FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「インセプション」について更に詳しく まとめ

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1279432454/
2ちゃんねる映画ブログ

587 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 01:49:59 ID:0PgLxcgY]
ちょっと質問。
第1階層で襲ってくる連中はロバートの仲間なんだよね?
第2、第3でレオたちを襲ってくる連中は何なの?
第2階層の時点でロバートはレオたちに騙されてるから攻撃する必要ないよね?
それとも自分の意思で制御できるものではないのかな?


611 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 02:01:35 ID:02JKZ8K0]
>>587
第2で襲ってきた敵はロバートを守ろうとしてでてきた(ロバート訓練を受けていた)
第3で敵が襲ってきたのは社長の右腕の世界だから(?)

620 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 02:05:15 ID:1jkElxTF]
>>611
襲ってきたのはロバートの仲間じゃなくて、ロバートの潜在意識そのものが生み出した
防御プログラムみたいなものだからロバートがいる限り、誰の夢のなかであろうが発動する。

そもそも第一階層から調合士の夢の中。

628 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 02:10:37 ID:0PgLxcgY]
>>620
なるほど。でも第3階層ではロバートも襲われたよね?
あれはロバート護衛部隊じゃないの?

646 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 02:17:25 ID:1jkElxTF]
>>628 実際にロバートを襲ったのはコブの潜在意識から出てきたモル。
その他もろもろの兵隊はロバートの潜在意識で、彼が記憶にインセプションされることを
阻止するために病院に近づけようとしなかった、って解釈はどうかな?

688 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 03:15:10 ID:1zXYPY1v]
1つ上の階層に戻る為に流すジャズっってインセプションの為に作られた曲?
それとも既成曲を劇中に使ったの?

692 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/18(日) 03:19:54 ID:EP55kB7y]
あれはねー>>688

むかしフランスにエディット・ピアフとゆー歌手がいたのね。
そのひとの曲らしーヨ。

2ちゃんねる映画ブログ

モル役のマリオンは
「エディット・ピアフ/愛の賛歌」とゆー映画で
ピアフを演じタヨ。

たぶんその関係で使ったのかナー。

680 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/18(日) 02:55:50 ID:DdESTUa0]
ネタバレ。
第4階層でロバートと女が飛び降りて死んで、第3階層に。
第3階層で雪山の爆破で、ロバート、女、男2人、サイトーが死んで、第2階層に。
第2階層でエレベーター爆破で、もろもろ死んで、第1階層に。
第1階層で車が海へ落下でキックされ、現実へ。

ただ車にはコブとサイトーが残る。コブは第4階層のまま。サイトーは第3階層で、死ぬが鎮痛剤が強く、虚無世界へ。
コブはサイトーを助けるため(ミッション成功報酬達成のため)、サイトーの世界である第5階層へ。
コブは年老いたサイトーと死に現実世界に引き戻す。
あとは、すべて現実の世界。
最後コマは途中で止まる。=現実。

697 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/18(日) 03:22:47 ID:xe8ZGaaT]
>>680
これがほぼ正解だと思うが、

>コブは年老いたサイトーと死に現実世界に引き戻す。

ここが明確に描かれてないのと
コマが止まる描写がなかったからあとは想像しかできなかった

702 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/18(日) 03:28:06 ID:DdESTUa0]
>コブは年老いたサイトーと死に現実世界に引き戻す。

