
どうやっても>>2を超えるネタが思いつかない。

4 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 10:28
地球で最初に出会ったのが三輪明宏だったばっかりに、「女」として生きる道を選ぶアイアン・ジャイアント。

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 10:38
体が金色で笛を吹くと現れるアイアン・ジャイアント

8 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 11:00
シャア専用 アイアンジャイアント

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 13:48
ホバーパイルダーでドッキングした兜甲児が操縦するアイアン・ジャイアント。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 19:00
おっぱいミサイルが標準装備

16 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 16:08
14歳が操縦しないとシンクロ率の悪いアイアンジャイアント

18 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 16:55
くさってやがる!!はやすぎたアイアンジャイアント

62 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 11:49
ラピュタの中に丸まって何千体も格納されているアイアン・ジャイアント

127 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/23(金) 01:49
実はラピュタから降ってきた

22 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 18:55
プロレスラーと間違えられるアイアン・ジャイアント

99 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 21:07
ブルーザー・ブロディにかつて一度だけピンフォールを奪われたことのあるアイアン・ジャイアント

31 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 19:23
口から今週のビックリドッキリメカを出す
アイアン・ジャイアント。

42 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 00:18
ボディに「28号」とペイントされているジャイアント。そして
リモコンで動く。

30 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/18(日) 19:22
よく見たら、『21エモン』のゴンスケだった

2ちゃんねる映画ブログ

32 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/03/18(日) 19:32
>>30
そしてイモを掘る。(藁

57 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 09:56
「吾輩の好物はコロッケなり」と、ハイジ声で言うアイアン・ジャイアント

78 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/03/20(火) 11:45
「んちゃ!!」とか言う

79 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 13:07
サラ・コナーを殺すために未来から現代に送り込まれてきたアイアンジャイアント

87 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 17:29
開幕前は宮崎でキャンプを行うアイアンジャイアント

125 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/23(金) 01:48
すねをぶつけ悶絶するアイアン・ジャイアント

133 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/23(金) 12:59
ASIMOにうっちゃられるアイアン・ジャイアント

178 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/27(火) 12:10
本田博太郎 演じるアイアン・ジャイアント


関連記事

  1. 2011/01/03(月) 10:12:31|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<がんばっていきまっしょい | ホーム | ヤギと男と男と壁と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1536-1c8ec347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。