ここが明確に描かれてないのと
コマが止まる描写がなかったからあとは想像しかできなかった

確かに描かれてなかったね。コブはサイトーと第5から順に第1へと自殺していった。
最後はわざと作者が隠したね。いろいろ推測してもらうために。

763 名前:名無シネマ@上映中 [2010/07/18(日) 05:51:10 ID:1rhZcCAf]
・インセプションの撮影中の話にこんな記事があった
「年齢とともに体の方もポッチャリしてきたレオナルド・ディカプリオだが、現在、新作映画のために厳しいダイエットを敢行中・・・このシーンは今年末に撮影される予定のアクション・シーンで、ディカプリオがやせこけた姿で登場する。」
・虚無にてモルとの別れ後のコブだが、その後彼はなにを行動したのかが鍵
・冒頭のシーン コブはサイトーを約50年かけて発見し、やせこけた状態である
・サイトーとコブは50年間虚無で過ごした
 夢を現実と思うサイトーは老けていく
 夢だとわかりながらサイトーを探すコブは老けない
・飛行機客室にて夢から起きたコブは50年サイトーを虚無で探し連れ戻してきた
あとのため、まるで夢のように現実が見える
・つまり誇張した演出による感動的なラストの子供たちとの再会シーンは
長年の夢がかなった感動によるコブの主観的な見え方
・現実なのでトーテム(コマ)はその後止まる
・なので答えは
 一重=ストレートに見ればハッピーエンド、
 ニ重=疑って夢おちと見ればデットエンド
 三重にしかけられたラストの真実はハッピーエンド
・監督は確信的なハッピーエンドのため、大物俳優ディカプリオをたった
1分のやせこけた姿を映すためにダイエットさせた

766 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 05:57:16 ID:uRDqC6k+]
>>763
やっぱりこの解釈が一番後味良くて好きだなー

987 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 14:52:05 ID:eWp/y67G]
コブと老けたサイトーが再会したシーン
サイトーの老けメイクはともかく
コブのやつれ方が足りないから時間の経過がわかりにくかったんだよ・・・
ディカプリオがげっそりしてたら50年探したんだなってわかるけど
ディカプリオもたぶんこのシーンのために痩せてがんばったんだろうけど

2ちゃんねる映画ブログ

仕方ないよな
ディカプリオってダイエットしても丸顔だからあんまりげっそりできない・・・

997 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/07/18(日) 15:00:29 ID:02JKZ8K0]
あー、ディカプリオがもっと痩せて(じゃなければ髪ちょっと長くてヒゲ生やすとか)
れば確かにもっと良かったかも
でも夢を夢と自覚している人は歳を取らないとい設定だから(未確定?)難しいね

あと虚無の世界をもっと美しくして欲しかったかな、無機質すぎて
モルの現実に戻りたくないという気持ちに説得力がないんだよね
まぁあの二人には理想郷だったのだろうけど

580 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 06:30:33 ID:v/cTO+97
サイトーの妖怪に近い特殊メイクを見ると
70,80歳には見えない。
もっと果てしなく時間が経ってる象徴なのかもしれない。

2ちゃんねる映画ブログ

581 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 06:37:46 ID:hDWGgya8
>>580
俺もそう思う。50年虚無で過ごしたとか言ってる人がいるけど、
そんな具体的な数字は出てきていないので根拠なし。
計算上10時間は第4層では250年近くになるはず。

438 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:31:12 ID:Dz7Mtet0
どうやって撮影してんだろ?って映像ばかりだった。
ノーラン凄いね。

440 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:33:05 ID:hnAbWdL+
>>438
あの無重力、どうやって撮影したんだろうね?
方法が想像できないw

453 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:41:45 ID:DvoOYeRz
>>440
アポロ13の時の撮影は、飛行機の中にセットを作って急降下させて撮影したって聞いた
この映画はどうやったかは知らんけど

458 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 01:48:49 ID:2lym5l7/
>>440
糸でつったか 実際に無重力状態になる飛行機に乗って
合成したかな。
しかし凄い特撮だよね。

もう少し尺が長くてもいいから
ディレクターズカット版とか期待したいね。

491 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 02:29:14 ID:dSA+G3BI
無重力空間の格闘が何度か話題になってるのでパンフから抜粋

次に、撮影隊はクリストファー・ノーランの拠点のひとつに移った。
ロンドン北部にあるカーディントン飛行船格納庫だ。
その広大なスペースには、上下左右の方向感覚を失うほど巨大で凝ったセットがいくつも組まれた。

最も複雑なセットのひとつは、無重力状態を創り出すために360度回転できる、長いホテルの廊下だった。
美術のガイ・ヘンドリックス・ディアス、特殊効果スーパーバイザーのクリス・コーボールド、
撮影のウォーリー・フィスターが協力して、その設計と建造に取り組んだ。
当初、彼らは12mほどの長さの廊下を考えていたが、アクションの規模が大きくなるにつれて長さも延び、最終的には30mになった。
廊下は等間隔で並んだ輪に吊るされ、巨大な電気モーターにより最大で毎回8回という速度で回転する。
そのためリモコン操作のカメラが床下のレールに固定され、照明は壁の燭台などに取り付けられた。

廊下以外にも、回転するホテルと部屋のセットが組まれたが、ジョゼフ・ゴードン=レヴィットとスタントチームは
回転する部屋の中でアクションをこなさなければならなかった。
スタント・コーディネーターのトム・ストラザースはこう語る。
「セットが回転するため、まるで洗濯機の中に放り込まれたように、方向感覚や平衡感覚がなくなってしまうんだ。
でもジョゼフは柔軟で強い体の持ち主で、見事なスタントをやってのけたよ」
「あの時は人生で一番いい体になっていた」とゴードン=レヴィットは思い返す。
「スタントをこなすだけでなく、部屋の壁から壁に飛び回りながら、バランスを保つ方法も覚えなければならなかった。
そのためには、床も壁も関係なく、とにかく自分の下で動いているものが地面だと考えるようにしていたよ」

493 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 02:34:32 ID:oFxI7M77
それ"無重力状態"の撮影じゃなくて1回目の衝撃で重力が上下左右になったときの撮影だよね
みんなが気になってるのはあのふわふわ漂うほうの撮影だと思うけど
ワイヤーなのかな

498 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 02:46:14 ID:hnAbWdL+
>>493
だねw
どうやってんだろうねぇ。

アポロ13では飛行機急降下を何度もやって
無重力パートを撮影したらしいね。
この映画の無重力シーンは多分、そのやり方は無理だよなー。

2ちゃんねる映画ブログ

なんとなく、アーサーがオールバックに髪固めてる理由が、
撮影方法に関連してそうな気がしてるw

776 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 18:02:10 ID:X4+KfCsu
正直本編より制作舞台裏の方が面白そう
昨日地元のTVで紹介含めて制作の舞台裏の説明を少ししてたけど
ロケシーンは6カ国回って撮影
セットは本物と言っていい巨大セット
最初の夢の水が飛び出すシーンなども本物
車の爆破なども本物
ホテルのバーのシーンはセットを徐々に傾けた
ディカプリオ「傾くからしがみつきながら演技してたw」

635 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 11:33:32 ID:ZZNXNMyn
にしおかすみこが設計士の吹き替えやるの?
うーん・・・

2ちゃんねる映画ブログ

643 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 11:53:42 ID:z5M9iHKZ
>>635
ネタだと思ったらマジかよ
本当に糞だな

647 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 12:10:00 ID:vgBTFzTl
>>635
え、マジで
吹き替え見る気失せるだろそれ

648 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 12:10:18 ID:KRzqd5wk
>>635
重要なメインキャストなのに、起用する理由が全く分からんな
話題作りをしたいだけなら、金髪女役くらいにしとけよ、と

726 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 15:28:50 ID:smrPuMpa
雪山アクション、人物も背景も白すぎてよく分からなかったよー
雪山っていうモチーフが演出上外せないモノだったのか?見てて疲れてしまった…

731 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 15:46:26 ID:h2fwet2I
>>726
あれはノーランの好きな「女王陛下の007(69年)」への露骨なオマージュ
ワイドショットから全てあの映画のスキーシーンに意図的に似せてる
まあこの人はいずれ007撮るだろうね ほっとかないよ

704 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 14:20:27 ID:oFxI7M77
わかりやすくまとめてる画像あった
 
2ちゃんねる映画ブログ

708 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 14:42:54 ID:z5M9iHKZ
>>704
こういうの待ってた
このまとめ画像みると
上層のキックで下層から引き戻してるんではなく
各層でのキックで自発的に上層に戻ってるな

ロバートのミッションでは航空機の中でキック出来ないから
各夢の階層でキックして戻る事になってたのか?

712 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 14:51:01 ID:TtJJFbLG
>>708
多分薬が効きすぎていて、キックの状況が下層の人物の状況と類似している方
が効きやすいとおもわれる。
まとめ画像を見るとやけに自由落下(free fall)が強調されてるし

729 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 15:37:11 ID:hDWGgya8
>>712
第4層→ビルから落下
第3層→要塞病院爆破で落下
第2層→エレベータを爆風により擬似的落下
第1層→橋から落下

て感じにすべてをベストタイミングで実行する必要があったってことだね

896 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 21:59:43 ID:oFxI7M77
ていうか
現実世界の5分:第1層の1時間:第2層の6週間:第3層の10年
ってどういう規則性なの?数学得意な人おせーて

932 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 22:32:17 ID:DvYP+8AT
>>896
正しくは

現実世界の10時間=第1層の1週間=第2層の6か月=第3層の10年

だったはず。だとすると、factor 20ずつ増やすことで大体説明がつきそう。
これが正しければ厳密には

第1層 8.3日
第2層 166.7日=半年
第3層 3333.3日=9.1年
第4層 66666.7日=182.6年

となる。

964 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 22:59:02 ID:oFxI7M77
>>932
なるほどありがとうございます

836 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 13:52:05 ID:PzUdMEfA

向こうの俺らが作った階層説明の画像。
よかったらテンプレで使ってくれ。

2ちゃんねる映画ブログ

843 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 14:34:00 ID:i9t9dH0v
>>836
おおー何て分かりやすい!ありがとう!

845 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 14:57:58 ID:AZRXjL+W
>>836
「向こうの俺ら」って誰w?

こうやって整理して見てみると、
最後は現実に戻ってきて丸く収まったってことで良さげかなぁ。

ラスト機内で、コブとサイトーでヨシって感じでアイコンタクト取ってたし。
図の現実層がそもそも夢でしたじゃメチャクチャだし。

また違う層(さらに深く?)に飛ばされたっていうのもなんだかなぁ。。
虚無の更に先はユートピアだったなんてオチじゃないだろうし。

849 :名無シネマ@上映中:2010/07/21(水) 15:11:21 ID:/mv1d7oR
>>845同意
幸せなバッドエンドってのもあるけれど、これの場合普通にエンドでいいんじゃないかなー
でないとめちゃめちゃむなしいストーリーになる。
こういう映画にしては珍しくメインメンバーが全員生還してるってのもあるし、そこまで奇をてらわなくてもよいよ
ラストの駒は「どちらともとれる」ってのも有るんだろうけれど

324 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:18:52 ID:2KWFohjM
最後、子供2人と一緒にモルが振り向き笑いかけるEDにしたら、
このスレの伸びは3倍くらいになってたでしょう

325 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:19:49 ID:07QklQ8C
>>324
想像してぞくっとなった

348 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 00:36:37 ID:xKzGNNGM
>>324
いいアイデア!
それじゃ物語の起点になっちゃうな
その謎を解くためのインセプション2に
to be continuedってエンドになりそうだ。

818 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 19:52:36 ID:h2fwet2I
inception=「始まり」「発端」「開始」
この単語の意味にもやはり絡めてるんだろうか?
日本語としては「刷り込み」「植え付け」って解釈だが
「発端」や「開始」って事も含む「刷り込み」ってことか??

824 :名無シネマ@上映中:2010/07/19(月) 19:59:40 ID:TtJJFbLG
>>818
相手にその行動させるための大きな原因(発端)を作る。
意訳としては植え付けるが一番近いと思う。

それに、よく調べたら、潜在意識=無意識なので、
相手の本能に一番近い場所に植え付けてることになる。
だからモルに何言っても自殺回避は不可だったのね


関連記事

  1. 2010/11/10(水) 22:02:24|
  2. 映画一般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<機動戦士ガンダム 逆襲のシャア | ホーム | インセプション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1529-d805e6df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR